硬水 メリット デメリット。 「硬水&軟水の違い」実はこんなに違う!メリットとデメリット

「硬水」と「軟水」どっちがいい?? 違いや選ぶメリットはあるの??

硬水 メリット デメリット

硬度の説明図 硬度とは 硬度とは水中のマグネシウムイオンとカルシウムイオンの含有量を示したものです。 ミネラルウォーターの硬度 硬度がかかわる身近なところだと、ペットボトルで通販などでも販売され手に入りやすいミネラルウォーター。 ひとえにミネラルウォーターといっても、商品により硬度はさまざまです。 ・コントレックス(Contrex): 強い硬水 ・エビアン Evian : 硬水 ・ペリエ(Perrier): 硬水 ・ヴィッテル Vittel : 硬水 ・ボルヴィック Volvic : 軟水 ・クリスタルガイザー Crystal Geyser : 軟水 ・南アルプスの天然水(サントリー): 軟水 ・北アルプスの清らか天然水(ゴールドパック): 軟水 ・アクアクララ: 軟水 このように身近な商品でも硬水、軟水をあることが分かります。 これらのミネラルウォーターを口にする機会があるなら、日常的に軟水や硬水に触れていることになります。 実は水は採水地の土壌や地盤、川の地理的特徴によってその硬度が決まります。 硬度と採水地の特性 日本の水は地理的に硬度が低くなる 日本の水は軟水が主です(ただし一部のカルスト地域や沖縄県は硬水が多い)。 それは日本の地理的な特徴によるものです。 多くの場合、ミネラルウォーターは井戸を掘って地下からくみ上げます。 よってミネラルウォーターの特徴は地下水の特徴を指すことになります。 降った雨が地下に染み込んで地下水となり、地下で土壌や岩盤に接することで硬度の正体であるミネラルが溶け、地下水は硬度を増します。 しかし、日本の場合は急峻な地形のため、地下に水がとどまる時間が短く、地下を流れる水にミネラルが溶ける機会は少なくなります。 また、たとえば『南アルプスの天然水』の採水地(甲斐駒ケ岳一帯の花崗岩質)のように、ほとんどミネラルを地下水に溶出しない地質もあります。 日本の水に軟水が多いのはこのためです。 一方、ヨーロッパの水は硬水が主です。 その理由はいくつかありますが、ヨーロッパの地形はなだらかで、降った雨の水は地下に染み込むとゆっくり移動して、その間に様々なミネラル、イオンが水に溶け出す時間があるためです。 アメリカでは地域によって硬度が大きく異なりますが、ニューヨークは軟水、ラスベガスは硬水だそうです。 このように地域によって硬度はだいぶ異なることが分かりました。 ではこの硬度、私たちの生活に具体的にはどのような影響があるでしょうか? 硬度と味 硬度は水の味を変えます。 硬水はほのかに苦味を感じます。 軟水はなめらかで口あたりのいい、言い方を変えれば、何の味もない水です。 日本には軟水が多いため、軟水が日本人には慣れた味と言われています。 料理との相性 軟水は食材からダシの成分であるアミノ酸などが溶け出しやすく、日本食に向いています。 素材の風味や味を引き立てることが多い日本食には軟水が向いています。 むしろ日本には軟水が多かったため、素材の良さが引き出せた、だから日本食のような繊細な調理が発展したのかもしれませんね。 お茶、コーヒー、紅茶、ウイスキーには硬水?軟水? 先ほど硬水は苦味を含むといいましたが、その理由でコーヒー、紅茶の風味、うま味にも影響を与えます。 素材本来の味と香りを引き出すには軟水が良いとされています。 また硬水で紅茶を入れると、紅茶の色が濃くなり、苦味も増します。 ある研究では、硬度60以下の軟水がで抽出したものが良いという結果が報告されています。 ウイスキーには硬水、軟水両方とも使われます。 硬水のミネラル成分が味に深みや複雑な風味を与えるとされます。 逆に、軟水を使えば、そのウイスキーは口当たりがなめらかで、軽快な風味となるそうです。 ウイスキーに限らず、アルコール醸造においては、硬水だとミネラルが栄養分となって微生物の発酵が活発になり発酵が進んで辛口となるそうです。 赤ちゃんのミルクに使う水は軟水がいいか硬水がいいか? ミルクに使う水は軟水がいい 赤ちゃんのミルクを作るときに使う水は軟水が望ましいとされます。 ミルクは赤ちゃんに理想的な栄養成分で調整されていて、ミネラルもミルクの中にあらかじめ含まれていますが、硬水を使うことでその成分が過剰となり、必要量以上にミネラルを摂取してしまうため、軟水が勧められています。 ラベルには鉱水と書いてあります。 硬水のことですか? 読みは同じ「こうすい」ですが別物です。 「鉱水」というのは、ミネラルウォーターの品質表示ガイドラインで、「ポンプ等により取水した地下水のうち、溶存物質等により特徴付けられる地下水」の場合、表記されます。 まとめ いかがでしたか?硬水、軟水という違いは、一見ささいな差に見えて、私たちの生活に深く関わっていることがお分かりいただけたと思います。 硬度を調べることができる水質検査セットは以下です。

