クイズ 番組。 クイズ番組の歴史 簡易まとめ:クロノス社横浜支部広報ブログ

クイズ番組で活躍する女性タレントXとは誰?元アイドルに黒い疑惑【TOCANA】

クイズ 番組

写真 いつの時代も大人気の「クイズ番組」 イラスト/イケウチリリー 正統派からバラエティー色の強いものまで、その数、毎週10本以上!「気づけばクイズ番組を見ちゃってるのよね〜」って人も多いのでは? ではなぜ再びクイズ番組が脚光を浴び始めたのか。 日本初のクイズ番組の1つがNHK『私の仕事はなんでしょう』。 また同年、問題を言葉ではなく身体の動きで表現するNHK『ジェスチャー』が始まると視聴者の人気を集め、15年間続く長寿番組となった。 テレビウォッチャーでコラムニストの木村隆志さんは「当時のクイズは物事やヒントから連想するというような、家庭や学校でもすぐにできるようなシンプルな内容でした」と語る。 以後、名称変更してレギュラー放送。 クイズ作家であり、一般社団法人日本クイズ協会理事の大門弘樹さんは当時の風潮について 「賞金や賞品に上限がなく、どんどん高額化していった」と話す。 「 この時代は司会者のステータスが高く、問題を把握する番組のマスターであり、キャスティング権を持つプロデューサーだったという特徴が。 篠沢秀夫教授、はらたいらさんといったレギュラー解答者と司会の大橋巨泉さんによる攻防の見どころに加えて、視聴者がクイズの正解者を予想して資金を賭けるという新しいスタイルを生み出した。 約1か月にわたって毎週放送されるスペシャル番組として始まるやいなや、見る者の度肝を抜いた。 「海外旅行が優勝賞品だった時代に参加者が外国に行き、クイズをやるというインパクトはすごかった」(大門さん)「スケール感のあるエンタメ・ショーであり、ショーアップの極致」(木村さん)と識者も口をそろえるように、規格外のスケールで高視聴率を記録。 出題される問題も多岐にわたるように。 「当時、ゴールデンで放送されていたクイズ番組は、MANZAIブームの到来で終了してしまいました。 そこへ『なるほど!ザ・ワールド』のようなVTRを見てトークしながら解答するという、タレントでしか成立しないような形態のクイズ番組が登場。 バブル景気もあって予算が増えたため、解 答者が芸能人へと切り替わっていくんです。 巨泉〜逸見〜紳助という司会の変遷 タレント解答者が増える傾向は、昭和から平成に入る前後でより顕著に。 「それまでクイズ番組を苦手としていた日テレが、タレント性を前面に押し出した『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!! これは 当時絶好調のフジテレビに対抗するため、分刻みの番組作りで視聴者を引きつけ、チャンネルを変えさせない努力をした結果。 圧倒的に番組を支配して、すべてをコントロールしていました。 』でブレイクした亡き逸見政孝さんです。 司会のみのもんたが解答者に詰め寄る「ファイナルアンサー?」の言葉は流行語にもなった。 「 出演者にキャラづけすることを先鋭化させたのが島田紳助さん。 芸人がクイズ番組の司会を務める先鞭もつけた。 今もその流れは変わっていません」(木村さん) 一般視聴者が参加できる番組の減少以降、クイズ愛好家の受け皿としてCSのファミリー劇場で『Knock Out〜競技クイズ日本一決定戦〜』がスタートしたように今後は視聴者層の年齢が比較的高い BSやCS、さらにはAbemaTVなどネット配信の番組へ、クイズ番組の放送・制作のシフトが予想される。 今なぜクイズ番組が多いのか? 「テレビ局はスポンサーから資金を集めるシステムを変えること、リアルタイム視聴率をやめないとダメですね。 今は番組のクレームをテレビ局ではなく、直接スポンサーに入れてしまう時代ですから。 そう考えると、ネット配信の番組が受け皿になっていく可能性は高いでしょう」(木村さん) ここ最近増えていると指摘されるクイズ番組。 それには、地上波テレビ局の苦しい台所事情などがあるんだとか。 「 クイズ番組にかかる費用はクイズ作家と出演者のキャスティング代。 