復活 の 日 草刈 正雄。 Amazon Prime Video で観た映画「復活の日」のあらすじと感想(ネタバレあり) #おうち時間 #うちにいよう #パンデミック

偉大なる狂気の遺産! 絢爛たる浪費に圧倒される深作欣二監督の終末SF『復活の日』

復活 の 日 草刈 正雄

リンク• キャスト 吉住周三(草刈正雄) マリト(オリビア・ハッセー) カーター少佐(ボー・スベンソン) コンウェイ提督(ジョージ・ケネディ) リチャードソン大統領(グレン・フォード) 山内博士(千葉真一) 土屋教授(緒方拳) バークレイ上院議員(ロバート・ボーン) マクラウド艦長(チャック・コナーズ) ストーリー 1982年、米ソ冷戦は雪解けに向かいつつあり、タカ派のランキン大佐にとって面白くない。 一方、細菌学者のマイヤー博士は自分が作成に携わった MM-88 というウイルスが東側に渡ったという懸念に、頭を抱えていた。 ランキンの来訪にマイヤーは MM-88 を奪還できたかと問うが、CIA はまだ奪還できていなかった。 MM-88 は極低温下では活動を休止しているが、気温が上がると活発化して爆発的に増殖するモンスターウイルスだった。 マイヤーは元々毒性がなかった MM-88 にランキンが各大学で作らせた研究成果を合わせて耐性や毒性をつけ、BC 兵器として完成させていたことを問い詰める。 その事実をマイヤーが告発しようとしていることを知ったランキンは、軍の息のかかった精神病院にマイヤーを隔離する。 日本では南極観測隊に志願した地震予知学者の吉住が、恋人の則子から別れを切り出されていた。 一方、東ドイツの科学者は米国から盗み出した研究中の MM-88 の毒性と脅威を知り、 CIA を通じてサンプルをウイルス学の権威に渡してワクチン開発を依頼しようとしていた。 しかし、科学者が CIA だと信じてサンプルを渡した相手はマフィアであり、彼らはセスナ機で逃走中に MM-88 ごとアルプス上空で墜落事故を起こした。 その直後からカザフスタンでは放牧中の牛が大量死し、イタリアでは嬰児と幼児を中心に感染が広まっていく。 かつてのスペインかぜに倣って「イタリア風邪」と通称された疾患は全世界に広まりつつあり、米国大統領リチャードソンは事態を重く見て閣僚たちと対応策を練るが、爆発的な感染にワクチン精製が追いつかず、世界各国では暴動にまで発展する。 この事態がBC兵器によるものではないかと指摘した上院議員バークレイに救出されたマイヤーは早速ワクチン精製に取りかかり、ランキンを拘束に追い込む。 一方、タカ派のガーランド将軍は示威目的で自動報復システムの起動を進言するが、リチャードソンに拒絶される。 日本国内でも感染を拡大しつつある恐るべき致死率の「イタリア風邪」は、各国主要都市を次々に壊滅させていく。 看護師として患者の対応に追われていた則子は疲労が祟り、吉住との子を流産してしまう。 「イタリア風邪」の猛威の状況は、南極にも知らされていた。 隊長の中西は各国の観測所と連絡を取り合い、事態の把握に努める。 家族を日本に残す隊員たちの動揺は増すばかりで、妻子持ちの辰野も焦りを隠せない。 そんな中、ニューメキシコ州からとある少年の通信が昭和基地に届くが、無線機の扱いを知らない彼は父の銃で自殺する。 辰野の動揺は頂点に達し、妻子の写真を抱えた彼は南極の大地に姿を消した。 ついに MM-88 はソ連指導者をも死に至らしめ、リチャードソンの妻も命を落とす。 リチャードソンは政敵バークレイと過去を語り合う中、南極にあるパーマー基地の存在を思い出す。 基地の健在を知ったリチャードソンは最後の大統領令として、南極に残る各国基地の越冬隊だけが最後に残された人類であると語り、外出や侵入者を許すなと命令した。 新たに発足した南極政府の会議におもむくため、中西隊長と吉住はパーマー基地を目指す途中、ノルウェー基地で口論の果てに発生した銃撃戦から唯一まぬがれていた、臨月間近の女性隊員マリトを保護する。 米軍のコンウェイ提督とソ連のボロジノフ博士は互いの遺恨を忘れて南極会議の中心に立ち、ノルウェー基地の吉住からは子供の無事誕生が伝えられた。 子供はノルウェー語で「日の出」を意味する「Gry(グリー)」と名付けられた。 しかし、男性に対する女性の割合があまりにも少なすぎることからレイプ事件が起き、女性は貴重な資源として南極政府は性交渉を管理することとなる。 さらにソ連の原子力潜水艦が救助を求めて寄港するが、艦内に感染者を抱えていた。 寄港を許可できないと退けるボロジノフ博士に対し、艦長代理のスミノルフ少尉は上陸を強行しようとする。 その窮地に現れた英国の原子力潜水艦ネレイド号はソ連の原潜を撃沈し、航海を続けるため去ろうとするが、感染者が出ていないことを確認されて上陸を許可される。 ネレイド号の乗員たちを新たに加えた南極政府は最初のクリスマスを迎え、マリトと再会した吉住は彼女への好意を意識するが、マリトはクジで選ばれた別の男性と一夜を過ごすのだった。 MM-88 の脅威はなおも健在であり、ラトゥール博士がそのサンプルと向き合う中、吉住が新たな脅威の種を発見する。 それは、まもなくワシントンD. の近郊で巨大地震が発生するというものだった。 遠く離れた南極とは無関係と思われたが、自動報復装置が作動していた場合、核攻撃と誤認して報復用の ICBM が発射される。 マクラウドは自動報復装置の作動を確認しており、米ソは互いの南極基地をも照準していた。 発射を阻止するための決死隊の人選が行われ、カーターはこんなものは馬鹿げていると志願し、吉住は自分が選ばれたと嘘をついて同行を申し入れる。 カーターは吉住の理解しがたい行動に暴力をもって説得しようとするが、吉住の決意は変わらなかった。 基地に帰った吉住は、仲間からの粋な計らいによりマリトと最後の一夜を過ごす。 万一の場合に備え、女性を中心とした一団は砕氷船で避難する。 カーターと吉住はラトゥールからワクチンのサンプルを渡され、ネレイド号で大西洋からポトマック川をさかのぼってホワイトハウスに潜入するが、すでに前震は始まっており、地下にある自動報復装置を停止しようとする彼らの決死の行動もむなしく、核ミサイルは発射されてしまう。 世界は二度目の死を迎えるが、ワクチンは有効だった。 ただ1人生き残った吉住は歩き出し、アメリカ大陸を徒歩で縦断していく。 精神を病み死者の声を聞いても歩みを止めなかった吉住は、やがてチリ南端にある湖畔へたどり着く。 そこは、核攻撃から避難していたマリトやラトゥールたちの作った集落だった。 出典:Wikipedia(2020. 30) 感想 1980 年、私は 13 歳でした。 当時この映画を観て、最後のシーンで感動したのを覚えています。 そして新型コロナ騒動の中で改めて観返しても色あせていないのにビックリです。 当時の事はあまり覚えていませんが、あくまでもフィクションとして、現実にはありえない事として観ていたのでしょう。 しかし、今、これに似たことが世界規模で起こっています。 もしかしたら、新型コロナも同じような背景で世界的な拡大に至ったのかもしれません。 よろしければポチッとして下さい。

