クロスポイントスイッチ。 クロスポイントスイッチ

人体のスイッチ

クロスポイントスイッチ

IMPORTANT - READ BEFORE DOWNLOADING, COPYING, INSTALLING, OR USING. DO NOT DOWNLOAD, COPY, INSTALL, OR USE THIS CONTENT UNTIL YOU THE "LICENSEE" HAVE CAREFULLY READ THE FOLLOWING TERMS AND CONDITIONS. BY DOWNLOADING, COPYING, INSTALLING, OR USING THE CONTENT, YOU AGREE TO THE TERMS OF THIS AGREEMENT. IF YOU DO NOT WISH TO SO AGREE, DO NOT DOWNLOAD, COPY, INSTALL, OR USE THE CONTENT. If you agree to this Agreement on behalf of a company, you represent and warrant that you have authority to bind such company to this Agreement, and your agreement to these terms will be regarded as the agreement of such company. In that event, "Licensee" herein refers to such company. McDowell Road, Phoenix, Arizona 85008, U. , "ON SEMICONDUCTOR" and its affiliates and subsidiaries "ON Semiconductor". Delivery of Content. Licensee agrees that it has received a copy of the Content, including Software i. BOM, Gerber, user manual, schematic, test procedures, etc. , design models, reference designs, reference manuals, and other related material collectively the "Content" for the purpose of enabling Licensee to use the Content and then incorporate the functionality of such Content for use only with ON Semiconductor Products. Licensee agrees that the delivery of any Software does not constitute a sale and the Software is only licensed. License. 1 License Grant. b In addition, ON Semiconductor hereby grants to Licensee a fully paid-up, royalty-free, non-exclusive, non-transferable license to: i use the Content, including as modified by Licensee, with Licensee Products solely for the purpose of enabling such Licensee Products to operate or interface with only ON Semiconductor Products; ii copy the Content as necessary for such use; and iii distribute only the Software and modified Software in a format which is executable by a machine and not human-readable, to Licensee's third party end-user customers "Customer s " for use by such Customers strictly in conjunction with Licensee Products and solely for the purpose of enabling such Licensee Products to operate or interface with ON Semiconductor Products. d Licensee agrees that it shall not take any actions whatsoever that could or would cause the Content, Software, or Modifications or any portion thereof to become subject to the GNU General Public License GPL , GNU Lesser General Public License LGPL , Mozilla Public License MPL , Artistic License, Apache License, Q Public License, IBM Public License, or any other open source license requiring the distribution of the Software or Modifications or any part thereof in any code format. e In the event Licensee makes modifications to the Software made by or on behalf of Licensee each a "Modification" ; Licensee shall notify ON Semiconductor of any Modifications and provide ON Semiconductor with a source code formatted copy of each such Modification within thirty 30 days of making such Modifications. ON Semiconductor shall own any Modifications to the Software. f Licensee shall retain, and shall require each Customer to retain, all copyright and other notices within the Content, Software and Modifications developed by Licensee hereunder. g Licensee may only distribute the Software or Modifications to its Customers pursuant to a written license agreement. At a minimum such license agreement shall safeguard ON Semiconductor's ownership rights to the Software. Such license agreement may be a "break-the-seal" or "click-to-accept" license agreement. h The Content is licensed for use only with the ON Semiconductor Products. Use of the Content with non-ON Semiconductor Products is not licensed hereunder. 2 Ownership; No Implied Licenses. 3 Restrictions. Except as expressly permitted in this Agreement, Licensee shall not use, modify, copy or distribute the Content or Modifications. Except as expressly permitted in this Agreement, Licensee shall not disclose, or allow access to, the Content or Modifications to any third party. Except as expressly permitted in this Agreement, Licensee shall not itself and shall restrict Customers from: copying, modifying, creating derivative work of, decompiling, disassembling or reverse-engineering the Content or any part thereof. Warranty Disclaimer. THE CONTENT IS PROVIDED BY ON SEMICONDUCTOR TO LICENSEE HEREUNDER "AS IS" AND WITHOUT ANY REPRESENTATIONS OR WARRANTIES WHATSOEVER. No Support Obligation. However, during the term of this Agreement ON Semiconductor may from time-to-time in its sole discretion provide such Support to Licensee, and provision of same shall not create nor impose any future obligation on ON Semiconductor to provide any such Support. Licensee is and shall be solely responsible and liable for any Modifications and for any Licensee Products, and for testing the Software, Modifications and Licensee Products, and for testing and implementation of the functionality of the Software and Modifications with the Licensee Products. Term and Termination. 1 Term. The term of this agreement is perpetual unless terminated by ON Semiconductor as set forth herein. 2 Termination by ON Semiconductor. ON Semiconductor shall have the right to terminate this Agreement upon written notice to Licensee if: i Licensee commits a material breach of this Agreement and does not cure or remedy such breach within thirty 30 days after receipt of written notice of such breach from ON Semiconductor; or ii Licensee uses the Software outside of the scope of the Agreement; or iii Licensee becomes the subject of a voluntary or involuntary petition in bankruptcy or any proceeding relating to insolvency, receivership, liquidation, or composition for the benefit of creditors if such petition or proceeding is not dismissed with prejudice within sixty 60 days after filing. The following Sections of this Agreement shall survive the termination or expiration of this Agreement for any reason: 2. 1 e , 2. 2, 2. 3, 2. 4, 3, 4, 5, 7, 8, 9 and 10 excluding only the record retention obligations and audit rights set forth in Section 11. 6, which obligations and rights shall terminate upon termination of the Agreement. Any Content or Modifications distributed by Licensee to Customers pursuant to Section 2. 1 b iii of this Agreement prior to the effective date of such termination or expiration of this Agreement, shall not be effected solely by reason of such termination or expiration of this Agreement. Upon the effective date of termination of this Agreement, all licenses granted to Licensee hereunder shall terminate and Licensee shall cease all use, copying, modification and distribution of the Content and shall promptly either destroy or return to ON Semiconductor all copies of the Content in Licensee's possession or under Licensee's control. Within 30 days after the termination of the Agreement, Licensee shall furnish a statement certifying that all Content and related documentation have been destroyed or returned to ON Semiconductor. Export. Licensee agrees that it shall comply fully with all relevant and applicable export laws and regulations of the United States or foreign governments "Export Laws" to ensure that neither the Content, nor any direct product thereof is: i exported directly or indirectly, in violation of Export Laws; or ii intended to be used for any purposes prohibited by the Export Laws, including without limitation nuclear, chemical or biological weapons proliferation. Limitation of Liability. ON SEMICONDUCTOR'S TOTAL LIABILITY FOR ANY AND ALL COSTS, DAMAGES, CLAIMS, INDEMNIFICABLE CLAIMS, OR LOSSES WHATSOEVER ARISING OUT OF OR IN CONNECTION WITH THIS AGREEMENT