すん たく 忖度。 忖度

忖度(そんたく)は悪い意味?流行語「忖度」の新しい使い方とは

すん たく 忖度

Twitterでもたびたびトレンド入りをするようになった、この聞きなれない「ソンタク」という言葉。 意味を確認するためなのか、「goo辞書」の検索ランキングでは1位(3月29日)にランクインしている。 そもそも、忖度とはどういう意味か。 三省堂国語辞典を引くとこうある。 (相手の気持ちを)おしはかること。 「意向をーする」 「『忖』はりっしんべんで分かるとおり、人の心を推測すること。 『度』は、『たく』と読む場合は『はかる』ことです。 つまり『忖』『度』ともに『はかる』で、特に『忖』は『心を推測する』という意味があります」 「忖度」という言葉について、そう語る飯間さん。 由来については、このように説明してくれた。 「これは伝統的なことばです。 中国古代の『詩経』にも出てくるので、『昔から使われていることば』と表現するのが最も妥当です。 日本にも10世紀から例がありますが、それ以前に中国から入って来たものでしょう」 従来は「母の心を忖度する」「彼の行動の意図を忖度してみた」などと、「単純に相手の心を推測する」場合にも普通に使われていたという。 変わり始めた使い方 「忖度という言葉は非常に難しい文章語」と表現する飯間さん。 そのうえで、「意味は同じでも、どういう場合に使うか、つまり用法が変わってきている」と説明する。 「最近になって、『上役などの意向を推し量る』場合に使う用法が増えたように思います。 おべっか、へつらいというか。 上の者に気に入られようとして、その意向を推測する。 ちょっと特別な時に使われるようになった」 そういった用法で「忖度」が使われるようになってきたのは、ここ十数年の話だという。 飯間さんが集めた資料によると、「上役などの心を推し量る」という用法で「忖度」がつかわれているのは以下の例。 いずれも2000年代に入ってからだ。 「消費税の引き上げは避けられないが、いまは国民を刺激したくない。 しかし、ほおかむりも無責任」。 そんな首相の思いを 忖度したような党税調。 (「朝日新聞」社説、2006年12月15日) その籾井氏が政策に関わるニュースに注文をつければ、どうなるか。 権力を監視するジャーナリズムの役割が十分に果たせるのかといった疑問も浮かぶ。 会長の意向を 忖度し、政府に批判的な報道がしにくくなるのではないかとの不信感も出てくるだろう。 (「朝日新聞」社説、2014年5月8日) 良い忖度と悪い忖度? 籠池氏は会見で、土地取引のスピードが上がったのは「忖度」があったからだ、としている。 安倍昭恵夫人の秘書に問い合わせしたことをきっかけに、財務省の官僚が夫人の意向を「忖度」し動いた、という主張だ。 さらに、それは「悪いものではない」としつつ、学校建設が中断に至るまでの「逆の忖度が問題だった」などと語っている。 また、大阪府の松井一郎知事は今回の問題に関連し、「良い忖度と悪い忖度がある」と発言()。 「政治家は国民の思いを忖度して政策をすすめていく」とし、安倍首相が森友学園の問題について、「悪い忖度ではなかったとはっきりいうべき」と述べた。 良い忖度、悪い忖度、逆の忖度……。 ひとつの言葉に、さまざまな意図が込められるようになったとも見える。 「もともと忖度に良いも悪いもなかった。 ただ人の心を推測するってことですから」と指摘する飯間さんは、こうも語った。 「役所や企業のシステムの中で、本来であれば良いものは良い、悪いものは悪いと判断しないといけない。 しかし、『こんなことをすると社長が気を悪くするからやめておこう』など、論理性、合理性以外の要素が入ってしまう場合に『忖度が加わる』という使われ方をするのではないでしょうか」 必要とされだした言葉 そのような用法がここにきて拡大している要因を、飯間さんはどう見るのか。 「急にここ数年必要とされだした言葉なのでしょう。 必要にならなければ、みんなが知っている普通の言葉を使えばいいわけですから」 「こういう森友学園のような事件のときに使える、適切な言葉がなかったのでしょう。 難しい言葉だけれども、忖度を使うとちょうど良くなるということです」 この用法だけが注目されることには「違和感は持っていません」としつつ、こうも述べた。 「『上役の意向を忖度する』という使い方は、あくまで『忖度』の用法の一部にすぎません。 ただ、マスコミで報道されることで知られるようになり、『勢力を拡大していきそうな用法』『みんなが使い始めそうな用法』だとは思います」 「一方で、『忖度』という言葉が汚れてしまった気もしますね。 これから『もっと人の心を忖度しなさいよ』と言うと、悪いイメージになるかもしれない」 森友学園の問題を受け、次の辞書の改訂時には「忖度」の項目に、「例文を加えること」も検討しているそうだ。 「私たちの三省堂国語辞典の説明は、物足りないように感じました。 『母の心を忖度する』という使い方以外に、例文を入れる必要はあるかもしれませんね」 どんな例文なのだろう。 「役人が政治家の考えを忖度する、かな。 実例をよく見て決めるつもりです」.

