福岡 サービサー。 サービサー 債権回収会社

事業所一覧│ニッテレ・サービサー(ニッテレ債権回収株式会社)

福岡 サービサー

債権の回収を行うサービサーという会社 競売後とか任意売却後の返済出来なかったローン等の残債務は不良債権となります。 この不良債権は一種の金融商品です。 商品ですので、例えばAという債権回収会社(サービサー)からBという債権回収会社へ、そして時にはCというサービサーへと次から次へと転売されることがあります。 たまたま、Aという債権回収会社に貴方の残債の債権が有ったにも係わらず全然催促などして来なかったのに、Bというサービサーに債権譲渡された瞬間から矢のような催促を受け出すということがしばしばあります。 そして、中には給料差押えをほのめかすサービサーもおります。 サービサーは貴方に返済を求める権利が有りますのでサービサーから連絡が有ったら逃げ回らずに一応お話し合いのテーブルに着いてください。 2009年の6月の時点では116社のサービサーが登録されております。 中には小さな額の債権の回収を小まめに行っている業者さんも存在しております。 自分の借金を買い戻す 競売が終わって、任意売却が終わって数年後、サービサーから連絡が来たらチャンスかも知れません。 最終的には、その買い取り額を上回る回収ができれば、利益が生まれることとなるのです。 と言うことは、債務者が残債を譲受けた額を超える価格で買取ることが出来れば、話はまとまることになります。 ただし、初めから債権を買い取った額で、請求してくるサービサーはいません。 債権を安く買い取り、高く売るのが目的です。 従いまして請求額は残債務の額となります。 もしその時点でお金に余裕が有りましたらご自分の債権を買い戻して綺麗サッパリするのも良いのではないでしょうか! バルクセール いわゆるまとめ売りのことです。 残債務50億円・10億円・1億円・5千万円・1千万円などと、億単位の不良債権から100万円単位の不良債権までを一括りにしてまとめ売りする事をさします。 ほとんどの金融機関(公的な金融機関以外)はサービサーへ、安値でバルクセールします。 安い価格でサービサーが不良債権を買い取りますが、サービーサーは額面通りの金額を本人に請求するのです。 この金額の差に交渉の糸口が有るのです。 知人で、40億円の自分の不良債権を370万円で買い戻した人がいますし、2,000万円の債権を17万円で買い戻した友人もおります。 残債の扱い方 1 毎月々少額の返済をして行く - "払わない" と "払えない" では、債権者は全く違う認識となります。 2 全く支払わない - 逃げる事も可能しょう。 残債は無担保債権となり、サービサーも必要以上に支払督促はて来ないということがあります。 しかし、条件によって異なりますので、場合によっては、給料の差押えをされる可能性もあります。 住宅金融支援機構に住宅ローンを借りたのに サービサーの業務には、債権者の委託による委託型と債権譲渡を受けて債権者としておこなう譲渡型の二種類があります。 前者の場合は、期限の利益喪失前の催告の段階からサービサーが代行することになります。 このため、債権者から来る督促通知が、すでにサービサーの会社名になることがあります。 住宅金融支援機構から融資を受けている筈なのに、 "オリックス債権回収会社" とか "エム・ユーフロンティア債権回収会社" から債権の回収に関する通知を受け取る理由は、住宅金融支援機構から債権回収の委託を受けているからなのです。 〒107-0052 東京都港区赤坂一丁目11番44号 電話:03-5549-8770 〒102-0083 東京都千代田区麹町一丁目3番地 電話:03-3222-0328 〒105-0001 東京都港区虎ノ門一丁目2番8号 電話:03-3593-6681 〒105-0014 東京都港区芝一丁目5番9号 住友不動産芝ビル2号館 電話:03-5765-6181 〒107-0052 東京都港区赤坂一丁目8番13号 電話:03-5303-5940 〒108-0023 東京都港区芝浦三丁目16番20号 電話:03-3769-4611 〒130-8583 東京都墨田区菊川三丁目17番2号 電話:03-5600-5200 〒164-0012 東京都中野区本町二丁目46番1号 電話:03-3299-7561 〒104-0045東京都中央区築地三丁目16番9号 電話:03-3544-6003 〒105-6135 東京都港区浜松町二丁目4番1号 電話:03-3435-3280 〒106-6142 東京都港区六本木六丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー 電話:03-6439-0222 〒100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目5番2号 03-6205-0821 やまと債権管理回収株式会社 〒100-0005 東京都千代田区丸の内二丁目1番1号 明治生命館 電話:03-3287-2100 ユーエーエス債権回収株式会社 〒100-0005 東京都千代田区丸の内一丁目3番1号 東京銀行協会ビル 電話:03-6268-5222 〒100-0013 東京都千代田区霞が関三丁目2番1号 霞が関コモンゲート西館 電話:03-5510-2811 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町一丁目10番5号 電話:03-6202-7380 のぞみ債権回収株式会社 〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町45番地 電話:03-5297-1811 