年金 生活 者 支援 給付 金 いくら。 年金生活者支援給付金は来年の4月で支給は終了してしまうんですか? ...

年金生活者支援給付金とは 給付金額や申請方法を解説

年金 生活 者 支援 給付 金 いくら

年金生活者支援給付金は、消費税の引き上げ分を活用して、 年金を含めても所得が低い方の生活を支援するために給付されます。 財源は8%から10%に引き上げられた消費税の差額分です。 給付が始まるのは10月分・11月分の年金が支払われる12月中旬からとなります。 給付金制度は今年限定ではなく、恒久的な制度ですので、支給要件を満たしている限りは 毎年継続して受けることができます。 給付金の支給に関する法律は2012年(平成24年)には成立していました。 2015年10月の消費税引き上げに合わせて施行される予定でしたが、増税が1年半延期されたことから給付金も延期。 さらに2017年4月にも消費税引き上げが2年半延期され、今に至っています。 最大5,000円/月 年金生活者支援給付金は、老後にもらえる年金である 「老齢基礎年金」のほかにも、障害をもつ方に支給される 「障害基礎年金」や、配偶者を亡くした方に支給される 「遺族基礎年金」にも給付金が用意されます。 老齢年金生活者支援給付金 老齢基礎年金の受給者で、所得の少ない方に支給されるのが「老齢年金生活者支援給付金」です。 支給要件は以下の3点です。 老齢基礎年金を満額で受け取れるのは、20歳から60歳までの40年間に保険料を払い続けた場合です。 勤め先で厚生年金に加入していれば、国民年金の加入期間に含まれます。 やむを得ない事情で保険料を納めることができない時に「免除制度」を利用できますが、保険料が免除された分は給付には反映されないので、老後に受け取れる年金が満額よりも少なくなってしまいます。 対象者数は約610万人と、年金生活者支援給付金の中では最も多くなっています。 補足的老齢年金生活者支援給付金 老齢年金生活者支援給付金が支給されると、 支給されなかった人の年金額よりも年金+給付金の合計額が大きくなるという 逆転現象が起きてしまいます。 これを防ぐために、補足的に給付を行うのが 「補足的老齢年金生活者支援給付金」です。 【例】 Aさん:収入77万円 Bさん:収入82万円 このとき年金生活者支援給付金について、Bさんは受け取れないが、Aさんは6万円受け取れる。 すると「Aさん:83万円>Bさん:82万円」と逆転が起こってしまう。 ボーダーラインとなる収入額は老齢基礎年金の改定とともに毎年変わります。 平成31年度は879,300円です。 収入の逆転を防ぐために差額を埋めるのが目的なので、支給額は月に数千円です。 対象者数は約160万人です。 障害年金生活者支援給付金.

次の

年金生活者支援給付金制度とは?2019年10月スタート!誰に、いつからいつまで、いくら支給されるの?

年金 生活 者 支援 給付 金 いくら

前回は、老齢年金生活者支援給付金を受ける条件や、その金額の計算方法について取り上げました。 世帯単位での所得要件もあり、所得基準額(779,300円)以下であれば支給されることになりましたが、これを1円でも超えてしまった場合は、支援給付金は全く支給されないことになるのでしょうか。 所得基準額以下であれば、保険料の納付状況に応じて支給され、1円でも超えると支給されないことになります。 しかし、このままでは1円でも所得基準額を超えて支援給付金を受けられない人の受給額より、所得基準額以下で年金と併せて支援給付金が支給された人の受給額が多くなることが起こります。 そのため、所得基準額以下の人の受給額が、所得基準額を超えている人の受給額を超えてしまわないように、一定の所得基準額を超えた人に補足的老齢年金生活者支援給付金を支給することになっています。 補足的老齢年金生活者支援給付金は、前年の年金収入と所得について、老齢年金生活者支援給付金の所得基準額779,300円に10万円を足した879,300円以下の人が対象となります。 つまり、「779,300円超879,300円以下」の人となります。 879,300円を超える場合は支給されません。 なお、世帯全員の市町村民税が非課税であるという条件は老齢年金生活者支援給付金の場合と同じです。 補足的老齢年金生活者支援給付金の計算方法 補足的老齢年金生活者支援給付金は【図表1】のとおり計算します。 保険料を納付した期間で計算し、老齢年金生活者支援給付金と異なって、保険料の免除を受けた期間は計算から除外されます。 年額換算では48,036円になります。 このように779,300円という所得基準額を少し超えていた場合も、何も支給されないわけではなく、補足的な給付金が支給されることになり、779,300円の所得基準額以下の人より合計で多くなるでしょう(【図表2】)。

次の

年金生活者支援給付金は来年の4月で支給は終了してしまうんですか? ...

年金 生活 者 支援 給付 金 いくら

低年金者向けに10月分から月5,000円前後の年金生活者支援給付金が年金とは別に給付 国民年金には今は約年間12兆円の国庫負担(税金)が投入されています。 全額、基礎年金に投入されています。 これは今の国民年金からの給付である基礎年金の半分に相当します。 基礎年金の2分の1は税金でできているという事ですね。 なので 国民年金保険料( 令和元年度保険料月額16,410円) を全額免除しても、 税金分が受け取る事ができます。 例えば極端な話、20歳から60歳前月までの国民年金強制加入期間を全く保険料支払わずに、全額免除していたとしても老齢基礎年金の満額780,100円の390,050円は支給されるという事になります。 ちなみにちょくちょく、今まで支払った保険料の元は何年でとれるのかという事が話題になったりしますが、ザックリ言うと 10年ほどで元が取れます。 09年という事になります。 本来は支払った保険料に対して20年で元が取れるようになってるというのが保険の世界ではありますが、なぜたった10年で元が取れてしまうのかというと、冒頭で申し上げたように 半分が税金でできているからです。 19年となる。 よく未納にするのは損だというのは、 未納だと税金分すら受け取れないからです。 老齢の年金は終身だから、終身で放棄する事になる。 せっかく巨額の税金が投入されているのにその分の受け取りを拒否してるのと同じだから。 ところで、2019年10月からは年金とは別に支払われる 年金生活者支援給付金というのが始まります。 年金生活者支援給付金は低年金者への消費税対策として、2019年10月から消費税が10%になるのでその消費税を財源として支給されるものです。 この給付金は今まで支払ってきた保険料期間や免除期間によって給付額が決まるので、 未納が多い人ほど今まで以上に損な事になります。

次の