人間科学専攻。 人間科学研究科/大学院/学部・大学院|文教大学

博士課程人間総合科学研究科障害科学専攻(博士前期課程)

人間科学専攻

教育は「生きる」ことを支える重要な基盤 education for life であり,急速なグローバル化の中で持続可能で平和な社会を目指す,国際社会共通の最重要課題である。 教育科学専攻では,この課題を解決するため,グローバルな視野と人類が抱える様々な課題への深い洞察を持ち,教育による将来の人類社会の創造を目指す人材を育成する。 そのため,教育の目的,内容,方法等を対象とする深い専門性を涵養するための分野専門型学位プログラムとして「教師教育デザイン学プログラム」「教育学プログラム」「日本語教育学プログラム」を,教育学を基盤としつつグローバルな視点から多面的アプローチによる国際社会の課題解決を目指す融合型学位プログラムとして「国際教育開発プログラム」を開設する。 これらの学位プログラムは,教育による人類社会の構築のための幅広い専門分野と,それぞれの分野を横断,融合することのできる構成とする。 また,本専攻の目的の1つグローバルな視野と人類が抱える様々な課題への深い洞察の獲得は,人文社会科学専攻と共通する課題である。 今後の教育を担う人材は,学校や教育関係者のみの閉じた環境に閉じこもるのでなく,教育の専門家以外と協働して活動すること(専門分野以外への強い関心と,自然科学や生命科学を含む他分野の専門家との協働は,人間社会科学研究科全体が目指す人材像)が求められる。 これを達成するには,教育科学専攻の教育を他の学問分野と同じ研究科で行うことの効果は大きい。 具体的には,研究科共通科目として提供する「人間社会科学特別講義」と「人間社会科学のための科学史」では,教育活動によって伝承すべき,あるいは学習材として活用する人間や社会及びその活動の所産について,文学,史学,哲学,言語学,経済学,経営学,法学,政治学,社会学,心理学,教育学など広範かつ歴史的視点から学ぶことができる内容としている。 また,同じく研究科共通科目である「異分野協働プロジェクト」においては,複数の分野が協働して取り組むプロジェクトに,教育に関連する分野以外を専門とする学生とともにアクティブに関与する機会を提供する。 さらに「未来創造思考(基礎)」では,起業の観点から自ら率先して将来の社会の創造を目指すための基礎的知識や能力を培う。 教育科学専攻の分野専門型プログラムであっても,それが提供する専門科目の学びにおいて,他分野と同じ研究科で教育を行う効果が期待される。 例えば,教師教育デザイン学プログラムの「学習材デザイン基礎研究」や「学習材デザイン発展研究」で扱う学習材は,人文学プログラム等の人文社会科学専攻の教育研究分野の対象となる人や社会の活動,所産,現象等であり,それらのプログラムが提供する関連授業を受講することにより,学びが一層深まる。 教育学プログラムが提供する授業科目は,教育の諸理論や教育の諸問題を哲学的に考察する「教育哲学」,教育現象を社会学の理論や概念を用いて分析的・批判的に検討する「教育社会学」など,人文社会科学専攻の専門分野である哲学,社会学,政治学,史学,経営学,経済学,法学等と本来的に密接に関連することから,人文社会科学専攻の学位プログラムが提供する授業科目を合わせて受講することで,より深い学びが実現できる。 日本語教育学プログラムも同様であり,言語学(対照言語学,社会言語学ほか),社会学(文化社会学ほか),心理学(日本語習得論,言語教育心理学ほか)等を基盤とする授業科目を多く提供している。 両専攻が同じ研究科にあることによって,異なる専攻の関連する授業科目を受講したり,担当教員の副指導を受けやすい環境を整えることができるので,大きな学習効果が期待できる。 また,両専攻の専門分野は,学生や教員が関心を向ける領域(人間や社会)や社会へなし得る貢献(新しい価値・思想・文化・教育の創造),成果の還元を短期間ではなく長期的スパンでとらえることなどの価値観を共有しており,同じ研究科の中で教育研究を行うことにより,人間や社会の持続的発展をもたらす人材を効果的に育成することができる。 人間社会科学研究科 <代表窓口> 〒739-8524 東広島市鏡山1-1-1 TEL. 082-424-6705 FAX. 082-424-3478(教育学系総括支援室) <プログラム別連絡先(郵便物等送付先)> 人文学プログラム 〒739-8522 東広島市鏡山一丁目2番3号TEL. 082-424-6604 FAX. 082-424-7203 FAX. 082-424-7212(人文社会科学系支援室) 人間総合科学プログラム 〒739-8521 東広島市鏡山一丁目7番1号TEL. 082-424-6306 FAX. 082-424-6705 FAX. 082-424-6905 FAX. 082-542-7014 FAX. 082-542-6964(東千田地区支援室)•

