韓国 ドル返済。 韓国が返す気のない日本から借りたお金の額

韓国「通貨スワップ」本日いよいよ「満期日」!第1次調達分の79億2,000万ドルと利息

韓国 ドル返済

Settlement Date(決済日)ベースで、 第1次調達:04月02日 第2次調達:04月09日 第3次調達:04月17日 第4次調達:04月23日 第5次調達:04月29日 第6次調達:05月08日 と6次にわたってドルを調達しました。 このうち、第1次調達の「 84日満期」の「 79億2,000万ドル」の Maturity Date(満期日・支払期日)が本日06月25日です。 「 Interest Rate % 」(年利)は「 0. 借りた元本「79億2,000万ドル」と足して返済総額は「 79億3,654万9,979ドル」です。 『韓国銀行』が滞りなくFEDに返却したかどうかは、明日06月26日の『 NY連邦準備銀行』の公開データによって確認できます。 本稿のタイトルだけはアンカーが韓国の表記に合せて「通貨スワップ」としています。 これに79億2,000万ドルを掛けて利息額を計算。 57円」を使用しました。 重要な追記 『NY連邦準備銀行』からデータが公開されましたので以下の記事を上げました。 本記事と併せてお読みいただければ幸いです。 柏ケミカル@dcp.

次の

【中央日報】 近く韓米通貨スワップのドル資金貸付が満期…延長の可否に関心

韓国 ドル返済

3月に締結した韓米通貨スワップのドル資金貸付が満期となる。 韓国銀行が17日に明らかにしたところによると、25日に米連邦準備制度理事会(FRB)との通貨スワップ資金を活用した競争入札方式の外貨貸付79億2000万ドルが満期を迎える。 FRBとの通貨スワップ資金を活用した最初の入札の満期だ。 当時韓国銀行は7日物と84日物の2種類で貸付を実行した。 7日物が超短期貸付で、貸付規模も10億ドル未満だった点を考慮すると、来週迎える貸付満期が事実上初めてとみることができる。 韓国銀行は今週までにスワップ市場などドル資金市場の状況を見守って満期延長の可否を決めるという立場だ。 最初の貸付満期到来規模が100億ドルに満たないなど貸付規模が大きくなく、外貨資金市場全体に及ぼす影響が限定的で、外貨資金市場でこれを十分に消化できると判断されれば当局は満期延長をしないこともある。 韓国金融当局が外貨資金市場の不確実性を解消するために満期延長をしても貸付期間を流動的に調整する可能性もある。 中央日報日本語版 2020. 18 11:42.

