アン ナチュラル 2 話。 [名言で振り返るあらすじ]ドラマ「アンナチュラル」第2話

アンナチュラル2話ミケだけ殺された理由は?最終話まで身元不明か

アン ナチュラル 2 話

Contents• アンナチュラル2話は監禁された少女たちの物語 練炭による集団自殺の現場に紛れ込まされたミケちゃんの遺体。 でもミコトがミケちゃんの遺体だけ「凍死」だと気が付き、ミケちゃんが花ちゃんのために飲み込んだダイイングメッセージを見つけてくれました。 「タスケテ花」と書いていたから、「花」という名前だと思われたけど、家出少女「花」の両親に確認してもらうと「吉倉花」ではありませんでした。 ミケちゃんは宿なしの女性でネットカフェに寝泊まりしていたんですね。 ネット利用をせずに寝泊まりだけしていたとのことでした。 かなりお金にも困っていたと想像できますね。 ミケちゃんと花は自殺願望サイトで知り合って仲良くなります。 そして、同じサイトで知り合ったユキと名乗るシェアハウスをしている女性の元に向かったのでした。 ミケちゃんは「脱!宿なし」と喜び、花は「家出られる!」と喜び、二位rは明るい気持ちでユキと名乗る女性を訪ねたのでしょう。 でもユキはネカマでした。 ネット上で女性のふりをして二人を呼び寄せて監禁したのです。 手首を一緒に縛られて、食事は男が買ってきたものを二人で分けて食べていたのですね。 ミケちゃんが「こんなところで死ぬならさ、見たかったな白夜。 一日中日が沈まないんだって。 行こうよここを出られたら」と花に話します。 花は「いいな」と答えました。 でもなぜかミケちゃんだけは冷凍車で凍らされて殺されてしまいます。 Sponsored Link なぜ、ミケちゃんだけ殺されたのか? 一番シンプルに考えると、二人を監禁するのは大変になってきたのではないか、と思います。 犯人は、食事を二人分与えていました。 ミケちゃんの頭に塩がついていたことから、ミコトたちは、ミケちゃんがいた場所を塩分の多い泉質の温泉町だと突き止めます。 ということは、ミケちゃんは犯人の家にひかれていた温泉で頭を洗うことがあったのでしょうね。 お風呂に入っていたかどうかまではわかりませんが。 男が、最初からミケちゃんを殺すつもりだったのかどうかはわかりません。 どちらかというと、あまり考えなく監禁を始めて、そのうちに二人を監禁し続けるのは大変だったのかもしれません。 あるいは、みけちゃんと花ちゃんがどんどん中を深めていくことで、二人を扱いにくくなり、一人を殺そうと決めたのかもしれません。 そして、たまたま殺されることになったのがミケちゃんだった。 最後まで身元不明なままのミケちゃん ミケちゃんは、冷凍車に閉じ込められて、自分が死ぬだろうと予測できる中で、自分が死んでも花ちゃんを見つけてもらうヒントを残すために、メモを書いて飲み込みました。 殺されるという極限の恐怖があったはずですが、それよりも花ちゃんを何とか助けたいと必死だったミケちゃんを思うと本当に切なかったです。 そうまでして命を懸けて花ちゃんのためにダイイングメッセージを残したミケちゃん。 そんなミケちゃんが最後まで身元不明で、火葬された後も身元不明者の遺骨が並ぶ棚に並べられました。 せめて誰かわかってほしかった。 身元不明のままなんて悲しすぎます。 Sponsored Link どうしてミケちゃん見送りが、ミコトと六郎と花ちゃんなのか? 少し気になったのが、ミケちゃんを火葬するときに火葬場にいたのが、ミコトと六郎と花だったこと。 ミケの決死の行動で助かった花。 ここに花の両親がいてミケちゃんに感謝してもよいのでは、と思いました。 花ちゃんの母が、娘を自分のアクセサリーのように考える人だっただけに、監禁され、犯人の男に殴られ、おそらく乱暴もされたであろう花ちゃんを「もう娘じゃない」と拒否したのでしょうか? 全くわからないことですが、ミケちゃんと花ちゃんの友情の物語だった2話。 ラストが悲しすぎて、だからこそ、花ちゃんには強く生きてほしいと思いました。