次の

「忖度」という言葉について、日本語学者に聞いてみた

すん たく 忖度

【目次】 忖度の漢字の意味 忖度(そんたく)の 「忖」という漢字は訓読みで「はかる」です。 「忄」の立心偏は「心」という字が偏になった形で、 「寸(すん)」は親指の幅を表す字です。 心を方寸と見て、心の臓を指し 親指を当てて「脈拍をはかる」「寸法をはかる」の意味を持ち 「心」と「はかる」との組み合わせにより 「忖」の文字のみで 「他人の気持ちを推しはかる」という意味があります。 「度(ど)」という漢字は 「席(せき)」の省略形に 「又」を組み合わせた漢字が「度」になります。 「席(むしろ)」を「又(手)」で広げるという意味、 「席(むしろ)」は、藁(わら)などを編んで作った敷物で 「又」は右手の象形から「手」を意味します。 むしろが一定の大きさであったので 「度」は むしろを物差しにして「ものを測る」という意味になりました。 「忖度」の「度」は「度合い」を知ることであり 相手の思っていることの度合いを測る(推し量る)ために 「度」という漢字が使われています。 「忖」も「度」も いずれの文字にも「はかる」という意味がある訳です。 忖度の意味 忖度は 「他人の心中を推し量ること」という意味です。 「推し量る(おしはかる)」とは、 「ある事柄を基にして他の事柄の見当をつける」ことで 「推し量る」の字のごとく、 「推量する」、「推測する」ですから 「他人の心中を推量すること」です。 相手が今抱いている感情や心情を察する事、 人の心を想像することが本来の「忖度」です。 「相手の意に沿った考えを察する」ことが大事なことです。 日本語辞書等では、 「忖度」による上下の関係は説明がありませんし 「自分自身を忖度する」というような使い方にはなりません。 忖度の歴史 歴史的にはいつ、忖度という語が登場したのかは 意外と昔から使われてきた言葉なのです。 紀元前1046年~前770年頃の 孔子(こうし)が編集した 中国最古の詩篇「詩経(しきょう)」の中の 「小雅(しょうが)・巧言(こうげん)」という詩に 「忖度」の言葉が出てきます。 君子たる者は人々の「邪心」を推し量って 良き正道に導くことの道理を説いていることであり 臣下が上司を忖度するものではない つまり、 推し量るのは王であり王が臣下の心を量ること、 王が臣下にする「忖度」の用法が 古代中国の「忖度」であったと思われます。 中国語が語源となって移入され 日本での古い用例は 平安時代、903(延喜3)年成立の 学問の神様として親しまれる 菅原道真(すがわらのみちざね)の漢詩集 「菅家後集(かんけこうしゅう)」の中の 「叙意一百韻(じょいいっぴゃくいん)」という集に 「舂韲由造化 忖度委陶甄」とあり 「舂韲(しょうせい)は造化(ぞうか)に由(よ)る 忖度は陶甄(とうけん)に委(ゆだ)ぬ」です。 舂韲は食事、陶甄は万物を意味し 「毎日の食事は天の心のままであるように 他人の心を推し量ることは天に委ねる」という意味で 菅原道真が左遷されて、無念の告白の詩といわれ 「忖度」という言葉の存在が確認されています。 その後の用例は挙がらず 室町時代の 1474年頃成立の文明本節用集(国語辞書)には 「忖度 シュント 推量義也」の項目があり 意味は単に「推量」のことで 呉音(ごおん)で 「忖度」を「じゅんど」と読んでいたことが伺えます。 呉音(ごおん)とは 漢音(中国北部での漢字の読み方)の 渡来以前ににすでに日本に定着していた漢字音で 朝鮮半島経由で伝来した中国南方系の読み方。 「男女」を「なんにょ」と読むようなものです。 江戸時代には 「忖度」の言葉が存在したかどうかは不明ですが 江戸文学者によると 上を忖度し下に忖度させる忖度社会が すでに江戸時代には出来上がっていたといいます。 明治時代になると 「忖度」の文字が目立ってきます。 評論や小説、政治家、教育者、学者などの間で 明治、大正、昭和、平成と 多岐に渡り文献に記載され「忖度」の用例が確認できます。 特に政治関連で 1945(昭和20)年頃の 終戦後の占領期の時代から 1950(昭和25)年代の前半頃まで 「忖度」の言葉が国会で頻繁に使われています。 この間、国会議事録では300回以上使われ GHQに配慮して「忖度」するという事で インフレを収め日本復興の為に「忖度」発言が多発し 高度経済成長に入った1950年代後半から 政界では 「忖度」という言葉は減少していきますが 文脈などによる「忖度」の用例は そこそこ普及していたと言えます。 