英訳 ソフト。 無料オンライン翻訳一覧

Excite Translator

英訳 ソフト

皆様 お世話になります。 私はオークションをやっているのですが、 たまに外国の方とも取引きをします。 で、当たり前ですが英文メールがきます。 はっきりいって私にはほとんどわかりません。 Yahooやエキサイトの無料翻訳やPC付属のアトラスという 翻訳ソフトを使っていますが、なんだかいまいちです。 私も日本語で書いたメールを英文変換にします。 しかし、それがはたして私の意図する内容として英訳されているのか わかりません。 ためしにその英訳された文章をコピーして和訳させてみると、 笑ってしまう日本語です。 私が試した中ではエキサイトの翻訳が一番、私の言いたいことを伝えてくれるようです。 でも、だめです。 ところどころ変です、絶対。 皆さんはどんな翻訳ソフトを使っているのでしょうか。 日本語の微妙な 独特な 使い回しや英語の俗語 というか、辞書にのっていないような会話独特の表現 も、的確に表現してくれるソフトが欲しいです。 皆さん、おすすめの翻訳ソフトがありましたら教えて下さい。 どうしてそれがおすすめなのかもできれば知りたいです。 宜しくお願いします。 それから、そんなに外国語が苦手なら外国の方と取り引きするな という突っ込みはご遠慮下さい。 よろしくです。 現状、100万円オーダの特殊パッケージでも完全な表現は無理ですので、まぁ諦めるしかないかと思います。 研究開発に多額の投資するとか受託発注とかまでは考えてないですよね…。 お使いのソフトや無料サイトは基本的に個人用なので、 安価でお手軽に使える反面、精度はさほど高くありません。 ちなみに、私の使っているソフトは「The翻訳プロフェッショナル」です。 個人で買ってますが、本来業務用なので10万とかします。 個人用に比べたら精度が高く鍛えやすいのでこれを買いました。 ATLAS,LogoVista,The翻訳あたりが有名どころ。 それぞれに、10万クラスの業務用と1万以下程度の個人用が出てます。 勿論、無料サイトや1万円程度の個人向けよりは格段にましです。 10万から必要なのでオークション程度だと費用対効果は解りませんが、 同じATLASでも業務用パッケージを買って、自分で鍛えれば、 それなりにはなると思います。 機械翻訳にできるのはここまでです。 逆に言うと、そのレベルでもなお足りないとなると やはり微妙な言い回しは難しいはず 、ソフトは諦めです。 ニュアンスまで翻訳して欲しいということであれば、後は人間に依頼することになるかと思います。 「翻訳業務」などで検索すると、ビジネス文書の日英翻訳とかやってる会社が見つかるので、 条件の合う会社を探して、そういうところに依頼。 私は頼んだことがないのでわかりませんけど、「単語数で幾ら」とか「枚数で幾ら」とか色々あるので、 e-mail程度なら安いところもあるのかも。 オークションの度に依頼して元が取れるか不明ですが。 参考URL:翻訳ソフト MrBanさん こんにちは。 URLまで貼り付けて頂いて恐縮です。 しかし、MrBanさんはめちゃくちゃ高価なソフトを使ってるんですね。 びっくりしました。 翻訳家かなにかですか。 きっと仕事で使っているのでしょう。 私の場合、オークションというのはあくまでも片手間です。 というか趣味の範囲です。 ですので、10万は無理です。 赤字も赤字です 笑。 しかし、そんな高価なものでも完全ではないんですね。 よくわかりました。 それから、「翻訳ソフトは「鍛えながら使う」もの」という言葉、大変勉強になりました。 普段翻訳ソフトを多様している人だからこそ言える わかる 言葉だと思います。 それから、「安いやつほど、すぐに変になる」ということですが、そうですか。 やっぱりなんでも値段に比例するんですね。 私ははっきりいって、その1万円程度のものがほしいです。 それぐらいのものしか買えません。 安いなりに、まぁ使えるというのはないんでしょうか。 あぁ、「ない」ってかいてありましたよね。 すいません。 とにかくオークションでその10万ぐらいするやつが、 どのくらいで売っているか調べます。 でも今、あることに気付きました。 その10万ぐらいのソフトを買ったとして、 はたして私に使いこなせるかどうか、ということです。 なんか無理っぽいような・・ 笑 いろいろと参考になりました。 ありがとうございました。 こんばんは。 3さんの話に加えるなら、プロ用の翻訳ソフトは、とても一般の人が使いこなせるような翻訳は出来ないと思います。 プロ用はあくまでもプロ用なのです。 翻訳支援ソフトといわれる由来は、プロは、1日にA4を最低10枚程度はこなせなくてはならないので、どうしても、人間の手では不可能な部分を、機械で行うのですね。 特に、行抜けなどの人為的なミスを補う目的で、最初に、ざっと下訳は機械にやらせて、大雑把に、文脈などをつかんだら、後は、自分で訳していくものだと思います。 また、和英はほとんど役に立ちませんね。 翻訳メモリにストックしていって始めて使えるようになります。 最初は、まったく、何もないのと同じことだと思います。 和英は、単語レベルも怪しいです。 東芝の『The翻訳』や旧カテナ・現ロゴヴィスタの『ロゴヴィスタ』、富士通『アトラス』、旧ノヴァ・現クロスランゲージの『PC-Transfer』などは、有名です。 