次の

ドラマ【アンナチュラル】2話の百合シーンは?一家無理心中事件

アン ナチュラル 2 話

無料お試し期間中の解約は料金は発生しないのでご安心ください。 インターネットにつながる環境があり、パソコンやスマホ・タブレットがあればとても快適に視聴することができます。 初回ご加入の場合に限り、30日間無料でお試し頂けます。 ・見放題対象作品・・・月額562円(税抜)で 見放題対象作品が何本でも視聴可能!コインを消費せずに見れます。 初回加入時は30日間が無料でお試し頂けます。 ・見放題対象外作品(コイン視聴)・・・月額562円(税抜)以外に コインを消費しなければ視聴ができない作品です。 毎月ビデオパス専用の「ビデオコイン」が540コイン(540円相当)もらえます。 そこには4人の練炭自殺、一家無理心中なような遺体がありました。 刑事の毛利忠治 大倉孝二さん は最初から自殺で間違いないと言っていますが、1人の女性の若い遺体から手首に不自然な跡があることや、髪に何か結晶のようなものが付着していたためミコトは遺体を解剖すると言います。 UDIラボに全ての遺体を運び解剖することになりましたが、中堂系 井浦新さん は非協力的な態度でミコトや夕子をイライラさせます。 警察の調べや解剖して分かったことは、4人は他人であること、3人は練炭自殺で間違いないけれど若い女性だけは凍死であることが分かりました。 そしてミコトは若い女性の胃からメモを見つけます。 そこには「ユキオトコノイ タスケテ花」というダイイングメッセージが残されていました。 身元判明…? 若い女性の身元が分かるような所持品が見付からず、操作は難航していました。 若い女性以外の3人はインターネットの自殺サイトを通じて知り合い自殺したということで間違いありません。 その後警察の捜査で、若い女性は「ミケ」という名前でキャバクラに勤めていたことが分かりました。 インターネットカフェに頻繁に出入りしていたのですが、そこには「三毛 猫」と偽名を使っていたこともあり本名は分かりませんでした。 ミコトはUDIラボ暑中の神倉 松重豊さん に止められながらも、六郎と独自に調べを進めていきます。 ミコトはミケの髪に到着した結晶のようなものが塩分濃度の高い温泉だということに気が付き、六郎とその温泉に向かいます。 ミケの胃の内容物と一致するものが売られていたのですが、そこでミケが1人で温泉を訪れたのではなかったのではないかと気がつきます。 温泉から近い冷凍施設があるところを訪れますが、そこではなんの手掛かりも掴めませんでした。 ミコトは施設に向かう道中にあった、ポツンと置かれた冷凍車が気になり六郎にそこに行くように言います。 そこ冷凍車の鍵が開いていたこともあり二人が中を調べていると、ミケが書いたと見られるメモが…!その時、冷凍車が閉められ二人は閉じ込められてしまいました! 絶体絶命! 徐々に冷えていく車内で二人は必死に助けを求めますが、田舎ということもあり声は届かず、携帯は圏外…。 さらにミコトはガラケーを使っているため位置情報も得られません。 そして車はどこかへ移動を始めました。 そして車を停まると犯人は車を水の中へ沈めてしまいました! 沈められる直前にやっと電話が通じたミコトはUDIラボへ電話をすると中堂が出ました。 中堂に出来事を伝えている最中に車が沈められたのですが、ミコトは冷静に持っていた水質検査キットで車に入ってくる水の水質を中堂に伝えます!六郎は荷物の中から犯人が大沼という名前だと言うことを発見しますが、名前を伝えてすぐに電話は切れてしまいました! 警察は自殺サイトにユキというネカマがいるという情報を掴みます。 このユキこそが大沼だったのです!大沼は女になりすまし、自殺サイトで自殺願望のある若い女性ばかりを狙っていたのでした。 ミケともう1人、まだ大沼に監禁されている松倉花 松村沙友里さん は大沼に監禁されていました。 ミケは大沼に殺され、自殺サイトで知った集団自殺の中にミケの遺体を紛れ込ませたのでした。 冷凍車の中でミコトは決して諦めず、六郎と明日美味しいものを食べに行こうと話しました。 六郎はミコトの論文を読み、ミコトは過去に一家無理心中をした生き残りの女の子だということを確信しました。 ミコトは事件のことを話しますが、死んだ母親への憤りは今も消えていないようでした。 そんな話をしていると、中堂の天才的な頭脳のおかげでミコト達の居場所が分かり警察が助けに来たのでした!翌日、ミコトは中堂にお礼に食事でもと誘いますが中堂は応じることはなく、相変わらずの皮肉で返しました。 ミコト、六郎、夕子で焼肉に行くとはしゃいでいると六郎に電話がありました。 tbs. jp)• , , ,•