2000年前後にマスコミによって 「忖度」の用法が 「上位者の意向を推し量る」意味合いを含んで 利用されるようになったと考えられます。 豊洲市場の用地取得においての 「忖度」発言に端を発し その後の森友・加計学園問題において 連呼された「忖度」は おもねり・へつらい・おべっか・ 迎合(自分の考えをまげても 他人の意に従って気に入られるようにする事)・ 責任回避・無責任といったニュアンスを含んで 「忖度」と聞くと 悪事の象徴かのような悪いイメージを持って 世間に拡散してしまいました。 忖度する人の心 忖度する人の心は 自己保身欲求や出世などの見返りへの期待が潜んでいます。 他人に気に入られるように振る舞って 自分の利益を得ようとする風潮は 何も今にも江戸時代にも始まったことではなく 権力者に忖度して迎合するというネガティブな文化は ずっと昔から根底に潜んでいる社会構造が存在します。 権力者に対して「おもねる」などの言葉はあっても 権力者の意向を推し量るという意味を示す言葉が なかなか見当たらず 「忖度」がそういったニュアンスを付加して 使われてきたと考えられますが 「忖度」の言葉自体が悪いのではなく 「せざるを得ない そうしないわけにはいかない」という 日本独特の「空気」ではないでしょうか・・・ 忖度がはびこるのは 上下関係、序列意識があることによって起こり 根底に横たわる社会構造の序列に自分を当てはめてしまいます。 政界のみならず、会社や学校あらゆる所で 自分の価値意識、他人の評価を気にしすぎて 忖度する事に時間とエネルギーを費やし 忖度は過度、過剰になっていき、 ストレスをため、心身に不調を来し 忖度疲労を起こしている人が増えているといいます。 日本社会の背景において 「空気を読む」社会 「見えない圧力」社会 変わらず日本人を支配する社会では 忖度は決してなくならないということです。 まとめ 整理しますと 忖度は 新しい概念を示した言葉ではなく 昔から使われている伝統的な言葉ですが もともと 世間一般の日常での「忖度」の使用頻度そのものが低く 話題にならなかったというだけで 隠語で済んだはずの「忖度」でしたが 問題が露呈されて注目されたものです。 本来、 「忖度」という言葉は 相手に対する思いやりを表し 優しい心遣いの意味合いでも使われる言葉で 意味は 「他人の心を推し量る(推測する)」ことで それ以上の意味を持ち合わせません。 「上位者の意向を推し量る」、 「上位者に配慮・迎合する」 「相手の気持を推量した上で行動する」といった 意味で使っている例が多く見受けられますが それはまた別の違う話になります。 しかし 「〇〇を忖度する」が一般的な使い方であったのに 近年になって 主語にならない名詞だった「忖度」が 「忖度が働く」などという主語的な使われ方で文法が変化し 意味も 「上位者の気持を推量した上で・・・」 「・・・配慮する、迎合する、行動する」という 意味が付加され、 文法的にも意味も変わり一気に浸透してしまった現在の 「忖度」の用例を考察すると 言葉を正しく使うということは大切ですが 文化が変われば言葉も変化するものです。 例え 誤用でも使用する人が多くなれば 辞書の改訂も見直され 新しい言葉として認められるようにもなる事でしょう。 そして 自分が忖度する理由と忖度しない理由を考え 察することも大切ですが、 相手に直接確認すること 言葉にして伝えることも必要ではないでしょうか。 ノンアルコール飲料と言えば アルコール独特の味を再現し 飲酒の気分を楽しめるというスグレ 付箋(ふせん)と言えば 「イケメン付箋」が 今、 コミュニケーションツールとして ネット上にある 「ものすごい図鑑」とは ぐるっと見渡せる天球撮影された 高画質の昆 かき氷やアイスなど 冷たいものを食べたとき 頭がキーン!という 「頭痛」を経験した DIY(ディー・アイ・ワイ) ホームセンターやネット上でも よく見かける文字となりました ハラスメントとは いろいろな場面での 嫌がらせやいじめ、人を不快にし困らせることで 個人の尊厳 ハラスメントは 人を困らせること、嫌がらせです。 もくじ 「ハラスメントの種類」 1. セクシ 2-6-2の法則、 これは世の中の一種の摂理を表している数字です。 悩んでばかりいら 閏年は 必ず4年ごとではありません。 暦は 400年に3回、閏年をなくすことで 調整していま 478呼吸法が入眠を誘うかもしれません。 翌日の朝、早いから早く眠りたいのに いくら.

