お悔やみ の 言葉 上司。 お悔やみの言葉を上司に言うこと|出勤・例文・会社・忌引き・葬式|終活ねっと

上司家族の訃報!お悔やみの言葉やメールの送り方を紹介

お悔やみ の 言葉 上司

6月 29, 2016 7月 29, 2019 このページでは、ビジネスシーンやプライベートでも使える「 友達や上司に伝える【お悔やみの言葉・例文】」についてご紹介しています。 突然の訃報 友達や上司の母親が亡くなったなどの訃報の連絡を受けたとき「お悔やみの言葉」を伝えますが、どのような言葉をかけてあげたらいいか、迷いますよね。 相手は突然、家族を亡くし落ち込んでいる事でしょう。 そんな時に、どんな言葉をかけてあげたらいいか?親しい友達に対してと上司などの目上の方に対してと、伝え方は様々です。 今回は、 葬儀や 通夜などで使う「 お悔やみの言葉」を 例文にして記載しますので参考にしてみてください。 追悼の言葉• お悔み基本フレーズ• 法事で使われるフレーズ 1.お悔み基本フレーズ まことにご愁傷さまです お悔みの基本フレーズ。 お力落としのないよう、お体にお気をつけください」 心からお悔やみ申し上げます こちらも葬儀や通夜で使うお悔みの基本フレーズ。 本当に急なことでしたね 葬儀の参列者が遺族にかける、ねぎらいの言葉。 急病など、一か月~二か月ほどで亡くなったような場合に使うフレーズ。 おだやかなお顔ですね 故人と対面した時に使うお悔みのフレーズ。 心からお悔やみ申し上げます」 本当にお体を大事にしていただかないと 長年連れ添った夫婦の一方が亡くなった場合など、遺された方を励ます言葉。 私でお役に立てることがあれば 遺族と親しい仲などの場合使える。 相手を思いやる気持ちを伝えるフレーズ。 心からお悔やみ申し上げます。 心ばかりですがご霊前にお供えください」 2.法事で使われるフレーズ 早いもので、もう一年になります 一周忌の法要で、喪主をつとめた者が使うフレーズ。 故人のことをお忘れにならずに、こうしてお集まりくださいまして、うれしく存じます」 ・ 月日がたつのは、早いものですね 法事でよく使われる言葉。 最後に 葬儀や通夜などで使う「お悔みの言葉」について記載しました。 遺された遺族に、どのように声をかけてあげたらいいか、迷いますよね。 アナタの気持ちが伝わるように、しっかり伝えてあげましょう ・.