次の

「復活の日」

復活 の 日 草刈 正雄

466 新型コロナウイルスの猛威が衰えません。 世界での感染者が240万人、死者は16万人を超えました。 人類が完全に立ち往生しているといった印象ですが、そんな中、日本で生まれたウイルスによって人類が滅亡の危機に瀕するSFパニック映画をDVDで観ました。 角川映画の「復活の日」(1980年)です。 原作は日本SF界の巨匠・小松左京。 細菌兵器によって全世界はパニックとなり、45億人の人類が死亡する物語です。 氷に閉ざされた南極大陸には863人の探検隊員が残され、滅亡寸前まで追いこまれた人類が生き残るドラマが壮大なスケールで描かれます。 の「解説」には、こう書かれています。 「小松左京の同名SFを映像化。 1982年、東ドイツの研究所から猛毒ウイルスMM-88が盗まれた。 ところが盗み出したスパイの乗った飛行機はアルプス山中で事故に遭い、ウイルスが蔓延した地球は、南極にわずかな人類を残して滅亡する。 その生存者の一人、地震研究者吉住は、さらに大きな危険が近づいていることに気づく。 アメリカ東部に大地震がおきる可能性があり、それは核ミサイルの発射を誘発するものだった・・・・・・」 「復活の日」はじつに壮大なスケールのSFパニック映画ですが、じつは新型ウイルスに加えて、巨大地震、核兵器と、「これでもか」とばかりに人類に超弩級の波状攻撃が与えられます。 草刈正雄演じる地震学者の吉住周三とボー・スベンソン演じる米軍のカーター少佐はワクチンのサンプルを渡され、南極から大西洋を経てポトマック川をさかのぼり、ホワイトハウスに潜入します。 しかし、すでにアメリカで地震は始まっており、地下にある自動報復装置を停止しようとする彼らの決死の行動もむなしく、核ミサイルは発射されてしまいます。 その結果、世界は二度目の死を迎えますが、ワクチンは有効でした。 ただ1人生き残った吉住は歩き出し、アメリカ大陸を徒歩で縦断していきます。 極限状態にあった彼は精神を病み、次第に死者の声が聴こえるようになりますが、それでも歩みを止めませんでした。 やがて吉住は、チリ南端にある湖畔へたどり着きます。 そこは、核攻撃から避難していた人々が作った集落でした。 ここから、人類は奇跡の「復活」に向けて大いなる歩みを始めるのです。 原作小説『復活の日』を小松左京が書いたのは、なんと1964年。 東京オリンピックの年でした。 原作では、大相撲やプロ野球が短縮されたり中止になったりします。 映画の中のウイルスの画像は新型コロナに酷似しています。 イタリアで感染拡大して「イタリア風邪」と呼ばれるのですが、そのうち「新型ウイルス」という名前が付きます。 最初は咳が出るので単なる風邪かと思ってしまうのも新型コロナにそっくり。 感染は医療関係者にまで拡がり、医療崩壊を招き、ついには日本全土に戒厳令が発令されます。 そして、感染は世界中に拡大されて人類が存亡の危機を迎えるのでした。 あまりにも映画の描写が現在の状況と似ているので、怖くなってきます。 小松左京は予言者だったのでしょうか? バイオテクノロジーによる破滅テーマの本格SFとしては、日本では『復活の日』が嚆矢になりました。 小松左京によれば、執筆当時の香港かぜの流行、東昇の『ウイルス』、カミュの『ペスト』『戒厳令』、南極には風邪がないと記された岩波新書の『南極越冬記』、また冷戦時代の緊張下で同じく人類滅亡を扱ったネビル・シュートの『渚にて』を下敷きとしているそうです。 また、この作品で地震について調べたことが、代表作『日本沈没』にもつながったといいます。 小松にとっては『日本アパッチ族』に次ぐ長編第2作であり、ハードSFの書き下ろしとしては第1作でした。 SF作家の堀晃は、『復活の日』が日本のSFのレベルを引き上げたと高く評価しました。 