アイホン 画面 ロック。 iPhoneの画面ロックパスワード忘れた時の対処法をご紹介!

iPhoneロック画面のパスコードを忘れてしまった時の対処法と予防策

アイホン 画面 ロック

さてさて何を教えたら良いものかと考えていたのですが、真っ先に思い浮かんだのは「ロック画面での操作を制限すること」でした。 だって、これが日常生活の中で一番トラブルになりそうじゃないですか。 机にポンと置いたiPhoneに届いたメッセージを見られる。 今日の予定を探られる。 こうしたトラブルは、悪意ある他人の行為より親しい知人の好奇心から発生しがちです。 だからこそ、持ち主が気を付けておかなくちゃいけない。 他のどんな部分のセキュリティを強化しても、ロック画面から操作・閲覧されてしまっては、何の役にも立ちませんからね。 なので今日は、iPhoneを買ったら真っ先に設定すべき「ロック画面でできる操作」を制限する方法をお話しします。 ロック画面でのコントロールセンター操作をオフに アプリを開かずにiPhoneの各種設定を行えて便利なコントロールセンター。 Wi-FiやBluetoothのオンオフ、計算機や懐中電灯やタイマー設定が原因でトラブルになる可能性は低そうですが、何が起こるか分からぬご時世。 オフにしておきましょう。 「ゆかちゃんって誰?!浮気でもしてんの!!?」なんて光景が目に浮かぶようです。 誤解は、受け取った人よりも、誤解させる方が悪い。 そうならないためにも、ロック画面からメッセージが見られないようにしておきましょう。 でも、これは今回の趣旨とはあんまり関係ありません。 ここで言う「メッセージで返信」というのは、電話がかかってきて出られないときに送れる定型文の話のようですので。 ロック画面でSiriを操作できないようにしよう 音声から各種機能を利用したり、楽しく世間話ができてしまうSiri。 非常に高機能で、想像以上にいろんな事ができてしまうので、扱いには注意が必要です。 特に、持ち主以外の命令も従順に聞いてしまうので、せめてロック画面からは起動できないようにしておくと無難だと思います。 今日の予定や、各アプリから届いた最新の情報を他人に見られてしまっては、非常に都合が悪いです。 ……都合?……いや、具合が良くないと言った方がいいのかな。 まぁともかく、届いたメールの内容が通知センターから見られてしまっては、せっかく上記の設定でロック画面から見られなくしたのに、その意味がなくなってしまいますから。

次の

パスコードなしでiPhoneの画面ロックを確実に解除する方法

アイホン 画面 ロック

Part 1:iPhoneの画面ロックを解除できないのはどんな場合? iPhoneの画面ロックを解除できない問題をが起こる原因として考えられるものはいくつかあります。 1.パスコードを忘れてしまった場合 パスコードを忘れてしまうと、iPhoneの画面ロックを解除できない状態になります。 2.タッチパネルが割れて、反応しない場合 iPhoneを落としてしまって、液晶画面が割れてしまった場合です。 画面が反応しなくなるとパスコードを読み取らず、ロックがかかったままになります。 3.何度も間違えてiPhoneが使用できなくなった場合 パスコードを間違えるのが6回を超えると、一分間はiPhoneの操作ができなくなります。 11回続けて間違ってしまうと、iPhoneを保護するために完全にiPhoneは使えなくなります。 何の操作も出来なくなってしまうので要注意です。 Part 2:iPhoneの画面ロックを解除できない時2つの解決方法 iPhoneの画面ロックを解除できない時の解決方法はいろいろありますが、その中からiTunesを使う方法(一番使われる方法)とiTunesを使わない方法(一番簡単で確実な方法)2つのみをご紹介したいと思います。 方法1:リカバリモードでiPhoneの画面ロックを解除(iTunesを使う) iPhoneの画面ロックを解除できない時に一番使われる方法ですが、iTunesを使って、iPhoneをリカバリーモードから復元してパスコードを解除・削除することが可能です。 操作手順は以下です。 手動でiPhoneをリカバリーモードにする方法はモデルによって異なります。 やり方に詳しくない方は「」をご参照ください。 画面の指示に従ってiPhoneをリカバリーモードから初期化して、設定している画面ロックを解除・削除します。 処理が完了後、バックアップファイルからiPhoneのデータを復元するか、新しいiPhoneとして利用することができます。 方法2:専門ツールでiPhoneの画面ロックを解除(iTunesを使わずに) iTunesを使ってiPhoneの画面ロックを解除するのはごく一般的な方法ですが、iTunesが重くて使いたくない、iTunesはiPhoneを認識しない、またはエラーで途中で失敗してしまうなどの原因でiTunes以外の方法が必要となる場合もあります。 その場合、iPhone向けロック解除ソフト「」の使用をお勧めします。 iTunesより軽くて安定し、手動でリカバリーモードを起動させる必要もなく、操作ボタンを数回クリックするだけで済ませるので初心者でも簡単に使えます。 事前準備はソフトを下記よりインストールして起動し、iPhoneのコンピューターと接続するだけです。 Step1.メイン画面にある「開始」ボタンをクリックします。 Step2.デバイス情報を確認して、問題がなければ「ダウンロード」をクリックして、ロック解除するのに必要なファームウェアをダウンロードします。 Step3.ダウンロードが完了したら、「今すぐ解除」をクリックしてロックされたiPhoneを初期化しましょう。 (*処理中にiPhoneとパソコンの接続を切断しないようご注意ください。 ) iPhoneパスコードの解除を4uKeyでした後は、iPhoneの利用開始設定という画面に行くと、新しいコードの設定が出来ます。 今までiCloudやiTunesにバックアップを取っていたなら、情報を復元することも可能です。 新しいiPhoneとして利用したいときには、パックアップを復元する必要はありません。 以上は、iPhoneの画面ロックを解除できない場合、効率よくかつ確実に実施出来る2つの対策です。 特に、4uKeyを使うなら初心者でも簡単に、パスコードを解除できます。 手順もシンプルなので、分かりやすいのがこのソフトのメリットです。

