女王蜂空中戦。 sva.wistron.com

「女王蜂」というバンドを紹介させてくれ(中編)|づんた|note

女王蜂空中戦

お元気ですか? 私たちは、とても元気です。 春のツアーを終えた私たち。 ツアーで一回り大きくなるとか強くなるとかほんとにあるのかなあ?と疑心暗鬼な私でしたが、いま女王蜂は確実にイケイケのライヴが出来る状態にあります。 各地であったドラマチックな一夜が私たちを成長させてくれました。 私たちは、セーラームーンが新しいコスチュームへとグレードアップするときのように、変化を遂げます。 ヴィーナスから、孫悟空。 そしてキョンシー。 なんでもありやな! その無双状態にターボを、火に油を注ぐ作品として 七月二十二日、新作EP「失神」をリリースさせて頂きます。 もういくつか取材を受けましたが、重ねて言いたいことがあって。 インタビュアーがいないのにあまり語るのもね、野暮かな、なんて思うのですけれど、ひとつだけ。 新作EP「失神」の五曲目に「空中戦」と言う楽曲が収録されます。 この曲は、ほんとに私のなかで大事で大事で仕方がない曲で、今回リリース出来ることを心から喜んでいる私がいるのです。 そして、それはいまでも思っています。 でも、この空中戦だけは、話したいことがあるな、と思って。 私、初めて歌詞で、愛してるって使ったんです とても覚悟の要る言葉で、私には何度も使えるものではないな、と思いました それを今回、結成して六年、デビューして四年生の私が使おうと思ったのは、 女王蜂には、ギギちゃんと言うギタリストがいて すごく素敵なギターを弾く子で、もっと言えばギターで人を変えてしまえるんじゃないかってくらい アルバム「奇麗」以前にいままで出した三枚の音源、 「魔女狩り」「孔雀」「蛇姫様」 この三枚に深く渦巻いているひりつきだったり、言葉に出来ない戦慄、そして当時のライヴにあった謎の破壊力はあの子が持ってきてくれていたのかもしれないってくらい、凄まじいギタリストでした 上手かったかどうかはいまでも判らないけれど、あそこまで業の深いギターを弾けるひととはもうお会い出来ないといまでも思います 三年前の梅雨入りまえ、脱退が決まって、そのあと三週間で単独公演、哀しむ時間も全くなくて 心に封をして、時間だけが過ぎたけれど、思い出、とすら呼べなくて なのでギギちゃんって名前、インタビューでも言えなくてあの子、前のギターの子って言い続けたままでここまでやってきました 具体的にギギちゃんの話が出来るまで、三年かかったのです いまコラムとしてこの話が出来ていること自体に、私はすこしの感動を覚えているのだけれど ギギちゃんが脱退したあと、やしちゃんも脱退する、と言った話になって私たちは一年の活動休止を頂きました。 ひばりくんと出会って、やしちゃんとはまたもう一度ステージに立てることになって、ルリちゃんにもギアが入って、ドラマチックな活動再開をしてから早一年と半年。 超絶好調!ないま、三年かかって別れてゆくメンバーに手向けた曲をリリース出来るところにやっと来ました。 空中戦と言う曲です。 この曲によってライヴハウスはダンスフロアと化すと思うけれど、私は、私はひたすらに噛み締めて唄おうと思います。 