いい返事を期待しています 英語。 「期待する」の英語表現!ビジネスで使える便利なフレーズ8選!

事務連絡で、「お返事をお待ちしております。」という場合、We l…

いい返事を期待しています 英語

Contents• 返信の際に送る、書き出しの一文は重要! ビジネスで相手からメールをもらった時、書き出しに悩んだことはありませんか? 書き出しに戸惑ってしまうと後のメールがうまく続かないこともよくあるでしょう。 しかし日本語の返信と同様にいくつか使える英文メールの表現をストックしておくと、いざという時に便利です。 今回は短い表現からよく使えるフレーズまで、一文ごとに散りばめながら書き出し表現をマスターできる構成にいたしました。 ぜひ参考にしてみてください。 英文メールの返信に使える返信の例文集21選 Thank you for your reply. 訳:ご返信、ありがとうございます。 こちらの一文は、英文メールの返信に使えるベーシックな表現です。 まずはこの一文からしっかり覚えましょう。 Your quick response is much appreciated. 訳:早めにご返信をいただけますと助かります。 丁寧な英語の表現でよく使われるので、覚えておきましょう。 I am glad to receive a feedback from you immediately. 訳:フィードバックをすぐにいただけると嬉しいです。 I am deeply honored to receive your response immediately. 訳:すぐに返信をいただけると、大変助かります。 I want to thank you for sending me an immediate response. 訳:早速お返事いただき、ありがとうございます。 ややカジュアルな表現になりますが、親しみを込めた感じのニュアンスを伝えることができます。 I truly appreciate your urgent response about the email I sent to you last time. 訳:先日メールをさせていただいた件で、すぐにお返事をいただき感謝しております。 このようによく登場する表現は、フレーズ単位で覚えておくと、便利です。 I would like to express my gratitude for your immediate attention and response. 訳:すぐにお返事、関心をいたただけましたことについて心より感謝申し上げます。 丁寧な英語表現として、ぜひ覚えておいてください。 proceed with our transaction, apply some changes in our business proposal. 訳:(私たちの業務を遂行するために/ビジネスの提案で変更をお願いするために)早急なご返信をいただけますと幸いです。 Your immediate response on this matter will be greatly appreciated. 訳:あなたからすぐにお返事いただけますと助かります。 I am looking forward to get a response from you soon. 訳:お早めのご返信をお待ちしております。 文頭に強調表現をもってくるか後ろにもってくるかは文章のバランスによりますが、文末にもってきて締めることで、やや柔らかい文章になります。 I would like to get your confirmation immediately if possible. 訳:可能でしたら、すぐに確認書をいただけると助かります。 I would truly appreciate your urgent response on this matter. 訳:この案件に関して、早急にお返事いただけますと大変助かります。 強調表現として効果的ですし、文章にリズムが生まれるので、ぜひ使ってみてください。 I am requesting to get a reply from you as soon as possible. 訳:できるだけ早くお返事をいただけますよう、お願いいたします。 Please send me your response as soon as you read this email. 訳:メールをご覧いただけましたら、なるべくお早めにお返事いただけますと幸いです。 I am sorry for my late response regarding the email that you sent me last time. 訳:あなたが先日お送りいただいたメールに対してのご返信が遅くなり、失礼いたしました。 I apologize for sending my reply on a later time. 訳:お返事が遅くなってしまったこと、お詫び申し上げます。 I apologize for any delay in my response. 訳:お返事が遅くなり申し訳ございません。 こちらの一文は短文ながら、ややや応用表現となります。 My apology for the latency of my reply. 訳:お返事が遅れている件があり、申し訳ございません。 英文メールではよく登場する表現です。 Please excuse my late response on this matter. 訳:本件に関してメールが遅れており、申し訳ございません。 表現の幅を増やす中で、少しずつ慣れていきましょう。 I am truly regretful for sending a late reply regarding the email I received from you. 訳:あなたから頂いたメールの返信が遅れておりまして、申し訳ございません。 少し長文になりますので一見複雑に見えますが、これまでご紹介してきたフレーズが一文のところどころに散りばめられているので、実際にはさほど難しくはありません。 基礎表現を積み上げて、このような文章が自然に出てくるように頑張っていきましょう。 訳:お返事が遅くなり申し訳ございません。 次回以降このようなことがないよう、くれぐれも気をつけます。 一文をカンマで区切った表現。 まずメールの返信が遅れていることをお詫びした上で、カンマ以降は「次回はそのようなことがないよう気をつけます」と自身を戒めています。 あらゆるシーンで使えます。 まとめ 以上、今回は英文メールの返信に使える返信の例文集21選をご紹介いたしました。 短い文章からちょっと長めの文章までさまざまでしたが、英文メールを作成する際「この一文のどこを強調しようか?」と考えながら作成するクセをつけると、文章力がぐんとアップします。 文頭から意図を伝えるのか、文末に強調表現を添えるのか、あるいは副詞で文中に入れるのかなど、その時によってポイントは変わりますが、常に意識しながら作ることで表現のバリエーションが増えていくことでしょう。