また、評論家の石川喬司は、細菌兵器による終末テーマのSFの代表的な作品の1つとして扱いました。 、で紹介したハリウッド映画、そしてこの「復活の日」の他にも、人類がウイルスや細菌兵器と戦う映画はたくさんあります。 それらは「SF映画」と呼ばれることが多いですが、で紹介した本の「あとがき」で、著者の小松左京は「SFとは思考実験である」「SFとは文明論である」「SFとは哲学である」といったSFの定義を延々と並べてから、最後には「SFとは希望である」と締めくくっています。 人類が未曽有の危機に瀕している現在、わたしたちはSFにおける想像力を「人類の叡智」として使う時期なのかもしれません。 そして、そこには「希望」があることを信じています。 さて、映画「復活の日」のキャッチフレーズは「愛は、人類を救えるか」でした。 「愛」を説いた人といえば、かのイエス・キリストです。 映画のラストで荒野を彷徨う吉住の姿はまさに受難者イエスを彷彿とさせますが、「人類」という概念はイエスが発明したとされていると聞いたことがあります。 また、「復活」はイエスの代名詞として知られています。 紀元前4年頃にガリラヤのナザレに生まれ、30歳の頃にヨハネの洗礼を受けたとされるイエスは、ユダヤ教の指導者層を批判します。 その結果、ユダヤ人に捕らえられ、ローマ提督ピラトによって十字架刑に処せられました。 しかし、三日後にイエスが復活したとの信仰が弟子たちに生まれ、彼こそメシア(救世主)としての主キリストであると信じられたのでした。 そのイエスの教え、すなわちキリスト教を信じている人々はウイルス感染から救われるのかというと、現在の新型コロナウイルスの場合は残念ながら違います。 カトリックの本国といえるイタリアでは、危篤に陥った新型コロナウイルス感染者らの臨終の際、祝福を与えた聖職者らが、次々と命を落としています。 イタリアでは、聖職者は医師と同じように重篤な状態にある感染者らと接触しますが、ある神父は、「われわれ聖職者は、マスクと帽子と手袋とローブ、そして防護用の眼鏡を着用し、聖堂の中をゾンビのように歩き回る」と話したといいます。 プロテスタントは、どうか。 アメリカのバージニア州にあるキリスト教会の牧師だったジェラルド・グレン司教は3月22日の説教の中で、「神はこの恐ろしいウイルスよりも大きいと固く信じる」と述べ、自身は死ぬことを恐れないと語っていました。 しかし、彼は新型コロナウイルスに感染して死亡したことが4月12日にわかりました。 カトリックにしろ、プロテスタントにしろ、イエス・キリストの教えを信じる人々もウイルスの猛威からは逃げられなかったのです。 しかしながら、わたしは、ウイルスは愛に似ていると思います。 奇妙なことを言うようですが、ウイルスも愛も目に見えないという共通点を持っています。 で紹介した不朽のファンタジーで、フランスの作家サン=テグジュペリは「大切なものは目には見えない」と書きました。 そこで彼が言いたかった「大切なもの」とは、ずばり「愛」のことでしょう。 愛も目に見えませんが、ウイルスも目に見えません。 目に見えない「愛」ですが、「かたち」として可視化することはできます。 たとえば、ハグやキスやセックスです。 また、結婚式や葬儀といった儀式です。 それらの愛が「かたち」にするものをウイルスは無化することができます。 ウイルスは、愛する者同士にハグをさせません。 恋人同士にキスもセックスもさせません。 そして、に書いたように、結婚式や葬儀といった大切な儀式を消し去ってしまいます。 まさに「目に見えないもの」の正のメタファーが愛なら、負のメタファーがウイルスなのです。 「愛は、人類を救えるか」という「復活の日」のキャッチコピーは、そのことを言っているように思えてなりません。

