沖縄 国立 大学。 琉球大学って 国立大だが 馬鹿だと言い張る先輩がいます。なぜか...

沖縄県の高校の国立大への進学実績ランキング|みんなの高校情報

沖縄 国立 大学

事業・イベント• 2020. 20 [イベント] R2教員免許更状新講習 事前課題意識調査票について R2教員免許更状新講習 事前課題意識調査票について、下記よりダウンロードしてご利用ください。 2020. 12 [イベント] 令和2年度 教員免許状更新講習」の開催および募集について 標記事業について、5月22日まで募集期間を延長することとなりましたので、お知らせいたします。 2020. また、募集要項下部の申込書の場合はFAXまた はメールにて送付してください。 申込に当たっては、開催要項をよく読みお申し込みをお願いいたします。 つきましては、日々の健康状態について別添の体調管理シートへご記入いただき、7月4日(土)の事業 参加の際に、担当者へご提出くださいますようよろしくお願いします。 また、マスク・体温計・コップまたはマイボトルについても各自持参となりましたので、ご協力よろしく お願いします。 すでにお申込みいただいている皆様につきましても、開催用要項および募集要項について最新版を掲載し ておりますので、再度ご確認をよろしくお願いいたします。 2020. 03 [イベント] R2. 応募者が多数の場合は、様々な年齢、地域、学校がら参加出来るよう、学年・性別・地域などを 考慮し、厳正な抽選を行います。 また、申込書の「無人島アドベンチャーキャンプの目標を記入 本 人直筆 してください。 申込みの際は開催要項をよく読み、お申し込み下さいますようお願い致します。 豊かな自然の中で、「水道、電気、トイレ、お風呂、家がない」など、想像が出来ない厳しい 環境で、各地域から集まった仲間たちと協力し、助け合いながら困難を乗り越え、大切な何 かを学ぶ。 トピックス• 2020. 17 [お知らせ] 【重要】新型コロナウイルス感染防止への対応について(お願い) 新型コロナウイルス感染防止への対応について(お願い) 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 平素より,当青少年交流の家の利用につきましてご理解とご協力をいただき厚くお礼申し上げます。 さて,新型コロナウイルス感染拡大防止のため,当施設では5月31日まで臨時休業とし,6月1日より再開いたしましたが,施設の利用を再開するにあたり,当面の間,利用団体の皆様に施設運営についてご理解いただきたいこと,感染症対策としてお願いしたいことを別紙にてご案内させていただきます。 つきましては,団体内の皆様に周知していただいたうえで,施設をご利用ください。 なお,今後,変更事項等が発生しましたら,ホームページにてご案内いたします。 利用者一人一人のご協力が必要な状況ですので,何卒ご理解ご協力いただきますようよろしくお願いいたします。 国立沖縄青少年交流の家 所長• 2020. 04 [お知らせ] 令和3年度 常勤職員募集(新卒者・既卒者対象)について 国立青少年教育振興機構では、令和3年4月採用の常勤職員を募集しています。 2020. 01 [お知らせ] 【重要】利用制限解除のお知らせ 利用制限解除のお知らせ 時下,皆様におかれましては,ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 また,平素より当青少年交流の家をご利用賜り,厚く御礼申し上げます。 新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が解除されたことを踏まえ,6月1日以降,宿泊利用を含め当青少年交流の家の利用制限を解除いたします。 なお,「新型コロナウイルス感染防止の対応」(別途通知)による利用再開となりますので、ご協力ご理解をお願いいたします。 国立沖縄青少年交流の家 所長• 2020. 30 [お知らせ] 【重要】ご家族および少人数団体の宿泊利用について 国立沖縄青少年交流の家では、令和2年度からご家族の宿泊利用期間について、11月から2月の期間とさせていただくこととなりました。 また、少人数団体の宿泊利用については、下記のとおり一部期間において制限させていただくこととなりましたのでお知らせいたします。 誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。 2020. 27 [お知らせ] 【重要】令和2年4月1日付け貸切バス料金の改定について(消費税増税に伴う改定) とかしき観光バス合同会社より、消費税増税に伴い令和2年4月1日付けでバス料金の改定を行う旨 お知らせがございました。 改定料金については、別添のPDFデータをご確認ください。 2019. 29 [お知らせ] 消費税増税に伴う食事料金の改定について 標記のことについて、別紙のとおりお知らせいたします。

