競艇 税金。 競艇の税金はいくらからかかる?ばれないと思っている人は危ない?!

競艇選手の年収・手取り・給与体系は? 月にどれくらい休みがある?

競艇 税金

高額な払戻金は申告しないと脱税になります 舟券で儲かった払戻金には税金が掛かるということをご存知でしょうか? 高額な払戻金があった場合は申告しなえればなりません。 競艇に限らず競馬や競輪などレースで得た払戻金は全て 一時所得とみなされます。 ですから、もし国税庁に摘発されれば 脱税と言うことになってしまいます。 例え、高額な払戻金があっても今までさんざん損をしてきたので、「これくらい儲かってもいいだろう!」「どうせバレやしない」と思っている人はいませんか? もし、無申告がバレて、それが悪質だと判断されれば 逮捕にもなりかねないので注意してください。 年間50万円以下ならば無税、でもハズレは経費になりません 一時所得の特別控除 一時所得については、その金額によって税金がかかります。 ただ、 年間50万円までは特別控除があるので、税金がかかりません。 ただし、それは1回50万円以下ではなく、一年間の合計金額ですから間違えないようにしてください。 一時所得とは競艇ばかりではありません。 競馬で儲かった分や懸賞に当たってもらったお金、更に保険が満期になって戻ってきたお金の合計ですからよく調べてください。 一時所得の必要経費 中にはギャンブルを投資と考え、使ったお金を全て必要経費と思っている人がいるかもしれませんが、認められるのは当たった舟券の購入金額だけです。 外れた舟券の購入金額は認められません。 ただ、宝くじだけは幾ら当たって高額のお金を得たとしても税金はかかりません。 宝くじだけは既に当選金額の中から40%の税金が支払われているからです。 ギャンブルの払戻金は主催者の経費や手数料が20〜25%のため税金が掛かるのです。 ただ、競艇や競輪、競馬などで1000万円以上の高額配当を得た人がいたとしても身分証などを提示することがないので、払い戻しに来た人が舟券を買った本人である確認ができず、記録が残ることがないことから 税務当局も摘発が出来ないことが多いようです。 実際、大半の人が申告していないことが会計検査院の調べでも分かっています。 ただ、あまり多くなるようだと宝くじのように払戻金が売り上げの60%になってしまうかもしれませんね。 ネット社会になると摘発され易くなる ネット購入時の税金 幾ら申告しない人が多いと言っても税金を払わなくていい訳はありません。 今は直接機械や窓口で舟券を買う人ばかりではなく、インターネット投票をするケースも増えていることから、ネットで買った舟券の的中履歴やお金が振り込まれる銀行口座を調べれば競艇の払戻金だということが直ぐ分かってしまいます。 また、払い戻したお金をそのまま銀行に預けて1000万円以上のお金を預ければ記録が残るので分かってしまいます。 見つからない様にタンス貯金をしていても数千万単位のお金が動き、サラリーマンがローンも使わずに家を買ったりすれば、お金の出所を探られることになります。 ネット社会では思わぬところから、当局に分かってしまうことが多いのです。 競艇の税金がいくらか計算してみる それでは、競艇などギャンブルで得たお金に対してどのくらい課税されるのでしょうか? 競艇の税金計算 勿論、儲かった金額や必要経費の額にもよりますが、計算式は 収入額から必要経費と特別控除額の50万円引いた金額の2分の1 が課税対象額になります。 その金額によって税率と控除額が変わってきますが、課税対象額に税率を掛けて控除額を引いたものに復興特別所得税の1. 021を掛けたものが所得税になります。 更に所得税のほかに約10%の住民税も課税されるのでその合計が支払う税額になります。 