ポケットモンスター ソウル シールド。 「ポケットモンスター ソード・シールド」に幻のポケモン「ザルード」が登場。マックスレイドバトルにダイマックスした「ミュウツー」なども出現

『ポケットモンスター ソード・シールド』有料追加コンテンツの販売がスタート!

ポケットモンスター ソウル シールド

- 『 』は、のほかでよりされている、『』を原作とするである。 『』の続編となる。 本作は『 新無印』、『 無印2』、『 2019年版』、『 版』とも表記される。 概要 [ ] を主人公とするポケモンアニメシリーズの第7シリーズ。 に発売されたゲーム『』の舞台であるを含む、全ての地方が舞台となっており、それぞれの地方のさまざまなも登場する。 タイトルは、アニメ『』シリーズの第1作目『』と同一。 過去のアニメシリーズはアニメ放送と同時期に発売された本編ゲームをベースにしていたが、本作は『ソード・シールド』をベースとせず、独自のアニメオリジナル作品となる。 これはや前作からの放送時間変更などの環境変化にゲーム・カード・玩具といったポケモンのコンテンツが対応していることに鑑みて、アニメも方向転換して原点に立ち返り、自由な発想で制作することになったためである。 それに伴い過去作にあったジム巡りはほとんどなくなっている。 また本作が放送される日曜日は視聴者が必ずしも毎週家に居られるわけではなく、連続するストーリーを欠かさず視聴するのは難しいという考えから、ストーリーは基本的に1話完結方式となる。 ただし、『ソード・シールド』以降に登場した人物や、ワンパチやヒバニーをはじめとした第8世代ポケモン、スマホロトム、キョダイマックス、同作のBGMアレンジ、といった要素は一部ストーリーに組み込まれている。 第1話ではまだだった頃のを描いたアニメポケットモンスターのすべてのはじまりの物語が描かれた。 ・クチバシティに新しくできたポケモン研究所である「サクラギ研究所」が、冒険の拠点となり 、サクラギ研究所のリサーチフェローとして住み込みでポケモンの様々な生態を調査することが本シリーズの大きな目的となる。 本作はダブル主人公となっており、サトシに加えて、新キャラクターのがもう一人の主人公として登場する。 ストーリーは基本的にサトシとゴウを軸とし(ピカチュウやロケット団が中心となる回もある)、リサーチフェローの仕事などで各地方に赴き、現地のポケモンと出会い冒険やバトルなどを行う。 第6話以降はゴウが出会い頭にポケモンをゲットする展開もよく描かれる。 第12・13話の回を発端として、第18話以降はポケモンワールドチャンピオンシップス内のポケモンバトルも描かれるようになる。 第1話ではサトシがピカチュウを貰うシーンが一部描かれており、第2話でサトシの部屋にカントー地方からで手に入れたバッジやトロフィーが置いてあることや、ピカチュウが前作で覚えたエレキネットを使用していることから、前作最終回でアローラ地方から帰還後のストーリーである。 演出面ではがにヒットした際に『』および『』と同様、「Good! 」等の音声が入るようになった。 また、バトルに慣れていないゴウは出会い頭にボールを投げる手法をとり、ポケモン同士を戦わせた後にボールを投げるという行為はほとんど行わない。 Let's ポケなぞ!! 」がスタートする。 アバン前でを出し、ED後に答えを発表する。 クイズの答えは全てその回に登場するポケモンとなっている。 『』2019年12月号からの『』と交代する形で五味まちとによるコミカライズ版が連載されている。 沿革 [ ] 2019年にタイトル及び概要が明らかとなり 、系列で放送予定であることが発表された。 同年に登場キャラクターと放送開始日、メインスタッフが発表された。 2019年に、直前特番『と行く!アニメ『ポケットモンスター』の世界!〜アニポケ徹底解説スペシャル〜』が放送された。 番組初回となる2019年に、拡大スペシャルとして放送された。 あらすじ [ ] のとある場所にピチューが棲んでいた。 一人ぼっちだったピチューだが、ある時ガルーラ親子に出会い共に暮らすようになる。 一方、オーキド博士のキャンプにコハルと共にやってきたゴウはふとした事からミュウを目撃し、いつかミュウをゲットする事を誓う。 やがてピチューとガルーラの子供は大きくなっていき、ピチューは親のガルーラに負担がかかっている事を悟り、別れる事を決意。 ある夜ガルーラ親子が寝ている際に彼女らの元を離れたピチューは、直後ピカチュウへと進化し、どこかへ旅立っていった。 そして4年後にサトシと運命の出会いを果たすことになる。 その後、様々な地方を旅したサトシとピカチュウはオーキド博士に誘われ、クチバシティにあるサクラギ研究所のオープニングセレモニーに同行する。 セレモニーの最中、珍しいポケモンの出現をサクラギ博士が予測し、サトシはその出現したルギアを追いかけている際にゴウと出会う。 