次の

上司・先輩への異動・退職メッセージ文例16選!寄せ書きへの一言、送別・お礼の言葉!転職・結婚などシーン別に。

お悔やみ の 言葉 上司

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• お悔やみの言葉をお通夜や告別式に参列した際に述べることができたら良いのですが、近年は家族葬などが増え、葬儀後に訃報を知るケースが多くなってきています。 中にはきちんとお別れができず、気持ちが残ったままの人もいると思います。 ですが作法を守れば、葬儀の後日にお悔やみの言葉を伝えることはまったく問題ないのです。 ここからは、 葬儀後にお悔やみの気持ちを伝える方法を、いくつかわかりやすく解説します。 葬儀後のお悔やみの言葉の伝え方 葬儀の後日にお悔やみを述べたいと思った時、ご自宅へ 弔問することを考える方も多いと思います。 弔問は直接顔をあわせてお悔やみの言葉を伝え香典などをお渡しできるので、礼を尽くした手段ともいえますが、葬儀後の疲弊したご遺族をさらにわずらわせることにもなります。 葬儀後のご自宅への弔問はタイミングや持参するもの、または時間など、 ご遺族への気遣いを充分考慮しないといけません。 ここからはそのほかにも葬儀後のお悔やみの言葉の伝え方を、ポイントをあげていくつかご紹介していきます。 電話で伝える 葬儀後日の 電話でのお悔やみは弔問に出向くよりも迅速かつ簡単ではありますが、ご遺族の時間を一方的に拘束することを考えると、 タイミングを熟考する必要があります。 その場合はご遺族が深い悲しみの中にいる葬儀の直後は控え、気持ちが落ち着いた 忌明け頃に電話をするようにします。 お悔やみの言葉とともに故人の話を中心に、ご遺族へのいたわりの気持ちを優先し 長話しにならないようにしましょう。 また四十九日より以前に電話をするのであれば、後日の弔問の約束を取り付けるか、お悔やみの気持ちとして別途お供物やお花などを持参もしくは郵送することをおすすめします。 メールで伝える お悔やみの言葉はあくまでも 手紙か口頭で伝えるのが正式な作法です。 ですが最近は、親しい間柄またはビジネスの間柄であれば、双方にとって有用なメールやSNSが利用されるようになって来ています。 メールは早く手軽に気持ちを伝えるのに適したツールですが、お悔やみメールは親しい仲であっても くだけ過ぎないように配慮して、丁寧な言葉遣いで手短かに弔慰を伝えるようにしましょう。 絵文字や顔文字も控えるのがマナーです。 また件名には、誰からのメールかわかるように自身の名前を入れ、「お悔やみ申し上げます」と入れるようにします。 手紙で伝える 葬儀の後日に送るお悔やみの手紙は、喪家の慌ただしさが落ち着く 葬儀3日後ぐらいから初七日までの間に届くように出すのが理想的です。 それを過ぎて訃報を知らされた場合でも、聞いた時点からなるべく早めに送るようにしましょう。 また手紙はなるべく手書きが良いでしょう。 手紙に使う便箋は白無地縦書きを基本に、シンプルで控えめな色とデザインの便箋を選び、封筒も白無地の封筒を使用します。 お悔やみの手紙には、 香典に添付して郵送できるという利点があります。 その場合は、郵便局窓口で購入した大サイズの 現金書留封筒に不祝儀袋と手紙の封筒の両方を入れて発送するようにします。 以下の記事では現金書留での香典の送り方について説明しています。 ぜひご覧ください。 お悔やみの言葉で気をつけること そのほかにもお悔やみの言葉には、さまざまなルールがあります。 以下よりさらにくわしく説明しますので、ぜひ参考になさって下さい。 簡潔に伝える お悔やみの言葉は 簡潔に伝えることが肝心なので、手紙を書く場合も 頭語や時候のあいさつは省略します。 まずは本題である訃報に対する悲しみや驚きから始め、続けて葬儀に伺えなかったお詫びやご遺族の心身を気づかう言葉を述べます。 お悔やみで要点のみを手短かにまとめることは、ご遺族への最良の気遣いになります。 忌み言葉に気をつける お悔やみに関する文言にはNGワードが多くあります。 「しばしば」「くれぐれも」「重ね重ね」「追って」「再三」「たびたび」などは、弔事における忌み言葉です。 不幸が繰り返すことを思わせる 重ね言葉、 不幸が今後も続くことを思わせる言葉などは弔事では忌避されます。 また「死」「生」「死ぬ」「生きる」「死亡」「苦」などの 生死に関する直接的な表現、「四」「九」などの 死を思わせる言葉も使わないように気をつけましょう。 