OR PRODUCTS SUPPLIED BY THIS AGREEMENT IS LIMITED TO THE AGGREGATE AMOUNT PAID BY LICENSEE TO ON SEMICONDUCTOR FOR THE CONTENT TO WHICH LOSSES OR DAMAGES ARE CLAIMED. Indemnification. ON Semiconductor shall: a notify Licensee promptly upon learning of such a Claim; b give Licensee reasonable information and assistance regarding such Claim; and c tender to Licensee authority to direct the defense of such Claim, including negotiation of any settlement in relation thereto, provided however that Licensee shall not enter into any such settlement without ON Semiconductor's express prior written consent, which consent shall not be unreasonably withheld. Publicity. Licensee agrees that it shall not issue any press releases containing, nor advertise, reference, reproduce, use or display, ON Semiconductor's name or any ON Semiconductor trademark without ON Semiconductor's express prior written consent in each instance; provided, however, that Licensee may indicate that the Licensee Product is interoperable with ON Semiconductor Products in product documentation and collateral material for the Licensee Product. Performance Comparisons. Licensee shall not distribute externally or disclose to any Customer or to any third party any reports or statements that directly compare the speed, functionality or other performance results or characteristics of the Software with any similar third party products without the express prior written consent of ON Semiconductor in each instance; provided, however, that Licensee may disclose such reports or statements to Licensee's consultants i that have a need to have access to such reports or statements for purposes of the license grant of this Agreement, and ii that have entered into a written confidentiality agreement with Licensee no less restrictive than that certain NDA. Miscellaneous. 1 Governing Law. This Agreement shall be governed by the laws of the State of New York, and applicable U. federal law, without giving effect to conflict of law or to choice of law principles, and excluding the 1980 United Nations Convention on Contracts for the International Sale of Goods, if applicable. 2 Assignment. Neither this Agreement, nor any of the rights or obligations herein, may be assigned or transferred by Licensee without the express prior written consent of ON Semiconductor, and any attempt to do so in violation of the foregoing shall be null and void. Subject to the foregoing, this Agreement shall be binding upon and inure to the benefit of the parties, their successors and assigns. 3 Limitations on Use. 4 Severability; Waiver. Any provision of this Agreement which is held to be invalid or unenforceable by a court in any jurisdiction shall, as to such jurisdiction, be severed from this Agreement and ineffective to the extent of such invalidity or unenforceability without invalidating the remaining portions hereof or affecting the validity or enforceability of such provision in any other jurisdiction. Failure by either party hereto to enforce any term of this Agreement shall not be held a waiver of such term nor prevent enforcement of such term thereafter, unless and to the extent expressly set forth in a writing signed by the party charged with such waiver. 5 Remedies Not Exclusive. The remedies herein are not exclusive, but rather are cumulative and in addition to all other remedies available to ON Semiconductor. 6 Records; Audit. Licensee agrees that it shall maintain accurate and complete records relating to its activities under Section 2. 1 b iii of this Agreement during the term of this Agreement. Upon reasonable advance written notice, ON Semiconductor shall have the right no more frequently than once in any 12 month period during the term of the Agreement, through an independent third party approved by Licensee in writing such approval not to be unreasonably withheld , to examine and audit such records and Licensee's compliance with the terms of Section 2. 1 b iii of this Agreement. Any such audit shall not interfere with the ordinary business operations of Licensee and shall be conducted at the expense of ON Semiconductor. All reports, documents, materials and other information collected or prepared during an audit shall be deemed to be the confidential information of Licensee "Licensee Confidential Information" , and ON Semiconductor shall protect the confidentiality of all Licensee Confidential Information; provided that, such Licensee Confidential Information shall not be disclosed to any third parties with the sole exception of the independent third party auditor approved by Licensee in writing, and its permitted use shall be restricted to the purposes of the audit rights described in this Section 11. 7 No Joint Venture, Agency, etc. Nothing in this Agreement shall be construed as creating a joint venture, agency, partnership, trust or other similar association of any kind between the parties hereto. The parties hereto are for all purposes of this Agreement independent contractors, and neither shall hold itself out as having any authority to act as an agent or partner of the other party, or in any way bind or commit the other party to any obligations. 8 Interpretation. In this Agreement, words importing a singular number only shall include the plural and vice versa, and section numbers and headings are for convenience of reference only and shall not affect the construction or interpretation hereof. 9 Entire Agreement; Amendment; Counterparts; Facsimile Copies. This Agreement, including the Exhibits attached hereto, constitutes the entire agreement and understanding between the parties hereto regarding the subject matter hereof and supersedes all other agreements, understandings, promises, representations or discussions, written or oral, between the parties regarding the subject matter hereof. This Agreement may not be amended except in writing signed by an authorized representative of each of the parties hereto. This Agreement may be executed in counterparts, each of which shall be deemed to be an original, and which together shall constitute one and the same agreement. Confidentiality. Notwithstanding any terms to the contrary in any non-disclosure agreements between the Parties, Licensee shall treat this Agreement and the Content as ON Semiconductor's "Confidential Information" including: not using the Confidential Information except as expressly set forth herein or otherwise authorized in writing; implementing reasonable procedures to prohibit the disclosure, unauthorized duplication, misuse or removal of the Confidential Information; and not disclosing the Confidential Information to any third party except as may be necessary and required in connection with the rights and obligations under this Agreement and subject to confidentiality obligations at least as protective as those set forth herein, or as otherwise required by law. It is expressly understood that all Confidential Information transferred hereunder, and all copies, modifications, and derivatives thereof, will remain the property of ON Semiconductor, and the Licensee is authorized to use those materials only in accordance with the terms and conditions of this Agreement. Nothing contained in this Agreement limits a party from filing a truthful complaint, or the party's ability to communicate directly to, or otherwise participate in either: i any investigation or proceeding with a United States government agency alleging a securities law violation, waste, fraud, or abuse; or ii an investigation or proceeding that is protected under a whistleblower provision of a U. federal law or regulation.

