うるう 小学校。 岐阜県大垣市の小学校一覧

岐阜県大垣市の小学校一覧

うるう 小学校

日曜日。 昨夜はむし暑くて寝苦しかった。 4時まで起きていた。 それからねむったら9時に目が覚めた。 AM 朝起きたら、もう宅配便が届いていた。 珍しい黒色の甘いいサクランボ。 ポリフェノール栄養素が豊富に含まれているらしい。 早速朝食にいただく。 昨日『黄ぶな物語』(立松和平作・山中桃子絵)を紹介したら、早速反響があった。 宇都宮の出版社(アートセンターサカモト)に電話したら、坂本道子さんが電話に出てくださった。 坂本さんには以前、私もインタビューをうけ、冊子に大きく紹介していただいたことがある。 懐かしい話に花が咲く。 「今も私の机の前には、黄ぶなが飾ってある」と話した。 新型コロナウイルス騒動で混乱しているだけに「黄ぶな」が注目されているらしい。 立松和平には、先見の明があったのかもしれない。 今年で没後10年になる。 20日に作新学院へ伺うことも伝えた。 PM 次は7月1日のテレビ撮影の準備だ。 「焼けあとのおにぎり」の投映+朗読後に、私が20分ほど語る。 全国に流れるそうだ。 「構想メモ」を作成。 一日曇天。 むし暑い。 AM 昨日仕事が出きなかったので、朝から礼状を書いたり、メールの返事に取り組んだ。 そんな時、山中桃子さんから「黄ぶな物語」が送られてきた。 これもすぐに読んで返事を書いた。 立松和平の20年前の作品である。 絵は山中桃子。 新装改訂版として「絵」と「装丁」(和綴じも、うれしい)が新しくなった。 「少し」という約束だったが、たくさん樹木が伐採される。 老人は怒って瞑想にこもってしまった。 すると、村に疫病が流行りだした。 代表が謝罪に向かうと、瞑想を終えた老人の前に「黄色い(黄金色)フナ」が、たくさん泳いでいた。 村人たちは、あの時の過ちを繰り返さないために「ふな」を玩具として残し、今でも語り継いでいる、というのである 今日の新型コロナウイルスと絡んで再注目された絵本。 「黄ぶな」玩具は、宇都宮時代たびたび求めていた。 むし暑い一日だった。 AM 10〜羽村発。 原稿+水+メガネ+のど飴をばっちりと。 半年ぶりの都心行きだった。 日比谷公園前の、「関西ラジオ」のスタジオへ(プレスセンタービル6f)。 すでに、書写山の大樹玄承先生が「歴史と仏教」を収録中だった。 しばらく控室で、事務の女性と雑談。 1時30分より、加古学長自らプロデューサーとなり、「絵童話『焼けあとおにぎり』の底に流れる思い」の収録。 30分たっぷりと語る。 収録待機中に作新学院から電話が入る。 2時30分終了後急いで帰宅。 20日の作新学院の講演会での「演題、日程、準備等の確認」を行った。 当日、作新の近くに住む有名な児童文学作家・高橋秀雄さんをお呼びして紹介したい、と申し出た。 宇都宮の学校は心が広い。 「ご一緒に、ランチルームで先生方と昼食をとりながら、懇談いたしましょう」とのこと。 (高橋秀雄さん有名人だから、すでに予定がはいっているのではないか?)と、心配になったが、(たまたま?)20日は空いているとのこと。 来ていただくことになった。 夕食前に風呂に入って汗を流した。 朝から一日曇天。 と、思ったら夕方から降り出してきた。 AM 大阪毎日放送から出版社経由で「焼けあとのおにぎり」ラジオドラマ台本が冊子として届いた。 再確認してOKを出した。 M(音楽)もSE(効果音)も巧みに挿入されていた。 出版社S編集者から「今日、この作者(私のこと)の両親はどうしたのだろう?」と、読者から問い合わせがあったとのこと。 「東京大空襲で亡くなった」と返事をしたら、電話口で泣き声になった、と知らせてきた。 孫に同書を送りたい、と言っていたそうだ。。 明日は「焼けあとのおにぎり」の裏話と平和への願いについてのラジオ収録。 最後の下準備。 PM 羽村市の総務部企画課のOさんが「パワーポイント」の返却に来た。 7月1日テレビの収録。 当日体温を計ってから作業に入るとのこと。 月末なので「雑誌書評」の最後の1本を書き上げた。 最上一平さんの「おばけえん」(教育画劇刊)。 ということで、明日は「内幸町のスタジオ」まで出張。 