レタックス 電報。 レタックス

結婚式のお祝いに電報(祝電)を贈る

レタックス 電報

郵便局の弔電サービス「レタックス」概要 弔電を送れるのはNTTだけじゃない 弔電といえばやはりNTTをすぐに思い浮かべますが、実は弔電は様々な会社がサービスを行っています。 弔電をはじめ、電報に求められるのは 決められた期日までに確実に相手に届けてもらう 信頼感ですよね。 NTTと並び、有名な電報サービスは日本郵便が行っている「 」という電報サービスです。 郵便局ならどこか安心できますね。 なお、NTTの弔電に関しては以下のページで解説しています。 当日配達と配達日・時間帯指定が可能 15:30まで 一部地域は13:30まで に差し出しの場合は 当日配達が可能です。 また、申し込みの翌日から10日以内であれば、 配達日に加え、 午前か午後の配達の時間帯を指定することもできます。 台紙と文例集から選ぶことが可能 NTTの弔電と同じく、弔事用の台紙や豊富な文例集が予め用意されています。 レタックスの台紙は弔電用に 500円台から5000円代のものまで様々です。 文例集も弔電用は19個用意されており、故人や葬儀に合わせたものを選択することができます。 もちろん自分で作成することもできます。 レタックスを利用するメリット NTTの弔電と比較して郵便局の弔電を利用するメリットを紹介します。 郵便局で申し込みができる NTTの弔電は「115」への電話とWEB申し込みの2通りが可能です。 郵便局では コールセンターへの電話と WEB申し込みに加えて、 郵便局への電話・FAXや 郵便局の窓口、 ポストへの投函でも申し込むことができるのです。 NTTのコールセンターでもオペレーターがいますが、やはり実際の窓口で分からないことを質問できたりするのは郵便局の強みと言えるでしょう。 支払い方法が様々 NTTの弔電の場合は、電話での申し込みは電話料金での請求、Webでの申し込みはクレジットカードでの支払いとなります。 郵便局の場合は、これらに加え、実際の窓口でも申し込みができるので 料金別納で現金や切手での支払いが可能です。 弔電の台紙や文例がシンプルで選びやすい NTTの弔電は 台紙の数も豊富で、 例文の数も場面ごとにきめ細かく用意されており膨大です。 こだわって弔意を伝えたい場合は嬉しいですが、 逆に数が多すぎて選ぶのも大変で、 文字数ごとに料金も変わるため、オペレーターのアドバイスが必須とも言えます。 対して、郵便局の「レタックス」では数種類の台紙と19ほどの例文だけが用意されています。 弔電は早く送らなければならないもの、郵便局の弔電は用意されているものも 必要最小限のシンプルなものなので選ぶのに時間もかかりません。 価格設定も明快です。 この辺りは 老若男女問わず利用者の多い郵便局ならではのサービスといえるのではないでしょうか。 追跡サービスから配達状況を確認できる Web・電話での申し込みの場合は、なんと郵便追跡サービスを利用することができます。 弔電は何よりも 通夜・葬儀に確実に届くことが重要。 届いているかどうかを確認できるのは送る側にとっては嬉しいサービスですね。 レタックスの申し込み方法 Web申し込み Webからのレタックスの申し込みには「」への登録が必要です。 WebゆうびんとはWebレタックス以外にもWeb速達・Webレターなどのサービスを利用することができます。 必要な物は メールアドレスと クレジットカード or 料金後納のお客様番号です。 なお、Webからの申し込みは他の方法に比べて 安く価格設定されています。 弔電は何かと送る機会がありますし、Web速達なども便利なサービスなので登録することをオススメします。 電話申し込み コールセンター 0120-953953または 03-6860-8888へ電話して、オペレーターの指示にしたがって弔電を申し込みます。 Webと違い登録は不要なので取り急ぎ送りたい場合に便利です。 またクレジットカード支払い以外にも電話料金に合算して支払うこともできます。 郵便窓口での申し込み 最寄りの郵便局へ行き、窓口で レタックスの専用の原稿用紙をもらいます。 支払いは 現金や 切手の他、 料金後納での支払いも可能です。 ポストへの投函 をダウンロードするか窓口などの原稿用紙を封筒に入れ、ポストに投函することでも弔電を申し込むことができます。 記入方法はを参考に書きましょう。 その際、封筒の表には宛名は書かずに 「レタックス」か 「電子郵便」と朱記します。 慣れている人でないと難しいかもしれません。 また追跡サービスは利用できません。 郵便局への電話・FAX 最寄りの郵便局への電話・FAXでの申し込みも可能です。 これらは料金後納でしか支払うことができないため、 あらかじめ郵便局に料金後納承認請求書を提出する必要があります。 あとは電報と同じように電話で指定するか、ポストへの投函のように用紙をFAXします。 まとめ 弔電といえばNTTを思い浮かべますが、郵便局のレタックスもシンプルで分かりやすいのでオススメです。 取り急ぎ、弔電を送りたい場合は郵便局、台紙や例文を慎重に選んで弔意を伝えたい場合はNTTを利用するなど、使い分けをすると良いでしょう! 弔電なら安くてシンプルなVERY CARDもオススメ! あわせて読みたい.