次の

首都大学東京 人間健康科学副専攻コース トップページ

人間科学専攻

教育は「生きる」ことを支える重要な基盤 education for life であり,急速なグローバル化の中で持続可能で平和な社会を目指す,国際社会共通の最重要課題である。 教育科学専攻では,この課題を解決するため,グローバルな視野と人類が抱える様々な課題への深い洞察を持ち,教育による将来の人類社会の創造を目指す人材を育成する。 そのため,教育の目的,内容,方法等を対象とする深い専門性を涵養するための分野専門型学位プログラムとして「教師教育デザイン学プログラム」「教育学プログラム」「日本語教育学プログラム」を,教育学を基盤としつつグローバルな視点から多面的アプローチによる国際社会の課題解決を目指す融合型学位プログラムとして「国際教育開発プログラム」を開設する。 これらの学位プログラムは,教育による人類社会の構築のための幅広い専門分野と,それぞれの分野を横断,融合することのできる構成とする。 また,本専攻の目的の1つグローバルな視野と人類が抱える様々な課題への深い洞察の獲得は,人文社会科学専攻と共通する課題である。 今後の教育を担う人材は,学校や教育関係者のみの閉じた環境に閉じこもるのでなく,教育の専門家以外と協働して活動すること(専門分野以外への強い関心と,自然科学や生命科学を含む他分野の専門家との協働は,人間社会科学研究科全体が目指す人材像)が求められる。 これを達成するには,教育科学専攻の教育を他の学問分野と同じ研究科で行うことの効果は大きい。 具体的には,研究科共通科目として提供する「人間社会科学特別講義」と「人間社会科学のための科学史」では,教育活動によって伝承すべき,あるいは学習材として活用する人間や社会及びその活動の所産について,文学,史学,哲学,言語学,経済学,経営学,法学,政治学,社会学,心理学,教育学など広範かつ歴史的視点から学ぶことができる内容としている。 また,同じく研究科共通科目である「異分野協働プロジェクト」においては,複数の分野が協働して取り組むプロジェクトに,教育に関連する分野以外を専門とする学生とともにアクティブに関与する機会を提供する。 さらに「未来創造思考(基礎)」では,起業の観点から自ら率先して将来の社会の創造を目指すための基礎的知識や能力を培う。 教育科学専攻の分野専門型プログラムであっても,それが提供する専門科目の学びにおいて,他分野と同じ研究科で教育を行う効果が期待される。 例えば,教師教育デザイン学プログラムの「学習材デザイン基礎研究」や「学習材デザイン発展研究」で扱う学習材は,人文学プログラム等の人文社会科学専攻の教育研究分野の対象となる人や社会の活動,所産,現象等であり,それらのプログラムが提供する関連授業を受講することにより,学びが一層深まる。 教育学プログラムが提供する授業科目は,教育の諸理論や教育の諸問題を哲学的に考察する「教育哲学」,教育現象を社会学の理論や概念を用いて分析的・批判的に検討する「教育社会学」など,人文社会科学専攻の専門分野である哲学,社会学,政治学,史学,経営学,経済学,法学等と本来的に密接に関連することから,人文社会科学専攻の学位プログラムが提供する授業科目を合わせて受講することで,より深い学びが実現できる。 日本語教育学プログラムも同様であり,言語学(対照言語学,社会言語学ほか),社会学(文化社会学ほか),心理学(日本語習得論,言語教育心理学ほか)等を基盤とする授業科目を多く提供している。 両専攻が同じ研究科にあることによって,異なる専攻の関連する授業科目を受講したり,担当教員の副指導を受けやすい環境を整えることができるので,大きな学習効果が期待できる。 また,両専攻の専門分野は,学生や教員が関心を向ける領域(人間や社会)や社会へなし得る貢献(新しい価値・思想・文化・教育の創造),成果の還元を短期間ではなく長期的スパンでとらえることなどの価値観を共有しており,同じ研究科の中で教育研究を行うことにより,人間や社会の持続的発展をもたらす人材を効果的に育成することができる。 人間社会科学研究科 <代表窓口> 〒739-8524 東広島市鏡山1-1-1 TEL. 082-424-6705 FAX. 082-424-3478(教育学系総括支援室) <プログラム別連絡先(郵便物等送付先)> 人文学プログラム 〒739-8522 東広島市鏡山一丁目2番3号TEL. 082-424-6604 FAX. 082-424-7203 FAX. 082-424-7212(人文社会科学系支援室) 人間総合科学プログラム 〒739-8521 東広島市鏡山一丁目7番1号TEL. 082-424-6306 FAX. 082-424-6705 FAX. 082-424-6905 FAX. 082-542-7014 FAX. 082-542-6964(東千田地区支援室)•

