カースト ルーム 歌詞。 カーストルーム 歌詞「ZAQ」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

歌詞 「カーストルーム」ZAQ (無料)

カースト ルーム 歌詞

いきなり腸が飛んでった。 砂が大"地"に"舞"う" それでもに憧れた を抱かぬ者は、失望することもない。 ド・ 思考がの偉大さをなす。 『セ』 睨めど は落ちない 東山で捕まえよう この場所から よく事を始めた者は既にその半分は終わっている ヘシオドス をせ、しかし誤りを許せ。 富はに似ている。 飲めば飲むほど、のどが渇くのだ。 名についても同じことが言える。 ハ 時として外見は実体とはおよそかけ離れているもの。 『の商人』第3幕2場 事物の外観は偽りに満ちている。 私はではない。 私はである。 『この人を見よ』 の行動は、思考ののだ。 ・『悟性論』 怪物と闘う者は、その過程で自らが怪物と化さぬよう心せよ。 おまえが長く深淵を覗くならば、深淵もまた等しくおまえを見返すのだ。 『善悪の』 のとは、すべてのことを己の基準でなることである。 モンテーニュ 知識はなり ・『ノヴム・ヌム』 の気なき者は必ず人に依頼す、人に依頼する者は、必ず人を恐れる。 人を恐るる者は、必ず人にへつらうものなり。 『』 も学ばない、も知ろうとしない、も教えない。 『反キ』 遠ざかるの下で はなものとして生まれたが、鎖につながれている。 己れが他人の人であると思っているような も実はそれ以上のである。 ルソー『論』 すべてこれまでののは階級闘争のである 『宣言』 心はを作り出すことも を作り出すこともできる ・ をり本当の事を言う方が、ほんの少し苦痛なだけである。 甘いより、苦いを 飲む方が、ほんの少しだけように。 敵を作らざる者は決して友を作らず ・テニソン 等がをはる の心に発見する最初にして、最も単純な感情はである。 エドマンド・ク 愚か者のに暮らす人たちのを羨ましがってはいけない。 なぜなら,それをだと考えるのは愚か者だけだからである。 ンド・『の十』 智恵も美徳も欠いたとはそも何ものか。 それはおよそあり得るすべての悪の中でも最大のものである。 エドマンド・ク『』 に針が落ちる 学はであり、実践はである。 々はただ集団から離れているだけで心が楽になるだろう。 セネカの『幸福な生活について』 運命は望む者を導き、欲しない者をひきずる。 セネカの『ル宛て書簡集』 と日差し待び カなきはであり、なきは圧制である。 それゆえとを結合せねばならない。 『セ』 が満ちていく 礼節とは、自分にも礼儀を返してもらいたい、礼儀正しい人と思われたい、こんな願いの現われである。 ラ・ロシュフコー箴言集 とは悪徳が美徳に払う敬意である。 ラ・ロシュフコー箴言集 制限的の中で 読むことは人を豊かにし、話し合うことは人を機敏にし、書くことは人を確かにする。 ・ 君はどうのかって 敵のを憐気持ちには、とかく、よりもが強く働いているものだ ラ・ロシュフコー箴言集 人類は自分がなしとげた進歩の重さで半ば押し潰されてうめき苦しんでいる。 ベルン『との二』 問われたみたいだ もしが存在しないなら、を発明しなければならない。 『三人のの本の著者への書簡』 他人の欠点を笑ってばかりいるのは、臆病の拠である。 ・ホッブズ とは、多様性と以外のなにものでもない。 モンテーニュ『エセー』 りえぬものについては沈黙しなければならない 『論考』 悪の起は、のにある 捨てる うものはすべて単なる喩にすぎない。 ゲーテ『』 少しずつ掴み取るんだを だけを耐えべばよい。 にもにも苦しむ必要はない。 はもう存在しないし、 はまだ存在していないのだから。 の幸福論 変化は怖くない を遂げよう 学べ、さもなくば去れ セネカ 肺上がる (まだ見ぬ強敵たち) らはというをたび 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の