コストがあまりかからず、クイズに答えなくてもひな壇にいれば映るし、ギャラの安い人でも数多く出演させれば画面を賑やかに見せられ、セットも豪華でなくてもいい、リハーサルは最小でOK、それでいてクレームも炎上も少ない、というセーフティーなコンテンツなんです。 テレビ局としてもクイズ番組は数字もある程度とれるので、予算がない今は別の企画を出せないという悪循環に陥っています。 しかも 深夜や休日の午後に実験的な番組を作って人気が出たらゴールデンへという、番組を育てるうえでの種まきもできていない危機的状況です」(木村さん) 今後、クイズ番組はどうなっていくのか? 大門さんはこう考えを述べる。 こうして連綿と続いてきた歴史が、今のクイズブームを作っていると言っていいでしょう。 しかも東大生のうえイケメンでクール、といったようなキャラもあるから、彼らの存在はクイズ番組にとっては救世主。 現在、『クイズプレゼンバラエティーQさま!! クイズというのは知識に結びつくものなので、子どもの学習能力を上げるには最適なもの。 今後もクイズ番組はなくならないと思います」 木村さんは、「『Qさま!! 』のように、番組の内容は時代ごとに変えていくが、番組名は変えないということが大事になっていくと思う。 新しい番組やブランドが定着するのは大変なことなので、これからそういう番組が増えるかもしれない」と語り、また、こうも予測する。 「今の若い人たちはスマホをいじったりして、長時間テレビを見ない子も多い。 『日本クイズ協会』の理事も務めている.

次の

クイズ番組で活躍する女性タレントXとは誰?元アイドルに黒い疑惑【TOCANA】

クイズ 番組

概要 [ ] クイズというと一般には広範なを問うものとされる。 しかし、広義にはの形式を取っていれば「クイズ番組」として扱われることが多く、クイズの中に性を取り入れたり、司会者と解答者がクイズを行いながらのもある。 出演者では、 が出演型かに分けられる。 前者は、比較的ゲーム性の強い番組が多く、後者は純粋な知識を争う番組が多い。 最近は視聴者が出演する番組は減る一方、・のにより、自宅にいながら参加できるクイズ番組も登場している。 解答方式は、形式で解答権を争って口答するもの、やモニター画面を使ったで答えるものが主である。 参加者が多い番組においては、コンピュータ操作や場所移動などによって解答を表す方式などがある。 フリップで解答する例 欧米のクイズ番組 [ ] 歴史 [ ] 1930年代、アメリカのラジオ番組にはクイズ番組がいくつかあったが、特に人気を博していたのがNBCのラジオ番組『information Please』(1938年 - 1948年)で、この番組は1952年からはテレビ版が登場した。 一般聴取者が投稿した難問に文化人や著名人が解答者となって答えるものである。 このフォーマットはのちに日本で『』で番組化された。 1940年代、イギリスやアメリカではTwenty Questionsと呼ばれる形式のクイズ番組が人気を博していた。 この形式は出題者に対して回答者が「それは植物ですか」「それは鉱物ですか」といった質問を行い、出題者が「はい」または「いいえ」のみで答えて、合計20問の質問からお題となった著名人物や物の名前を当てるものである。 このフォーマットはのちに日本でも『』で番組化された。 主なクイズ番組 [ ] 代表的なクイズ番組には下記のようなものがある。 (イギリスほか)(の本家)• (イギリスほか)• (オランダほか)• (アメリカほか)• (アメリカほか)• (アメリカほか) 日本のクイズ番組 [ ] 歴史 [ ] 黎明期 [ ] 初のクイズ番組は、にNHKラジオで放送を開始した『』であった(1946年12月-1964年3月 )。 内容は現代のクイズ番組というよりは、むしろを語り合う物知り番組的なものであった。 これ以前、つまり戦前・戦中には(当時の唯一の放送局)はクイズ番組はなく、「クイズ」という言葉自体が日本にはなかった。 でのクイズ番組第一号は『』であった。 