次の

ドラマ「アンナチュラル」2話あらすじと感想ネタバレ。ゲストは松村沙友理

アン ナチュラル 2 話

ドラマ『アンナチュラル』第1話のあらすじと見どころ( ネタバレ) 第1話ゲストは山口紗弥加さん 1話完結型のドラマ『アンナチュラル』。 第1話のゲストは山口紗弥加さんです。 — あ づ さ. 劇薬毒物製品に携わっている路子に嫌疑がかかります。 当たり前ですが、毒物鑑定では既存の毒物しか鑑定出来ないので、もし路子が新たに作った未知なる毒物が婚約者の死の原因だった場合、毒物を検出できないということが起こってくるのです。 遺体から検出されるすべてのものが毒物となり得るこの状況を、不自然死究明研究所の所員たちはどのように乗り越えていくのでしょうか? スポンサーリンク 新ドラマ『アンナチュラル』と同じ金曜22時枠にて、前期放送されていたのは 綾野剛さん 主演ドラマ『コウノドリ』です。 前期がシーズン2となった人気シリーズで、その平均視聴率は 11. 前期ゴールデンタイム放送の12のドラマのうち、第4位の高視聴率をとりました。 もともと金曜22時枠は翌日が休日の視聴者も多いことから、比較的視聴率的に安定している枠でもあります。 ドラマ『下克上受験』・『リバース』・『ハロー張りネズミ』は大ヒットまではいきませんでしたが、平均して7〜8%代と安定。 ドラマ『アンナチュラル』第1話の視聴率は初回ということで9%前後と予想します。 実際のドラマ『アンナチュラル』第1話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。 7%でした 第1話 第2話 第3話 第4話 12. 臨床検査技師・東海林夕子 市川実日子 が法医解剖医・三澄ミコト 石原さとみ を合コンに誘う。 ミコトが来てくれると、職業柄引かれてしまう割合が分散されるという夕子に、ミコトはむしろ引かれる割合が増すと断る。 一方、男子更衣室では辞めたいという臨床検査技師・坂本誠 飯尾和樹 のことを記録員・久部六郎 窪田正孝 が社交辞令として励ましていた。 その頃。 所長室の神倉保夫 松重豊 のもとを、中年の夫婦が訪れていた。 夫婦は突然死し、死因が心不全とされた息子・高野島渡の本当の死因を究明して欲しいのだという。 こうして、葬儀社の大林南雲(竜星涼)から、高野島の遺体が運び込まれる。 遺体は死後10日。 『保存状態が芳しくなかったため、かなり熟しておられます・・・』と大林は慣れた様子で説明。 1人暮らしの部屋で倒れたまま亡くなっていたという高野島。 見つけたのは婚約者・馬場路子(山口紗弥加)だった。 その場で虚血性心疾患と診断され、事件性はないと判断された。 こうして高野島の解剖が始まった。 やがて心疾患ではないことが明らかになった。 『急性腎不全の疑いあり』とミコトがつぶやいた。 検査の結果、高野島が急性腎不全であったことが判明した。 バイトの医大生、六郎に『法医学に来ない?』とミコトが誘うと、六郎は『法医学って死んだ人のための学問でしょ?生きてる人治す臨床心理士とかの方が・・・』と気乗りしない様子。 ミコトは『法医学は未来のための仕事』とつぶやくが、六郎にその言葉の真意はわからなかった。 高野島と一緒に働いていた若い女性同僚が亡くなった。 事件性を感じたミコトたちは、女性同僚の自宅を訪問。 母親は喘息を患っていた娘は、呼吸困難で亡くなったと言われたと明かした。 スポンサーリンク 帰りの車の中。 夕子はなんらかの毒物が原因で発作が誘発された可能性があるという。 とはいえ、同僚はすでにもう荼毘に付されているため、解剖できない。 土葬の風習があるアメリカなら墓から掘り出して調べられるのにとミコトと夕子は冗談を言い、笑ったのだった。 その晩。 六郎は飲み仲間・末次康介(池田鉄洋)に愚痴を漏らした。 『人が死んで、母親が泣いてるの見たのに、帰りには笑ってるんですよ?』