次の

「復活の日」

復活 の 日 草刈 正雄

STAY HOMEで映画鑑賞 久々のブログです。 、そしてSTAY HOME。 自宅で過去の映画を観る機会が増えました。 「」、「」、「感染列島」、「」etc. どうしても、こういった映画が多くなります。 今回は、その中から1980年の映画「」についてのブログです。 有名な映画です。 が1964年に発表した小説を映画化したものです。 映画の内容については多くの方が書かれていますので、別の角度から。 今回見直すと、題名に「VIRUS」と英語の副題が。 全く覚えていませんでした。 映画のシーン 監督、撮影がさんです。 監督 撮影 今回は豪華な出演者の中から、個人的に他の映画やTVで記憶に残っている方を取り上げます。 あくまで私の個人的な取り上げ方ですので悪しからず。 思いつくままに、先ずはさん。 映画のシーン 映画のシーン 最近では朝ドラ「」での柴田泰樹や、「」でのなど、すっかり年配の役で存在感を増しています。 まだ、67歳なんですが。 それと「」。 バックに流れるジャズが心地良い。 のシーン のシーン 次は。 映画「」が公開された1980年は29歳。 美しい。 映画のシーン この年に、のCMが縁でさんと結婚しています。 当時、とても驚きました。 のCM 夫人です 一躍人気女優となった「」の公開は1968年。 1951年生まれですから当時は17歳!? 美しいというより可愛らしいですね。 のシーン レコードジャケット ライフルマン 次に、。 艦長役です。 映画のシーン TVドラマ、ライフルマン(原題The Rifleman)の記憶が残っています。 テレビのシーン 日本では1960年から1963年までの放送なので、年齢的にはリアルタイムで見てはいないと思います。 にもかかわらず、ライフル片手のオープニングや、小坂一也さんの主題歌を憶えているのはなぜだろうか。 恐らく、「懐かしのTV番組」などの特集番組かな。 役での出演です。 映画のシーン でも役でしたね。 の最初の記憶は「」(原題「The Man from U. 」)です。 は1960年の映画「荒野の七人」に出演していますが、この映画を観たのはかなり後からでした。 「」は、2015年に「」として映画化されました。 映画の原題も「The Man from U. 」です。 「」は1965年から1970年まで系列で放送されました。 リアルタイムで知ってはいましたが、リアルタイムでは見たことがありません。 当時の金沢には日テレ系の放送局がありませんでした。 やはり、「懐かしのTV番組」などの特集番組での記憶でしょう。 テレビのシーン 話が飛びます。 当時、の相方、演ずるが大人気でした。 映画「」のイ演ずるとは性格等の設定が全く違います。 「NCIS ~ネイビー犯罪捜査班」で久しぶりにを見ましたが、良い老け方ですね。 NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 スー 次はカ大統領役の。 映画のシーン 1978年の「スー」では、地球に着いたカル=エル(スー)を育てる役でした。 自動車のパンクを直そうとしたら、まだ赤ちゃんのカル=エル(スー)が自動車を持ち上げてビックリしていましたね。 スーのシーン 2013年の映画「マン・オブ・スル」でを演じたとは設定が違います。 と同じか。 今回は以上です。 「」を目指して!! HansPotter.

次の