デュエマ プレイス デッキ。 【デュエプレ】最強デッキランキング【デュエル・マスターズ プレイス】

【デュエプレ】無課金で最強になる方法|環境トップ【デュエマプレイス】

デュエマ プレイス デッキ

【ボルメテウスコントロール】とは 【ボルメテウスコントロール】とは、 《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》を切り札とした除去コントロールデッキです。 ハンデス(手札破壊)や除去を繰り返し相手の妨害をしてゲームを支配します。 ハンデス除去を得意とする為、【水単リキッドピープル】のような中速デッキに対して強く出ることができます。 反面、【赤青ヴァルボーグ】等の速攻デッキに対してはSトリガーが絡まないと苦戦を強いられます。 相手の行動を妨害し、こちらのペースに持ち込むことを目指しましょう。 またハンデスや除去を継続して行えるように 《エナジー・ライト》でリソース確保をしましょう。 《聖霊王アルカディアス》は【ボルメテウスコントロール】の大半のデッキを機能不全に陥らせることができます。 呪文以外でこのカードを除去する手段は非常に限られており、強烈なメタカードといっていいでしょう。 まとめ 圧倒的なコントロール性能を誇る【ボルメテウスコントロール】。 相手の行動を封じ 《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》で反撃を許さず勝利するこのデッキは、まさに王道のコントロールデッキといっていいでしょう。 デュエプレの環境を 《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》と共に駆け抜けてみてはいかがでしょうか? 画像出典:.

次の

【デュエプレ】無課金でも構築できるおすすめデッキテーマ一覧【デュエル・マスターズ プレイス】

デュエマ プレイス デッキ

次に戦い方を簡単にまとめておきます。 このデッキの戦い方 基本的に3ターン目まではマナチャージだけで、場にはカードを出しません。 (相手が速攻の場合はクリーチャーを展開して行きます。 ) 3ターン目にアクア・ハルカス、ゼリー・ワームのどちらかが出せると理想的。 どちらも手札にある場合は、ゼリーワームから出しておきましょう。 とにかく相手の リソース(手札)を切らせて、有利に立ち回ることを目指したいので、次のターンに相手の場にいるクリーチャーの攻撃で倒されてしまうような場を作らない。 (例:相手の場に3000のクリーチャーがいて、自分の場に2000のクリーチャーがいるとする。 この状況で相手のシールドをブレイクしてしまうと、次のターンに上から取られてしまい場の不利ができてしまう。 ) 相手の手札や場のカードが切れてきて、場でも大きな有利が取れて来たらシールドを狙って行き、フィニッシュをかけます。 正直、コストは1個目に紹介したデッキよりも高いので、所持しているカードが含まれる場合のみおすすめします。 ですが プラチナ帯でも割と安定して戦えているので、今の環境的には作っておいて損はないと思っています。 事実、私も課金せずにこのデッキを作成することができたので、そこまで鬼畜な高コストデッキではないでしょう。

次の

【デュエプレ】最強デッキランキング【デュエル・マスターズ プレイス】

デュエマ プレイス デッキ

【デュエプレ】無課金で最強デッキは組めるのか? デュエルマスターズプレイスはダウンロード特典でボルメテウス・ホワイト・ドラゴンがもらえたり、21パックがもらえることから、無課金でもある程度のパックを組むことができます。 そこから最強デッキの構築を目指すため、何をまずやるべきなのかを紹介します。 無課金で遊ぶなら【ストーリーモード】から始めるのがおすすめ! なぜかというとストーリーを進めれば進めるほど ゲーム内でカードを買うための通貨である ゴールドがもらえます。 それ以外にも確定でもらえる報酬があるからです。 ストーリーを進めることにより、こちらの5枚のカードが確定でもらえます。 なので、 無課金で遊ぶ場合は、いきなりランクマッチを進めるのではなく、 ストーリーを進めて ゴールドをためる&報酬のカードをもらってからデッキを構築するのが効率的な方法であると言えます。 どのデッキでも使いたいのがアクア・サーファー、デーモン・ハンド どのデッキでも必須級のカードになります。 黒が入れば デーモン・ハンド、青が入れば アクア・サーファーは入れるべきです。 バースト・ショットも今の環境的に2000以下のパワーラインが多いので除去軸のデッキであればほぼ確実に入れたいカードになります。 デュエマプレイスには今の段階で地獄スクラッパーが入っていないのでなおさらおすすめです ストーリーは全部で30戦! 全部で30戦連戦するような形式になっています。 勝つことに1階ずつ上っていくようなイメージなのですが、25階以降で勝つことにより下図の5枚のカードが報酬としてもらえるので、少し時間はかかりますが粘り強く頑張りましょう。

次の