六郎は、ミコトたちが遺体を前にしながら世間話をしたり、あっけらかんとしている様子が信じられない様子。 六郎はミコトたちを軽蔑するような表情を見せた。 帰宅したミコトは恋人・関谷聡史(福士誠治)を今度自宅に連れてくると、母・三澄夏代(薬師丸ひろ子)と弟・三澄秋彦(小笠原海)に報告、結婚すると伝えた。 『おめでとう〜〜!』母は抱きつき、ミコトが選んだ男性なら間違いないと大喜びした。 高野島の薬毒物検査の結果が出た。 結果は何も出なかった。 『毒殺じゃなかったんだ』という六郎。 しかし、検査で調べることができるのは200種類程度。 もちろん既存の毒物しか調べることはできない。 『この世で最も恐ろしい毒物って知ってる?名前のない毒』という夕子。 夕子はこの世にない新しい毒を作ってしまえば、人知れず人を殺すことができると六郎に伝えたのだった。 スポンサーリンク 高野島の自宅を調査のために訪れたミコト、夕子、六郎。 『すべてのものが毒物になり得る』と自宅にある野菜などの食材などをかたっぱしから袋に詰め、持ち帰る。 その時、高野島の婚約者・路子が合鍵を使い、部屋に入ってきた。 月曜・火曜と無断欠勤をし、高野島の上司から連絡が来た末に、合鍵を持っていた路子が様子を見に来たという。 ミコトは最近高野島に変わったところはなかったか確認する。 路子はあったとしても、自分が忙しいことを知っている高野島は言わなかっただろうと答えた。 『ちなみに・・・アリバイは?』六郎が尋ねる。 路子は高野島の死亡時刻である日曜の夜は、1人で自宅にいたと語り、アリバイはないと答えた。 『ちなみにここに何しに来たんですか?』六郎がまた尋ねる。 『泊まりに来ました』と答える路子。 『ここにですか・・・?』恋人が亡くなった部屋に泊まるという路子に、六郎は驚きから言葉が続かない。 続けて、ミコトたちは高野島の会社へ。 デスクの中を調べる。 路子は同じ会社の別の部署とのこと。 『馬場さん、おかしいですよ?恋人が死んだのに・・・』路子が気になる様子の六郎に、上司が路子の部署に案内すると買って出た。 六郎が案内された先は開発室。 路子はここで劇薬毒物製品の開発に携わっていることが明らかになる。 高野島のデスクに残ったミコトに社員が話しかけた。 『高野島さんのこと、調べてるんですよね?』社員は高野島と亡くなった女性同僚ができていたことを明かした。 研究所に戻った夕子が『まさか高野島が二股やろうとはね・・・』と漏らす。 路子がポリエステルの研究をしていたと六郎が報告し、ならばエチレングリコールを使っているはずだと夕子が推測した。 エチレングリコールは劇薬だが口当たりは甘く、24時間経つと分解される。 『これで決まりじゃないですか?』と六郎。 『これどこかでみたことある・・・』ミコトが高野島のデスクから回収してきたクッキーと同じものが、女性同僚に供えられていたことを思い出す。 2つのクッキーを回収し、検査したミコトたち。 『両者の成分を調べたところ・・・エチレングリコール出ませんでした!』という夕子。 ミコトはがっかり。 スポンサーリンク 行き詰まったミコトは、上司の法医解剖医・中堂系 井浦新 に相談。 しかし、中堂は『なんで俺に聞くんだ?』とつれない。 『聞くならこれに聞け』とPCを指差し、去っていった。 残されたミコトは海外の症例をPCで調べ出した。 『こりゃ時間かかるな・・・』そこへ、調査から六郎が帰ってきた。 六郎はクッキーは高野島自身が出張先でお土産として買い、女性同僚に手渡したものであったこと、また2人ができていたという話も、高野島が風邪をひいていた際に、女性同僚が風邪をひいたことから出た噂話にすぎないことを明かす。 『高野島さん、風邪ひいてたの・・・?そのお土産、どこの・・・?』ミコトの中ですべてがつながった。 『心不全でも、毒殺でもない。 死因は別にあった・・・』 次ページのドラマ『アンナチュラル』第1話のネタバレあらすじ後編に続きます。

次の