次の

マルチプレクサ&クロスポイント・スイッチ

クロスポイントスイッチ

グローバルアナログ・クロスポイント・スイッチ市場2020年調査報告書は、最良の事実と数字、意味、定義、SWOT分析、専門家の意見、世界中の最新の動向とアナログ・クロスポイント・スイッチメーカーの市場の状況に関する重要な分析を提供します。 報告書はまた、市場規模、アナログ・クロスポイント・スイッチ販売、価格、売上、粗利益と市場シェア、コスト構造と成長率を計算します。 報告書は、様々なアプリケーションセグメントによるこの報告書の販売および技術から発生した収入を考慮します。 最終報告書は、この業界にCOVID-19の影響の分析を追加します。 より良い競争相手についての消費者のノウハウ、出荷、価格、売上高、売上総利益、インタビューの記録、ビジネスの分布などが挙げられる。 これらのデータの助けを:この報告書には、メーカーのデータをカバーしています。 また、このレポートでは、市場規模、容積および価値だけでなく、価格データを含む地域開発状況を示しており、世界のすべての地域や国をカバーしています。 型セグメント、業界セグメント、チャネルセグメント等カバー異なるセグメントの市場規模、両方のボリュームと値:その上、報告書はまた、を含むセグメントデータを、カバーします。 また、メーカーにとって非常に重要である異業種の顧客情報を、カバーしています。 読者は、プレイヤーが市場での戦闘競争に焦点を当てている戦略とコラボレーションを理解するのに役立ちます。 包括的な報告書は、市場での重要な微視的な外観を提供します。 読者は、メーカーのグローバル売上高、メーカーの世界的な価格、および予測期間中、メーカーの生産について知ることにより、メーカーの足跡を識別することができます。 どの製造技術はアナログ・クロスポイント・スイッチのために使用されていますか?どのような開発はその技術で起こっていますか?どちらの動向は、これらの開発を引き起こしていますか?• このアナログ・クロスポイント・スイッチ市場でのグローバルキープレーヤーは誰ですか?彼らの会社概要、彼らの製品情報、および連絡先情報は何ですか?• アナログ・クロスポイント・スイッチ市場のグローバル市場の状況は何でしたか? アナログ・クロスポイント・スイッチ市場のキャパシティ、生産価値、コストと利益は何でしたか?• アナログ・クロスポイント・スイッチ産業の現在の市場の状況は何ですか?市場のこの業界での競争、どちらも会社、および国ワイズは何ですか?検討中のアプリケーションおよびタイプを取ることによってアナログ・クロスポイント・スイッチ市場の市場分析は何ですか?• キャパシティ、生産と生産価値を考慮すると、グローバルアナログ・クロスポイント・スイッチ産業の予測は何ですか?コストと利益の推定は何でしょうか?市場シェア、供給と消費は何でしょうか?インポートおよびエクスポートについては何?• アナログ・クロスポイント・スイッチ市場チェーンの分析は、上流の原材料と川下産業では何ですか?• 経済的影響についてアナログ・クロスポイント・スイッチ産業は何ですか?グローバル・マクロ経済環境の分析結果は何ですか?グローバル・マクロ経済環境の開発動向は何ですか?• アナログ・クロスポイント・スイッチ市場の市場の原動力は何ですか?課題と機会は何ですか?• アナログ・クロスポイント・スイッチ産業参入戦略、経済的影響への対策、およびマーケティングチャンネルがどうあるべきか? このレポートを購入 Post navigation.