次の

硬水は健康的?5つのメリットと5つのデメリットとは

硬水 メリット デメリット

硬水を飲むと、美容や健康、ダイエットに効果的だ!という話を耳にして、普段の飲み水を硬水にしようと思われている方もいらっしゃるかと思う。 しかし、• 硬水を飲むと具体的にどのような効果があるのか?• 硬水にはどのようなデメリットがあるのか? と、硬水の効果について詳しくご存知ない方も多いだろう。 そこで今回は、『 硬水の効果-3つのメリットと4つのデメリットのまとめ』をご紹介する。 この記事を最後まで読めば、 硬水の効果効能がしっかりと理解でき、硬水のメリットとデメリットをすぐに把握することができる。 また、『 軟水の効果がすぐに分かる!5つのメリットとは?』についてもご紹介しておくので、硬水と軟水の効果効能を比較する際にご参考頂きたい。 1.硬水とは? まず最初に、硬水とはどのような水のことなのか?について簡単に説明しておこう。 水にはマグネシウムとカルシウムが含まれている。 このマグネシウムとカルシウムが多いか少ないかによって硬水と軟水に分類される。 具体的には、• 硬度120ml以上の水を硬水• 硬度120ml未満の水を軟水 となる。 硬水に関しての基礎的な知識は『 』のページで詳しく解説しているので、こちらをご参考頂きたい。 2.硬水の効果-3つのメリット さて、ここからが本題だ。 硬水を飲むとダイエット効果がある!という話はご存知の方も多いだろう。 なぜダイエット効果があるのか?というと、硬水を飲むと下記のような3つのメリットがあるからだ。 代謝が促進される• 脂肪の吸収を抑制する• 便秘が改善される では、順番に説明していこう。 2-1.代謝が促進される 硬水には、ミネラルが豊富に含まれている。 このミネラルには、代謝を促進させる作用がある。 つまり、 ミネラルが多く含まれている硬水を飲むことで基礎代謝量が上がり、自然と脂肪燃焼しやすい体質になることができる。 リバウンドすることなくダイエットを成功させるには、 基礎代謝量を上げることが必須である。 詳しくは下記のページで解説しているので、こちらをご参考頂きたい。 このカルシウムには、脂肪の吸収を抑制する作用がある。 従って、 カルシウムが多く含まれている硬水を飲むと、脂肪の吸収を抑制し、ダイエット効果が得られるというわけだ。 ある実験によって、 カルシウムにはBMI 肥満の指標 を小さくする働きがある!ということが実証されている。 詳しい実験内容については下記のページをご参照頂きたい。 ひどい便秘にお困りの方には硬水は非常にお勧めだ。 なぜ硬水を飲むと便秘改善の効果があるのかというと、硬水に含まれているマグネシウムには、• 胃腸を刺激して活発化する• 便を柔らかくする作用がある という2つの作用があるからだ。 詳しくは下記のページでご確認頂きたい。 代謝が促進される• 脂肪の吸収を抑制する• 便秘が改善される という3つのメリットがあるということがお分かり頂けたかと思う。 硬水にはダイエット効果がある反面、デメリットも存在する。 これらのデメリットも考慮した上で、軟水ではなく硬水を飲む必要があるのか?を判断すべきである。 具体的な硬水のデメリットとは、• 胃腸に負担がかかる• 下痢などの体調不良になる恐れ• 口当たりが硬くて飲みにくい• 独特の風味があるので料理などに適していない の4つである。 では、順番に詳しく解説していこう。 3-1.胃腸に負担がかかる 硬水にはマグネシウムが豊富に含まれているため、胃腸を刺激して活発化する作用がある。 従って、先ほども説明したように、硬水には便秘改善の効果があるわけだ。 