次の

弔意を伝える電報「弔電」の送り方、文例や宛名などのマナー

レタックス 電報

弔電とは 弔意を表す電報 弔電とは 弔意を表す電報のことです。 電報は一般的に結婚式などの慶事用の電報と、お葬式などの弔事用の電報(=弔電)の2種類があります。 弔電を送るケース 基本的には訃報を受けたものの、何らかの事情で 通夜や告別式に出席できない場合に弔電を打ちます。 なお、 弔電を打ったからと言って葬儀に出席できないというわけではないので、急遽出席が可能になった場合は出席しても失礼には当たらないとされています。 弔電の送り方 弔電を送る際の注意・マナー 最重要なのは通夜・告別式当日に確実に届けること 弔電を送る際に気をつけなくてはならないのは、 通夜・告別式当日に必ず届くように手配することです。 通夜・葬儀ともにできれば 前日までに手配をしておくようにします。 相手の宗教を確認する 相手方の宗教によっては弔電での文言が相応しくない場合があります。 例えば、「ご冥福をお祈りします」というのは仏教の死生観に基づくものなので、葬儀がキリスト教式の場合は不適切な文言となります。 弔電を送る際は可能な限り相手の宗旨・宗派に気をつけましょう。 送り先の住所 弔電を送る先の住所は通夜や葬儀・告別式が開かれる場所の住所となります。 遺族の自宅で葬儀を行う場合は 遺族の自宅住所、斎場で行われる場合は 斎場の住所に送ります。 後述しますが、 宛名は喪主宛です。 各社の電報サービスを使って電報を送る 弔電は各社の電報サービスを利用して送ることができます。 NTTが定番ですが、現在は様々な会社が電報サービスを行っています。 電報サービスを選ぶ上で何より重要なのは日時までに必ず届けてくれる信頼性です。 今回は 定番のNTTと 安心感のある郵便局と 格安で評判のVERY CARDの電報サービスを紹介します。 NTT東日本・西日本の電報「D-mail」を使う 弔電と言えばやはりNTTが定番中の定番です。 ソフトバンク以外であれば固定電話・携帯電話ともに局番なしの「 115」で電報サービスに繋がります。 また、ネットでの申し込みも可能です。 NTTの電報は 豊富な台紙と文例から選ぶことができるのが特徴です。 格安で評判の「VERY CARD」を使う 現在電報サービスで急成長を遂げているのがVERY CARDです。 VERY CARDは佐川急便の子会社である株式会社ヒューモニーによる電報サービスです。 2003年の信書便法の施行以降、民間事業者が電報と類似のサービスを開始しており、VERY CARDを運営するヒューモニーも2004年に総務省から特定信書便事業許可を取得しています。 特徴はなんと言っても安いということです。 電報は文字数によって料金が加算されるのが一般的ですが、VERY CARDは 350文字まで基本料金になります。 NTT東日本の電報で350文字の電報を送ろうと思ったら、 メッセージ代金だけで6,550円かかります。 VERY CARDだとなんと1,280円から注文が可能になります。 弔電の宛名・宛先 弔電の宛先は故人?喪主? 多くの人が迷うポイントとして、 弔電の宛名・宛先は故人なのか喪主なのかということがあります。 結論から言うと弔電の宛名・宛先は 受取人である「喪主」です。 喪主が分からない場合 通夜・葬儀のお知らせ等に喪主が記載されていますが、人づてに聞いたり、何らかの事情で喪主が分からない場合があります。 弔電の台紙を選ぶ 弔電にはお悔やみ用の台紙を使用します。 弔電の台紙はグレードごとに値段が異なっており、シンプルな台紙から装飾を施した豪華なものまで様々です。 また、 線香付きや 花付きのものもあります。 値段はシンプルなもので 500円前後からプリザーブドフラワーの付いた 1万円を超えるものまで様々です。 故人との付き合い・関係性を考えて台紙を選ぶようにしましょう。 弔電の文例を選ぶ 弔電は 自分で自由に文章を決めることもできますが、多くの場合は 用意された文例を利用して文章を作ります。 シンプルなもの 御尊父様のご逝去を悼み 謹んでお悔やみ申し上げます シンプルで基本的な弔電です。 「 御尊父様」「 御母堂様」のように弔電で用いられることの多い故人に対する敬称などがあります。 他にも訃報に対する驚き、悲しみなどを織り込んだ文例もあります。 優しい笑顔、共に過ごした楽しかった思い出など在りし日の思い出は尽きません。 安らかにご永眠されますよう、遠くから手を合わせて、ご冥福をお祈りしております。 