次の

忖度(そんたく)とは何なのか!?本当の意味と語源由来の話

すん たく 忖度

スポンサーリンク いつも「忖度(そんたく)」している国、日本 2017年に 「忖度(そんたく)する」という言葉が話題になり、この年の流行語大賞になりました。 「忖度する」とは 人の気持ちを考える、人の気持ちを察する、人の気持ちを思いやる、人の身になって考える、相手の身になって考える、おもんぱかる、推し量る、推量する、空気を読む と辞書にあります。 つまり 「忖度する」とは「相手を思いやること」を言うんですね。 「空気を読む」という意味で使われている場面も多いと思います。 ここ日本では意識せずとも普段から「忖度」して「空気を読んでいる」人は多いと思います。 いまこれを読んでいるあなたも今まで、仕事、学校、チームスポーツなどの場などで「集団における和を尊ぶように!」と教育される機会がたくさんあったのではないでしょうか。 日本人は幼少の頃から生活のあらゆる場面において、「言葉の行間を読み」「言葉の裏を読み」「場の空気を読む」ように訓練されてきました。 だから「忖度する」ことが得意で、もはや無意識レベルでそれを行える人がたくさんいますね。 「忖度する」ことは「相手を思いやること」なので大変素晴らしいことです。 ですが相手のことを思い過ぎるあまり、自分が思っていることをそのまま伝えられなかったり率直に意見を言えなかったり・・・ なにか「息苦しさ」のようなものを感じてしまう・・・ そういった経験をしてきたという人も多いのでは無いでしょうか? スポンサーリンク 相手の言葉の裏を読むことは膨大なエネルギーが浪費されてしまう ここで私個人の話になるのですが、ささぶねは学生の頃にアメリカの田舎に留学していたことがあります。 言葉が分からず困ったーーーー! そんな経験ももちろんあるのですが、 アメリカの地に暮らして 「ああ、これは心地いいなぁ・・・」と初めて感じたことがあったのです。 それは 「相手が発する言葉はその言葉通りに受け取って大丈夫」という体験でした。 「相手はこのように言っているけど・・・でも本音は別にあるんじゃないか?」 会話中、相手の言葉と心の裏読みをすることにすっかり慣れてしまっていた私にとって、 「相手の言葉の裏や隠れた意図を推測しなくて良い」ということは最初はなかなか信じがたいことでした。 ですが「言葉と心の裏読みをしない会話」に慣れていくほどに、気がついたことがあったんです。 会話をしてもぜんぜん「気疲れしない」こと。 相手の言葉を「安心して」そのまま受け取れること。 自分の「思うことを思ったとおりに表現」しても誰も困らないこと。 相手の言葉をそのまま受け取り、自分も本音で話せる会話は「相手との信頼感がより高まる」こと。 そして日本にいる時の自分の会話を振り返り、このようも思いました。 「ああ・・・言葉と心の裏読みをする会話に、今まで自分はこんなにも多くのエネルギーを浪費してきたのか・・・。 」 「言葉と心の裏読みをする会話」は 自分が思っている以上に「心理的エネルギー」をものすごく沢山消耗していた。 そのことに気付かされたのです。 あまりにも当たり前に身に付いてしまっていたこと、普段から無意識で行っていることは、一度完全にそれをやめてみないとなかなか気が付かないものなんですよね。 スポンサーリンク ハイコンテクスト文化とローコンテクスト文化の違い 「言葉」の成り立ちには歴史的、文化的な背景がその土台にあります。 アメリカと日本ではそもそも 「言葉が持つ文化」が違うのです。 アメリカは 「ローコンテクスト(Low Context)文化」です。 対して日本は 「ハイコンテクスト(High Context)文化」であるという違いがあります。 「コンテクスト」とは文脈・筋道・背景という意味です。 アメリカは移民も多く多民族国家で、様々なバックグラウンドを持つ人びとが暮らしています。 そのような環境下では 「あえて言わなくても誰もが分かるでしょう?」という共通概念をお互いが共有するのは難しいことです。 だから「ローコンテクスト文化」では 「具体的に、明示的に、シンプルにわかりやすく伝える」ことがとても重視されます。 