しかし、• 普段から便秘ではない人• 臓器が発達していない赤ちゃんや成長期の子供• 胃腸が弱い人 が急に硬水を飲むと、マグネシウムの作用によって胃腸に負担がかかる可能性がある。 『 』のページでも説明しているが、日本人の体に最も適しているのは軟水である。 日本の水道水や国産のミネラルウォーターは、『 』のページで説明している通り、ほとんどが軟水だ。 つまり、私たち日本人は普段から軟水を飲み慣れているのである。 そこで、急にマグネシウムが多く含まれる硬水を飲んだりすると、体が順応できず、胃腸に負担がかかってしまうわけだ。 3-2.下痢などの体調不良になる恐れがある 硬水に含まれるマグネシウムには、• 胃腸を刺激して活発化する• 便を柔らかくする作用がある という2つのメリットがある。 従って、ひどい便秘にお困りの方には硬水は効果的だ。 しかし、 普段から便秘ではない人が急に硬水を飲んだりすると、マグネシウムの作用によって下痢などの体調不良になる可能性が高いので注意が必要だ。 ただ、硬水には魅力的なダイエット効果があるので、どうしても硬水を飲みたい!という方もいらっしゃるだろう。 そんな方のために、• 硬水で下痢になる原因• 下痢を未然に防ぐ2つの回避策 を下記のページでご紹介しているので、ご参考頂きたい。 逆に、軟水は口当たりが柔らかくて飲みやすい。 硬水と軟水で水の味が違う原因は、水に含まれるマグネシウムによるものだ。 マグネシウムには独特の• 香り があるため、軟水を飲み慣れている日本人は、硬水は飲みにくい!と感じることが多い。 水の味の違いが分からないといういるかもしれないが、硬水と軟水を飲み比べてみるとすぐに分かる。 ここで問題なのが、 硬水は飲みにくいと感じることが多いので、長続きしない!ということである。 美容や健康、ダイエットのために、水は毎日2リットル飲む必要がある。 毎日2リットルの水をこまめに飲む習慣を継続することで、様々なメリットを得ることができる。 しかし、 飲みにくいと感じる硬水を継続的に飲むことができるだろうか? 硬水が飲みやすい!と感じる方は硬水を継続的に飲むとよいだろうが、硬水の味が苦手で飲みにくい!という方は長続きしないだろう。 従って、硬水は口当たりが硬くて飲みにくいというのもデメリットの1つだ。 3-4.独特の風味があるので料理などに適していない 先ほど説明したように、硬水に多く含まれているマグネシウムには独特の、• 香り があるため、料理には適していない。 料理だけでなく、コーヒーや紅茶などを作る際も同じ理由で、硬水よりも軟水の方が適していると言われている。 特にこだわりがなければ、普段の飲み水や料理などに使う水は、硬水よりも軟水を選ぶとよいだろう。 ただ、硬水か軟水、どちらを飲んだらいいのか分からない!という方も多いだろう。 そんな方のために、『 軟水の効果がすぐに分かる!5つのメリットとは?』をご紹介しておく。 軟水のメリットは、• 体への吸収が良い• 胃腸に負担がかからない• 老廃物の排出• 美肌効果• 料理などに使うと風味が増す の5つで、硬水と違って、 特にデメリットがないことが特徴だ。 硬水と軟水、それぞれのメリットとデメリットを比較してみよう。 下記のページを参考にして、あなたに合った水選びをして頂ければ幸いだ。 代謝が促進される• 脂肪の吸収を抑制する• 便秘が改善される 硬水の4つのデメリット• 胃腸に負担がかかる• 下痢などの体調不良になる恐れ• 口当たりが硬くて飲みにくい• 独特の風味があるので料理などに適していない 硬水には魅力的なダイエット効果がある反面、デメリットも多く存在するので注意が必要だ。 特にひどい便秘でお困りの方には硬水は効果的だが、それ以外の方は軟水を飲む方が賢明だろう。 是非、あなたが水を飲む目的に合わせた水選びをして頂きたい。