D-mail文例集 NTTの弔電は細かいシチュエーションや文体からなる豊富な文例が用意されています。 弔意を伝えたいが文章が思いつかない場合などはNTTから探してみると良いかもしれません。 取引先の会社社長の葬儀に送る弔電 社長様のご訃報に 当社社員一同 謹んで哀悼の意を表します ご遺族の皆様ならびに 社員ご一同様に 心から お悔やみ申し上げます 個人だけではなく、会社関係でも弔電はよく使われています。 このように故人と送る側との関係別に文例が用意されています。 香典を郵送する 参列できない時は香典も送る 弔電は通夜・告別式ともに参加できない場合に送るものです。 通夜・告別式に参列する際は香典を必ず持参していくので、弔電を送る際も香典を送るものとされています。 香典の送り方 香典の郵送の大まかな流れ 香典を届ける手段は一般的に 郵送です。 香典を 香典袋に入れる• お悔やみの言葉、葬儀に参列できない理由などを書いた お悔やみ状を用意する• 香典袋・お悔やみ状を 現金書留の封筒に入れる• 喪主・遺族の 自宅に郵送する(推奨) という流れになります。 現金書留の封筒は郵便局で専用の封筒を購入すれば大体の熨斗袋や不祝儀袋は入る仕様になっています。 弔電と香典が届くタイミング 弔電と香典は一緒に届くのではなく、別々に送るので宛先も届くタイミングも異なります。 弔電は 通夜や告別式に間に合うように遺族の手元に届くよう手配します。 対して香典は、通夜や告別式に届けることが困難なので自宅等に送り、 確実に受け取ってもらえるように手配します。 香典の郵送のマナー 香典袋は必要か? 香典は手渡しの際も香典袋(不祝儀袋)に入れるのがマナーです。 郵送する際も必ず香典袋に包むようにします。 香典を郵送する場合は弔電は不要? 香典にはお悔やみの言葉と葬儀に参列できないことのお詫びと理由などを書いた お悔やみ状を同封します。 お悔やみ状でお悔やみの言葉を伝えるので弔電でお悔やみの言葉を伝えるのは二重になってしまうのではないかと考える人も多いですが、 弔電は「 通夜・告別式に間に合う形で弔意を伝える」ことに意味合いがあります。 香典を郵送する場合は一般的に通夜・告別式には間に合わないので「 香典のお悔やみ状では通夜・告別式に弔意を伝えることはできない」ということになります。 (もちろん地域によっては斎場に届けることは不可能ではありません。 ) したがって、香典を郵送する場合でも通夜・告別式までに弔意を伝えるためには 弔電を打つ必要があるのです。 送り先は斎場でも良いか? 通夜・告別式が斎場で行われる場合、斎場宛に発送すれば弔電とともに香典も送ると考えがちですが、 元々 郵便局は現金書留の配達時間指定はできなかったので式に間に合わない可能性もあったので、 自宅に送るのが一般的です。 現在は平成25年10月からで現金書留の配達時間を指定することが可能にはなったので、 式の開催時間によっては届けることも可能ですが、やはり 自宅に送ったほうが安全と言えるでしょう。 香典については詳しくは以下のページをご参照ください。 お悔やみ状の文例 お悔やみ状については以下のページをご参照ください。 弔電のお礼 喪主・遺族は弔電を受け取った場合、後日お礼をする必要があります。 礼状を送る 弔電のみの場合は返礼品は不要 弔電のみのお礼は返礼品などを用意する必要はなく、礼状を書くことで良いとされています。 もし、親しい間柄である場合は電話で口頭で伝えるのもよいでしょう。 礼状を送る時期は葬儀後できるだけ早く 礼状を送る時期はできるだけ早い方がよく、葬儀が終わってから 一週間以内を目処に、遅くとも 四十九日法要までには届くようにします。 香典をもらった場合 礼状を出す 一般的には弔電だけでなく香典ももらう場合が多いので、その場合は礼状に弔意への感謝に加えて香典へのお礼も添えて礼状を出します。 忌明けに香典返しを送る 礼状とは別に、香典へのお礼として 香典返しを送ります。 通常の香典返しと同じく 忌明けの四十九日法要後に届くように手配します。 香典返しにも同様に香典に対するお礼を綴った 礼状を添えるようにしましょう。 香典返しを送る場合は弔電の礼状は不要? これも弔電と同じ考え方で、弔電への礼状は「 葬儀後できるだけ早く伝える」ことに意味合いがあります。 香典返しを送るのは 忌明けの四十九日法要後なので、弔電への礼状を省略することは適切ではありません。 同様に 弔電への礼状を出したからといって香典返しに礼状を同封しないわけでもありません。 弔電・お悔やみ状の礼状の文例 礼状については以下のページをご参照ください。 まとめ.

