オスマン 帝国 外伝 シーズン 2 あらすじ。 「オスマン帝国外伝 ~愛と欲望のハレム~」シーズン2放送!あらすじ・みどころ・キャストをチェック! (2/3)

「オスマン帝国外伝 ~愛と欲望のハレム~」シーズン2放送!あらすじ・みどころ・キャストをチェック! (2/3)

オスマン 帝国 外伝 シーズン 2 あらすじ

オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3(トルコドラマ)原作・あらすじ トルコドラマ『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3』の 原作あらすじをご紹介します。 巨大な権力を持つオスマン帝国の皇帝・ スレイマン(ハリット・エルゲンチュ)に取り入る事で奴隷生活から抜け出し、皇帝妃の立場へとのしあがった ヒュッレム(メルイェム・ウゼルリ)が本作のヒロイン。 大宰相・ イブラヒム(オカン・ヤラブク)やスレイマンの2人目の寵姫(ちょうき)にあたる マヒデブラン(ヌル・アイサン)など、嫉妬深い敵対勢力の様子をうかがいながら、皇帝妃として悠々自適な日々を過ごすヒュッレム。 しかし、ミステリアスな雰囲気を醸し出す美女で、ヒュッレムの娘・ミフリマーフから厚い信頼を寄せられている フィルーゼ(ジャンス・デレ)がハレムにやってきてから、ヒュッレムの周囲が慌ただしくなり…。 スポンサーリンク オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3(トルコドラマ)ネタバレ・感想 トルコドラマ『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3』の ネタバレ感想をご紹介します。 敵対勢力との激しい争いの末、スレイマンの寵愛を受ける皇帝妃の立場を奪取し、オスマン帝国内への影響力をどんどん強くしていくヒュッレムは、自身の息子・メフメトを皇太子に引き上げようとします。 メフメトを皇太子に抜てきし、敵対勢力へのプレッシャーをより強くする事を思いつき、行動に打って出るヒュッレムでしたが、永遠のライバル・マヒデブランが目の前に立ちはだかります。 メフメトを使って影響力を強くしようとするヒュッレムの思惑を見抜いていたマヒデブランは、息子・ ムスタファ(メフメット・ギュンスル)を皇太子候補に引き上げ、ヒュッレムとの対決姿勢を全面に押し出していきます。 敵国への遠征で成果をあげている事もあり、皇帝・スレイマンから絶対的な信頼を寄せられているムスタファですけど、本物の兄弟のような間柄だったメフメトと対立する事を余儀なくされ、複雑な立場に追い込まれるのでした…。 シーズン1から激しいバトルを繰り広げていたヒュッレムとマヒデブランが愛息を巻き込んでの代理戦争を展開! 異母兄弟の間柄でもあるメフメトとムスタファを皇太子候補に引き上げ、皇太子の座を競わせる事で自分の地位を高めようとするヒュッレムvsマヒデブランの対決の行方にどうぞご注目ください! オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3(トルコドラマ)見どころ トルコドラマ『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3』の 見どころをチェックしていきましょう。 マヒデブランと血みどろの戦いを展開するヒュッレムですけど、 シーズン3から登場する新キャラ・フィルーゼとも激しく対立していきます。 皇帝・スレイマンを魅了する事でハレムから脱出したヒュッレムと同様に、謎めいた雰囲気を醸し出す美女・フィルーゼもスレイマンの気持ちを揺れ動かすような行動を次々に取っていきます。 スレイマンとの結婚が正式に決まり、皇帝妃の立場を奪取する、という大きな目標を成し遂げたにも関わらず、不穏な行動に打って出るフィルーゼの存在がどんどん大きくなるにつれて、気持ちを取り乱していくヒュッレム。 妖艶さと強かさを合わせ持つヒュッレムが、マヒデブランよりも手強い新キャラ・フィルーゼ相手にどんな対抗策を打ち出すのか、というところも本作の見どころになっていますので、どうぞご期待ください! オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3(トルコドラマ)最終回結末 トルコドラマ『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3』の 最終回結末の大まかなあらすじをご紹介します。 皇帝妃・ヒュッレムの誘拐事件が発生し、帝国内に激震が走る中、対立関係にあった シャースルタン(デニズ・チァクル)を食事に招待するミフリマーフ。 ヒュッレム誘拐事件にシャースルタンが関与している事に勘づいたミフリマーフは、シャースルタンに脅しをかける事で状況を有利に運んでいき、シャースルタンを追放する、という大きな目的を成し遂げます。 