そして、サトシとゴウがルギアと出会った際の出来事を聞いたサクラギ博士は2人をリサーチフェローに任命し、新たな生活と冒険が始まった。 そして2人は、ガラル地方に赴いた際にダンデと出会ったことでサトシは新たな目標を定め、「ポケモンマスターになることと、チャンピオン・ダンデとのバトルを目指す」サトシと、「すべてのポケモンをゲットする」ゴウ、2人の物語が展開する。 登場人物 [ ] 「」を参照• 既存キャラクター• 前作から引き続きサトシ、サトシのピカチュウ、ロケット団、オーキド博士、ハナコらが登場しており、から登場しているキャラに関してはが変更されている。 ロケット団3人組は『BW』以降と同様に毎回は登場しなくなり、『SM』と同様に登場は第3話からとなった。 また前作まではソーナンス以外のポケモンはその地に赴いた際に入手したポケモンを使用していたが、本作では主に本部から支給されたロケット・ガチャットというメカから出たポケモンを使用している。 新キャラクター• 新主人公としてゴウ、仲間としてコハルとサクラギ博士といったオリジナルキャラクターが登場する。 ジョーイ、ジュンサーのデザインや声優は『BW』・『XY』・『SM』同様一新されたが、回によってはDP以前のデザインの物も登場する。 以下の人物・団体は個別項目を参照。 メインキャラクター• - ロケット団• - 林原めぐみ• - うえだゆうじ• - 犬山イヌコ 準メインキャラクター• - その他のキャラクター• - 堀内賢雄(サトシ)、(ゴウ)、大谷育江(ロケット団)• 用語 [ ] 本作独自の用語 [ ] ポケモンワールドチャンピオンシップス [ ] 世界最強のトレーナーを決める大会。 第18話の描写では、参加選手は10000人以上いる事が確認されている。 第12話ではガラル地方のシュートスタジアムで開催された決勝戦が描かれ、ワタルとダンデがポケモンバトルをした。 ルール ポケモンワールドチャンピオンシップスとしてのポケモンバトルはポケモンジムやフィールドなど、様々な場所で行われている。 バトルをする場合はどこからか審判を務めるドローンロトムが現れ、その立ち合いの下でポケモンバトルを行う(ワタルとダンデのポケモンバトルを除く)。 クラス ポケモンワールドチャンピオンシップスの選手の称号。 「ノーマルクラス」「スーパークラス」「ハイパークラス」「マスタークラス」が存在する。 ノーマルクラス 最低クラス。 順位が1000位以下の選手の称号。 ポケモンワールドチャンピオンシップスの選手になる以前にどんな地位にいようと、選手としてデビューした時はこのクラスから始める事になる。 スーパークラス 順位が100位から999位までの選手の称号。 ハイパークラス 順位が9位から99位までの選手の称号。 マスタークラス 最高クラス。 順位が1位から8位までの選手の称号。 マスターズエイトとも呼ばれる。 ワタルやダンデなどが該当する。 順位 ポケモンワールドチャンピオンシップス内のバトルを1度でもすれば付けられるもの。 順位はバトル後に変動され、勝利すれば上がり、敗北すれば下がる。 上記のようにある程度バトルに勝利し順位が上がれば上のクラスに昇格できる。 選手一覧 ランク 選手 順位 マスタークラス 8位以上 スーパークラス 921位 ノーマルクラス 1001位 1024位 2109位 不明 不明 その他 [ ] サクラギ研究所 本作の拠点。 第2話でクチバシティに新設されたポケモン研究所で、サクラギ博士が所長を務めている。 助手にキクナ、レンジがいる。 サクラギ博士・コハルの自宅からは離れた場所にあり、サクラギ博士は車で通っている。 リサーチフェロー 様々な地方・場所に赴き、その地のポケモンを調査する役職。 現在はサトシ・ゴウがリサーチフェローとなっている。 スクール コハルが通っている学校。 ゴウもスクールの生徒だが、最近は通っていない。 ロケット・ガチャット ロケット団3人組(ムサシ・コジロウ・ニャース)が本作でポケモンを使う状況で使用する風の機械。 中にはロケット団専用のポケモンが入ったモンスターボールが入っており、コインスロット・ハンドルが付いている。 ムサシ・コジロウが呼び出すことで、本部のが飛んできて、その口からロケット・ガチャットを落とす。 使用時はニャースの小判をコイン代わりにスロットに差し込み、ハンドルを回して中のボールを取り出す。 どのボールが出てくるかはランダムであり、基本は二個だが一個しか出ない場合もある。 ボールにはそのポケモンの使用技が書かれた紙も一緒に入っている。 強力なポケモンから、実力の読めないポケモン、大型のみならず小型のポケモン、一つの技しか覚えていないポケモン、同じポケモンが2匹入っていること等もおり、出てくるボールのランダム性と相まって滑稽な一面も見せている。 レイドバトル 1匹のポケモンに複数のトレーナー・ポケモンが挑むバトル。 