こん びに こ 顔。 数ページ読める|こんとあき|絵本ナビ : 林 明子 みんなの声・通販

今野浩喜

こん びに こ 顔

遠く離れた「さきゅうまち」に住むおばあちゃんに頼まれて、あきのお守りにやってきたのです。 赤ちゃんのあきの可愛さに胸がドキドキするこん、あきのお守り役、遊び相手として大活躍するこん。 そのうちに、あきがこんの背を追い越し、古くなったこんの腕がほころびると、おばあちゃんに直してもらおうと、こんはあきを連れ、きしゃに乗って出かけます。 健気なこんは、なかなか頼もしい存在です。 でも、小さなぬいぐるみのこんとの二人旅。 何事もなく到着するわけもなく…次から次へとハプニングが起き、読んでいる方はハラハラ。 当たり前ですよね、子どもたちには大冒険です。 はぐれてしまったり、こんのほころびがひどくなったり。 二人の心情が手に取るように伝わってきます。 大丈夫かな、ちゃんとおばあちゃんのところにたどり着いたのかな。 読み終わってみれば、誰もが安堵と幸せな気持ちに包まれるこの絵本。 「こんとあき」の世界にすっかり引きこまれていたことに、後から気付くのです。 表情がないはずのこんから沢山の感情を感じとったり、守られているだけのはずだったあきちゃんの必死で踏ん張る姿を垣間みたり。 二人の前に広がる砂丘の風景も忘れられません。 そして全体を通して感じるのは、二人を取り巻く家族の大きな愛情です。 作者の優しい眼差しです。 なんて魅力的な絵本なのでしょう。 大人になっても忘れることのない「あの頃」の気持ち。 絵本を開く度に思い出させてくれる1冊でもあります。 (磯崎園子 絵本ナビ編集長) こんは、おばあちゃんが作ったキツネのぬいぐるみ。 ある日なかよしのあきとふたりで、おばあちゃんに会いに行くことになりましたが……。 幼い子の心をとりこにする魅力あふれる絵本。 【金柿パパ】 おばあちゃんが孫の「あき」のために作ったきつねのぬいぐるみ「こん」。 ある日「こん」の腕がほころび、おばあちゃんに直してもらうため、二人で列車に乗って旅に出る。 物語では語られないが、こんは亡くなったおじいちゃんのオーバーをほどいて、おばあちゃんが作ってくれたという設定。 僕はこのエピソードを知ったとき、グッときてしまった。 離れていてもしっかり孫を見守っている、祖父母の深い愛情が感じられる名作だ。 この絵本には、たくさんの素晴らしいものが、たくさん、たくさん詰まっています。 ここには、とても書ききれないくらい・・。 ただのきつねのぬいぐるみであるこんが、どんな時にも忠実にあきを守ろうとする姿に胸を打たれました。 それは、きっと自分を作ってくれたおばあちゃんが、最初にあかちゃん(あき)のお守りをたのんだからでしょう。 腕がほころんでも、しっぽを電車の扉に挟まれても、犬にやられてあきの言うことがよくわからなくなっても、どんな時でも自分のことより、あきが不安にならないように「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と言って気丈に振舞います。 でも、あなたは、あきよりも小さなぬいぐるみなのに・・・。 もう、胸がきゅんとなり、どうか助かりますようにと、祈らずにはいられなくなりました。 優しい、優しいおばあちゃんになおしてもらい、後はお風呂に・・・というところで、今まで見せたこともないほど、慌てて、お風呂を嫌がって逃げるこんが、すごくかわいくってたまりません。 登場人物の表情、質感がどれも見事で、瑞々しく、いとおしくなります。 特に、私は、あきが電車の窓に、ほっぺをぺたっとくっつけて、こんが戻って来るのをじーっと待つ姿。 彼女の内面の不安が見事に描かれています。 林明子さん、どうしたらこんなに優しい絵が描けるのですか。 ただ、ただ、親子で大満足です。 本当に心がぽかぽか温まる素晴らしい絵本でした。 (はなしんさん 30代・ママ 女の子5歳、男の子3歳).