やー!もー踊るしか残されてないよなあと思わせる情景を再現、再構築してみたい。 レコーディングに入るまえ、私はこの曲を失神に収録するのかを迷ってしまって。 迷うのは案外珍しいんです、私。 答えなんて九割九分九厘自分のなかで決まっているから、相談するのもちゃうしなあと思いつつも、、お話したい方がいて。 初めて脱退時の心境をメンバー以外にお話しました。 私はそのひとのことを大袈裟に言わずともヒーローだと思っていて。 そのひとの書いたある一曲が、私はとても好きで泣いてしまうくらい、歌詞も情景も素晴らしくて。 脱退劇、と言うと簡単ですけれど、人生は劇ではないし、どんな泥試合にだってレフェリーは来ないので、総てはどこでどう切り上げるかだと思うのです。 哀しんでいても、夜は去って朝来たる!の無限ループ、私たちは着実に毎秒死んでいるのだから、、と、り、ま、やるっきゃない!が常です。 けれどその方とお話した内容が、けして明るいことでも書けることでもないけれど私のなかで起動して、結果、失神に収録することとなりました。 EPに入れることを決意したはいいものの、極力一曲に時間はかけたくない私にとって、収録中は波乱でした。 唄っていると涙が止まらない、眼を開けているのに閉じているかのようにブラックアウトして身動きひとつとれない、目前にあるマイクを通り越して譜面台に置いた歌詞に吸い込まれてしまうようで、二番の歌詞が唄えない。 ヘッドフォンから大丈夫ですか!?と心配の声は聞こえるけれど、どうしても返事が出来ない。 結果、歌入れに五時間ほどかかったと思います。 きっと最長です。 あんな経験はもうしたくない、でもあんな経験そうそう出来ることではないとも思い知る、貴重な時間でした。 そして、泣いてまで、ひとの言葉に背を押されてまでして、一聴なんの変哲もない美しいダンスミュージックを作れたことが、いまの女王蜂の無双さを提示していると思うのです。 お気に入りの作品となりました。 ぶっちぎりのダンスチューン「スリラ」も篠崎愛嬢と志磨遼平殿下を迎えたふたつの「売旬」も、デスコと同時期に出来ていた女王蜂幻の舞踏曲「ギラギラ」も、、全部素敵! 少し長くなってしまいましたね。 私がここまで語るなんて! ちょっぴり恥ずかしいけれど、たまにはいいやんねー 失神、とても素晴らしい作品です。 神様を失う。 信じていたひとを信じながらも物理的に失ったあと、誰が取って代わったって塞がらないのかもしれない。 けれど、塞ぐことは出来ずとも生きてはゆけるし、超絶好調!にはなれることを、思い知れた制作でした。 ギギちゃんとひばりくん、タイプは違えど素晴らしいギタリストをいつも私は左にして唄っているなと、少しおセンチになってみたりね! 制作の背景を明かしましたが、基本的にブルガリ やしちゃん とシャネル 私とルリちゃん とジバンシィ ひばりくん の香りが抜群の調和を保って漂うお昼過ぎのレコーディング現場から生まれた作品ですので、首尾一貫して美しいです。 失神、とても素晴らしい作品です。 きっと、あなたの夏を彩ること請け合い。 パッケージと歌詞カードも、随分とすごいので、、お楽しみに! ではまた ライヴハウス、フェスのステージで XOXO.

