接続はプライベートではありません。 「接続はプライベートではありません」の警告はSSL未設定サイトが原因

プライベートビエラ 地上波の信号減衰 接続できない

接続はプライベートではありません

プライベートビエラを購入しました。 色々な環境で使える、という売りもあり購入しています。 本日、家で設定したのですが、地上波が何故かプライベートビエラの チューナーを通すと信号が大幅に減衰するチャンネルがあり、 使えません。 同軸ケーブルも最近の4K-8Kタイプでも使用可能な物に取り換えて みたのですが、状況が変わりません。 似たようなトラブルで困っている方いらっしゃいませんか? 私がトライし信号減衰している情報を記載します。 明日、購入した店舗に行き、状況をヒアリングします。 プライベートビエラを購入したEDIONさんにも相談し、 結果的に地上波は見られるようになりました。 何故かは分かっていないのですが、プライベートビエラを エディオンさんに持ち込んだ後、再度、家での設定を試みると、 何故かうまくいきました。 住んでいる住居は1戸建て、2015年にリフォームし、その際に アンテナもやり直しており、地デジ用のソケットがある部屋が 3部屋あります。 EDIONさんにも2回持ち込んでいます。 2回目の持ち込み前では、部屋A(TV, BD-Recorder, などあり, 任天堂のSwitch, Wii-Uも)及び、部屋B 子供部屋(TVなどナシ)いずれもうまくいかなかったです。 2回目の持ち込み後、子供部屋Bで何故か上手く地上波が拾えるように なりました。 家のアンテナなど、どの様な機器が取り付けられ配線されているのかは 分かっていないのですが、EDIONさんに持ち込んだ際に何らかの設定変更が 行われたのかも?と思っています。 (もしくは、45yama様のコメントのように、お互いの機器間にて増幅など しているケースもあり、結果としてうまくいかなかったのかな?とも 思っています。 ) ですが、、「地デジ対応の電界強度計」という物もあるんですね。 どうしても上手くいかないなどあった際には考えてみます。 ありがとうございました。

次の

「あなたの接続はプライベートではありません」エラー[修正]

接続はプライベートではありません

こんにちは! 本日もブログへお越しいただきありがとうございます! 突然ですが、スマホこんな表示がされてびっくりされた方はいますでしょうか? 接続はプライベートではありません 実は一昔前からある一定の条件で スマートフォンやタブレットでこのようなサイトを開くと 表示されておりました。 ・個人情報を多く含むようなサイト ・クレジットカード情報など個人情報を打ち込む画面(サイト) このような重要な情報をやり取りする際に、インターネットで接続しますと、 通信中に悪意のある方がデータを盗むことができるわけです。 そのためこのようなサイトにはセキュリティを強化した通信が求められました。 それをSSL通信といいます。 一昔前までは企業や個人のサイトで、特に一方通行な情報開示のサイトであり、 個人情報を扱うサイトでなければ何も問題なく表示されていました。 あくまで通信のセキュリティですので、サイトと閲覧者との間の 通信に対してです。 上記のような個人情報を求めるサイトに対して、 SSL通信が設定されてないと、 Googleさんが親切にも「接続はプライベートでありません」という 自動翻訳したかのような少し分かりにくい警告文を表示してくれてました。 Google検索を筆頭に2018年7月末から変わってしまった しかし、2018年7月末を持って、 Googleさん(GoogleChrome 68 )の最新バージョンから どのようなサイトにもSSL通信が設定されていないと表示するという発表がありました! さらにしかし、7月末の最新バージョンから適応なわけですが、 全員が意図的にGoogleChromeを最新バージョンに上げる人も少なく、 ようやく今の段階(2018年8月末)に、ちらほらそんな状況かと見受けられます。 今回の警告の一番の痛手はSSL非対応のサイト所有者 自分もサイト所有者の1人ですが、 ただの閲覧者として、顧客としてサイトを見る時に、 そんな 警告がでたらびっくりしてウィンドウを閉じてしまいますよね。 そこが今回の致命的なところで、 Googleさんが閲覧者向けのありがたい警告メッセージのために、 ホームページを持っている人からすると、 サイト訪問の離脱が起きるの必定なわけです。 せっかく 中身のコンテンツを充実させても、 デザインも凝っても、 SEOも意識して上位に表示されてても、 Googleさんのありがたい警告メッセージのために、 検索者に 開いた瞬間に閉じられるサイトになります。 SSL通信に知識のある方ならそれでも見てくれる 「まあこのサイトで個人情報やクレジットカード情報を打つわけでないから、 詳細を表示させてを押して、それでもサイトを表示させて中を見よっと」と、 そんなITリテラシーが高い方ばかりが検索して来てくれてるなら良いのですが、 実際は少ないのが現実かと思います。 そしてサイト所有者としては、機会損失も起きる可能性は潰しておかねばならず、 老若男女、どんなITリテラシーの方でも来てもらえるよう、 時代に合わせてサイトを管理し維持しておく事が責務かと思います。 サイト所有者の対策は3つ 今回の警告の対策として3つの対策が考えられます。 Googleで「SSL通信設定 方法」などで検索すれば親切なマニュアルサイトもたくさんあります。 これをきっかけにただSSL通信するだけでなく、メニューの見直しや、最新のWordPressなどの技術で リニューアルをして、よりよいサイトライフを満喫してはいかがでしょうか。 当社は2018年8月以降の制作は無償対応です 当社はWordPressによるホームページ制作のプランの中で、 2018年8月以降は無償でSSL通信の設定を付加する事にしました。 まずはご相談無料から承っておりますので、気軽にご相談いただければと思います。 、またはお電話()にて無料相談よりご連絡ください。 いつでも無料相談が可能 in 名古屋栄.