次の

第10回:スイッチの選定・使用のポイント(1)

クロスポイントスイッチ

片開き分岐器の概略図 分岐器は一般的に1線の線路を2線(またはそれ以上)に分岐させるものであり、下記の4つの部位から成る。 1線側を前端、2線側を後端と称する。 ポイント部 概略図中 1。 トングレール(列車を分岐させる先の尖ったレールのこと)およびトングレールが密着する基本レール部分を指す。 ポイント部には、ポイント後端を支点に先の尖ったレールを動かす先端ポイントとポイント前端を支点に先が尖ってない普通のレールを動かす鈍端ポイントがある。 また、トングレールの線形は直線進路用は直線、分岐進路用は円曲線が普通となっている。 リード部 概略図中 2。 トングレールとクロッシング部を結ぶ部分を指す。 一般的に、分岐線側はリード部が曲線となる。 この曲線半径を リード半径と呼び、リード半径の大小が分岐器の列車通過制限速度を決定する大きな要因となる。 クロッシング部 概略図中 3。 分岐器でレールが交差している部分を指す。 内方分岐と外方分岐以外のクロッシング部は、通常は直線になっているが、曲線半径を大きくするためにクロッシング部を曲線にした曲線クロッシングもある。 クロッシング部には、固定クロッシングと可動クロッシングがあり、前者の方は、ノーズ部分を普通のレールを削成して組合わせ、車輪のフランジが通る隙間を設けたものであり 、後者の方はノーズ部分を車輪の進行方向に可動できるようにしたものである。 ガード部 クロッシング部の相手方のレール部分に列車が異線進入するのを防ぐために設けてあるガードレール部を指す。 専門的には、たとえば「弾性分岐器」といえば弾性ポイントを使用した分岐器全体を指し、「弾性ポイント」といえば上記4部位のうちの「ポイント部」だけを指す。 分岐器の固定クロッシングの構造のモデル図。 A ストックレール(基本レール) B ガードレール C ウイングレール D 間隔材 E クロッシング交点 F 鼻端長レール G 鼻端短レール H クロッシング前端 I クロッシング後端 J リードレール K フランジウェイ L 填材 分岐器は通常、図に示したような構造になっている。 黒線は ストックレール(基本レール)、茶色の線は トングレール(先端軌条)、赤線は リードレール、紫の線は ウィングレール、青線は ガードレール(護輪軌条:ごりんきじょう)、オレンジ色の線は 主レール、緑線は全体で クロッシング(米語:フログ)と呼ばれ 、クロッシングを構成するもっとも先端の頭部が尖ったレールを ノーズレール(鼻端レール)と呼ぶ。 進路変更をするときは、トングレールを分岐側と反対側のストックレールに移動する。 なお、弾性分岐器では、トングレールとリードレールとウィングレールが一体化されている。 分岐器は、通常はある一定の方向(本線)に列車を進入させるようになっている。 これを 定位という。 また、通常とは異なる方向(副本線)に列車が進入するようになっていることを 反位という。 また列車が分岐器の分岐する方向に向かうことを 対向といい、列車が分岐器の合流する方向に向かうことを 背向という。 ノーズ付近に見られるすき間は車輪のがスムーズに通過できるように設けられたもので、 フランジウェイと呼ぶ。 磨耗防止 とこのすき間による他線への誤進入を防ぐため高速通過する車両は減速を強いられる。 このため、高速運転の多い線区には下記のノーズ可動式分岐器が多く用いられる。 ノーズ可動式分岐器 [ ] 上記のフランジウェイによる問題点を解決するため、ノーズまたはウィングレールを可動式にしてウィングレール(ノーズ)に密着させる事でフランジウェイを塞いで、高速通過を確実にしているものであり、主になどの高速鉄道で多用されている。 その場合、ノーズ(ウィングレール)はトングレールと連動するようになっている。 可動式ノーズの概略図 右に可動式ノーズ(ノーズ可動クロッシング)の概略図を示す。 このうち水色のレールが緑色のレールを軸にして動くことによって、フランジウェイを塞いでいる(図では直進の場合のフログの状態)。 異線進入のリスクが小さくなることからクロッシング部のガードレールが省略されることがある。 従来、可動式ノーズは、新幹線以外のや私鉄線においてもやなどのように高速通過の多い分岐器を中心に設置されていたが、騒音低減の目的で高速通過を行わない分岐器においてもノーズ可動式分岐器を採用する事例が増えている。 種類 [ ] 形状による分類 [ ] 片開き分岐 直線軌道から分岐線だけを曲線で分岐させる形状のもの。 基本線は直線であり、分岐線は曲線となる。 基本線から分岐線が右側に分岐するものを「右片開き分岐器」、左側に分岐するものを「左片開き分岐器」と呼ぶ。 両開き分岐 直線軌道から分岐線を左右同一の角度で開いて分岐させる形状のもの。 Y字分岐と呼ぶこともある。 振分分岐 (ふりわけぶんき) 直線軌道から分岐線を左右が等しくない角度で開いて分岐させる形状のもの。 振り分け率は9:1、4:1、7:3、3:1、2:1、3:2のものが一般化されている。 外方分岐(画像左方の本線が基本線、) 内方分岐 曲線区間で基本線、分岐線ともに同方向の曲線で構成されているもの。 右カーブの場合は「右内方分岐」、左カーブの場合は「左内方分岐」と呼ぶ。 外方分岐 曲線区間で基本線と分岐線を逆方向に分岐させる形状のもの。 根元も曲線の両開きや振分分岐と考えることができる。 基本線が左カーブの場合は「右外方分岐」、右カーブの場合は「左外方分岐」と呼ぶ。 基本線側にが設定されている場合、分岐側では逆カントとなるので、分岐側の速度制限が厳しくなる。 片渡り線・渡り線 (クロスオーバー、シングルクロス) 区間など複数の線路が並行する箇所において、隣接する線路にたすき掛けされた形状のもの。 大抵は片開き分岐で構成されるが、内外方分岐や振分分岐、各種スリップ・スイッチで構成されることもよくあり、複分岐で構成されることもある。 複線区間では上下線の行き来に、また複線区間から単線が分岐する箇所などで多用される。 