しかし、 3さんが、おっしゃっているような、「鍛える」という意味が、並大抵ではないような気がします。 つまり、翻訳メモリが搭載されているかどうかで、「翻訳メモリ」にストックしていって始めて、高い金額を出した価値があるのだと思います。 私には、それらは、ほとんど、どれも、そう変わりないし、「鍛え」なければ、安いソフトも高いソフトもまったく変わらないと思うのです。 同じような種類の翻訳を何百ページもこなして、初めて、その「翻訳支援」が出来てくるのだと思います。 中でも、『The翻訳』が一番難しく感じました。 確か、東芝は、いくつかある中では、もっとも歴史が古いという説明を聞いたことがあります。 また、業務用のものは、「翻訳メモリ」で翻訳していく「TRADOS」などは、まったく、機械翻訳の考え方が違いますね。 使っている人が英語を読めないと、さっぱり文章にならないのです。 そうしたソフトウェアは、最低でも、TOEIC 550点以上でないと使えないという話も聞きました。 ただ、私の知る限りでは、プロが機械翻訳ソフトを使うとは限りませんし、半分ぐらいは、単にワープロソフトか、テキストエディタだけだと思います。 もし、そういう目的でなければ、Vector で、ダウンロード販売されているソフトでも、中身の翻訳エンジン自体は同じですから、そういうものでもよいと思います。 「翻訳」で検索してみてください。 上記で書いた会社のほとんどは、廉価版も出していますが、東芝だけはなかったと思います。 翻訳支援ソフトの範疇で、1万円を割る商品の、シャープの『翻訳これ1本』がなくなったのは残念です。 また、ソフトの中にはOEMで出ているものもあります。 それは、 で、訳したものをみると分かります。 )なお、最近は、訳すだけなら、ソフトウェアよりも、Web翻訳のほうが勝るように思います。 もちろん、どれも細かなニューアンスは、まったく不可能です。 文学など、多くの作品を読んで、そのストックが反映するものだと思います。 翻訳ソフトで、いわゆる業務用のものを除いて、一般の方が使えるものは、どれもあまり違いはないようです。 業務用のソフトも、いろいろ規約があり、日本語としての表現方法が決まっていることが多いはずです。 つまり、どれも、いわゆる実用レベルには達していないということです。 しかし、日本語から英語にする際には、次のような工夫をすることで、ある程度は使えるようになります。 1.なるべく短い文章にすること。 一つの文に主語+述語の組み合わせが一つになるようにすること。 たとえば、「僕が家に帰ると、弟が僕の夕飯を食べてしまっていた。 」は、「僕は家に帰った。 」と「弟が僕の夕飯を食べてしまっていた。 」のように分ける。 2.日本語では主語が省略されることが多いので、述語(動詞)が現れたら、必ずその前に主語を入れてあげること。 たとえば、「今日、東京へ行き、トムと会った。 」は、「今日、僕は東京へ行った。 僕はトムと会った。 」のようにする。 3.日本語の時制表現は、文末に現れるが、英語は、それぞれの動詞で示されるので、その違いに注意する。 具体的には、1のように短文にしてしまえば、この問題は解決する。 たとえば、「昨日、図書館へ行き、三冊英語の本を借りてきた。 」は、「図書館へ行き」の部分は、過去のことだから、「図書館へ行った」としなければいけない。 だから、「僕は昨日図書館へ行った。 」と「僕は、そこで、三冊英語の本を借りた。 」の二つの文に分ければいい。 4.比ゆ表現を使わないこと。 たとえば、「猫の手を借りたいほどに忙しい。 」は「僕は大変忙しい。 」にする。 そして、最終的には、ご質問者の方が自分でやられているように、出来た英文を再度日本語に戻して、その日本語が意味の通るものなら、もとの英文も大丈夫と判断します。 だめなら、もう一度、日本語を書き換えるしかありません。 taked4700さん、ありがとうございます。 めちゃくちゃ参考になります。 「なるべく短い文章にすること」とあります。 私も、そうしています。 というより、私の場合、そうしないと英訳させたとき、 その文章があっているのかあっていないのかわからないから、 短文にせざるを得ないのです。 もう短文、短文、短文の連続です 笑。 短文の嵐です。 非常にばかっぽいです。 きっとそのメールを読んだアメリカ人は 「こいつ、相当アホだな」と思っているはずです。 まぁ、実際アホなんですが、 もう少し格好つけたいです。 「オ~、コイツ英文モOKネ」と思われたいです。 ただ、やっぱり長文にすると私がわからなくなる その英訳があっているか否かわからない ので、あきらめます。 私はがんばってS+V+Oです 笑。 関係代名詞がはいったり、その手のものがはいって複文となると もうだめです。 沸騰します、あたまが。 ですので、 簡単な 複文を正確に訳してくれるようなものは ないかなと思ったのです。 具体的になにがわからないのかというと、 inとかoutとかforとかatとか、 そういう取るに足らない言葉です。 私は無料翻訳ソフトを4つ使っています。 いろいろな無料翻訳ソフトをつかうと、 微妙にその取るに足らない言葉たちが違うのです。 私もわからないので、最終的には、 その4つから多数決できめます。 それがあっているのかどうかはわかりません。 しかし今のところ、取り引きが成立している ということは、 例えそのアメリカ人に「こいつ、バカだな」 と思われたとしても、おおよその文章はあっているのだと思います。 