帰り「銀ブラ」でもしてきましょうか? でも新型コロナウイルスに気をつけなければ…。 AM 一日くもり空。 昨日、10月28日「三月ひまわりの会」の公演「焼けあとのおにぎり」(投映+朗読+講演)を知人に知らせたら「参加したい」と今日うだけで10名も集まった。 本ブログの効果もあった?。 かなり遠方から(関西)の参加者もいて驚いてしまった。 まだ4か月も先のこと。 PM 福生公民館の講演担当井上日出夫さん来宅。 先日送稿した「平和への願い。 焼けあとのおにぎり」の原稿に写真を組み込んで持参してくださった。 校正修正箇所なし。 来月『公民館ふっさ』が福生市民に配布されるとのこと。 講演が延期になってしまったので、「平和特別号」として発行されるのだ。 しばし「人権問題、差別語問題など」について談義。 夕方から、書評1本書いて、今日の作業は終了。 曇天から、次第に晴に。 AM 早朝、出版社から「『焼けあとのおにぎり』ラジオドラマに決定!」と知らせが入り、続いて、ラジオドラマに脚色された台本が送られてきた。 許諾した。 内容下記の通り。 ・大阪毎日放送 MBSラジオ ・7月20日〜24日 5日連続 ・時間 8時〜10時30分 (9時30分頃〜放送)... ・「ありがとう!浜村淳です」の中で。 (関西の人気番組らしい) (46年続く長寿番組)声優さんも出演 ・原作 漆原智良 よしだるみ画 ・脚色 戸高米友見 PM 某法人のMさんより電話あり。 「石巻で『命の大切さ』の公演をお願いしたい」とのこと。 「焼けあとのおにぎり」公演の話をしたら、即決まり。 10月下旬に伺うことで調整。 AM 明け方、雨が上がった。 山形県の広介記念館の理事長から「今年度のひろすけ賞中止の件や、青おに童話の件について」の電話連絡があり。 私なりの意見を述べてすべて一任した。 明日は「くにたち童話の会」が開かれる。 会場は立川市子ども未来センター。 すでに添削は終わっているが、再度読み直して再確認。 去年の秋以降、私の手術などもあり久方ぶりの再会。 PM 次号の雑誌に取り上げる作品も決まったので、のんびりと熟読。 みなさまへ あと1週間で締め切りです。 肌寒かったので長袖シャツ。 4か月も散髪に行っていなかった。 いままで「外出自粛」をきちんと守っていた。 予約したら「午後一でできる」とのこと。 新型コロナウイルスによる生活様式の変化を機に「坊主にしてしまおうか」「86歳の爺様、頭髪もなくなったし、年も年だから丸坊主にして仏門に入ろうか」とも思った。 羽村市に住む童話作家Rさんは「三分刈り」にしたそうだ。 しばらくの間「坊主にしようか、長髪にしようか」迷っていた。 2〜3友人・知人にもたずねた。 みんなは「長髪がよい」という。 自分の意志が弱い。 K理髪店いいって「これから長髪にしたい」といった。 さっぱりとした。 帰りに知人の経営する喫茶店によってココアを飲んで一休みしてきた。 朝から小雨。 肌寒い一日。 長袖の上に薄いセーターを着こんだ。 昨夕方は、久方ぶり立川市に出て、買い物などで遊びすぎたせいか、疲れてしまったので、一眠りしてしまった。 目が覚めて起き上がり、真夜中に原稿を書いた。 福生市に依頼された(仮題)「平和を願って・「焼けあとのおにぎり」を中心に」4枚程。 事前に「構想メモ」を作成し、書きたいことを数行のメモにしておいたので、筆(いや、PCへの打ち込みだが)は進んだ。 一気に仕上げて、即「添付」で公民館に送稿してしまった。 締め切り日より一週間早い。 9時起床。 熱いほうじ茶で目を覚ました。 友人や知人に頼まれていた本、10冊ほどにサインを入れてから、コンビニに向かい宅配便に頼んできた。 帰宅したら早速、福生公民館・講演担当の井上さんから「原稿は、今日の会議に提出される」と喜びの電話がかかってきた。 PM 今年の初物サクランボが届いた。 「初物を食べると長生きする」と言われているので、仏前に供えてから早速賞味。 サクラン坊やが口の中で甘い香りを放ってくれた。 今日から「他県への移動」の自粛が解けた。 自粛要請は解除されても、相変わらず「新型コロナウイルスの陽性者」の数は減らない。 まだまだ、心配は続く。