一方で、日本は島国であり、ほぼ単一民族で国が成り立ってきた歴史があります。 日本では お互いに共有している知識や経験などの共通概念があることを前提とした会話をします。 「あえて細かいことを言わなくても相手は分かってくれるはず!と思い多くを話さない」、「空気を読む」、「相手が察することを期待し曖昧な表現をする」といった会話が「ハイコンテクスト文化」ではなされるのです。 ローコンテクスト文化• 具体的に明示して伝え、言いたいことは全て口にする。 言わなければ相手には伝わらない。 明確さを好む。 話し手に責任を求める。 言葉に表して伝える。 ドイツ系スイス人、ドイツ人、スカンジナビア人、アメリカ人、フランス人、イギリス人 ハイコンテクスト文化• 細かく説明したり言わなくても相手に分かってもらえる。 全てを語らず相手に悟ってもらうことを期待する。 曖昧さを好む。 聞き手に責任を求める。 空気を読み察する。 イタリア人、スペイン人、ギリシャ人、アラブ人、中国人、日本人 英語と日本語の違いというのは使用する文字や文法の違いだけではなく、文化的な考え方の違いが大きいんです。 私がアメリカに住んでみてわかったこと。 それは・・・ お互いに空気を読み合うハイコンテクストの会話をするのは 思っていた以上に「気疲れしていた」ということ。 そして 会話の相手にも「気疲れさせていた」こと。 「会話の時に今までずっと余計なエネルギーを使ってたんだな・・・」ということをローコンテクスト文化に浸かってみて初めて実感しました。 「空気を読み過ぎる」「忖度し過ぎる」・・・・ 言葉と心の裏読みは自分にとっても相手にとってもエネルギーバンパイアだった!ということがこの時に身にしみて分かったんです。 そして「相手の会話や心の裏を読まない」「相手の会話をそのままの意味で受け取って良い」ことのあまりの楽チンさに感動を覚えました。 スポンサーリンク 言葉に裏が無いことは相手のエネルギーを奪うことが無く自分も消耗しない 私の友人に「相手の言葉の意図や目的、会話の着地点を読む」のがめちゃくちゃうまい人がいるんです。 将棋でいうと5手先~10手先くらいを常に読みながら会話ができる人です。 その子と会話すると、頭のCPUの性能の高さを感じて「うわ、すごいなぁ・・・!」といつも感心してしまいます。 とても親切で優しい友人なので、いつも私を思いやって会話を進めてくれるのは本当にありがたいのですが、 「会話するのに疲れないかなぁ・・・?」「大丈夫かなぁ・・・?」とたまに心配になってしまうということをその友人に伝えました。 私はその時自分が思っていることを出来る限りそのまま相手に伝えるようにしています。 もちろん何でもかんでも言って良いと考えているわけでは無いのですが、 自分が「言葉に裏を持たせないで会話する」ことによって、相手が「その言葉通りに受け取って良いんだ」と安心してもらえたら嬉しいからです。 「空気を読まない」「忖度しすぎない」ことで心理的なエネルギーを温存できれば、お互いに「気疲れしない」「エネルギーを無駄に浪費しない」で済むと考えています。 会話をエネルギーバンパイア(吸血鬼)にしない為に• 「空気を読むこと」を極力やらない• 自分が考えていることや感じていることを出来るだけ素直に相手に伝える と私は決めています。 スポンサーリンク まとめ 今回は「言葉と心の裏読みはエネルギーバンパイア!」ということについて書きました。 いかがでしたでしょうか? 「空気を読む」「忖度する」ことは相手を思いやることの一つの形です。 日本人にとってはとても得意なことで素晴らしい長所のひとつだと思います。 でもそれも度が過ぎてしまうと 「なかなか自分の本音を言えない」「いつも遠慮してしまう」「息苦しさを感じる」・・・ 日本においてはそんな会話をお互いにやってしまいがちです。 「空気を読む」のも「忖度する」のもやりすぎは禁物!! 「相手の言葉と心の裏読みをしない」「あえて空気を読まないで率直に意見を伝える」ことで 会話に安心感と信頼感をもたらす。 そして お互いに心理的エネルギーを消耗しない! そういう利点もあるよね!というお話でした。

次の