格闘タイプ 弱点。 タイプ相性表

かくとうタイプ (かくとうたいぷ)とは【ピクシブ百科事典】

格闘タイプ 弱点

概要 このタイプには格闘を得意とするポケモンや格闘技をモチーフとしたポケモンが分類される。 の象徴とも言えるタイプでありが高い傾向が顕著。 反対にが低い傾向にあり、こうげきよりもとくこうが高いものはごく一部である。 ではタイプに分類される。 ポケモンとしてのかくとうタイプ このタイプを持つポケモンについてはを参照。 ・・タイプの技は、効果が抜群となる。 ・・タイプの技は、効果が今一つとなる。 関係する• とくせいがのポケモンがを持つとかくとうタイプになる。 とくせいがのポケモンがを持つとかくとうタイプになる。 25 初出: 一覧• (ガラルのすがた)• (れきせんのゆうしゃ)• 00 初出: 一覧• (ステップフォルム)• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• (ガラルのすがた)• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• (たてのおう) かくとうタイプの歴史 では最強のに弱い不遇なタイプであった。 そのためにがのになれなかったという話も存在する。 しかし、から追加された・タイプの弱点を突けるタイプとして成長し、さらに・・ら硬いタイプの弱点を突ける唯一のタイプとしても需要が大きく伸びた。 技の種類は非常に多く、威力100を越えるパワフルなものが多い。 一方でが低い、でリスクを負うなどデメリットを抱えているわざも多い。 その中ではデメリットの割に威力と命中率が非常に高い技として評価されるが、第七世代までは・のラインナップに入ってなかったため、リスクの大きいやで代替することを強いられているものも多かった。 第八世代でに収録された。 これにより、覚えるポケモンが増えたが、やなどかくとうタイプであるにも関わらず覚えられないポケモンも一部存在する。 こうげき以外の能力も高水準なポケモンが多いが、インファイトやとびひざげりなどでリスクを負うため、数値以上に脆いイメージが強い。 やを使いしぶとく攻めるタイプのポケモンも一部いる。 において・・のいわゆる三色パンチが物理技になったことで、これらを習得できたかくとうタイプの攻撃範囲はかなり広がったと言える。 第一世代 第一世代ではタイプ的にタイプ最強時代であり、最強のエスパーに弱いというだけでかくとうはかなり敬遠されてしまった。 しかも技の面でも不遇で、当時最強技のは威力80の割に反動ダメージのリスクが割に合わないほどで、極めて貧弱だった。 また、威力最高であったがのを覚えるは、種族値の低さから当時は完全なネタキャラであった。 現在でこそ・・・・と弱点とするタイプも多く有用なタイプだったが、当時のかくとうタイプの人気はかなり低かった。 第二世代 強すぎたタイプの弱体化によりやっとかくとうタイプに春が訪れた。 それどころか新タイプの登場(・)でその両方のタイプに強いことから、・・に加え全5タイプの弱点を突ける優秀なタイプとして大幅に強化。 、、など技が充実してきたのも追い風だった。 環境面でもがクロスチョップを得ての高さを活かし大活躍し、新勢力のはどちらかと言うとタイプとしての役割だが、からのタイプ一致きしかいせいは強力の一言だった。 第三世代 目ぼしい新規のかくとうとしては、、が該当する。 やはを獲得し、に強くなった。 技としては、安定した威力、命中率の。 強制的に後攻になるが、ダメージを受けていたら威力2倍になるなどが登場した。 第四世代 第四世代のかくとうの活躍は、、の追加、の登場に集約される。 守りをに任せてインファイトを上から連打するという動きは、この世代の対戦における理想の流れであった。 、、のいわゆる「三色パンチ」が化したのも大きく、これらの技を全世代から覚えていたポケモンは技範囲が実質大幅な強化を受けた。 特性面でもかくとうポケモンは強化を受けており、下手すれば相手がハマりかねない特性の持ち主も存在していた。 を獲得した、を獲得したキノガッサはその好例であろう。 