シーサス・クロッシング イギリス、駅 両渡り線 (ダブルクロッシング、シーサスクロッシング、scissors crossing、SC) 両方向への片渡り線を同一箇所に重ねて配置したもの。 やはりさまざまな形状の分岐器で構成される。 軌道中心間隔が狭いとフランジウェイが増えるので、直線側でも揺れが大きくなることがある。 従来は、ダイヤモンドクロッシング部の速度制限によって(角度の緩い分岐ではフランジウェイが過大になり、適切なフランジウェイを設定すると分岐角が急になる)、新幹線のように分岐側でも高い進入速度が求められる本線上には設置できず、代わりに片渡を2組ずつ設置していた。 しかし、などで見られる弾性可動式ダイヤモンドクロッシングをもつシーサスクロッシングが開発されたので、のように通過列車が設定されている、あるいは予定されている新幹線の本線上にも設けられるようになった。 日本での名称は、事業者等ごとに揺れがみられるが、改正の JIS E 1311「鉄道-分岐器類用語」においては「シーサースクロッシング」と規定している。 この他、の製品名ではダブルクロスと称することもある。 片渡り付交差 (シングル・スリップ・スイッチ、Single slip switch、SSS) ダイヤモンド・クロッシングに渡り線を1本付加することで、交差する線路のうち一方向への分岐が可能なもの。 もう一方は交差しかできない。 片開き分岐との組合せで両渡り線のように用いることもある。 直線側にも制限があるので、高速列車が通過する駅に設置されることはまれである。 両渡り付交差 (ダブル・スリップ・スイッチ、Double slip switch、DSS) シングル・スリップ・スイッチにさらに渡り線を1本付加し、交差する線路の双方向へ分岐できるようにしたもの。 両渡り線と同等の機能を持つが、2つ以上の進路を同時に構成することはできない。 また、シングルスリップと同様直線側にも制限がかかる。 やで用いるほか、敷地の制約から用いられる。 アウトサイド・スリップ・スイッチ Outside slip switch ダブルスリップスイッチと同様の分岐であるが、リードレールを2つとも中央のダイヤモンド部の中央に置くことで、比較的高速での通過を可能としている。 ダブルスリップの一種として扱われる場合もある。 但し、ダブルスリップと比べ敷地を取り、その上両渡り線のように2列車を同時進入させることもできないためごくまれに使われるのみである。 複分岐() 複分岐 左右2つの片開きまたは振分分岐を重ねて3方向に分岐できるようにしたもの。 三枝分岐は枝が左右対称に分かれるが、複分岐では分岐点が前後にずれている。 番数 [ ] 分岐器において基準線から分岐線が分かれる角度については、角度を直接規定する方式と、両線の開きとそれに要する長さの比率に基づいて規定する方式の2種類に大別される。 世界的に広く採用されているのは後者の方式で、日本ではこの比率を示す数値について「番数」と称している。 分岐器の番数の定義や呼称・表記方法は、国によって次の通り差異がある。 イギリス ・ 北米・ 日本 - クロッシング(フログ)部において交差する軌間線の接線の角度(交差角)または軌道中心線の交点における接線の角度(分岐角)を、角の中心線の長さと両接線の開きの比率をもって示し( 中心線法、: Centre line method )、「No. インドでは「1 in 9」(9番)のように表記する。 このほか、交差角または分岐角が成す二等辺三角形の等辺と底辺の長さの比で番数を示す 二等辺三角形法(: Isosceles triangle method )がある。 路面電車などの軌道分岐器で用いられることが多い。 分岐器類の名称の前に、分岐器で用いているクロッシングの番数を付加し、「8番片開き分岐器」「10番シーサスクロッシング」のように呼称する。 クロッシング番数に応じて、クロッシング後方における両方の軌間線 の接線がなす角度「クロッシング角」が定められている。 曲線分岐器の場合は両方の軌間線の交角 (クロッシング交点において引いた2本の接線がなす角度 )をもってクロッシング角とする。 なお、曲線ダイヤモンドクロッシングでは、両方の軌道中心線が交差する角度をクロッシング角と読み換え、それに相応するクロッシング番数を呼称する。 シーサスクロッシングでは、使用する分岐器に用いられているクロッシングの番数を呼称する。 クロッシング番数 [ ] かつて「轍叉番号(てっさばんごう)」とも呼ばれた。 JIS E 1301で、クロッシング番数およびその角度は次のように規定されている。 他のクロッシング番数のクロッシング角は、次のようにして機械的に定めたものであり 、計算式によって算出する角度とは誤差がある。 4番、 5番、 6番、 7番のクロッシング角は、それぞれ8番、10番、12番、14番のクロッシング角の2倍とする。 番数はヨーロッパ標準の直角法を用いている。 ドイツ連邦鉄道 DB および現在のドイツ鉄道 DBAG では、番数を含め次の形式で分岐器類を分類呼称している。 例: EW 60-500-1:12 L Fz H 略号 意味 略号の例 EW 分岐器の形式 単純分岐 EW 、外方分岐 ABW 、内方分岐 IBW 、複分岐 DW 、片複分岐 EinsDW 60 レール種類 UIC60レール 60 、S49レールb(49 - ドイツ国有鉄道、ドイツ連邦鉄道、ドイツ国営鉄道)、S54レール(54 - ドイツ連邦鉄道)、R65レール(65 - ドイツ国営鉄道) 500 曲線半径 分岐線の曲線半径。 単位m。 1:12 番数 単位分数で表記する。 例では12番。 L 分岐方向 左 L 、右 R Fz ポイント部構造 弾性トングレール Fz 、弾性ポイントブレード Fsch 、ピボット式トングレール Gz H 枕木材質 木製 H 、木製のうち広葉樹材 Hh 、鋼製 St 、コンクリート B 現在のドイツ鉄道で主に使われている分岐器の例である(分岐器呼称のxxはレール種類に応じた任意の数字が入る)。 分岐器呼称末尾の「-fb」は弾性可動ノーズ付きを示す。 この特徴のため、クロッシング部の番数だけでは従来の分岐器と規模を単純に比較できない。 