前髪 の すき か た。 前髪の簡単な切り方!美容師直伝、誰でも簡単にできるセルフカット

女の命『前髪』を可愛く切る方法とは?普通のハサミでも前髪をカットできる

前髪 の すき か た

前髪の長さだけじゃなく、前髪の幅が広め、狭め、まど幅を変えるとちょっとした違いで印象や雰囲気が変わります。 前髪の幅にこだわることでより自分に似合う前髪スタイルが見つけてみてください。 【目次】 ・ ・ 前髪の幅狭めヘアスタイル 透け感のある幅狭めの前髪が可愛いショートヘア ナチュラルショートでありながら、 透け感のある幅狭めの前髪がポイントとなって、今っぽくおしゃれ感を演出。 動きを出すために表面の長さは残しつつ、トップからレイヤーとグラデーションで繋ぎます。 前髪は、眉下くらいでカット。 8レベルのスモーキーマットアッシュは、寒色系でしっかり赤みを抑えながら柔らかいイメージに。 丸みがあるシルエットで、女性らしさも演出できます。 サイドはリップラインの長さで前下がりにカット。 前髪は、下ろすことも流すこともできる長さにして扱いやすく。 サイドとの繋がりはやや長さを残し、黒目と黒目の間を軽くすることで今っぽいバングに。 カラーは8レベルのフォギーベージュのベースに、表面に入れた13レベルのハイライトがアクセントとなり立体感をプラス。 バックから耳上までレイヤーを入れ、耳下のラインをすっきり見せます。 顔周りは前下がりにカットしレイヤーを。 全体のトップに向かってグラデーションカットにしひし形のシルエットを作りつつ、トップは短くなり過ぎないように注意。 トップに長さを残すと、表面にふわっとした毛束を作りやすくなります。 前髪は目の上ギリギリで厚めにカットし、自然にサイドに繋げて。 カラーは10トーンのフォギーベージュ。 ショートボブは暗いと幼さや重たさを感じさせます。 表面のふわっとした毛束が透けやすいカラーなので、重たくならず垢抜けた印象に。 抜け感のある幅狭め前髪の外ハネショートヘア 簡単スタイリングで、時短でも柔らかな束感を再現できる 抜け感のある前髪を作ることで、今っぽく女性らしさをプラスできます。 ポイントとなる前髪は、眉毛ギリギリのラインでカットし、隙間を作って軽さを出すことで、抜け感が出て大人の女性にもフィットするスタイルに。 トップにレイヤーを入れているので、ボリュームや動きが思いのままに。 ペタっとしやすい髪質の人には特におすすめのスタイルです。 ショートでありながら女性らしいソフトな表情を作り、面長の骨格をカバーする効果も。 前髪は、流しやすくするため斜めにカットした後、内側を毛量調整するのが抜け感と束感を再現するポイント。 カラーは、9レベルのシアーベージュ。 グレーがかった色味で、柔らかさを引き立て、透明感のある春らしいカラーです。 こめかみに落ちる幅狭め前髪の小顔ボブ こめかみに落ちるサイドバングを耳に向かって流すと、輪郭がひし形に見えて小顔に! 重要なのは前髪横のこめかみに落ちる毛束のサイドバング。 輪郭がひし形になることで、必然的に顔の面積が小さく見えます。 こめかみに落ちるサイドバングの毛束を頬にかかる長さでカットします。 正面から見たとき毛先に動きが出るよう顔周りに軽くレイヤーを入れます。 バックは重たく見えないよう、ジグザグにはさみを入れるチョップカットで軽さをプラス。 前髪は目の上ギリギリで薄めにカット。 おでこを隠すことで小顔効果をUPさせつつ、薄めに作っているので幼く見えません。 カラーは6トーンのダークグレージュ。 光に透ける寒色系なので、暗めでも重たく見えずあか抜けた印象に。 サイド長めで幅狭め前髪が女っぽいミディアム お手入れラクちんbut女っぽさも流行感も手に入る レイヤーが程よくプラスされ、顔周りに動きがあるミディ。 丸いシルエットで、ナチュラルの中に女性らしさや抜け感のある注目のスタイルです。 