第五世代 の威力上方修正、、、の登場、の獲得が主な強化点。 ローブシンはとの組み合わせで攻めてよし、に陥ってもでやを放てばよしと、手が付けられない強さを持っていた。 しかし何と言ってもがをとして獲得したことがかくとうの歴史の動きとしては大きい。 やで積極的に攻めるようなかくとうタイプとしての性質がこの世代になって強まったと言える。 見せ合いの段階で型が読みづらいこと、最速キノガッサの実数値134を下回ると簡単にハマることから、「キノガッサこそが第五世代最強のポケモン」という声も少なくない。 ではテラキオンがとのコンビで最前線を突っ走った。 また枠としてとズルズキンが活躍している。 これによって弱点で中速以下のかくとうタイプが軒並み失墜し、フェアリー弱点のかくとうも同様に立場を悪くした。 特にズルズキンはフェアリーがのため、ではほとんど何もできないポケモンとなった。 その点はフェアリー、ともに等倍であるからこそ、メガシンカの追加を活かせたと言える。 一方で、を持たせて使用することが常のキノガッサは環境に生き残った。 また、俊足のかくとうは逆にを上から落とせるということで立場を保ち、が追加されてが一般解禁されたはトップメタ入りを果たした。 とは言えシングルバトル環境に安定して居座ったかくとうはキノガッサとバシャーモ程度なものであり、第一世代以来となるかくとう不毛の対戦環境となった。 一応ダブルバトルではテラキオンとエルフーンのコンビが健在であった。 第七世代 やの登場などの普及によってますますかくとうの立場が悪くなった。 一方、の仕様の変更、ファイアローのはやてのつばさの弱体化による環境落ちから、メガルカリオとメガバシャーモが強化された。 SM期はかくとうというとほぼメガバシャーモ一択の環境で、それ以外はほぼ全滅の状況であった。 キノガッサは対面だとフェアリーに何もできない面が目立つようになったが、研究の結果サイクルを回して有利対面を作ることで十分使えることが判明し、環境に残った。 とはいえメガルカリオ、メガバシャーモが有利なメガガルーラはの弱体化によって数を減らし、かくとうの役割が少なくなった。 また、が弱体化によって環境から姿を消したと言っても、サイクル戦全盛環境とあってメガボーマンダやなどひこうポケモンの普及が進み、依然として苦境が続いている。 ではさらに甚だしく、SM期には解禁後のダブルバトルで使用率ベスト30に入選したかくとうが1体もいないという異常事態となっていた。 期のダブルバトルでは辛うじて、の獲得によって強化されたがかくとう枠として孤軍奮闘している状況である。 第八世代 の未登場など、フェアリータイプの全体的な弱体化から、以前ほどかくとうタイプが生きられない状態では無くなっている。 新規勢の、、はどれもかくとう単タイプであり、対戦面での評価はあまり高くない。 では、がかくとう枠としては中心的な活躍している。 ダブルバトルでは、がメインに使われるかくとう枠となっている。 とはいえ全体で見ると、、などが跋扈していることからの通りが非常に悪い状況となっており、勝ち組タイプとはお世辞にも言えない。 カビゴンが特殊受けとして我が物顔で環境に居座っている辺りからもそれが窺える。 後にダウンロードコンテンツで、、などが追加されることとなり、かくとうが活躍できる見込みがあるとすればこれらが追加されるまでの間ということとなった。 わざとしてのかくとうタイプ 柔道や空手、相撲など、実際の格闘技を思わせる技も多く、二足歩行のポケモンでないと習得できない場合も多い。 剣もモチーフの一つで、こちらは四足歩行や剣を模したポケモンが覚える。 このタイプを持つわざについてはを参照。 ・・・・タイプを持つポケモンに対しては、効果が抜群。 ・・・・タイプを持つポケモンに対しては、効果が今一つ。 タイプを持つポケモンに対しては、効果無し。 関係する状態(・・)• 状態のゴーストタイプのポケモンに対しては、相性が等倍でわざが当たる。 関係する• かくとうわざの威力を上げるとして、・・がある。 かくとうわざの威力を下げるもちものとして、がある。 ゴーストタイプの相手でも、を持ったポケモンに対しては技が当たる。 