宗教用語に気をつける 日本の葬儀は多くが仏式で行われますが、キリスト教式、神式など、その他の宗教になると仏教とは死の概念が異なります。 そのため、 仏教でのお悔やみの言葉が他の宗教で使ってはいけない忌み言葉になり得ます。 キリスト教や神道において、「お悔やみ」「ご冥福」「供養」などの言葉は使用してはいけません。 キリスト教の葬儀では ご昇天をお祈り申し上げますと述べるのが適当です。 同様に神式においては 御霊(みたま)の平安をお祈り申し上げますのように述べます。 敬称について 弔電やお悔やみ文には、故人に対して通常より さらに丁寧な敬称を使うようにします。 以下より敬称の主なものをあげていきます。 父 : ご尊父様(ごそんぷさま)、お父上様、お父様• 母 : ご母堂様(ごぼどうさま)、お母上様、お母様• 夫 : ご夫君様(ごふくんさま)、ご主人様• 妻 : ご令室様(ごれいしつさま)、奥様• 祖父 : ご祖父様(ごそふさま)• 祖母 : ご祖母様(ごそぼさま)• 兄 : ご令兄様 (ごれいけいさま)、兄上様、お兄様• 姉 : ご令姉様 (ごれいしさま)、姉上様、お姉様• 弟 : ご令弟様 (ごれいていさま)、弟様• 妹 : ご令妹様(ごれいまいさま)、妹様• 息子 : ご令息様(ごれいそくさま)、ご子息様(ごしそくさま)• 娘 : ご令嬢様(ごれいじょうさま)、ご息女様(ごそくじょさま)、お嬢様 後日に伝える場合の例文 ここまでは葬儀が終わった後日、お悔やみの言葉を伝える方法やマナーについて例文を交えて説明してきました。 ここからは、 葬儀の後日受け取ったお悔やみの言葉へのお礼についてご紹介します。 お礼をする必要はあるの? 葬儀後のお悔やみの言葉には、 受け取ったらすぐに お礼を出しましょう。 メールでお悔やみの言葉を頂いた場合は、メールによる返信でもかまいません。 親しい仲同士のメールであっても丁寧な言葉遣いを心がけ、 形式に則ったお礼文をお返しすることが大切です。 どんなお礼をすればいい? では葬儀後にいただいたお悔やみに対するお礼はどうすれば良いのでしょうか。 以下より例文をあげて具体的に解説します。 お礼状を送る 葬儀後にいただいたお悔やみの言葉へは、なるべく 手書きのお礼状を送るのが理想的です。 お礼状もお悔やみ文と同様に 忌み言葉に注意しつつ、いただいたお悔やみに対するお礼や生前の故人の事、これまでの感謝や今後のお付き合いを願う気持ちなどを交えながらしたためていきます。 香典や供物、供花とともにお悔やみを頂いた場合は、四十九日の忌明け後に挨拶文を付けて香典返しを贈ります。 お悔やみのお礼状は別途で、送り物が届いた旨をお知らせするためにも頂いたら1週間以内には送るようにします。 お礼状の文例• お悔やみの言葉とは、故人への弔意とご遺族への慰めの気持ちを表したものをいう。 お通夜・告別式などで伝えられなくても、後日お悔やみの言葉を伝えることができる。 葬儀後のお悔やみの伝え方として故人のご自宅へ弔問する方法が一般的。 だが弔問は葬儀後のご遺族にとって大きな負担になるので、充分に配慮する。 葬儀の後日電話でお悔やみを伝えるのならば、忌明け後がおすすめ。 特に親しかったりビジネスの間柄の場合は、メールでお悔やみの言葉を伝えるケースも増えている。 その場合は砕けすぎず丁寧な言葉遣いを心がける。 葬儀後に送るお悔やみの手紙は、葬儀3日後から初七日までの間に着くようにする。 お悔やみの手紙は現金書留用封筒で、香典とともに郵送できる。 お悔やみの文は頭語などを付けず、いきなり本文のお悔やみの言葉から入るようにし、短く簡潔に要点のみをまとめる。 また「しばしば」「くれぐれも」などの重ね言葉を含む「忌み言葉」を使わないように注意する。 「お悔やみ申し上げます」「ご冥福をお祈りいたします」は仏教用語なので、キリスト教式や神式の場合は使わないよう気をつける。 また故人の敬称には注意する。 葬儀後にいただいたお悔やみの言葉には、なるべく手書きのお礼状を送るのが理想的。 香典返しに付けて送る忌明けの挨拶状とお悔やみのお礼状は違うもの。 大切な人を亡くしたばかりの人に対しては、その人の時間を奪わないよう配慮し、丁寧な言葉で接するという昔の人の考えが現代を生きる私たちにも理解できます。 今も昔も変わらない思いを大切にしていきたいですね。 「終活ねっと」では、弔事におけるあいさつの言葉に関して詳しく解説した記事を多数掲載しています。 あいさつの言葉について知りたい方は、ぜひそちらの方もご覧ください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

