モンハン ワールド アイス ボーン ナナテスカトリ。 【MHWアイスボーン】ナナテスカトリの武器性能【モンハンワールド】|ゲームエイト

アイスボーン MRのナナテスカトリの出し方/出現条件・クエスト【モンハンワールド】

モンハン ワールド アイス ボーン ナナテスカトリ

ナナテスカトリは、青い炎を設置する性質を持つ。 この炎の上にいると、継続ダメージを受けてしまう。 クーラードリンクや熱ダメージ無効で対策できるので、必ずどちらかを用意していくこと。 水属性で消化可能 設置炎は、活性化前に水属性武器で攻撃すると消える。 しかし消せる範囲が狭く、次々に設置されるので非効率的。 そもそもナナテスカトリの最大弱点は氷属性なので、あくまで豆知識程度に覚えておこう。 対策しても設置炎には近づかない 設置炎は、ナナの炎に触れるか羽ばたきで燃え上がる。 この状態では、 クーラードリンクを飲んでもダメージを受ける。 さらに、 燃え上がる際に爆発して吹っ飛ばされるため厄介。 対策していても近づかないこと。 活性化すると弾と矢が弾かれる 活性化した設置炎は、弾や弓を弾く。 ナナ自身が設置炎付近に陣取ることも多いため、ガンナーは射線に設置炎を入れない立ち回りも要求される。 ガンランスの砲撃でも活性化 ガンランスの砲撃が当たると、設置炎は燃え上がってしまう。 砲撃主体でガンランスを使う場合は、より設置炎を警戒して立ち回ろう。 火属性攻撃でも活性化するが、ナナの弱点を考えると持っていくこと自体が無い。 ヘルフレアを最大限警戒する ナナテスカトリは、 前足か後脚にダメージが蓄積するとダウンする。 逆に頭部は部位破壊以外では怯みしか発生せず、肉質的にも特段柔らかいわけではない。 テオと同じ感覚で頭部を狙わないこと。 攻撃も回避しやすくなる ナナは頭部側に行う攻撃が多い。 脚付近なら比較的安全に戦えるので、そういった意味でも脚を狙うのがおすすめだ。 ナナの主な攻撃と回避方法 ナナテスカトリの主な攻撃まとめ 【注意】 設置炎 様々な攻撃で設置される炎。 継続ダメージを受け、ナナの攻撃と羽ばたきで爆発と共に活性化する。 【注意】 ヘルフレア 龍炎纏いが最大になると使う。 スリップダメージ技なので、独特な対処が必要。 【注意】 小規模ヘルフレア マスターランク個体の技。 頭部前方が範囲なので、脚側へ逃げよう。 【注意】 カウンター 威嚇するように青白く光って待機する。 攻撃するとビンタされ、放置すると龍炎纏いが進む。 回転ブレス 半回転しながらブレスを吐く。 射程が狭い代わりに広範囲なので、攻撃チャンスにはなりづらい。 ブレス 前方にブレスを吐く。 単純なので脅威度は低く、使用頻度も高くない。 ビンタ 前脚で殴る。 シンプルだが発生が早く、なかなか厄介。 尻尾 尻尾を左右に振り付ける。 テオよりも素早く、範囲が広い。 熱風 羽ばたいて前方広範囲に設置炎を撒く。 龍炎纏い中は攻撃が激化 他の古龍種同様、戦闘が進むと能力で自身を強化していく。 ナナの場合はテオと同じ龍炎纏いで、龍炎纏い中は攻撃が激化し ヘルフレアを使用してくる。 いつでもヘルフレアをしのげる準備をしておくこと。 設置炎の爆発を警戒する 設置炎が活性化する際の爆発は、見た目以上に範囲が広い。 1度当たってしまうと起き攻めの危険が伴うので、常に爆発を警戒しよう。 カウンターはハジケ結晶などで防ぐ ナナテスカトリは、 頭部を青白く光らせて威嚇する時がある。 一見するとスキだらけだがこれは罠で、攻撃するとビンタされる。 しかし放置すると龍炎纏いが強化されてしまうので、ハジケ結晶などをぶつけて怯ませるのがベスト。 テオと同じ予備動作に注意 テオと同じ予備動作でブレスと尻尾を繰り出すが、肝心のモーションがテオと違う。 ブレスは半回転し、尻尾は素早く範囲が広い。 テオの場合は攻撃チャンスだっただけに、迂闊に近づくと危険なので注意しよう。 荒地と溶岩は有用なカスタム強化素材が多いので、上げる過程で自然と出会えるはずだ。 ただし、 地帯レベルを7まで上げるまでにはMRを100まで上げる必要があるため、すぐには出会えない。 導きの地で討伐後フリクエ出現 導きの地でナナテスカトリを討伐すれば、フリークエスト「君との出会いは藍炎妃艶」が出現する。 素材集めの際は導きの地ではなくフリークエストや調査クエストをプレイしよう。 調査クエストも存在する マスターランクのナナテスカトリも、調査レポートの取得で調査クエストを出すことができる。 MRが50以上であれば、マルチで参加して調査レポートを出すことでも調査クエストを入手可能だ。

