ハウス クリーニング フランチャイズ 特徴。 ハウスクリーニングフランチャイズ13社の特徴を調べました!

ネットでスムーズ受注・ハウスクリーニングフランチャイズ業界の変化とは?

ハウス クリーニング フランチャイズ 特徴

「ハウスクリーニングのフランチャイズ本部に加盟したいけど、どこも開業資金やロイヤリティが高すぎる」 「フランチャイズに加盟するとはいえ、一人でやっていけるか不安だ」 こんな風に思っている方におすすめのフランチャイズ本部が、「ハウスコンシェルジュ」です。 ハウスコンシェルジュは 開業資金やロイヤリティが安く、本部のバックアップも手厚くなっています。 今回は冒頭の悩みを持っている方のために、ハウスコンシェルジュの特徴からメリットやデメリット、実際に加盟している人の口コミまで、徹底紹介していきます。 ハウスコンシェルジュの特徴 ハウスコンシェルジュは、「株式会社リスダンケミカル」が運営するハウスクリーニングのサービスです。 ここでは、ハウスコンシェルジュの特徴について説明していきます。 開業資金やロイヤリティが安い ハウスコンシェルジュの運営会社であるリスダンケミカルは、清掃用の洗剤やワックスなどのメーカーです。 ハウスコンシェルジュでは自社の洗剤を活用しているため、他の会社から仕入れる必要がなく、そのぶん経費を安く抑えられます。 本部が経費を抑えられるぶん、ハウスコンシェルジュでは、加盟店オーナーが本部に支払う開業資金やロイヤリティも低めの設定となっています。 ハウスコンシェルジュの開業資金は税込1,974,000円、毎月支払うロイヤリティは税抜30,000円です。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 本部からのバックアップが手厚い ハウスコンシェルジュのもう一つの特徴が、加盟店オーナーに対する本部のバックアップが手厚いという点です。 ハウスコンシェルジュのバックアップには、以下のようなものがあります。 開業半年間は、本部から定期的に仕事を紹介してもらえる• 大規模な仕事の場合は、本部からスタッフを派遣してもらえたり、近隣の協力会社を紹介してもらえる• クレームは、保険を含めて、本部がバックアップしてくれる 本部のバックアップが手厚いぶん、加盟店オーナーも安心して仕事ができるはずです。 ハウスコンシェルジュ加盟時の流れ ハウスコンシェルジュの特徴が分かったところで、次に開業までの流れについて説明していきましょう。 ハウスコンシェルジュに加盟して開業するまでの流れは、以下のとおりです。 説明会• 加盟申込み• 契約書締結• 開業 ハウスコンシェルジュの説明会は一対多数のセミナー形式ではなく、一対一の個別形式です。 また開業前の研修も、一対一のマンツーマン形式です。 ハウスコンシェルジュの研修期間は5日間で、ハウスクリーニングの基礎技術を教えてもらえるほか、お客さんを獲得するための営業の研修もしてもらえます。 5日間の研修が終われば、いよいよ開業となります。 ハウスコンシェルジュの加盟にかかる費用 先ほども説明したとおり、ハウスコンシェルジュに加盟する際の開業資金は、税込1,974,000円です。 開業資金の内訳は、以下のようになっています。 加盟金…900,000円(税別)• 保証金…300,000円• 資材費…~650,000円(税別) 「加盟金」は、ハウスコンシェルジュに加盟するために支払うお金です。 「保証金」は、加盟店オーナーから商品の仕入れ代金やロイヤリティが支払われなかった場合に備えて、本部が預かるお金です。 加盟店オーナーに未払いがあった場合、保証金からそのぶんのお金が引かれます。 未払いがなければ、保証金は契約終了時に全額返還されます。 「資材費」は、ハウスクリーニングの業務に必要な機材や洗剤の費用です。 またフランチャイズに加盟する場合、本部に毎月ロイヤリティを支払わなければなりません。 ロイヤリティとは、簡単に言えば本部の看板の「使用料」のようなものです。 先ほども説明したとおり、 ハウスコンシェルジュのロイヤリティは税抜30,000円となっています。