〒220-0004 横浜市西区北幸一丁目11番15号 横浜STビル 電話:045-325-3911 〒141-0022 東京都品川区東五反田一丁目2番33号 電話:03-5791-3344 〒102-0073 東京都千代田区九段北一丁目13番5号 電話:03-3265-0456 〒106-6115 東京都港区六本木六丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー 電話:03-6439-7600 〒150-6013 東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー 電話:03-4570-7300 〒900-0036 沖縄県那覇市西一丁目19番7号 電話:098-860-4393 〒101-0054 東京都千代田区神田錦町一丁目2番地1 電話:03-5281-2026 〒164-0012 東京都中野区本町二丁目46番1号 電話:03-3373-5111 〒102-0073 東京都千代田区九段北四丁目1番3号 電話:03-5211-7811 〒220-0055 横浜市西区浜松町2番5号 045-253-3311 〒105-0001 東京都港区虎ノ門一丁目19番5号 虎ノ門1丁目森ビル 電話:03-5511-5950 〒104-0031 東京都中央区京橋一丁目14番4号 電話:03-3562-5091 卯浩債権回収株式会社 〒169-0072 東京都新宿区大久保二丁目7番17号 電話:03-5292-6411 〒169-0072 東京都新宿区大久保二丁目7番17号 電話:03-5992-1119 〒103-0027 東京都中央区日本橋二丁目1番10号 電話:03-3271-4456 〒105-0001 東京都港区虎ノ門四丁目1番28号 電話:03-5776-1055 〒104-0054 東京都中央区勝どき一丁目7番3号 勝どきサンスクェア 電話:03-5547-2100 〒380-0936 長野市大字中御所岡田178番地2 電話:026-224-3982 みずほ債権回収株式会社 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町一丁目6番10号 電話:03-5640-4071 〒062-0020 札幌市豊平区月寒中央通七丁目6番20号 JA月寒中央ビル 電話:011-856-9933 〒102-0074 東京都千代田区九段南一丁目5番6号 電話:03-3288-7969 〒103-0027 東京都中央区日本橋三丁目5番13号 三義ビル 電話:03-3231-2700 〒104-0032 東京都中央区八丁堀三丁目5番7号 電話:03-3537-0317 〒104-0031 東京都中央区京橋一丁目7番1号 電話:03-3538-5890 〒105-0004 東京都港区新橋五丁目22番10号 電話:03-5470-9520 〒812-0013 福岡市博多区博多駅東二丁目5番19号 サンライフ第3ビル 電話:092-483-4650 〒163-0023 東京都新宿区西新宿一丁目22番2号 新宿サンエービル 電話:03-3345-9630 〒102-0083 東京都千代田区麹町三丁目4番地 電話:03-5215-6511 〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目2番4号 電話:03-6267-7170 系統債権管理回収機構株式会社 〒101-0047 東京都千代田区内神田一丁目1番12号 電話:03-5283-5588 三和債権回収株式会社 〒160-0023 東京都新宿区西新宿八丁目2番26号 電話:03-5348-4689 サービサーとホームページ 多くのサービサーは、金融機関、リース会社などの系列に属しております。 従いまして、一般の方々にその存在を知ってもらう意味で、企業としてのホームページを持つ必要はありません。 例えば、 系統債権管理回収機構株式会社は、JA農協、漁協および信連から不良債権を買い取って回収すことを業務としておりますのでホームページで一般にアピールは不要と考えているようです。 〒730-0011 広島市中区基町13番13号 電話:082-227-1113 ベータウエスト債権回収株式会社 〒105-6016 東京都港区虎ノ門四丁目3番1号 城山JTトラストタワー 電話:03-5403-4888 〒163-0608 東京都新宿区西新宿一丁目25番1号 新宿センタービル 電話:03-5326-3971 〒102-0074 東京都千代田区九段南三丁目7番14号 電話:03-3263-8700 〒260-0016 千葉市中央区栄町39番10号 電話:043-225-6375 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町一丁目9番13号 電話:03-3270-6011 〒100-0011 東京都千代田区内幸町二丁目1番8号 03-5157-1661 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町一丁目9番4号 ダヴィンチ日本橋ビル 電話:03-6361-6802 〒107-0052 東京都港区赤坂一丁目11番44号 電話:03-5574-8400 〒690-0061 島根県松江市白潟本町71番地 0852-24-2001 〒530-0054 大阪市北区南森町二丁目2番10号 大阪昭光ビル 電話:06-6363-2444 〒460-0013 名古屋市中区上前津二丁目1番30号 電話:052-324-3111 〒135-0062 東京都江東区東雲一丁目7番12号 