ひなまつり 意味。 童謡「うれしいひなまつり」の歌詞の意味と、登場人物と雛飾りの由来を理解しよう

ひなまつり 意味・由来 3月の年中行事

ひなまつり 意味

そもそもひなまつりって何?? ひなまつりって3月3日にする女の子の日。 私は、自分が子供の時からしていたからただ、行事としてしているだけでした。 ひなまつりってそもそも何なのかとか考えたこと無かったかも。。。 ひなまつりとは、ひな人形と呼ばれるお人形を飾り女の子のお祝いをする日です。 そのひなまつりにも由来がありました。 ひなまつりの由来 ひなまつり=桃の節句と言いますよね。 その節句とは五節句のうちの一つで平安時代の貴族の間では季節の節目の身の汚れを祓う大切な行事だったようです。 桃の節句は、上巳の節句(3月3日)に薬草を摘んでその薬草で身体の厄や邪気を祓って健康を願っていたそうです。 ひな人形の由来 平安時代頃、人型(ひとがた)で自分の身体を撫で災厄をうつし、その人型を川に流すという「流し雛」が行われていました。 また、「ひな人形」の「ひな(ひいな)」とは小さくてかわいいものという意味があります。 そして、平安時代の宮中では「ひいな遊び」今でいうところの人形を使った「おままごと」が行われていました。 室町時代には 3月3日の桃の節句に紙のひなから豪華なお雛様を飾るようになり宮中でお祝いをするようになりました。 それが宮中から広がり、今の「ひなまつり」原型になりました。 ひなまつりの意味は?? なぜひなまつりをするの?? ひなまつりの元となっている上巳の節句では、特に女の子の日って決められていたわけではなく、 男女共通の厄払いの行事として行われていました。 日付が変動していた上巳の節句を3月3日と決め、さらにひな人形を飾ることからこの日を女の子の健やかな成長と幸せを願う日として今のひなまつりの行事となったんです。 ここで一つまめ知識!! ひな人形はお雛様に女の子の厄災を身代わりに引き受けてもらう、厄払いの意味があるので、1日だけ飾るのは避け、遅くても2月中旬までには飾った方がいいんですって。 恥ずかしながら私、この事知りませんでした。。 去年なんてギリギリに出してたし。。。 男の子の日はある?? 3月3日が女の子の健やかな成長と幸せを願う日だということは分かりましたが・・・ じゃあ、男の子は?!! 女の子の日があるなら男のこの日もあっていいはず!! もちろんあります。 男の子の初節句は端午の節句(5月5日)です。 この日に兜やこいのぼりなどを飾り、男の子の健やかな成長と幸せを願います。 女の子と男の子の兄弟を持つママさん!! 今日はひなまつりだから女の子だけお祝いする!! なんて言わずに男の子もお祝いしましょう。 ひなまつりだから女の子だけ!! ということはありません。 元々は男女共通の行事だったんですから、皆でみんなのお祝いをしましょうね。 ひなまつりに食べるお祝い料理ってあるの?? ひなまつりって言ったら「ちらし寿司」ですよね。 この他にも昔から食べられているひなまつりのお祝い料理があるんですよ。 その料理にはそれぞれ縁起のいい意味もこめられています。 ちらし寿司 ちらし寿司自体には言われはないそうですが、ちらし寿司に入っている具である えび(長寿)・レンコン(将来を見通す)・豆(まめに働く、まめに生きる)など縁起がいいとして、ひなまつりのお祝いの席にはピッタリのお料理ですね。 はまぐりのお吸い物 はまぐりの貝殻は対になっている貝殻でないとピッタリ合いません。 そこから、一生一人の人と添い遂げるよう願いが込められたお料理です。 菱餅(ひしもち) 菱餅に使われている3つの色はそれぞれに意味があります。 白・・・清浄、純白の雪 緑・・・長寿、健康、草萌える大地 ピンク・・・桃の花、魔除け という意味が込められています。 諸説あるみたいですが。。 白いお餅にはひしの実(血圧を下げる効果あり)、緑のお餅にはよもぎ(増血作用)、ピンクのお餅にはくちなし(解毒作用)が利用されています。 大事な娘さんの健康を願う愛情たっぷりのお料理ですよね。 ひなあられ ひなあられもひなまつりには欠かせないお菓子ですよね。 ひなあられには、3色(ピンク・白・緑)使われているものや4色(ピンク・白・緑・黄色)のものありますが、それぞれ意味合いがあるんですよ。 3色のものは、ピンク(生命のエネルギー)・白(大地のエネルギー)・緑(木々のエネルギー) 「1年を通して自然のエネルギーを得、健康に過ごせるよう」願いが込められています。 4色のものは、ピンク(夏)、白(冬)、緑(春)、黄色(秋)の四季を表しています。 「1年を通しての幸せ」を願っていると言われています。 白酒 白酒は元々「桃香酒」という中国から伝わったお酒のことを指します。 「桃香酒」の桃は、邪気を祓い長寿の木と言われ、上巳の節句に飲まれていました。 それが、日本に伝わり「白酒」に変わりましたが「白酒」も邪気を祓うと伝えられています。 ただし、「白酒」はお酒です!!!! 主役の子供さんには甘酒がお勧めです!! 大人は白酒(笑)子供は甘酒で一緒にお祝いをしてみては?! 何気なく、当たり前に食べていましたが(笑) それぞれのお料理に素敵な思いが込められているんだと噛みしめながら、願いながら食べなくちゃいけませんね!! 離乳食中の赤ちゃんでも食べれるひなまつりピッタリのご飯レシピを見つけたので参考にしてみてください。 まとめ まとめると。。。 ひなまつりとは3月3日にひな人形を飾ってお祝いする女の子の日• ひなまつりの由来は上巳の節句(3月3日桃の節句)に薬草で身体の厄や邪気を祓って健康を願う節目の行事からきている。 ひな人形の由来は、人型(ひとがた)で身体を撫で災厄を人型にうつす川に流す「流し雛」。 宮中で人形を使った遊び「ひいな遊び」からきている。 ひなまつりの意味。 元々は男女共通の厄払いの行事だったが、ひな人形を飾ることから女の子の日として今のひなまつりになった。 男の子の日は「端午の節句」と言って兜やこいのぼりを飾る。 ひなまつりに食べるお祝い料理は、「ちらし寿司」・「はまぐりのお吸い物」・「菱餅」・「ひなあられ」・「白酒」 毎年ただ行事としてしていたひなまつりにこんな奥深い由来があるなんてビックリでした!! これからのひなまつりは今までとは違った気持ちでお祝いできそうですね。 愛する子供の健康と幸せを願ってみんなで一緒にお祝いしましょう!!

