もえあずアメブロ。 アメーバブログ(アメブロ)|Amebaで無料ブログを始めよう

押切もえ、夫・涌井投手&息子と“親子3ショット”公開「美男美女夫婦」「素敵な家族写真」

もえあずアメブロ

Contents• 自己紹介 私は31歳、地方に住む普通のOLです。 お仕事は定時上がりが基本の会社で、事務職としてゆるっと働いています。 転職経験あり 実は転職経験があり、以前勤務していた会社はかなり 激務でした。 そもそもの勤務形態もお昼から夜までだったのですが、残業は当たり前。 午前様になることも頻繁にあったり、繁忙期は1か月お休みが無かったり。 バリキャリだったので支店長のようなポジションにも抜擢され、がつがつ働いていたのですが体調を崩してしまったんです。 このときに母から言われた 「もえちゃんは、命を削って働いている」という言葉が忘れられず、転職を決意。 次は「仕事のために生きる」ではなく「生活のために働く」にしようと思って、このような条件で転職先を探しました。 本当にありがたいことです。 今の会社に転職してからは、毎日のコーデ選びを楽しみに通勤している超ゆるキャリ。 異動は結構頻繁にあって、部署によっては結構忙しいのですが・・・正直前職に比べたらなんでもないです。 福利厚生もかなり良いので、このままゆるゆると働けたらいいなと思っています。 既婚DINKS 詳細はもう1つ運営しているサイト「」の自己紹介にも書いていますが、9歳年上の夫と2人暮らしです。 子どもはつくらないと決めているわけではないのですが、私が体調的に不安定な部分があるのでどうなるかなという感じです。 幸い、夫も私も子どもに対する考え方はとても似ていて、 「できたらできたなりの幸せな人生、できなければできないなりの幸せな人生にしよう。 」というスタンスなので、もしこのまま子どもができなかったとしても、治療を受けるつもりは今のところありません。 夫のことが大好き やっているSNS(アメブロ、Twitter、楽天ROOM)ですべてにつけているのが「夫大好き」というフレーズ。 (自分で書いていてちょっと恥ずかしい・・・。 笑) 付き合っている間も、結婚してからも、毎日大好き。 もちろん、一緒に生活し始めた当初はけんかもありました。 でも、夫の言動があんまり好きじゃないなと思うことはあっても、夫のことはずっと好き。 意見のすり合わせをほとんどし尽くしたので、今けんかはほとんどしません。 最後にけんかしたのはいつだろう?というレベル。 夫がいてくれるおかげで毎日幸せだなと思えるので、このままずっとお互いを思いやって、仲良く過ごしたいなと思っています。 よく買うのはアルページュ系のお洋服。 アプワイザーリッシェとジャスグリッティーが特に好きです。 ノエラやプロポーションボディドレッシングなどもチェックすることが多いです。 あとはプチプラで、しまむらやアベイルのトップスもよく買います。 お値段にはこだわらないけれど、カジュアルよりもきれいめOL系のお洋服が好みです。 美容が好き 昔から 美容が大好きです。 大学生の頃はドラッグストアのコスメはほぼ買い尽くしたんじゃないかと思うほど買ってみたり、社会人になってからはマツエク、ネイル、エステなどプロの手を借りた美容を取り入れてみたり。 今はメイクアップコスメへの欲は落ち着いてきましたが、それより スキンケアやインナーケアなど 「素の状態を良くする」美容に興味があります。 健康志向で、スポーツジム通いが趣味。 普段の食事でも、「まごはやさしい」を取り入れてみたり、玄米食をはじめてみたりしています。 Moe Blogを立ち上げた理由 私がこのブログを立ち上げた理由は、自分の書いたブログ記事を自分の運営するサイトでちゃんと残しておきたいなと思ったからです。 私はブログを高校生の頃から始めました。 最初はdecolog(デコログ)、次にcrooz blog(クルーズブログ)、そしてAmeba Blog(アメブロ)とサービスを変更して ブログを書き続けて早10年以上。 もともとブログを読むのが大好きだったので、私も何か書いてみようかな~という軽い気持ちで始めたのですが、今は立派な趣味になっています。 数年前からアメブロを利用していて、そこで始めてブロガーさんや読者さんと交流させていただくことの楽しさを知りました。 それまでは、自分と周りのお友達の中でのやりとりがメインだったので、リアルでつながりのない方とこんなにたくさん「いいね」やコメントを通してやりとりできることは初めての経験だったんです。 アメブロを始めてからは、 せっかくランキングがあるなら上位に入ってみたいという気持ちで、毎日更新を日課にしたり、1日2回更新する!と決めていた時期もあったりしました。 今はそこまでランキングを気にせずゆるっと書いていますが、やっぱり更新しない日はがくっと順位が下がってしまうので、ちょっと悲しい気持ちになることもあったんです。 そしてアメブロでは、せっかく書いた記事でも基本的に更新したその日しか読んでいただけないことがほとんど。 SNS的な要素が強いので、当日更新した記事以外はどんどん奥の方へ押しやられてしまって、ホコリをかぶっている状態なんです。 これからはアメブロ・Moe Blog・プレ花ノート・Twitter・楽天ROOMといろいろなところで発信をしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