あと、余談になりますが、注意事項3に時制表現について書かれていますが、私はそれを思いっきり無視しています。 英文法には「時制の一致」というのがあるようですが、 あれはおかしいです。 あんなことをすると、本当に伝えたいことといいますか、 文章の生々しさというか、臨場感みたいなものがなくなると思います。 アメリカ人はよくあんなことをして、 真の 内容がわかるなと思います。 いろいろ長くなって恐縮です。 とても参考になりました。 ありがとうございました。 A ベストアンサー 私はテキスト翻訳を使いますが、ウェブ翻訳を使ったことがありません。 yahoo. 返り点式に文の後半から訳しあげてくるような感じですが、愚直な訳なのでそれなりに役には立ちます。 nifty. excite. 私はテキスト翻訳しか使いませんので、その感想は、昨年のリニューアルまでは、YAHOO! 翻訳と性能を競っていて、堅い目の教科書等の訳は、YAHOO! 翻訳、商用分野、メールの訳は、エキサイト翻訳が良いように感じていましたが、リニューアルで期待していたほどの性能アップはなかったように思います。 私のお気に入りランクで少しダウンしました。 reverso. aspx? 翻訳と似た反応です。 「て、に、お、は」や、代名詞をカッコに入れて、複数表示するところが、翻訳機の限界を分かっている様に思えて、逆に好感が持てます。 ocn. 大企業の翻訳機の割に物足りなさを感じます。 google. 世界企業ゆえに日本の消費者のことだけを考えていないのかもしれません。 microsofttranslator. 翻訳機としてお気に入りには登録しています。 Google翻訳より良いかもしれません。 8.YAHOO! yahoo. naver. infoseek. 翻訳と機能は同じだと思います。 YAHOO! 翻訳が、年に1,2度アクセスが多くて、うまく機能しない時に、使います。 Infoseek翻訳はリニューアル前は、関西弁への翻訳があって笑えました。 少し残念です。 また、YAHOO! 翻訳は、リニューアル後、右クリックで、翻訳結果が一発でドラッグした状態と同じに色が反転するので、結果を取り出しやすいです。 このほか、市販の翻訳機は、詳しくありません。 利用者独自の単語の使用頻度に合わせて、記憶されるような機能がある様ですが、そこまで、翻訳機の必要性を感じていないので、無料の物を利用させていただいています。 これは、私が英語ネイティブでないため、と、日本語を書く能力が劣っていることも関係していると思っています。 alc. weblio. 最後に以下は、「翻訳と辞書」と言うオンラインの辞書、翻訳機等の検索サイトの、「自動翻訳、機械翻訳」のページを開いたものです。 kotoba. cgi? 市販の翻訳ソフトを紹介したものもあります。 参考にしてみて下さい。 私はテキスト翻訳を使いますが、ウェブ翻訳を使ったことがありません。 yahoo. 返り点式に文の後半から訳しあげてくるような感じですが、愚直な訳なのでそれなりに役には立ちます。 nifty. excite... A ベストアンサー No. 2補足です。 無料の翻訳ソフトよりは、有料のほうがいいのかもしれません。 それと、他にもいろいろ話が出ているので、「翻訳 ソフト」で過去ログ検索してみてください。 goo. php3? 「時間蝿」の話。 「教えて」で見たのか忘れましたが、見つけられないので直接の記事を載せます。 upp. so-net. htm A ベストアンサー ・PrepTutor英和・和英辞書 収録語数はあまり多くないですが、貴重なフリーの辞書ソフトです。 vector. html 上記ソフトで事足りない場合は、多少コストがかかりますが、以下のソフトorデータをおすすめします。 eijiro. eijiro. htm 英和辞典 英辞郎 ・和英辞典 和英辞郎 などの辞書データのセットです。 テキストデータとしてのみの提供ですが、フリーソフト等の検索ソフトと併用することで活用が可能です。 入手方法はCD-R発送が基本ですが、クレジットカードで解凍用パスワードを購入する形でのダウンロード販売もされています。 alc. 英辞郎で使える検索ソフトは以下の通りです。 探せばほかにもあると思います。 vector. nifty. babylon. php タスクトレイ常駐型の辞書ソフトです。 無料でダウンロードして一定期間試用ができます。 標準辞書データのクオリティはやや頼りないですが 説明が詳しくないなど 、充分なレベルです。 辞書データを自分で作ることも可能で。 わたしは英辞郎のデータをバビロン用に変換して使っていますが、大変便利です ・PrepTutor英和・和英辞書 収録語数はあまり多くないですが、貴重なフリーの辞書ソフトです。 vector. html 上記ソフトで事足りない場合は、多少コストがかかりますが、以下のソフトorデータをおすすめします。 eijiro. eijiro. htm 英和辞典 英辞郎 ・和英辞典 和英辞郎 などの辞書データのセットです。 テキストデータとしてのみの提供ですが、フリーソフト等の検索ソフトと併用すること... A ベストアンサー 固定電話03-1234-5678にかける場合 滞在国の国際電話識別番号-81-3-1234-5678です。 