顔周りからレイヤーを入れ、リバースの毛流れをつくることで小頭効果が。 前髪は浅めにつくり、両サイドを少し長めにカットしたら、おでこの肌が多少透けるように量感を調整。 カラーは、6レベルのフォギーベージュに、黄色を打ち消すバイオレットを少量ミックス。 ダークな色でもベージュ系統なら重くならず、バイオレットを加えることで、よりツヤ感のある仕上がりに。 顔周りがタイトな幅狭め前髪の外ハネウルフボブ 耳掛けすると顔周りがタイトになり外ハネが強調されおしゃれ感up! トップのふんわり感が強調されボリュームアップして見せる効果もあり。 前髪を作るとクールになり過ぎず、柔らかさが出るのでおすすめです。 裾は動きが出やすいようグラデーションカットに。 表面にレイヤーを入れやや軽さを出します。 前髪は目の上ギリギリでカット。 隙間を作るように毛量調整すると今っぽい下ろし前髪に。 カラーは8トーンのアッシュブラウン。 程よく赤みを抑え、透け感のある柔らかな髪に見せます。 サイド長めの幅狭め前髪&グラデーションカットのミニマムボブ 内側に入れたグラデーションカットで、頭にフィットするようなミニマムボブに! ポイントは、後頭部の内側にグラデーションカットを入れることと、前髪を薄め、短めに作ってヌケ感を出すこと。 さらに外ハネを大きく作らずラフにハネさせてから、耳掛けをすること。 後頭部などボリュームの出やすい部分の内側にグラデーションカットを入れると、毛が頭に沿うようにまとまりコンパクトに。 レイヤーを入れると毛先が外にいきボリュームが出やすくなるので避けて。 前髪は目の上で薄く取り、隙間ができるようにカット。 眉尻の毛束はやや長めにカットしサイドに流すと小顔に見えます。 カラーは10トーンのラベンダーアッシュ。 赤みを抑えた透け感のあるアッシュで、重たい印象を与えません。 光の加減で陰影ができるカラーなので自然と立体感を演出できます。 肩に当たる長さでカットすると、巻いたとき肩につかず軽やかな印象に。 顔周りはやや前上がりにカットし、内巻き部分が重たく見えないようにします。 表面に少しだけレイヤーを入れふわっとした毛束を作ります。 前髪は薄めに取り、目の上で流れるように毛量調整しながらカット。 ゆるやかな曲線を作ると幼い印象になりません。 カラーは8トーンのナチュラルブラウン。 落ち着いたカラーですがツヤ感と透け感が出るので重たくならず、上品な印象に。 退色しにくいのもおすすめポイントです。 幅狭め長め透け前髪の大人かわいいロング 部分アイロンテクニックで、動きがある大人かわいいスタイルに。 顔まわりに入れたレイヤーが軽さを表現し、頰骨をカバー。 前髪の幅も狭めなので、小顔効果も抜群。 重さの中に抜け感をプラスした前髪は、大人女性の雰囲気が漂います。 2WAYバングなので、下ろしても流してもOK。 軽さと動きを出すため、こめかみ部分にレイヤーを入れてつなぎます。 厚みのある前髪は、右に流れるようにカットし、すき間が出るように調整していきます。 9トーンのシフォンベージュは、赤みを打ち消し、柔らかい髪質感をもたらすカラー。 外ハネボブといえば裾に厚みがある切りっぱなし風ですが、差をつけるなら顔周りにレイヤーを。 大人になるほど眉上の短め前髪は敬遠しがちですが、思い切ってカットするとそれだけでおしゃれな印象に。 顔周りも頬ラインからしっかりレイヤーを。 裾には入れず重たさを残すのが、今っぽいレイヤースタイルの鉄則です。 前髪は眉上で薄めにカットしてから、パッツンにならないように隙間を作るセニングカットで毛量調整をします。 カラーはしっとりツヤの出る7トーンのピンクバイオレット。 アッシュなど寒色にせず暖色にすることで、カジュアルなボブでも落ち着いた印象になります。 レイヤーで毛流れができているので、太めのアイロンで平巻きにするだけで軽やかさが演出できます。 前髪は隙間を作ったシースルーバング。 誰にでもなじみやすく、今っぽい印象に。 