次の

小学校入学準備リスト。筆箱や用品など一体何が必要?お金がかかるからこそよく考えて購入しよう

うるう 小学校

日曜日。 昨夜はむし暑くて寝苦しかった。 4時まで起きていた。 それからねむったら9時に目が覚めた。 AM 朝起きたら、もう宅配便が届いていた。 珍しい黒色の甘いいサクランボ。 ポリフェノール栄養素が豊富に含まれているらしい。 早速朝食にいただく。 昨日『黄ぶな物語』(立松和平作・山中桃子絵)を紹介したら、早速反響があった。 宇都宮の出版社(アートセンターサカモト)に電話したら、坂本道子さんが電話に出てくださった。 坂本さんには以前、私もインタビューをうけ、冊子に大きく紹介していただいたことがある。 懐かしい話に花が咲く。 「今も私の机の前には、黄ぶなが飾ってある」と話した。 新型コロナウイルス騒動で混乱しているだけに「黄ぶな」が注目されているらしい。 立松和平には、先見の明があったのかもしれない。 今年で没後10年になる。 20日に作新学院へ伺うことも伝えた。 PM 次は7月1日のテレビ撮影の準備だ。 「焼けあとのおにぎり」の投映+朗読後に、私が20分ほど語る。 全国に流れるそうだ。 「構想メモ」を作成。 一日曇天。 むし暑い。 AM 昨日仕事が出きなかったので、朝から礼状を書いたり、メールの返事に取り組んだ。 そんな時、山中桃子さんから「黄ぶな物語」が送られてきた。 これもすぐに読んで返事を書いた。 立松和平の20年前の作品である。 絵は山中桃子。 新装改訂版として「絵」と「装丁」(和綴じも、うれしい)が新しくなった。 「少し」という約束だったが、たくさん樹木が伐採される。 老人は怒って瞑想にこもってしまった。 すると、村に疫病が流行りだした。 代表が謝罪に向かうと、瞑想を終えた老人の前に「黄色い(黄金色)フナ」が、たくさん泳いでいた。 村人たちは、あの時の過ちを繰り返さないために「ふな」を玩具として残し、今でも語り継いでいる、というのである 今日の新型コロナウイルスと絡んで再注目された絵本。 「黄ぶな」玩具は、宇都宮時代たびたび求めていた。 むし暑い一日だった。 AM 10〜羽村発。 原稿+水+メガネ+のど飴をばっちりと。 半年ぶりの都心行きだった。 日比谷公園前の、「関西ラジオ」のスタジオへ(プレスセンタービル6f)。 すでに、書写山の大樹玄承先生が「歴史と仏教」を収録中だった。 しばらく控室で、事務の女性と雑談。 1時30分より、加古学長自らプロデューサーとなり、「絵童話『焼けあとおにぎり』の底に流れる思い」の収録。 30分たっぷりと語る。 収録待機中に作新学院から電話が入る。 2時30分終了後急いで帰宅。 20日の作新学院の講演会での「演題、日程、準備等の確認」を行った。 当日、作新の近くに住む有名な児童文学作家・高橋秀雄さんをお呼びして紹介したい、と申し出た。 宇都宮の学校は心が広い。 「ご一緒に、ランチルームで先生方と昼食をとりながら、懇談いたしましょう」とのこと。 (高橋秀雄さん有名人だから、すでに予定がはいっているのではないか?)と、心配になったが、(たまたま?)20日は空いているとのこと。 来ていただくことになった。 夕食前に風呂に入って汗を流した。 朝から一日曇天。 と、思ったら夕方から降り出してきた。 AM 大阪毎日放送から出版社経由で「焼けあとのおにぎり」ラジオドラマ台本が冊子として届いた。 再確認してOKを出した。 M(音楽)もSE(効果音)も巧みに挿入されていた。 出版社S編集者から「今日、この作者(私のこと)の両親はどうしたのだろう?」と、読者から問い合わせがあったとのこと。 「東京大空襲で亡くなった」と返事をしたら、電話口で泣き声になった、と知らせてきた。 孫に同書を送りたい、と言っていたそうだ。。 明日は「焼けあとのおにぎり」の裏話と平和への願いについてのラジオ収録。 最後の下準備。 PM 羽村市の総務部企画課のOさんが「パワーポイント」の返却に来た。 7月1日テレビの収録。 当日体温を計ってから作業に入るとのこと。 月末なので「雑誌書評」の最後の1本を書き上げた。 最上一平さんの「おばけえん」(教育画劇刊)。 ということで、明日は「内幸町のスタジオ」まで出張。 