次の

「いい加減」の3つの意味と使い方、語源、類語、反対語、英語

いい返事を期待しています 英語

英語では結論を最初に言うことが好まれますが、それは英文メールでも同じです。 書き出しでメールの目的をはっきりさせると、文章全体がすっきり読みやすくなります。 突然連絡するときや忙しい相手に連絡するときには、恐縮する気持ちも書き添えると丁寧な印象を与えます。 英文メール例文) I am writing to ask for information about your new products. そちらの新製品について伺いたくてご連絡しました。 Sorry to write out of the blue, but I wanted to let you know the renewal opening of my shop. 突然で恐縮ですが、私のお店の新装開店についてお知らせしたくてご連絡しました。 Might I take a moment of your time, but I would like to inquire about your new project. お時間をいただき恐縮ですが、そちらの新事業についてお伺いいたします。 既にメールのやり取りが進行していて相手に返信する場合などは、それまでのやり取りについて軽く触れて書き出しの挨拶をするのが自然です。 いくつか例文をみていきましょう。 英文メール例文) Thank you for contacting to me. ご連絡いただきありがとうございます。 Thank you for getting back to me so quickly. 迅速なご返信ありがとうございます。 I'm sorry for my late reply. 返信が遅くなり申し訳ございません。 Sorry it's been so long time since my last email. しばらくご連絡が滞り申し訳ございません。 I'm sorry to bother again so soon, but I would like to ask you one more question. 度々ご連絡して恐縮ですが、もう一つ質問がございます。 相手の調子や様子を気遣う挨拶で英文メールを始めることもできます。 初めてメールを送る相手より、すでに知っている相手に送る場合におすすめの書き出しです。 それでは、いくつか例文をみていきましょう。 英文メール例文) I hope you had a good weekend. よい週末を過ごされましたか。 How are things? いかがお過ごしですか。 I hope you are well. お元気でお過ごしのことと思います。 3パターンの書き出しの挨拶をご紹介しましたが、状況に合わせてこれらを合わせて使うこともできます。 例えば、「お元気でしょうか?」と相手の様子を伺った後に、「今回ご連絡したのは〇〇のためです。 」とメールの目的を書いても自然な文章になります。 まずは、相手から情報を聞きたいときや、ファイルを送ってほしいときの表現です。 例文でご紹介します。 英文メール例文) I would appreciate it if you could provide me with the quarterly results. 四半期の業績を教えていただければありがたいです。 Could you kindly let me know whether you can send me the file? そのファイルを送っていただけるか、教えていただけますでしょうか。 Could you please send me updated data? 更新されたデータをいただけますでしょうか。 Is there any chance you could inform me of your schedule by tomorrow? 明日までにご都合を教えていただくことは可能ですか。 続いて、謝罪の気持ちを伝えるための表現です。 メールだけでなく、他のビジネスシーンでも使えるように定型文として覚えておくと、いざという時役に立ちますよ。 英文メール例文) I would like to apologize for any inconvenience caused. ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。 Please accept our sincere apology for your disappointment. ご期待に沿えなかったことをお詫び申し上げます。 I'm sorry, but I will take a day off on the day. 申し訳ございませんが、その日は休暇の予定です。 相手からの英文メールの内容をきちんと把握できなかった場合、「恐らくこういうことかな?」と推測で判断してしまうと、後々ビジネスで大きな問題につながりかねません。 相手のメールの内容を確認するための表現をみていきましょう。 英文メール例文) I'm afraid I don't quite understand what you mean. Would you mind providing more details? 申し訳ございませんがよく理解できません。 恐れ入りますがもう少し詳細をご教示いただけませんか。 Could you please clarify what you mean concerning the last question? 最後のご質問の意図をもう少し明確にしていただけないでしょうか。 You've lost me. Any additional information would be greatly appreciated. おっしゃることが理解できませんでした。 もう少し情報をいただければ大変ありがたいです。 ときにはメールの相手に苦情を入れなければならないこともあるでしょう。 そのようなときこそ、丁寧な表現を心がけつつ、こちらの意図をきちんと伝えることが大切です。 では、どのような言い方ができるのかみていきましょう。 英文メール例文) I'm afraid I was not very happy with your service. 恐縮ですが、そちらのサービスで満足いかないことがありました。 Unfortunately, the prototype was not really what I expected. 残念ながら、プロトタイプは私の期待通りではありませんでした。 I'm afraid I was not fully satisfied with your estimate. 恐れ入りますが、見積り内容に納得のいかない部分がございます。 次に、書き終わりの挨拶をみていきましょう。 こちらは、メール本文を締めるための一文です。 相手に何か対応をお願いする場合には、最後に改めて「よろしくお願いします」という気持ちを伝えて終わりましょう。 定型文をいくつかご紹介します。 英文メール例文) I would appreciate your immediate attention to this matter. 迅速にご対応いただければ幸いです。 If you require any further information, feel free to contact me. さらに必要な情報がございましたら、遠慮なくご連絡ください。 If you have any questions or concerns, don't hesitate to let me know. 質問や不明点がありましたら、遠慮なくご連絡ください。 I look forward seeing you soon. お会いできるのを楽しみにしています。 I look forward hearing from you soon. ご連絡をお待ちしております。