直毛の場合、毛先にパーマをかけても。 前髪の幅をやや広めにすることで、奥行きが出てよりメリハリのあるスタイルに。 カラーは、8トーンのWフェイスカラーのオリーブアッシュ。 ほんのり透ける美人色で、この春のイチオシ。 ちなみに、Wフェイスカラーとは、落ち着いた色味でも、光に当たると柔らかさや透け感といった2つのニュアンスを楽しめるカラー剤のこと。 軽さが欲しい春夏に特におすすめです。 小顔見せ効果はもちろん、毛先の遊びがふんわりと軽やかな印象を与えます。 ラフ感を取り入れつつも、女性らしさを兼ね備えたカジュアルフェミニンなスタイル。 トップの顔まわりは、頬にかかるようにレイヤーを入れるとラフな浮遊感が出ます。 前髪は眉毛と目の中間くらいの長さで幅を広めにフルバングに切り、内側を毛量調整します。 カラーは、9トーンのブラウンベージュ。 ややグレーがかった色味で、柔らかい印象に。 透明感のあるキレイな肌色に見せ、イエべ、ブルベどちらでも似合う万能カラーです。 キメ過ぎない前髪や裾のウエーブにより、軽やかさとおしゃれ感が両方手に入るスタイル。 表面と顔周りにややレイヤーを入れ、毛束を動かしやすくします。 前髪は巻いて眉が見えるように、眉下でカット。 前髪のサイドは眉より外側まで取り、ややラウンドにカット。 カラーは6トーンのアッシュベージュ。 しっかり艶の出る明度で赤みを抑えます。 また透明感が高く、暗めカラーでも重たい印象になりません。 サイドにラウンドでつなげる幅広めの前髪 レイヤーを入れて動きをつけた、鎖骨下7cmのロング。 平巻きとミックス巻きを合わせ、緩く自在な毛流れに。 オリーブベージュカラーで、スモーキーな柔らかさを加えて。 【POINT】 前髪は手前から作って幅を狭めにし、両端はサイドへ斜めにつなげる。 広いおでこにフィットするよう、ピンパーマで緩くくせづけておくと、スタイリングも楽々。

次の

前髪のすき方。ポイントとコツを押さえてセルフカットしよう!|feely(フィーリー)

前髪 の すき か た

美容師並みの前髪をセルフカットで再現! 前髪をすく前に 前髪を切るよりもハードルの低い、すく方法で、厚ぼったくなった前髪をすっきりさせてみましょう。 前髪をすくときは、適切な、 すきバサミを選ぶことから始まります。 普通のハサミだけですくのは初心者には難しいです。 刃先にシャギー効果がついているもの、櫛型のスキバサミなどが一般的ですのでそういったものを中心に選ぶようにしましょう。 スキばさみなら、ハサミで切って揃えるのが苦手だったりあまり短くしたくなかったりする時に役立ちます。 スキハサミではなくカミソリで切る事も不可能ではないですが、ギザギザしてしまったり大雑把な切り方になってしまったり、さらには髪が痛み枝毛ができることがあるのでおすすめできません。 前髪のすき方のコツ 前髪のバランスを考え、少しずつすけるよう前髪を 三角ブロッキングします。 三角ブロッキングで前に垂れている前髪をすき切り終えたら、頭上に向けて三角形の部分の量を調節しながら軽くしていきます。 この作業が軽さを分けるので慎重にやっていきましょう。 コツとしては、前髪をすくときに持ち上げすぎたり引っ張りすぎたりすると刃の入る角度が急になりサイドが同じ長さにならず、自然な仕上がりにならないので垂らしたまますきましょう。 すきバサミを入れる時は縦方向に入れましょう。 縦方向にハサミを入れることによりバランスよくすくことができます。 少しずつすくことも大事です。 一気にすこうとすると、つい切りすぎて失敗してしまいます。 また、すくときは 髪の毛が乾いた状態で行うようにしましょう。 濡れたまま切ると、乾いたとき髪は短くなるので、理想と違う仕上がりになることがあります。 前髪のすき方を基本から紹介! 1.前髪をまっすぐに整える 前髪がうねっているときれいにすくことができないので、まずはブローで土台を整えます。 