帰り「銀ブラ」でもしてきましょうか? でも新型コロナウイルスに気をつけなければ…。 AM 一日くもり空。 昨日、10月28日「三月ひまわりの会」の公演「焼けあとのおにぎり」(投映+朗読+講演)を知人に知らせたら「参加したい」と今日うだけで10名も集まった。 本ブログの効果もあった?。 かなり遠方から(関西)の参加者もいて驚いてしまった。 まだ4か月も先のこと。 PM 福生公民館の講演担当井上日出夫さん来宅。 先日送稿した「平和への願い。 焼けあとのおにぎり」の原稿に写真を組み込んで持参してくださった。 校正修正箇所なし。 来月『公民館ふっさ』が福生市民に配布されるとのこと。 講演が延期になってしまったので、「平和特別号」として発行されるのだ。 しばし「人権問題、差別語問題など」について談義。 夕方から、書評1本書いて、今日の作業は終了。 曇天から、次第に晴に。 AM 早朝、出版社から「『焼けあとのおにぎり』ラジオドラマに決定!」と知らせが入り、続いて、ラジオドラマに脚色された台本が送られてきた。 許諾した。 内容下記の通り。 ・大阪毎日放送 MBSラジオ ・7月20日〜24日 5日連続 ・時間 8時〜10時30分 (9時30分頃〜放送)... ・「ありがとう!浜村淳です」の中で。 (関西の人気番組らしい) (46年続く長寿番組)声優さんも出演 ・原作 漆原智良 よしだるみ画 ・脚色 戸高米友見 PM 某法人のMさんより電話あり。 「石巻で『命の大切さ』の公演をお願いしたい」とのこと。 「焼けあとのおにぎり」公演の話をしたら、即決まり。 10月下旬に伺うことで調整。 AM 明け方、雨が上がった。 山形県の広介記念館の理事長から「今年度のひろすけ賞中止の件や、青おに童話の件について」の電話連絡があり。 私なりの意見を述べてすべて一任した。 明日は「くにたち童話の会」が開かれる。 会場は立川市子ども未来センター。 すでに添削は終わっているが、再度読み直して再確認。 去年の秋以降、私の手術などもあり久方ぶりの再会。 PM 次号の雑誌に取り上げる作品も決まったので、のんびりと熟読。 みなさまへ あと1週間で締め切りです。 肌寒かったので長袖シャツ。 4か月も散髪に行っていなかった。 いままで「外出自粛」をきちんと守っていた。 予約したら「午後一でできる」とのこと。 新型コロナウイルスによる生活様式の変化を機に「坊主にしてしまおうか」「86歳の爺様、頭髪もなくなったし、年も年だから丸坊主にして仏門に入ろうか」とも思った。 羽村市に住む童話作家Rさんは「三分刈り」にしたそうだ。 しばらくの間「坊主にしようか、長髪にしようか」迷っていた。 2〜3友人・知人にもたずねた。 みんなは「長髪がよい」という。 自分の意志が弱い。 K理髪店いいって「これから長髪にしたい」といった。 さっぱりとした。 帰りに知人の経営する喫茶店によってココアを飲んで一休みしてきた。 朝から小雨。 肌寒い一日。 長袖の上に薄いセーターを着こんだ。 昨夕方は、久方ぶり立川市に出て、買い物などで遊びすぎたせいか、疲れてしまったので、一眠りしてしまった。 目が覚めて起き上がり、真夜中に原稿を書いた。 福生市に依頼された(仮題)「平和を願って・「焼けあとのおにぎり」を中心に」4枚程。 事前に「構想メモ」を作成し、書きたいことを数行のメモにしておいたので、筆(いや、PCへの打ち込みだが)は進んだ。 一気に仕上げて、即「添付」で公民館に送稿してしまった。 締め切り日より一週間早い。 9時起床。 熱いほうじ茶で目を覚ました。 友人や知人に頼まれていた本、10冊ほどにサインを入れてから、コンビニに向かい宅配便に頼んできた。 帰宅したら早速、福生公民館・講演担当の井上さんから「原稿は、今日の会議に提出される」と喜びの電話がかかってきた。 PM 今年の初物サクランボが届いた。 「初物を食べると長生きする」と言われているので、仏前に供えてから早速賞味。 サクラン坊やが口の中で甘い香りを放ってくれた。 今日から「他県への移動」の自粛が解けた。 自粛要請は解除されても、相変わらず「新型コロナウイルスの陽性者」の数は減らない。 まだまだ、心配は続く。