次の

九州地区国立大学法人等職員採用試験事務室

沖縄 国立 大学

北海道 [ ]• (札幌市北区)• () 東北 [ ]• (、)• (宮城県仙台市青葉区)• () 東京都 [ ]• (、)• (文京区)• (府中市)• (、)• (文京区)• (、)• (港区) 関東(東京都以外) [ ]• (茨城県つくば市)• (茨城県つくば市)• (神奈川県〈〉) 中部 [ ]• (新潟県)• (新潟県)• (石川県)• (静岡県)• (、)• (愛知県)• (愛知県名古屋市)• (愛知県) 近畿 [ ]• (滋賀県)• (、)• (京都府京都市)• (京都府京都市左京区)• (、)• (大阪府)• (兵庫県)• (奈良県奈良市)• (奈良県)• () 中国 [ ]• () 四国 [ ]• (徳島県)• () 九州 [ ]• (福岡県)• (福岡県)• (鹿児島県) 沖縄 [ ]• () かつて存在した国立大学 [ ] 4年制大学 [ ]• - 現在の筑波大学の前身• - 現在は筑波大学と併合• - 現在の九州大学芸術工学部の前身• - 現在の神戸大学海事科学部の前身• - 現在の東京海洋大学海洋工学部の前身• - 現在の東京海洋大学海洋科学部の前身• - 現在の山梨大学医学部の前身• - 現在の富山大学医学部・薬学部の前身(薬学部は、1975年に富山大学から富山医科薬科大学に移行、2005年に富山大学に復帰)• - 現在の福井大学医学部の前身• -現在の大阪大学外国語学部の前身• - 現在の島根大学医学部の前身• - 現在の香川大学医学部の前身• - 現在の高知大学医学部の前身• - 現在の佐賀大学医学部の前身• - 現在の大分大学医学部の前身• - 現在の宮崎大学医学部の前身 短期大学 [ ] 「」も参照• 4年制大学に改組• - 北見工業大学の前身• - 筑波技術大学の前身• - 図書館情報大学(現・筑波大学図書館情報学群)の前身• 高等専門学校に改組• - 長岡工業高等専門学校の前身• - 宇部工業高等専門学校の前身• - 久留米工業高等専門学校の前身• 大学の学部に包含• - 宇都宮大学工学部の前身• - 富山大学芸術文化学部の前身• 医療技術短期大学部を医学部保健学科等に改組• - 北海道大学医学部保健学科の前身• - 弘前大学医学部保健学科の前身• - 東北大学医学部保健学科の前身• - 秋田大学医学部保健学科の前身• - 筑波大学医学群看護学類・医療科学類の前身• - 群馬大学医学部保健学科の前身• - 新潟大学医学部保健学科の前身• - 金沢大学医学部保健学科の前身• - 信州大学医学部保健学科の前身• - 岐阜大学医学部看護学科の前身• - 三重大学医学部看護学科の前身• - 名古屋大学医学部保健学科の前身• - 京都大学医学部保健学科の前身• - 大阪大学医学部保健学科の前身• - 神戸大学医学部保健学科の前身• - 鳥取大学医学部保健学科の前身• - 岡山大学医学部保健学科の前身• - 山口大学医学部保健学科の前身• - 徳島大学医学部保健学科の前身• - 九州大学医学部保健学科の前身• - 長崎大学医学部保健学科の前身• - 熊本大学医学部保健学科の前身• - 鹿児島大学医学部保健学科の前身• 夜間部に改組• - 小樽商科大学夜間主コースに改組• - 室蘭工業大学夜間主コースに改組• - 山形大学工学部夜間主コースに改組• - 福島大学経済学部夜間主コース(現・人文社会学群夜間主コース)• - 茨城大学工学部夜間主コースに改組• - 群馬大学工学部夜間主コースに改組• - 埼玉大学経済学部夜間主コースに改組• - 千葉大学工学部二部に改組• - 電気通信大学夜間主コースに改組• - 新潟大学経済学部夜間主コースに改組• - 富山大学経済学部夜間主コースに改組• - 岐阜大学工学部夜間主コース(2007年廃止)に改組• - 静岡大学工学部夜間主コースに改組• - 静岡大学人文学部夜間主コースに改組• - 名古屋工業大学工学部II部に改組• - 滋賀大学経済学部夜間主コースに改組• - 京都工芸繊維大学工学部夜間主コースに改組• - 大阪外国語大学夜間部(現・大阪大学外国語学部)に改組• - 和歌山大学経済学部夜間主コースに改組• - 岡山大学法学部夜間主コースに改組• - 山口大学工学部夜間主コースに改組• - 徳島大学工学部夜間主コースに改組• - 香川大学経済学部夜間主コースに改組• - 九州工業大学II部に改組• - 長崎大学経済学部夜間主コースに改組• - 琉球大学夜間部に改組 外地の旧制大学 [ ]• - 現在のの前身。 韓国が日本統治時代に日本の帝国大学の一つとして設立されていた。 - 現在のの前身。 台湾が日本統治時代に日本の帝国大学の一つとして設立されていた。 - 現在のの前身。 を租借経営中に日本の官立大学の一つとして設立されていた。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