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 ハウスコンシェルジュのメリット ハウスコンシェルジュのメリットはなんと言っても、開業資金とロイヤリティが安い点にあります。 ハウスクリーニングのフランチャイズに加盟する場合、最初に本部に支払う開業資金の額は200~300万が相場です。 しかしハウスコンシェルジュの開業資金は、200万円未満となっています。 またハウスコンシェルジュは、ロイヤリティの額も破格です。 ハウスクリーニングのフランチャイズのロイヤリティは6万円が相場ですが、ハウスコンシェルジュは半分の3万円です。 ロイヤリティは毎月支払うお金なので、継続期間が長いほど、お得になります。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 ハウスコンシェルジュのデメリット ここまでハウスコンシェルジュのメリットについて説明してきましたが、これにはデメリットもあります。 先ほども説明したとおり、ハウスコンシェルジュの研修期間はわずか5日間しかありません。 同じハウスクリーニングのフランチャイズ本部でも、 「おそうじ本舗」の研修期間が15日間ということを考えれば、ハウスコンシェルジュの研修期間の短さは明らかです。 しっかり業務知識や運営ノウハウを学んでから開業したい人には、ハウスコンシェルジュは不向きと言えるかもしれません。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 ハウスコンシェルジュの評判 ハウスコンシェルジュへの加盟を考えている人には、すでに加盟店オーナーとして活躍している人の声が参考になるかもしれません。 ここでは、ハウスコンシェルジュの加盟店オーナーの声を紹介します。 ハウスコンシェルジュの良い評判 ここではまず、ハウスコンシェルジュの良い評判から紹介していきましょう。 「最初は仕事がとれるか不安でしたが、本部からまとまった数の空き部屋清掃の仕事をまわしてもらえました。 他にもマンションの共用部を日常的に清掃する仕事をもらえたため、仕事には困りませんでした」 ハウスクリーニングは、依頼がなければ一円も稼げません。 それなりの売上を上げるためには、仕事の数をこなさなければなりません。 そのため、 開業前は仕事が充分にとれるのか不安に思っている人も多いはずです。 しかしハウスコンシェルジュでは、本部がまとまった量の仕事を安定的に供給してくれるため、開業したてでも仕事には困らないようです。 ハウスコンシェルジュの悪い評判 続けて、ハウスコンシェルジュの悪い評判についても紹介していきます。 「ハウスクリーニングの業界でも、ハウスコンシェルジュの知名度は決して高くありません。 営業をかけても、「そんなところは知らない」と言われてしまうこともあります」 本部のブランド力を活用できるのが、フランチャイズに加盟することの最大のメリットです。 本部の知名度が高ければ、それだけ集客効果も高くなります。 しかし ハウスコンシェルジュは、一般的な知名度が高いとは言えません。 その点で言えば、ハウスコンシェルジュのフランチャイズに加盟するメリットは、あまりないと言えるかもしれません。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 まとめ ハウスクリーニングのフランチャイズ本部の一つであるハウスコンシェルジュには、以下2つの特徴があります。 開業資金やロイヤリティが安い• 本部のバックアップが手厚い ハウスクリーニングのフランチャイズ本部で、開業資金が200万円弱、ロイヤリティが3万円というのは破格です。 さらにクレーム対応やまとまった仕事の紹介もしてくれるなど、本部のバックアップも手厚くなっています。 ただしハウスコンシェルジュには、以下のデメリットもあります。 研修の期間が短い• 知名度が低い ハウスコンシェルジュへの加盟を考えている方は、この点もしっかり理解しておきましょう。

