政治家 血液型。 政治家の血液型は?

血液型別 有名人・芸能人・著名人・アイドル・スポーツ選手の一覧

政治家 血液型

そんな気になる菅義偉さんの血液型は、 O型です! 一般的にO型の性格は、 一言でいうと『大らかで心が広い!』のが特徴と言われています。 もっと血液型別の特徴を掘り下げるならこちらの記事がオススメです。 菅義偉さんは秋田県の湯沢高校を卒業した後、上京し、一度就職をしています。 ですが、就職後に社会の現実の厳しさを知り、2年後に法政大学へ進学しました。 大学在学中に政治家を志し、卒業後は大学OBのつてで衆議院議員の秘書となりました。 その後38歳で横浜市の市議会議員となり、48歳の時に衆議院議員となり現在に至ります。 元々菅義偉さんのご実家はイチゴ農家として成功しており、お父様は町会議員を務めていました。 高校時代にはお父様から農業大学への進学を勧められますが断り、親戚が教師だったことから教師になることも嫌とのことで、「東京に行けば何かある」と思い、集団就職をし、ダンボール工場に就職しました。 しかし、そこで社会の厳しさを実感した菅義偉さんは一念発起して法政大学へ入学しました。 そして入学し、働きながら大学へ通っていた間に「この世の中を動かしているのは政治ではないか」と気づいたのだそうです。 そして 「つて」を頼って衆議院議員の秘書となり、政治家としての道に進んでいくようになります。 高校生でありながら、農業も教師もやりたくないからということで、『上京する』という決断をした菅義偉さん。 その後も現実を目の当たりに一念発起して大学に入学するなど、 「これをやる」と決めた後の意志の強さはとても強いんだなぁと感じさせられました。 大学在学中に政界を志し、本当に政治家になっているんだからすごいですよね。 TPP交渉や普天間基地移設問題などの重要な局面で地道に行う仕事ぶりが評価されたのです。 この結果に菅義偉さんは「私が毎日 記者会見を行う 午前とごごにテレビに出ているからだ」と話していましたが、テレビで見かける人は菅義偉さん以外にもたくさんいらっしゃいます。 それでも評価が高いということは、それだけ世の中の人たちからの注目を浴びたからだと言えます。 すなわち それだけ存在感があるということを証明したということですね。 2019年には新元号の発表で、政治にあまり関心のない若者からも「令和おじさん」と注目を浴びた菅義偉さん。 これからも何かと注目を浴びる機会はあるとは思うので、よりその存在感が増してくるのではないでしょうか。 これまで、閣僚の醜聞や湿原で批判が高まるたびに、落ち着いた表情で一蹴し、火消しを行ってきたことから、ネットでは「安定のガースー」と呼ばれていました。 また、官房長官在任期間が最も長く、危機管理がしっかりしていて「鉄壁」とも呼ばれた菅義偉さんですが、この一件で、怪文書と断じた「総理のご意向書」文書の存在を文部科学省が認めてしまったことで、危機管理の破綻と取り上げられました。 今まで自分のことだけでなく、安倍晋三首相をはじめ自民党内部で取り上げられた問題に対して火消しを行ってきた菅義偉さんは、 ある意味面倒見が良いということにはなりますね。 (参考) 菅義偉さんのことが更に好きになるワンポイント豆知識 菅義偉さんと言えば、「内閣官房長官」という肩書きを持っていますが、新元号を発表してからというもの、ネットや若者から「令和おじさん」との愛称をつけられました。 2019年4月28日に千葉市の幕張メッセで行われた「ニコニコ超会議」に参加した菅義偉さんはその愛称に対し「自分でもびっくりしている」と話していました。 ですが、「令和」に関して「スムーズに受け入れていただいている」とも話しており、笑顔で写真撮影に応じていました。 どうしても固いイメージになってしまいがちな政治家ですが、今回の新元号「令和」の発表に際して愛称がついた菅義偉さん。 これからも様々な年代の人からも注目を浴びるでしょうから、より気を引き締めて政治に当たってほしいものですね。 まとめ ・菅義偉さんの血液型はO型。 ・菅義偉さんのO型らしいエピソードとしては、『「東京に行けば何かある!」上京したきっかけ』『最も評価する閣僚に首相を抜いて第1位へ!』『「鉄壁のガースー」が決壊?』などがあります。 ・菅義偉さんは現・内閣官房長官を務める国会議員で、ネットや若者からは「令和おじさん」の愛称で注目を浴びています。 内閣官房長官の暦も長く、その危機管理の高さから「鉄壁」と呼ばれ、度々出される批判に対しても冷静に対処することから「安定のガースー」とも呼ばれています。 そんな落ち着いているイメージが強い菅義偉さんですが、高校卒業した後は家業である農業も、親戚に多い教師という職業にもつきたくないとのことから、逃げるように上京し、就職したという経歴を持っています。 結果的にその後大学へ入学し、政治の道を志しますが、その意思を貫き通したからこそ、今の菅義偉さんがいるのでしょう。 今後も国内外の様々な問題と直面するでしょうが、日本のために良い政治を期待したいですね。 関連記事.