一方、子供の誕生が間近に迫り、意気揚々としていたメフメトですけど、マヒデブランが送り込んだ刺客の罠にハマった結果、命を落としてしまい…。 メフメトが亡くなった後に誘拐事件に巻き込まれたヒュッレムが帰還する、という驚きの展開を見せていくシーズン3の最終回。 主要人物たちがどんな結末を迎えるのか、というところはもちろん、母・ヒュッレム譲りの芯の強さを随所で披露していくミフリマーフの活躍が最終回の大きな注目点になっていますので、どうぞお楽しみに! スポンサーリンク オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3(トルコドラマ)キャスト・出演者 トルコドラマ『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3』の キャスト・出演者をご紹介します。 オスマン帝国の最盛期を築き上げた人物だが、ミステリアスな雰囲気を醸し出す美女・フィルーゼに翻弄される事に…。 2017年に『私の祖国は君だ』という作品でビルケントTV賞など、3つのタイトルを獲得した実力派俳優ハリット・エルゲンチュさんがスレイマン役にキャスティングされています。 ヒュッレム 役:メルイェム・ウゼルリ ロクセラーナ・ヒュッレム・スルタン役のメルイェム・ウゼルリさん — 茶畑 soupcurry049 オスマン帝国の皇帝妃。 皇帝・スレイマンに取り入る事でハレムから抜け出した過去があり、自身の影響力を強めるため、息子・メフメトを皇太子に引き上げようとする。 ベイルート国際映画祭・海外ドラマ部門最優秀主演女優賞を受賞している国際派女優のメルイェム・ウゼルリさんがヒュッレム役にキャスティングされています。 皇帝妃となったヒュッレムと激しく対立していく。 カディルハス大学出身の俳優で、映画・ドラマだけでなく、アニメーションの声優やテレビCMにも度々出演しているオカン・ヤラブクさんがイブラヒム役にキャスティングされています。 イブラヒムはシーズン3の途中で亡くなってしまうのですが、イブラヒムが亡くなってからもオカン・ヤラブクさんがナレーションとして出演しています。 皇帝・スレイマンから寵愛を受けていたのだが、スレイマンの気持ちがヒュッレムへと傾き、ヒュッレムが成り上がった現状に嫌気が差している。 銀行員出身の売れっ子女優で、金融ジャンルのニュースキャスターに抜てきされるなど、幅広い分野で活躍しているヌル・アイサンさんがヒュッレムの永遠のライバル・マヒデブラン役にキャスティングされています。 クールな振る舞いをする人物だが、強情な性格のイブラヒムに迫られた結果、イブラヒムと不倫関係に…。 医大卒の経歴を持つだけでなく、7ヶ国語を操るインテリ女優として圧倒的なちめいどを誇るフィリズ・アフメットさんがニギャール役にキャスティングされています。 神秘的な魅力でスレイマンを引き込んでいく。 日本の連ドラ『Mother』のリメイク版にあたる『アンネ』で主役に抜てきされるなど、ヒット作で主役級のキャラを数多く演じているジャンス・デレさんがシーズン3から登場する新キャラ。 フィルーゼ役にキャスティングされています。 スポンサーリンク オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3(トルコドラマ)登場人物・相関図 トルコドラマ『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3』の 登場人物・キャスト相関図をご紹介します。 オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3(トルコドラマ)ネット上の反応 トルコドラマ『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3』に対する ネット上の反応をまとめます。 シーズン1・シーズン2ともにBS日テレで再放送されていますので、チャンネル銀河でのオンエアが終わった段階で「BS初放送決定!」という嬉しいニュースが待っているかもしれません。 OP オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3(トルコドラマ)再放送と無料動画見逃し配信サービス トルコドラマ『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3』の 再放送・無料動画見逃し配信サービスをご紹介します。 【最新の再放送予定】• 2019年8月8日(木)~ チャンネル銀河(日本初放送) 【オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3の無料動画見逃し配信サービス】•