次の

米韓スワップの最初の返済期限がやってくる!韓国は返済延長を模索…外貨足りてますか?【世界情勢】

韓国 ドル返済

外貨準備高といえば外貨、特に米国ドルを持っていると考えるかもしれないが、実際はこれと大きく違う。 韓国の場合、韓国銀行が予備預置金という名目で現金を海外金融機関に預けているが、これは全体保有外国為替の5.6%にすぎない。 外貨のほとんど(91.9%)は有価証券という形で保有している。 有価証券のうち約60%は米国などの国債や政府機関債であり、社債や資産流動化証券などにも一部投資している。 外貨準備高には金も含まれるがその比率は1.2%にすぎない。 韓国人にとって「外貨」といえば思い出すのが1997年の通貨危機だろう。 その年12月の外貨準備高は39億ドル(現レートで約4314億円)しかなかったため対外負債の返済が不能に陥り、国際通貨基金(IMF)に救済金融を申し込まなければならなかった。 最近、韓国銀行が発表した6月末の外貨準備高は4003億ドルで、過去初めて4000億ドルを突破した。 外貨危機の時に比べて100倍以上増えた。 IMFが勧告する韓国の適正外貨準備高(3814億~5721億ドル)水準でもある。 だが、どれくらいの外国為替が適正規模なのかに対する普遍的な基準はない。 短期外債と外国人株式投資資金の3分の1、3カ月分の輸入額を合わせた金額を適正水準と見る「ギドッティ・ルール(Guidotti Rule)」もあるが、これにも限界がある。 国際決済手段として広く通用しているドルや円、ユーロを使う国と韓国を同等に比較することはできないためだ。 実際、2008年世界金融危機の時、韓国をはじめとする新興国は外貨準備高が充分だという評価を受けたが為替レートの急変動に苦しめられた。 多ければ良いというわけでもない。 過去、韓国内の金利が米国に比べてはるかに高かった時代には、外貨買入のために発行した通貨安定証券金利が米国の国債金利よりも高く外国為替保有費用が少なからずかかっていたときもあった。 もちろん米国より韓国の金利が低くなった最近では、このような事情が逆になった。 流動性も外貨保有規模に劣らず重要だ。 急な時に現金化することができないなら、いくら多くても効果がないためだ。 外貨準備高が3兆ドルを越えて世界1位の中国だが、このうち3分の1ほどは流動性がほとんどない資産だという主張もある。 人民元の価値が急落した場合を考えれば、中国も安心できないということだ。 中国が人民元国際化のために努力しているのは、このような理由も作用した可能性がある。 「外貨コンプレックス」を持っているうえに、小規模開放経済の韓国としては、現水準の外貨準備高に満足するにはまだ早いという指摘も少なくない。 6月末基準で世界9位だが、2位の日本(1兆2545億ドル)の3分の1にもならない。 中国が現在の韓国の水準(4000億ドル)を突破したのが2003年だった点からもそうだ。 「外貨」に関する限り、韓国はまだまだ満足できる水準ではない。 その先に「スワップ事前協議開始同意書」が 置いてあるとは限らんがな。 次は助けないよ」と言っている。 つまり「デフォルト」は許されない。 6月の200億ドル償還は、外貨準備高のうち「すぐ使える」分でとりあえず何とかなりそうだが次に同規模以上の償還が来たら 9月末までに確実に来るけど マジで大喀血不可避。 「カネ払え」と言われた分は血反吐まみれになってでも払わないといけない。 カネがあるところ、カネを持っている奴からかき集める必要がある。 ある意味、デフォルトよりはるかにキツい状況になる。 本国民はもちろん在外民の資産没収もあるだろうし最後は国家の権利や国土を切り売りしてでも支払いに応じなければならない。 まさに、108年前の李氏朝鮮末期の再来になるんだがあの時にあった優しい日本の全面支援は、今回一切存在しない。 さて、今秋までに南鮮はどうなるか? 国家としてのデフォルトとは払えない分をIMFが一時的に肩代わりしその後どれだけ時間がかかってもIMFに対して返済していくことになる。 ところが、IMFは「南鮮? 肩代わりしないよ」と言っている。 つまり、南鮮は「国家としてのデフォルト」ができない。 マズいところから借金して返せなくなると怖いお兄さんが毎日来て「オラ、借金返せ!! 」とドアをガンガン蹴りつけるのと同じで償還要求をしている国や投資家が「オラ、何でもいいから払えよ」と圧力をかけ続けることになる。 手持ちのモノを何でもいいから切り売りしたり現物で相殺してもらったりしてでも払わないといけない上そんな状態の南鮮ウォンは暴落しまくり。 IMFが見捨てるというのは前例がなく具体的にどんな末路になるかはわからないがなるようになるだけだろうな。 無関係の日本国民は、美味い酒とつまみを楽しみながらのんびり眺めることにしようじゃないか。 w カナダ: 通貨スワップではなく為替スワップ。 しかも「締結はする。 ただし限度額と期限は後ほど協議の上で決定」というのを、南鮮が勝手に「無制限・無期限」と解釈しているだけ。 豪州: ローカルカレンシーで、対豪の支払い不能回避にしか使えない。 通貨危機対策の意味はほとんどなし。 スイス: 一応はハードカレンシーで、なおかつ本物の通貨スワップだが、限度額は1兆円程度、期限3年と小規模。 南鮮レベルが通貨危機に陥ったら、フル発動しても焼け石に水。 中国: 中国人民元は、一応はIMFのSDR指定を受けてはいるが、ハードカレンシー 国際決済通貨 ではない。 豪と同様、対中の支払い不能回避にしか使えず、通貨危機対策にはならない。 しかも南鮮のTHAAD配備への制裁なのか、もし発動したらえげつない超高金利との話も。 さらに、中共側から「融通するアル」と逆発動される恐れもある。 そして、4つともすべて通貨危機対策に必須のドルを融通してもらえるものではない。 