ダイマックスゲンガー 育成論。 【ポケモン剣盾】キョダイマックスゲンガーの入手方法と攻略【ポケモンソードシールド】

【ポケモン剣盾】ゲンガーの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

ダイマックスゲンガー 育成論

ゲンガーの特徴 種族値・タイプ・特性 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 60 65 60 130 75 110 タイプ タイプ1 タイプ2 ゴースト どく 特性 のろわれボディ 30%の確率で受けた技を使えなくする 長所・短所 非常に優秀な種族値で、初代から活躍し続けてきたゴーストタイプの強豪です。 特に 特攻種族値が130とかなり高く、 素早さ種族値も110と高速特殊アタッカーとしてかなり優秀な能力を持っています。 また、攻撃技も変化技も多種多様なものが揃っており、 アタッカーとしてもサポートとしても使える万能なポケモンでもあります。 メガシンカこそ仕様の関係で無くなったものの、代わりに キョダイマックスを得たことで新しい使い方もできるようにもなりました。 …が、第八世代でドラパルトが現れてしまったせいで アタッカーとしての活躍の場を一気に奪われてしまうという事態に。 サポート型にしようにも ミミッキュやギルガルドの存在があり、それもままならない状態です。 結果、 メガシンカ以外は特に弱くなったわけでもないのに使い道が無くなって使用率がマイナー並に激減する羽目になってしまった模様です。 今後 DLCで旧ポケモンが多数登場するようになるため、そちらでゲンガーの使い道をまた得られるようになるのを祈りましょう。 育成論 特殊アタッカー型 努力値 特攻:252(実数値182) 特防:4(実数値96) 素早さ:252(実数値178) 技構成 解説 これまでも使い続けられてきた、特攻と素早さに特化した高速アタッカーの型です。 元々ゲンガーは技の多さと特攻・素早さの高さから、 対面性能の高い高速アタッカーとして使われてきました。 ドラパルトの台頭で厳しいことになってしまっていますが、それでも今の環境で通用する性能はあるので引き続き特殊アタッカーとして使用します。 努力値は当然 特攻と素早さに特化し、さらに性格補正も加えて 素早さも最速にしておきます。 また、持ち物は きあいのタスキにすることで連続技以外は耐えられます。 元の耐久の低さや特性と合わさって相性がいいので持たせておきましょう。 技構成は対フェアリータイプも兼ねた一致技の ヘドロウェーブは確定。 サブウェポンの きあいだまと補助技として おにびを持たせます。 これで最悪攻撃が通らない相手が来たとしても、 おにびで火傷を撒いてスリップダメージと攻撃ダウンのデバフをかけることができます。 もう一つの一致技は火傷状態の相手にダメージが倍になる たたりめか、安定した性能の シャドーボール。 好きな方を入れましょう。 実演してみた では、このゲンガーが実際に戦っているシーンを見てみましょう。 今回はこの方との対戦を使いましょう。 話題に出した天敵のドラパルトがいるんですがどうしたらいいでしょう。 対戦、よろしくお願いします。 まさかあのゲンガーがメジャーポケモンじゃなくなる環境が来るとはだれも思ってなかったと思います。 使用率が激減しても実力は衰えてません。 オーロンゲくらいならヘドロウェーブで一撃で落とせます。 先制技でも使われない限り、ゲンガーも速く動けるんじゃないかなと。 弱点を突いたとはいえ、ダイマックス相手にもこのダメージ。 やはり上位互換に近いのが現れたせいで使われないだけで、 実力に陰りは無いようですね。 対戦、ありがとうございました。 まとめ 長い間環境で活躍し続けたポケモン、ゲンガーの育成論でした。 強力な特殊アタッカーとして君臨し続けた種族値と、攻撃も補助もなんでもござれの技の数々。 他の強豪ゴーストが君臨する今の環境でも、まだまだ戦える実力は十分にあります。 以上、管理人、八卦がお送りしました。 次回もよろしくお願いします。