次の

「期待する」の英語表現!ビジネスで使える便利なフレーズ8選!

いい返事を期待しています 英語

「返事」の類語には、「返答」「返信」「回答」「応答」などがあります。 「返事」は、「はい」「いいえ」などの呼びかけや問いに対する短い答えや、手紙や依頼、招待などに対する答えを指し、口頭でも文面でも使います。 前者の意味(呼びかけや問いに対する短い答え)では、「応答」を類語として用い、後者の意味(手紙や依頼、招待などに対する答え)では、「返答」や「回答」を類語として用います。 「返答」と「回答」は、ともに「返事」に比べてやや堅苦しい印象を持ちますが、「返答」は主に口頭で使う言葉であるため、形式的な改まった文書などで使う場合は、「回答」を用いると良いでしょう。 これに対して、「返信」は手紙やメールなど、文章に文章で返す答えを指すため、口頭では使いません。 「良い返事」の敬語表現 「良い返事」を敬語表現するとき、「良いお返事」「良いご返事」と表現することができます。 「お」と「ご」はともに敬語表現ですが、一般的に大和言葉(和語)には「お」を用い、漢語(漢字を音読みする言葉)には「ご」を用いることが多いとされています。 たとえば、お汁、お靴、お池、ご都合、ご出産などがあります。 しかし、漢語には例外も多く、お掃除、お料理、お仕事など、生活に近しい漢語には「ご」ではなく「お」を使うものが多く見られます。 また、「返事」のように「お」と「ご」の両方を使うことばもあります。 これらは、漢語と大和言葉から受ける印象がそうであるように、一般的に「ご」を使うと堅苦しく、「お」を使うとやや親しく感じられるということから使い分けられている傾向が見られます。 「良い返事」の敬語での使い方 「良い返事」には、先に述べたように三つの意味があります。 中でも、三つ目の意味はビジネスシーンなど、敬語を多用するときに使われることが多いです。 そこで、「良い返事」の敬語での使い方について見ていきましょう。 敬語の種類 敬語には、相手の言動に敬意を示す尊敬語と、自分の言動をへりくだらせて相手に敬意を示す謙譲語、そして、相手を問わず敬意を示す丁寧語の三種類があります。 尊敬語では主に「~なさる」「~される」、謙譲語では主に「お~する」、丁寧語では「~です」「~ます」などが用いられます。 また、先ほど紹介した名詞につける「お」「ご」も敬語表現の一つです。 使い方 「良い返事」には「良い返事をする」「良い返事をもらう」の二パターンがあると述べました。 そこで、この二パターンについて、各敬語ではそれぞれどのように使うのか見ていきましょう。 まず、「良い返事をする」を尊敬語にすると、返事をするのは敬意を示す相手なので「良いご返事をされる」となり、謙譲語にすると、返事をするのは自分なので、それをへりくだらせて「良いご返事をいたす」となります。 また、丁寧語は、敬意を示す相手を問わないため「良いお返事をします」となります。 