次の

女王蜂 空中戦 歌詞

女王蜂空中戦

絶大なる存在感で日本ロックシーンに衝撃を与え続けるバンド、女王蜂(じょおうばち)。 個性的すぎるメンバーやこれまでの経歴、オススメ曲などをご紹介していきます。 性差を超越した妖艶な美貌と作品を重ねるごとに研ぎ澄まされていく音楽性を武器に、唯一無二の存在としてロックシーンを悠然と闊歩していくバンド、 女王蜂。 注目の新人として音楽シーンに登場して以来、自身のイメージと音楽性を刷新し続けてきた女王蜂は、2019年の発表のアルバム 『十』がオリコンチャート最高5位を記録する成功を収め、その活動規模は拡大の一途をたどっています。 前作から9か月という短いスパンでリリースされた2020年の最新作 『BL』はオリコンチャートで初登場6位を記録しており、その勢いは留まるところを知りません。 2020年4月には、自身最大規模となる 幕張メッセ2days単独公演の開催が予定され、そのバンド名が表す通り、日本ロックシーンにおける女王蜂としての貫禄すら漂わせています。 決して揺るがない独自の美意識を貫く孤高のバンド、女王蜂をご紹介していきます。 MEMO一時期バンドを脱退していた期間があり、音楽とは関係ない仕事に就いていたことがメンバーのインタビューで明かされています。 アヴちゃんの実妹で、やしちゃんと同様にバンド結成時には楽器の演奏経験がありませんでした。 女王蜂加入後、アヴちゃんの指導の下で 15キロの減量に成功したというエピソードの持ち主です。 女王蜂の創成期から2012年5月発表のサードアルバム『蛇姫様』まで活躍した素晴らしいギタリストです。 この出来事はアヴちゃんの心に大きな影を落とすこととなり、以後しばらくの間、インタビューなどでもギギちゃんの名前を出すことができず、「前のギターの子」と表現していたほどでした。 女王蜂(じょおうばち)・経歴 2009年に結成された女王蜂は、現在までに7枚のフルアルバムを発表しています。 メンバー全員が初心者というバンドながら、凄まじいライヴパフォーマンスと強烈な世界観が評判を呼び、 結成から1年強で大型フェスティバルに出演するなど異例のスピードで世間の注目を獲得した女王蜂。 そんな彼らのこれまでの歩みを年表形式でご紹介していきましょう。 【2009年】 ・3月31日、アヴちゃん、やしちゃん、ルリちゃんの3人によって兵庫県神戸市で結成。 のちにギタリストとしてギギちゃんを迎えて4人編成となる。 ・市内のライヴハウスを中心にライヴ活動を展開する。 【2010年】 ・1月1日、初の自主制作盤 『姫様御乱心』を発表。 ・3月1日、2枚目の自主制作盤 『王族大逆鱗』を発表。 MEMO2枚の自主制作盤は、現在どちらも廃盤となっている。 他に同枠に名を連ねていたのは HEY-SMITHなど。 【2011年】 ・3月2日、音楽レーベルSPACE SHOWER MUSICからファーストアルバム 『魔女狩り』をリリース。 ・6月10日、恵比寿リキッドルーム公演において、 メジャーデビューを発表。 ・9月7日、セカンドアルバム 『孔雀』でメジャーデビューを果たす。 【2012年】 ・5月23日、3枚目のアルバム 『蛇姫様』をリリース。 ・ギギちゃん脱退後は、 「新たに増殖した不特定多数の演者を加えた編成」で活動を継続することが発表され、ギタリストとキーボード奏者をサポートに迎えた新体制で公演をおこなっている。 ・12月30日、 無期限の活動休止を発表。 「いつぞや必ず完全体への変貌を遂げることを、ここにお約束申し上げます」とのコメントが公開された。 ・ベースのやしちゃんから脱退の申し出があり、それをきっかけとしてバンド内の状況が極めて不安定となってしまったことから、事務所の提案で活動休止を決定した、という内部事情が後日インタビューで明らかにされている。 【2013年】 ・2月22日、SHIBUYA-AXでのワンマン公演「白兵戦」をもって活動を休止。 ・アヴちゃん、新プロジェクト 獄門島一家を結成し活動開始。 MEMO東京事変の長岡亮介(浮雲)、元BLANKEY JET CITYの中村達也、RIZEのKenKenという豪華メンバーを擁するスーパーバンドだった。 ・12月2日、ライヴDVD『白兵戦』の特別先行上映会にメンバーがサプライズ登場。 「完全体へと変貌を遂げました」として 活動再開を宣言した。 【2014年】 ・2月22日、SHIBUYA-AXでのワンマン公演「白熱戦」で活動を再開。 会場限定シングルとして 『一騎打ち』と 『緊急事態』がそれぞれ枚数限定で販売された。 ・3月から「灼熱戦」と題した単独公演シリーズをスタート。 ・9月6日、札幌Sound Lab moleで「灼熱戦~千秋楽編~」を開催。 【2015年】 ・1月、サポートギタリストとして参加していた ひばりくんの正式加入を発表。 ・2月25日、自身初となるシングル 『ヴィーナス』をリリース。 ・3月25日、4枚目のアルバム 『奇麗』をリリースし、オリコンチャート最高37位を記録。 初回限定盤には、アヴちゃん執筆の小説『残酷』が付属していた。 ・5月から6月にかけて、アルバム『奇麗』に伴うツアー『女神たちの売春』を開催。 ・7月22日、EP 『失神』をリリース。 ・12月10日、自身がリスペクトするアーティストとの対バン企画『蜜蜂ナイト』の第1回目を開催。 初回の対バン相手はKEYTALK。 ・この年、アヴちゃんは獄門島一家の一員として単独公演を3回開催している。 【2016年】 ・3月25日、『蜜蜂ナイト LIQUIDROOM 最終決戦 〜超!仁義なき戦い〜』を開催。 女王蜂と獄門島一家という禁断の組み合わせが実現する。 ・5月から7月にかけて全国ツアー『金星から来たヤツら』を開催。 【2017年】 ・4月5日、5枚目のアルバム 『Q』をリリースし、オリコンチャート最高12位を記録。 ・4月から7月にかけて全国ツアー『A』を開催。 ・11月から上映開始のロックミュージカル 『ロッキー・ホラー・ショー』に出演。 アヴちゃんは使用人のコロンビア役として、やしちゃん、ルリちゃん、ひばりくんは舞台音楽の演奏で出演した。 【2018年】 ・1月から2月にかけて単独ツアー『キュービー・ホラー・ショー』を開催。 ・4月25日、シングル 『HALF』をリリース。 アニメ『東京喰種:re』エンディングテーマとして使用された。 オリコンチャート最高25位を記録。 ・4月から7月にかけて全国ツアー「HALF」を開催。 ・10月3日、シングル 『催眠術』をリリース。 オリコンチャート最高14位を記録。 【2019年】 ・1月30日、手塚治虫原作のTVアニメ『どろろ』のオープニングテーマとして書き下ろされた楽曲 『火炎』をシングルリリース。 オリコンチャート最高22位を記録。 ・4月から7月にかけて結成10周年を記念する全国ツアー『「十」-火炎-』を開催。 ・5月22日、6枚目のアルバム 『十』をリリース。 オリコンチャート最高5位を記録。 ・8月から9月にかけてミュージカル 『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』日本版にアヴちゃんが出演。 イツァーク役を熱演した。 ・11月から12月にかけて全国ツアー『「十」-聖戦-』を開催。 