携帯電話090-1234-5678なら 滞在国の国際電話識別番号-81-90-1234-5678です。 滞在国の国際電話識別番号は、国によって違います。 イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、スイス、オランダ等ヨーロッパは、「00」(例外あり)です。 中国(中華人民共和国)、フィリピン、マレーシア、ニュージーランド等も「00」です。 アメリカ合衆国、カナダ等は「011」です。 香港、タイ、シンガポール等は「001」です。 台湾等は「002」です。 例えば、 イギリスから日本の固定電話03-1234-5678にかける場合 00-81-3-1234-5678になります。 アメリカから日本の携帯電話090-1234-5678にかける場合 011-81-90-1234-5678になります。 上に書いた国際電話識別番号は、昔、私が調べたものですので正しくないかもしれません。 念のため自分で国際電話識別番号は調べてくださいね。 固定電話03-1234-5678にかける場合 滞在国の国際電話識別番号-81-3-1234-5678です。 携帯電話090-1234-5678なら 滞在国の国際電話識別番号-81-90-1234-5678です。 滞在国の国際電話識別番号は、国によって違います。 イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、スイス、オランダ等ヨーロッパは、「00」(例外あり)です。 中国(中華人民共和国)、フィリピン、マレーシア、ニュージーランド等も「00」です。 アメリカ合衆... A ベストアンサー 専門的になると難しいですが、簡単なものならWeb上でも無料で調べられますよ。 姉がカナダにいて旦那さんがチャイニーズなので、旦那さんとコンタクトを取るときのメールは英語なんです。 英語がまったくダメな私ですが、訳し方が少しおかしくてもなんとなくニアンスは解り使ってます。 excite. excite. excite. excite. 例えば、「I Lost My Husband to a Cult. We joined a Personal-growth group to bring us closer. 」という文章が、「私は、カルトに私の夫を失った。 私達は、より近く私達に持って来るパーソナル成長グループに参加した。 」と翻訳されてしまいます。 これは、このソフトの能力の限界なのでしょうか?値段から言って仕方ないことなのでしょうか? 或いは、他のメーカーの翻訳ソフトも皆この程度なのでしょうか? 或いは、もっと精度の高い翻訳が出来るソフトは有るのでしょうか? A ベストアンサー 翻訳精度というのは、翻訳ソフトや翻訳サイトではなく、それらで使われている翻訳エンジンというものに左右されます。 翻訳エンジンが一緒の翻訳ソフトや翻訳サイトは同じ翻訳をしてくれるわけです。 翻訳ソフトの値段は、翻訳のプロが使える機能がるかどうか(例えば、辞書への単語登録、過去の翻訳資産の再活用)の違いで異なっていて、精度自体は同じです。 国産の翻訳エンジンを作っている会社は、大手では東芝、富士通、IBM、NECがあり、それぞれ異なった翻訳ソフトや翻訳サイトで使われています。 私個人の印象としては、 1stランク:富士通、東芝 2ndランク:IBM、NEC という感じなので、富士通または東芝をお試しするのをお勧めします。 富士通の翻訳エンジンはエキサイトで使われています。 excite. nifty. top5.

次の

オフラインのwindows10で動作する翻訳ソフト

英訳 ソフト

皆様 お世話になります。 私はオークションをやっているのですが、 たまに外国の方とも取引きをします。 で、当たり前ですが英文メールがきます。 はっきりいって私にはほとんどわかりません。 Yahooやエキサイトの無料翻訳やPC付属のアトラスという 翻訳ソフトを使っていますが、なんだかいまいちです。 私も日本語で書いたメールを英文変換にします。 しかし、それがはたして私の意図する内容として英訳されているのか わかりません。 ためしにその英訳された文章をコピーして和訳させてみると、 笑ってしまう日本語です。 私が試した中ではエキサイトの翻訳が一番、私の言いたいことを伝えてくれるようです。 でも、だめです。 ところどころ変です、絶対。 皆さんはどんな翻訳ソフトを使っているのでしょうか。 日本語の微妙な 独特な 使い回しや英語の俗語 というか、辞書にのっていないような会話独特の表現 も、的確に表現してくれるソフトが欲しいです。 皆さん、おすすめの翻訳ソフトがありましたら教えて下さい。 どうしてそれがおすすめなのかもできれば知りたいです。 宜しくお願いします。 それから、そんなに外国語が苦手なら外国の方と取り引きするな という突っ込みはご遠慮下さい。 よろしくです。 現状、100万円オーダの特殊パッケージでも完全な表現は無理ですので、まぁ諦めるしかないかと思います。 研究開発に多額の投資するとか受託発注とかまでは考えてないですよね…。 お使いのソフトや無料サイトは基本的に個人用なので、 安価でお手軽に使える反面、精度はさほど高くありません。 ちなみに、私の使っているソフトは「The翻訳プロフェッショナル」です。 個人で買ってますが、本来業務用なので10万とかします。 