次の

キョダイマックス

ダイマックスゲンガー 育成論

ゲンガーの特徴 種族値・タイプ・特性 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 60 65 60 130 75 110 タイプ タイプ1 タイプ2 ゴースト どく 特性 のろわれボディ 30%の確率で受けた技を使えなくする 長所・短所 非常に優秀な種族値で、初代から活躍し続けてきたゴーストタイプの強豪です。 特に 特攻種族値が130とかなり高く、 素早さ種族値も110と高速特殊アタッカーとしてかなり優秀な能力を持っています。 また、攻撃技も変化技も多種多様なものが揃っており、 アタッカーとしてもサポートとしても使える万能なポケモンでもあります。 メガシンカこそ仕様の関係で無くなったものの、代わりに キョダイマックスを得たことで新しい使い方もできるようにもなりました。 …が、第八世代でドラパルトが現れてしまったせいで アタッカーとしての活躍の場を一気に奪われてしまうという事態に。 サポート型にしようにも ミミッキュやギルガルドの存在があり、それもままならない状態です。 結果、 メガシンカ以外は特に弱くなったわけでもないのに使い道が無くなって使用率がマイナー並に激減する羽目になってしまった模様です。 今後 DLCで旧ポケモンが多数登場するようになるため、そちらでゲンガーの使い道をまた得られるようになるのを祈りましょう。 育成論 特殊アタッカー型 努力値 特攻:252(実数値182) 特防:4(実数値96) 素早さ:252(実数値178) 技構成 解説 これまでも使い続けられてきた、特攻と素早さに特化した高速アタッカーの型です。 元々ゲンガーは技の多さと特攻・素早さの高さから、 対面性能の高い高速アタッカーとして使われてきました。 ドラパルトの台頭で厳しいことになってしまっていますが、それでも今の環境で通用する性能はあるので引き続き特殊アタッカーとして使用します。 努力値は当然 特攻と素早さに特化し、さらに性格補正も加えて 素早さも最速にしておきます。 また、持ち物は きあいのタスキにすることで連続技以外は耐えられます。 元の耐久の低さや特性と合わさって相性がいいので持たせておきましょう。 技構成は対フェアリータイプも兼ねた一致技の ヘドロウェーブは確定。 サブウェポンの きあいだまと補助技として おにびを持たせます。 これで最悪攻撃が通らない相手が来たとしても、 おにびで火傷を撒いてスリップダメージと攻撃ダウンのデバフをかけることができます。 もう一つの一致技は火傷状態の相手にダメージが倍になる たたりめか、安定した性能の シャドーボール。 好きな方を入れましょう。 実演してみた では、このゲンガーが実際に戦っているシーンを見てみましょう。 今回はこの方との対戦を使いましょう。 話題に出した天敵のドラパルトがいるんですがどうしたらいいでしょう。 対戦、よろしくお願いします。 まさかあのゲンガーがメジャーポケモンじゃなくなる環境が来るとはだれも思ってなかったと思います。 使用率が激減しても実力は衰えてません。 オーロンゲくらいならヘドロウェーブで一撃で落とせます。 先制技でも使われない限り、ゲンガーも速く動けるんじゃないかなと。 弱点を突いたとはいえ、ダイマックス相手にもこのダメージ。 やはり上位互換に近いのが現れたせいで使われないだけで、 実力に陰りは無いようですね。 対戦、ありがとうございました。 まとめ 長い間環境で活躍し続けたポケモン、ゲンガーの育成論でした。 強力な特殊アタッカーとして君臨し続けた種族値と、攻撃も補助もなんでもござれの技の数々。 他の強豪ゴーストが君臨する今の環境でも、まだまだ戦える実力は十分にあります。 以上、管理人、八卦がお送りしました。 次回もよろしくお願いします。