KDX豊洲グランスクエア 電話:03-6204-0825 〒106-0032 東京都港区六本木四丁目2番14号 電話:03-3568-6077 〒100-0005 東京都千代田区丸の内二丁目2番1号 岸本ビル 電話:03-5219-5961 〒102-0083 東京都千代田区麹町三丁目5番19号 電話:03-3221-9211 〒700-0818 岡山市北区蕃山町3番30号 電話:086-803-5100 エーアールエー債権回収株式会社 〒541-0053 大阪市中央区本町三丁目3番8号 電話:06-6252-4300 〒987-2252 宮城県栗原市築館薬師四丁目2番5号 小野寺ビル 電話:0228-21-3265 〒104-0028 東京都中央区八重洲二丁目1番6号 電話:03-3516-8700 〒600-8177 京都市下京区烏丸通五条下ル大阪町391番地 第10長谷ビル 電話:075-353-7007 〒810-0001 福岡市中央区天神二丁目13番1号 電話:092-737-0881 〒317-0072 茨城県日立市弁天町二丁目24番1号 電話:0294-27-8277 株式会社虎ノ門債権回収 〒105-0001 東京都港区虎ノ門三丁目8番21号 電話:03-5776-8200 ジーエフアール債権回収株式会社 〒107-6109 東京都港区赤坂五丁目2番20号 赤坂パークビル 電話:03-3588-9569 〒541-0044 大阪市中央区伏見町二丁目1番1号 電話:06-6233-8088 〒732-0052 広島市東区光町一丁目9番19号 電話:082-263-8500 〒930-0044 富山市中央通り一丁目6番8号 セプラビル 電話:076-424-3399 〒745-0015 山口県周南市平和通二丁目15番地 電話:0834-22-2101 〒745-0015 山口県周南市平和通二丁目15番地 電話:03-5957-5511 〒162-0811 東京都新宿区水道町3番1号 電話:03-3513-1900 〒107-0052 東京都港区赤坂一丁目14番5号 電話:03-6673-4276 〒164-8606 東京都中野区中央五丁目49番4号 電話:03-4574-4700 〒171-0043 東京都豊島区要町一丁目9番1号 電話:03-5995-2450 〒106-6018 東京都港区六本木一丁目6番1号 電話:03-6229-0136 〒541-0056 大阪市中央区久太郎町三丁目6番8号 御堂筋ダイワビル 電話:06-6245-1237 〒860-0806 熊本市花畑町10番31号 電話:096-356-0200 〒105-6001 東京都港区虎ノ門四丁目3番1号 電話:03-5404-3040 〒104-0031 東京都中央区京橋三丁目4番2号 電話:03-3275-4141 〒163-1108 東京都新宿区西新宿六丁目22番1号 電話:03-5324-5621 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場四丁目4番13号 電話:03-6864-2288 〒530-0047 大阪市北区西天満六丁目2番11号 電話:06-6311-1175 〒600-8211 京都市下京区七条通烏丸東入真苧屋町214番地 電話:075-371-0300 〒103-0027 東京都中央区日本橋一丁目4番1号 電話:03-3517-7900 〒171-0022 東京都豊島区南池袋一丁目10番13号 電話:03-5950-3411 ウィンズ債権回収株式会社 〒103-0028 東京都中央区八重洲一丁目7番17号 電話:03-3231-4101 〒100-6031 東京都千代田区霞が関三丁目2番5号 霞が関ビルディング 電話:03-3539-5541 〒422-8563 静岡県静岡市駿河区南町10番5号 電話:054-202-1510 〒104-0061 東京都中央区銀座六丁目10番16号 電話:03-3569-8211 〒305-0031 茨城県つくば市吾妻一丁目15番地1 電話:029-861-0788 〒436-0077 静岡県掛川市駅前1番地9号 電話:0537-61-3100 〒106-0032 東京都港区六本木一丁目8番7号 電話:03-4330-3348 〒160-0023 東京都新宿区西新宿八丁目5番5号 電話:03-6834-2333 〒102-0074 東京都千代田区九段南四丁目2番11号 電話:03-3556-3444 〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町一丁目8番4号 電話:03-5651-1511 〒105-6016 東京都港区虎ノ門四丁目3番1号 電話:03-5403-4687 サービサー制度に関する問合せ先 〒100-8977 東京 都千代田区霞が関1丁目1番1号 法務省大臣官房司法法制部 審査監督課 電話 03-3580-4111 内線 5914 ~ 5917 ホームページ: 全国サービサー協会 〒102-0083 東京都千代田区麹町4-4 第一麹町ビル4F 電話 03-3221-5222 ホームページ: サービサーに対する苦情はここで受け付けてもらえます。 サービサーと架空請求 サービサーの会社名を勝手に使ったり、社名を微妙に変えて誤解を招かせて架空請求をしてきたり、会社の電話番号では無く、携帯電話の番号を記載して請求して来る場合には下記の協会へ相談してみてください。 電話 03-3221-5222 ホームページ: 全国サービサー協会 もう一つのサービサー一覧サイト サービサーの会社名とホームページの一覧のサイトです。 ホームページ:.