次の

【顔文字】 挨拶 − こんにちは

こん びに こ 顔

こんにちは。 当ブログ(よこみちブログ)へお越しくださり、ありがとうございます。 昨日あまり見ないのですが、たまたまテレビで こんくら 今夜くらべてみました がついてまして、そこで面白いアプリをやってたので紹介したいと思います! アプリの名前は 「そっくりさん」。 顔の撮影をして芸能人のだれに似ているかを判定するというアプリです。 では早速気になる話題のアプリ「そっくりさん」使ってみましょう!• そっくりさん使用方法 まずは、アプリをインストールしてください。 アンドロイドの人はプレイストアから。 iOSの人はアップルストアから。 検索は「そっくりさん」で大丈夫です。 似たようなアプリもあるので気を付けてくださいね。 この画像のやつです。 インストールが終わったら早速開いてみましょう! 初めにサービス利用規約とプライバシーポリシーが出てくるので確認してOKなら開始するをタッチ。 そうすると、すぐに遊べるようになります。 私は女性なので上のボタンの女性を選びます。 真ん中の画像はカテゴリーです。 選択すると、その分野の有名人から似ている人を診断してくれます。 とりあえず私は「人気」で診断しました。 何度かやりましたが、 人気だといろんな分野の有名人から選んでくれるのでこれがおすすめです! カメラ起動をタッチすると撮影になります。 権限許可とかが出たら許可してください。 でないとアプリが使えません。 さらに下の名鑑のアイコンをタッチすると今まで診断された有名人の名前がリスト化されています。 有名人のリストを増やすと選択できるカテゴリーが増えます。 全世界公開できるような顔をしていないので、カメラを指でふさいでいて真っ暗ですがw 実際に撮影していると顔に合わせて目鼻口の表示も出ます。 顔をちゃんと合わせるとタッチしなくても自動で診断してくれます。 右下の丸い輪になっている矢印のマークを押すとインカメになるので自分の顔を撮影するときに使いましょう。 実際にそっくりさん使ってみた!! さてさて、私も実際にやってみます!診断結果はだれになるでしょう?ちなみに誰かに似てるとかは特に言われません。 結果はいかに…。 キターーー!! 「宮崎あおい」!!かわいい!!全然似てない!!(と思う) 80%だからそもそもそんなに似てないのかもしれないですけどね。 結果はこちら…!! これは名鑑のリストです。 今まで診断された有名人が載ってます。 いろんな角度で撮りましたが、だいたい宮崎あおい。 時々高梨沙羅、何かで一回山崎夕貴。 この中なら高梨沙羅似かなwこの後何度かやりましたが、眼鏡ありなしでも多少変わってきますね。 今回の私のような顔面偏差値の低い人間の診断で出てきてしまった宮崎様、高梨様、山崎様には多大なるご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ございませんm _ _; m 男性でも診断してみた! 意外と男性でやってみたらイケメン診断されるんじゃね?wと思いやってみました!結果は…。 …うそやろぉ…。 「HIKAKIN」て…。 いやまぁ似てないことはなくもないけれども。 あ、あれや。 眼鏡かけてるからや!眼鏡とって撮影してみましょう!! そんなばかな…。 なんかの間違いや!!もう一回!! 「HIKAKIN」 あかん…今年最大にダメージをくらったかもしれない…。 歌もダンスも上手いし。