次の

【注目ポイント】BROOMハウスクリーニングのフランチャイズで独立・開業・起業

ハウス クリーニング フランチャイズ 特徴

ハウスクリーニング業界にしぼって独立開業を検討し始めたものの、取り寄せた資料だけでは 「どこのフランチャイズ本部が頼れるのか」や 「頑張った分だけきちんと稼げるのか」といったことは、パンフレットを読んでも、なかなか分からないものです。 そこで当管理人は、こんどは実際にフランチャイズ本部を訪れて、自分の目で確かめることにしました。 このコーナーは、その時のメモを元に作った、フランチャイズ事業説明会の体験レポートです。 会社の規模や雰囲気、フランチャイジーの立場に立った説明をしてくれるか、強引な営業をかけてきたりしないか、といった事は、加盟を検討している人なら誰でも気になることだと思います。 もちろん、訪れた日や対応してくれる担当者などによって、同じ会社であっても体験談の質や印象はかなり変わってくるでしょうが、これからフランチャイズ事業の説明会に参加しようと考えている方にとっては、このレポートが本部の雰囲気をつかむ参考になることでしょう。 自分に合うFCにめぐり合うためには複数の業者を訪れるべき! 当管理人は、ハウスクリーニング業界最大手のおそうじ本舗と、ロイヤリティが最安値のハウスコンシェルジュ、最近出店数が増えているおそうじ革命の3社を訪問しました。 いきなり結論っぽいことを言えば、フランチャイズ本部の説明会は、 気になったら絶対に一度は行くべき!と実感しました。 それも、複数の会社に行ったほうが良いです。 「大手だから…」「名前を聞いたことがない会社だから…」といった先入観が、良い意味で裏切られました。 本当にフランチャイジーを大切にしてくれる、頑張れば頑張るほど収益が増やせるFC本部に出会うために、このレポートを読んで参考にしていただければ嬉しいです。 各フランチャイズの個人的評価 おそうじ本舗・ハウスコンシェルジュ・おそうじ革命3社の説明会を受けるにあたり、気になる「説明のわかりやすさ」「営業が強引でないか」「研修・営業のサポート体制」3つのポイントを管理人が個人的に評価しました。 参考になれば幸いです。 以下の説明会レポートは、あくまでも当サイト管理人の個人的な評価であることを前提に見ていただけると嬉しいです。 おそうじ革命は、資料こそありますが口頭での説明が多いため、メモを常に取らないと後で振り返りにくいです。 営業の押しの強さ 営業の押しは、ハウスコンシェルジュとおそうじ革命がソフト。 おそうじ本舗は、5日後に締め切られる加盟申込書を渡されます。 決心がついてから説明会に参加するくらいがベストだと思います。 おそうじ革命は半年~1年半と長めの研修が、はやく開業したい人にはネックになります。 研修中は日当がもらえるため、生活は困らないとのことでした。 フランチャイズ事業説明会に行こう!チェックポイントは4つ フランチャイズ事業説明会にはぜひ参加してみていただきたいですが、ただ話を聞くだけでは不十分。 良し悪しを見極めるためには、ポイントをしぼってチェックすることが大切です。 そこで、フランチャイズ事業説明でチェックすべきポイントについて解説します。 信頼性は何より大事!突っ込んだ質問もしてみよう あらゆる面で信頼でき、パートナーシップを築けるのか、フランチャイズ本部の信頼性をチェックします。 法定開示書面、営業実績など大切な情報を開示していること。 売上げやメリットをアピールするだけではなく、必要経費やデメリットも開示していること。 初期投資額以外に追加費用が必要かどうかなど、 知らなければ困る情報を開示してない本部とは信頼関係を築くことができません。 説明会の際は、突っ込んだ質問も遠慮なくしてみるのがおすすめ。 そのとき、誠実に、具体的に解答してくれない場合は、説明会を行なっている人物の知識が足りないか、隠したいことがあるかのどちらかです。 知識のない人物が説明会を行なっていることはそれ自体が問題ですし、隠し事は論外なので、候補から外すべきでしょう。 誠実で、惜しみなく情報を開示してくれる本部を選ぶようにしてください。 競争力・収益性は死活問題!ブランド力やオリジナリティを確認 数多くあるハウスクリーニングの業者の中から選んでもらえる業者でないと、収益を上げることはできません。 他の業者と比較して、競争力はあるか、ブランド力は十分か、有名でなくても独自のスタイルがあり、それが魅力的なものか……。 こういったことを冷静な目で検討する必要があります。 