【2020年】 ・2月2日、NHKホールにて単独公演『「十」-Serenade-』を開催。 ・2月19日、7枚目のアルバム 『BL』をリリース。 オリコンチャート初登場6位を記録。 ・4月4日~5日、自身最大規模となる幕張メッセ単独公演を開催予定。 女王蜂(じょおうばち)・オススメ曲 愛するメンバーの脱退や解散の危機を乗り越え、凛とした佇まいで未来へ向かって歩んで行く女王蜂。 冷たく突き放しながら抱きしめるような、はしゃぎながら落ち込むような、上昇しながら落下していくような、理屈では説明できない不思議な魅力を持ったバンドです。 デスコ 2011年リリースのセカンドアルバム 『孔雀』収録曲。 映画『モテキ』のメインテーマとして採用された楽曲です。 ドラァグクイーンを連想させるド派手な衣装と深夜帯にしか放送されていないCMの如くチープでキッチュなセンスが最高なPVはインパクト抜群。 古き良きグループ・サウンズを現代風にアップデートしたようなサウンドとアヴちゃんのキャラをコロコロと変えるヴォーカルスタイルが耳に残ります。 メンバーが ジュリ扇を振っているシーンがありますが、これは女王蜂のライヴでの定番アイテムで、客席で無数のジュリ扇が振り回される光景は圧巻の一言です。 鉄壁 2012年リリースのサードアルバム 『蛇姫様』収録曲。 レコード会社の公式YouTubeチャンネルには「珠玉のバラード」と表記されていますが、バラードとは呼びたくないほど荒々しい凄みを持つ楽曲です。 ピアノをバックにアヴちゃんが歌い上げるパートが終わり、バンドが演奏に入ってくるあたりから壮絶の一途を辿っていきます。 歪んだギター、力いっぱい叩かれるシンバルに負けないように声を張り上げるアヴちゃん。 火炎 2019年リリースの6枚目のアルバム 『十』収録曲。 TVアニメ『どろろ』のオープニングテーマとして使用された楽曲です。 先に紹介した2曲と比較すると、明らかにバンドとしての立ち位置が異なっていることがわかります。 近年、海外勢ではBring Me The Horizonの『amo』、日本ではONE OK ROCKの『Eye of the Storm』に代表されるような、 既存のロックサウンドから脱却し、EDMやトラップの要素を大胆に取り入れた作品が話題となりましたが、女王蜂もそのアプローチを採用したバンドのひとつだと言えるでしょう。 最新のクラブミュージックのトレンドと日本的なメロディセンスを融合させるという手法は実に見事で、10年前に楽器経験ゼロからスタートしたバンドだとは思えないほどです。 女王蜂(じょおうばち)・まとめ サウンドとヴィジュアルの両面において進化を続けるバンド、女王蜂をご紹介してきました。 絶大すぎる見た目のインパクトから聴かず嫌いになっていた方もいるかもしれませんが、音にも言葉にも血の通った温かみのあるバンドです。 この機会に女王蜂の世界に足を踏み入れ、4月の幕張メッセ公演にジュリ扇片手に参加してみるというのはいかがでしょうか。 愛の街として知られる川崎市に住む新米ライター。 音楽とビールに生かされる日々を送っております。 好きなジャンルはハードロックやヘヴィメタル、たまにパンクロックなど。 ライヴ前のお酒も好きですが、ライヴ後のお酒はもっと好きです。 ファンを振り回すのが得意なバンドではありますが、その魅力に抗えず長いこと追いかけ回しております。 彼らの2008年作『Chinese Democracy』は無人島へ持って行きたい1枚。 プロフィール画像はわたくしの近影…ではなく、不定期でTwitterに投稿している『猫ちゃんのおしゃべり酒場』シリーズの猫ちゃん。 そろそろ本物の猫ちゃんを飼いたいマイライフです。