関係する• とくせいがのポケモンが出すかくとうわざは、ゴーストタイプに命中する。 過去の仕様• までは全てだった。 また、第三世代までに登場したかくとうわざは、第四世代以降も全て物理技のままである。 対戦におけるかくとうわざ 半減されてしまうことも多いが、耐性の多いタイプや耐久型のタイプ ・・など の弱点を突くことができ、威力が高い技も多く、攻撃技として価値が高い。 手も足も出ない・タイプに対しては、後出しされることが多いため弱点の突けるあく技が組み合わせとして優れ、刺さらない相手でもアイテムも落とせるの併用が推奨される。 そのイメージのとおり、かくとうポケモンにはのほうがより高いポケモンが多く、が多く採用される。 よく採用される物理技には、・・などが挙げられる。 また、特別な状況下でかなりの威力となる・・・も、戦略や想定する相手次第では使われることも多い。 やなど、ある程度耐久力のある格闘タイプのポケモンには、との組み合わせでも候補の一つ。 であるはであり、他のタイプの特攻アタッカーのサブウェポンとして採用されることが多い。 特攻も高いやはタイプ一致となるのも候補に挙がる。 かくとうタイプを好むポケモントレーナー• 肉弾戦がメインであるためか、このタイプのポケモンは一部を除き二足歩行で手(あるいはそれに準ずる器官)を持ち、人間に近い姿をしている。 衣服の様なものを身につけているものもいる(体の一部かは不明だが、などそうであると名言されるものもいる)。 また、で四足歩行のが出るまではこのタイプを持つポケモンは二足歩行の人型のみであった。 でのタイプ変化を除いた場合、まではこのタイプを持つ性別不明ならびにとは存在しなかった。

次の

【ピカブイ】タイプ相性表と弱点一覧【ポケモンレッツゴー】|ゲームエイト

格闘タイプ 弱点

概要 このタイプには格闘を得意とするポケモンや格闘技をモチーフとしたポケモンが分類される。 の象徴とも言えるタイプでありが高い傾向が顕著。 反対にが低い傾向にあり、こうげきよりもとくこうが高いものはごく一部である。 ではタイプに分類される。 ポケモンとしてのかくとうタイプ このタイプを持つポケモンについてはを参照。 ・・タイプの技は、効果が抜群となる。 ・・タイプの技は、効果が今一つとなる。 関係する• とくせいがのポケモンがを持つとかくとうタイプになる。 とくせいがのポケモンがを持つとかくとうタイプになる。 25 初出: 一覧• (ガラルのすがた)• (れきせんのゆうしゃ)• 00 初出: 一覧• (ステップフォルム)• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• (ガラルのすがた)• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• (たてのおう) かくとうタイプの歴史 では最強のに弱い不遇なタイプであった。 そのためにがのになれなかったという話も存在する。 しかし、から追加された・タイプの弱点を突けるタイプとして成長し、さらに・・ら硬いタイプの弱点を突ける唯一のタイプとしても需要が大きく伸びた。 技の種類は非常に多く、威力100を越えるパワフルなものが多い。 一方でが低い、でリスクを負うなどデメリットを抱えているわざも多い。 その中ではデメリットの割に威力と命中率が非常に高い技として評価されるが、第七世代までは・のラインナップに入ってなかったため、リスクの大きいやで代替することを強いられているものも多かった。 第八世代でに収録された。 これにより、覚えるポケモンが増えたが、やなどかくとうタイプであるにも関わらず覚えられないポケモンも一部存在する。 こうげき以外の能力も高水準なポケモンが多いが、インファイトやとびひざげりなどでリスクを負うため、数値以上に脆いイメージが強い。 やを使いしぶとく攻めるタイプのポケモンも一部いる。 において・・のいわゆる三色パンチが物理技になったことで、これらを習得できたかくとうタイプの攻撃範囲はかなり広がったと言える。 