個人用に比べたら精度が高く鍛えやすいのでこれを買いました。 ATLAS,LogoVista,The翻訳あたりが有名どころ。 それぞれに、10万クラスの業務用と1万以下程度の個人用が出てます。 勿論、無料サイトや1万円程度の個人向けよりは格段にましです。 10万から必要なのでオークション程度だと費用対効果は解りませんが、 同じATLASでも業務用パッケージを買って、自分で鍛えれば、 それなりにはなると思います。 機械翻訳にできるのはここまでです。 逆に言うと、そのレベルでもなお足りないとなると やはり微妙な言い回しは難しいはず 、ソフトは諦めです。 ニュアンスまで翻訳して欲しいということであれば、後は人間に依頼することになるかと思います。 「翻訳業務」などで検索すると、ビジネス文書の日英翻訳とかやってる会社が見つかるので、 条件の合う会社を探して、そういうところに依頼。 私は頼んだことがないのでわかりませんけど、「単語数で幾ら」とか「枚数で幾ら」とか色々あるので、 e-mail程度なら安いところもあるのかも。 オークションの度に依頼して元が取れるか不明ですが。 参考URL:翻訳ソフト MrBanさん こんにちは。 URLまで貼り付けて頂いて恐縮です。 しかし、MrBanさんはめちゃくちゃ高価なソフトを使ってるんですね。 びっくりしました。 翻訳家かなにかですか。 きっと仕事で使っているのでしょう。 私の場合、オークションというのはあくまでも片手間です。 というか趣味の範囲です。 ですので、10万は無理です。 赤字も赤字です 笑。 しかし、そんな高価なものでも完全ではないんですね。 よくわかりました。 それから、「翻訳ソフトは「鍛えながら使う」もの」という言葉、大変勉強になりました。 普段翻訳ソフトを多様している人だからこそ言える わかる 言葉だと思います。 それから、「安いやつほど、すぐに変になる」ということですが、そうですか。 やっぱりなんでも値段に比例するんですね。 私ははっきりいって、その1万円程度のものがほしいです。 それぐらいのものしか買えません。 安いなりに、まぁ使えるというのはないんでしょうか。 あぁ、「ない」ってかいてありましたよね。 すいません。 とにかくオークションでその10万ぐらいするやつが、 どのくらいで売っているか調べます。 でも今、あることに気付きました。 その10万ぐらいのソフトを買ったとして、 はたして私に使いこなせるかどうか、ということです。 なんか無理っぽいような・・ 笑 いろいろと参考になりました。 ありがとうございました。 こんばんは。 3さんの話に加えるなら、プロ用の翻訳ソフトは、とても一般の人が使いこなせるような翻訳は出来ないと思います。 プロ用はあくまでもプロ用なのです。 翻訳支援ソフトといわれる由来は、プロは、1日にA4を最低10枚程度はこなせなくてはならないので、どうしても、人間の手では不可能な部分を、機械で行うのですね。 特に、行抜けなどの人為的なミスを補う目的で、最初に、ざっと下訳は機械にやらせて、大雑把に、文脈などをつかんだら、後は、自分で訳していくものだと思います。 また、和英はほとんど役に立ちませんね。 翻訳メモリにストックしていって始めて使えるようになります。 最初は、まったく、何もないのと同じことだと思います。 和英は、単語レベルも怪しいです。 東芝の『The翻訳』や旧カテナ・現ロゴヴィスタの『ロゴヴィスタ』、富士通『アトラス』、旧ノヴァ・現クロスランゲージの『PC-Transfer』などは、有名です。 しかし、 3さんが、おっしゃっているような、「鍛える」という意味が、並大抵ではないような気がします。 つまり、翻訳メモリが搭載されているかどうかで、「翻訳メモリ」にストックしていって始めて、高い金額を出した価値があるのだと思います。 私には、それらは、ほとんど、どれも、そう変わりないし、「鍛え」なければ、安いソフトも高いソフトもまったく変わらないと思うのです。 同じような種類の翻訳を何百ページもこなして、初めて、その「翻訳支援」が出来てくるのだと思います。 中でも、『The翻訳』が一番難しく感じました。 確か、東芝は、いくつかある中では、もっとも歴史が古いという説明を聞いたことがあります。 また、業務用のものは、「翻訳メモリ」で翻訳していく「TRADOS」などは、まったく、機械翻訳の考え方が違いますね。 使っている人が英語を読めないと、さっぱり文章にならないのです。 そうしたソフトウェアは、最低でも、TOEIC 550点以上でないと使えないという話も聞きました。 ただ、私の知る限りでは、プロが機械翻訳ソフトを使うとは限りませんし、半分ぐらいは、単にワープロソフトか、テキストエディタだけだと思います。 もし、そういう目的でなければ、Vector で、ダウンロード販売されているソフトでも、中身の翻訳エンジン自体は同じですから、そういうものでもよいと思います。 「翻訳」で検索してみてください。 上記で書いた会社のほとんどは、廉価版も出していますが、東芝だけはなかったと思います。 翻訳支援ソフトの範疇で、1万円を割る商品の、シャープの『翻訳これ1本』がなくなったのは残念です。 また、ソフトの中にはOEMで出ているものもあります。 それは、 で、訳したものをみると分かります。 )なお、最近は、訳すだけなら、ソフトウェアよりも、Web翻訳のほうが勝るように思います。 