次の

アイスボーン マスターランクのナナ・テスカトリの出し方や防具性能【モンハンワールド】

モンハン ワールド アイス ボーン ナナテスカトリ

MHWになって恐ろしいほどすぐキレるようになったナナ・テスカトリ。 実はみなさん意外と知らない、ある理由が存在したのです。 致命的ミスです。 ) ======以下補足と裏話====== ==補足と裏話== 繁殖期は(はんしょくき)と読みます。 読みがなを付けるのを忘れていたので、ここに置いておきます。 実は今回、本来の予定よりも投稿が大幅に遅れた動画となります。 動画内で『繁殖期に凶暴になる身近な例』を載せようと、 さまざまな文献を探していたのですがいまいち確信に至るような記述がなく、 伝聞的なものでしか存在していなかったため、動画に乗せることが出来なかったのです。 そのため、一般的に凶暴になると言われている動物2種類を掲載し、 本来存在していた繁殖期についての解説をカットしています。 今回は絵師のくろあるさんより、 素敵なイラスト(比喩)を提供していただきました。 今回の趣旨を説明したところ、二つ返事で承諾していただきました。 本当にありがとうございました。 くろある: ================== **他制作物のご紹介** モンハン豆知識リスト... モンハン考察動画リスト... よろしくお願いいたします。

次の

【MHWアイスボーン】復帰勢も必見!今から始めるハンター生活

モンハン ワールド アイス ボーン ナナテスカトリ

下位 上位 剥ぎ取り - 炎妃龍の上鱗 炎妃龍の堅殻 炎妃龍の尻尾 炎妃龍の翼 炎妃龍のたてがみ 炎妃龍の宝玉 捕獲 - - 落とし物 - 炎妃龍の宝玉 ナナ・テスカトリの攻撃パターン・立ち回り 共通 ナナ・テスカトリはブレスなどの攻撃で地面に青い炎を出現させる。 青い炎が出現している地面に立つとHPがどんどん削れてしまうため、必ず当たらないようにしよう。 攻撃は火属性主体のため、火耐性を高めて、火属性やられになられないようにしておくとなおいい。 剣士 正面に立つとブレスに当たってしまうため、ナナ・テスカトリの背後に張りつこう。 距離を取ってしまうと、ブレス攻撃や飛びかかり攻撃を受けやすくなるため、常に密着する。 また後ろ足を攻撃し続けるとダウンを取ることができるので、剣士は後ろ足に張り付いて攻撃し続ける。 ガンナー 弾のダメージが通りやすい尻尾と頭を狙っていく。 フルチャージ、弱点特効などをつけて氷結弾や拡散弾でダメージを与える。 またエリア8では落石が狙えるため、石の下で眠らせて落石を狙っていきたい。 ナナ・テスカトリの攻撃パターン 注意すべき行動 ブレス ナナ・テスカトリのブレスは赤い通常のブレスと青いブレスが存在する。 青いブレスが放たれた地面は青い炎が出現し、当たるとHPが持続して減っていく。 赤いブレスはガードが可能だが、青いブレスはガードが出来ないため、注意しよう。 ヘルフレア 周囲に風圧と青い炎を発生させて後に大爆発を引き起こす大技。 対策としては「」を付けて素早く離れる、もしくは「」を使って一度キャンプまで逃げるのがおすすめ。 攻撃パターン一覧.

次の