ZAQ

カースト ルーム 歌詞

キラリ蝶が飛んでった 砂埃が大地に舞う 遥か彼方 それでも空に憧れた 睨めど 星は落ちない どうやって捕まえよう? この場所から 遠ざかる群青の下で 平等が罠をはる 部屋に針が落ちる 日陰と日差し交わり エントロピーが満ちてく 制限的自由の中で 君はどう生きるのかって 問われたみたいだ Step by Step 少しずつ 掴みとるんだ 光を 変化は怖くない 進化を遂げよう 這い上がる 何度でも 空はいつでも待っている 僕らは 地球って部屋を歩く旅人 迫り来る嘘の音 不安定な欺き 逃げようとは思わない 思い出を積み上げて 色濃くなる室温 差し伸べるから掴んで 世界は君だけじゃない 共に戦うよ Day by Day みつかった 居場所の中で 確かに 結び付いてく 絆があるから 虚像たち 崩れてく 本当の力 剥き出す 僕らは 行くべき空に近づいている フワリ蝶が花に問う「今の場所で満足かい?」 空を背にして 美しくあざ笑ってた 大地を蹴り 蝶に続く 僕らは今 飛び立つ Step by Step 少しずつ 掴みとるんだ 光を 変化は怖くない 進化を遂げよう 這い上がる 何度でも 空はいつでも待っている 一人じゃ開けない扉の前 君と一緒ならば 自由になれる Centellejant, una papallona remunta el vol. Pas a pas, a poc a poc, Engrapa la llum! Ens assalta un so fals: un engany inestable. Ens apropem a un cel on pertanyem. Pas a pas, a poc a poc, Engrapa la llum! Centellante, una mariposa remonta el vuelo. Una nube de polvo baila atravesando la Tierra. Aunque el cielo quede muy lejos, ansiaba alcanzarlo. Pero no pensamos en escapar. Nos acercamos a un cielo donde pertenecemos. O ultramarino acima fica mais distante enquanto a igualidade arma uma armadilha abaixo. Agulhas caem por todo o nosso quarto. Sombra e luz do sol se misturam enquanto a entropia se realiza. Passo a passo, pouco a pouco Tome posse da luz! Eu lutarei ao seu lado! Passo a passo, pouco a pouco Tome posse da luz!

次の

カーストルーム 歌詞『ZAQ』

カースト ルーム 歌詞

いきなり腸が飛んでった。 砂が大"地"に"舞"う" それでもに憧れた を抱かぬ者は、失望することもない。 ド・ 思考がの偉大さをなす。 『セ』 睨めど は落ちない 東山で捕まえよう この場所から よく事を始めた者は既にその半分は終わっている ヘシオドス をせ、しかし誤りを許せ。 富はに似ている。 飲めば飲むほど、のどが渇くのだ。 名についても同じことが言える。 ハ 時として外見は実体とはおよそかけ離れているもの。 『の商人』第3幕2場 事物の外観は偽りに満ちている。 私はではない。 私はである。 『この人を見よ』 の行動は、思考ののだ。 ・『悟性論』 怪物と闘う者は、その過程で自らが怪物と化さぬよう心せよ。 おまえが長く深淵を覗くならば、深淵もまた等しくおまえを見返すのだ。 『善悪の』 のとは、すべてのことを己の基準でなることである。 モンテーニュ 知識はなり ・『ノヴム・ヌム』 の気なき者は必ず人に依頼す、人に依頼する者は、必ず人を恐れる。 人を恐るる者は、必ず人にへつらうものなり。 『』 も学ばない、も知ろうとしない、も教えない。 『反キ』 遠ざかるの下で はなものとして生まれたが、鎖につながれている。 己れが他人の人であると思っているような も実はそれ以上のである。 ルソー『論』 すべてこれまでののは階級闘争のである 『宣言』 心はを作り出すことも を作り出すこともできる ・ をり本当の事を言う方が、ほんの少し苦痛なだけである。 甘いより、苦いを 飲む方が、ほんの少しだけように。 敵を作らざる者は決して友を作らず ・テニソン 等がをはる の心に発見する最初にして、最も単純な感情はである。 エドマンド・ク 愚か者のに暮らす人たちのを羨ましがってはいけない。 なぜなら,それをだと考えるのは愚か者だけだからである。 ンド・『の十』 智恵も美徳も欠いたとはそも何ものか。 それはおよそあり得るすべての悪の中でも最大のものである。 エドマンド・ク『』 に針が落ちる 学はであり、実践はである。 々はただ集団から離れているだけで心が楽になるだろう。 セネカの『幸福な生活について』 運命は望む者を導き、欲しない者をひきずる。 セネカの『ル宛て書簡集』 と日差し待び カなきはであり、なきは圧制である。 それゆえとを結合せねばならない。 『セ』 が満ちていく 礼節とは、自分にも礼儀を返してもらいたい、礼儀正しい人と思われたい、こんな願いの現われである。 ラ・ロシュフコー箴言集 とは悪徳が美徳に払う敬意である。 ラ・ロシュフコー箴言集 制限的の中で 読むことは人を豊かにし、話し合うことは人を機敏にし、書くことは人を確かにする。 ・ 君はどうのかって 敵のを憐気持ちには、とかく、よりもが強く働いているものだ ラ・ロシュフコー箴言集 人類は自分がなしとげた進歩の重さで半ば押し潰されてうめき苦しんでいる。 ベルン『との二』 問われたみたいだ もしが存在しないなら、を発明しなければならない。 『三人のの本の著者への書簡』 他人の欠点を笑ってばかりいるのは、臆病の拠である。 ・ホッブズ とは、多様性と以外のなにものでもない。 モンテーニュ『エセー』 りえぬものについては沈黙しなければならない 『論考』 悪の起は、のにある 捨てる うものはすべて単なる喩にすぎない。 ゲーテ『』 少しずつ掴み取るんだを だけを耐えべばよい。 にもにも苦しむ必要はない。 はもう存在しないし、 はまだ存在していないのだから。 の幸福論 変化は怖くない を遂げよう 学べ、さもなくば去れ セネカ 肺上がる (まだ見ぬ強敵たち) らはというをたび 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の