言葉で説明しても分かりにくいと思うので、実際に例を出して計算してみます。 例えば一年間に舟券で得た収入の合計が5000万円あったとします。 そして、その収入を得るために使った必要経費が2000万円なら、その金額と50万円の特別控除を引いた額の2分の1である1475万円が課税対象額になります。 この金額を全て税金として取られる訳ではなく、ここから税金の計算をします。 実際の税額が幾らか分かりましたか? そこに課税対象額が900万円〜1800万円の税率である33%を掛けて、そこから控除額である153万6000円を引き、更に1. 021を掛けた金額の340万1400円が所得税額になります。 もっと課税対象額が少なければ税率が低く、195万円以下の場合なら5%です。 ただし、競馬のWIN5のように何億円も払い戻し金額があったような場合は、最高税率の45%が適用されるので課税額がもっと高額になってしまいます。 更に、この所得税のほかに住民税も掛かります。 これは住んでいる地域で違いますが、大体課税対象額の10%ほどかかると思ってください。 このため、舟券で儲かった5000万円の税額は合計で480万円ほどになります。 課税対象額の3分の1も税金に取られてしまうのは取り過ぎのようにも感じますが、もし無申告で見つかれば、この金額の上に延滞料や所得を隠すために悪質な手段を講じたと見なされれば、更に重い重加算税を取られてしまうので充分に注意しましょう。 また、高額な払い戻しで浮かれていて、ついついお金を使い過ぎて申告の時に困らない様にしてください。 競艇に必勝法は回収率に注目 パチスロの場合、高設定の台をつかみ打ち続ければ回収率が100%超えれば勝つことができます。 競艇にしても同じことが言えます。 回収率100%を超える買い方 以下の回収率をご覧ください。 一番人気の3連単舟券を買い続けると回収率 75%• 1-2-3の3連単舟券を買い続けると回収率 85・1%• 回収率100%を超えるには 方法は2つ。 鉄板レースの3連単 1つ目は1-2-3が確実に来そうな 鉄板レースの3連単を買うこと。 1号艇にA級選手がいてまくられる心配がないようなレースですね。 インコースが凹むレースの3連単 もう一つは 万舟券のレースを見極める方法。 それはずばりインコース勢が凹むレースにチャレンジすることです。 インコース勢が凹むパターンとしては 4コース カドからのまくり・まくり差しのパターンが一番の狙い目。 先日のまるかめ競艇場 香川県中部広域競艇事業組合 51周年記念4日目5Rで 554,930円の超万舟券が出たレースもまさにそうでした。 4コースにはA1級の渡邉選手。 インを抑えてくることは明白でした。 結果、3号艇服部選手が犠牲になります。 2号艇もバランスを崩して外に。 5号艇、6号艇がそれぞれ空いたスペースに入ってレースは5号艇6号艇優位のまま展開していきました。 4コースが外からまくりを入れると大穴が出やすいわけです。 競艇予想サイトの買い目情報で学ぶ 実際には4コースのまくりを予想するのは素人では難しいです。 選手の得意技・気質、選手同士の関係もありますから。 つまり選手データがあると回収率がグンと上がります。 こうしたノウハウと選手の特徴・決まり手をデータで蓄積しているのが競艇予想サイトです。 予想サイトで無料提供される買い目が一番勉強になります。 大穴狙いをマスターするなら、買い目を見て実際に舟券を購入してレース結果を何度も繰り返し見ることが大切です。 以下は私が競艇予想サイト で購入した買い目(見事的中!)です。 徳山競艇 12月17日 (初日)10R 競艇予想サイトも多くなってきていますが信頼あるサイトを選びましょう。