次の

オスマン帝国外伝シーズン4のキャスト 成人したバヤジット皇子(Aras Bulut İynemli)

オスマン 帝国 外伝 シーズン 2 あらすじ

スポンサーリンク 海外ドラマ「オスマン帝国外伝シーズン3」前回のあらすじ 海外ドラマ「オスマン帝国外伝シーズン3」の前回のあらすじです。 だが、スレイマンの耳元で反逆者は近くにいると囁いた。 その頃マニサ宮殿では、行商人の女がやってくる。 側女たちは、数々の品に盛り上がっていた。 しかし、女官のフィダンは、怪しい女だと勘付く。 一方、ヒュッレムに呼び出されたイブラヒム。 彼女から和解の申し出をされるが、結局和解はできずに終わる。 ニギャールは、ヒュッレムが何を企んでいるのか勘付き…。 スポンサーリンク 海外ドラマ「オスマン帝国外伝シーズン3」あらすじ37話「狙われた皇子」 オスマン帝国との話し合いの進み具合を報告書でまとめているフランス大使。 報告書の中では、帝国の法に関して素晴らしいと書く。 一方、メフメトが突如いなくなってしまった。 ヒュッレムは、皇子を思って心配でたまらない。 その頃マニサでは、ディアナの処刑が間近に迫っていた。 そんな中で、ムスタファが襲われ…。 スポンサーリンク 海外ドラマ「オスマン帝国外伝シーズン3」あらすじ38話「断食月の悪行」 断食月がやってきた。 この月では、良いことをするべきという習わしがあった。 ヒュッレムも宗教にならい、熱心に断食月を過ごす。 しかしムスタファ暗殺で自身が放った間諜と鉢合わせすることになってしまう。 思わず隠し切れない動揺する中、イブラヒムは考えを巡らせる。 一方ミフマリーフは、愛する人タシュルジャルと再会し…。 スポンサーリンク 海外ドラマ「オスマン帝国外伝シーズン3」あらすじ39話「コーランの贈り物」 マニサでムスタファの子・スレイマンが体調を崩してしまう。 実はスレイマンには、ある病気にかかっていた。 一方、イブラヒムを大宰相から引きずり降ろそうと目論むヒュッレムとリュステム。 そんな中、ハティジェの姉であるシャーが宮殿にやってくることになった。 そのことを知ったヒュッレムは、シャーがどのような人物が知ろうとして…。 スポンサーリンク 海外ドラマ「オスマン帝国外伝シーズン3」あらすじ37話~39話の感想&ネタバレ 宗教によってはさまざまな風習がありますね。 断食月があるという宗教、日本人からしたらあまり考えられません。 イスラムの宗教ですが、皆、それが普通なんですよね! 一方で、ハティジェには姉がいたんですね! シャーという皇女、一体どんな人物なのでしょうか。 人物の性格などのよっては、ヒュッレムが味方につけようとしそうですね。