もちろん、どれも細かなニューアンスは、まったく不可能です。 文学など、多くの作品を読んで、そのストックが反映するものだと思います。 翻訳ソフトで、いわゆる業務用のものを除いて、一般の方が使えるものは、どれもあまり違いはないようです。 業務用のソフトも、いろいろ規約があり、日本語としての表現方法が決まっていることが多いはずです。 つまり、どれも、いわゆる実用レベルには達していないということです。 しかし、日本語から英語にする際には、次のような工夫をすることで、ある程度は使えるようになります。 1.なるべく短い文章にすること。 一つの文に主語+述語の組み合わせが一つになるようにすること。 たとえば、「僕が家に帰ると、弟が僕の夕飯を食べてしまっていた。 」は、「僕は家に帰った。 」と「弟が僕の夕飯を食べてしまっていた。 」のように分ける。 2.日本語では主語が省略されることが多いので、述語(動詞)が現れたら、必ずその前に主語を入れてあげること。 たとえば、「今日、東京へ行き、トムと会った。 」は、「今日、僕は東京へ行った。 僕はトムと会った。 」のようにする。 3.日本語の時制表現は、文末に現れるが、英語は、それぞれの動詞で示されるので、その違いに注意する。 具体的には、1のように短文にしてしまえば、この問題は解決する。 たとえば、「昨日、図書館へ行き、三冊英語の本を借りてきた。 」は、「図書館へ行き」の部分は、過去のことだから、「図書館へ行った」としなければいけない。 だから、「僕は昨日図書館へ行った。 」と「僕は、そこで、三冊英語の本を借りた。 」の二つの文に分ければいい。 4.比ゆ表現を使わないこと。 たとえば、「猫の手を借りたいほどに忙しい。 」は「僕は大変忙しい。 」にする。 そして、最終的には、ご質問者の方が自分でやられているように、出来た英文を再度日本語に戻して、その日本語が意味の通るものなら、もとの英文も大丈夫と判断します。 だめなら、もう一度、日本語を書き換えるしかありません。 taked4700さん、ありがとうございます。 めちゃくちゃ参考になります。 「なるべく短い文章にすること」とあります。 私も、そうしています。 というより、私の場合、そうしないと英訳させたとき、 その文章があっているのかあっていないのかわからないから、 短文にせざるを得ないのです。 もう短文、短文、短文の連続です 笑。 短文の嵐です。 非常にばかっぽいです。 きっとそのメールを読んだアメリカ人は 「こいつ、相当アホだな」と思っているはずです。 まぁ、実際アホなんですが、 もう少し格好つけたいです。 「オ~、コイツ英文モOKネ」と思われたいです。 ただ、やっぱり長文にすると私がわからなくなる その英訳があっているか否かわからない ので、あきらめます。 私はがんばってS+V+Oです 笑。 関係代名詞がはいったり、その手のものがはいって複文となると もうだめです。 沸騰します、あたまが。 ですので、 簡単な 複文を正確に訳してくれるようなものは ないかなと思ったのです。 具体的になにがわからないのかというと、 inとかoutとかforとかatとか、 そういう取るに足らない言葉です。 私は無料翻訳ソフトを4つ使っています。 いろいろな無料翻訳ソフトをつかうと、 微妙にその取るに足らない言葉たちが違うのです。 私もわからないので、最終的には、 その4つから多数決できめます。 それがあっているのかどうかはわかりません。 しかし今のところ、取り引きが成立している ということは、 例えそのアメリカ人に「こいつ、バカだな」 と思われたとしても、おおよその文章はあっているのだと思います。 あと、余談になりますが、注意事項3に時制表現について書かれていますが、私はそれを思いっきり無視しています。 英文法には「時制の一致」というのがあるようですが、 あれはおかしいです。 あんなことをすると、本当に伝えたいことといいますか、 文章の生々しさというか、臨場感みたいなものがなくなると思います。 アメリカ人はよくあんなことをして、 真の 内容がわかるなと思います。 いろいろ長くなって恐縮です。 とても参考になりました。 ありがとうございました。 A ベストアンサー 私はテキスト翻訳を使いますが、ウェブ翻訳を使ったことがありません。 yahoo. 返り点式に文の後半から訳しあげてくるような感じですが、愚直な訳なのでそれなりに役には立ちます。 nifty. excite. 私はテキスト翻訳しか使いませんので、その感想は、昨年のリニューアルまでは、YAHOO! 翻訳と性能を競っていて、堅い目の教科書等の訳は、YAHOO! 翻訳、商用分野、メールの訳は、エキサイト翻訳が良いように感じていましたが、リニューアルで期待していたほどの性能アップはなかったように思います。 私のお気に入りランクで少しダウンしました。 reverso. aspx? 翻訳と似た反応です。 「て、に、お、は」や、代名詞をカッコに入れて、複数表示するところが、翻訳機の限界を分かっている様に思えて、逆に好感が持てます。 ocn. 大企業の翻訳機の割に物足りなさを感じます。 google. 世界企業ゆえに日本の消費者のことだけを考えていないのかもしれません。 microsofttranslator. 翻訳機としてお気に入りには登録しています。 Google翻訳より良いかもしれません。 8.YAHOO! yahoo. naver. infoseek. 