次の

ふくおか債権回収株式会社

福岡 サービサー

債権回収会社は必ずしもクリーンとは限りません。 会社によっては、違法な取り立てや弁護士法に違法している可能性があります。 これらのリスクをなくして、債権回収をするなら弁護士に依頼しましょう。 弁護士に依頼するメリットは以下の通りです。 債権回収が法で認められている• 法律に則った債権回収をしてもらえる• 内相証明や督促状の作成・発送• 裁判手続きなどのリーガルサービス• 差し押えの手続き・書類作成 など 弁護士に依頼することで、 最大限の金額を回収できる 可能性があります。 債債務者が破産・再生手続きを行う前に 、弁護士にご相談ください。 債権回収が得意な弁護士を探す 土日・19時以降も相談できる等 あなたに最適な事務所が見つかる! 北海道・東北 関東 北陸・甲信越 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄 早速、債権回収会社とは一体どのような会社なのかという点について解説していきましょう。 債権回収会社は法務大臣による許可を受けて債権回収を行っています。 《法務大臣による許可要件》 1:資本金5億円以上の株式会社であること 2:債権回収行の営業許可を法務省から取り消された場合、その日から5年以上が経過していること 3:債権回収業に関する特別措置法第24条の規定及び弁護士法によって罰金刑に処せられた場合、刑の執行終了から5年以上が経過していること 4:取締役に弁護士を選任すること 5:暴力団員および暴力団員でなくなった日から5年が経過する人物が事業を支配していない 6:暴力団員を業務に従事させていないこと 7:取締役および執行役、その他同党の支配力を有する人物に以下の項目が当てはまらないこと• 成年被後見人もしくは被保佐人• 破産者で復権を得ない人物• 禁固刑以上の刑に処せられ、刑の執行終了から5年未満の人物• 債権回収業および弁護士法により罰金刑が処せられ、刑の執行終了から5年未満の人物• 債権回収、管理の際に刑法、暴力行為等処罰に関する法律、賃金業の規制に関する法律、暴力団員による不当な行為防止等に関する法律により罰金刑に処せられ、刑の執行終了から5年未満の人物• 暴力団員 8:会社の商号に「債権回収」という文字を必ず入れること (引用:) 平成10年に不良債権回収を進めるための「債権回収業に関する特別措置法」が制定され、それまで弁護士しか行うことが出来なかった債権回収業務が株式会社でも行えるようになりました。 しかし上記のような認定基準があり、債権回収業務は原則として国から許可を得た業者でなければ行うことは出来ません。 もしも許可を得ていない業者が債権回収を業として行った場合、サービサー法3条違反として、3年以下の懲役または300万円以下の罰金、あるいはその両方の刑罰を科されることになります。 参考: 主に事業者向けの貸付債権を中心に回収を行い会社としての収益を出していますが、個人向け銀行ローンや個人のクレジット債権なども取り扱うことが可能で、入金状況・債権内容などのデータ管理や、支払い案内(請求書)の発送業務なども委託できます。 債務者はこの債権回収会社とやり取りすることになり、督促状や電話なども債権回収からくるようになります。 債権回収会社は債権回収代行による手数料を収益としている 冒頭でも述べた通り、主に債権回収会社に委託を行っているのは金融機関や保証会社です。 委託の際には金額に応じた手数料を支払わなければなりませんが、債権回収会社はこの手数料を収益としています。 債権回収会社は債権を買い取り実際に回収した差額を収益としている 債権回収会社の収益となっているのは、本来の債権者から支払われる手数料だけではありません。 債権者から債権を買い取り、実際の金額よりも上乗せして債権回収を行うことで、その差額も収益としています。 債権回収会社へは債権の委託と譲渡を選択して依頼できる 債権は、委託の他に譲渡も可能になります。 状況に応じて、本来の債権者はより有益なほうを選ぶことができます。 債権の委託 債権者に代わり債権回収会社が債務者との交渉窓口となります。 債権者は移行することはありません。 債権の譲渡 債権譲渡を行うと、債権者そのものが債権回収会社に移行します。 債権譲渡後は、債務者は債権回収会社と交渉しながら債権回収会社に対して返済を行います。 参考: 原則として、債権回収会社はサービサー法にしたがい、以下の 特定金銭債権しか回収することが出来ません。 