次の

「接続はプライベートではありません」の警告はSSL未設定サイトが原因

接続はプライベートではありません

「接続はプライベートではありません」と表示される理由 どのように表示されるのか具体的に見ていきましょう。 Safariであるサイトを閲覧しようとすると以下のように「接続はプライベートではありません」と表示されます。 この理由を知るには「詳細を表示」をクリックしてみましょう。 すると詳細な理由が表示されます。 書かれているとおりに「証明書の有効期限切れ」が原因なんですよね。 Webサイト証明書(SSL証明書)とは「アクセスしようとしているWebサイトが正しいものですよ」という証明をするものです。 「証明書を見る」をクリックしてみましょう。 SSL証明書の詳細が表示されました。 画面に書かれているように証明書の有効期限が切れている状態です。 これが原因で「接続はプライベートではありません」と表示されているわけですね。 このように多くの場合は「証明書の有効期限切れ」であることが多いです。 また証明書やWebサイトの設定ミスなどでもこのような警告が表示されるようです。 「接続はプライベートではありません」と表示された場合にはどうする? 原則としてはそのWebサイトを見るのは止めておきましょう。 2つ上の画像の「このWebサイトを閲覧する」のリンクをクリックすれば、一応Webサイトを開くことはできるのですが、証明書の切れているサイトを閲覧することは危険を伴うこともありますので、余程のことがない限り閲覧は控えるべきだと思われます。 またご自分のブログなどでこのような表示が出てしまう場合には、レンタルサーバなどに問い合わせてみるといいかもしれません。 最近ではレンタルサーバ会社が無料で証明書の発行も行ってくれるところも多く、殆どの場合は自動更新になっているはずなのですが、何かしらの原因で更新が滞っているのかもしれません。 SSL証明書とは? 私自身がその分野のプロフェッショナルではないので詳細は割愛しますが、簡単にいうと「そのWebサイトが正しいものかどうかを証明する」ものがSSL証明書というものです。 試しにこのサイトのSSL証明書を見てみましょう。 URLが表示されている箇所に鍵マークが付いていますよね。 これはSSLで保護されているというアイコンになります。 この鍵マークをクリックしてみましょう。 するとこのように表示されます。 先程と同じように「証明書を表示」をクリックしてみます。 証明書が表示されました。 TEXT FIELDの証明書はcPanelが発行していて、有効期限は2019年12月2日8:59:59までとなっています(時差の関係で変な時間になっていますが、現地時間では1日23:59:59までということです)。 正確にいえば上にある「COMODO」というのがルート承認を行っている会社です。 実際に私がこのCOMODOと契約しているわけではなく、レンタルサーバのMixHostが代理で行ってくれているわけですが、承認局により発行された証明書により暗号化されることで、通信が覗き見されたり不正なアクセス先に飛ばされたりしないで済むというわけですね。 なので、閲覧者としてはSSLで保護されたサイト(つまり鍵マーク付きのサイト)を閲覧するようにするのがいいと思われます。 サイト運営者は最早SSLサイトで運営するのが当たり前になっていると思うべきかもしれません。 個人で契約することももちろん可能なのですが、煩雑ですしお金もかかりますので、先程書いたようにコミコミのレンタルサーバを探す方が簡単ですね(といっても、最近では対応してないレンタルサーバの方が稀かもしれません)。 ちなみにChromeとFireFoxでは 上記の「接続はプライベートではありません」はSafariの場合の表示で、他のブラウザではちょっと表現が異なります。 Chromeでは「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示され、FireFoxでは「警告: 潜在的なセキュリティリスクあり」と表示されるようです。 いずれの場合も原因と対処方法はほぼ同じなので、もしそういうサイトに出くわしたら閲覧は控えるべきですね。 お友達のサイトであれば「こんなことになっているよ」と教えてあげると良いかもしれません。

次の