次の

【脱税NG】競艇(ボートレース)にかかる税金と計算方法を紹介!バレたら逮捕?

競艇 税金

競艇の払戻金には税金がかかる! まず結論からいうと、競艇の払戻金には税金がかかります。 しかし、会社からもらうお給料やボーナスなどとは違い、税務署は競艇ファンの払戻金を把握できているわけではないので、自ら「いくら使って、いくら儲かりました」ということを申告して税金を納めなければいけません。 まずは、競艇の払戻金にかかる税金の仕組みについて解説していきましょう。 競艇の払戻金は通常「一時所得」と見なされる 競艇ファンが普通に楽しむような舟券の買い方であれば、払戻金として得た所得は税法上「一時所得」と見なされます。 一時所得とは「営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得」のことを言い、競艇も含めた公営ギャンブルの払戻金の他にも、懸賞や福引きなどによる賞金品、あるいは生命保険の一時金などが該当します。 ちなみに、宝くじの賞金についてのみ、法律により「非課税」と定められているので、所得税はかかりません。 「一時所得」として見なす場合の税額の計算方法 通常、会社員などが会社からもらうお給料やボーナスなどの所得には「所得税」という税金がかかります。 しかし、会社が所得金額等を計算して従業員に代わって納税をしてくれますから、従業員が税金について計算をしたり支払ったりの手続きをすることはありません。 しかし、「一時所得」については受け取った本人しか金額などを把握できないために、自ら「いくらお金が入りました」と申告し、お給料などの他の所得と合わせて所得税を計算しなければなりません。 これを「確定申告」といいます。 詳しくはこの後にご説明する計算方法の中で触れますが、競艇の払戻金を「一時所得」とする場合には、年間で50万円以上の利益を得たときのみ税金がかかるので、確定申告が必要となります。 「一時所得」にかかる税金の計算方法は、以下のような手順で算出されます。 所得税の課税対象は年間を通しての金額なので、「総収入金額」とは競艇で得たすべての払戻金の合計額、そして「収入を得るために支出した金額」とは、払戻金を得たすべての舟券(=的中した舟券)の購入金額の合計額となります。 つまり、舟券を購入する機会が100回あったとしたら、その100回分を合算して確定申告する必要がある、ということです。 「一時所得」の場合、ハズレ舟券は経費に算入できない 「ハズレの舟券の購入金額は経費に算入できないのか?」ということを疑問に思われる競艇ファンもいるかもしれません。 しかし、「一時所得」として確定申告する場合には、ハズレ舟券の購入金額は「収入を得るために支出した金額」には該当しません。 「一時所得」として考える場合には、あくまで的中した舟券の購入金額のみが、いわゆる経費として認められる、という点に注意しましょう。 「一時所得」の場合、50万円までは税金がかからない 「一時所得」にかかる税金を計算する際には「特別控除額」も見逃してはいけないポイントです。 「一時所得」の場合、50万円を特別控除として差っ引くことができます。 これはつまり、利益が50万円までであれば税金がかからないということであり、すなわち確定申告の必要がなくなる、ということです。 競艇の払戻金が「雑所得」に当てはまる可能性がある 先ほどまでは「競艇ファンが普通に楽しむような舟券の買い方であれば、払戻金として得た所得は税法上「一時所得」と見なされる」旨の説明をしてきました。 しかし、競艇の払戻金も購入方法などによっては「一時所得」ではなく「雑所得」に当てはまる可能性があります。 競艇の払戻金が「雑所得」と見なされる条件 競艇を含めた公営ギャンブルにおいては、払戻金を「雑所得」として確定申告した方が納税額が安くなることがあります。 そのため、人によっては「一時所得」ではなく「雑所得」として申告しようと考えるファンもいます。 ただし、国税庁のホームページを見ると、同じ公営ギャンブルである競馬の払戻金については、以下の場合に該当しないと雑所得としては考えられない、としています。 ここで重要なのは、「営利目的の継続性」が認められるか否か、です。 