劇中では5人のトレーナー・5匹のポケモンがルギア1匹にバトルを仕掛けていた。 第14話では、サトシやゴウ、他3名の5人で巨大を相手にレイドバトルを仕掛けた。 本編ゲームにもある用語 [ ] ここでは本作独自の設定について述べる。 クチバシティ サクラギ研究所やコハルの通うスクールが存在する。 シュートシティ ゴウがヒバニーと運命的な出会いを果たした場所。 名物はであり、ヒバニーと3匹のクスネが盗みを働いていた。 シュートスタジアム ポケモンワールドチャンピオンシップスが開催されたスタジアム。 にはカントー地方のバトルフロンティアとが登場していたが、本作では初めてホウエン地方のバトルフロンティアが登場する。 キッサキシティ 流氷レースが流行っている。 エンジュシティ 第9話でサトシ・ゴウが訪れる。 スマホロトム 本作における。 サトシとゴウのにが入り込んだことで誕生した。 これまでのシリーズ同様、ポケモンの説明だけでなく、建物や施設の説明、さらにゲットしたポケモンを一覧にする機能が追加された。 またスマートフォンなので通話も可能。 ロケット団も黒いスマホロトムを所持しているが、こちらはポケモンの名前、分類、タイプの説明だけで「以下省略」と大雑把な解説しかしないという図鑑らしからぬ一面や、投げやりで態度が悪い部分が目立つ。 ダイマックス 通常のダイマックスは第12話に登場。 キョダイマックス キョダイマックスは第5話から登場。 本作のキョダイマックスは赤い光を浴びて急にキョダイマックスしてしまったり、キョダイマックスしても慣れていないとまともに戦えない描写が存在する。 また、第13話ではスタジアム自体がダイマックスの現象が起こりやすい場所のためか、サトシのピカチュウはボールに入らなくてもキョダイマックスが出来た。 キョダイマックスしたポケモンの力は絶大であり、普通の状態のポケモンではまともにダメージを与えることができない。 キョダイマックスしたポケモンとまともに戦うには、基本的にダイマックス化かキョダイマックス化をして戦う必要がある。 メガシンカ メガストーンを持つポケモンとメガリングを持つトレーナーの強いキズナによる進化を超えた進化。 メガシンカしたポケモンは技が強力になる上に姿のみならず、一部のタイプが変わる。 本編ではジムリーダー・コルニのルカリオがメガルカリオにメガシンカする。 スタッフ [ ] 前作からスタッフ・役職が一部交代しており、前作まで一貫して総監督を務めたはクリエイティブスーパーバイザーとなり、前作の監督であったが総監督に、同じく副監督であったが監督に就任する。 撮影監督が折笠裕子から鈴木大倫に、音楽も過去のテレビシリーズを全て担当したからに交代。 は「シリーズコンストラクション」名義でが担当する。 前作まで存在した企画は本作では廃止された。 原案 - 、、• スーパーバイザー -• アソシエイトプロデューサー - 鈴木英里子• クリエイティブスーパーバイザー -• アニメーションコーディネーター - 、坂本鼓太郎• 総監督 -• 監督 -• シリーズコンストラクション -• 制作デスク - 久米村誠(第12話 - )• 設定制作 - 鈴木隆太郎• 設定協力 - 、• 原案協力 -• キャラクター設定 - 松島賢二、松宮稔展、中津井優、林千尋、西野弘二• キャラクター原案 - 吉田宏信、久我絵理佳、安藤絵美、、阿部杏子、、金子智美、、橘髙文美恵、、橋本美咲、、ジェイムスターナー、江尾可奈子、前田咲子、鶴田沙綾、山本裕輝、、海野隆雄、網、伊藤博人、水谷恵、菜花健作、、すべての『ポケットモンスター』シリーズのキャラクター原案スタッフ• キャラクターデザイン・総作画監督 - 安田周平• アニメポケモンデザイン - 、安田周平、、、山崎玲愛、香月麻衣子、中矢利子、田島瑞穂、片山美和、坂田愛子• 美術監督 - 武藤正敏• 色彩設計 - 吉野記通• 撮影監督 - 鈴木大倫• 編集 - 野川仁• 音響監督 -• 音楽 -• 一部原曲・作曲 - 、、(第13話 - )• 音楽プロデューサー - 南沢道義、西名武• 音楽協力 -• ナレーション - 堀内賢雄• 協力 -• アニメーション制作 -• 製作 - 、、 主題歌 [ ] オープニングテーマ [ ] 今回のオープニングはまふまふが手がけた「」を様々なアーティストが歌い繋ぐ形式となっている。 一部シーンは毎回の本編からのものだが、ガラル地方が舞台となる話ではザシアンとザマゼンタが登場するもので固定されている。 になっている。 YouTubeではオリジナル映像付のフルバージョンが視聴可能。 挿入歌 [ ] 話数 曲名 作詞 作曲 編曲 歌手 レーベル 発売日 備考 26 I LOVE コイキング コイキンGO - ポケモンだいすきクラブのオリジナルソング。 YouTubeにてオリジナルのフルバージョンが視聴可能。 どないやねん ヤドン ヤードンズ 各話リスト [ ] 放送日は全てテレビ東京系列のもの。 