第一世代 第一世代ではタイプ的にタイプ最強時代であり、最強のエスパーに弱いというだけでかくとうはかなり敬遠されてしまった。 しかも技の面でも不遇で、当時最強技のは威力80の割に反動ダメージのリスクが割に合わないほどで、極めて貧弱だった。 また、威力最高であったがのを覚えるは、種族値の低さから当時は完全なネタキャラであった。 現在でこそ・・・・と弱点とするタイプも多く有用なタイプだったが、当時のかくとうタイプの人気はかなり低かった。 第二世代 強すぎたタイプの弱体化によりやっとかくとうタイプに春が訪れた。 それどころか新タイプの登場(・)でその両方のタイプに強いことから、・・に加え全5タイプの弱点を突ける優秀なタイプとして大幅に強化。 、、など技が充実してきたのも追い風だった。 環境面でもがクロスチョップを得ての高さを活かし大活躍し、新勢力のはどちらかと言うとタイプとしての役割だが、からのタイプ一致きしかいせいは強力の一言だった。 第三世代 目ぼしい新規のかくとうとしては、、が該当する。 やはを獲得し、に強くなった。 技としては、安定した威力、命中率の。 強制的に後攻になるが、ダメージを受けていたら威力2倍になるなどが登場した。 第四世代 第四世代のかくとうの活躍は、、の追加、の登場に集約される。 守りをに任せてインファイトを上から連打するという動きは、この世代の対戦における理想の流れであった。 、、のいわゆる「三色パンチ」が化したのも大きく、これらの技を全世代から覚えていたポケモンは技範囲が実質大幅な強化を受けた。 特性面でもかくとうポケモンは強化を受けており、下手すれば相手がハマりかねない特性の持ち主も存在していた。 を獲得した、を獲得したキノガッサはその好例であろう。 第五世代 の威力上方修正、、、の登場、の獲得が主な強化点。 ローブシンはとの組み合わせで攻めてよし、に陥ってもでやを放てばよしと、手が付けられない強さを持っていた。 しかし何と言ってもがをとして獲得したことがかくとうの歴史の動きとしては大きい。 やで積極的に攻めるようなかくとうタイプとしての性質がこの世代になって強まったと言える。 見せ合いの段階で型が読みづらいこと、最速キノガッサの実数値134を下回ると簡単にハマることから、「キノガッサこそが第五世代最強のポケモン」という声も少なくない。 ではテラキオンがとのコンビで最前線を突っ走った。 また枠としてとズルズキンが活躍している。 これによって弱点で中速以下のかくとうタイプが軒並み失墜し、フェアリー弱点のかくとうも同様に立場を悪くした。 特にズルズキンはフェアリーがのため、ではほとんど何もできないポケモンとなった。 その点はフェアリー、ともに等倍であるからこそ、メガシンカの追加を活かせたと言える。 一方で、を持たせて使用することが常のキノガッサは環境に生き残った。 また、俊足のかくとうは逆にを上から落とせるということで立場を保ち、が追加されてが一般解禁されたはトップメタ入りを果たした。 とは言えシングルバトル環境に安定して居座ったかくとうはキノガッサとバシャーモ程度なものであり、第一世代以来となるかくとう不毛の対戦環境となった。 一応ダブルバトルではテラキオンとエルフーンのコンビが健在であった。 第七世代 やの登場などの普及によってますますかくとうの立場が悪くなった。 一方、の仕様の変更、ファイアローのはやてのつばさの弱体化による環境落ちから、メガルカリオとメガバシャーモが強化された。 SM期はかくとうというとほぼメガバシャーモ一択の環境で、それ以外はほぼ全滅の状況であった。 キノガッサは対面だとフェアリーに何もできない面が目立つようになったが、研究の結果サイクルを回して有利対面を作ることで十分使えることが判明し、環境に残った。 とはいえメガルカリオ、メガバシャーモが有利なメガガルーラはの弱体化によって数を減らし、かくとうの役割が少なくなった。 また、が弱体化によって環境から姿を消したと言っても、サイクル戦全盛環境とあってメガボーマンダやなどひこうポケモンの普及が進み、依然として苦境が続いている。 ではさらに甚だしく、SM期には解禁後のダブルバトルで使用率ベスト30に入選したかくとうが1体もいないという異常事態となっていた。 