特定金銭債権 主な特定金銭債権 通信料債権 物販債権 リース債権 クレジット債権 マンション管理費債権 家賃債権 心療報酬債権 その他の債権 特定金銭債権とは 金銭の給付を目的とする債権ではあるが当事者間で目的物が特定されている場合の債権のことを示します。 また、債権回収会社では特定の事業者である場合などを除き、個人の方の債権は取り扱いできないことになっています。 債権回収の業者と聞くと、厳しい取り立てや執拗な請求電話などをイメージする人が多くいますが、法に従って回収業務が行われるため、決してそのようなことはありません。 極力両者に大きないざこざが起きないような解決を見据え、返済・支払いのための手立てを提案も行ってくれます。 (参考画像:) 基本的に債権回収会社も弁護士も法の規定に従い回収業務を行います。 債権回収会社を勝手に名乗った悪質な会社でもない限りは、回収方法自体に具体的な違いはありません。 電話や書面による請求 債務者に対して断続的に電話・書面による催促を行います。 これらは債務者との物理的な距離を克服でき、回収にかかるコストも通話料・請求書発行分のみになるので最も手軽な回収方法であると言えます。 内容証明の送付 以下のような、支払いの催促が記載された内容証明郵便(いつ、いかなる内容のものを誰から誰へ宛てて差し出したかということを日本郵便が証明する制度)を送付します。 《債権回収をする際の内容証明の文章例》 通知書 当社はお客様に対しこれまで再三に渡りお客様の未払い債務解決のためのご案内を差し上げておりますが、残念ながら本日までお支払いがされておらず、大変困惑しております。 当社といたしましては、現在でも話し合いによる解決を望んでおりますが、このままの状態を無期限に継続することは出来ません。 万が一ご送金、ご連絡がない場合、真に不本意ながら法的手続きの準備に入ることを念のため申し添えます。 尚、本状行き違いの場合にはご容赦のほどお願い申し上げます。 債権回収方法としては、内容証明はオーソドックスなものであると言えます。 債務の消滅時効を中断すすることが可能で、且つ相手に対して心理的なプレッシャーを与えることが出来ます。 しかし、この内容証明郵便に法的な拘束力はなく、一通出すのに1,300円くらいかかるので、コストパフォーマンスが良いとは言えません。 支払督促の申立 債権者が支払督促(しはらいとくそく)を申立すると、裁判所書記官は債務者の言い分を聞くことなく支払督促を発することが出来ます。 債務者への送達後2週間以内に異議がなければ、30日以内に債務者の申立によって仮執行宣言が付されます。 ただし、これに対し異議の申立があれば 訴訟に移行します。 参考: 訴訟 全く回収の見込みがない場合は、 強制執行を見据えた訴訟の提起をします。 これにより判決で白黒の決着をつけ、勝訴することで正式に強制執行の手段を取ることが出来ます。 参考: どのようなケースで、どのようなタイミングで債権回収会社に委託を行うべきなのでしょうか?以下で解説していきます。 自社で債権回収したが回収の見込みがないとき かなり悪質な債務者の場合だと、もはや電話や請求書などの任意的な交渉では動じない場合があります。 したがって、自社で債権回収を試みたが債務者から全く支払われずにいるという場合には、債権回収のプロに債権回収を委託するなど別の回収手段を取る必要性があります。 債権回収の知識がないとき 債権を回収したくても、何からどう手をつけていいのか、どのような言い回しが失礼に値せずスムーズに回収できるかなど、一般的な債権回収の知識に乏しい場合、まず回収のためのノウハウを覚えていたのでは回収までに時間を要します。 一方、債権回収会社であれば合法なやり方で迅速に債権回収を進めてくれます。 特定金銭債権を回収したいとき 前述の通り、債権回収会社は特定金銭債権のみ回収が可能です。 特定の事業者である場合等を除き一般的な個人の方の債権は取り扱いできないことになっていますが、この特定金銭債権を回収したい時には弁護士ではなく債権回収会社に委託をしたほうが結果的にコストを抑えることも出来ます。 債権回収業務を委託する場合のメリットやデメリットについてもまとめていきましょう。 参考: 債権回収会社に依頼するメリット 債権回収会社への委託や譲渡による一番のメリットは、自社の債権を処分できるという点でしょう。 通常は、代金が支払われれば債権も消滅します。 しかし支払われないままではずっと債権は残ったままになってしまいます。 企業としてはこのような不良債権ははやく処分したいという心理があります。 ・債権処分により資産圧縮が可能になる ・債務者が支払いに応じやすくなる ・法令を遵守した回収業のため安心して任せられる ・権回収を委託するか譲渡するかを選択できる ・債権回収の手間がなくなるため本業に注力できる ・債務者が破産しても損失がない ・顧客トラブルを回避できる 債権回収会社に依頼するデメリット 債権回収会社の債権買取価格によっては、自社で回収業務を行った場合よりも損失を計上することになる可能性もあります。 これは、債権回収会社が債権買取価格を債務者の状況に応じてかなりディスカウントするケースが多くあるためです。 ・新たな損失を計上するケースがある ・自社で回収を行う場合のコストと比較する必要がある ・手数料が発生する 債権回収会社を名乗り、インターネットのアダルト請求や、身に覚えのない売買代金を請求してくる会社もあります。 また、回収できもしないのに、回収業と偽り委託費用を請求してくる会社もあります。 こうした悪質な詐欺業者のおかげで「債権回収代行」と聞くだけで怪しんでしまう一般人も多くいます。 事実、国民生活センターにはこのような悪質な詐欺の相談が2002年度から急増し、最も多かった2005年度には65万件にも達しています。 参考: (pdfファイル) 債権回収会社と詐称して行われた悪質な詐欺事例 請求の名目は「有料アダルトサイト利用料金」「出会い系サイト」「総合情報サイト登録料」「民法指定消費料金」「医療費」「官報掲載料」など様々で、電子メールやはがき、自動音声による電話などその請求手段も様々です。 実際に逮捕された詐欺業者の事例 架空請求詐欺で6人逮捕、被害は2億円超か(読売新聞) 実在しない債権回収会社を名乗り、未納料金の請求を装って現金をだまし取ったとして、静岡、神奈川両県警共同捜査本部は31日、架空請求グループ6人を詐欺の疑いで逮捕した。 このうち2人は、振り込め詐欺グループの仲間を内紛から死亡させたとして傷害致死罪などで公判中。 共同捜査本部は、口座の入金記録などから同様の手口で、約170人から約2億7000万円をだまし取ったとみて裏付けを急いでいる。 逮捕されたのは、東京都中野区中野、会社役員今井琢麻(24)、埼玉県和光市白子、会社員大東周平(21)ら4容疑者。 再逮捕されたのは、東京都西東京市中町、無職渡辺丈晴(25)、住所不定、無職村山明行(26)の両被告。 調べによると、今井容疑者ら6人は2004年7月ごろ、実在しない債権回収会社「日同プランニング」の名で、静岡県富士宮市の女性事務員方に、さも女性が電子通信の契約をしていて料金が未納であるかのように、「未納利用料請求最終通告書」のはがきを郵送。 さらに、電話で督促を装い、「書類は裁判所に行っている」とうそを言って、4回にわたり計約630万円を銀行や郵便局に振り込ませた疑い。 (読売新聞) - 2月1日3時12分更新 (引用: ) 詐欺業者かどうかを事前に見分ける方法 法務省のホームページをチェックする 債権回収会社への委託にあたっては法務大臣が許可した正規の会社かどうかを必ず確認しないといけません。 以下の法務省のホームページ上では、注意喚起を行うとともに、法務省が営業を許可した債権回収業者の一覧を見ることができます。 法務省: 債権会社を詐称したことがある業者一覧を確認する 以下の一覧からは、過去に債権回収会社を詐称したという情報を確認することが出来ます。 (pdfファイル) しかし正規の債権回収会社であっても、詐欺業者が実在する会社名を名乗って営業をするケースがあり、それによりインターネット上に悪質な業者であるという情報が出回ってしまうことがあります。 これは正規の債権回収会社としては迷惑極まりないことです。 最終的には、電話番号や所在地が正規の債権回収会社のものであるかどうかを確認するようにしましょう。 債権回収は、債権回収会社の他に弁護士にも依頼をすることが出来ます。 債務者はどちらかというと弁護士が関与してくるほうが圧を感じるようですが、決定的な違いとして、以下の三点が挙げられます。 参考: 回収できる債権の種類に制限がある 債権回収会社が特定金銭債権以外の債権を取り扱えるように承認を受けることは不可能ではありませんが、承認を受けていても、法律事務所にあたらない範囲の業務しか行うことが出来ません。 一方、弁護士は対象債権が特定金銭債権以外のみと限定されているわけではないので、幅広い範囲での債権回収が可能です。 回収を依頼できる業種に制限がある 基本的には金融関係の企業からの依頼に限られるのが債権回収会社です。 弁護士の場合は個人であっても企業であっても、債権回収を相談・依頼することが出来ます。 