話数はポケモン公式YouTubeチャンネルの見逃し配信から。 放送日 話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 2019年 11月17日 1 ピカチュウ誕生! 太田都 吉野真一 11月24日 2 サトシとゴウ、ルギアでゴー! 小平麻紀 中田誠 村田理 12月1日 3 フシギソウってフシギだね? 樋口香里 堀内良平 森口弘之 森悦史 浅田真里 松岡秀明 中田亜希子 池田早香 12月8日 4 行くぜガラル地方!ヒバニーとの出会い!! 中田誠 高木啓明 高橋優 高木麻穂 12月15日 5 カビゴン巨大化!? ダイマックスの謎!! 尼野浩正 野田泰宏 新城真 12月22日 6 ポケモン大量ゲットだぜ!ミュウへの道!! 米村正二 浅田裕二 志村泉 12月29日 7 激闘のホウエン地方!挑戦バトルフロンティア!! 赤尾でこ 齋藤徳明 村田尚樹 加藤祐子 大川駿 2020年 1月12日 8 負けるなポッチャマ!シンオウ地方の流氷レース!! 尼野浩正 ウヱノ史博 篠原隆 1月19日 9 あの日の誓い!ジョウト地方のホウオウ伝説!! でんさおり 酒井裕未 柳原好貴 1月26日 10 カイリューの楽園、ハクリューの試練! 樋口香里 牧野友映 岡昭彦 重松しんいち 2月2日 11 コハルとワンパチと、時々、ゲンガー 斉藤徳明 牧野吉高 八田木瀧 2月9日 12 ダイマックスバトル!最強王者ダンデ!! 米村正二 浅田裕二 岩根雅明 志村泉 2月16日 13 サトシ対ダンデ!最強への道!! 毛利和昭 山崎玲愛 2月23日 14 初イッシュ地方!遺跡でレイドバトル!! 尼野浩正 徐恵眞 新城真 夏目久仁彦 升谷有希 3月1日 15 雪の日、カラカラのホネはどこ? 吉田玲子 野田泰宏 土信田和幸 山縣亜紀 河野仁美 3月8日 16 呪われたサトシ…! 中田誠 大西雅也 3月15日 17 ヒバニー、炎のキック!明日に向かって!! 赤尾でこ 齋藤徳明 ウヱノ史博 篠原隆 3月22日 18 サトシ参戦!ポケモンワールドチャンピオンシップス! 冨岡淳広 浅田裕二 岩根雅明 志村泉 3月29日 19 ワタシはメタモン! 宮田由佳 尼野浩正 村田尚樹 高木麻穂 酒井裕未 鈴木敦 野村美妃 4月5日 20 夢へ向かってゴー!サトシとゴウ!! 米村正二 齋藤徳明 小柴純弥 八田木瀧 4月12日 21 とどけ波導!サトシと不思議なタマゴ!! 松井亜弥 樋口香里 牧野吉高 柳原好貴 4月19日 22 さよなら、ラビフット! 赤尾でこ 尼野浩正 野田泰宏 山崎玲愛 武内啓 海老沢咲希 坂田愛子 6月7日 23 大パニック!サクラギパーク!! 土屋理敬 齋藤徳明 中田誠 大西雅也 6月14日 24 休め!ロケット団!! 面出明美 浅田裕二 岩根雅明 志村泉 6月21日 25 命爆発バトルフェス!VSメガルカリオ!! 冨岡淳広 尼野浩正 村田尚樹 蒼依ふたば 岡昭彦 高橋優 武内啓 柳原好貴 大西雅也 6月28日 26 はねろ!コイキング かぶれ!ヤドキング 藤咲淳一 樋口香里 ウヱノ史博 篠原隆 海老沢咲希 社会的出来事に伴う影響 [ ] 2020年4月19日に、の影響で制作作業の一部が見合わせとなったことにより、テレビ東京系列において2020年4月26日の放送分以降、しばらくは本作のになることが発表された。 これに伴い、第23話「大パニック!サクラギパーク!! 」以降の話は事実上の放送延期となり、データ放送も放送再開まで休止となった。 放送中のシリーズが本放送中に再放送されるのはこれが初となる。 その後5月31日に、制作作業の再開と第23話以降の放送が6月7日から再開されることが発表された。 放送局 [ ]• まんたんウェブ. 2019年10月11日. 2019年10月13日閲覧。 まんたんウェブ. 2019年8月30日. 2019年9月3日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年9月1日. 2019年9月3日閲覧。 なお、第12話と第13話のように前後編になる場合もある。 ファミ通. com. 2019年11月17日. 2020年2月3日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年9月29日. 2019年10月3日閲覧。 アニメイトタイムズ 2019年10月27日. 2019年10月27日閲覧。 『日経エンタテインメント!』第23巻第15号、日経BP社、2019年11月、 52頁。 - 音楽ナタリー 2019年11月24日閲覧• 音楽ナタリー 2019年11月24日• シリーズ初の30分2本立て。 ORICON NEWS. オリコン 2020年4月19日. 2020年4月19日閲覧。 外部リンク [ ]• - テレビ東京による公式サイト 前番組 番組名 次番組.