期のダブルバトルでは辛うじて、の獲得によって強化されたがかくとう枠として孤軍奮闘している状況である。 第八世代 の未登場など、フェアリータイプの全体的な弱体化から、以前ほどかくとうタイプが生きられない状態では無くなっている。 新規勢の、、はどれもかくとう単タイプであり、対戦面での評価はあまり高くない。 では、がかくとう枠としては中心的な活躍している。 ダブルバトルでは、がメインに使われるかくとう枠となっている。 とはいえ全体で見ると、、などが跋扈していることからの通りが非常に悪い状況となっており、勝ち組タイプとはお世辞にも言えない。 カビゴンが特殊受けとして我が物顔で環境に居座っている辺りからもそれが窺える。 後にダウンロードコンテンツで、、などが追加されることとなり、かくとうが活躍できる見込みがあるとすればこれらが追加されるまでの間ということとなった。 わざとしてのかくとうタイプ 柔道や空手、相撲など、実際の格闘技を思わせる技も多く、二足歩行のポケモンでないと習得できない場合も多い。 剣もモチーフの一つで、こちらは四足歩行や剣を模したポケモンが覚える。 このタイプを持つわざについてはを参照。 ・・・・タイプを持つポケモンに対しては、効果が抜群。 ・・・・タイプを持つポケモンに対しては、効果が今一つ。 タイプを持つポケモンに対しては、効果無し。 関係する状態(・・)• 状態のゴーストタイプのポケモンに対しては、相性が等倍でわざが当たる。 関係する• かくとうわざの威力を上げるとして、・・がある。 かくとうわざの威力を下げるもちものとして、がある。 ゴーストタイプの相手でも、を持ったポケモンに対しては技が当たる。 関係する• とくせいがのポケモンが出すかくとうわざは、ゴーストタイプに命中する。 過去の仕様• までは全てだった。 また、第三世代までに登場したかくとうわざは、第四世代以降も全て物理技のままである。 対戦におけるかくとうわざ 半減されてしまうことも多いが、耐性の多いタイプや耐久型のタイプ ・・など の弱点を突くことができ、威力が高い技も多く、攻撃技として価値が高い。 手も足も出ない・タイプに対しては、後出しされることが多いため弱点の突けるあく技が組み合わせとして優れ、刺さらない相手でもアイテムも落とせるの併用が推奨される。 そのイメージのとおり、かくとうポケモンにはのほうがより高いポケモンが多く、が多く採用される。 よく採用される物理技には、・・などが挙げられる。 また、特別な状況下でかなりの威力となる・・・も、戦略や想定する相手次第では使われることも多い。 やなど、ある程度耐久力のある格闘タイプのポケモンには、との組み合わせでも候補の一つ。 であるはであり、他のタイプの特攻アタッカーのサブウェポンとして採用されることが多い。 特攻も高いやはタイプ一致となるのも候補に挙がる。 かくとうタイプを好むポケモントレーナー• 肉弾戦がメインであるためか、このタイプのポケモンは一部を除き二足歩行で手(あるいはそれに準ずる器官)を持ち、人間に近い姿をしている。 衣服の様なものを身につけているものもいる(体の一部かは不明だが、などそうであると名言されるものもいる)。 また、で四足歩行のが出るまではこのタイプを持つポケモンは二足歩行の人型のみであった。 でのタイプ変化を除いた場合、まではこのタイプを持つ性別不明ならびにとは存在しなかった。

次の

かくとうタイプ(ポケモン)

格闘タイプ 弱点

『ポケットモンスター ソード・シールド ポケモン剣盾 』のバトル知識「タイプ... タイプの特徴 ノーマル 攻撃時相性 効果抜群(2倍) いまひとつ(0. 5倍) いわ、はがね 効果なし(0倍) ゴースト 全タイプで唯一、効果抜群の技を当てられるタイプがいないのがノーマルタイプです。 逆に防御時の弱点もかくとうタイプしかないため、汎用的に使うことができるのは大きな特徴です。 ほのお 攻撃時相性 効果抜群(2倍) くさ、こおり、むし、はがね いまひとつ(0. 5倍) ほのお、みず、いわ、ドラゴン 効果なし(0倍) 耐性が高いはがねタイプに対して弱点を取れることもあり重宝されます。 