翻訳と機能は同じだと思います。 YAHOO! 翻訳が、年に1,2度アクセスが多くて、うまく機能しない時に、使います。 Infoseek翻訳はリニューアル前は、関西弁への翻訳があって笑えました。 少し残念です。 また、YAHOO! 翻訳は、リニューアル後、右クリックで、翻訳結果が一発でドラッグした状態と同じに色が反転するので、結果を取り出しやすいです。 このほか、市販の翻訳機は、詳しくありません。 利用者独自の単語の使用頻度に合わせて、記憶されるような機能がある様ですが、そこまで、翻訳機の必要性を感じていないので、無料の物を利用させていただいています。 これは、私が英語ネイティブでないため、と、日本語を書く能力が劣っていることも関係していると思っています。 alc. weblio. 最後に以下は、「翻訳と辞書」と言うオンラインの辞書、翻訳機等の検索サイトの、「自動翻訳、機械翻訳」のページを開いたものです。 kotoba. cgi? 市販の翻訳ソフトを紹介したものもあります。 参考にしてみて下さい。 私はテキスト翻訳を使いますが、ウェブ翻訳を使ったことがありません。 yahoo. 返り点式に文の後半から訳しあげてくるような感じですが、愚直な訳なのでそれなりに役には立ちます。 nifty. excite... A ベストアンサー No. 2補足です。 無料の翻訳ソフトよりは、有料のほうがいいのかもしれません。 それと、他にもいろいろ話が出ているので、「翻訳 ソフト」で過去ログ検索してみてください。 goo. php3? 「時間蝿」の話。 「教えて」で見たのか忘れましたが、見つけられないので直接の記事を載せます。 upp. so-net. htm A ベストアンサー ・PrepTutor英和・和英辞書 収録語数はあまり多くないですが、貴重なフリーの辞書ソフトです。 vector. html 上記ソフトで事足りない場合は、多少コストがかかりますが、以下のソフトorデータをおすすめします。 eijiro. eijiro. htm 英和辞典 英辞郎 ・和英辞典 和英辞郎 などの辞書データのセットです。 テキストデータとしてのみの提供ですが、フリーソフト等の検索ソフトと併用することで活用が可能です。 入手方法はCD-R発送が基本ですが、クレジットカードで解凍用パスワードを購入する形でのダウンロード販売もされています。 alc. 英辞郎で使える検索ソフトは以下の通りです。 探せばほかにもあると思います。 vector. nifty. babylon. php タスクトレイ常駐型の辞書ソフトです。 無料でダウンロードして一定期間試用ができます。 標準辞書データのクオリティはやや頼りないですが 説明が詳しくないなど 、充分なレベルです。 辞書データを自分で作ることも可能で。 わたしは英辞郎のデータをバビロン用に変換して使っていますが、大変便利です ・PrepTutor英和・和英辞書 収録語数はあまり多くないですが、貴重なフリーの辞書ソフトです。 vector. html 上記ソフトで事足りない場合は、多少コストがかかりますが、以下のソフトorデータをおすすめします。 eijiro. eijiro. htm 英和辞典 英辞郎 ・和英辞典 和英辞郎 などの辞書データのセットです。 テキストデータとしてのみの提供ですが、フリーソフト等の検索ソフトと併用すること... A ベストアンサー 固定電話03-1234-5678にかける場合 滞在国の国際電話識別番号-81-3-1234-5678です。 携帯電話090-1234-5678なら 滞在国の国際電話識別番号-81-90-1234-5678です。 滞在国の国際電話識別番号は、国によって違います。 イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、スイス、オランダ等ヨーロッパは、「00」(例外あり)です。 中国(中華人民共和国)、フィリピン、マレーシア、ニュージーランド等も「00」です。 アメリカ合衆国、カナダ等は「011」です。 香港、タイ、シンガポール等は「001」です。 台湾等は「002」です。 例えば、 イギリスから日本の固定電話03-1234-5678にかける場合 00-81-3-1234-5678になります。 アメリカから日本の携帯電話090-1234-5678にかける場合 011-81-90-1234-5678になります。 上に書いた国際電話識別番号は、昔、私が調べたものですので正しくないかもしれません。 念のため自分で国際電話識別番号は調べてくださいね。 固定電話03-1234-5678にかける場合 滞在国の国際電話識別番号-81-3-1234-5678です。 携帯電話090-1234-5678なら 滞在国の国際電話識別番号-81-90-1234-5678です。 滞在国の国際電話識別番号は、国によって違います。 イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、スイス、オランダ等ヨーロッパは、「00」(例外あり)です。 中国(中華人民共和国)、フィリピン、マレーシア、ニュージーランド等も「00」です。 アメリカ合衆... A ベストアンサー 専門的になると難しいですが、簡単なものならWeb上でも無料で調べられますよ。 