2mに達し、ドイツ国内最大の分岐器である。 概要は次の通りである。 現在もチェコ()、スロバキア()両国では、比率式分岐器とそれ以前の段階式分岐器が混在している。 比率式分岐器における番数はヨーロッパ標準の直角法を用いている。 5番)分岐器を設けた。 また駅構内用として1:7,5(7. 5番)分岐器、側線用として1:6(6番)および1:6,5(6. 5番)分岐器を設定した。 現行の比率式分岐器の規格は次の通りである。 分岐線曲線半径と許容通過速度については、通過時の横方向加速度が0. のの北京側には42番分岐器がある。 ヨーロッパの高速鉄道などの動力集中式の列車では、動力分散式に比べて加速・減速の度合いが小さい。 したがって分岐器を高速で通過するため、番数の大きい分岐器が使用される。 構造上の種類 [ ] 滑節ポイント [ ] トングレール(分岐器の分岐部分のレール)の後端部継ぎ目部分に遊間(隙間)を設け、ポイント転換の際にトングレール後端部が滑り移動しながら動作するポイントのこと。 大正14年型分岐器や側線用分岐器などに使用される。 関節ポイント [ ] トングレール(分岐器の分岐部分のレール)の後端部継ぎ目部分に遊間(隙間)を設け、ポイント転換の際にトングレール後端部を中心にして回転するように動作するポイントのこと。 50Nレール使用の本線用分岐器など、全国的に最も多く使用されてきたが、トングレール後端部継ぎ目部分での衝撃・損傷が大きいので、主要幹線では次項の弾性ポイントに更換されつつある。 弾性ポイント(弾性分岐器) [ ] 16番両開き弾性分岐器 トングレールとリードレールを一体化してトングレールの後端部継ぎ目をなくしたポイントのこと。 トングレール後端部レール底面に切り欠きが設けてあり、トングレール全体をたわませて転換する。 弾性ポイントを使用した分岐器のことを弾性分岐器と称する。 分岐器通過時の振動や騒音が押さえられ、通過速度を向上できる特徴がある(直線側は事実上速度制限がない )。 や高速列車の多い路線で多く使用されるが、一般的に他の分岐器より高価となる。 乗越分岐器 [ ] 安全側線に設置される分岐器。 乗越トングレールと乗越クロッシングの両方またはどちらか一方が用いられている。 信号冒進時に車両を本線から脱線させるため、信号と連動している転轍機で転換する。 脱線させる側が定位となっており、脱線後に分岐側から戻る事は考えられていない。 横取装置 保守用車が保守基地線への出入りのために使用する簡易分岐器。 取扱いにあたっては基本的に線路閉鎖手続きが必要で、分岐側からの通過が可能であることが乗越分岐器との大きな違いである。 本線線路には普通レールが用いられており、欠線部も存在しない。 JRの在来線では手動の可動式横取装置が多く設置されており、取り扱いの際は横取器という部品を本線線路に被せることで分岐側の進路を構成する。 大手私鉄では、油圧装置で横取レールを横滑りさせるタイプのものが使用されている。 新幹線では保守基地線へつながる線路が横移動し本線線路を覆う。 本線線路を直交し、保守用車が90度転車することで本線線路に載線するタイプもある。 列車や営業車両は分岐側に入ることは想定されておらず、使用後は完全に取り外す必要がある。 取り外しを忘れた状態で営業列車が走行し、脱線事故の事例もある。 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年2月) 在来線での分岐器の分岐側は、分岐側の曲線半径であるリード半径、分岐器の強度、乗り心地、分岐器の保守などを総合して、安全比率を一般曲線より小さい5. 5として、速度制限が決められる。 在来線での分岐器の直線側は、分岐器のクロッシングの強度、トングレールの開口、クロッシング部分のガイドレールおよびウイングレール(翼レール)の背面横圧の限度、保守量の増加などの理由により速度制限があり、高速列車においては直線で最高速度で走行しても分岐器が存在する通過駅では減速を余儀なくされ、「ノコギリ運転」と呼ばれる加速や減速を繰り返していた。 転轍器 [ ] 分岐器を操作する装置を 転轍器(てんてつき)と呼ぶ。 電気転轍器 [ ] 融雪装置の例() 電気指令によって本体内部にある制御リレーと回路制御器が作動し、その後モーターないし空気シリンダーが動作してそれを動力源として切り替える転轍器で、1箇所で集中制御する際に用いられており、進路の状態を表すにはが用いられる。 構造としてはレールを切り替える転換部と、分岐器を列車が通過している間に転轍器が転換しないように鎖錠する転換鎖錠部とで構成されており、前者はモーターからフリクションクラッチ と減速歯車を介して転換ローラーに繋がり、そこから動作桿とスイッチアジャスターロッドとスイッチアジャスタを介してダイバー(転てつ棒)でトングレールに接続されており、後者は転換部からロックピースと鎖錠桿を介して 接続桿に繋がり、それがトングレールの先端にあるフロントロッドに接続されている。 また、手動で転換できるように転轍器本体に手回しハンドル穴があり 、手動で完全に転換してその後に鎖錠状態になった時に、手回し完了表示窓に矢印の表示が出るようになっている。 また電気転轍器の種類としてはNS形とG形の他、本線以外の側線用にYS形がある。 素早い切り替えが要求される等では圧縮空気を用いる電空転轍器が、それ以外の場所ではモーター式電気転轍器が使用されている。 積雪や凍結によってトングレールの固着やトングレールによる氷雪塊の挟み込みを防ぐため 、冬季はポイント部に下から火を当てたり 電熱器を使い凍結や着氷を防ぐことが積雪のほとんど無い地域において行われる。 また積雪地では代わりに温水・熱風を用いた装置を設置する。 やのほとんどの駅・信号場では転轍器部分にカバーをかぶせたり、防雪シェルターで覆ったりしている。 北海道新幹線においては融かした雪がほどなくして再度凍ることから空気ジェットによりトングレールに挟まった氷雪を吹き飛ばし、氷雪塊の挟み込みを防いでいる。 手動転轍器 [ ] 構内のスプリングポイント。 手動転轍器に「S」のマークがあるため、スプリングポイントであることがわかる。 