次の

大垣市立西小学校

うるう 小学校

沿革 [ ]• (明治4年) - 久瀬川村の中組稲荷神社集会所に仮校を開設。 (明治5年) - 個人宅に移転。 その後廃止。 (明治6年) - 久瀬川が開校。 (明治8年) - 5番小学校に改称。 その後久瀬川学校に改称。 (明治10年) - 13番小学校に改称する。 (明治13年) - 校区が久瀬川村のみとなる。 (明治19年) - 久瀬川尋常小学校に改称する。 (明治22年)7月1日 - 城下、の地域。 久瀬川村、切石村、西崎村、室村、宮村、高屋村、藤江村、南村、南寺内村、世安村、今村の一部 、林本郷村、若森村の一部 、の一部 が合併し、大垣町が発足。 (大正6年) - 大垣町立西尋常小学校に改称する。 (大正7年) - 大垣町が市制施行。 同時に大垣市西尋常小学校に改称する。 (昭和16年) - 大垣西国民学校に改称する。 (昭和20年)7月28日 - を受けるが建物の被害は無し。 被災した大垣市静里国民学校(現・)に建物の一部を貸与する。 (昭和22年) - 大垣市立西小学校に改称する。 (昭和26年) - 新校舎本館の第1期工事完成。 (昭和29年) - 新校舎本館の第2期工事完成。 (昭和30年) - 新校舎本館の第3期工事完成により、本館が完成。 (昭和33年) - 新校舎新館(北舎)鉄筋第1期工事完成。 (昭和34年) - 新校舎新館(北舎)鉄筋第2期工事完成により、新館(北舎)が完成。 (昭和42年) - 新館増築。 (昭和47年) - 新館増築。 (昭和55年) - プール完成。 (昭和56年) - 体育館、特別教室完成。 脚注 [ ]• 大垣郭町、大垣宮町、大垣袋町、大垣外側町、大垣桐ヶ崎町、大垣栗屋町、大垣田口町、大垣弓町、大垣旗町、大垣室町、大垣鳩部屋町、大垣鳥見町、大垣番組町、大垣牛屋町、大垣西長町、大垣東長町、大垣鷹匠町、大垣馬場町、大垣新馬場町、大垣岐阜町、大垣歩行町、大垣高橋町、大垣東代官町、大垣西代官町、大垣新地町、大垣清水町、大垣伝馬町、大垣中町、大垣魚屋町、大垣本町、大垣南新町、大垣北新町、大垣竹島町、大垣俵町、大垣東船町、大垣西船町、大垣田町、大垣田町堤通、大垣西田町、大垣東今岡町、大垣西今岡町、大垣東主水的、大垣西主水町、大垣切石町。 宇北裏、村東。 今村は1889年に合併で。 宇石田、勝沼分、町浦、北田分、堤外の一部、井川上河原畑の一部。 若森村は1889年に合併で。 宇代官町東、新地前、狐堀、村西、堤際のうち新規川(支流)より西の地域。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• この項目は、のに関連した です。

次の