ほのおタイプ自身も6つのタイプに耐性を持ちますので、比較的扱いやすい特徴があります。 やけどにならないため物理攻撃を半減される心配がなく、物理技を多く覚えさせる型に育成されることが多くなています みず 攻撃時相性 効果抜群(2倍) ほのお、じめん、いわ いまひとつ(0. 5倍) みず、くさ、ドラゴン 効果なし(0倍) 弱点となるタイプが少ないため、比較的安定して使えるのがみずタイプです。 技には特殊系のものが多く、ステータスも特攻や特防が高い傾向にあります。 ただしみずタイプのポケモンはとても多いため、それぞれの特徴をよく見極める必要があります。 でんき 攻撃時相性 効果抜群(2倍) みず、ひこう いまひとつ(0. 5倍) でんき、くさ、ドラゴン 効果なし(0倍) じめん 看板ポケモンであるピカチュウが属していることもあってか、比較的扱いやすいポケモンが揃います。 素早さが高い傾向にあります。 攻撃がまったく通らず、防御時も唯一の弱点となるじめんタイプさえ避けておけば、幅広いポケモンを相手にすることができます。 くさ 攻撃時相性 効果抜群(2倍) みず、じめん、いわ いまひとつ(0. 5倍) ほのお、くさ、どく、むし、ドラゴン、はがね 効果なし(0倍) 弱点となるタイプの数が多く、またくさタイプの技を耐性とするタイプも多いことから、相手を選ぶ傾向の強いタイプです。 状態異常系の技がバライティに富んでおり、相手を翻弄する戦い方ができるのは、くさタイプの大きなメリットです。 こおり 攻撃時相性 効果抜群(2倍) くさ、じめん、ひこう、ドラゴン いまひとつ(0. 5倍) ほのお、みず、こおり、はがね 効果なし(0倍) ステータスの高いポケモンが多いドラゴンタイプの弱点をつけるのが、こおりタイプの大きな強みとなります。 一方でほのお、みずといったメジャータイプに効果がいまひとつであり、弱点タイプも多いことから、使う場面は慎重に選ぶ必要があります。 かくとう 攻撃時相性 効果抜群(2倍) ノーマル、こおり、いわ、あく、はがね いまひとつ(0. 5倍) どく、ひこう、エスパー、むし、フェアリー 効果なし(0倍) ゴースト ノーマルタイプの弱点をつける唯一のタイプです。 耐性の高いはがねタイプの弱点をつけるのもいいところです。 物理技が多く威力も高めで、なおかつ攻撃の高いポケモンが揃います。 ただし反動ダメージも多いので注意しましょう。 どく 攻撃時相性 効果抜群(2倍) くさ、フェアリー いまひとつ(0. 5倍) どく、じめん、いわ、ゴースト 効果なし(0倍) はがね タイプ相性的にもステータス的にも、耐性面で優秀なポケモンが多いのがどくタイプです。 対ドラゴンで採用されることが多いフェアリーに強いのもメリットとして挙げられます。 状態異常の「どく」で、相手のHPをじわじわ削っていく戦い方を得意とします。 じめん 攻撃時相性 効果抜群(2倍) ほのお、でんき、どく、いわ、はがね いまひとつ(0. 5倍) くさ、むし 効果なし(0倍) ひこう 多くのタイプの弱点をつくことができます。 でんきタイプを完全に無効にするため、まひ状態になる危険性も少なくなっています。 一方でみず、くさ、こおりといった使用頻度が高いタイプ技が弱点となっていますので十分な注意が必要です。 じめんタイプの多くは、攻撃や防御が高く、特攻や特防、素早さが低い特徴をもちます。 技の「じしん」は威力、命中率ともに非常に優秀な物理技です。 ひこう 攻撃時相性 効果抜群(2倍) くさ、かくとう、むし いまひとつ(0. 5倍) でんき、いわ、はがね 効果なし(0倍) じめんタイプを完全に無効にするため、強力な物理技である「じしん」が効かないのは大きな強みです。 ただし採用パターンが多いでんきやこおりが弱点となっているのは辛いところです。 まきびしなどの効果を受けない一方で、フィールド系の状態変化も影響しないのは、ひこうタイプならではの特徴です。 エスパー 攻撃時相性 効果抜群(2倍) かくとう、どく いまひとつ(0. 5倍) エスパー、はがね 効果なし(0倍) あく 効果抜群となるタイプも、いまひとつとなるタイプも少ないのが大きな特徴です。 