次の

松本龍 (政治家)

政治家 血液型

日本人のA型、B型、O型、AB型の分布割合 歴代の総理大臣の血液型を見ていただく前にまず、日本人の血液型の分布割合を簡単にご紹介しておきましょう。 以下がおおよその日本人の血液型の割合となります。 A型 約38% O型 約31% B型 約22% AB型 約9% 大まかな覚え方としては、A型が4割、O型が3割、B型が2割、AB型が1割と覚えておけば覚えやすいかもしれませんね。 A・O・B・ABの順に4・3・2・1という割合です。 このデータを頭に入れておいてから歴代総理大臣の血液型統計データを見てみると、よりその違いがお分かりになると思います。 歴代日本国総理大臣40代から98代まで35人の血液型一覧 それでは日本国の歴代総理大臣の血液型をご紹介しましょう。 ちなみに紹介する内閣総理大臣は、当然ながらハッキリと血液型が判明している人のみご紹介します。 当然ながら昔になればなるほど血液型はほぼ不明という状態となるのは致し方のないところであり、血液型が判明している最も古い総理は、第40代の東條英機首相ということになっており、当然ながらデータはそれ以降の総理ということになるのですが、東条総理以降にも小磯国昭首相などは血液型が不明となっており、東條首相以降の血液型不明の総理はデータには含んでいません。 日本の顔ともいえる存在なだけあって、さすがにわたしが物心ついて以降の総理は全て知っていますし、その他の総理も全員名前は知っている人物ばかりです。 スポンサーリンク 圧倒的多数を誇るO型首相 実にA+B+ABの数に肉薄 歴代総理の血液型をご紹介したところで、早速その内訳を血液型毎にわけてご紹介しましょう。 過去の総理大臣の血液型の分布は以下のような数字となりました。 A型 10人 O型 17人 B型 6人 AB型 2人 となっています。 これを日本人の平均分布と比較してみましょう。 A型 28.6% 日本人平均約38% O型 48.6% 日本人平均約31% B型 17.1% 日本人平均約22% AB型 5.7% 日本人平均約 9% 日本人平均を上回っているのはO型のみ。 A型、B型、AB型はいずれも日本人の平均値を下回っています。 特にA型とAB型は大きく下回る結果となっています。 A、B、ABの各血液型と比してO型の数字は驚異的といってもいい数字です。 実に全35総理大臣のうち実に半数に限りなく近い17人の日本国内閣総理大臣を輩出しています。 サンプル数が35と少ないので統計的意味は無いという見方もできるかもしれませんが、それにしてもこの偏りはかなりのものといっていいとわたしは思います。 血液型診断などでよくいわれる、「O型は政治家向き」という指摘を裏付ける結果が出ているという事はいえるのでしょう。 もちろん、血液型診断の方がこのデータを知っていてそう書いているのかもしれませんが 笑 首相在職日数2年未満の短命内閣だった内閣総理大臣は何型が多い? もう一つ、データを取ってみましょう。 総理大臣の中でも総在職日数が2年未満 730日未満 で終わった総理と、2年以上 730日以上 に渡って総理大臣に在職し、長期政権を築いた総理、この2つのタイプの総理大臣を血液型別に見てみたいと思います。 この血液型別のデータを取りますと以下のようになります。 A型 5人 23.8% 日本人平均約38% O型 12人 57.1% 日本人平均約31% B型 3人 14.3% 日本人平均約22% AB型 1人 4.8% 日本人平均約 9% O型の総理は短命に終わった人が非常に多いですね。 A、B、ABに関しては総理大臣総数の平均よりも下回っています。 2年以上の長期政権となった首相の血液型と平均値との剥離は? そして下が在職総日数が2年以上の歴代総理大臣です。 この14人の血液型別のデータを取りますと以下のようになります。 A型 5人 35.7% 日本人平均約38% O型 5人 35.7% 日本人平均約31% B型 3人 21.4% 日本人平均約22% AB型 1人 7.1% 日本人平均約 9% A型とB型は長期政権となった総理が多いというデータが出ています。 逆にO型は長期政権となった総理数は5/17人という事となっており、17人のO型を輩出というその分母 総人数 の割に2年以上在職した総理は5人と多くなく、A型と同数となっています。 まとめ サンプル数が少なすぎて統計の意味なし!と笑うなかれ?? というわけでいかがでしたでしょうか。 過去の日本における歴代総理大臣の血液型。 このネタ自体は、様々なテレビ番組や雑誌の企画などで結構有名なデータといってもいいでしょう。 O型は政治家向きという結論に導くためによく使用されているデータでもあります。 しかしこう見てみると、O型は圧倒的といってもいい数字をたたき出しており、サンプル数は少ないのですがなかなか興味深い偏りを見せています。 個人的にはこれからO型以外の総理が次々と誕生して日本人の平均値である4・3・2・1に収まり、「やっぱり政治家に向き不向きの血液型なんてないよねー」ってな結論に至るのを非O型の小生としては願うところです 笑.