次の

郵便局でも弔電!?便利な「レタックス」の送り方!

レタックス 電報

とにかく格安な電報を選びたい!台紙や商品数は限られてしまいますが、送料込みで1,000円をきる電報が存在します。 レタックを実際に頼んで検証してみたいと思います 『』は比較をしていくにあたり、大変高評価になっています。 500円から送れて、スピーディー、安心、台紙が揃っているとなれば怖いものないですよね。 そんなうまい話があるのか!? これは検証してみるしかありません。 まぁ天下の郵便ですからあって当たり前でしょう。 台紙を選んで、文字を入力、ここまでは普通のサイトと同じです。 画像を選択・・・これは1ページ目に1枚だけ入れられます。 文字の色とフォント、大きさを選択。 これによって、文字数が変わります。 なので、文字数は設定されていないのですね.. 『』は5ページまで増やせるのです!ページごとにフォントは指定ができるのもいいですね^^ 最後にプレビュー。 この機能はぜひあって欲しいですね。 注文フォームは満足いくものでした。 しかし、注文画面の後に支払い方法を入力しないといけないのですが、 ここで利用者登録をしないといけません。 ここでか!? クレジットカード番号が登録制なのでちょっと心配。 ここは郵便を信じて全部入力!登録完了、ログイン、注文。 なんとか無事注文できたようです。 後は届くのを待つだけですね。 楽しみ^^ レタックの配達スピードを検証 雨が降りしきる中、お昼の12時ジャストに注文しましたが、果たして何時に到着するのでしょう? 今頃郵便局で作っているのかな~と思いながら時を過ごすこと3時間。 ちょうど15:00に到着しました!さすが仕事早いですね。 スピードは問題ありません。 届け方がちょっと・・・検証 さて、問題の電報そのものを検証したいと思います。 が、その前に、 郵便屋さん早く届けてくれたのはいいのですが、梱包は一切ありません。 裸です。 さらに若干湿気でへなってます。 台紙がしょぼい(ちょっと厚手のただの紙)なのでそのへたり方が顕著です。 そしてさらに、二つ折りの台紙なのですが、袋に入れられるわけでもなく誰にでも読まれるような (読もうと思えば郵便屋さんも読める) 状態です。 これはプライバシーもあったもんじゃありません。 台紙を検証 プリントはまぁ普通ですね。 プリントされている用紙は和紙のような模様が入っており、若干上質紙が使われています。 しかし、思ったよりかなり小さかった。 サイズ書いてありましたが、そこまで気にしてませんでした。 普通の電報のサイズとばかり予想していました。 一回りどころか二回りぐらい小さいです。 そして、台紙はただの紙です。 ペラペラ。 500円だから?? 2ページ目は1ページの後ろに張り付けられていました。 画像もあまり高画質ではありませんが簡易的なものであれば問題ないレベルです。 総評 『』は電報というカテゴリーと郵便というカテゴリーの中間的な所に存在していると思います。 今回は500円の一番安い台紙で注文しましたが、期待していたNTTのような電報ではありませんでした。 電報風手紙とでも言うのでしょうか。 扱い方もちょっと雑ですね。 そして、せめてシールでもいいので封はしておいて欲しかった。 これでは、安心していろいろ書けません。 セキュリティ上も、プライバシー上も若干問題があります。 贈り物として送るにはやや難があります。 『簡易的に早く何でもいいから文章で送りたい』 そういう位置づけの『』でした。 ネット電報のススメ インターネットでの電報探しに役立つ情報をおとどけします!さまざまな電報比較一覧データ、電報ランキングをはじめ、電報に関することならなんでも記事にしています。 インターネット社会となった今でも、日本の伝統文化マナーともなっている電報は社会生活に欠かせないものとなっています。 ただ、電報を使いたい時はゆっくり選んでる時間がないことが多いものです。 そんな時、ぱっと、さっとニーズに合わせた電報選びにこのサイトをご活用ください。 どの電報会社も一見同じに見えますが、実際は各社それぞれ得意分野を持っています。 なんとなくで選んでいると知らないうちに損をしていたということになりかねません。 ぜひ電報比較!の比較データで、ジャストフィットな電報サイトをみつけください! 比較する際は『料金、文字数、商品数、台紙の品質、配達スピード、プライバシーの対応、会社の信頼度』に注目してみましょう!.

次の