知らずに無認可の債権回収会社に依頼した場合も罪に問われる可能性がある 弁護士以外の無資格者や認可を受けていない業者が業務として意見したり何かを代理したりすると、弁護士法違反で逮捕されることになります。 したがって、万が一債権回収代行会社を装って債権回収を行っている悪質な業者に依頼してしまった場合、依頼した側も共犯としてみなされるかもしれません。 このように、罪に問われるリスクの有無についても違いがあります。 債権回収会社についての概要や委託の際のメリット・デメリットについてまとめた今回の記事はいかがだったでしょうか。 債権回収会社に委託するメリットはたくさんあります。 しかし、無認可の業者に委託してしまうことだけは絶対に避けなければなりません。 また、債権回収の一番のポイントは、『債務者と争って追い詰めることではなく、いかにうまく請求・交渉をして支払い意思を持ってもらえるかどうか』です。 そのためのアドバイスを、まずは交渉のプロである弁護士から無料相談を通して受けてみるのも有効な手段の一つです。 債権回収会社は必ずしもクリーンとは限りません。 会社によっては、違法な取り立てや弁護士法に違法している可能性があります。 これらのリスクをなくして、債権回収をするなら弁護士に依頼しましょう。 弁護士に依頼するメリットは以下の通りです。 債権回収が法で認められている• 法律に則った債権回収をしてもらえる• 内相証明や督促状の作成・発送• 裁判手続きなどのリーガルサービス• 差し押えの手続き・書類作成 など 弁護士に依頼することで、 最大限の金額を回収できる 可能性があります。 債債務者が破産・再生手続きを行う前に 、弁護士にご相談ください。 債権回収が得意な弁護士を探す 土日・19時以降も相談できる等 あなたに最適な事務所が見つかる! 北海道・東北 関東 北陸・甲信越 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄 今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、への加入がおすすめです。 何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。 そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。 弁護士費用保険メルシーに加入すると 月額2,500円の保険料で、 ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。 もちろん労働問題に限らず、自動車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。 (補償対象トラブルの範囲はからご確認下さい。 ) ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

次の

ふくおか債権回収株式会社

福岡 サービサー

ふくおか債権回収から督促状や催告書が届いた! ふくおか債権回収から督促状や催告書、請求書が届いた。 電話も掛ってきているけどどうしたらいい・・・。 ふくおか債権回収は未払いの料金等を回収するのが専門の法務省に認可された会社です。 ハガキや封書、またレターパック等での督促や通知書が届いたのであれば何らかの支払いを行っていないという事はありませんか? まずはこちらを開封して正しい請求内容であるかを確認してください。 その書面には元金・経過利息・遅延損害金等の金額が記載されてと思われます。 ふくおか債権回収から身に覚えのない督促状や請求がきた よく、知らない所からの督促連絡なので「無視して大丈夫」「架空請求」「これは詐欺?」と思っている人がいますが、それは間違いです。 ふくおか債権回収は 法務大臣の許可を受けて営業している債権回収会社ですので架空請求などではありません。 例えば「 カードローンの返済」「 キャッシングの返済」「 電気、ガス、水道料金などの公共料金」「 税金の未納」「 各種ローンの返済」「 奨学金の返済」「 家賃の支払い」「 クレジットカードの支払い」「 携帯電話の通話料の未払い」「 病院での医療費未払い」「 銀行からの借入返済」など期日までに支払わなければならないのに延滞や滞納が続くと督促の電話や催告書や督促状、また法的手続着手予告などが債権回収会社より届くことがあります。 債権回収会社はプロの取り立て集団と思ってください。 督促状や法的手続着手予告が届いたらどうすればいい? まずは、「 その通知書が正しいものか?」「 何の代金の請求なのか?」を確認するようにしてください。 