上司に「お悔やみ申し上げます」と伝えても良い?お悔やみの言葉のマナー

お悔やみ の 言葉 上司

お悔やみの言葉をメールで伝えることは略式であるため、相手の方に失礼にあたらないように配慮をする必要があります。 しかし、どのようなケースであればお悔やみメールを送ってもOKなの? お悔やみメールにはどんなことを書けばいいの? お悔やみメールで気をつけることは? など、わからないことがたくさんあると思います。 こちらではそんな疑問を解決するために、 会社の上司に送るお悔やみメールについて詳しく解説していきます。 お悔やみメールを送ってもいい場合とは? 本来、お悔やみの言葉は直接お会いして伝えるもののため、お悔やみメールはあくまでも略式であることはご説明しました。 そのため、お悔やみメールを送っても良いのは、 親しい間柄の相手や仕事関係の相手、遠方に住んでいる相手などになります。 たとえば、仕事の取引相手や会社の上司・同僚など仕事関係の方の場合、普段からメールのやりとりをする機会が多いため、メールで訃報を受け取るというケースもありえます。 訃報をメールで受け取った場合も、お悔やみメールを送っても問題ないとされています。 メールで訃報を知ったら、早めにお悔やみのメールを送るようにしましょう。 お悔やみメールにはどんなことを書くの? 実際にお悔やみメールを送る場合、どのようなことを書けばいいのでしょうか? 突然の訃報の際にも困らないように、 お悔やみメールのポイントを押さえておきましょう。 お悔やみの言葉• メールという略式で送ることをお詫びする言葉• ご遺族を気遣う言葉 上記のような内容を盛り込んだ文章にすることが大切です。 お悔やみメールで気をつけること お悔やみの言葉をメールで送る場合には、気をつけることがいくつかあります。 お悔やみメールは相手の方の顔が見えない分、細心の注意を払う必要があるのです。 タイトルは簡潔に お悔やみのメールであるとわかるように、 メールのタイトルは簡潔にしてください。 仕事関係のメールなど、1日に何十通というメールを受信している場合もあります。 タイトルを見ただけで要件がわかるように配慮をすることが大切です。 タイトル例は以下の通りです。 重ね言葉・繰り返す言葉 再び・重ね重ね・ますます・たびたび・くれぐれも・いよいよ・まだまだ・追う・続いて• 不吉な言葉 苦しみ・辛い・迷う・浮かばれない• 宗教用語に気をつける 意外と知らないのが、宗教による用語の違いではないでしょうか? よく耳にする「冥福」「成仏」「供養」などは仏教用語であり、その他の宗教では使用しません。 お悔やみの言葉は、 宗教や宗派により異なるため注意が必要です。 神道 仏教用語である「冥福」には「死後の幸福」という意味があり、「死後の幸福を祈る」という意味で「ご冥福をお祈りいたします」というお悔やみの言葉があります。 しかし神道では、亡くなった後にその家の守り神になると信じられているため「冥福」や「供養」という言葉を使用することはありません。 神道では、「御霊(みたま)のご平安をお祈りいたします」といった言葉を伝えるのが良いでしょう。 キリスト教 キリスト教では、亡くなった後に仏や神になるという考えはなく、神様のもとへ召されると考えられています。 またキリスト教の一部では、亡くなった後は必ず天国に行けると信じられているため、 そもそも死後の幸福を意味する「冥福」を祈る必要がないのです。 キリスト教では、「安らかなお眠りをお祈りいたします」「天に召された〇〇様の平安をお祈りいたします」といった言葉を伝えるのが良いでしょう。 敬称について お悔やみメールでは、 故人への敬称にも気を配るようにしましょう。 お悔やみメールに用いられる敬称と書き方についてみていきます。 ここまでは、上司に送るお悔やみメールについて解説してきましたが、こちらでは逆に 上司からお悔やみメールが来た時の対応についてご紹介いたします。 お悔やみメールに返信は必要? 