次の

ひなまつりコラム♪知って得する桃の節句「ひなまつり」

ひなまつり 意味

歌のタイトルに「うれしい」とありますし、歌詞にもひな祭りを喜ぶ様子が歌われていますが、この歌には「怖い」と思ってしまう部分があるようです。 今回は、ひな祭りの歌について調べてみましょう! 「うれしいひなまつり」の歌詞は? 最初に、歌詞を全部みてみましょう。 「うれしいひなまつり」 作詞:サトウハチロー 作曲:河村光陽 【1】 灯りをつけましょ ぼんぼりに お花をあげましょ 桃の花 五人囃子(ごにんばやし)の 笛太鼓(ふえたいこ) 今日は楽しい ひな祭り 【2】 お内裏様(だいりさま)と お雛様(ひなさま) 二人並んで すまし顔 お嫁にいらした 姉さまに よく似た官女(かんじょ)の 白い顔 【3】 金の屏風(びょうぶ)に うつる灯を かすかにゆする 春の風 少し白酒(しろざけ) 召されたか 赤いお顔の 右大臣 【4】 着物をきかえて 帯(おび)締めて 今日は私も 晴れ姿 春のやよいの この良き日 なによりうれしい ひな祭り 実は怖い!?隠された意味とは? 2番の歌詞に「お嫁にいらした姉さまに よく似た官女の白い顔」とあります。 この部分が、この歌を「怖い」と思わせてしまっているようですね。 作詞者であるサトウハチローさんには、お姉さんがいらっしゃいました。 しかし、結婚が決まった矢先に結核を発症し亡くなられたので、サトウハチローさんは亡くなったお姉さんのことを想って作詞したといわれています。 「白い顔」は色白のお姉さんだったのか、結核の症状が重くなって白くなったのか・・・どちらにしろ、亡くなったお姉さんのことと考えれば、少し怖く感じませんか? しかし、別の解釈もあるようです。 この歌の主人公は、ひな祭りの主人公でもある女の子。 その女の子は、官女の顔を見て、お嫁に行ってしまった自分のお姉さんを思い出している・・・というのです。 色白であることは美人の条件でもあったので、官女の美しい顔を見て、色白で美しいお姉さんの顔を思い出したのです。 歌詞に間違っている部分がある? 「うれしいひなまつり」には、実は、間違った部分があるのです。 「お内裏様」とは、男雛(おびな)と女雛(めびな)のことを指します。 ひな人形の最上段に飾られている、 男女一組のことを「お内裏様」と言うのです。 そして 「お雛様」とは、ひな人形全部を指します。 お内裏様だけではなく、三人官女や五人囃子、右大臣左大臣たちすべてを「お雛様」と言うのです。 しかし、「うれしいひなまつり」の影響で、 男雛=お内裏様、女雛=お雛様と勘違いしてしまい、そのまま定着してしまった・・・といわれています。 見分け方は、右大臣が色白の若者、左大臣が白いヒゲをたくわえた年長者です。 右大臣は向かって左側、左大臣は向かって右側に置くのが正しいのですが、正しく置いたときにお顔を見てください。 赤いお顔はどちらですか? 「あれ?赤いお顔は左大臣?」と不思議に思った方もいらっしゃるかもしれません。 そうなんです、歌詞の通りだと向かって左側に置いた右大臣のお顔が赤いはずですが、右大臣のお顔は白いんです。 これは、作詞者であるサトウハチローさんの勘違いといわれています。 ひな人形に向かって右側にいるので右大臣、左側にいるので左大臣として歌詞を発表したようですね。 とてもややこしいですが、正式に置くときは「ひな人形と同じ方向を向いたときにどちらが右になるか」を考えるといいですね。 歌が発表されたあと、間違いを指摘して訂正を求める声もあったそうですが、歌の普及に追い付かず、このまま広まったといわれています。 このような間違いがあり、サトウハチローさんはこの歌を嫌っていたそうです。 女の子の健やかな成長を祈るひな祭りに、怖い歌はちょっと嫌だなぁ・・・と思っていましたが、お嫁に行ってしまったお姉さんのことを歌っているという解釈もあるので少し安心しました。 サトウハチローさんは間違ったことが広まったのでこの歌が嫌いだったそうですが、今は日本人なら誰もが一度は聞いたことがある、歌ったことがあるとても有名な曲です。 それだけ、日本人に愛されている歌ということではないでしょうか。

