ゼンリー 赤いピン。 Zenlyのゴースト状態は相手にバレてる?フリーズとあいまいの違い解説

Zenlyについて 誰かがあなたをチェックしましたってありますが、これっ

ゼンリー 赤いピン

ありゃ ! ピンク のクリ スマス ツリー だぁ〜。。。 凄いな ぁ。。 超メル ヘンチ ックで ・・・ 心がぽ わ〜っ てなり ますね ぇ。。 さゆ、 とって もとっ ても可 愛いツ リーを 見せて くれて 本当に 本当に 本当に ・・・ ありが とう。 写真一 枚目! これは 前にさ ゆがブ ログで 言って いた ツリー の要素 が満載 ですよ ね!! ! ピンク のツリ ー、 僕、初 めて見 ました !!! てっぺ んがさ ゆの大 好きな リボン になっ てるね ぇ。。 >< さゆの 大好き なキャ ラクタ ーも満 載。。 キティ ちゃん に、く まちゃ んに・ ・・ 可愛さ いっぱ だね! !! すっご くすっ ごくす 〜っご く・・ ・ 可愛い です。 さゆ、 嬉しそ うだな ぁ。。 二枚目 ! 飾り付 け、可 愛いな ぁ。。 シナモ ロール ちゃん 、存在 感あり ますね ! カワユ ス。。 >< 三枚目 ! 可愛い サンタ さゆに 、 可愛い ピンク のクリ スマス ツリー 、 ピッタ リです ねぇ。 可愛い 連呼! 笑 さゆの 高まり 具合が 、よく 分かり ます! !! 可愛い クリス マスツ リーっ ていい ねぇ〜 ! 癒され ました。。。 今日は 凄く寒 い日だ けど・ ・・ お昼は 少し日 が出ま したね。。。 さゆ、 寒さ、 大丈夫 ですか ・・・ ? お体を 冷やさ ないよ うに 気をつ けてね。。。 リハー サルあ るみた いだし 、 ご飯し っかり 食べて ね! さゆ、 お体に 十分に 十分に 気をつ けて・ ・・ 午後も 引き続 き、 頑張り ましょ う〜! !!• 「可愛 い」が 12個 もある。 笑 ) テンシ ョンあ がりす ぎやろ ー。 (笑 ) りほり ほに対 しても 、可愛 いしか 出てこ んやろ ?(笑 ) スネた りする 姿ひと つとっ ても可 愛いし。 そこは 、さゆ みもい っしょ か。 いや、 さゆみ はいっ しょぢ ゃない かな。 さゆみ には、 可愛い +おっ とな〜 +セク スィー がある もんね。

次の

道重さゆみ(モーニング娘。) 公式ブログ/ピンクリスマスツリー

ゼンリー 赤いピン

概要 [ ] 原作はに書かれた(スー・トン)の小説『妻妾成群』。 撮影はに実在する時代の大邸宅・喬家大院で行われた。 第44回で銀獅子賞を受賞。 にノミネートされた。 あらすじ [ ] の、 19歳の女学生・頌蓮(スンリェン)は、父親が亡くなった後実家が没落したため、陳佐千という富豪の第四夫人として嫁ぐことを余儀なくされた。 彼の大邸宅に嫁入りした際には王室の様な待遇で、気持ちの良い足マッサージを受けた。 屋敷の主人は、夜になり彼女の部屋に泊まる時門前に赤い提灯をかかげた。 しかし頌蓮はすぐに全ての妾たちが同様の贅沢な待遇を受けていることに気づいた。 主人は毎日どの妾の家で夜を過ごすかを決めるとその家の前に赤い提灯を灯し、その妾は足マッサージを受け、食事を決定したり下僕達の尊敬と服従を得ることができたのだ。 やがて、友情を築いたと思っていた第二夫人からの裏切りや、屋敷に出入りする医者と不倫をしていた第三夫人への凄惨な罰を目の当たりにし、主人の寵愛を巡る戦いの中で憔悴した頌蓮は次第に正気を失い、常軌を逸した行動に出るようになる…。 キャスト [ ]• 頌蓮(スンリェン)〈第四夫人〉:(コン・リー)• 梅珊(メイサン)〈第三夫人〉:(ホー・ツァイフェイ)• 陳佐千(チェン・ズォチェン)〈主人〉:(マー・チンウー)• 卓雲(ヅォユン)〈第二夫人〉:(ツァオ・ツイフェン)• 陳百順(チェン・パイスン)〈菅家=執事長〉:(チョウ・チー)• 雁兒(エンアル)〈頌蓮の召使い〉:(コン・リン)• 大太太〈第一夫人〉:(チン・スウユエン)• 宋媽(ソン・マー)〈陳家の召使い〉:(ティン・ウェイミン )• 点燈人:(ツァオ・ゾンイン)• 高医師(カオ・イーション):(ツォエ・チーガン)• 飛浦(フェイプー)〈第一夫人の息子〉:(ツゥ・シャオ)• 曹二嬸(ツァオ・アルセン)〈陳家の召使い〉:(シュー・ウェイ) スタッフ [ ]• 監督:(チャン・イーモウ)• 製作総指揮:(ホウ・シャオシェン)• 製作:邱復生(チュウ・フウション)• 原作:蘇童『妻妾成群』• 脚本:倪震(ニイ・ゼン)• 音楽:(チャオ・チーピン)• 撮影:趙非(チャオ・フェイ)• 編集:杜媛(トー・ユァン)• 美術:曹久平(ツァオ・チェウピン) 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語) この項目は、に関連した です。