次の

【ポケモン剣盾】ふしぎなおくりものシリアルコード【最新版】

ポケットモンスター ソウル シールド

概要 2019年に『』で発表された。 本作の「ポケットモンスター」のロゴマークは、海外版のロゴマークと同様のフォントが使用されている。 全世界で同時発売され、対応は、、、、、、、(、)の9言語である。 ソード版とシールド版に加えて2つを同梱した ダブルパックも発売されており、特別なマックスレイドバトルへ序盤からアクセスできるゲーム内アイテムを入手できる。 早期購入特典としてゲーム内でキョダイマックスできる特別なが配信された他、パッケージ版は購入する店舗によって様々なファングッズが、デジタル版はゲーム内で使えるアイテムがそれぞれ配布された。 また、2018年に発売されたを所持しているユーザーにはキョダイマックスできる特別なもしくはが配信されている。 追加コンテンツ エキスパンション・パス として、「鎧の孤島」「冠の雪原」のふたつの追加シナリオが配信予定である。 ゲームシステム 基本的なゲームシステムについては「」を、本作で初めて登場するポケモンについては「」を参照 本作は本編シリーズで初めてオートセーブが取り入れられている。 その他「わざ」の思い出しや姓名判断の機能がポケモンセンターに統合されているなどシステム面でのテコ入れが行なわれている。 一方で、前作(第七世代)までのポケモンについて、本作に送り込めるのは、当初の段階でガラル図鑑に登録されているポケモンのみに限定された。 エキスパンションパスの購入で、一部ポケモンが本作に送り込める予定。 また、前作までに登場した技の一部(「めざめるパワー」や「おんがえし」、「おいうち」など)が廃止されている。 前作から送り込んだポケモンが廃止された技を覚えていた場合は、その技は使えなくなる。 本作からの新コンテンツ この節のが望まれています。 ダイマックスとキョダイマックス ガラル地方で見られるポケモンの巨大化現象「ダイマックス」をポケモンバトルに応用したシステム。 巨大化すれば能力も向上する上、タイプによって異なるダイマックスわざを使用することができる。 ダイマックスは特定の場所であれば全てのポケモンが可能である。 更に特別なポケモンのみ キョダイマックスとなり、こちらは姿形も変化し、そのポケモン専用のダイマックスわざを使用できる。 前作(第七世代)までの「メガシンカ」や「Zワザ」に代わって導入された要素。 ワイルドエリア ガラル郊外に広がる自然溢れるオープンワールドのような広大なフィールドを自由に探索することができる。 場所や天候によって出会えるポケモンが異なるため、訪れる度に変化がある。 マックスレイドバトル ワイルドエリアに出現する強力なダイマックスポケモンに4人で挑むことのできるコンテンツ。 このレイドでのみ捕獲できるポケモンがいる他、ごく稀にキョダイマックスできる特別なポケモンと出会えるチャンスが訪れる。 オンラインで協力者を募ることができ、ネットに接続していなくてもNPCが駆けつけてくれる。 ポケモンキャンプ 旅の道中でキャンプを設営し、手持ちのポケモンたちと遊んだり作りを楽しむことができる。 このカレーは使う食材によって味や効果が変わり、カレー図鑑も用意されている。 特にワイルドエリア内では他プレイヤーのキャンプへ参加することができ、最大4人での交流を楽しめる。 ディレクターの大森によれば、このカレーを作るというアイデア発想はガラル地方のモチーフが英国であることが一助となっており、また「現実に存在する食べ物が出てくれば,ゲームの世界にもっと親しみを持ってもらえる」とも語っている。 追加コンテンツ 本作はポケットモンスターの本編シリーズとしては初の有料(DLC)が導入されている。 エキスパンション・パス 新しいフィールドやポケモンなどの新規コンテンツを2回に分けて導入する、形式の有料DLC。 9」にて発表され、配信終了直後の10日から販売開始される。 また、それぞれのコンテンツでは発売時に未実装であったポケモン(ジバコイル、ガブリアスなど)が登場する。 鎧の孤島 2020年6月17日に配信開始。 新しい舞台である「ヨロイじま」を舞台に、主人公はポケモン道場で新キャラクター・マスタードのもと修行に励む。 冠の雪原 2020年秋に配信予定。 新しい舞台である「カンムリせつげん」を舞台に、主人公は探検隊の隊長として冒険をする。 登場人物 主要人物 主人公 本作の主人公。 ゲーム開始時に性別と肌の色を設定できる。 旅の途中にあるヘアサロンでは髪・目の色・リップカラーなどを変更でき、ブティックで服を購入すれば着せ替えを楽しむこともできる。 ガラルチャンピオンを目指しており、ダンデから推薦されてジムチャレンジに挑む。 マグノリア ガラル地方で高名なポケモン博士。 ガラル地方独特の現象であるダイマックスを研究している。 ソニア マグノリア博士の助手として主人公をサポートする女性。 ハート型のヘアアクセを散りばめた橙色のサイドテールが特徴。 ダンデ 現ガラルチャンピオンの青年で、ホップの兄。 快活で責任感が強く、ポケモンバトルの実力と誰にでも分け隔てなく接する人柄を持つ好青年。 決め台詞は「レッツチャンピオンタイム!」で、パートナーは。 方向音痴であり、パートナーであるリザードンが道案内をしている。 ディレクターの大森は本作の物語におけるテーマを「憧れ」とした上で、ダンデはその象徴であると語っている。 ホップ 浅黒い肌に紫がかった髪を乗せた少年。 ダンデの弟。 主人公とは隣人であり友人であり、ガラルチャンピオンの座を競うよきライバルでもある。 