ヘアミストや水で前髪を濡らし、ドライヤーとコームを使って根元からまっすぐになるようにブローします。 湿り気が残らないようにしっかりと乾かしましょう。 前髪をまっすぐに整えることにより、目指すべき長さも決まりますし、すきたい部分とそうでない部分を区別しやすくなります。 この作業を適当に終わらせてしまうと失敗に繋がりますので、丁寧にクセを伸ばすようにしましょう。 前髪のクセやうねりが強かったり、ブローではうまく伸ばせなかったりする場合はストレートアイロンを使用してもOKです。 ストレートアイロンで前髪のクセを伸ばす時は、火傷に気を付けてください。 2.前髪を三角形に取ってブロッキング 前髪のクセが取れたら、コームを使って真下に向かってきれいにとかします。 それから前髪をつむじを頂点とした 細めの二等辺三角形になるイメージで取り、その部分以外の周りの髪はピンやダッカールで ブロッキングしておきます。 この時三角形の頂点の位置が高ければ高いほど、前髪の量は厚くなります。 なのでお好みで頂点の位置を変えてください。 前髪の幅の目安は、黒目の外側の幅です。 それ以上になると幅広になり顔が表に出る面積が大きくなるので注意が必要です。 セルフで前髪をすく時は、できるだけ幅は狭くしておいた方が、失敗して美容室で直してもらう時にも修正しやすくなります。 また前髪の量が多く厚い場合は、 前髪を上下に2~3ブロックにわけるとすきやすくなります。 ブロッキングしてすく場合も、すき方は基本的には同じですが、内側(1番額に近い方)を短めにして上の髪を長めに仕上げると収まりがよくなります。 3.前髪の真ん中部分からすいていく いよいよ前髪にハサミを入れる工程です。 ハサミを縦に使って毛先の方から少しずつすいていきましょう。 思い切ってハサミを入れてしまうと薄すぎたり短くなりすぎたりしてしまうかもしれないので、様子を見ながら慎重にすきます。 ただしすきバサミを使う場合、髪に対してすきバサミを垂直に入れても切れないので、少し斜めに傾けましょう。 つい端っこから手を着けたくなってしまうものですが、前髪をすく時は目の上の髪を残して 眉間の上の部分からすいていくのが鉄則です。 前髪の真ん中より両端が薄くなってしまうと、アンバランスな印象になってしまいます。 まずは眉間の上の前髪から少しずつすいていきます。 4.前髪の両端をすく 眉間の上の髪をすき終わったら、目の上の両端の部分をすいていきます。 真ん中の毛量に合わせるように、様子を見ながらすいていきましょう。 この時にやってしまいがちなのが、欲張って先に分けておいたサイドの髪を下ろして前髪の分量を増やしてしまう行為です。 これをやるとバランスが崩れて失敗する確率が高くなるので、先に分けた髪にはまだ手を付けないようにしておきます。 5.前髪の毛先を両サイドとつなげる 前髪部分のすき作業が終わったら、ここで初めてブロッキングしておいた両サイドの髪を下ろします。 そして両サイドの髪の長さや量は変えないように、 前髪が両サイドに自然につながるように毛先を調整していきます。 最後にもう1度前髪を手ぐしでブローして、飛び出した毛先などをハサミで微調整したら完成です。 いつも通りのヘアセットをして、違和感がないか確かめてみましょう。 前髪の切り方 セルフカット 前髪を切る前に 前髪を上手に切ってかわいいヘアスタイルにするためには、コツを押さえておくことが大切です。 失敗して落ち込まないためにも、今からセルフカットのコツを知っておきましょう。 前髪を切る前にまずは必要な道具を用意しましょう。 道具と言っても、髪を切るための ハサミ、クシ、ヘアアイロン、ピンなどだけで十分です。 ハサミは文房具用ではなく、髪専用のハサミを使いましょう。 お部屋で切る場合は、切った髪が散らばらないようにビニールシートや新聞紙などを敷くといいでしょう。 