その内容に間違いが無く、未払いや滞納があれば記載されている連絡先に連絡をするなどきちんとした対応をすることが必要です。 その前に!時効の確認はしましたか? 借金の督促状や催告書が届いたとしても 支払わなくて良い場合があるのです。 それは時効です。 しかしこの時効ですが、 自動的に成立するものではありません。 相手方に時効の通知をする必要があり、これを時効の援用といいます。 以前に金融会社などからお金を借りていたけど、ずっと返済をしていないといった事はありませんか? その場合、ひょっとするともう返済をしなくてよいかもしれません。 消費者金融やクレジットカードなどの貸金業者からの借金や、銀行からの借金については、最後の返済から5年以上経過しているのであれば時効の可能性があります。 しかし、最後の返済から5年が経過したからといって自動的に借金が消えるわけではありません。 ちょっと待った!時効には中断があり注意が必要です! 時効が成立しているにも関わらず、債務の承認を行ってしまい、 時効が中断してしまう場合があり注意が必要です。 借金をチャラにするには時効の援用をしなければいけません。 時効の援用とは、時効の制度を利用する意思を相手に伝えることです。 分りやすく言うと「 この借金は時効によって消滅したので払いませんよ」と相手に主張する事です。 この主張をして初めて借金がチャラになるのです。 しかし!注意点がいくつかあります! この「消滅時効」ですが、中断して一からスタートしてしまう場合があるのです。 時効が成立していたとしても以下のような場合は時効が中断しゼロからのスタートとなります。 時効が中断してしまう例• 督促状が来てとりあえず1000円だけ支払ってしまった。 「返済をするので少しだけ待ってください」と相手に伝えた。 一括返済を言われ、分割での返済などのお願いをした。 などと借金があることを認めてしまうと時効が中断してしまう場合があるのです。 そこで時効が成立している可能性があるのであれば、対応には注意が必要です。 安易に連絡してしまうと時効が中断してしまう可能性があるので、まずは時効の可能性があるかどうかを調べる事が大切と言えます。 また、知らない法律事務所や債権回収業者から連絡が来る場合があります。 これは債権回収を依頼されたか、債権譲渡を受けた会社などが連絡をしてきていると思われます。 向こうも仕事ですから債権を回収したいのは当然です。 先に記載している時効の援用が主張されないように、電話連絡をしたり、書面を送ってきたり、さらには自宅に訪問してくる場合もあります。 もしあなたの借金が最後の返済から5年以上経過している可能性があり、時効の併用をしたいのであれば安易に連絡したり、突然の訪問があっても返済に関する話をしないようにしたほうがよいでしょう。 このままふくおか債権回収からの連絡を無視や放置を続けたらどうなるの? このまま無視や放置を続けると自宅に取り立てが来たり、会社や職場に訪問されるのではないか?また訴訟をおこされるのではないかと不安になります。 あなた宛てに届いた通知書が正しいもの、未払いに身に覚えがあるのであれば、きとんとした対応を取ることが大切です。 もし放置していたり、無視を続けてしまうと法的手続きに移行してしまう場合がありますので注意が必要です。 法的処置とはなに? ここでいう法的処置とは裁判所に訴えられることです。 支払いを行っていない元金は当然ですが、その他にも延滞金や手数料、場合によっては損害賠償金の請求をされる場合があります。 原告側の請求が裁判所から認められると、差押え等の手続きに移ります。 この場合、あなたの財産は強制的に差押えらることになってしまうので注意が必要です。 差押えは銀行口座の預金や給与なども含まれます。 もしここまでの状況に陥っているのであれば、相手側の請求は恐らく正当なものであり、相手は取り立てのプロですので、素人のあなたでは対応する事は難しいでしょう。 裁判所から支払督促や訴状が届いた! 裁判所から訴状や支払督促が届いたら、あなたに対し法的処置を取ってきたことになります。 これらが届いたら無視してはいけません。 そのまま放置していると 請求通りの判決が出ることになります。 このような事態に陥らない為にもきちんとした対応が必要です。 このまま無視や放置を続けても良いことは何もありません。 自宅に取り立てが来たり、会社や職場に電話や訪問されるのではないか?裁判を起こされるのではないか?など不安になるだけです。 相手は取り立てのプロですので、 差押えの手続きや訴訟を起こしてくる場合もあるのです。

次の