次の

今野浩喜

こん びに こ 顔

出自 [ ] (の弟子)の末裔と称した。 生まれはであり、『』で知られるの五世孫にあたる。 顔氏は代々学問で知られ、また能書家が多く、世に 学家と称された。 経歴 [ ] 顔惟貞の子として生まれた。 25年()に及第し、元年()に文詞秀逸科に挙げられ、に昇進し、内外の諸官を歴任した。 ただ、生来が剛直な性質であったが為に、権臣のに疎んじられ、天宝12載()にに降格された。 時まさにの軍の勢いが熾烈を極めた時期に当たり、や山東の各地がその勢力下に帰属する中にあって、顔真卿は、族兄(お互いの五世の前の男系祖先が同じ)で太守であったとあい呼応して、唐朝に対する義兵を挙げた。 その後、元載()に平原城を捨て、に避難中であったの許に馳せ参じて、憲部(尚書)に任じられ、をも加えられた。 「」 台湾 蔵 しかし、長安に帰った後、再度、勢力や宰相ののような実権者より妬まれ、反臣の淮南西道に対する慰諭の特使に任じられ、そこで捕えられた。 李希烈は真卿を惜しみ、自らの部下となるよう何度となく説得したが真卿は断固拒否し続け、唐への不変の忠誠心を表す「」を記すに至り李希烈は説得を断念、殺された。 この最期は非常に劇的であったため、後世の典型例として、に取り上げられている。 書 [ ] 顔氏は顔真卿以前より能書家の家系として知られており、真卿も壮年期にはにを学び、『』を残している。 楷書 [ ] 真卿は初唐以来の流行である流()の流麗で清爽な書法に反発し、「」の技法を確立した。 力強さと穏やかさとを兼ね備えた独特のがその特徴である。 では、顔真卿が貧しかった頃、に染みたの痕を見てこの書法を編み出したといわれている。 叔父・が編纂した「」の規範意識に基づく独自の字形を持つものも多いが、その字形は当時標準とされた楷書とは異なり、正統的な王羲之以来の楷書の伝統を破壊するものであったため、賞賛と批判が評価として入り混じっている。 これらの楷書は「顔体」(顔法、北魏流)とも呼ばれ、の一人として後世に大きな影響を与えた。 楷書作品には『』、『』、『』、『』などがある。 多宝塔碑 [ ] 『多宝塔碑』(たほうとうひ)の建碑は11年(752年)。 題額はの隷書、碑文は真卿44歳のときの楷書、撰文はによる。 題額の隷書は「大唐多宝塔感応碑」の8文字、碑文の初行には「大唐西京千福寺多宝仏塔感応碑文」とある。 この碑は長安の千福寺に勅命により建立したもので、僧の(698年 - 759年)が千福寺に多宝塔を建立した由来を記した碑である。 現在はに移されている。 現存する真卿の作品の中では最も若いときのもので、後年のいわゆる「顔法」と称される風骨は未だ十分に発揮されていないが、碑字にあまり損傷がなく、旧拓もあるため楷書の手本として広く用いられている。 顔勤礼碑 [ ] 『』(部分)顔真卿撰・書 『顔勤礼碑』(がんきんれいひ)の建碑は2年(759年)と14年(779年)の両説ある。 真卿ののの墓碑で、真卿の撰ならびに書の楷書碑である。 碑高は268cm、幅は92cmの四面刻であったが、最後の銘文のあった一側面が宋代に石材として利用され削られたことが『』に記録されている。 碑は永く土中にあったため文字が鮮明で、技巧的に洗練されて筆がよく冴えており、「顔法」を学ぶ上に最も重要な資料である。 顔氏家廟碑 [ ] 『顔氏家廟碑』(がんしかびょうひ、『顔惟貞廟碑』とも)の建碑は元年(780年)、真卿72歳の時の楷書碑である。 はの書で「顔氏家廟之碑」と3行に入れてある。 真卿が父の惟貞のために廟を造り、碑を建てて顔家の履歴を自ら述べたもので、西安碑林に現存する。 碑高は345cm、幅は160cmの四面刻で、両面は各24行・各行47字、両側は各6行・各行52字あり、全部で2000字をこえる力作である。 碑の保存もよく、拓本も多く伝わっており、真卿の楷書の代表作である。 行書 [ ] に関しては楷書と異なり、書の達人として王羲之に匹敵するとされており、文句なしの賞賛を受けている。 遺墨が多く残り、『』、『』、『』が特に有名である。 争座位帖 [ ] 詳細は「」を参照 後世への影響 [ ] 顔真卿の影響を受けた書家には、弘法大師()・・らがいる(書に造詣の深いのも、顔真卿の影響を受けていると語ったことがある)。 空海が唐に入った頃、が王羲之を否定して顔真卿を称揚する主張を行っていたため、空海が顔真卿の書風を好んだのではないかとは推測している。 日本でも中国でも、過去の歴史に於いては書道に於いては王羲之流が主流派であったため、顔真卿が評価されるようになったのは、でも実は 最近のことである。 日本ではが顔法の開拓者として名高い。 著書 [ ]• 顔魯公文集 伝記 [ ]• 『』巻128• 『』巻153• 「顔魯公行状」(『顔魯公文集』所収) 参考文献 [ ]• 『顔真卿』(、1964年)• 『』(、1971年)• 飯島春敬ほか 『書道辞典』(、1975年4月)• 西林昭一・鶴田一雄 「隋・唐」(『ヴィジュアル書芸術全集』第6巻 、1993年8月)• 『中国書道史事典』普及版(、2008年8月)• 星弘道 『顔真卿の書』(、2010年2月) 関連文献 [ ]• 『顔真卿伝』(法藏館、2019年)• 『書道芸術 第4巻 顔真卿 』(中央公論社、普及版1979年)• 『王羲之と顔真卿 二大書聖のかがやき』(平凡社・別冊太陽、2019年)。 富田淳監修 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - の著者で時代の顔真卿の幕下にいた。 外部リンク [ ]•

次の