沖縄県の国公立大学一覧【スタディサプリ 進路】

沖縄 国立 大学

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2014年3月) 沖縄科学技術大学院大学 設立 2011年11月1日 学長 (、) 研究ユニット数 59 教員数 61名 職員数 813名 予算 198億円(2014年度) 状況 (23年)設置認可 (23年)学校法人設立 学校種別 が運営資金を提供する特別な 設置者 本部所在地 字谷茶1919番地1 : キャンパス メインキャンパス 沖縄県国頭郡恩納村字谷茶 シーサイドハウス 沖縄県国頭郡恩納村字恩納 ホームページ 沖縄科学技術大学院大学(おきなわかがくぎじゅつだいがくいんだいがく、: Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University OIST )とは、字谷茶に本部を置くを有するである。 2019年、質の高い論文数で世界な研究機関をランキング付けするNature Indexの正規化ランキングにおいて、世界9位と評価された。 (同ランキングにおける東大の順位は40位) に基づく学校法人沖縄科学技術大学院大学学園により運営され、予算のほぼ全額を政府からの補助金に拠っている。 現在は、、・、、・・、・、、に大別される7分野で学際的な研究を行っている。 沿革 [ ] 沖縄科学技術大学院大学の設置に向けた歩みは、に(、)(当時、2013年から本学理事を務め、2018年)が沖縄に国際的な大学院大学を設置する構想を提唱したことに端を発する。 その後、構想検討会及び国際顧問会議における検討を経て、5月、30周年記念式典において、(当時)が設置構想の推進を表明するに至り、続いて、同年7月に策定された沖縄振興計画において、本構想が沖縄振興施策の柱の一つに位置付けられた。 4月には大学院大学の建設予定地として恩納村が選定され、2004年2月に本構想の先行事業となる研究事業Initial Research Project IRP として、4件のプロジェクトが選定された。 3月、大学院大学構想の推進主体を設立する独立行政法人沖縄科学技術研究基盤整備機構法が成立し、同年9月に同機構が発足した。 機構の理事長には受賞者のが就任した。 7月には、が可決成立した。 同法により、大学院大学の設置主体として、が設立されることとなった。 10月の認可を経て、11月1日付で学校法人沖縄科学技術大学院大学学園 Okinawa Institute of Science and Technology School Corporation が成立した。 名称は、同じく学校法人であるとは異なり「学校法人」が正式名称に入る。 恩納村におけるキャンパスの整備については、3月より造成工事が進められ、翌2008年、第1研究棟とセンター棟の建設が着工した。 3月に同施設の供用が開始され、それまでの研究施設で進められてきた研究活動は恩納村に移転した。 大学院大学 [ ] 大学院大学は2012年9月に最初の学生34人(うち日本人は5人)を受け入れた。 一人の教員が少人数の学生を指導する体制となる。 教員及び学生の半数以上は外国人となり、教育研究は英語で行われる。 学生には研究生活に必要な支援が提供され、研究に集中できる環境が整えられる。 