次の

Zenlyのゴースト状態は相手にバレてる?フリーズとあいまいの違い解説

ゼンリー 赤いピン

時を止める鐘の大規模探窟から帰還し、簡単な荷物だけを抱えて不動卿邸に居候を決め込んでからしばらく経った頃、ライザはリコをオーゼンに預けて殲滅卿邸の玄関前に立った。 殲滅卿邸はライザが黒笛になってオーゼンから独立し、白笛になってようやく買い求めた屋敷だった。 ベルチェロ孤児院やラフィー香辛店がある西区に近い中央区にそれは位置する。 誰よりも近くにアビスを感じたいとの願いから、中央区の中でも高台に位置する屋敷は、あまり広くはなかったけれど窓から直下に大穴を覗き込めるのだった。 師匠のオーゼンに屋敷を買ったと案内したら、呆れられそして最後には奇妙な笑い方で微笑まれた。 オーゼンはライザが大穴に近づくのをすこぶる好む。 憧れを宿した瞳で窓から大穴を見下ろしていたら、オーゼンは大穴ではなくライザの横顔をじいっと見つめていた。 「なんだ?私の顔に何かついているのか?」 「ここからの眺めは素晴らしいんだ!私なんかより窓の外を見ろよ!」するとオーゼンは背を丸めて窓枠に肘をつき、遊んでいる方の手で整えた髪の先をよじってとがらせる。 「大穴なんぞ数十年と見飽きたよ」 「何だよ?お気に入りの場所を一番に見せてやったのに」 「それともあれか?酒がないから不満なのか」 「酒が無いのは確かに不満だがね・・・・・大穴を見つめる若人の横顔だけは見飽きないと思っていたのだよ」去年に負った大怪我から回復した彼女は、今ではすっかり以前と同じように探窟に励み、そんなことなどなかったかのような様子にさえ見える。 ライザがいたわりの声を掛けるのを嫌い、言えば言うほどに強さをライザに見せつける。 面白がってたくさん言ったら、さすがに頭に来たのか長い脚でライザのお尻は蹴り上げられてしまったのだ。 「ふん・・・何がいいんだか・・・酔狂な奴だよオーゼンは!」 「アビスは見るが二番、潜るが一番!」 「弟子の顔なんぞが面白いとは理解できん」 「君も長く潜っていれば・・・・弟子を取るようになれば分かるよ」 「やだね!弟子なんか足手まといでまっぴらだ」 「ククク・・・・弟子の君が言うと滑稽だねえ」 「私は最初から足手まといではなかったからな!すこぶる優秀な私を超える輩がいるとは思えん」ライザは口にして少し黙った。 すこぶる優秀な奴に心当たりがあったからだ。 若くして黒笛で、ライザ隊が解散するかもしれないその時には、残ってライザを支えた童顔の部下のことである。 あれが弟子なら別に構わんと、ふと押し黙ったまま心中でつぶやいた。 「ンン?どうした?急に黙っちまって」オーゼンは自分の髪からライザの髪の方に手をやる。 豊かな金色の髪が黒革の手袋にすぐさま絡みついた。 「別に何でもない」ライザは窓枠に腰掛け、外側に足をぷらりと下げた。 アビスからの風がズボンをかすかに靡かせていた。 ライザは玄関の扉に掛けられた鍵を特殊な手順で開ける。 遺物まで利用した高度なロックが掛かっているためだ。 飲んで帰ってうっかり手順をド忘れしてしまい、夜明けまで玄関先で寝ころんでいたこともあったものだ。 玄関を入ると埃が舞った。 どこから吹き込んできたのか、土ぼこりが通路の端に小さな丘を作っている。 部屋を順番に回ってみるけれど、特別荒らされた様子はない。 さすが殲滅卿の二つ名は役に立つとライザは改めて思った。 しかし・・・・順番に回ってみても人気のまったくない様子から徐々に思い知る。 あのあたたかな温もりを宿した笑顔はもう迎えてくれないのだと。 土ぼこりだけが時の経過を示していて、あとは大規模探窟に出かける時とほぼ同じ景色。 