次の

オスマン帝国外伝・シーズン2【1話~5話】あらすじ…サドゥカとヒュッレムの運命は? | カイドーラ

オスマン 帝国 外伝 シーズン 2 あらすじ

オスマン帝国外伝が面白すぎて、トルコに行きたくなってきた蓮です、こんにちは! 現代でも、もしかすると「スレイマン」とか「ムスタファ」とか、同じ名前の人、たくさんいそうじゃないですか?(笑) 前回までのあらすじは ! 以下はオスマン帝国外伝の、シーズン3の42話、43話、44話、45話、46話、47話のあらすじネタバレとなります! 最初に言っておきますが、 今回のあらすじネタバレは、オスマン帝国外伝始まって以来の衝撃的な内容が含まれております。 獅子を操るのは宰相たちだ」とスレイマンを傀儡のように語り、己の権威を過信した発言をしてました。 それをしっかりと書記が記載していて、それをアヤス宰相が読みます。 アヤスさんはいつの間にヒュッレムとこんなにも懇意になったんでしょうねw ヒュッレムはアヤスに、それをスレイマンに見せるように指示。 アヤス宰相は早速、イブラヒムの尊大すぎる会見の記録をスレイマンに見せます。 スレイマンの苦悩 それを読んだスレイマン、天地がひっくり返るほどにびっくりして大ショック。 信じていたイブラヒムが、自分を傀儡のように諸国に伝えていて、イブラヒムこそが国を動かしていると宣言していた…。 ともに国のために尽くしてきたと信じていたスレイマンは、若き日のイブラヒムとの思い出に浸っては、現実への対処に迫られていた。 皇帝に対する不敬罪… けど、スレイマンはスレイマン自身からもイブラヒムを守る法例を作ってしまっていた。 不敬罪として簡単にイブラヒムを処罰できないスレイマンは、法の達人であるエブッスードに相談することにした。 法の抜け道 事情を知ったエブッスードは数日間、法の書物をあさりまくり。 そしてついに見つけました。 それは「何人たりとも寝てる時は法の支配を受けない」というもの。 つまり、スレイマンが寝ている間にイブラヒムの処刑を行うことで、「皇帝もイブラヒムを処刑できない」という法をすり抜けることができるという。 イブラヒムの処刑は、スレイマンの寝ているときに行うんだ、と助言するエブッスード。 それを聞くスレイマンの顔は、苦悩に満ちていました。 「寝てる時…」ってwって思いませんでした?そんなんで、法をすり抜けられるんかいwってw ハティジェの「虫の知らせ」 断食の晩餐に呼ばれたイブラヒム。 ハティジェはイブラヒムと一緒でめっちゃ幸せそうで、バイオリンを習って「のんのん」とか言われても根気よく夫の言うことを聞き続ける…ハティジェ本当にええ子や…。 子どもたちも夫婦円満のなかのびのび育ち、別宅のニギャールとの娘エスマヌルも「ママに会いたい」と無邪気に父親に甘えます。 一見、順風満帆のイブラヒムの人生… けど、スレイマンの晩餐に呼ばれて出かけるとき、ハティジェが言います。 「なんだか胸騒ぎがするの。 本当に行かなきゃいけないの?」と。 イブラヒムを心から愛するハティジェの虫の知らせは…当たっていました…。 イブラヒムの運命 断食の晩餐に呼ばれたのは、ヒュッレムとイブラヒム。 スレイマンとともに食卓を囲み、和やかに晩餐をすすめます。 ヒュッレムも、スレイマンの心の内を全く読めず、晩餐後何も疑わずに席を立ちます。 が、その後席を立とうとしたイブラヒムに、スレイマンは「今日は後宮に泊まるように」と伝えます…。 収支優しい笑顔のスレイマン。 「あの二人の仲は相変わらず、絆は固いわ!」とヒュッレムも自室で切れるほど。 けど、スレイマンに用意された豪華絢爛の部屋で眠りにつくイブラヒムのところに…黒装束の処刑部隊が迫ります。 「寝ているときに処刑をすればいい」とエブッスードにすすめられたにも関わらず、悶々として一睡もできないスレイマン。 イブラヒム結構強いから期待したけど、今回はダメでした… マトラークチュの悲しい役目 処刑の後、スレイマンはマトラークチュに「イブラヒムの亡骸を、誰にも分らない場所に埋めろ」と命令。 マトラークチュは、盟友イブラヒムの死を悲しむが、皇帝命令に逆らえるはずもなく、イブラヒムの遺体を森に埋めます。 