次の

【ポケモン剣盾】ゲンガーの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

ダイマックスゲンガー 育成論

実数値:159-x-104-149-116-168@おくびょう 努力値:HP148 防御188 特攻148 特防4 素早さ20 調整先; ・陽気珠ミミッキュのダイフェアリー耐え ・陽気ドラパルトのダイホロウ耐え 備考:ダイマックスすれば陽気ドリュウズのダイアースも耐えるぞ! オススメの型 自分が使ってみて強かった代表的な型を紹介します。 そのうちしれっと入れ替わってる可能性もあります。 素早く、特化することで抜群に高い特攻からボルトチェンジや雷ダイサンダー 威力140 が打てる。 雷or10万ボルトor放電はご自由にどうぞ!好みです。 注意する必要があるのは ダイマックスした瞬間メガネの特攻1. 5倍が無くなること。 その代わり技の「こだわり」効果も無くなって自由選択になる。 初手ダイマックスなら終了後、自由選択。 今作、上記仕様の影響で最大火力はこだわりメガネではなく 「いのちのたま+ダイマックス」です。 命の珠はパーティ全体で考えたとき持たせない選択肢が無いほど強力なので「ハマれば鬼強いサンダース」が持つよりは 「ある程度範囲のある汎用ポケモン」が持ったほうが良いのかな、と思います。 「ウェザーボール」のところはダイマックス前提の「どろかけ」やダイウォールにもなる流し用「あくび」「でんじは」、なんなら打ち分け用で10万ボルトもありです。 好み枠。 性格を臆病に変更し、素早さラインを引き上げてインテレオン 120族 を抜くかどうかは流行り次第です。 12月4日現在でアイアント 109族 がめちゃくちゃ増えてますので、そこは最低限抜いておきたいところです。 めざパ、毒毒没収により相性不利ポケモンに対して出来ることが少ない• こだわりメガネを持つとその傾向が如実になり、地面こわい。 草こわい• 10万ボルトや放電もあり。 「かみつく」はダイマックス前提で、「ダイアーク」は相手の特防を1段階下げることができます。 これによって 「 弱点保険 じゃくてんほけん トゲキッス」や 「ミミッキュ」に対して打ち勝つことができます。 ダイマックスしないと使わない技なので、パーティ次第で汎用性の高い「あくび」「でんじは」辺りに変更しても良いでしょう。 イーブイズパーティだと死活問題なので「かみつく」は強い。 努力値調整は「調製例」で紹介した 「珠ミミッキュ 陽気 のダイフェアリー、陽気ドラパルトのダイホロウ耐え」に近いのですが、ミミッキュ 陽気 の剣の舞ダイフェアリーが 「261~308ダメージ」なので、乱数次第ではダイアーク時の珠反動 15 込みで倒されてしまいます。 この調整だと 「255~302ダメージ」となるので、珠反動込みで確定耐えします。 意地っ張りとか2回目の攻撃で相打ちになるとかは知らん。 ミミッキュに対するダメージは特防ランク-1でダイホロウが 「226~268ダメージ」です。 対面はもちろん、後出しでもミミッキュがなんとかなることが多くイーブイズ使いの中でこの調整は流行中です。 防御をもっと上げて命の珠反動を2回耐えるようにもできますが、火力も大事なのでお好みで。 陽気珠ミミッキュの剣の舞後ダイフェアリー+珠反動2回耐えはHPそのままで防御全振り(実数値112)です。 スカーフサンダースを使うと「あれ、はやあし強くない?」ってなる。 もくろみ通り3タテを何度も発生させた。 「ふるいたてる」がめちゃくちゃ強かった。 なんとなく入れただけなのに、これが一番強かったまである。 持ち物は自由です。 エンターテイメントな「スターの実」が好みですが、確実に仕事したい場合は地面半減の「シュカの実」とかね。 ダイマックス状態が終わってもエレキフィールド状態であれば威力140を維持できるため、全抜きエースとして育成。 環境的に電気技の通りは良い ドリュウズを除く ので、ポテンシャルは間違いなくあった! 相手が地に足つけてエレキフィールドを受けていないライジングボルトの威力が2倍にならないことだけがネック。 なんで相手依存なんや…。 他のイーブイズ育成論を見る 匿名 いつもはyoutube見ているだけなのですが、試してみてもらいたい型があってコメントします。 壁張りオーロンゲ意識のサンダースです。 【技構成】 かみなり or 10まんボルト シャドーボール きあいだめ ひかりのかべ 【持ち物】 ピントレンズ 【努力値・性格】 ここのおすすめにある調整で きあいだめ+ピントレンズで急所必中なので壁もソウルクラッシュもおきみやげも問題なくなぐれて、ついでにでんじは無効。 後ろに控えてることの多いキッスギャラドスにも強くでれます。 どうでしょう? オーロンゲどうにかしたいなあと思って考えたのですが、まだスーパーボウルから抜け出せず、周りには既にオーロンゲがいないので(泣) 良かったら使ってみてください。

次の