生活の続きが営まれていてもおかしくないくらいなのに、ひとつだけ奪い去られて欠けてしまった大事なもの。 もう二度と戻らない。 奈落において人生のうちにいくつ戻らないものを失くしたか分からなかったが、この度はさすがに堪えた。 師匠であるオーゼンがいて、リコが息を吹き返さなければ、憧れではなく絶界行をしてしまった事だろう。 「トーカ・・・・」やや広い居間で呼びかけた。 静かな屋敷にしみ込んで返ってこないライザの声。 「ばっかじゃないのか?私は?」しばらくしてからライザは独り言ちた。 「人並みに悲しんだ振りなんかしてさ」 「私は奈落の生物を幾度となく淵に追い返し、敵国の探窟家の襲撃さえ十度は返り討ちにしたんだ」 「そんな私が今更悲しいわけないだろ」ライザは上着のポケットに両手を突っ込んで下に押し下げた。 ジャケットの布地がピンと張る。 それから天井を見上げてフーっと何度も深呼吸した。 すると赤い上着の胸元に小さく丸い染みがいくつもでき始める。 リコを宿して産んでからずっと張りっぱなしだった乳房の膨らみにかかるように、深紅の染みが徐々に広がっていった。 「一人はダメだ・・・・・・一人はまだ」ライザは居間のテーブルに突っ伏して泣いていた。 リコがいなくて、オーゼンも近くにいないと途端に何かが押し寄せてしまう。 何かを考える時間が与えられると、自然にあの出来事を思ってしまう。 伏したまま、テーブルの隅で枯れた鉢植えを横目で見る。 それはトーカが奈落から引き揚げてきた植物だった。 トコシエコウは奈落でも地上でもよく育つが、何故か他の奈落植物は地上に持って帰ると枯れてしまう。 それを数年かけて数十メートルずつ深度を下げて慣らし、地上の環境にまで適応させたのが彼だった。 実に忍耐強い作業である。 奈落へ挑む気力と体力、そして技術を兼ね備えていなければその業を成し遂げることは叶わないだろう。 学府の研究所にいるだけの人物では到底なしえない。 それをやり遂げたトーカの可能性たるや語るに尽くせない。 殲滅卿邸に小さな奈落植物園さえ作ってしまったのに、主人がいなくなれば無情なもので、専用の温室に並べられている鉢も全滅してしまっているだろうと思われた。 ライザは涙でカバカバになった目元を袖で強く拭うと、それを確かめるために席を立った。 温室はアビスの方向にしつらえられている。 なるべく、できるだけ奈落の風が当たるようにとの考えからの立地である。 『そういえば・・・・トーカの飼っていた植物はまるで私みたいだな』 『奈落に触れていないと元気がなくなって・・・・好きとかそういう次元じゃない」 『それはまるで水や空気のよう』 「トーカは私が地上でも楽しく生きていけるようにしてくれた」 「アビスだけだった私を少しずつ馴らして・・・・」 「でも・・・・」 ライザが温室にたどり着くと、案の定、思った通り鉢は枯れ果てていた。 枯れ果てたそれらを見て喉が詰まった。 目に見えての凄まじい有様に・・・・現実が突き付けられる。 「トーカ・・・・トーカ!!」喉に詰まった何かを吐き出すように名前を呼ぶ。 「君が大事にしていたものはすべて枯れてしまった」 「たぶん私のなかの何かも同じように・・・・」 すべてが枯れてなくなってしまったのかと、思いに打ちひしがれていたその時、アビスからの風がふっと強まって濃く甘い匂いが鼻をくすぐった。 目が自然と匂いの流れを追う。 追った先は鉢の置いてあった棚のすぐ下。 棚の陰に隠れて見えにくかったけれど、どうやら鉢植えがこぼした種子が発芽し、花までつけたらしかった。 ライザはしゃがみ込み、そして鼻を触れんばかりに近づけた。 奈落の深くにおいて嗅ぎ覚えのある香り。 唇を花弁に触れさせると奈落の風よりもひんやりと冷たかった。

次の