次の

もえのあずき

もえあずアメブロ

【概要】 2017年。 大阪のリフレ店が急増している情報は東京にまで届いています。 そこで癒やされ隊の中の人が大阪に行って実地調査に行ってきましたw 8月は大阪に行きますので、リフレ界隈の皆様よろしくお願いします。 でも、飛び込んではいません。 道頓堀に飛び込むのは阪神タイガースが優勝したときだけで良いと思います。 小声 【大阪のリフレ業界概観】 ではまず、大阪のリフレ業界について概観的に見ていきましょう。 大阪のリフレ店は、主に日本橋・なんばエリア、梅田エリアの2つに集中しています。 新大阪駅から地下鉄御堂筋線でなんば駅まで行き、徒歩数分で到着します。 ドラクエローソンがあったりする点も、秋葉原とそっくりですww 一方、日本橋・なんばエリアの派遣型リフレ店は、オタロードから少し離れた、道頓堀方面を拠点として営業している店舗が多いです。 こちらの最寄りは地下鉄日本橋駅です。 近鉄線も通っていますので、奈良・名古屋方面からのアクセスも良好です。 梅田は兎我野町 とがのちょう と呼ばれるエリアに派遣型リフレ店がいくつか営業しています。 最寄りは東梅田駅。 泉の広場とよばれる待ち合わせ場所から地上に出ましょう。 このあたり、リフレ業界に詳しい方には、釈迦に説法かもしれませんがw 日本橋・なんばエリア、梅田エリアともに、新幹線からの交通アクセスが良好ですから、遠征組の皆さんも是非足を伸ばしてみてはいかがでしょうか? さて、大阪のリフレ店の特徴を、東京のリフレ店との比較も織り交ぜつつ、簡単に説明していきたいと思います。 【特徴1 派遣型リフレ店が急増】 もともと大阪は店舗型リフレ店が主流であり、2016年秋頃まで派遣型リフレ店は数少ない存在でした。 オタロード周辺では風営法の届出が出せないこと、安いレンタルルーム・ホテルが近くに無いことが要因であったようです。 【特徴2 正規オプションの設定が少ない】 東京では添い寝やハグ等はお店の正規オプションとして設定されていることが多いのに対し、 大阪では添い寝・ハグ等はお店の正規オプションとして細かく設定されていないことが多いです。 つまり、女の子もお客さんもコース料金内で楽しむことを前提としています。 まあ、裏オプションは話が別ですがw 小声 女の子次第ですけど、コース料金内で添い寝やハグが可能なことが多いため、 大阪の女の子たちはおもてなしの心が強いとよくいわれます。 「オプション何したいですか?」という交渉が省略できますのでね。 「東京から来ました!」と言うと「ようこそ!!」とウェルカムしてもらえるかもしれませんよww 【特徴3 東京よりお値段が安め】 先ほど書いた話とも重なりますが、 東京と大阪で同じ遊び方をした場合には、たいてい大阪の方が総額が安くなります。 東京はたいていオプション積み上げ型ですのでね。 オプションし放題を入れると高くつきます。 あとは関東と関西のお客さんの気質の違いも大いに影響しているでしょうね。 東京では、お気に入りの女の子には高いお金を支払うことをいとわない!というタイプのお客さんもいますのでね。 なんというか、 江戸っ子は宵越しの金は持たねえんですよw 一方、大阪では、お値段以上の満足感を大切にする人が多いのですよね。 「この店めっちゃ安いやん!また行こw」みたいなw 関西人に高値を吹っかけてはいけないのです。 商売の鉄則です。 大阪に住んでいる女の子がたまに新幹線に乗って東京のリフレ店に稼ぎに来たりしますが、そういった事情も関係していそうです。 えっ、 裏オプの金額は東京と大阪でどう違うか、知りたいですか? ここまで読んでいただいた皆さんのお察しの通りじゃないでしょうか? 意味深 【特徴4 JKの要素が少ない】 東京ではJKビジネスに関する条例が2017年7月に施行され、リフレ業界に大きな影響をもたらしました。 一方で 大阪では、あまりJKを前面に出すリフレ店は多くない傾向が見受けられます。 店舗型リフレ店の多くは、あくまで多数あるコスプレの一種としてJKの制服もあるという位置づけになっています。 メイド服があり、水着もあり、制服もある…みたいな。 派遣型リフレ店も、コスプレを指定しないと私服で接客するケースが多い印象を受けました。 東京ではJKビジネス色の強いリフレ店ですが、大阪ではどちらかというと… 店舗型:彼女の家に遊びに行く 派遣型:彼女と2人でお出かけする といった体験をするイメージでしょうか。 JKと遊ぶという演出よりも、 恋人同士の空間を演出している店舗が多いように思いました。 なんかね、大阪のリフレ店に行くと心があたたかくなるんですよ。 ほわほわー さて、大阪のリフレ業界について、ざっと見てきました。 最近は関東や東海から大阪に遊びに来るお客さんも増えているという話を、複数の店長さんから耳にしました。 お店の電話番号は公式サイト等に掲載されています。 以下同様 大阪の派遣型リフレ店のブームに火をつけた、業界の最先端を走るリフレ店です! 東京から遊びに来るお客さんもいるほど。 路上待ち合わせ形式をとっています。 3部屋と比較的小規模ながら、あたたかい雰囲気が魅力の健全店であり、多くのリピーターさんが訪れている結果、よく満室になります。 あと、 みるくの店長さんは大阪でもトップクラスにフレンドリーな方だと思います!東京のリフレ事情にも詳しい方ですよ。 この看板が目印。 在籍数・出勤数ともに多く、当サイトでも何回か女の子の紹介記事を掲載してきた店舗になります。 こちらは派遣型リフレ店ですが受付が設置されており、店員さんと対面して料金支払等を行うことができます。 こちらも在籍数・出勤数ともに多く、勢いのある店舗になります。 LDKの系列店であり、 LDK同様、受付が設置されています。 受付は設置されておらず、路上待ち合わせ形式となります。 派遣型のメイドリフレという珍しい店舗であり、コスプレを指定しない場合は女の子がメイド服に着替えて接客します。 リフレ界に激震が!? Twitterの交流が活発な女の子が多く、賑やかな店舗です。 特筆すべきは、 受付と同じビルでレンタルルームが営業しているため、移動によるタイムロスがほとんどなく遊べる点です。 受付から女の子と2人でレンタルルームの受付に向かいます。 こちらは路上待ち合わせも可能ですし、お客さんが先にホテルに入っておくことも可能です。 女性店長さんが受付業務をされており、こちらも人気リフレ店となっています。 日本橋で営業している店舗型リフレ店です。 こちらも女性店長さんが受付業務をされています。 日本橋エリアでも屈指の人気店であり、休日は早い時間帯に予約完売になったりします。

