女性 き 切除 と は。 2月6日は女性性器切除(FGM)根絶の日: 15~19歳のFGM被害者の34%は医療従事者による施術 女の子の権利侵害には変わりない

女性性器切除

女性 き 切除 と は

きわめて強い社会的な規範に支えられ、家族はその害を知っていても自分の娘にFGMを受けさせていることが少なくありません。 FGMを受けた女の子や女性は、出血が続き、感染症や不妊、死のリスクにさらされます。 女子と女性の人権侵害であるとともに、健康面及び精神面で長期的な影響を及ぼすFGM根絶にむけて、ユニセフはパートナーとともに活動しています。 FGM根絶の日 毎年2月6日は、国際女性性器切除(FGM)根絶の日(ゼロ・トレランス・デー)です。 FGMの処置を受けさせるために、嫌がる娘を無理やり病院に連れてきた母親と、処置を断る医者が描かれている。 「医療的な観点からみると、FGMは女の子を最も傷つける行為である」という文が、この絵の横に添えられている。 世界30カ国の少なくとも2億人の女の子たちや女性たちがFGMを経験している。 うち、半数以上が3カ国(インドネシア、エジプト、エチオピア)に集中している• FGMを経験した2億人以上のうち、15歳未満の女の子は4,400万人。 現在の傾向が続けば、2030年までに、さらに1億5,000万人の15〜19歳の女性がFGMを受けることになる見込み• FGMを受ける女の子は多くの場合、5歳の誕生日を迎える前に受けている• FGMは、女性と子どもの権利の侵害である• 2008年以降、20カ国の1万5,000以上のコミュニティで、FGMを廃止するという公式宣言が出された。 2015年時点で5カ国(ケニア、ウガンダ、ギニアビサウ、ナイジェリア、ガンビア)がFGMを違法とする法案を可決している。 FGMに関する統計が存在する国でも、多くの人がFGMを廃止すべきと考えており、この慣習に対する非難が広まっている 出典:• ストーリー• 関連動画.

次の

CiNii Articles

女性 き 切除 と は

きわめて強い社会的な規範に支えられ、家族はその害を知っていても自分の娘にFGMを受けさせていることが少なくありません。 FGMを受けた女の子や女性は、出血が続き、感染症や不妊、死のリスクにさらされます。 女子と女性の人権侵害であるとともに、健康面及び精神面で長期的な影響を及ぼすFGM根絶にむけて、ユニセフはパートナーとともに活動しています。 FGM根絶の日 毎年2月6日は、国際女性性器切除(FGM)根絶の日(ゼロ・トレランス・デー)です。 FGMの処置を受けさせるために、嫌がる娘を無理やり病院に連れてきた母親と、処置を断る医者が描かれている。 「医療的な観点からみると、FGMは女の子を最も傷つける行為である」という文が、この絵の横に添えられている。 世界30カ国の少なくとも2億人の女の子たちや女性たちがFGMを経験している。 うち、半数以上が3カ国(インドネシア、エジプト、エチオピア)に集中している• FGMを経験した2億人以上のうち、15歳未満の女の子は4,400万人。 現在の傾向が続けば、2030年までに、さらに1億5,000万人の15〜19歳の女性がFGMを受けることになる見込み• FGMを受ける女の子は多くの場合、5歳の誕生日を迎える前に受けている• FGMは、女性と子どもの権利の侵害である• 2008年以降、20カ国の1万5,000以上のコミュニティで、FGMを廃止するという公式宣言が出された。 2015年時点で5カ国(ケニア、ウガンダ、ギニアビサウ、ナイジェリア、ガンビア)がFGMを違法とする法案を可決している。 FGMに関する統計が存在する国でも、多くの人がFGMを廃止すべきと考えており、この慣習に対する非難が広まっている 出典:• ストーリー• 関連動画.

