いと ま きのう た。 「いとさん」「こいさん」「ごりょんさん」の意味と語源を紹介

4872「『きのう』のアクセント」 | (ytvアナウンサー)『道浦TIME』

いと ま きのう た

9916• 529• 297• 148• 117• 225• 279• 142• 150• 106• 503• 100• 127• 179• 315• 864• 804• 149• 226• 184• 116• 135• 189• 121• 223• 203• 285• 1363• 121• 130•

次の

4872「『きのう』のアクセント」 | (ytvアナウンサー)『道浦TIME』

いと ま きのう た

きのう何食べた?アドリブシーンまとめ! 絶賛放送中の「きのう何食べた?」の、再現度が高いと話題になっています。 シロさんとケンジが部屋のソファに並んで座り、 一緒にハーゲンダッツを食べるシーンがありました。 (ちなみにこのとき食べていたのは、ハーゲンダッツのマカデミアナッツ味) ケンジが「恋人との 出会いもひょんなことからみたいなことが多いじゃん」と言います。 するとシロさんが「その ひょんなことからのひょんってなんなんだ」とひょんの意味について尋ねます。 ケンジは「ひょん?」と聞き、そこからひょんについて説明していました。 そのため、このようにアドリブのシーンが採用されたんじゃないかな?と思います。 もきゅもきゅほっぺのシロさんと幸せ笑顔のケンジが動いてる見れるの最高すぎて……だめだよ……ケンジ可愛すぎるし絶対最後のハーゲンダッツのいちゃつきはアドリブでしょ〜〜〜〜もうだめ〜〜〜〜誰だよこのキャスティングしたの〜〜完璧〜〜〜〜〜 — うに エンドゲーム最速で見るからな unicham333 寝る前にどうしても見たくなって、きのう何食べた?をテレ東のアプリで見た。 第7話ではシロさんが 風邪をひいて寝込んでしまうというシーンがありました。 自分は尽くすタイプなのに、普段はなにもさせてもらえない ケンジはここぞとばかりに張り切って看病します。 (献身的に介抱しながらも ウキウキした様子のケンジがあまりにも可愛すぎた!!) 風邪が治ったシロさんは、小日向からお見舞いの品をもらったからとお返しにお手製ケーキを焼き、そのケーキをケンジにも振る舞う。 実はそのお見舞いの品というのは、三谷まみのディナーショーのチケットだった。 ケンジは嫉妬から破ろうとする、するとすかさずシロさんが「ダメ!」と。 シロさんに「ダメ!」と言われたケンジは、 「じゃあ、チューして」とお願いする。 このシロさんとケンジのいちゃいちゃしていたシーン、ケンジがシロさんに言った「じゃあ、チューして」が アドリブっぽいと話題になりました。 卵焼きが思い通りにいかなくて半泣きのケンジ好き。 最後のチューしてのケンジ好き。 怒涛のケンジ回だった。。 — stdsk takeimegane 最後のチューしては、アドリブなのかなぁーと思うくらい、チケット奪取したシロさんの笑い声が素っぽくて和む〜 — もんさん Myo5y8Q19Ifzr9f ケンジが「じゃあ、チューして」と 言った後、シロさんを演じる西島秀俊さんが笑ったんですよね。 その西島秀俊さんが笑ったところを見て、 「あっ、ここアドリブだ」と思った方が多かったみたいです。 「きのう何食べた?」では、エンドロールが流れる ラストのシーンで、アドリブが多いみたいですね!今回紹介した「アドリブでは!?」というシーンは2つともエンドロールのところでした。 最後の最後にいちゃいちゃしているシーンが見れるので、視聴者は大興奮のまま終われるっていう(笑)そしてテンションが上がって夜なかなか寝付けないっていう(笑) アドリブが出るってことは、役を楽しんで演じているということの表れだと思います。 「きのう何食べた?」の原作ファンの方は、俳優さんが楽しんで演じてくれているのは嬉しいですよね! ようやく録画してた9話見れたー!!!長かった…早くもロスが怖い。 冷凍ご飯が少なめだからとお茶漬けを作るところ、原作でも大好きだから嬉しい。 家族のご飯作りは正直面倒で手抜きすることも多いけど、ここを読む度に一手間かけようと思うのよ…シロさん、愛に溢れてるよね…!! — おんぷ r3CwvNL0hmEv1gq 2019年6月12日 最終回が近付いてきて、「続編を放送してほしい!」という声が早くも出ているんだとか。 早くも 「ロスが怖い」という声もあるみたいです。

次の

「きのう何食べた?」シロさんのレシピ動画を配信! ほっこり癒されるおうち時間|テレ東プラス

いと ま きのう た

」 という原稿の 「きのう」を、 「キ/ノ\ウ」 と 「中高アクセント」で読んでいました。 実は これは間違い。 「きのう」 という言葉には 「2つのアクセント」があるのです。 それも 「品詞」によってアクセントが違うのです。 「キ/ノ\ウ」(中高アクセント=名詞) 「キ/ノウ」 (平板アクセント=副詞) なのです。 ですからこの場合の原稿は、 「きのう」が「(火事が)ありました」にかかるので、 「副詞」 として使われているので、 「キ/ノウ」 (平板=副詞) と読むべきでした。 逆に、 「名詞」として読む場合は、起伏型「中高アクセント」の、 「キ/ノ\ウ」 でいいのです。 具体的に言うと、 「火事があったのは、きのう。 」 と 「体言止め」される場合。 これは 「体言=名詞」ですから、「中高アクセント」になります。 これは「時制」を表す 「おととい」 という言葉にも 同じ区別があります。 まあ 文脈上、区別をつけにくいケースもあるのですが。 このアクセントの区別は『NHK日本語発音アクセント辞典』にも載っています が、 気付いていないアナウンサーが多いのではないでしょうか? なぜ、このようなアクセントの区別があるのか を考えてみましたが、 「名詞」は「主語」になることもあって、 「強調」される必要がある。 「平板アクセント」では強調ができない。 それで「中高アクセント」になっているのではないか。 逆に 「副詞」の場合は、後ろに来る言葉を形容するのだから、 あまり「中高アクセント」で強調されてぶち切れになっても困る。 「形容」するためには「繋がり」が必要。 つまり一体感。 そのため「コンパウンド」のように「平板アクセント」で、後ろと繋げるのではないか?というように、 実は「アクセント」には「意味上の違い」が表れていると考えるのですが、いかがでしょうか? (2012、10、22) 2012年10月24日 10:42.

次の