次の

もえあず『コストコ』のドーナツに舌鼓「もし見つけたら食べてみて」

もえあずアメブロ

【概要】 2017年。 大阪のリフレ店が急増している情報は東京にまで届いています。 そこで癒やされ隊の中の人が大阪に行って実地調査に行ってきましたw 8月は大阪に行きますので、リフレ界隈の皆様よろしくお願いします。 でも、飛び込んではいません。 道頓堀に飛び込むのは阪神タイガースが優勝したときだけで良いと思います。 小声 【大阪のリフレ業界概観】 ではまず、大阪のリフレ業界について概観的に見ていきましょう。 大阪のリフレ店は、主に日本橋・なんばエリア、梅田エリアの2つに集中しています。 新大阪駅から地下鉄御堂筋線でなんば駅まで行き、徒歩数分で到着します。 ドラクエローソンがあったりする点も、秋葉原とそっくりですww 一方、日本橋・なんばエリアの派遣型リフレ店は、オタロードから少し離れた、道頓堀方面を拠点として営業している店舗が多いです。 こちらの最寄りは地下鉄日本橋駅です。 近鉄線も通っていますので、奈良・名古屋方面からのアクセスも良好です。 梅田は兎我野町 とがのちょう と呼ばれるエリアに派遣型リフレ店がいくつか営業しています。 最寄りは東梅田駅。 泉の広場とよばれる待ち合わせ場所から地上に出ましょう。 このあたり、リフレ業界に詳しい方には、釈迦に説法かもしれませんがw 日本橋・なんばエリア、梅田エリアともに、新幹線からの交通アクセスが良好ですから、遠征組の皆さんも是非足を伸ばしてみてはいかがでしょうか? さて、大阪のリフレ店の特徴を、東京のリフレ店との比較も織り交ぜつつ、簡単に説明していきたいと思います。 【特徴1 派遣型リフレ店が急増】 もともと大阪は店舗型リフレ店が主流であり、2016年秋頃まで派遣型リフレ店は数少ない存在でした。 オタロード周辺では風営法の届出が出せないこと、安いレンタルルーム・ホテルが近くに無いことが要因であったようです。 【特徴2 正規オプションの設定が少ない】 東京では添い寝やハグ等はお店の正規オプションとして設定されていることが多いのに対し、 大阪では添い寝・ハグ等はお店の正規オプションとして細かく設定されていないことが多いです。 つまり、女の子もお客さんもコース料金内で楽しむことを前提としています。 まあ、裏オプションは話が別ですがw 小声 女の子次第ですけど、コース料金内で添い寝やハグが可能なことが多いため、 大阪の女の子たちはおもてなしの心が強いとよくいわれます。 「オプション何したいですか?」という交渉が省略できますのでね。 「東京から来ました!」と言うと「ようこそ!!」とウェルカムしてもらえるかもしれませんよww 【特徴3 東京よりお値段が安め】 先ほど書いた話とも重なりますが、 東京と大阪で同じ遊び方をした場合には、たいてい大阪の方が総額が安くなります。 東京はたいていオプション積み上げ型ですのでね。 オプションし放題を入れると高くつきます。 あとは関東と関西のお客さんの気質の違いも大いに影響しているでしょうね。 東京では、お気に入りの女の子には高いお金を支払うことをいとわない!というタイプのお客さんもいますのでね。 なんというか、 江戸っ子は宵越しの金は持たねえんですよw 一方、大阪では、お値段以上の満足感を大切にする人が多いのですよね。 「この店めっちゃ安いやん!