現場で手動で切り替える転轍器であり、その動作方法によって3種類がある。 主要な手動転轍器には転轍器標識が設置される。 進路の状態を表すのに標識またはランプを用いるものもある。 普通転轍器 常に人の手によって進路を変える転轍器。 転轍器標識は、定位で青の円盤、反位で黄色の矢羽根形である。 転轍器が列車通過時の振動で勝手に切り替わることがないようトングレールを固定するロック機構がある(ロック方式は数種類がある)。 原則として駅員の管理下で取り扱われるために、機械的または電気的なを持つ。 からてこで連動操作されることが原則であるが、入れ替え用途など線路脇のてこで操作できるものもある。 留置線や保線用側線など、鎖錠の必要がなく通過車両が比較的軽量かつ低速である場合、転轍器のハンドル自体の重量またはばねの力によりトングレールを押さえつける簡易式のものもある(通称「ダルマ」または「ダルマポイント」)。 のには、スタフ(のスタフであり外見上はタブレットの玉)をセットしないと動かせない転轍器があった。 これは当該区間が盲腸線でありという非自動閉塞区間であり、また自体も絶対信号機を持たない停留所でありながら分岐を持ち機回しを行う例外的なであったためである。 本来分岐器を持つ停車場には場内出発信号機の設備が必要である。 この処置により、列車運転時には分岐器は常に固定された状態になり、列車が進入可能で、かつ、分岐器が操作可能(固定されていない)と言う危険な状態を避けることが出来る。 発条転轍器 (スプリングポイント) 進路が原則的に定位に固定され、列車は定位方向だけに通行可能である。 ただし、反位側からの列車は車輪によってトングレールを押し広げて(割出しとも言う)通過でき、通過後は内蔵されたと によって自動的に定位へ戻る。 このためポイント操作が不要である。 必要に応じて普通転轍器と同様に手動で反位に固定することもできる。 転轍器標識は、定位で青の円盤にSの文字、反位で黄色の矢羽根形である。 またトングレールがどちらかのストックレールに密着しているかを検知して転轍器の開通方向を知る転轍器回路制御器又はする為の電磁転轍鎖錠器を設置しており、前者はトングレールに接続したロッドを検知する方法とストックレールに穴を開けた後、突起を付けたセンサーを取付けてトングレールの可動によりそれを作動させる方式があり、後者は鎖錠の場合には内部のソレノイド電磁石に電源が入り励磁して転轍器を定位方向に固定させ、鎖錠を解除する場合には内部のソレノイド電磁石の電源を切り転轍器の定位方向の固定を解除することによりトングレールを押し広げることが可能となる。 両者とも進路を設定の際に必要な装置であり、進路構成後に出発・場内信号機を現示させて列車を進行させる。 反位側からの進入には厳しい速度制限が加わるため、路面電車の折返し点や優等列車運行のない単線区間のなど、進行方向が一定かつ通過速度も遅い箇所で使われている。 しかし速度制限や、通過する車輪とトングレールの摩耗などの問題から減少傾向にあり、設備改良などで発条転轍器から電気転轍器に交換したケースもある。 脱線転轍器 定位で脱線するようになっている転轍器。 交換駅・待避駅等でが設けられない場合に設けられるが、低速でなければ車両転覆の危険があるので、主に保留貨車の本線暴走突入防止に使われていた。 定位のときの標識は赤の四角、反位のときは黄色の矢羽根形である。 「」も参照 日本におけるは、1983年に当時の建設省・運輸省の指導による統一規格「標準型新交通システム」が策定され、案内方式は「側方案内方式」が標準となっている。 このシステムでは水平可動案内板方式による分岐が使用されている。 車両側には、各車両下部にある台車から案内バーが左右両側に伸びており、その先の上部にはガイドウェイの案内軌条を走行して転動方向を規制させる案内輪、下部には分岐で進行方向を変えるために使用する分岐案内輪が取付けられている。 案内輪は、走行軌道(ガイドウェイ)に沿って両側に設置された、HまたはI形鋼による案内軌条に車両の両側にある案内輪が走行することで、走行中の車両の転動方向を規制して案内する装置であるが、車両が分岐場所を通過する際には案内軌条の一側を離さなくてはならない。 地上側の分岐場所には、2つの可動案内板と固定案内板がガイドウェイの両側の案内軌条の下に設置されており、可動案内板が電気転轍器で可動することによって分岐器の役割を果たす。 車両は可動案内板に車両側の左右どちらかの分岐案内輪が入り込み、その後、固定案内板を通過することによって車両の進行方向が選択できる。 すなわち両側拘束の案内軌条を離れ、一時的に片側のみを拘束することによって分岐するのである。 「札幌方式」における上下式分岐器()。 写真は直進状態。 川崎重工業と開発した独自の規格(S. TRAM、札幌方式とも)であり、と・で規格が異なるが、いずれも中央案内軌条方式を採用している。 このため、向きの違う案内軌条2本を浮沈させて進路を決定する「上下式」を中心に、基地内などでは、上に複数の進路の軌条を設定し、トラバーサーを動かして進路を決定する「トラバーサ式」を採用している。 モノレール・HSST [ ] やも鉄道に分類され、そのには分岐がある。 跨座式の場合は、上記までの2本のレールやガイドウェイを使うものに比べると、モノレールの軌道は1本で車両重量全体を支えるために幅が広く重量が大きく、また、その構造上、鉄軌道のそれのように轍を乗せ換える方式ではなく、軌道を繋ぎ変える方式となる。 主な方式としては 関節式と 関節可撓 かとう 式 がある。 前者は、1つの分岐器を使用して軌道を転轍させる支点よりそのまま曲げる方式で、乗り心地は悪くなってしまう。 そのため、本線では使用されず、乗り心地を追及する必要のない、車両基地内や、側線への分岐点で使用される。 後者はいくつかの短い桁を組み合わせ軌道を転轍する方式で、それぞれの桁は関節で接続されているため、車体の振動が関節式と比較して極力少なくすることができる。 また、構造上分岐の形式は通常単純な複数方向への分岐かシングルクロスが多いが、のように、ダブルクロッシングを設ける例もある。 