その後多くのラジオのクイズ番組が登場したが、テレビの普及とともにラジオのワイド番組の1コーナーとなるなど、縮小していった。 日本におけるテレビのオリジナルのクイズ番組の第一号は、スタートのNHK『』 である(ちなみに、1953年には、当時ラジオで圧倒的な人気を誇ったクイズ番組『』のテレビ版が放送されており、これが日本で初めてテレビで放送されたクイズ番組となる )。 その後、民放テレビが開始され、娯楽性を強調したクイズ番組が次々と登場することになる。 クイズ番組は大掛かりなセットを用意する必要性がなく、出演者も比較的低予算で揃えやすいことから、改編期のや別番組後のとして用いられることが多い。 欧米番組のフォーマット輸入 [ ] 1980年代までは、欧米の有名クイズ番組のフォーマットを利用した翻案番組 が数多く見られた。 視聴者参加型の歴史 [ ] 視聴者参加型クイズ番組の最盛期は1980年代頃であった。 その時期は数多くのクイズ番組が放送、では毎晩どこかの局で必ずといっていいほど放送され、特に『』に至っては年に一度の大型特番として君臨し、全国の大学のに「」ができるきっかけとなった。 しかし1985年秋に『』『』が終了したのを皮切りに、翌1986年3月には『』『』『』も相次いで終了、視聴者参加型クイズ番組の全盛期は終わりを告げた。 そして1990年代前半には「ブーム」が起こったが、問題のレベルが高くなりすぎたために視聴者離れを起こし、1992年に『史上最大! アメリカ横断ウルトラクイズ』がレギュラー開催を終了し『クイズ100人に聞きました』も終了した。 2000年以降、高額を売り物にした番組も増える気配を見せたものの、『』以外は定着しなかった。 2020年現在、高額賞金・賞品のないタレント出演型のクイズ番組が主流である。 いっぽう、視聴者参加型クイズ番組としては『』、『アメリカ横断ウルトラクイズ』からの派生である『』が生き残り、現在も放送中である。 また、やの普及・開始により、それを利用した「」が新たな形態として見られる。 2000年のBSデジタル放送開始から数年間は「タッチアンサーズ」や「」など賞金や賞品が出る双方向クイズ番組が民放各局に存在したが、現在はBSではレギュラー放送の番組は放送されていない。 地上波では、バラエティ番組の優勝者当てクイズ や、情報番組のクイズコーナー などにデータ放送が用いられている。 クイズ番組の賞金上限の制限 [ ] 視聴者参加型番組では、例えば「」(初期は最高賞金270万円)や「」(初期は全問正解者に対しての賞金・賞品の上限なし。 賞金100万円に加え、副賞にもあった)などのように高額の賞金・賞品を獲得したや・もいた他、「」(初期は旅行と副賞賞金20万円)や、「」(「オリンピック…」時代は賞金100万円。 後期シリーズの「ジェットショー・地上最大のクイズ」では賞金100万円と旅行)などがあって、賞金・賞品の規制は無制限だった。 ところが、にフジテレビで放送された「」でトップ賞の賞品に「1室1000万円相当のの」がかけられたことで、から「余りにも高額の賞金・賞品だと視聴者のをあおる」として、厳重注意を受けた。 これがきっかけで公取委は「クイズ番組・歌合戦番組・ゲーム番組・さらにはテレビ・ラジオ番組のプレゼント・商品・雑誌を含むオープン企画における賞金・賞品の総額は100万円までを上限とする」という取り決めを設けた。 ただし、上、会社の番組に関しては、最大10万円までであり、それ以上の獲得賞金は、番組制作局の募金キャンペーンにするなどをしていた。 その後4月に規制緩和され、1000万円に上限を引き上げる。 第一号番組は「」だった。 後にクイズ番組ではないが、TBS「」は賞品総額300万円であった。 からは規制がさらに緩和され、36年ぶりに「上限撤廃」となり現在に至る。 しかし、では、この規制緩和に逆行する形で、参加者1人当たりの賞金の上限を200万円とする自主規制を設けた。 タレント出演型 [ ] 一方、タレント出演型のクイズ番組はの『』『』『』など、をはじめとするタレント同士、タレントと司会者との掛け合いが魅力となり人気となる。 