また行こw」みたいなw 関西人に高値を吹っかけてはいけないのです。 商売の鉄則です。 大阪に住んでいる女の子がたまに新幹線に乗って東京のリフレ店に稼ぎに来たりしますが、そういった事情も関係していそうです。 えっ、 裏オプの金額は東京と大阪でどう違うか、知りたいですか? ここまで読んでいただいた皆さんのお察しの通りじゃないでしょうか? 意味深 【特徴4 JKの要素が少ない】 東京ではJKビジネスに関する条例が2017年7月に施行され、リフレ業界に大きな影響をもたらしました。 一方で 大阪では、あまりJKを前面に出すリフレ店は多くない傾向が見受けられます。 店舗型リフレ店の多くは、あくまで多数あるコスプレの一種としてJKの制服もあるという位置づけになっています。 メイド服があり、水着もあり、制服もある…みたいな。 派遣型リフレ店も、コスプレを指定しないと私服で接客するケースが多い印象を受けました。 東京ではJKビジネス色の強いリフレ店ですが、大阪ではどちらかというと… 店舗型:彼女の家に遊びに行く 派遣型:彼女と2人でお出かけする といった体験をするイメージでしょうか。 JKと遊ぶという演出よりも、 恋人同士の空間を演出している店舗が多いように思いました。 なんかね、大阪のリフレ店に行くと心があたたかくなるんですよ。 ほわほわー さて、大阪のリフレ業界について、ざっと見てきました。 最近は関東や東海から大阪に遊びに来るお客さんも増えているという話を、複数の店長さんから耳にしました。 お店の電話番号は公式サイト等に掲載されています。 以下同様 大阪の派遣型リフレ店のブームに火をつけた、業界の最先端を走るリフレ店です! 東京から遊びに来るお客さんもいるほど。 路上待ち合わせ形式をとっています。 3部屋と比較的小規模ながら、あたたかい雰囲気が魅力の健全店であり、多くのリピーターさんが訪れている結果、よく満室になります。 あと、 みるくの店長さんは大阪でもトップクラスにフレンドリーな方だと思います!東京のリフレ事情にも詳しい方ですよ。 この看板が目印。 在籍数・出勤数ともに多く、当サイトでも何回か女の子の紹介記事を掲載してきた店舗になります。 こちらは派遣型リフレ店ですが受付が設置されており、店員さんと対面して料金支払等を行うことができます。 こちらも在籍数・出勤数ともに多く、勢いのある店舗になります。 LDKの系列店であり、 LDK同様、受付が設置されています。 受付は設置されておらず、路上待ち合わせ形式となります。 派遣型のメイドリフレという珍しい店舗であり、コスプレを指定しない場合は女の子がメイド服に着替えて接客します。 リフレ界に激震が!? Twitterの交流が活発な女の子が多く、賑やかな店舗です。 特筆すべきは、 受付と同じビルでレンタルルームが営業しているため、移動によるタイムロスがほとんどなく遊べる点です。 受付から女の子と2人でレンタルルームの受付に向かいます。 こちらは路上待ち合わせも可能ですし、お客さんが先にホテルに入っておくことも可能です。 女性店長さんが受付業務をされており、こちらも人気リフレ店となっています。 日本橋で営業している店舗型リフレ店です。 こちらも女性店長さんが受付業務をされています。 日本橋エリアでも屈指の人気店であり、休日は早い時間帯に予約完売になったりします。

次の