次の

軟水・硬水の違いやメリット・デメリット

硬水 メリット デメリット

ウォーターサーバーを使っていたり、ペットボトルのミネラルウォーターを指名買いしたりといった、「水偏差値」の高い人なら、水には「軟水」と「硬水」があることをよく知っているのではないだろうか。 この水質の違いは水の味を左右する他にも、実はいろいろな特性を持っている。 そこで今回は、それぞれの特性やメリット、デメリットなどについて徹底検証してみたい。 世界保健機関(WHO)の基準では、 水1リットル中に120ミリグラム以上含まれていれば硬水、それより少ないものを軟水としている。 この基準値は国によって違うことがあり、アメリカやフランスでは100ミリグラムを境としている。 なぜ硬水が生まれるかというと、地下水が流れている場所の地質よる。 カルシウムを含んだ石灰岩の地層を流れてきた水は、硬水になりやすい。 欧米は地質的に硬水が生じやすく、例えば「エビアン」は硬度300。 つまりカルシウムやマグネシウムが、1リットル中に300ミリグラムも含まれていることになる。 エビアンの採水地があるフレンチアルプスは、石灰岩地層が多いためにこうした硬水になるわけだ。 対する 日本は軟水になりやすい土壌で、100を超える硬度の水はそう多くない。 東京都の水道水は60前後。 全国平均でもこの程度に収まる。 国内のウォーターサーバーに使われている水も、ほとんどが軟水だ。 「」は53、「」は29、「」は28といった数値。 「」はさらに低く、1. 05である。 しかし、日本でも硬度の高い水を産出する地域はある。 有名なのが沖縄県。 琉球石灰岩地層の上にあるため、地下水にカルシウムが含まれやすいのだ。 また、滋賀県の伊吹山、岐阜県の金生山などは石灰岩でできているため、周辺の水の硬度は高めになる。 石灰岩が水で浸食されて作られた鍾乳洞のある流域なども同様だ。 では、硬度の高い低いで何が違ってくるのか? まず「味」があげられる。 硬度の高い水を「重い味がする」と評する人もいる。 ミネラル分が多いため、そう感じるのかもしれない。 ちなみにカルシウムには、米国での研究で苦みや渋みのような味があることがわかっている。 もう一つは、食品に対する浸透性。 軟水の方が食品によく浸み込んで、成分を抽出する働きが高いことが、多くの研究によって確かめられている。 もともと含まれる物質が多いと、浸透する際、邪魔をしてしまうからだ。 したがって、お茶をいれたり出汁を取ったりするには、軟水が有利といわれている。 日本人が昔から飲んできた軟水は、出汁や煮物などの食文化とマッチしていたわけだ。 ではそこで、石けんと相性がいいのは硬水だろうか、軟水だろうか? 答えを先に言うと、実は 軟水の方が適しているのだ。 これも多くの研究によって実証されている。 日本石鹸洗剤工業会の資料に、理由が掲載されている。 それによると、硬水で石けんを溶かすと、カルシウムやマグネシウムが石けんと結合し「金属石けん」を生じるからだという。 「金属石けん」とは俗に「石けんかす」とも呼ばれるもので、白っぽいゴミのようなものだ。 これは、泡立ちの元になる界面活性剤の働きを低下させてしまう性質を持っている。 つまり 硬水を使うと泡が立たず、通常の使い方ではしっかり洗うことができなくなる可能性があるというのだ。 洗濯も同様で、汚れ落ちに差が出てしまう。 同工業会では、硬水で石けんを使うときは、硬水用の石けんや洗剤を選ぶか、量を多めに使うことを推奨している。 ちなみに 「合成洗剤」と呼ばれるタイプの製品は、硬水にも適している。 ヨーロッパ地域で合成洗剤が発達したのは、硬水に対応しているからという説が有力だ。 硬水だと泡がよく立たない? 京都府健康福祉部によると、洗い物以外に硬水は、ボイラーなどの冷却用水として使うと「かん石」という石化したミネラルが付着し、性能を低下させたり設備を腐食させたりするとのこと。 工業製品の原料としても、硬水は向いていないのだ。 こうして硬水の性質を見てくると、生活上困るケースが多い水のように思えてくる。 しかし、硬水はミネラルが豊富なため、ミネラル不足を補いたいときには有効だ。 人によっては硬水の「重い味」の方が好きだという場合もあるだろう。 さらに、 硬水は酒を醸造するとき、発酵の助けになることが知られている。 実際、多数のブランドの硬水ミネラルウォーターが販売されており、それを指名買いしている人も多い。 また、ウォーターサーバーの水を洗い物に使うというのは、ピンと来ないかもしれないが、 「キララ」では炭酸水が作れるため、それを洗顔に使う提案をしている。 水道水のように塩素が含まれていない水の方が、どちらかといえば肌に対しても優しいのは確かだ。 ちなみに、もし贅沢にミネラルウォーターで顔を洗いたいという場合は、エビアンやコントレックスのような硬度の高い水ではなく、軟水を選ぶといいだろう。

次の