特殊技が多く、エスパータイプのポケモンも特攻が高いものが多いため、その特徴を生かして育成するのが一般的です。 超能力ということもあり、トリッキーな技や特性が多いのもこのタイプならではです。 むし 攻撃時相性 効果抜群(2倍) くさ、エスパー、あく いまひとつ(0. 5倍) ほのお、かくとう、どく、ひこう、ゴースト、はがね、フェアリー 効果なし(0倍) 全体的に能力が低めで、多くのタイプに対して効果がいまひとつとなってしまうこともあり、あまり好んでは使われないタイプです。 ただし弱点が少ないエスパーやあくタイプに効果抜群をとれるため、使い所がまったくないわけではありません。 自身の能力を上げたり、相手の能力を下げたりする技が多いため、それらを有効に活用して戦いましょう。 いわ 攻撃時相性 効果抜群(2倍) ほのお、こおり、ひこう、むし いまひとつ(0. 5倍) かくとう、じめん、はがね 効果なし(0倍) メジャーなタイプに効果抜群をとれる一方で、逆に弱点もとられてしまうのがいわタイプ。 特に相性に左右されやすいタイプと言えるでしょう。 攻撃や防御の高いポケモンが多く、技は威力の高い物理技がそろっています。 ただし命中率は低めです。 特防は低いポケモンが多いのですが、「すなあらし」の天気で1. 5倍になりますので、それで補う戦術もよく用いられます。 ゴースト 攻撃時相性 効果抜群(2倍) エスパー、ゴースト いまひとつ(0. 5倍) あく 効果なし(0倍) ノーマル ノーマル、かくとうの2つのタイプの技を無効にします。 その一方で、ゴーストタイプの技もノーマルタイプには無効となります。 攻撃技のバリエーションは少なく、威力も低めです。 特攻の高いポケモンが多いため、タイプの違う技でも十分な威力を発揮します。 相手のHPを削ったり、状態異常にしたり、トリッキーな技を多く覚えるのもゴーストタイプの特徴です。 ドラゴン 攻撃時相性 効果抜群(2倍) ドラゴン いまひとつ(0. 5倍) はがね 効果なし(0倍) フェアリー ステータスの高いポケモンが揃い、ビジュアル面込みで人気の高いタイプのひとつです。 技の威力も高いものが多く、また多くのタイプに安定してダメージを与えることができるため重宝されています。 ただしドラゴンタイプ対策としてこおり技を覚えさせているポケモンも多く、フェアリータイプには攻撃がまったく効かないこともあり、安易に出しづらい側面もあります。 あく 攻撃時相性 効果抜群(2倍) エスパー、ゴースト いまひとつ(0. 5倍) かくとう、あく、フェアリー 効果なし(0倍) エスパータイプの技を無効にし、かつエスパータイプに効果抜群と、エスパー対策としての側面が強いのがあくタイプの特徴です。 技の威力はそれほど高くないため、変化技や追加効果を上手に使って相手に思うような戦い方をさせないのが、あくタイプの基本戦略となるでしょう。 はがね 攻撃時相性 効果抜群(2倍) こおり、いわ、フェアリー いまひとつ(0. 5倍) ほのお、みず、でんき、はがね 効果なし(0倍) 耐性をもつタイプが11と圧倒的に多く、耐久面で優れているのがはがねタイプ最大の特徴です。 どくタイプの技はまったく効かず、基本的にはどく状態にもなりません。 防御の高いポケモンが多いこともあり、耐久戦に強さを見せます。 逆に攻撃面でははがね技がいまひとつとなってしまうケースも多く、やや貧弱な印象です。 とはいえ、ドラゴン対策として採用されることも多いフェアリータイプに効果抜群となるのは、大きなメリットでしょう。 フェアリー 攻撃時相性 効果抜群(2倍) かくとう、ドラゴン、あく いまひとつ(0. 5倍) ほのお、どく、はがね 効果なし(0倍) ドラゴンタイプの技を無効にし、ドラゴンタイプに対して効果抜群をとれます。 ステータスが高いドラゴン対策のために作られたと言ってもいいタイプです。 技の威力は全体的に低めですので、効果抜群をとれる相手以外では戦い方が難しくなることもあります。 もう一つのタイプや変化技で補いながら戦いましょう。 メインメニュー•

次の