上手な前髪セルフカットのコツ 失敗しにくい前髪の切り方を、手順を追って見ていきましょう。 1.まずは、前髪をすべて前に下ろし、下ろしたら センター分けにします。 横線で髪の長さ、縦線で髪の重さが決まってきます。 2.センターで分けたら中心部分の前髪だけを前に集め、根元が三角形になるよう分けていきます。 ここでは焦らず、上手く取り分けてきれいな三角形のすじを作りましょう。 3.次に、切りたい長さより少し長めに残して、前髪に対し 縦にハサミを入れていきます。 くれぐれもハサミを横に入れないようにしましょう。 横から切ると、切りすぎてしまったりアンバランスになったりして誤差がでてきやすくなります。 毛先が出て気になる部分は少しずつ切っていきます。 4.その後、必要であれば切った前髪と顔周りの髪がなじむように切っていきます。 顔周りは上から下へスライドさせるように切りましょう。 5.仕上げに、左右のバランスが同じになるよう整え、クシで時々とかしながら 調整カットしていきます。 6.切り終わったら前髪をヘアアイロンで軽く巻くと、自然な仕上がりになります。 前髪カットのポイントは、縦にハサミを入れて少しずつ切り、左右のバランスを調整することです。 これらのコツはぱっつん、ギザギザ前髪にも対応できるので、ぜひ参考にしてください。 目ヂカラをアップさせる前髪 前髪で目ヂカラは決まる? 前髪は工夫次第でかわいくできますし、コツを掴んで慎重に切ればセルフカットでも上手に決まります。 前髪は長さや厚さ、形によって大人っぽくなったりフレッシュな印象になったりするので自分の好みの印象を自由につくることができます。 さらに、カットによっては目ヂカラをアップさせることもできます。 目を大きく見せ、 目ヂカラアップする前髪と言えば、前髪を下ろしておでこを覆い、目ギリギリまで伸びた前髪が一般的です。 この前髪ならおでこが隠れて顔の面積が小さくなり、自然と顔の中での目の割合が大きくなり目ヂカラがアップするのです。 しかしこの前髪は、輪郭を強調して顔が大きく見えてしまったり子供っぽくなったりする場合があります。 それを避けたい人は、センター分けで目のライン上に前髪を持ってくるのが効果的です。 これにより、目の横幅が強調され目を大きく見せられます。 この時前髪は目の位置より長く伸ばしていた方が 小顔効果が期待できるかもしれません。 左右の目の大きい方で分ける 鏡で顔をよく見ると、左右どちらかの目が大きいことに気が付くはずです。 左右で目の大きい方に分け目を作ると目を強できます。 なぜなら、 人の視線は分け目があるを作ったほうに視線は集中するものなので、強調したい側に分け目を作れば目ヂカラがアップします。 髪型を額縁のようにする 髪より顔のほうが色素が薄いことを利用し、色素が薄い部分を色素が濃い部分で覆い、顔の面積を小さくさせる方法で目ヂカラアップが可能です。 顔を小さく見せると顔の表面のうち、目が占める割合が大きくなるので簡単に大きな目に見せることができるのです。 顔の面積を小さく見せる方法はとても簡単で、 額縁 のように髪で顔をできるだけ覆うようにするだけで完成します。 前髪はぱっつんにして目の上に持ってきて、顔周りの髪も顔にかかる様にして重ためにすると額縁のように覆うことができます。 前髪やフェイスラインにかかる髪は目に近くなるので目が大きく見えます。 黒目の位置で分ける 前髪をぱっつんにしたりしなくても、前髪をバランスよく分けるだけで目ヂカラアップも可能です。 目ヂカラアップさせるためには黒目の外側の真上に分け目を持ってくることがポイントです。 具体的には、黒目の外側の垂直線上に分け目を作るということになります。 これにより前髪のボリュームが抑えられ頭が小さく見えるので、 視覚効果 で目が大きく見えます。 前髪で目が小さいほうを隠す 左右の小さいほうの目を隠すことで小さい目を カモフラージュできます。 