兄から推薦を受けている。 マリィ 容姿とクールなポケモンバトルから多くのファンを持つ、主人公と同じくチャンピオンを目指すライバルである。 あくタイプのポケモンをメインに起用し、本作初登場のポケモンであるをパートナーにしている。 ビート ローズに推薦されたチャンピオンを目指すポケモントレーナーの少年。 エスパータイプの使い手であったが、後にフェアリータイプの使い手となる。 ポケモン 本作初登場のポケモンについては「」を、本作に登場するポケモンについては「」を参照 本作に初登場するも含めて、これまでに登場したポケモンも全てではないが数多く登場する。 リージョンフォームのポケモン アローラ地方同様、ガラル地方には特定の姿を持つポケモンがいる。 主なものは以下の通り。 (ガラルのすがた) どくガスポケモン タイプ・どく・フェアリー 体色は灰色で、頭部に長いのような、口にガスのヒゲをつけたような姿。 汚い空気やガスを栄養にしており、体内に溜めたガスを頭から出す。 この空気は綺麗。 専用特性「かがくへんかガス」を持つ。 (ガラルのすがた) まめだぬきポケモン タイプ・あく・ノーマル 体色が黒と白のツートンカラーで目が赤い。 好戦的なポケモンで人やポケモンに突進して挑発する。 ガラル図鑑には「この姿が一番古いジグザグマの姿」と書かれている。 (ガラルのすがた) とっしんポケモン タイプ・あく・ノーマル ジグザグマの進化系。 本来の姿と同様に真っ直ぐ走るのを好んでおり、自動車ですら跳ね飛ばすほどの突進を持つ。 世界観 舞台であるガラル地方は、田園風景や雄大な草原、険しい雪山など、さまざまな表情を持つ地方である。 近代的な都市もあり、人々はポケモンと協力してを発展させている。 イギリスのグレートブリテン島がモデルで、全体像は同島を上下逆にしたような感じになっている。 都市 ハロンタウン 主人公とホップ・ダンデの出身地の田舎町。 ゲームのスタート地点。 ブラッシータウン ポケモン研究所の所在地。 エンジンシティ ジムチャレンジのため最初に訪れることになる工業都市。 エンジンスタジアムでジムチャレンジの開会式が開かれる。 ジムリーダーはほのおタイプ使いのカブ。 ターフタウン ガラル地方西部にある街で、すり鉢状の形をしており、街の至る所に石碑がある。 また、街の西部には地上絵がある。 ジムチャレンジ最初のジムの所在地。 ジムリーダーはくさタイプ使いのヤロー。 バウタウン ガラル地方東部にある港町で、海に面している。 ジムチャレンジ2つ目のジム。 ジムリーダーはみずタイプ使いのルリナ。 ナックルシティ ワイルドエリアの最北から進める、中世の城壁を活かした歴史ある街。 最後のジムチャレンジの場所で、ジムリーダーはドラゴンタイプ使いのキバナ。 ラテラルタウン 巨大な壁画の遺跡がある街。 ジムリーダーは「ソード」ではかくとうタイプ使いのサイトウ、「シールド」ではゴーストタイプ使いのオニオン。 アラベスクタウン ルミナスメイズの森の奥地にある街で、昼でも薄暗く、幻想的な雰囲気が漂う。 ジムリーダーはフェアリータイプ使いのポプラ。 キルクスタウン ガラル地方中部に位置する、古い建物が並ぶ温泉の街。 気候は寒帯で温泉やホテルなどの観光業が盛ん。 ジムリーダーは「ソード」ではいわタイプ使いのマクワ、「シールド」ではこおりタイプ使いのメロン。 スパイクタウン 北東部の薄暗い田舎町。 ジムリーダーはあくタイプ使いのネズ。 シュートシティ ガラル地方最大のローズ委員長によって造られた計画都市。 チャンピオンカップが開催されるシュートスタジアムや、マクロコスモスの本拠地であるローズタワーの所在地。 組織 マクロコスモス ローズが運営している。 鉱山会社や保険会社、航空会社など数多くのグループ企業が存在する。 オーナーのローズはガラル地方のポケモンリーグを委員長として取りまとめる。 開発 本作の開発は2016年のの発売直後から開始された。 コンセプトの構築に1年間を費やした後に本格的なへ移行し、最終的な開発期間はデバッグ作業なども含め約3年としている。 開発においては約200人のゲームフリーク社員が中核を担い、パートナー企業であるから約100人が3Dモデリング開発、更に100人がデバッグ作業やテストに携わっているとしている。 によるインタビューにて、大森は本作のテーマが「最強のポケットモンスター」であり、今までにない最強の「グラフィックス表現や企画内容,登場するポケモン」を目標に、その力強さを剣と盾というタイトルに込めたという。 加えて、「倒す力(剣)と護る力(盾)のどちらを選ぶのか」を楽しんでほしいためとも語っている。 大森はこのテーマを達成するための具体的な導入としてポケモンの、ダイマックスおよびキョダイマックス、ワイルドエリアを挙げており、後者2つはハードがNintendo Switchに移行したことで初めて実現可能になったとしている。 また、このインタビュー内でガラル地方のモチーフが英国であると明言しており、ダイマックスのアイデアも英国の巨人伝説が後押ししたとしている。 本作のシステムのうちのオートセーブ機能は、電源を切る代わりに画面だけを消すスリープモードにするプレイヤーが多いことや、Swtichのセーブ速度の速さを踏まえて取り入れられた。 登場ポケモンの制限 本作の開発において、ポケモンのモデルをNintendo Switchにあわせるために最初から作り直す必要が出てきた。 だが、シリーズにおけるポケモンの総数が、既存分のフォルムチェンジなどを含めて1,000を超えており、すべてのポケモンのモデルを現行化したり、バトルシステム面での調整が困難になったことから、協議の末に開発チームは『Pokemon Home』から連れてこられるポケモンの数を制限するという決断を下した。 