次の

ひな祭りの歌(うれしいひな祭り) 歌詞の意味

ひなまつり 意味

菱餅(ひしもち) 宮中で長寿を願って食べられていた「菱葩餅(ひしはなびらもち)」を簡略化したもので、 娘の長寿を願うひな祭りの食べ物です• ひなあられ 外で食べるために菱餅を砕いて作ったのが始まりとされ、 娘が幸せに過ごせるよう願うひな祭りの食べ物です• 白酒 魔除けの力があると信じられていた桃の花を浸した桃香酒が変わったもので、 娘が病気にならないよう願うひな祭りの食べ物です• ハマグリのお吸い物 対の貝がらとでないとピタッとあわないハマグリは、女子の貞節と美徳を表しており、 娘が良い人と結婚して添い遂げるように願うひな祭りの食べ物です• ちらし寿司 海老やレンコンなど縁起のいい具材を使うちらし寿司は、 娘が一生食べ物に困らないようにと願うひな祭りの食べ物です どれも娘の幸せや健康を願って食べられるようになったことが分かりますね。 では、それぞれの食べ物の意味や由来をさらに詳しく見ていきましょう。 菱餅(ひしもち)がひな祭りで食べられる意味と由来 菱餅(ひしもち)は、ひな祭りでしかお目にかかれない、まさにひな祭りを代表する食べ物ですね。 赤・白・緑という色の組み合わせは花見団子でも見かけますが、名前のとおり、 菱型の形が特徴的です。 実は、赤・白・緑という色と菱型という形には、それぞれ違う由来があるのです。 赤・白・緑の3色になったのは明治時代! 赤・白・緑の3色が当たり前に思える菱餅ですが、• 赤い餅が加わったのが 明治時代• 白いお餅が加わったのは 江戸時代 と 緑のお餅だけだった時代が長いのです。 最初は長らく緑のお餅だけでした 桃の節句とも呼ぶことのあるひな祭り。 「節句」というのは季節の変わり目を指す言葉で、中国から伝わった「 上巳(じょうし・じょうみ)の節句」の日本式の名称が桃の節句です。 江戸時代に白と緑2色に 江戸時代に入ると、菱の実を入れて作る白いお餅が加わり、 菱餅は緑と白の2色になります。 菱は繁殖力の強い植物で、子孫繁栄と長寿の力があると信じられていたことが、桃の節句を祝う食べ物として加えられた理由といわれています。 明治時代に赤いお餅が入って3色に 明治時代に入って山梔子(くちなし)を使った 赤いお餅が加わります。 これで、ようやくお馴染みの赤・白・緑の3色揃った菱餅になったわけですが、比較的最近の事だったのが意外でした。 菱餅を調べていると、赤・白・緑の3色の意味が説明されているのですが、加わった時代もばらばらですので、けっこう後付けぽい気がするのは私だけでしょうか 笑。 ちなみに、 菱餅の3色の意味として次のような説明が多くされています。 菱型になったのは江戸時代 さきほど菱餅の簡単な由来として、宮中で食べられていた「菱葩餅(ひしはなびらもち)」が原型とご紹介しましたが、 菱餅が現在の 菱型になったのも 江戸時代中期のことな。 「菱葩餅(ひしはなびらもち)」は、お正月に 長寿を願う「歯固めの儀式」を簡略化して宮中で食べるようになった和菓子で、花びら餅として現在でも知られていますね。 菱餅は、花びら餅を真似して、さらにシンプルにしたお餅ということですが、なんでも菱型は女性を象徴する図形なのだとか。 桃の節句が女の子の節句になったのは江戸時代からですから、菱型はピッタリの形だったのでしょうね。 ただ、菱餅が菱型になった由来には諸説あり、他にはこんな説があります。 ひなあられがひな祭りで食べられる意味と由来 さて、菱餅の次は ひなあられについて見ていきましょう。 ひなあられもひな祭りのときにだけ食べる機会のあるお菓子ですよね。 