にを迎え、特に日本テレビ系列の『』『』『』、フジテレビ系列の『』『』『』が驚異的なを記録する。 しかし、化や行き過ぎた化路線で次第に視聴者から飽きられ、一部の番組では名司会者のやといった不運も重なり、1999年の『マジカル頭脳パワー!! そんな中、2003年に『』が始まりクイズ復活の兆しが見え、2004年『』や当時深夜番組だった『』の好調により、タレント参加型クイズはブームが再燃した。 2005年10月からゴールデンタイムに多くのクイズ番組が誕生。 特にフジテレビは2006年10月から2007年3月までは火曜日と金曜日を除く、19:00台は全てクイズ番組で構成されていた()。 一時期、クイズブームは下火になっていたが、2007年から『』(フジテレビ)、『()』(テレビ朝日)など知識系クイズ番組に加え、視聴率の低下に苦しんでいたヘキサゴンはルールを一新し『』と生まれ変わり、「」の予想もつかない珍解答で視聴者を楽しませるという新しいクイズ番組が誕生した。 また、がスタートした2002年12月1日には放送を開始した午前11時から3時間後の午後2時に、『』()でのクイズ番組がスタートした。 これらは番組に視聴者がリモコンを使って早押しクイズなどに参加できるシステムを、多彩な演出やプログラムによるゲーム参加で楽しめるようにしたものがほとんどで、マンネリ化も進み、人気番組だった『』などの終了、またによる視聴者情報の管理の変化や、視聴者の個人情報に対する意識の変化などにより衰退している。 2008年に入り、テレビ朝日は深夜時代に好調だった『』、『』がに参入し、好調の『Qさま!! 』に加え、4月から『』をゴールデンに昇格させるなど積極的にクイズ番組を増やしていた。 日本テレビでは、『』(『』はクイズを出すこともあるが「クイズ番組」にはカウントしない)の終了により形式上は消滅したが、『』がとしてクイズ企画中心にリニューアルしたため、事実上クイズ番組となっていた。 テレビ東京も、『クイズ赤恥青恥』以降は長続きせず、近年はでのクイズ番組がほとんどなかったが、2008年4月に『』が開始された。 TBSは長年続いている『世界・ふしぎ発見! 』『』『』(『』はグルメ番組色が強い)の3本だった。 ところが、2009年に入ると23時台で『』、『』、系列のが22時台で『』を期間限定で放映後、10月から『』 MBS 、『』(日曜20時台)、『』(深夜)などをスタートさせている。 NHKはクイズ番組には消極的ともいえ、2009年4月以降に放送されているものは、『』の終了と『』の放送時間変更でプライムタイムからのクイズ番組が消滅したが、2010年4月1日から、『』を開始する。 尚、上記の『ザ・クイズマン! 』、『検定ジャポン』、『オジサンズ11』は半年で終了しており、『脳内エステ IQサプリ』や『勉強してきましたクイズ ガリベン』なども路線変更の末に終了した。 この節のが望まれています。 スポーツ型 ショー型 [ ] ただ純粋にルールが決められた上で競い合うという形式を取るスポーツ型は、1980年代の後半に生まれたとされる。 『』を受けて多く作られた大学のクイズ研究会が、番組研究を深めることによりクイズのノウハウが蓄積され、、、らの活躍、『史上最強のクイズ王決定戦』でのによる伝説的早押しの数々、『』における、らのキャラクターへのフォーカスなど、ガチンコ化した番組とそこで活躍するクイズアスリートへの注目、という形で「スポーツ型」の時代が訪れたが、1995年までにクイズ王番組も完全になくなった。 2000年に入って「知力の甲子園」と呼ばれていた頃の『』『』など少数ながらも復活している。 クイズ番組の出題の傾向 [ ] 視聴者参加型のタイプと、タレント出演型のタイプとでは出題する傾向が概ね決まっていた。 視聴者参加型の番組では、を問われる内容、例えば過去の、、最近の問題などが取り上げられることが多い。 一方タレント出演型は、近年は『』や『』、『』など知識よりもを試すクイズ(、、、モノ当てなど)が増えてきている。 