姉がカナダにいて旦那さんがチャイニーズなので、旦那さんとコンタクトを取るときのメールは英語なんです。 英語がまったくダメな私ですが、訳し方が少しおかしくてもなんとなくニアンスは解り使ってます。 excite. excite. excite. excite. 例えば、「I Lost My Husband to a Cult. We joined a Personal-growth group to bring us closer. 」という文章が、「私は、カルトに私の夫を失った。 私達は、より近く私達に持って来るパーソナル成長グループに参加した。 」と翻訳されてしまいます。 これは、このソフトの能力の限界なのでしょうか?値段から言って仕方ないことなのでしょうか? 或いは、他のメーカーの翻訳ソフトも皆この程度なのでしょうか? 或いは、もっと精度の高い翻訳が出来るソフトは有るのでしょうか? A ベストアンサー 翻訳精度というのは、翻訳ソフトや翻訳サイトではなく、それらで使われている翻訳エンジンというものに左右されます。 翻訳エンジンが一緒の翻訳ソフトや翻訳サイトは同じ翻訳をしてくれるわけです。 翻訳ソフトの値段は、翻訳のプロが使える機能がるかどうか(例えば、辞書への単語登録、過去の翻訳資産の再活用)の違いで異なっていて、精度自体は同じです。 国産の翻訳エンジンを作っている会社は、大手では東芝、富士通、IBM、NECがあり、それぞれ異なった翻訳ソフトや翻訳サイトで使われています。 私個人の印象としては、 1stランク:富士通、東芝 2ndランク:IBM、NEC という感じなので、富士通または東芝をお試しするのをお勧めします。 富士通の翻訳エンジンはエキサイトで使われています。 excite. nifty. top5.

次の

Word(ワード)・Excel(エクセル)を翻訳する4つの方法

英訳 ソフト

調査対象4649人 調査日時2020年06月14日18時44分 1位 Word(Office) 2893人 62. 翻訳ソフトの選び方と使いこなし 完成度の高い訳文を追求する翻訳のプロには好まれない翻訳ソフト(MT)ですが、「大意を把握する」「用語の辞書引きを自動化する」といった用途には、一定の効果が期待できます。 一般の方が翻訳ソフトを購入するときは、人気があってよく売れている製品を選択するというのも、ひとつの方法です。 自分がよく利用する題材や専門分野に合わせて、ユーザー辞書を整備するなど、翻訳ソフトの環境を最適化していく手続きが必要です。 つまり、期待どおりの結果を得るためには、ある程度の使いこなしや熟練が必要になります。 特定の専門分野で翻訳ソフトを使用する場合は、オプションで専門分野別辞書が用意されているかどうかを選択の基準にすることもできるでしょう。 また、特定の専門分野に特化した翻訳ソフトも発売されています。 あらかじめ用途や目的がはっきりしている場合は、専門分野に最適化されたソフトを選択すれば、別途、専門分野辞書を購入する必要がなく、ユーザー辞書をゼロから構築していく手間を省けます。 、 、 などが市販されています。 組織内で長期にわたり複数の担当者が翻訳ソフトを利用するという使い方をする場合は、UTX(Universal Terminology eXchange)または UPF Universal PlatForm といったユーザー辞書の標準仕様に対応している翻訳ソフトを選択すると良いでしょう。 将来、技術の進歩に合わせて翻訳ソフトを買い替えることになった場合でも、それまで蓄積したユーザー辞書の資産を無駄にすることなく、引き続き利用して発展させていくことができます。 自動翻訳ソフトの現状 自動翻訳(=機械翻訳 MT)の現状は、インド・ヨーロッパ語族ロマンス語系諸言語(フランス語、スペイン語、イタリア語)間は、比較的精度が高く、英語とロマンス語系言語・ゲルマン語系言語については、post edit(後編集)が不要で実用レベルだと言われています。 文法構造に類似の多い日本語と韓国語間でも、比較的良好な結果が得られるようです。 欧州・アジアを問わず、英語が国際ビジネスの標準語であるため、日本国内では、英語と日本語間の翻訳需要が大半ですが、中国市場でのビジネスチャンス拡大を反映して、 も数多くの製品が市販されています。 翻訳専門業者の評価 翻訳ソフト(MT)で出力した訳文を、プロの翻訳者に校正してもらえば、安くて質の良い翻訳ができるのではないかと考える人もいます。 これは、非常に嫌われる行為になるのでやめておきましょう。 たいていは断られます。 一見、合理的な方法に思えるかもしれませんが、機械が出力した不自然な文章を目にするだけでも、プロの文筆家(翻訳者を含む)には多大な苦痛を伴うものなのです。 例えていうと、でたらめにデザインしたひどい洋服をプロのファッションデザイナーのところに持ち込んで、「これを直して一流のデザインの服にして」と依頼するようなものです。 「二流でもいいから、お値打ちな料金で、とりあえず着られる服にして」などと言ったら、決して良くは思われないでしょう。 現在の翻訳業界で、翻訳ソフト(MT)が有用だと主張しているのは極めて少数派です。 これは、過去に機械翻訳ブームが起こった(当初は業界をあげて騒いでいたが、2年程度で結局実用にならないことがわかり急速に衰退)ときの反動で、翻訳業界では翻訳ソフトへの関心が低いのではないかという説もあります。

次の