まぁ、どれも「ないよりはマシ」という程度。 だから、南鮮は「何とか日本と米ドル-ウォン通貨スワップを再開したい」と必死なわけだが今の日本はそう簡単に首を縦に振ることはないし米国に為替操作国扱いされている南鮮に米ドルスワップなど、その米国が許すこともない。 普通、条約や国家間合意に反する行為があったら 実効性の高い制裁 北朝鮮への経済制裁のようなもの をするんだが、 日本政府が 「合意の履行を求める」しか言わないのは、 実は売春婦像は撤去されない方がいい、 と考えているフシはあるな。 さらに「南鮮は、このように国家間合意を守らない国やで~。 国際社会の皆はん、気ぃつけなはれやッ!! 」 というメッセージにもなっている、というオマケつき。 割とマジに、来月からの巨額国債償還に外貨が要るんだよな。 史上最大規模の外貨準備があるとか言っているけど、 大半がジャンク債らしく現金化は困難。 普通ならデフォルトしてIMFに泣きつくんだが、 当のIMFが「南鮮は門前払い」を宣言しているから、 デフォルトもできない。 つまり、南鮮は血を吐いてでも 償還用の現金を用意しないといけない。 その現金はどこにあるニカ? と探すと…… 在外同胞がたっぷり貯め込んでいるニダ!! となる。 「在外同胞は、資産持って帰国せよ」になるだろうなぁ。 もちろん在日も例外じゃない。 で、全資産をむしり取った後の身体は…… 南北融和でDMZの地雷を 除去しないといけないニダ!! で、横に並んで地雷原を行進。 誇らしい祖国に、資産も身体もすべて捧げることができる。 なんて幸せな南鮮国民。 2018年5月12日、日韓関係が冷え込む中、打ち切られた両国間の通貨スワップ。 緊急時に外貨を融通し合う仕組みの再開に韓国内で期待が高まっている。 韓国銀行(中央銀行)総裁の発言をきっかけに、同国紙は「南北首脳会談で北東アジア情勢の気流が変わった」などと日本に秋波を送っている。 日韓両国はアジア通貨危機を教訓として、為替相場の急激な変動を抑制し、金融市場の安定を確保することを目的に設立された「チェンマイ・イニシアチブ」に沿って2001年7月、通貨スワップを締結した。 上限20億ドル(現レートで約2180億円)のドル・ウォン間の一方向スワップ(日本から韓国へドルを供与)だった。 その後、双方向スワップに改められ、規模も11年の700億ドル(約7兆6300億円)まで徐々に増えたが、12年の李明博大統領(当時)による竹島(韓国名・独島)上陸などで日韓関係が悪化。 15年2月に終止符を打った。 再開を目指しては両国間で協議が進められていたものの、16年12月、釜山の日本総領事館前に旧日本軍の慰安婦を象徴する「少女像」が設置されたことに日本政府が抗議。 対抗措置として協議を中断していた。 聯合ニュースなどによると、日韓通貨スワップについて、韓国銀行の李柱烈総裁は5月初めにマニラで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3国の財務相・中央銀行総裁会議に出席した際、「日本との通貨スワップ再開のために努力し、今後、議論が始まる可能性があるとみている」と発言。 「中央銀行が経済協力レベルで接近しようというのがわれわれの一貫した立場」とも付け加えた。 この発言を受け、中央日報は「通貨スワップの追憶、韓日スワップ復元なるか」との記事を掲載。 最近のアルゼンチン、ブラジル、トルコなど新興国通貨の急落に言及した。 記事は「韓国はファンダメンタルズが強い。 金融市場も比較的安定的だ。 それでも対岸の火を見物するようにこの流れを見るべきではない」として、「南北首脳会談で変化した北東アジアの情勢をうまく活用すれば、感情的な争いで途切れた韓日通貨スワップを復元することは十分に可能だ」と再開に期待感をにじませている。 韓国経済新聞は「醸成されつつある韓日通貨スワップ再開の雰囲気」との社説で、「韓中通貨スワップが中国と高高度迎撃ミサイル(THAAD)問題でもめていた昨年末に延長したことを勘案すると、日本との通貨スワップも締結できない理由はない」と指摘。 「最近の南北首脳会談などをきっかけに北東アジア情勢が急変し、気流が変わったとみられる。 日本国内で『ジャパンパッシング』に対する懸念が強まり、日本が通貨スワップ再開に前向きな態度を示す可能性がいつよりも高まった」などと述べている。 「2017年度ソウル特別市地方公務員第2回公開競争任用筆記試験」が24日10時から行われ、1613人の募集に対し、13万9049人が受験し、平均競争率が86.2倍を記録した。 今回行われた試験は、日本の地方公務員初級に当たる一般行政職9級公務員試験と日本の地方公務員上級に当たる一般行政職7級公務員試験。 ソウル市人材開発院によると、最も多くの815人を募集する一般行政職9級試験には8万1393人が応募し、競争率99.9倍。 一般行政職7級は41人募集に対し1万1071人が応募し270倍の競争率を記録した。 この報道を受け、韓国のネットユーザーからは、 「86倍なんて…、公務員に群がる社会が決して正常な状態とは思えない」 「国家デフォルトになる国は、公務員偏重の現象が共通して現れる」 など、公務員を希望する若者が多い現状を疑問視する声が寄せられた。 また、 「この競争率に驚く」 「私の周りには、9級公務員になるために8カ月の勉強で合格した人もいれば、12年も勉強している人もいる」 「大企業、公企業、公務員への就職が難しい中、中小企業に行ったら、年俸は1800~2400万ウォン(約177万~約235万円)、隔週で週6日勤務、年次休暇なし、ビジョンなし、希望なし、福利厚生なし、夜勤手当なし」 など、厳しい現実をうかがわせる声がみられた。 その他に、 「公務員だが、仕事は楽だし、いつも定時に帰宅できる。 いい職場だ」 とするコメントもあった。

次の