2007年以降、・などの珍解答が受け、クイズ番組自体はもちろんのこと、本人の知名度を大きく広めた芸能人の「」(『クイズ! ヘキサゴンII』からやというまで結成された)と、「雑学王」と呼ばれたり「」である派タレント、さらに平均的な成績の3タイプのタレントがおり番組によって需要が違う。 知識系番組には知性派タレントが多く、『ヘキサゴンII』のような珍解答が期待される番組ではおバカタレントが大活躍する傾向が強い。 勝負に関係の無いクイズ番組では的な知識のタレントが多く出演する。 また、2010年代以降の知識系番組には、現役東京大学生と知性派タレントが対戦する番組も登場している。 故に、クイズ以外の番組ではほとんど出演しないタレントが出演する事も多い。 最近では、芸歴が浅くネタ番組などにはほとんど出ていないが高学歴と言う点で呼ばれる若手や、普段はクイズ以外のバラエティ番組にあまり出ないやが一度出演した際に珍回答を連発しとして認知され度々呼ばれるようになる例などがある。 問題そのものは難しくないが、「制限時間内に規定問題数以上答えなければならない」「参加者全員が正解しないとポイントとならない」など解答者にをかけることによって、解答を難しくしているものもある。 ただし、『』の末期()など、状の解答者席は既にごく一部のクイズ番組で使用されていた。 2000年代以降のクイズ番組では、トーク番組のようなセットのクイズ番組や、前後に2段もしくは状になっている解答者席があるクイズ番組が増えている。 『ぴったし カン・カン』『』などのV字形の解答者席配置は2チーム対抗の場合に多く用いられる。 また、『』の六角形のセットのように一風変わったセットのクイズ番組もある。 『クイズ! ヘキサゴン』がリニューアルした『』の「」や『(レギュラー放送終了後の特番)』の各チームが縦1列にならぶという、こちらもまた一風変わったセットである。 その他 [ ] 2000年代のクイズ番組の視聴率は、レギュラー放送で圧倒的に人気があったのが『クイズヘキサゴンII』(フジ)、次点が『ネプリーグ』(フジ)だった。 2010年代以降の傾向としては「クイズヘキサゴンII」の終了以降、クイズ番組における「おバカタレント」の出演が減少し、それに代わって大学クイズ研究会のメンバーやOB、有名進学校の生徒や過去にクイズ番組で活躍した社会人など芸能人以外の人物が出演するようになった。 クイズ番組の増加により出題される問題のネタが別のクイズ番組や雑学番組と被ることがあり、が以前同じ番組で間違えた問題を学習し、数ヵ月後再度出題され、正解した珍例もある。 近年のクイズ番組が乱立する状況ではネタの重複や「間抜けな回答を笑いのネタにするのはの一種ではないか」、「クイズ番組でなく単なるバラエティ番組」などと批判されることもある。 2006年頃からで、クイズ番組で実際行うクイズ(オリジナルクイズもソフトによってはある)に挑戦することができる、あるいはクイズ! ヘキサゴンIIやQさま!! で実際に出題された問題をまとめた書籍も発売されている。 種類 [ ] 視聴者出演型クイズ番組 [ ] 視聴者出演型のクイズ番組は古今東西、あらゆる知識が求められる問題が出されたり、ゲーム式で得点や賞金などのポイントを貯めていくといった形式が一般的だった。 また、そこから優勝した出場者のみ挑戦できる、をはじめとする豪華商品、および賞金を獲得できるステージを設ける2段構えとする番組も多い。 また、ほとんどの番組で、参加賞として、それとは別に優勝の副賞として番組スポンサーからや番組特製が贈られた。 1980年代までは各局がこのタイプのクイズ番組を多く放送しており、人気も高かった。 その時代には、多くの番組に出演しタイトルを競う「クイズ荒らし」と呼ばれる者も生じ、特に人気の高いクイズ番組では1回出場するとそれを防ぐという名目で数年間は再出場できないというルールが設けられるほどであった。 しかし、近年の日本ではやにまつわる意識の変化、制作側としても出演者の募集や選考に手間をかけるよりも知名度のある芸能人を使う方が手軽かつ視聴者を取り込みやすいなどの理由から減少傾向にある。 