ニギャールの娘の運命… その後マトラークチュは、イブラヒムとニギャールの娘を、乳母とともにイブラヒムの故郷に送ります。 「幸あれ」と一縷の希望を託して… ハティジェの恨み 最愛の夫の訃報を聞かされ、ハティジェは反乱狂に。 夫の遺体にすがりついて泣きわめき、宮殿に行って兄スレイマンに「もう私はあなたの妹じゃない」と憎しみをあらわに伝えます。 その後後宮になだれ込んで ヒュッレーーーーム! と叫び、夫を死に至らしめた憎い女として恨みつらみを吐き出し、ヒュッレムに対して宣戦布告。 ハティジェの悲しみや憎しみに戸惑うのは、ヒュッレムではなく…その情景をベランダから見ていたメフメトと、ミフリマーフは複雑な面持ちです。 「何をやってもお母様が責められる…」と2人とも後で悔しんでいました…。 母親思いです。 マヒデブランとムスタファもイスタンブールへ イブラヒムの悲報を聞いて、マヒデブランとムスタファもイスタンブールへ駆けつける。 こころの支えだったイブラヒムを失い、落胆する2人。 墓すらも作られなかったことから、よほどスレイマンの不興を買ったのだろうと推測するも、イブラヒム処刑の詳細を知るものは誰もいなかった。 マヒデブランは改めてヒュッレムとの対立を強固に。 ムスタファは、自分の大いなる庇護者を失ったショックから立ち直れないでいたものの、父子関係は良好。 ムスタファは息子を天然痘で失ったばかりで、それを苦にしたファトマも自殺をしていたが、別の側女が新たに解任したとの朗報もあった。 シャーはやっぱり敵? 2人の妹の夫を処刑にし、妹2人から恨まれたスレイマン。 ただ一人、自分をまだ兄と呼んでくれるシャーに、一片の心の安らぎを見出す。 「お前は亡き母に似ている」として、ハティジェに絶縁された苦しみを吐き出します。 シャーは相変わらず何を考えているかわからず、どっちつかずの発言を繰り返すが、地方県に戻らずイスタンブールにとどまり、権力を手にする野心を垣間見せ始める。 シャーは「ここに残りたいけど、夫が県長だから残れない…」とスレイマンにそれとなく打ち明け、スレイマンの心に訴える。 新しい宰相は? イブラヒムが処刑されて空席の出た新たな宰相の席に、ヒュッレムはリュステムを推す。 新たな大宰相となったアヤスにも、リュステムを推すように命じるが、スレイマンは妹シャーの夫を宰相に任命する。 ヒュッレムは、これまで好意的に見えたシャーの野心を知り、シャーとも対立していく…。 メフメトの苦悩 ヌルバハルの懐妊の事実がヒュッレムに知られ、ヌルバハルは慣例に従い後宮を追われた。 その事でミフリマーフに苦情を言い、一刻も早く地方県をおさめて、子どもを作りたいメフメトは、再三スレイマンにそのことを懇願する。 しかしスレイマンは、県を治めるよりもまず、戦の遠征にお供して経験を積むようにすすめる。 それを聞いたメフメトは落胆…。 自分の出世を阻むのはムスタファだといって、一時感情的に兄のムスタファをせめてしまう。 しかしムスタファは兄弟として、決して憎しみ合うようなことはしないと強く諭し、メフメトとの信頼を取り戻す。 新しい後宮の女官 ヒュッレムの力が強力になりすぎて、唯一の対抗馬だったイブラヒムまでも処刑され… ハティジェとマヒデブラン、そしてギュルフェムは知恵を寄せ合いヒュッレム失脚の策略を立てていた。 マヒデブランはある作戦を持って、後宮にディアナを女官として潜り込ませることに成功。 ディアナは早速側女たちを支配し始め、ヒュッレムへ罠をしかける足掛かりを作っていた。 マルコチョールがまた出てきた! イブラヒムの処刑によって落ち込んでいたのはマトラークチュ。 イブラヒムの親友だったマトラークチュは、正義がなされないことに絶望していた。 そこへ現れたのは、かつての親友、マルコチョール! マルコチョールがタシュルジャルと一緒にお酒を飲んでいたけど…この2人って、どっちもミフリマーフの想い人…。 ギュリザールのときからスレイマンの疑いが大きくなってはいたけど、まさかこんなにあっさりと終わりを告げるとは思いませんでした。 え? もしかしたら、亡くなったのはイブラヒムの双子のお兄さんの方で、これも策略で、実は生きてるとかないですかね? ほんとうの本当に、イブラヒム死んじゃったとしたら…悲しいです。

次の