また、実際の加盟店舗の利益率、ロイヤリティ、オーナー収入をチェックしましょう。 必ずしも、規模や知名度が収益性に直結するわけではありませんが、本部の経営が安定していないのは危険ですので、本部の売上げは300億以上ならとても良いです。 店舗数が少なすぎる場合も、収益性の上では不安ですので、 10店舗以下という場合は、よく検討しておく必要があるでしょう。 サポート力は経営に直結!加盟店舗のオーナーに聞けるとベスト 本部がどの程度加盟店舗をサポートしてくれるのか、具体的に内容を把握しましょう。 本部の担当者が、どれくらいの店舗を1人で受け持っているかは重要です。 20店舗以上など多すぎる場合、必要なときにアドバイスやフォローが受けられない可能性も出てきます。 経営に関する研修は、開業時ばかりではなく、定期的に受けられれば安心。 詳細で分かりやすい作業マニュアルがあれば仕事がしやすくなります。 できれば、実際の加盟店舗のオーナーに話を聞きたいところ。 そこで具体的なサポート内容を聞いて自分と置き換え、そのサポートで経営していけるかどうかを考えみると良いでしょう。 実際に自分が加盟して経営していくとなったら、どの程度のサポートが必要なのか。 じっくりと検討する上で、説明会で情報を得ておくことが大切です。 加盟を急かせる言葉には要注意! 営業トークとして「もうすぐ締め切り」「今なら……」と、加盟を急かせるフレーズは少なからずあるかもしれません。 しかし、フランチャイズで開業することは、人生をかける大きな決断です。 それなのに、「必ず儲かります!」「年収〇〇〇円確実!」といった、根拠もなく儲かる話をして加盟を急かせる場合は注意が必要です。 1つ1つの店舗を大切に扱い、収益を上げていこうとしている本部であれば、そのような営業トークはしないはずです。 少なくとも説明会で即決してしまわず、一度持ち帰り、他の説明会もいくつか足を運び、それぞれのメリット、デメリットを比較した上で、自分で最適と思われる本部に加入するようにしましょう。 フランチャイズ説明会に行った各社の分析と比較 おそうじ本舗 「おそうじ本舗」では個人事業主として加盟する場合、• 加盟金200,000円• 保証金200,000円• 研修費440,000円• 機材費1,550,000円• 開業支援チケット50,000円• システム使用料150,000円 の、計2,590,000円(税抜)が開業時に必要となります。 e-ラーニングなどのシステムを使用した研修制度など、大手ならではの充実したシステムは魅力ですが、押しが強く自社ローンを組んでまで加入をうながす姿勢も見受けられ、違和感を感じることもあるようです。 ロイヤリティは60,000円と、他社と比較すると少し高めですが、大手の看板を掲げることができるので、 集客を考えると妥当だと思われます。 話を聞くだけ、という気持ちで行った人には抵抗があるかもしれませんが、開業する気持ちで資金も用意できているということであれば、しっかりした制度なので安心して加盟することができそうです。 ハウスコンシェルジュ 知名度は大手と比較すると低いものの、ロイヤリティが30,000円と他社よりも低めで、 初期費用についても総額1,800,000円と業界2位の安さです。 ロイヤリティは毎月かかる費用なので、できるだけ安く抑えたほうがその後の利益率が高くなりますが、大手と比較すると開業当初の集客に手こずる可能性があり、この点はリスクだといえるかもしれません。 しかし、ロイヤリティだけでなく顧客の紹介料も大手と比較して割安なので、長く事業をすることを前提とした場合、ハウスコンシェルジュのほうが後にしっかり利益を得られそうです。 加盟への営業もほかと比較してソフトなので、納得した上で契約をしてもらいたいという気持ちが見えます。 おそうじ革命 おそうじ革命は研修制度が充実しているのが特徴で、半年から1年かけて OJTでしっかりと技術を身につけることができるため、顧客により高いサービスを提供できます。 フランチャイズとはいえ最終的には自分の技術がリピーターにつながる大きな要素となるので、しっかり技術を身につけられることは大きなメリットだといえます。 研修期間も日当がもらえるので、収入をきちんと得ることができる点も魅力です。 開業資金最大で100万円未満とかなり安く、ネームバリューは小さいものの小さいリスクで開業できる上に、本社からの顧客紹介も充実しているので、安定した収入が見込めるため、より少ない資金で開業したいという人に適しています。