また、博士課程においては、授業とラボ研究のバランスが重視される。 キャンパス [ ]• メインキャンパス 沖縄県国頭郡恩納村字谷茶1919番地1 恩納村キャンパス全体の敷地面積は約222ヘクタール、内メインキャンパスは約80ヘクタールである。 シーサイドハウス 沖縄県国頭郡恩納村字恩納7542番地 国際ワークショップやセミナーの用途に用いられる。 旧・白雲荘。 研究者及び研究ユニット [ ] 大学院大学には、(生理学・医学賞)受賞者のを始め、著名なが複数在籍している。 日本を代表する生物学研究の第一人者であるや、・の分野において優れた業績を挙げ、2011年度のを受章した、著名な物理学者で、播磨研究所のX線自由電子レーザー施設「SACLA」におけるCバンド主加速器の建設を統括した等が名を連ねている。 大学院大学では、、・、、・・、・、、に大別される研究分野において研究が行われており、現在59の研究ユニットが発足している。 研究ユニットを率いる教員は以下のとおりである。 ゴードン・アーバスノット 行動の脳機構ユニット• マヘッシュ・バンディ 構造物性相関研究ユニット• トマ・ブーギニョン 進化ゲノミクスユニット• トーマス・ブッシュ 量子システム研究ユニット• ピナキ・チャクラボルティー ユニット• ケシャヴ・ダニ フェムト秒分光法ユニット• エリック・デシュッター 計算脳科学ユニット• 銅谷 賢治 神経計算ユニット• エヴァン・エコノモ ・複雑性研究ユニット• イエジュン・フォン 電子・量子磁性ユニット• エリオット・フリード 数理力学と材料科学ユニット• 福永 泉美 知覚と行動の神経科学ユニット• グスタボ・ジョイア 連続体物理学研究ユニット• イゴール・ゴリヤニン 生物システムユニット• 氷上 忍 物理学ユニット• 石川 裕規 免疫シグナルユニット• ジュリア・クスヌディノワ 錯体化学・ユニット• 河野 恵子 膜生物学ユニット• 統合オープンシステムユニット• デニス・コンスタンチノフ 量子ダイナミクスユニット• ベアン・クン 光学ニューロイメージングユニット• 楠見 明弘 膜協同性ユニット• パオラ・ラウリーノ タンパク質工学・進化ユニット• ニコラス・ラスカム ・遺伝子制御システム科学ユニット• 丸山 一郎 情報処理生物学ユニット• 政井 一郎 神経発生ユニット• アレキサンダー・ミケェエブ 生態・進化学ユニット• ジョナサン・ミラー 物理生物学ユニット• 御手洗 哲司 海洋生態物理学ユニット• ヤーシャ・ネイマン 量子重力ユニット• シーレ・ニコーマック 光・物質相互作用ユニット• 岡田 佳憲 量子物質科学ユニット• ファビアン・パウリー 量子輸送と電子状態理論ユニット• ヤビン・チー エネルギー材料と表面科学ユニット• ダニエル・ロクサー 分子遺伝学ユニット• マリンゲノミックスユニット• 佐瀨 英俊 植物エピジェネティクスユニット• ニック・シャノン ユニット• エイミー・シェン マイクロ・バイオ・ナノ流体ユニット• 新竹 積 量子波光学顕微鏡ユニット• ウルフ・スコグランド 構造細胞生物学ユニット• ムックレス・イブラヒム・ソーワン ナノ粒子技術研究ユニット• グレッグ・スティーブンズ 理論生物物理学ユニット• 髙橋 智幸 細胞分子シナプス機能ユニット• 田中 