次の

地域創生研究科 人間健康科学専攻(修士課程)|長崎県立大学

人間科学専攻

2020年 4月01日 2020年 3月25日 2019年 11月11日 令和2(2020)年度(2月期)大学院入試の選抜方法等の概要が公表されました。 人間総合科学学術院 2019年11月中旬~下旬公表予定の募集要項において正式に公表となりますので、 選抜方法等の詳細については、必ず「大学院募集要項サイト」を確認してください。 2019年 4月4日 大学院入試説明会開催のお知らせです。 ご関心のある方はどうぞお越しください。 タイトル 大学院説明会 日時 2019年6月21日(金)17:00~18:30 場所 筑波大学健康医科学イノベーション楝 講堂(8階) 備考 説明会前後に研究室見学を希望される方は、事前に研究室の教員にメールで連絡をとってください。 2018年 11月22日• 看護科学専攻では、下記の通りFDセミナーを実施いたします。 ご多用中とは存じますが、ぜひご参加くださいますようお願い申し上げます。 日時 2018年9月20日(木)18:00~19:30 場所 イノベーション棟8階 テーマ Evidence Based Practiceと科学的看護研究 ~米国でのふたつの学位の意義と違い~ ご講演者 聖アンソニー看護大学大学院 Ellen Bonner 先生 「看護学の専門学位 DNP と研究学位 PhD 」 イリノイ大学シカゴ校 公衆衛生学部 Susan Altfeld 先生 「公衆衛生学の専門学位 DrPH と研究学位 PhD 」 みなさまのご参加を心よりお待ちしております。 どうぞよろしくお願いいたします。 企画・運営 看護科学専攻FD自己点検委員会 看護科学専攻ICT国際活動委員会 2018年 8月30日• 看護科学専攻&看護学類では、ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンターの助成を受け、インドネシアの助産師とモンゴル、ベトナム、日本の専門家をおよびして下記のイベントを開催いたします。 皆様ふるってご参加ください。 日時 2018年9月4日(火)13時00分~16時00分 場所 筑波大学東京キャンパス文京校舎134 プログラム 第1部:ロビン・リム氏による基調講演「女性が大切にされる出産ケア~人権としての医療~」 第2部:パネルディスカッション「WHO新ガイドライン『肯定的な出産体験のための分娩期ケア』を実現するために」 (パネリスト:ロビン・リム氏、森臨太郎氏(国立成育医療センター研究所)、ダヴァツェレン・ムンヘツェツェゲ氏(モンゴル医科大学・産婦人科学科長)、チュナガスレン・バダマハンダ氏(モンゴル・アムガラン産科病院・助産師長)、グェン・タァオ・クェン氏(ホーチミン市医科薬科大学・助産学講師)) 主催 筑波大学医学群看護学類&大学院総合科学研究科看護科学専攻 参加申込 備考 詳細はをご覧ください。 2018年 6月12日• 講師 パトリシア・トーマス先生 グランバレー州立大学看護大学臨床実践担当副学部長(米国) がん患者と家族の治療・療養過程を支えるClinical Nurse Leaderの役割と機能 シャノン・ライザー先生 聖アンソニー看護大学 大学院・研究担当副学長 (米国) 地域に暮らすがん患者にNurse Practitionerが提供する医療サービスの形 日時 平成30年6月23日(土)13時00分~15時00分 場所 筑波大学医学エリア健康医科学イノベーション棟8階 講堂 対象 がん医療に携わる医療者 看護教育にかかわる教員 大学院生 備考 日本語通訳あり、参加費無料。 事前申し込みの上、ふるってご参加ください(当日参加も可)。 2018年 5月 2019年度版看護科学専攻パンフレットを更新しました 2018年 5月9日 大学院入試説明会開催のお知らせです。 ご関心のある方はどうぞお越しください。 タイトル 大学院説明会 日時 2018年6月15日(金)17時から 場所 筑波大学健康医科学イノベーション楝 講堂(8階) 備考 説明会前後に研究室見学を希望される方は、事前に研究室の教員にメールで連絡をとってください。

次の