上司からお悔やみメールをいただいた場合、相手の方のお気持ちに感謝をする意味でも、 お礼のメールを返信したほうがいいでしょう。 ただ、身内に不幸があった場合の葬儀の準備や香典返しなど、やらなければならない事が山ほどありとても忙しくなります。 そのため、お悔やみメールに対してもすぐには返信ができないケースがほとんどだと思います。 まずは無理をせずに、やれることから進めていきましょう。 メールへの返信は、通夜・葬儀が無事に済んだことへのご報告を兼ねて、 後日お返事を送るかたちでも問題はありません。 どんな返信をすればいいの? 上司からのお悔やみメールへの返信には、 お心遣いをいただいたことへ感謝する言葉を入れるようにします。 こちらでは、お悔やみメールではなく 上司に直接掛けるお悔やみの言葉についてご紹介いたします。 出勤時のお悔やみの言葉についてや例文をご紹介いたします。 出勤時のお悔やみの言葉について 忌引き明に出社してきた上司に、どのような言葉をかけるべきなのかと頭を悩ますケースは多いと思います。 まずは、 相手の方(上司)のお気持ちを第一に考えることが大切です。 そして自分の立場をわきまえ適切な声かけができるように心がけてください。 お身内を亡くされて間もないため、心の傷が癒えていない場合もあります。 長く会話をするのではなく、 簡潔に伝えるほうが相手の方にとっても良いでしょう。 お悔やみの言葉の例文 上司に掛けるお悔やみの言葉として一般的な例文は以下のようになります。 お悔やみメールとは、亡くなった故人への哀悼の気持ちを示すために用いられるもの。 お悔やみメールは略式であり、本来は直接お悔やみの言葉を伝えるのが正式なマナーである。 お悔やみメールを送っても良いのは、親しい間柄の相手や仕事関係の相手、遠方に住んでいる相手などである。 お悔やみメールには、お悔やみの言葉・メールという略式で送ることをお詫びする言葉・ご遺族を気遣う言葉を盛り込むようにする。 お悔やみのメールだとわかるように、わかりやすく簡潔なタイトルにする。 氏名や具体的な情報を入れるのが良い。 お悔やみメールを送る際には、「不幸が重なる・不幸が繰り返す」などを連想させる重ね言葉(繰り返す言葉)や、不吉な言葉、生死に関係する言葉を使わないようにする。 「冥福」「成仏」「供養」などは仏教用語のため、その他の宗教では使用しない。 お悔やみの言葉は、宗教や宗派により異なるため注意が必要。 神道では「御霊(みたま)のご平安をお祈りいたします」といった言葉を伝えるのが良い。 キリスト教では「安らかなお眠りをお祈りいたします」「天に召された〇〇様の平安をお祈りいたします」といった言葉を伝えるのが良い。 お悔やみメールでは、故人への敬称にも気を配るようにする。 上司からお悔やみメールをいただいた場合、相手の方のお気持ちに感謝をする意味でも、お礼のメールを返信したほうが良い。 通夜・葬儀が無事に済んだことへのご報告を兼ねて、後日お返事を送るかたちでも問題はない。 上司からのお悔やみメールへの返信には、お心遣いをいただいたことへ感謝する言葉・ご心配とご迷惑をお掛けしたことへのお詫びの言葉・職場に復帰できる時期なども盛り込むと良い。 忌引き明に出社してきた上司にお悔やみの言葉をかける際には、相手の方(上司)のお気持ちを第一に考え、自分の立場をわきまえた適切な声かけができるように心がけるようにする。 お身内を亡くされて間もないため、心の傷が癒えていない場合もある。 長く会話をするのではなく、簡潔に伝えるほうが相手の方にとっても良い。 丁寧に頭を下げながら伝えるようにする。 上司に送るお悔やみメールについての疑問が解決されたのではないでしょうか? お悔やみメールを送る際の参考になれば幸いです。 「終活ねっと」ではこの他にも、お通夜や葬儀に関する記事を多数ご用意しております。 以下の記事では、お通夜でのやり取りについて詳しく解説しておりますので、こちらも合わせてご覧ください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の