富士枝 生体制御分子創製化学ユニット• 谷 淳 認知脳ロボティクス研究ユニット• ゲイル・トリップ 発達神経生物学ユニット• アナスタシヤ・ツヴェットコヴァ 多様体のトポロジーとジオメトリーユニット• マリルカ・ヨエ・ウーシサーリ 神経活動リズムと運動遂行ユニット• ディヴィッド・ヴァン・バクター 神経結合の形成と制御研究ユニット• 渡邉 寛 進化神経生物学ユニット• ジェフ・ウィッケンス 研究ユニット• マティアス・ウォルフ 解析ユニット• 細胞シグナルユニット• G0細胞ユニット• 杉山(矢崎) 陽子 の神経メカニズム研究ユニット• 横林 洋平 ・工学ユニット• イェ・ジャン 生体模倣ソフトマターユニット 大学院大学の運営 [ ] 役員・副学長 [ ] 役員 [ ]• :学長(元会長)• ロバート・バックマン:首席副学長、副理事長(元 アソシエイツ・ディレクター)• 岡本信一:監事(元参事官)• 上原良幸:監事(元、副会長) 副学長 [ ]• ロバート・バックマン:首席副学長 技術開発イノベーション担当• :プロボスト(先端治療法部門最高責任者)• :研究担当ディーン(元教授)• ウルフ・スコグランド:研究科長• ミリンダ・プロヒッタ:教員担当学監(元物理学部・天文学部長• :最高執行責任者(常務理事・初代副学長• ティム・ダイス:情報技術担当副学長兼最高情報責任者(元実験粒子物理学グループ研究コンピューティング マネージャー)• 芝田政之:財務担当副学長(元理事・副学長・事務局長、元理事・事務局長)• 永瀬智:人事担当副学長(元タイ人事部門責任者)• アリ・ガンジロー:施設管理担当副学長(元リヤドオフィス ジェネラル・マネージャー)• ゲイル・トリップ:大学コミュニティ支援担当副学長• ジョナサン・レイ:広報担当副学長(元記者、元コミュニケーション・広報部副ディレクター)• 松下正:法務担当副学長兼統括弁護士(元、、、 執行役・独立取締役) 理事会 [ ] 学校法人の意思決定機関としてが設置されている。 理事会は大学院大学の学長を選任し、学長は学校法人の理事長を兼務する。 大学の日常的な運営は理事会より学長に委任されている。 さらに、理事会は、学園の副理事長を兼ねる大学院大学の上級副学長を任命する。 初代学長兼理事長には国際的な物理学者であり、(旧スタンフォード線形加速器センター)名誉所長のが就任している。 理事 [ ]• :議長(技術公共政策学名誉教授、物理学教授、元科学局長、受賞)• :副議長(元、元議員、元総長、元理事長、、会長)• 安仁屋洋子:理事(名誉教授)• ロバート・バックマン:理事(沖縄科学技術大学院大学副理事長)• :理事(ジェームス・S・マクドネル物理学 )• :理事(公衆衛生大学院 特別教授、特別教授、元理事)• :理事(教授、受賞)• セナパティ・ゴパラクリシュナン:理事(Axilor Ventures 会長、元(ダボス会議)共同議長)• ピーター・グルース:理事長(沖縄科学技術大学院大学学長、元会長)• :理事(名誉教授、受賞)• :E(理事長、総長特別参与・教授)• :理事(理事、元CEO直属シニア・ディレクター)• 小谷元子:理事(材料科学高等研究所 