つまり、たまたま購入した舟券が的中した場合の払戻金については「雑所得」としては当然認められませんし、ある程度継続して購入したり、購入金額が大きかったとしても、それがビジネスであるとして国税庁あるいは裁判所に認められなければ、やはり「雑所得」ではなく「一時所得」と見なされます。 「雑所得」として見なす場合の税額の計算方法 「雑所得」にかかる税金の計算方法は、以下のような手順で算出されます。 大きく異なるのは、雑所得とすることでハズレ舟券も経費に含めることができる、という点です。 先述のとおり、払戻金にかかる税金を「一時所得」として確定申告する際、経費として算入できるのは的中した舟券にかかった金額のみでした。 それが「雑所得」と見なすことで、ハズレ舟券も経費に含めることができるようになります。 これにより最終的に支払うべき税金額を小さくすることができるのです。 ただし、「雑所得」として確定申告する場合には、「一時所得」の場合に適用される50万円の「特別控除」がなくなり、純粋に払戻金から舟券の購入費用をひいた金額に税率がかかることになります。 「雑所得」として認められる例が出てきた経緯 元々は競艇も含めた公営ギャンブルの払戻金は「一時所得」としてしか認められてこなかったのが、なぜ「雑所得」として認められる例が出てきたのでしょうか。 近年、パソコンでリターンの確率が最大となるような購入方法を割り出すプログラムを組み、大規模な量の組み合わせの馬券を自動的に購入して大きな利益を出すような競馬ファンが出現してきました。 この購入方法は、とにかく手数を広げて的中率を上げるという考え方で成り立っているので、払戻金が大きくなる一方で、必然的にハズレ馬券にかかる金額も大きくなります。 しかし、当初はそういったやり方であっても、先述のとおり払戻金は「一時所得」であり、経費として認められるのはあくまで的中した馬券にかかったお金のみ、と判断されてきました。 それではプログラムによる馬券購入により稼いできた競馬ファンは困ってしまいます。 ハズレ馬券が経費に算入できないとなると、せっかく大きな利益を稼ぎ出したのに、支払うべき税金の額も大きくなってしまうからです。 それに対して、とある競馬ファンが異議をとなえて裁判にまで持ち込み、最終的には競馬ファンの異議が認められるという結果に。 これにより、それ以降は上記のような条件により「営利目的の継続性」が認められる場合にのみ「一時所得」ではなく「雑所得」と見なされ、ハズレ馬券も経費として算入できることが認められるようになった、というわけです。 基本的には舟券の払戻金は「一時所得」として申告すべき 例外的に「雑所得」として認められることもあるとはいえ、やはり基本的には舟券の払戻金は「一時所得」として確定申告すべきでしょう。 なぜなら、先述のとおり「雑所得」として認められる条件はかなり限定されているために、もし「雑所得」として確定申告した場合、税務署などより説明が求められたり、あるいは「雑所得」として認められずに追徴課税が発生する可能性があるからです。 もちろん、これまで認められてきた事例をマネしてやれば「雑所得」として認めてもらえる可能性はありますが、最終的に判断するのは裁判所です。 事実、とある競艇ファンが自分の払戻金を雑所得であると申告、認められなかったために裁判に持ち込んだものの、棄却されてしまった事例も存在します。 こうなると本来の税金以上に裁判費用まで支払う必要が生じるために大きなマイナスとなってしまい、目も当てられません。 不要なリスクを避けるためにも、あくまで舟券の払戻金は「一時所得」であると考えておくと良いでしょう。 まとめ 今回は、競艇の払戻金にかかる税金について解説してきました。 まとめると、競艇の払戻金は基本的には「一時所得」として見なされますから、50万円以上利益が出ている場合には、きちんと確定申告をすべき、といえるでしょう。 もちろん、申告をしないからといって、すぐにバレて追徴課税されてしまう、ということは現実的にはあまりないと言えます。 とはいえ、もしバレてしまった場合には本来支払うべき税金よりも大きい金額を支払わなければいけません。 そのことを念頭において、確定申告に向き合ってみてはいかがでしょうか。