このほかアメリカ・のでは反転する軌道の上下にそれぞれ定位と反位の軌道を設け、回転させることで軌道を切り替える分岐器を採用している。 常電導リニアの一つである、HSSTではにダブルビーム型とシングルビーム型があるが、現在実用化されているシングルビーム型では、構造上モジュール(台車に相当)が軌道を抱え込む方式となっているため、跨座敷モノレールと同様の関節式・もしくは関節可撓式の分岐器が採用されている。 懸垂式の場合は、鉄軌道のトングレールとリードレールに相当するT形断面の可動レール が転轍させる支点を中心に可動して軌道を転轍する方式を採用している。 HSSTの分岐器(愛知高速交通 東部丘陵線 万博会場駅(現:愛・地球博記念公園駅)) ゴムタイヤトラム [ ] 案内車輪を誘導するレールを用いる方式の場合、分岐器が必要となる。 仏:トランスロール社のにおいては、それぞれ分岐器中央部後端よりに支点を持つ2本1組の案内軌条がずれて進路を構成する方式や、跨座式モノレールのようにポイント先端部に支点を持つ一本のレールを繋ぎかえる方式が用いられている。 また、クロッシング部ではターンテーブル状の線路を用いて進路を構成する必要がある。 の方式においても同様な分岐器が用いられているが進路でない軌道が一部カバーに隠れる構造となっており、支持方式の構造上クロッシングにターンテーブルは用いられない。 日本国語大辞典(小学館)• 日本大百科全書(小学館)• この部分は、ウイングレール(翼レール)、鼻端長レール、鼻端短レールを組合せており、間隔材と填材が取付けられているほか、ストックレールにはガードレールが取付けられている。 この部分は、車輪のフランジが通過するため、磨耗し易く、そのため、普通クロッシングの約10倍の耐久性を持つ、一体式でにより製造された高マンガン鋼クロッシングが採用されている所があり、高速走行に対応している場合がある。 日本での採用例:北越急行ほくほく線の全線、()、(非常渡り線)、(および・非常渡り線、、同線渡り線)、()、()、京成電鉄(成田スカイアクセス)。 かつては特急列車が多数運転されていたの一部の駅にも採用されていたが、開通に伴う東北本線特急列車の削減によって全て通常の分岐器に交換された。 そのため転轍器をポイント部とクロッシング部に2つ設置する。 通常式分岐器はフランジウェイの隙間を車輪が通過すると大きな騒音が発生するが、可動式ノーズ分岐器はフランジウェイによる隙間が存在しないので大幅な騒音低減が可能。 例えば東京急行電鉄あざみ野駅は優等列車も停車する駅であり上下線ともに減速が強いられるが、それにもかかわらず分岐器周辺が住宅密集地のためノーズ可動クロッシングが騒音低減目的で用いられている。 機械式とME(マイクロエレクトロニクス)式の2つがあり、接着状態情報(接着・非接着)で分岐器の定位と反位を検知して連動装置に出力するとともに、基本レールとトングレールとの間の隙間が許容値を超えている場合は、分岐器を転換不能として検知するようになっている。 Agarwal 2007 Oxford University Press India. 263-265• Rajat Rastogi Department of Civil Engineering, Indian Institute of Technology. 9-11• 1578、、1958年3月。 「轍叉番号」、『鉄道用語辞典』、大阪鉄道局、1935年• 分岐器の番数に関し日本の模型趣味者の間や模型の参考書で古くから流布している直角法については日本では採用されていない。 また同様に流布している「分岐器の片開き・両開きの形状によって直角法と中心線法を使い分ける」手法は元から世界に存在せず、共に日本の実物で用いられている定義とはまったく無関係である。 基本のクロッシング番数以外は倍数を用いるこの方式により、配線の設計施工が容易となる利点がある。 例えば、基準線を平行とし分岐線を左右対称に相対する形で置かれた2基の10番片開き分岐器の分岐線の交点では、規格により正確に「10番の2倍の角度」に規定されている5番クロッシング(フログ)を用いる5番ダイヤモンドクロッシングを設置すれば良いことが分かる。 21-23• 新幹線のような高速で運転される場合にはクロッシング部による制限が生じるはずであるが、新幹線では本線分岐は全てノーズ可動型であり、在来線では線区最高速度に拘束されるので実用上は制限がないことと変わらない• 転換途中で石などが挟り一定以上の力がかかると摺動してモーターに無理な力が働かないようにする機構、その他にも転換力の調整や転換終了時の衝撃力を吸収している。 鎖錠桿にロックピースを押し込み又は引き抜く事により動作桿と鎖錠桿の鎖錠又は解錠を行う。 穴入口にハンドルを入れて動かすと電気転轍器のモーター回路が遮断されて、ハンドルで転換中でもモーターが作動しないようになっている。 ノーズ可動式分岐器においてはノーズ可動部も• と呼ばれる。 とは別物• JR東日本秋田支社. 2017年4月12日閲覧。 通過中に列車をスムーズに通過させるためと、通過後の復帰を暫く遅らせる役割がある。 1981年に開業したでは、ガイドウェイの案内軌道が、下部から浮き上がりまたは沈み込む浮沈式を採用している。 石簾マサ 2017-06-31. 北海道ファンマガジン. 2017年10月15日閲覧。 10最終閲覧• 先端部とリード部で構成されており、この2つは連結軸を介して繋がっている。 冷泉彰彦「実用化技術はすでに確立 超電導リニア 乗車体験でシミュレーション」『鉄道ジャーナル』第52巻第4号(通巻618号)、鉄道ジャーナル社、2018年4月1日、 pp. 78-90、。 参考文献 [ ]• 『鉄道電気読本』(改訂版) 日本鉄道電気技術協会。 『新幹線信号設備』(改訂2版) 日本鉄道電気技術協会。 『鉄道工学ハンドブック』 、1995年。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 保線ウィキ(2017年2月14日閲覧)• - 各種レールの構造の解説、種類、写真など。 - 特殊分岐器の写真など。

次の