次の

”空中戦” by 女王蜂

女王蜂空中戦

お元気ですか? 私たちは、とても元気です。 春のツアーを終えた私たち。 ツアーで一回り大きくなるとか強くなるとかほんとにあるのかなあ?と疑心暗鬼な私でしたが、いま女王蜂は確実にイケイケのライヴが出来る状態にあります。 各地であったドラマチックな一夜が私たちを成長させてくれました。 私たちは、セーラームーンが新しいコスチュームへとグレードアップするときのように、変化を遂げます。 ヴィーナスから、孫悟空。 そしてキョンシー。 なんでもありやな! その無双状態にターボを、火に油を注ぐ作品として 七月二十二日、新作EP「失神」をリリースさせて頂きます。 もういくつか取材を受けましたが、重ねて言いたいことがあって。 インタビュアーがいないのにあまり語るのもね、野暮かな、なんて思うのですけれど、ひとつだけ。 新作EP「失神」の五曲目に「空中戦」と言う楽曲が収録されます。 この曲は、ほんとに私のなかで大事で大事で仕方がない曲で、今回リリース出来ることを心から喜んでいる私がいるのです。 そして、それはいまでも思っています。 でも、この空中戦だけは、話したいことがあるな、と思って。 私、初めて歌詞で、愛してるって使ったんです とても覚悟の要る言葉で、私には何度も使えるものではないな、と思いました それを今回、結成して六年、デビューして四年生の私が使おうと思ったのは、 女王蜂には、ギギちゃんと言うギタリストがいて すごく素敵なギターを弾く子で、もっと言えばギターで人を変えてしまえるんじゃないかってくらい アルバム「奇麗」以前にいままで出した三枚の音源、 「魔女狩り」「孔雀」「蛇姫様」 この三枚に深く渦巻いているひりつきだったり、言葉に出来ない戦慄、そして当時のライヴにあった謎の破壊力はあの子が持ってきてくれていたのかもしれないってくらい、凄まじいギタリストでした 上手かったかどうかはいまでも判らないけれど、あそこまで業の深いギターを弾けるひととはもうお会い出来ないといまでも思います 三年前の梅雨入りまえ、脱退が決まって、そのあと三週間で単独公演、哀しむ時間も全くなくて 心に封をして、時間だけが過ぎたけれど、思い出、とすら呼べなくて なのでギギちゃんって名前、インタビューでも言えなくてあの子、前のギターの子って言い続けたままでここまでやってきました 具体的にギギちゃんの話が出来るまで、三年かかったのです いまコラムとしてこの話が出来ていること自体に、私はすこしの感動を覚えているのだけれど ギギちゃんが脱退したあと、やしちゃんも脱退する、と言った話になって私たちは一年の活動休止を頂きました。 ひばりくんと出会って、やしちゃんとはまたもう一度ステージに立てることになって、ルリちゃんにもギアが入って、ドラマチックな活動再開をしてから早一年と半年。 超絶好調!ないま、三年かかって別れてゆくメンバーに手向けた曲をリリース出来るところにやっと来ました。 空中戦と言う曲です。 この曲によってライヴハウスはダンスフロアと化すと思うけれど、私は、私はひたすらに噛み締めて唄おうと思います。 やー!もー踊るしか残されてないよなあと思わせる情景を再現、再構築してみたい。 レコーディングに入るまえ、私はこの曲を失神に収録するのかを迷ってしまって。 迷うのは案外珍しいんです、私。 答えなんて九割九分九厘自分のなかで決まっているから、相談するのもちゃうしなあと思いつつも、、お話したい方がいて。 初めて脱退時の心境をメンバー以外にお話しました。 私はそのひとのことを大袈裟に言わずともヒーローだと思っていて。 そのひとの書いたある一曲が、私はとても好きで泣いてしまうくらい、歌詞も情景も素晴らしくて。 脱退劇、と言うと簡単ですけれど、人生は劇ではないし、どんな泥試合にだってレフェリーは来ないので、総てはどこでどう切り上げるかだと思うのです。 哀しんでいても、夜は去って朝来たる!の無限ループ、私たちは着実に毎秒死んでいるのだから、、と、り、ま、やるっきゃない!が常です。 けれどその方とお話した内容が、けして明るいことでも書けることでもないけれど私のなかで起動して、結果、失神に収録することとなりました。 EPに入れることを決意したはいいものの、極力一曲に時間はかけたくない私にとって、収録中は波乱でした。 唄っていると涙が止まらない、眼を開けているのに閉じているかのようにブラックアウトして身動きひとつとれない、目前にあるマイクを通り越して譜面台に置いた歌詞に吸い込まれてしまうようで、二番の歌詞が唄えない。 ヘッドフォンから大丈夫ですか!?と心配の声は聞こえるけれど、どうしても返事が出来ない。 結果、歌入れに五時間ほどかかったと思います。 きっと最長です。 あんな経験はもうしたくない、でもあんな経験そうそう出来ることではないとも思い知る、貴重な時間でした。 そして、泣いてまで、ひとの言葉に背を押されてまでして、一聴なんの変哲もない美しいダンスミュージックを作れたことが、いまの女王蜂の無双さを提示していると思うのです。 お気に入りの作品となりました。 ぶっちぎりのダンスチューン「スリラ」も篠崎愛嬢と志磨遼平殿下を迎えたふたつの「売旬」も、デスコと同時期に出来ていた女王蜂幻の舞踏曲「ギラギラ」も、、全部素敵! 少し長くなってしまいましたね。 私がここまで語るなんて! ちょっぴり恥ずかしいけれど、たまにはいいやんねー 失神、とても素晴らしい作品です。 神様を失う。 信じていたひとを信じながらも物理的に失ったあと、誰が取って代わったって塞がらないのかもしれない。 けれど、塞ぐことは出来ずとも生きてはゆけるし、超絶好調!にはなれることを、思い知れた制作でした。 ギギちゃんとひばりくん、タイプは違えど素晴らしいギタリストをいつも私は左にして唄っているなと、少しおセンチになってみたりね! 制作の背景を明かしましたが、基本的にブルガリ やしちゃん とシャネル 私とルリちゃん とジバンシィ ひばりくん の香りが抜群の調和を保って漂うお昼過ぎのレコーディング現場から生まれた作品ですので、首尾一貫して美しいです。 失神、とても素晴らしい作品です。 きっと、あなたの夏を彩ること請け合い。 パッケージと歌詞カードも、随分とすごいので、、お楽しみに! ではまた ライヴハウス、フェスのステージで XOXO.

次の