プロデューサーの増田はファミ通とのインタビューやユーザーに向けたコメントの中で、これが苦渋の決断だとしつつも 、登場を見送ったポケモンをぞんざいにしているわけではないとしている。 また、ディレクターの大森は、連れてこれるポケモンを制限した代わりに、ワイルドエリアなどの別の要素を強化したと同じインタビューの中で話している。 ビジュアル 開発チームはグラフィックにもこだわっており、特にプレイヤーとポケモンの出会いの場である草むらの描写には半年が費やされた。 また、小さなものでも繊細な描写を可能とするSwitchの性能を生かすため、開発チームはポケモンが巨大化するダイマックスという要素を取り入れることにした。 小さな子どもがテレビ画面で遊ぶことを想定し、いきなりポケモンが巨大化して不安にならないようにするため、ダイマックスの演出には注意が払われた。 音楽 本作の音楽はガラル地方のモデルに合わせて ()に影響されたものとなっており、 、『』の開発で知られているも1曲提供している。 フォックスはシリーズの作曲家の一人であるが自分をフォローしていたことがきっかけで交流を重ね、あるパーティーでシリーズの参加を希望したところ快諾にいたったと公式ウェブサイトに寄せたメッセージの中で述べている。 米は全国図鑑と連れ歩き機能の不在、カットシーンにおけるキャラクターの感情表現の不足を惜しみつつも、それでも本作がシリーズの最高傑作であり、また従来の魅力を損なうことなく(もはや伝統と化していた)退屈な要素を合理化できていると統括した。 もポケモンの収集やバトル、探索などにおける肥大化や退屈な作業を削ぎ、ポケモンゲーム本来の魅力に注力できていると評している。 更にその一例として、移動のハードルが低く早い段階から自由に探索できるようになったことを挙げている。 一方、はコンテンツの不足と旧シリーズへの非対応を批判しており、またワイルドエリアに関してポケモンシリーズにとっては斬新だとしつつも、広さと明快さが欠けており真のオープンワールドではないとしている。 売上 日本国内での販売初週の販売数は200万本、国内外を含めると600万本以上を記録し当時のNintendo Switch専用ソフトでの初週最速・最多販売記録を更新した。 Nintendo of Americaによると、米国ではデジタル版も含め発売後2日間で200万本の販売を達成し、これはポケモンゲームの中で最も成功した発売だとしている。 発売当日は直営店であるに多くのファンが集まり、開店と販売開始までのカウントダウンを楽しむなど賑わいを見せた。 GamesIndustryは英国小売市場での、かつパッケージ版に限るとした上で、2019年度のソード版の売上を273,991本と報告している。 これは同年に「単一機種のみで」販売されたゲームにおいてトップを記録しており、この括りを外しても7番目に位置するとしている。 またGamesIndustryは同様に、本作の初週販売数がポケモンゲームの中で2番目に多く、より43%増、より64. 6%増したものの、と比較すると34. 5%落ち込んだと報告している。 その他 対応のメディアストリーミング端末を搭載する機器において、同ソフトによって、故障する恐れがあるため、同社はアップデータを提供している。 薄明の翼 『 薄明の翼』のタイトルで、本作のが公開されている。 全7話予定で、よりポケモン公式チャンネルにて配信。 キャスト(Webアニメ) ジョン 声 - 入院生活が続いているダンデの大ファンの少年。 トミー 声 - 同じく入院しているジョンの友達。 その他• ダンデ -• ホップ -• ソニア -• ローズ -• オリーヴ -• ヤロー -• ルリナ -• サイトウ -• オニオン -• タクシー運転手 - スタッフ(Webアニメ)• 監督 - 山下清悟• 助監督 - 渡辺葉• 脚本 - 木下爽• 脚本監修 -• コンセプトアート・カラースクリプター - 東みずたまり• キャラクターデザイン - 小笠原真• 美術デザイン - 東みずたまり、おかちょけ• 美術監督 - 竹田悠介、益城貴昌• 色彩設計 - 広瀬いづみ• CGディレクター - 高橋将人• 撮影監督 - 小川克人• 音響監督 -• 音楽 -• アニメーション制作 - 、FILMONY(第2話) 各話リスト(Webアニメ) 話数 サブタイトル 絵コンテ 演出 作画監督 配信日 第1話 手紙 山下清悟 篠田貴臣、高野友宏 2020年 1月15日 第2話 修行 黄捷、田村篤、新井陽次郎 2月18日 第3話 相棒 竹内雅人 井川典恵 3月17日 第4話 夕波 山下清悟 近岡直 4月17日 第5話 秘書 渡辺葉 Moaang 6月5日 脚注 [] 注釈• 2019年11月2日. 2019年11月28日閲覧。 ポケモン. 2019年7月25日閲覧。 ポケモン. 2019年7月25日閲覧。 ポケモン. 2019年7月25日閲覧。 任天堂 2020年5月7日. 2020年5月8日閲覧。 任天堂. 2020年5月7日閲覧。 ファミ通. com 2019年2月27日. 2019年2月28日閲覧。 ORICON NEWS 2019年2月27日. 2019年2月28日閲覧。 公式ウェブサイト商品ページより• 2020年1月9日• GNN Web News 2019年10月2日. 2019年11月28日閲覧。 [ ]• インタビュー. KADOKAWA. GNN Web News 2019年10月25日. 2019年11月28日閲覧。 [ ]• インタビュー. 2020年6月5日閲覧。 GAMY 2020年2月12日. 2020年6月5日閲覧。 Yokoyama, Keiichi 2020年2月12日. AUTOMATON. 2020年6月5日閲覧。 Umise, Minoru 2019年12月18日. AUTOMATON. 2020年6月5日閲覧。 ORICON NEWS. 2020年6月5日閲覧。 4gamer. net 2019年11月15日. 2019年11月27日閲覧。 ファミ通. com 2020年1月9日• 電撃オンライン 2020年6月3日. 2020年6月18日閲覧。 GAME WATCH 2019年2月28日. 2019年2月28日閲覧。 The Pokemon Company 2019年6月13日. 2019年11月27日閲覧。 Polygon 2019年10月24日. 2019年11月27日閲覧。 向原康太 2019年7月1日. Real Sound. 2020年6月5日閲覧。 向原康太 2019年7月1日. Real Sound. 2020年6月5日閲覧。 2020年6月5日閲覧。 Metacritic. 2019年12月4日. 2020年1月10日閲覧。 Metacritic. 2019年11月13日. 2020年1月10日閲覧。 Andriessen, CJ 2019年11月20日. Destructoid. 2019年11月27日閲覧。 Carsillo, Ray 2019年11月13日. EGM. 2019年11月27日閲覧。 Shea, Brian 2019年11月13日. Game Informer. 2019年11月27日閲覧。 Plagge, Kallie 2019年11月13日. GameSpot. 2019年11月27日閲覧。 Loveridge, Sam 2019年11月13日. 2019年11月27日閲覧。 DeFreitas, Casey 2019年11月13日. IGN. 2019年11月27日閲覧。 Olney, Alex 2019年11月13日. NintendoLife. 2019年11月27日閲覧。 Donaldson, Alex 2019年11月13日. VG247. 2019年12月4日閲覧。 Casey, DeFreitas 2019年11月20日. 2019年12月4日閲覧。 Plagge, Kallie 2019年11月18日. 2019年12月4日閲覧。 Tapsell, Chris 2019年11月13日. 2019年12月4日閲覧。 Business Wire 2019年11月21日. 2019年11月27日閲覧。 Dring, Christopher 2020年1月3日. gamesindustry. 2020年1月10日閲覧。 doope! 2019年11月18日. 2019年11月27日閲覧。 Dring, Christopher 2019年11月17日. gamesindustry. 2019年11月27日閲覧。 ファミ通 2019年12月20日. 2019年12月13日閲覧。 株式会社ポケモン. 2020年2月18日閲覧。 外部リンク• - プレイリスト この項目は、に関連した です。

次の

ポケモン図鑑ソードシールド|剣盾|ポケモン徹底攻略

ポケットモンスター ソウル シールド

ポケットモンスター関連• 日本最強の男に学べ! ポケモンカード トレーナーズスクール!!• アニポケまであとちょっと! デュエル・マスターズ関連• 秘蔵イラストも公開!! イラストレーター 制作秘話リレー• デュエマ妄想構築録 イナズマイレブン関連• マル秘ネタ 電撃チラ見せ!! おおばあつし先生 電撃執筆! アニメ直前 限定イラスト!! ゾイド関連• ゾイド生みの親徳山氏 5656万字!? 限界ロングインタビュー• 森茶先生本能執筆! アニメ直前 限定イラスト!! ミニ四駆関連• 伝説マシン開発秘話 パズドラ関連• 大塚角満のモンスター美術館 マジック:ザ・ギャザリング関連• ドブフクロウのMtGブレイキングアカデミー フォートナイト関連• にゃんこ大戦争関連• まんがで!にゃんこ大戦争 もういっちょ!• キミの知りたい最新ゲーム&ホビー情報はもちろん、オモシロまんがも大充実! コロコロイチバン! 1月号は11月21日発売!! 今回紹介するのは、 別冊ふろく「ポケットモンスターSPECIAL ソード・シールド」第0巻だ! ポケスペ「ソード・シールド編」スタート! No. 1ポケモンコミック 「ポケスペ」の新章 「ソード・シールド編」が連載開始!! このふろくでは記念すべき 第1話を読むことができるほか、ゲームもまんがも楽しくなる『ポケットモンスター ソード・シールド』の 3大注目ポイントを大紹介! 「B・W編」の第1話や「サン・ムーン編」の第1話が読める! 今回の別冊ふろく「ポケットモンスターSPECIAL ソード・シールド」第0巻には「ソード・シールド編」だけではなく、 「B・W編」から 「サン・ムーン編」の第1話も読むことができるぞ! B・W編 ポケモンリーグ制覇を目指して頑張りすぎる少年 ブラックと、ポケモンをタレントとして扱う芸能事務所社長の ホワイトが主人公の物語だ! B2・W2編 主人公は ラクツと ファイツ。 All Rights Reserved. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の