加藤清孝。 一の橋政策研究会 代表:元参議院議員 加藤敏幸 公式サイト

加藤 清孝

加藤清孝

The league has expanded its scale since that time. However, it is still not easy for the organizations to enter the bj-league. Since the businesses of most local cities in Japan are still suffering from the long economic recession, finding enough investors to cover the expenses is not easy for them. Akita City also faces this situation. Even though an organization in Akita City has prepared to enter the bj-league, it suffers from a lack of investors. It is assumed that to present the economic impact of a bj club to the local business society would be very useful to getting the business society interested in the bj-league. Therefore, the purpose of this research was to estimate the economic impact of the proposed basketball club on Akita Prefecture. According to the results of the input-output analysis, economic impact, including the direct effects and the primary and secondary ripple effects, of the operation expenses of the club and hosting games at the home arena would be 253 million and 172 million yen, respectively. Thus, the total economic impact of the proposed club, was estimated as 425 million yen. The total economic impact will generate income of 170 million yen for companies and individuals, and tax revenues at 5 million yen for local governments in Akita.

次の

きゃりーぱみゅぱみゅが政治評論家の加藤清隆氏に「失礼ですよ」と抗議|ニフティニュース

加藤清孝

加藤忠正 時代 初期 生誕 4年() 死没 慶長12年() 改名 熊之助(初名)、清孝(初名)、忠正 戒名 理性院殿宗覚日等大居士 墓所 妙見町谷の 官位 藩 世嗣 氏族 父母 、? 兄弟 百助、虎熊、 忠正、、、 加藤 忠正(かとう ただまさ)は、初期のの世嗣。 生涯 [ ] 初代藩主・の次男として誕生。 母はの娘(川尻殿)といわれるが不詳である。 幼名、熊之助。 初名、 清孝(きよたか)。 豊臣時代の清正の正室山崎氏(娘)に嫡男・虎熊がいたが、中に没し、を経て8年()にによってが開かれ慶長10年()に加藤家が設けられると、熊之助はへの人質として江戸に置かれた。 慶長11年()、を下賜され 、主計頭に叙任。 一方、よりの授与を受けて 忠正と名乗りを改めている。 慶長12年()正月にを患い、将軍秀忠より名医を遣わされるがその甲斐なく、江戸屋敷で死去。 享年9。 法名は理性院殿宗覚日等大居士。 墓所は妙見町谷2445の。 忠正の死去により、弟(清正三男)の虎藤()が後継となり熊本藩2代藩主となるが、後にされた。 脚注 [ ] [].

次の

役員|日本スポーツマネジメント学会

加藤清孝

加藤忠正 時代 初期 生誕 4年() 死没 慶長12年() 改名 熊之助(初名)、清孝(初名)、忠正 戒名 理性院殿宗覚日等大居士 墓所 妙見町谷の 官位 藩 世嗣 氏族 父母 、? 兄弟 百助、虎熊、 忠正、、、 加藤 忠正(かとう ただまさ)は、初期のの世嗣。 生涯 [ ] 初代藩主・の次男として誕生。 母はの娘(川尻殿)といわれるが不詳である。 幼名、熊之助。 初名、 清孝(きよたか)。 豊臣時代の清正の正室山崎氏(娘)に嫡男・虎熊がいたが、中に没し、を経て8年()にによってが開かれ慶長10年()に加藤家が設けられると、熊之助はへの人質として江戸に置かれた。 慶長11年()、を下賜され 、主計頭に叙任。 一方、よりの授与を受けて 忠正と名乗りを改めている。 慶長12年()正月にを患い、将軍秀忠より名医を遣わされるがその甲斐なく、江戸屋敷で死去。 享年9。 法名は理性院殿宗覚日等大居士。 墓所は妙見町谷2445の。 忠正の死去により、弟(清正三男)の虎藤()が後継となり熊本藩2代藩主となるが、後にされた。 脚注 [ ] [].

次の