次の

政治家や金メダリストをタイプ分け 東京新聞の血液型分析が話題に: J

政治家 血液型

「少し軟らかく政治を考えてみよう」 東京新聞の2008年8月12日付コラム「即興政治論」では、こんなイントロから政治家の血液型分析を始める。 記者が、政治の専門家ではない心理研究家にインタビューする形式だ。 研究家は、A型の人たちを「農耕民族」として、福田康夫首相を、天候の読みに慎重なように、「何事もなかなか決められない」タイプと分析。 人の意見を聞き過ぎてリーダーシップを発揮できない部分があるとした。 記者も「軸足の定まらない経済政策はそういう感じですね」と相槌を打っている。 一方、小沢一郎・民主党代表については、B型=「遊牧民族」として、「独断、即決、行動的」とみる。 そして、他人の意見は聞かないことがあるため、大連立で早とちりしたという。 B型の首相は浮いた存在になる可能性があるともしている。 さらに、同じ中日新聞社発行の中日スポーツが、今度は、北京五輪の金メダリストを血液型分析した。 8月22日付記事では、ソフトボールを除く金メダル8個のうち、B型が4個とトップになったとして、B型の記者が「スポーツをするB型日本人に優越感を持たせてくれる」と書いた。 B型のヒーローは、金2つを取った競泳の北島康介選手で、血液型研究機関の分析として、「チームプレーより個人プレーの方が伸び伸び力を発揮する」などとしている。 こうした血液型分析は、情報サイトや2ちゃんねるなどで話題になり、科学的根拠が薄く、偏見を煽りかねないなどと批判も出ている。 「科学的根拠がないのも十分に分かっています」 書かれた政治家や金メダリストは、どう思うのか。 福田首相の事務所からは08年8月22日中に回答が得られなかったが、民主党本部の役員室では、小沢代表の分析について、「血液型に何の根拠があるんですか。 論評する以前の話です」とだけ話した。 東京新聞の記事では、B型の安倍晋三前首相について、「政権を投げ出したのも、B型らしい」「『美しい国』って言っても、国民は醒めてました」との研究家の話を紹介している。 これに対し、安倍前首相の後援会顧問は、J-CASTニュースに、「そう感じただけでしょ。 安倍は体調が悪く、日本のことを考えて引いたんですから。 辞めたのは、B型だからではありません。 血液型分析なんて、易者がやっていますが、当たらないことも多いですよ」とまくしたてた。 一方、北島選手のマネジメントをしているサニーサイドアップの広報担当者は、「たまたまB型であっただけで、血液型は関係ないと思っています。 こういう分析でまとめたい気持ちは分かりますが、北島が金メダルを目標に日々努力してつかんだ結果です」と話す。 東京新聞の政治部長によると、インタビュー記事を疑問視する投書も1、2通来ているという。 記事については、こう説明する。 「血液型分析について、わが社としての基準、判断はありません。 しかし、人の性格を決めるとは思っていませんし、科学的根拠がないのも十分に分かっています。 今回の意図は、政治面などとは違う紙面のコラムで、政治に素人の人の見立てを紹介しようと掲載したものです」 ただ、血液型分析の限界を知っていながら紹介したことについては、政治部長は、「血液型の本などが売れるブームなので、この人なりの血液型判断と理解してその見立てを紹介しました」と述べるに留まった。 中日スポーツの担当デスクも、「記事に『科学的な根拠はない』などと書いており、それを踏まえたうえでのものです。 日本人は、血液型に関心が高いので、記事にしました。 その内容で判断をお願いします」とだけ話している。

次の