次に、「良い返事をもらう」を尊敬語にすると、返事をもらうのが相手なので「良いご返事をもらわれる」となり、謙譲語にすると、返事をもらうのが自分なので、「良いご返事をいただく」となります。 また、丁寧語は、「良いお返事をもらいます」となります。 メールでの使い方 メールでは、相手が返事(返信)を期待しているのか、そうでないのかの判断がつきにくいことがあります。 メールを送った方は返信を期待しているのに、送られた相手の方では、返信の必要はないと判断してしまったために、いつまでたっても返信がないということもあります。 そのため、相手からの返信が必要な場合には、誰が見ても返信が必要なことがわかるように、メール文に、はっきりと「ご返信をお待ちしております」と書く必要があります。 中でも、相手に何らかの依頼をするときは、単に「返信」とするのではなく、「良いお返事をお待ちしております」とするのが良いでしょう。 「良いお返事」とすることで、相手に承諾してほしいという思いを含ませることができます。 また、返信を依頼するときは、「お手すきのときに」などの遠慮がちな表現を使わず、はっきりと返信期日を示すようにしましょう。 こうすることで、返信のし忘れを防ぐことができます。 「良い返事」の敬語での使い方がわかったところで、次は、具体的な例文を見ていきましょう。 お待ちしております 「今年度限りで現所長が退職されるにあたり、来年度は、ぜひともあなたに所長を務めていただきたいと思っております。 突然のことで驚かれているかとは思いますが、良いご返事をお待ちしております。 」 ここでの「良い返事」は、相手に来年度の所長を引き受けてもらうことを意味します。 そして、「良い返事を待つ」のは自分であるため、敬語の中でも謙譲表現を用いて、相手に敬意を示しています。 ありがとうございます 「先生の専門分野から少し外れた講義内容の講師依頼だったにもかかわらず、良いご返事をいただき、ありがとうございます。 早速、学生に通知したところ、講義内容に関係なく、先生にご講義いただけるということが、学生たちの間で大変な話題となっているようです。 」 ここでの「良い返事」は、相手に講義の講師を引き受けてもらったことを意味します。 そして、「良い返事をもらった」のは自分であるため、ここでも謙譲表現を用いて、相手に敬意を示しています。 「良い返事」の別の敬語表現例 前向きな返事 「前向きな」には、次のような意味があります。 」のように敬語表現を用います。 色よい返事 「色よい」には、望ましい様子、好ましい様子などの意味があり、「色よい返事」には、提案や依頼などに対する、期待したとおりの返事という意味のほかに、交際の申し出などに対して、承諾をする返事という意味もあります。 「良い返事」の類義語として「色よい返事」を用いるときは、前者の意味がふさわしく、「部長直々のご依頼とあっては、色よいご返事をせざるを得ないでしょう。 」のように敬語表現を用います。 良いお返事がもらえますように.

次の