この方法は、暗い印象ならないように、ぺったりつけるのではなくボリュームを出すことがポイントです。 特に、少しカールさせて小さい方の目に乗せると自然と隠せて大きな方の目が強調されます。 重めのぱっつん前髪 ぱっつん前髪は、 目の上に肌より暗い色が置かれることで顔の面積を狭くし目が強調される視覚効果により目ヂカラアップ効果が期待できます。 ぱっつんだと子供っぽくてチャレンジしにくいという人は、切らずに前髪を内巻きにふんわりさせることで、ボリュームのありやわらかい前髪にすることができ、ぱっつんにしなくても簡単に目を大きく見せられます。 流してセンター分け 前髪があったほうが目が大きく見えると思っている人も多いかと思いますが、わざわざ前髪を切らなくても目を大きくさせることはできます。 そこでおすすめなのが センター分け です。 センター分けで目ヂカラアップ効果が期待できるなんて意外に思えるかもしれませんが、センター分けにした時のちょっとした工夫でいつもより目が大きく見えるようになります。 まず、センターに分け目をつけ、そこから左右の 眉山に前髪が曲線状にかかるようにスタイリングするだけです。 このテクニックで顔の面積が小さく見えるので、その視覚効果により目が大きくなったように見せることができます。 ぱっつんは子どもっぽくて抵抗がある、という人はセンター分けにテクニックを加えるだけのこの方法で目ヂカラアップしましょう。 前髪のヘアアレンジ方法 アメピンで簡単ヘアアレンジ 前髪のヘアアレンジをするときは、 アメリカピンを使ってアレンジをすると簡単でかわいく前髪のアレンジをすることができます。 ふんわりと優しい印象に仕上げたい人におすすめのアレンジ方法です 1.前髪を8:2の割合で簡単に分けます。 分けた前髪はピンと引っ張らずにふわっとした感じで横に長し、片方の手で押さえます。 2.そのまま前髪をピンで留め、ピンを手で押さえながら前髪を引っ張って膨らみを持たせます。 3.前髪の形が整ったら、ヘアスプレーで崩れないように固定をすれば完成です。 前髪が短い場合、時間が経つとセットが崩れてしまうことがあるため、しっかりキープできるように前髪を固めてくださいね。 ハーフアップ風の前髪アレンジ 前髪をセンターで分け、サイドの髪の毛と一緒にねじって後ろで留めることで、ハーフアップ風の前髪に仕上げることができます。 前髪を伸ばしたいときは、伸ばしている最中に前髪が中途半端な長さでセットに困ることがありますよね。 そんなときはこのアレンジでかわいい印象に仕上げましょう。 1.前髪をセンターで分け、サイドの髪の毛と合わせてねじりながら後ろに回します。 右と左の両方を同じ手順で行ってください。 2.両方を後ろまでねじったら、後ろで一つにまとめれば完成です。 お気に入りのヘアアクセサリーがあれば、それをつけてみるのもおすすめ! 不器用さんでも簡単にできるアレンジですので、ぜひ試してみてくださいね。 前髪くるりんぱで簡単アレンジ まとめ髪でくるりんぱをしている人もたくさんいますよね。 これを前髪にアレンジしてみましょう。 前髪のくるりんぱでおしゃれな印象になりますよ。 1.前髪を8:2に分けた8の方の前髪をサイドの髪の毛と一緒にまとめて根元から10cmくらいのところで結びます。 2.根本に近い髪の毛の生え際のほうの毛束を真ん中で分け、毛先部分をその中に通してくるりんぱをします。 毛先は耳の方に流してかけ、アメリカピンなどで留めてください。 3.ゴムに近い部分の髪の毛を少し引き出せば、ふんわりとした印象に仕上げることができます。 使用するゴムはなるべく細いものを使用するのがおすすめです。 女子に大人気!シースルーバングの切り方 カットする前にまずは土台作り! シースルーバングは前髪をカールさせる必要があるので、前髪の長さが短すぎると上手くできません。 理想的には、目に掛かるくらい~目の下程度の長さがあると上手にできます。 