次の

おそうじ本舗のFCオーナー3名に聞いた!加盟の理由や、売上や本部のこと

ハウス クリーニング フランチャイズ 特徴

ハウスクリーニング業界 清掃業は、サービス内容によっては、狭い店舗、あるいは店舗を持たなくとも営業できるのが魅力となっています。 ハウスクリーニング業界の特徴 専用車に器具や道具を積み込んでしまう場合が多く、駅の周辺や住宅地などのわずかなスペースでも開業できます。 サービス内容によっては小さな店舗、あるいは店舗なしでも運営可能なのがハウスクリーニング事業の魅力です。 また、インターネットで受注、問い合わせできる体制を整えれば、顧客が増え、収益を伸ばしていくことも可能です。 近年は、女性の社会進出もあってか、家を業者やハウスクリーニングに掃除してもらう人が増えています。 この業界では特殊な洗浄剤を使用し、普段はなかなか落とせない汚れをきれいに落とせるということで利用する方が多くなっています。 清掃業で開業をするために資格は必ずしも必要ありませんが、資格を保有しておけば、信頼性が高まり、固定客もつきやすくなります。 また、顧客に対し、ハウスクリーニングについて必要なサービスを提案しやすくなりますので、 資格を保有することをおすすめします。 最近はハウスクリーニングが良く利用されていますが、ハウスクリーニングで独立したいのであれば、きちんとした準備が必要です。 ハウスクリーニングというと単なる掃除で簡単にできそうに思えますが、お金を払う側はそれなりの結果を求めていますし、効率よく掃除することも求められます。 特に、エアコンの掃除を依頼する人が多くなっていますので、そのようなノウハウも身につけておきましょう。 清掃に関する技術を身につけていないと独立してもなかなか採算が取れなくなりますので、知識と経験を積むことは大切です。 ハウスクリーニング業界の傾向 省スペースで運営できる上、インターネットでの受注を取りやすく、問い合わせできる体制を整えれば、順調に顧客を増加させて収益を伸ばしていくことが可能です。 近年は女性の社会進出もあってか、自宅の掃除を業者やハウスクリーニングに任せる人が増えてきています。 一般の家庭ではなかなか見ることのない特殊な洗浄剤を使用しているため、普段のお掃除では落とせない汚れをきれいに落とせることも利用者の増加につながっています。 ハウスクリーニング業界で開業をする際、絶対に必要な資格はありませんが、清掃作業監督者や有機溶剤作業主任者などの関連性のある資格を保有していれば、より信頼性が高まり、利用者から選ばれやすくなるでしょう。 また、顧客に対してハウスクリーニングのサービスや知識を提供しやすくなりますので、そういった意味でも資格を保有しておくことをおすすめします。 また、資格だけでなく清掃に関する技術を身につけることも重要。 技術の確立ができていないと、独立してもなかなか採算が取れなくなっていきます。 日々の運営のなかで、知識と経験を積むことが大切です。 業界として注目されてきたこともあり、ハウスクリーニングで独立したいのであれば、きちんとした準備が必要です。 ハウスクリーニングというと単なる掃除で簡単にできそうに思えますが、お金を払う側はそれなりの結果を求めていますし、効率よく掃除することも求められます。 特に、エアコンの掃除を依頼する人が多くなっていますので、さまざまなノウハウを身につけておきましょう。 ハウスクリーニング業界に加盟する上での注意点 どうしても専用の機材と移動が必須となりますから、それなりに費用がかかることは覚悟しなければいけません。 使用する洗剤などが本部購入としているところもあるので、どこまで本部の指示に従わなければいけないのかも確認しておきましょう。 また、必要となる機材をリース契約した場合、途中で解約できないこともあるので注意が必要です。 解約した場合、ハウスクリーニング店として開業することができないこともあり、こっそりやると訴えられることもあるので注意が必要です。 ハウスクリーニング業界のメリット・デメリット 独立開業する場合は、ハウスクリーニングが最適です。 ノウハウがない場合は、加盟することで効率的に仕事を回すことが可能となります。 技術や情報のノウハウ、さらに大手であればブランド力で集客も個人よりも容易になります。 ただ、デメリットとしては機材のリース契約です。 お客さんがなかなかつかずに利益がでないでいると、数百万といったローンが重くのしかかってくることも…。 また、一度ノウハウを受けてしまうと、フランチャイズからの独立が難しいこともあります。 ハウスクリーニング業界の収益モデル例 おそうじ本舗 加盟金 20万円 ロイヤリティ 6万円 事業内容 ハウスクリーニング業界では、トップクラスの知名度を誇る会社。 住宅だけでなく商業店舗のクリーニングもおこないます。 FCの特徴 研修制度はもちろん、テレビCMやWEBなどの豊富な宣伝ツールでバックアップ。 iPad mini連動の顧客HPCシステムでカード決済にも対応しています。 カバーオールジャパン 加盟金 140~520万円(プランや地域によって異なる) ロイヤリティ 顧客への請求額の8. 高所の窓拭き作業などはおこないません。 FCの特徴 オープン前の研修あり。 定期的にテクニカルアドバイザー等による指導・助言・品質管理等が受けられます。 おそうじ革命 加盟金 30万円(バイク便の場合10万円) ロイヤリティ 6万円 事業内容 リフォーム、リペア・修理、その他サービス業をおこないます。 FCの特徴 顧客紹介制度で、本部が獲得した顧客を加盟店に振り分け。 在庫を抱えることがなく、毎月の家賃などの経費もかかりません。 HPを無料で作成し、オーナー独自の動画オンデマンドチャンネルもあり。 ダスキンはもともと知名度が高く、宣伝も行っているため、 独立後もスムーズに収益を伸ばすことが期待できます。

次の