2020年4月現在、全国ネットで放送中の番組は『』や『』 (年1回の特番)、『』など数える程度であるが、ではこのタイプのクイズ企画が放送されることがある。 それ以外の視聴者参加型クイズ番組 [ ] 2000年代に入り番組内で出題される問題をの(詳しくはの項を参照)や、やから番組公式サイトで、視聴者の回答や、正解者予想を募る番組が放送されてきている。 この形式でクイズを行っている全国ネットの番組は主に『』 年2回程度放送の特番 などがある。 教養系クイズ番組 [ ] 主に世界の・など各分野での専門知識にまつわるものをメインに扱うクイズ番組のことを指す。 解答者は比較的系の人が多い。 また、などの調査で「子供に見せたい番組」 の上位にこれらに該当する番組が顔を出すことも多い。 2020年4月現在放送中の番組では『』などがある。 教育系クイズ番組 [ ] 主になどで扱われるや一般、で習う事柄からの専門学科レベルまでの学問をメインに扱うクイズ番組を指す。 2020年4月現在放送中の番組では『』、『』、『』、『』、『』、『』 (現在は年数回の特番のみ)などがある。 これらの番組は司会者と解答者とのトークを交えることも多く、、の要素も強い。 雑学系クイズ番組 [ ] 教育系にも近いが、一般生活で役立つや話のネタになるなどをメインに扱うクイズ番組を指す。 代表的なものに『』などがあった。 2020年4月現在放送中の番組ではクイズ番組とは趣がやや異なるものの、『』が人気番組となっている。 また『』もあるが、こちらはバラエティー番組の要素も含まれている。 発想系クイズ番組 [ ] 主にやに近い形式の問題をメインに扱うクイズ番組を指す。 この種の番組はが使いづらい事やジャンルが限られるせいか化やネタ切れになりやすく、などで徐々にコンセプトが変わっていくなど、長続きしにくい傾向にある。 2020年4月現在では『』、『』などが、代表的なものでは『』、『』などがある。 娯楽系クイズ番組 [ ] 主にバラエティ色が強いクイズ番組のことを指す。 どちらかと言えば「」の類に入る。 解答者は比較的やなどが多い。 2020年4月現在放送中の番組は『』が、代表的なものでは2014年に終了した『』があった。 戦闘系クイズ番組 [ ] 解答者同士でクイズの成績を競う形式ではなく、主にクイズを交えた的な戦のような戦いを繰り広げるクイズ番組のことを指す。 トーク番組を兼ねたクイズ番組 [ ] クイズ番組、バラエティ番組ではあるものの、司会者と解答者又は司会者と解答者ではないゲストが、クイズに関するで番組を交えて盛り上げながら解答者が問題に答えていく。 トークに問題を解くヒントが混じっているなどのトークでの駆け引きが行なわれるなどそこが見所の一つになっている場合もあり、どちらかと言えばトーク主体のものである。 などの放送局社員も参加することがあるが、放送局社員は賞品・賞金の授受をなどで禁止している局が多く、獲得した賞金については、活動に寄付されることがほとんどである。 その事もあり、特に賞金が出る番組において局員がクイズ番組の解答者となる事は特別企画などに限られる。 『Quiz Japan』vol. 3掲載 「日本のクイズ文化の源流を探る」 p. 220• これらの番組における本国版と日本版の類似性は比較視聴すると一目瞭然であるが、正式な契約の元に導入されたのか、単なる模倣なのかは、公にされた記録や当事者の証言がほとんど存在しないため多くが不明である。 も参照。 日本テレビ「」など。 テレビ朝日「」など。 日本放送協会 編 『放送五十年史』 日本放送出版協会、1977年、710頁。 根拠条文はであり、現金の限度額の目安が書いてある。 現金同等物以外の場合は300万円程度となっている。 ネットラボ• ネットラボ• 週刊プレイボーイ 2008年4月7日号より(同誌面では『世界一受けたい授業』などの雑学番組もクイズ番組としてカウントされている)• 関連項目 [ ]•

次の

「マン何?」「チン何?」柏木由紀が“クイズ番組”でセクハラ被害!?