ひなあられは、そもそも 菱餅を砕いて作ったものが始まりだと言われています。 なぜ菱餅を砕く必要があったのかというと、かつて「ひなの国見せ」という習慣があったからなのです。 「 ひなの国見せ」とは、ひな人形を持って野山や海辺に出かけ、 おひな様にも春の景色を見せてあげることで、いわばピクニックのようなものですね。 その際に、 菱餅を砕き外で手軽に食べられるようにしたというわけです。 栄養面からも、お餅から作る ひなあられは、春先に必要な でんぷんをたっぷり含んでいます。 ひなあられには、春にしっかりと栄養をとって、 娘が健康で幸せに過ごせるようにという願いが込められているのです。 百病を取り除ける• 邪気を祓うことができる• 気力・体力をおぎなってくれる 「 薬酒」として中国から伝わってきたのです。 ひな祭りに供えられていた 桃香酒が白酒に変わったのは、これまた 江戸時代のこと。 現在も続く東京の酒造屋さん・ 豊島屋の当主の夢枕におひな様が表れて白酒の作り方を伝授されたそうです。 さっそくその作り方で白酒を作ったところ、甘くて飲みやすい白酒が大人気となり、将軍家に献上するまでになります。 豊島屋さんの白酒の登場から、ひな祭りには桃香酒ではなく白酒が飲まれるようになりました。 甘くて飲みやすいとはいえ、白酒はれっきとしたアルコールです。 桃香酒から白酒・甘酒に変わってしまいましたが、白酒は百病を除いて健康で過ごせるように願う意味があるのです。 日本各地に伝わるのが、 3月3日に 桃香酒を飲んで、身ごもった 蛇の子を堕したという話です。 伝承の細部は違っても共通点は• 素性の知れない男が娘のところに通ってきて娘が妊娠した• 心配した家族(もしくは父親と疑われた青年)が男の後をつけた• 後をつけるためにしたことが元で蛇が傷つく• 瀕死の蛇が、3月3日に桃香酒だけは飲んでくれるな、子どもが流れると言って息絶えた• 3月3日に桃香酒を娘が飲んで無事に胎内から蛇の子を流せた 桃香酒は中国から伝わったものですが、こうした各地の伝承から、3月3日に女性が桃香酒を飲むと• 悪い子を身ごもらない• 厄払いになる とも言われるようになりました。 【参考文献】佐賀県立図書館 小副川 肇さん「佐賀の昔話」について ハマグリのお吸い物がひな祭りで食べられる意味と由来 2枚貝である ハマグリは、対の貝がら同士でないとピッタリと合わないという性質があります。 そうした貝がらの形状から、 ハマグリは女性の貞節と美徳を表すものとされてきたのです。 ハマグリの貝がらを使った、「貝合わせ」という遊びは、大名家の子女のたしなみとされて、「貝合わせ」の道具は最も重要な嫁入り道具だったほどです。 ハマグリのお吸い物が、ひな祭りの食べ物にあげられるのも貞節と美徳の象徴とされたハマグリの貝がらの特性からです。 菱餅(ひしもち) 宮中で長寿を願って食べられていた「菱葩餅(ひしはなびらもち)」を簡略化したもので、 娘の長寿を願うひな祭りの食べ物です• ひなあられ 外で食べるために菱餅を砕いて作ったのが始まりとされ、 娘が幸せに過ごせるよう願うひな祭りの食べ物です• 白酒 魔除けの力があると信じられていた桃の花を浸した桃香酒が変わったもので、 娘が病気にならないよう願うひな祭りの食べ物です• ハマグリのお吸い物 対の貝がらとでないとピタッとあわないハマグリは、女子の貞節と美徳を表しており、 娘が良い人と結婚して添い遂げるように願うひな祭りの食べ物です• ちらし寿司 海老やレンコンなど縁起のいい具材を使うちらし寿司は、 娘が一生食べ物に困らないようにと願うひな祭りの食べ物です.

次の