研究所長、受賞)• ヴィジェイラガバン・クリシュナスワミ:理事(首席科学アドバイザー)• :理事(客員教授、元会長、元、医学部学部長)• :理事(名誉所長、受賞)• :理事(研究開発戦略センター長、元理事長、受賞)• :理事(理事長、元、元)• アルブレヒト・ワグナー:理事(名誉所長) 評議員会 [ ] 評議員 [ ]• 安仁屋洋子:理事兼任(名誉教授)• :理事兼任(元、元議員、元総長、元理事長、、会長)• (学長、元学長)• :プロボスト(先端治療法部門最高責任者)• エリック・デシュッター(沖縄科学技術大学院大学 教授会議長)• 土肥義治(高輝度光科学研究センター理事長)• ラルフ・アイヒラー(前学長)• アリ・ガンジロー:施設管理担当副学長(元リヤドオフィス ジェネラル・マネージャー)• フレデリック・ギルマン(物理学部ブール理論物理学教授)• 平澤泠(名誉教授、経営協議会委員、未来工学研究所理事長)• キース・ホジソン(化学学部長)• 梶山千里(学長・理事長、前総長)• 川上好久(理事長、元副知事)• ナセル・カゼミニ(ナショナル・エスニック・コーリション・オブ・オーガニゼーションズ(NECO)会長)• 益戸正樹(内閣府沖縄振興審議会委員)• 松本良(名誉教授、研究知財戦略機構特任教授)• (村長)• 永瀬智:人事担当副学長(元タイ人事部門責任者)• 東良和(代表取締役会長)• リー・ジェームス・オリオーダン(アイルランドハイエンドコンピューティングセンター(ICHEC)コンピュテーションリサーチサイエンティスト)• ピーチ・ケン:戦略担当シニアアドバイザー(量子治療癌研究所名誉教授)• ミリンダ・プロヒッタ:教員担当学監(元物理学部・天文学部長• ジョナサン・レイ:広報担当副学長(元記者、元コミュニケーション・広報部副ディレクター)• 芝田政之:財務担当副学長(元理事・副学長・事務局長、元理事・事務局長)• (名誉顧問、前総長、前理事長、前沖縄振興審議会会長)• ウルフ・スコグランド:研究科長• デイヴィッド・スウィンバンクス (オーストラリア会長、代表取締役副社長)• 高安藤(元広報・文化担当補佐官)• (元本部事務次長、ガイアコンタクトCEO)• (副知事)• ゲイル・トリップ:大学コミュニティ支援担当副学長• アルブレヒト・ワグナー:理事兼任(名誉所長)• 和宇慶江理子(園長)• 山崎秀雄(理学部長)• フィリップ・ヨー(元経済開発庁長官)• :最高執行責任者(常務理事・初代副学長• ユルゲン・ツェルナー(シュティフトゥング・シャリテ エグゼクティブ・ボード) 予算 [ ] 大学院大学学園は沖縄科学技術大学院大学学園法の規定による特別なとして設置されている。 通常のでは、に基づく国による補助()が教育又は研究に係る経常的経費の二分の一以内の範囲で行われるが、当大学院大学では、同法に基づき、が予算の範囲内で運営費の二分の一を超えて補助できることとされている。 当初は全額に近い補助が行われることが見込まれるが、同法施行から10年後に財政支援の在り方について見直しが行われることとなっている(同法附則第14条)。 2011年度の政府からの補助金の総額は約119億円であり、これに加え、研究助成金、受託研究、寄付金等による外部資金を獲得している。 脚注 [ ] []• (平成23年4月) 文部科学省• 関連項目 [ ]• JAIST• NAIST• SOKENDAI• GRIPS 外部リンク [ ]•

次の