次の

【競馬と税金】誰よりも分かりやすく払い戻しにかかる税金を解説しているつもりで書いた記事【WIN5的中者要注意】

競艇 税金

給与の仕組み 高収入なイメージのボートレーサーですが、その給与のしくみはどうなっているのでしょうか?よく耳にする賞金の他に、どのような収入があるのでしょうか? ここでは、ボートレーサーの収入について紹介します。 年収はどれくらい? ボートレーサーの平均年収は、約1,600万円です。 もちろん誰もがこれほどの収入があるわけではありませんが、最低ランクのB2クラスのレーサーでも平均年収は約500万円といわれています。 トップレーサーになれば、年収は億単位になります。 実力次第でその年収が大きく変わる世界なのです。 ボートレーサーの収入には、着順による「賞金」と日当や宿泊費などの「賞金以外の収入」があります。 やはり大きな収入源となるのは賞金です。 賞金は勝ち上がるごとに割増となることが多く、SGやGIといった大きなレースになれば格段に高額になります。 上位のレーサーは、あっせんが多い上に、賞金の高額なレースに出場するため、自然と年収も高くなるのです。 賞金以外の収入 では、「賞金以外の収入」にはどんなものがあるのでしょうか。 まずは、様々な手当てがあります。 代表的なものが、前検日から最終日までの拘束日数に応じて1日あたりで支払われる日当です。 また、レースに出場することで出走手当が、賞金が出ない4着以下の選手には完走手当が支給されます。 他にも、ナイター競争時に支払われるナイター手当、荒天時に支払われる荒天手当、一般戦で節間無事故だった時に支払われる無事故手当などがあります。 手当ての他の収入としては、節間の全勝で支払われる金一封や開催競艇場までの交通費、協賛企業による参加賞などもあります。 これらの収入があることで、デビューしたばかりの新人などでも最低限の収入を得ることができるようになっているようです。 無収入になってしまうとき 比較的高収入なレーサーですが、常に安定して収入を得られるわけではありません。 その代表的なものがフライング休みです。 フライングや出遅れなどのスタート事故を起こしてしまうと、ペナルティとして、一定期間あっせん停止となります。 期間は1回のフライングで30日間であり、回数に応じて加算されていきます。 レースに出場していないので、もちろんその期間は無収入となります。 新人や若い選手にとっては致命的であり、この間に短期のアルバイトをして収入を得ることもあるようです。 その他にも、怪我により休養せざるを得ない場合があります。 この場合も収入はなくなりますが、レースに関係する怪我での休養であるため保障が適用されます。 これは日本モーターボート選手会が運営する事業の一つです。 ボートレーサーの休日 平均年収1,600万円といわれるボートレーサーの世界。 彼らにはどれくらい休日があるのでしょうか。 また、休日はどんな風に過ごしているのでしょうか。 休みと過ごし方について紹介します。 休みはどれくらい? ボートレースは年間を通して開催されており、オフシーズンがありません。 よって、選手がまとまった休みが取れることは少ないのです。 ボートレースの1節は、3日~7日で行われています。 選手は前日の前検日から専用宿舎で生活しなければなりません。 つまり1節に4~8日間拘束されることになります。 B2クラスの選手だとあっせんは月に1回程度ですが、トップレーサーになると、月に4~5回はあっせんがあるのでほぼ休みはありません。 休日の過ごし方 では選手はどのような休日を過ごしているのでしょうか。 持ちペラ制度が廃止される前は、グループでプロペラの研究をすることが多かったようです。 今は個人でプロペラは所有できなくなったので、そういうことはなくなりました。 とはいっても、実力が結果につながる世界ですから、休みといっても若手選手などは自主練習や研究に費やしたりしているようです。 一部の競艇場では、休みに練習ができるようにしているところもあります。 また、人気選手だと、イベントへの参加をしている選手もいます。 フライング休み 休みというならば、フライング休みも休みとなります。 フライング休みでは最低でも一カ月はレースに出場できません。 あっせんの少ない選手には収入面では大打撃となりますが、上位クラスの選手にとってはそうでもないようです。 上位クラスの選手はほとんど休みのない日々を送っています。 そんな彼らにとってフライング休みは貴重な休暇となるのです。 この機会に家族サービスをしたり旅行をしたりするようです。 まとめ ボートレーサーの年収には、賞金以外に様々な手当てが支給されています。 また、年収の高い選手ほど、休みがない中でレースに出場しています。 比較的高いとされる年収も、危険と隣り合わせの実力勝負の世界ということを考えれば大いに納得できるものですね。

次の