むりくり 意味。 「無理矢理」のことを「むりくり」と言うのは方言ですか?

be動詞の意味と使い方。困惑する原因はbeをdoの仲間と認識してないから!

むりくり 意味

A ベストアンサー アメリカに35年ほど住んでいる者です。 まず、blonde と言う単語ですが、eが付いたりつかなかったりしますが、ここアメリカではeをつけるのが普通となっています. そして、そのブロンドの殆んどの地毛はブルネットなんですね. (子供の頃はブロンドでバービーのような毛であっても、十代になると色が変わってきます) でもそのような、染めたブロンドの人の事をなんて言うかというと、ブロンドの色であれば、ブロンド、と言うんですね. Natual blondeとbleached blondeの違い、となるわけですね. dark blonde, light brown, brown, brunet等のように、色が濃くなります. また、burnetといって、dark brownからbrownish blackまで含めた色合いもまとめていってしまう事があります. また、最近では、東洋人も染めますので、brunetと言う言い方で、ダークブラウンに染めていれば、その色の髪の毛をしている、と言うようになってきています. I'm a brunet but the real hair color is black、と言う具合ですね) よって、日本では既に髪の毛を染める、と言う事が普通になってきていますので、いつもの自分の髪の毛の色(地毛とは限らず)を言ってもいいと思いますよ. つまり、I'm a brunet. My hair color is brunet. I dye my hair brunet. と言うような感じですね. また、日本女性の染めているダークブラウンはblack hairとはいえませんね. ですから、brunetのほうが自然なかんじです。 これでいいでしょうか。 分からない点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに35年ほど住んでいる者です。 まず、blonde と言う単語ですが、eが付いたりつかなかったりしますが、ここアメリカではeをつけるのが普通となっています. そして、そのブロンドの殆んどの地毛はブルネットなんですね. (子供の頃はブロンドでバービーのような毛であっても、十代になると色が変わってきます) でもそのような、染めたブロンドの人の事をなんて言うかというと、ブロンドの色であれば、ブロンド、と言うんですね. Natual blondeとbleached blondeの違い、となるわけですね. A ベストアンサー こんばんは。 >>>日本語としてはどの様に書けば正しいのでしょうか?ご存知でしたら教えてください。 「於」の一文字が、英語における「前置詞」に相当します。 そもそも、英語で、前置詞の直後にコロンを書くなんて、ありえませんから。 >>>また、詳しく書いてあるサイト等もありましたら会わせてお願いします。 よく知りませんが、 「於 会場」のキーワードでGoogle検索して、 どのように書かれている実例が多いかを調べるぐらいではないでしょうか。 google. こんばんは。 >>>日本語としてはどの様に書けば正しいのでしょうか?ご存知でしたら教えてください。 「於」の一文字が、英語における「前置詞」に相当します。

次の

be動詞の意味と使い方。困惑する原因はbeをdoの仲間と認識してないから!

むりくり 意味

『むりくり』という言葉を知ってますか? 初めて聞いたのは、G社の美人編集者Sさんとの会話でした。 それから、ラジオなどで聞くようになり、今日もJ-WAVEで誰かがいってました。 三省堂の国語辞典には「むりやり。 むりむり。 」と説明してあり、広辞林では「俗に、無理矢理の意。 」とありました。 むりくりと無理矢理は同じ意味なんでしょうか? わたしは、「無理矢理」と「遣り繰り」が合体した言葉なんじゃないかと思っていたのですが……つまり、無理矢理よりも、遣り繰りが入っている分、ごり押し感がないという……。 でも、ネットの日本語俗語辞典ではこうありました。 『「むりくり」とは「無理矢理」と同様に使われる言葉で、無理になにかを行うことを意味する。 「むりくり」はもともと北海道から青森にかけて「無理矢理」の意味で使われる方言だが、他エリアで使われる「むりくり」がここからきているのか、別の流れで使うようになったかは不明。 』 ほかにも、同じように方言だと書いてありました。 私の父方の親戚はみな北海道ですが「むりくり」という言葉は一度も聴いたことがありません。 私の経験ではこの言葉を使うのは山形、盛岡、仙台出身者(会社の後輩)なのでおそらく東北で広く使われている方言ではないかと推察します。 (そういえば宮城選挙区の和田政宗議員も使っていました) ここではたと思うことがあり調べてみたところ、鹿児島などの九州地域にもこの「むりくり」という言葉が散見されることがわかりました。 ということは、方言集圏論に従うならばこの「むりくり」という言葉は京都から同心円上に北は東北、南は九州に伝搬していった京言葉を語源とする方言ではないでしょうか。 北海道に分布がみられないのは、津軽海峡のために伝搬が遅れていることが考えられます。 実際に渡島総合振興局のホームページにある道南方言集をみると「むりくり」という言葉が登場していますのであと100年ほど経ると北海道全域でも「むりくり」が使われるようになることが想像できます。

次の

「無理矢理」のことを「むりくり」と言うのは方言ですか?

むりくり 意味

「ほぼほぼ」と「むりくり」は私の周りではよく耳にします。 きちんとした場では使えないような気がするんですが、 どの程度許容されているのでしょう。 「 ほぼほぼ」は「ほぼ」を繰り返して強めた言い方です。 「 ほぼ」(副詞) だいたい。 あらかた。 漢字は「粗」「略」 漢字だとちょっと印象が変わりますね。 ということで「ほぼほぼ」は、 本来なら強調されて確率が高まっている意になりますが、 実際の用法をみると、そうでない場合もあるようです。 50%程度をうやむやにしたいときに使っている向きも見られます。 人それぞれの物差しでどうとでも言え、どうとでも受け取れますから、 なあなあで済ます時には便利に使えてしまいます。 「大体」(だいたい)は、大まかに見積もる場合。 九分九厘 > ほぼ > 大体 という進捗度になります。 「 むりくり」 無理やり。 元々は北海道から青森にかけての方言だそうです。 方言が広まったものか、別の何かから生まれたのかは不明です。 方言には「むりしゃり」「しゃりむり」などもあります。 「むりくり」って、語感がかわいいですよね。 女子が似合いそうな語ですが、男子も使っています。 私は使いませんが。 佐里無理(しゃりむり)の音変化したものが、 「 遮二無二」(しゃにむに)で、漢字は当て字です。 むりやり。 是が非でも。 「佐里」(しゃり)の語源は不明。 関西人は2回繰り返す語をよく使うとありました。 すぐ思い浮かんだのが「ちゃうちゃう」 京都では、 ・アツアツなる ・チコチコ寄った ・キツキツ腫れた といった形容詞を二度繰り返す言い方をするそうです。 その理由に、 関西は商業都市だったため、相手の心理を気にする文化が育まれた。 相手に気を遣うあまり再確認されなくて済むように 二度繰り返す言い方が根付いたのではないか。 という説明がありました。 ちょっと幼児語っぽい感じもありますね。

次の