次の

iPhone/iPadの画面が勝手にロックされないようにする方法(iOS 13.5対応)

アイホン 画面 ロック

A ベストアンサー 間違っているかもしれませんが、 たぶん、1度ロックがされると、2度と解除できないと思いますよ。 iPhoneとかの場合、たしか「iPhoneを探す」という項目とかを設定でオンにしますと、アップルidとかでログインして解除する感じだったと思うのです。 例えば、iPhone5Sとかを買取屋さんに持ち込む場合とかに、偶然そのような設定になっていると、「これをアップルIDでログインして外してください。 このままだと使用できなくなります」と解除しないと買取そのものをしてくれないしくみです。 例えば、電車の中でiPhoneを使用している時に、扉が閉まる直前にそれを第三者がパッと盗んでいくという手口が世界的にありました。 そんな場合、まずiPhone端末が売られるので、「iPhoneを探す」という項目とかを設定でオンにしておくと、売れなくなります。 スマホとか携帯電話は、中のSIMカードを抜いて、他のスマホ端末とかに入れて海外とかに電話掛けまくられる事がよくあります。 その場合は、SIMカードに4つの数字のPINコードを設定してあると、新しい端末に入れた時に、「PIN入力」と表示され、3回間違うと起動できなくなります。 SIMカードロックそのものは、キャリアショップに行くと、PUKコードなどを入力してロック解除してもらえます。 >出品者に連絡したのですがわからないとしか連絡がこず、困っています。 返品して、送料も含め、返金してもらえばよいのではないでしょうか。 基本的に、iPhoneって使用できないと意味ないですし。 あと、iPhoneの本体にSIMカードが挿入されていないとアクティベーションそのものもできなかったと思います。 間違っているかもしれませんが、 たぶん、1度ロックがされると、2度と解除できないと思いますよ。 iPhoneとかの場合、たしか「iPhoneを探す」という項目とかを設定でオンにしますと、アップルidとかでログインして解除する感じだったと思うのです。 例えば、iPhone5Sとかを買取屋さんに持ち込む場合とかに、偶然そのような設定になっていると、「これをアップルIDでログインして外してください。 このままだと使用できなくなります」と解除しないと買取そのものをしてくれないしくみで... 結果としては体重は減りません。 ウエストだけはややすっきりしましたが・・・。 私の場合はかなりの運動不足でしたので、日常的に歩くことが多い方は変化があまりなさそうですね。 現在は、夜に1時間ウォーキングしています。 普通の歩き方ではなく、大股で下腹やお尻、背中に力を入れながら、かなり早く歩きます。 2週間後には、人から後姿が違う!と言われる程引き締まってきました。 ウエストは1ヶ月で5cm細くなりました。 この歩き方で2ヶ月経過しましたが、体脂肪率6%減、体重2.5kg減です。 引き締まったせいか、明らかに見た目に変化があります。 テクテク歩くぐらいだと、生活習慣病対策には効果があると思いますが、ダイエットには効果を期待しないほうが良いと思います。 せっかくですから、大股で筋肉を意識しながら、早めに歩いてみてはいかがでしょうか?.

次の