次の

アフリカの多くの国では女性器の陰核を切除する驚きの習慣が

女性 き 切除 と は

他国の文化を調べると、知らない事だらけだなといつも思うし、驚いてしまう。 それは日本の文化と比べて物事を判断しているからで、本人達に取っては当たり前の事なんだろうけど、それでも尚受け入れる事が出来ない文化や慣習っていうのは沢山存在する。 国の発展の具合で、文化を判断するのは不本意ではあるが、やはり途上国、新興国ではとんでもない話が多い。 その内のひとつエジプト。 ドイツのニュースにて報じられたニュースなのだが、 少女の女性器の陰核を切除する習わしがこの地にはあるのだが、手術後に少女が亡くなり、医療ミスという事で父が医師に訴えを起こしたが、裁判所で医師と父、両方に禁固刑が言い渡されるという事が起きた。 裁判の中身も、文化の理解も非常に難しいこのニュースを紹介していきたいと思う。 女性器の陰核切除? エジプトをはじめ主にアフリカ大陸の国々にある風習で、主に生後1週間から初潮前の少女に対して行われる儀式である。 もちろん現在も行われており、アフリカの人口増加に伴い、この行為を受けた人数は増えているそうだ。 人権団体や女性権利擁護団体等から非文明的であり、差別的行為であるとの指摘がされている。 幾つかの国ではこの行為を法で禁じる等と、改善の傾向に表向きにはみれるが、実際は法で禁止と定められても、きちんと管理、啓蒙出来ている地域は少なく、この風習がいまだ続いている。 何の為に続いているのか 主にアフリカの国では、婚姻者以外の男性と性的干渉を持つ事は重罪と考えられている地域が多いため、結婚までの純潔性や処女性を守る事が出来ると信じられてる。 また陰核部分の切除により、性的快感を失い、女性の性欲をコントロールする事が出来るという考えも伝わっている。 どうやって?? この切除には通常、伝統的な助産婦などに施される事も多く、勿論衛生面は保たれていないわ、麻酔は無いだのと、医療的概念が行き届いていない環境で行われている。 その際出血が伴うが、ガーゼで押さえる処置ならまだ良い方で、泥や灰などを用いて止血を行われる。 裁判に至るまでの経緯と背景 そのような行為がエジプトでも行われているのだが、2008年以降少女の女性器切除は法で禁止されている。 だが伝統を守るという意見のもと行う人も多い為、いまだ完全な廃止に至っていない。 特に今回問題になったのは診療所の医師がこの手術を行った事である。 死の原因 亡くなった少女は13歳で医師のもとで、2年前に同じく切除した姉の様に、陰核の切除手術を施された。 ただ衛生環境がととのった現場での死亡という事もあり、父親は医療ミスを指摘。 調査で考えられた死亡原因は、何らかの病原菌に汚染された、もしくは出血多量死であったが、司法の判決ではペニシリンのアレルギーが理由とされ、 この判決にユニセフからは少女が女性器切除による死亡の事実を隠すために用意された理由だと非難が出ている。 このペニシリンのアレルギーによる死亡説はこういった事件でたびたび用いられる理由であるため、毎年どのくらいの少女がこの切除により命を落としているか答えられる人はいないという。 罪の行方 裁判の結果だが、州の弁護士は、禁止されている切除手術を違反した事実のもと、医療ミスによる死亡に異議を唱える事ができず、 医師だけでなく、死亡した少女の父親にも責任が課せられる事となった。 二人は2年と3ヶ月の禁固刑もしくは7万円の罰金を言い渡された。 (ちなみにエジプトの平均年収は約20万円程である。 ) 少女の父親は判決後に、「彼女の陰核は切除しなければいけなかったのだ」と口にしていてたそうだ。 手術を受けた少女の数 ちなみにどのくらいの少女がこの切除手術を受けているかというと、エジプトの91%の女性が該当しており、他の国だとソマリアで98%、ジブチ共和国で93%、ケニアでは96%と、アフリカ大陸の多くの女性がこの切除手術を受けている。 EUの人権団体は、啓蒙活動を15年前から行っているが、考えがなかなか広まらい上、またイスラムの信徒会でも、女性器の切除行為を無くす努力が見られない等と、先がなかなか見えない現状だ。 やはり文明的な判断が出来る、メディア、裁判所、公的機関が、伝統をまもる立場になるのでは無く、公平に情報を伝えるようなにならないと、なかなか意志の浸透は難しいのではないかと思った。 宗教や歴史における伝統文化を絶やさない意志もわかるが、時代によって不必要に感じる伝統は形を変えていく必要があると私は思う。 伝統に固持した風習はどうしても、人の幸せとは整合性が取れず、おかしなものに私は見えてしまう。 自分の国に、こういった伝統が続いていない事は誇れる事である。 確かに日本人は伝統を蔑ろにしていると言えなくも無いが、私はそれで良いと思う。 でも日本人のアイデンティティについて考える事は人生にとって必要な事だなと最近思いつつある。 最後に他の国での反応はどうだったか、インターネットで反応を集めてみた。 一部抜粋して紹介したいと思う エジプトから遠く離れていることは素晴らしいこと。 だから、女性性器切除との闘いを支援することができる。 親が根拠の無い理由で子供の陰部に子供を取ることは、単純に信じられない。 みていてあそこが痛くなった こういった野蛮な行為はあらゆる手段を用いて根絶しなければいけない なんてクレイジーな伝統だ このような試練を小さな少女に与えるなんて愚かだ 中世以降、なんで血による自然淘汰が好まれているのだろう 人から教えてもらう価値観や規範が少ないと思われる 女性割礼は古いキリスト教からやってきたそうだよ すべての女の子はこのような運命から保護される必要がある コーランの教えとはなんなのだろう 女性の性的興奮を抑えるというのは因果関係が絶対ない キリスト教でも一部では伝統の為にやってるところもあるそうだよ このような人達と惑星上で一緒にいなければいけないのか でも切除する事による性的興奮は減るのかな。 あそこには神経がいっぱい通っている訳だし 非常にばかばかしいよ この切除の動画を見た事あるが、非常にお粗末で残酷な手術だったよ 世界には新しい宗教が必要なのだろうか? ここでイスラム嫌悪を持って来ないで欲しい。 ただの文化の違いの話で、迷惑を与えた話ではない なぜこういった伝統が続いていくのだろう。 spiegel. html js-article-comments-box-pager.

次の