クイズ 番組

写真 いつの時代も大人気の「クイズ番組」 イラスト/イケウチリリー 正統派からバラエティー色の強いものまで、その数、毎週10本以上!「気づけばクイズ番組を見ちゃってるのよね〜」って人も多いのでは? ではなぜ再びクイズ番組が脚光を浴び始めたのか。 日本初のクイズ番組の1つがNHK『私の仕事はなんでしょう』。 また同年、問題を言葉ではなく身体の動きで表現するNHK『ジェスチャー』が始まると視聴者の人気を集め、15年間続く長寿番組となった。 テレビウォッチャーでコラムニストの木村隆志さんは「当時のクイズは物事やヒントから連想するというような、家庭や学校でもすぐにできるようなシンプルな内容でした」と語る。 以後、名称変更してレギュラー放送。 クイズ作家であり、一般社団法人日本クイズ協会理事の大門弘樹さんは当時の風潮について 「賞金や賞品に上限がなく、どんどん高額化していった」と話す。 「 この時代は司会者のステータスが高く、問題を把握する番組のマスターであり、キャスティング権を持つプロデューサーだったという特徴が。 篠沢秀夫教授、はらたいらさんといったレギュラー解答者と司会の大橋巨泉さんによる攻防の見どころに加えて、視聴者がクイズの正解者を予想して資金を賭けるという新しいスタイルを生み出した。 約1か月にわたって毎週放送されるスペシャル番組として始まるやいなや、見る者の度肝を抜いた。 「海外旅行が優勝賞品だった時代に参加者が外国に行き、クイズをやるというインパクトはすごかった」(大門さん)「スケール感のあるエンタメ・ショーであり、ショーアップの極致」(木村さん)と識者も口をそろえるように、規格外のスケールで高視聴率を記録。 出題される問題も多岐にわたるように。 「当時、ゴールデンで放送されていたクイズ番組は、MANZAIブームの到来で終了してしまいました。 そこへ『なるほど!ザ・ワールド』のようなVTRを見てトークしながら解答するという、タレントでしか成立しないような形態のクイズ番組が登場。 バブル景気もあって予算が増えたため、解 答者が芸能人へと切り替わっていくんです。 巨泉〜逸見〜紳助という司会の変遷 タレント解答者が増える傾向は、昭和から平成に入る前後でより顕著に。 「それまでクイズ番組を苦手としていた日テレが、タレント性を前面に押し出した『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!! これは 当時絶好調のフジテレビに対抗するため、分刻みの番組作りで視聴者を引きつけ、チャンネルを変えさせない努力をした結果。 圧倒的に番組を支配して、すべてをコントロールしていました。 』でブレイクした亡き逸見政孝さんです。 司会のみのもんたが解答者に詰め寄る「ファイナルアンサー?」の言葉は流行語にもなった。 「 出演者にキャラづけすることを先鋭化させたのが島田紳助さん。 芸人がクイズ番組の司会を務める先鞭もつけた。 今もその流れは変わっていません」(木村さん) 一般視聴者が参加できる番組の減少以降、クイズ愛好家の受け皿としてCSのファミリー劇場で『Knock Out〜競技クイズ日本一決定戦〜』がスタートしたように今後は視聴者層の年齢が比較的高い BSやCS、さらにはAbemaTVなどネット配信の番組へ、クイズ番組の放送・制作のシフトが予想される。 今なぜクイズ番組が多いのか? 「テレビ局はスポンサーから資金を集めるシステムを変えること、リアルタイム視聴率をやめないとダメですね。 今は番組のクレームをテレビ局ではなく、直接スポンサーに入れてしまう時代ですから。 そう考えると、ネット配信の番組が受け皿になっていく可能性は高いでしょう」(木村さん) ここ最近増えていると指摘されるクイズ番組。 それには、地上波テレビ局の苦しい台所事情などがあるんだとか。 「 クイズ番組にかかる費用はクイズ作家と出演者のキャスティング代。 コストがあまりかからず、クイズに答えなくてもひな壇にいれば映るし、ギャラの安い人でも数多く出演させれば画面を賑やかに見せられ、セットも豪華でなくてもいい、リハーサルは最小でOK、それでいてクレームも炎上も少ない、というセーフティーなコンテンツなんです。 テレビ局としてもクイズ番組は数字もある程度とれるので、予算がない今は別の企画を出せないという悪循環に陥っています。 しかも 深夜や休日の午後に実験的な番組を作って人気が出たらゴールデンへという、番組を育てるうえでの種まきもできていない危機的状況です」(木村さん) 今後、クイズ番組はどうなっていくのか? 大門さんはこう考えを述べる。 こうして連綿と続いてきた歴史が、今のクイズブームを作っていると言っていいでしょう。 しかも東大生のうえイケメンでクール、といったようなキャラもあるから、彼らの存在はクイズ番組にとっては救世主。 現在、『クイズプレゼンバラエティーQさま!! クイズというのは知識に結びつくものなので、子どもの学習能力を上げるには最適なもの。 今後もクイズ番組はなくならないと思います」 木村さんは、「『Qさま!! 』のように、番組の内容は時代ごとに変えていくが、番組名は変えないということが大事になっていくと思う。 新しい番組やブランドが定着するのは大変なことなので、これからそういう番組が増えるかもしれない」と語り、また、こうも予測する。 「今の若い人たちはスマホをいじったりして、長時間テレビを見ない子も多い。 『日本クイズ協会』の理事も務めている.

次の