また、カットする際にはしっかり髪の毛を乾かしてからカットしましょう!濡れている状態と乾いている状態では長さが変わってくるので、 乾いた状態でカットするのが大切ですよ。 一気に切らずに少しずつカットがコツ 1.まず、センター部分から前髪を1cm幅程度の三角形で分けます。 この時、 あまりたくさんの毛量を取ってしまうとシースルーバング特有の軽さがなくなってしまうので気を付けてくださいね。 2.このまま前髪を浮かせた状態で、毛先をギザギザに切っていきます。 まっ直ぐ切るとパッツンになってしまうので、 ハサミを斜めにしながらカットするのがコツです。 3.ちょうど良い長さになったら、今度は前髪を2cm幅程度の三角形で分けとります。 2.でカットした長さと同じくらいになるまでカットします。 4.おでこが透けるくらいの薄さになるまで髪を梳きます。 5.全体がなだらかなカーブになるよう、両端は長め・真ん中は短めになるようにカットします。 この時、前髪をおでこと平行に持ってカットすれば自然なカーブが仕上がります。 シースルーバングのセルフセット シースルーバングをセットするときには、 束間を出すと上手く仕上げることができます。 前髪を3~5つの束にわけて、それをまとめてコテやヘアアイロンでカールさせると良いでしょう。 コテやヘアアイロンで巻く場合は、目にかかる部分を内側から外側にカールさせるように巻くと良いです。 巻いた後はパサパサにならないよう、ヘアオイルやオイル入りのワックスで軽く整えるとツヤ感を出すことができます。 また、カーラーでセットすることも可能です!カーラーでセットする場合には、毛先から根本までしっかり巻き付けるのが重要ですよ。 まとめ 少し前髪が伸びてきたのが気になった、ちょっとイメチェンしたい、という時に、前髪のセルフカット方法を心得ておけばささっと前髪を変えることができとても便利です。 さらにセルフカットとなれば、自分の思い通り、好みのままに切れるので、美容院でやってもらって「なんか違う」と思うこともなくなります。 さらに、500円~1000円ほどかかる美容院の前髪のみのカットを節約でき、メリットがたくさんあります。 とはいっても前髪は印象を大きく左右するデリケートなパーツですので、失敗しないよう切り方のコツを掴んで慎重にカットして、かわいい前髪にできるよう心掛けてくださいね。 あなたの前髪をかわいくステキに仕上げる方法の次は、ステキな出会いを探してみませんか?電話占いは、恋愛関係や不倫・浮気に強い占い師が恋の行方を占ってくれる占いです。 あなたの恋にこの先どんなことが起きるか、何をすればステキな恋愛ができるか気になる人は、電話占いで恋愛のアドバイスをしてもらいましょう。 気になる人は是非チェックしてみてくださいね。

次の

前髪のすき方!セルフで可愛く前髪をすく方法は?シースルーバングのやり方も

前髪 の すき か た

前髪をまっすぐに切り揃える なにはともあれ、前髪をまっすぐに切りそろえるところからです。 何も考えずにハサミで切ってしまうと、間違いなくガタガタな前髪になってしまいますので注意してください。 前髪をまっすぐ切るには一度に切る髪の毛の量を減らします。 最初に、前髪を3つにブロック分けします。 次に、ハサミで切るときに前髪がすべらないように、人差し指と中指ではさみます。 軽くおさえるだけで、強く引っ張らないように注意してください。 そして、ハサミの付け根で切ります。 ハサミの先端で切ってしまうと髪が滑ってきれいに切り揃えることができません。 うまくいったら、次は二つ目のブロックの前髪を切ります。 このとき、一つ目のブロックと二つ目のブロックの前髪を人差し指と中指で挟みます。 そして、一つ目のブロックで切った前髪の長さに揃えるように、二つ目のブロックの前髪を切ります。 まっすぐに切り揃えるのは簡単ではないということを頭にいれて、慎重に切りましょう。

次の