メリルストリープ 映画。 メリル・ストリープ

メリル・ストリープおすすめ出演映画13選

メリルストリープ 映画

マディソン郡の橋 The Bridges of Madison County 監督 脚本 原作 『』 製作 クリント・イーストウッド 出演者 クリント・イーストウッド 音楽 主題歌 『DOE EYES(Love Theme From THE BRIDGES OF MADISON COUNTRY)』 撮影 編集 製作会社 、マルパソ・プロダクションズ 配給 公開 1995年6月2日 1995年9月1日 上映時間 134分 製作国 言語 製作費 2,200万ドル 興行収入 1億8,200万ドル 配給収入 23億円 『 マディソン郡の橋』(マディソンぐんのはし、原題: The Bridges of Madison County)は、1992年にで発売された( Robert James Waller)のを原作にした、1995年の。 とマルパソ・プロダクションズが製作し、が配給した。 がプロデューサーおよび監督、が共同プロデューサー、が脚本を務めた。 イーストウッドとが主演した。 批評的にも商業的にも成功し、世界中で1億8,200万ドルをあげた。 1996年、でにノミネートされた。 概要 [ ] アイオワ州の片田舎で出会った、平凡な主婦と中年のカメラマンの4日間の恋を描く。 世界的(およびロングセラー)となったロバート・ジェームズ・ウォラーによる同名小説(日本語訳・刊)を、が・・を務めて映画化。 この項目では主として映画について記載する。 をテーマにした大人のであり、米国のみならず世界的大ヒットを記録した。 撮影は、小説に描かれた実在の場所、アイオワ州に造られた特設セット『 フランチェスカの家』(Francesca's House)にて、延べ42日間に渡って行われた。 ストーリー [ ] 1989年の冬、フランチェスカ・ジョンソン(メリル・ストリープ)の葬儀を出すために集まった長男のマイケル(ヴィクター・スレザック)と妹のキャロリン(アニー・コーリー)が母の手紙と日記を読み始める場面からストーリーがはじまる。 「火葬にしてから灰を撒いてほしい」というもので、平凡だと思われていた母親の激しい恋を知ることになる。 1965年の秋、隣州での子牛の品評会に夫と子供たちが出かけ、4日間一人きりになった小さな農場の主婦フランチェスカ・ジョンソン。 ウィンターセットに点在する のひとつ、ローズマン橋を撮りにやってきたのカメラマン、ロバート・キンケイド(クリント・イーストウッド)はフランシェスカと出会い恋に落ちる。 橋まで案内し、帰りにアイスティーをごちそうする。 野の花をつんでくれた彼を夕食に招待する。 物静かさが夫たちとは違っていた。 翌日は新しいドレスを着たのを「息が止まるほどきれいだ」といい、二人は自然に結ばれる。 4日目の夜に「一緒に町を出よう」というのでトランクに荷物を詰める。 しかし、家族を捨てる訳にはいかないというと「これは生涯に一度きりの確かな愛だ」という。 夫を看取った後にロバートを探してみるが、出版社も辞めて消息は知れない。 ある日弁護士から遺品が届き、ロバートの遺骨がローズマン橋に撒かれたことを知る。 手紙やフランチェスカが手渡したネックレスとともに『永遠の4日間』という写真集が入っていた。 母の「せめて残りの身は彼に捧げたい」という遺志を理解した兄妹の手によって、橋から撒かれたフランチェスカの遺灰は風に乗って舞い落ちていった。 キャスト [ ]• ロバート・キンケイド -• フランチェスカ・ジョンソン -• キャロライン・ジョンソン - アニー・コーリー• マイケル・ジョンソン - ヴィクター・スレザック• リチャード・ジョンソン -• キャロライン(幼少期) - サラ・キャスリン・シュミット• マイケル(幼少期) - クリストファー・クルーン• ベティ - フィリス・リオンズ• マッジ - デブラ・モンク• ピーターソン弁護士 - リチャード・レイジ• ルーシー・レッドフィールド - ミシェル・ベネス スタッフ [ ]• 監督:• 製作:クリント・イーストウッド、• 原作: (イギリスで最初に出版された時の原題:Love in Black and White)• 脚本:リチャード・ラグラヴェネス• 音楽:• 撮影:• 編集:• 美術:ジャニール・クラウディア・オップウォール 日本語吹替 [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ソフト版 版 ロバート・キンケイド フランチェスカ・ジョンソン キャロライン・ジョンソン アニー・コーリー マイケル・ジョンソン ヴィクター・スレザック リチャード・ジョンソン ジム・ヘイニー• ソフト版:・・収録 その他吹き替え - 、、、、、、、、、 演出:、翻訳:進藤光太、録音・調整:金谷和美/新井保雄、制作担当:相原正之/中西真澄(プロセンスタジオ)、プロデューサー:貴島久祐子(ワーナー・ホーム・ビデオ)、制作:/プロセンスタジオ• 日本テレビ版:初回放送1999年2月5日『』 その他吹き替え - 、、、、、、、、、、 演出:、翻訳:岩本令、調整:田中和成、効果:、スタジオ:、制作担当:稲毛弘之(東北新社)、プロデューサー補:小林三紀子、プロデューサー:(日本テレビ) 製作 [ ] 経緯 [ ] "数年前、『』のロケ地を探してでに行ったことがある。 しかし人妻との運命的な出会いは全くなかった。 " — ロバート・キンケイド役のクリント・イーストウッド 1991年終盤、が創立した製作会社はロバート・ジェームズ・ウォラーの発売前の小説『マディソン郡の橋』の映画化権を25,000ドルで購入した。 映画公開前までにこの小説は世界中で950万部が売れた。 当初スピルバーグはを監督に選任し、カート・リュードックに脚本を担当させたが降板した。 とスピルバーグが2番目の脚本家にを連れてきたが、彼らは仕上がりに満足しなかった。 しかし3番目の脚本家であるの脚本はスピルバーグと、初期段階から主演を演じることが決まっていたイーストウッドが気に入り、スピルバーグの『』の次の作品として考慮された。 スピルバーグもイーストウッドもラグラヴェネーズのフランチェスカ視点での描かれ方を気に入り、フランチェスカの子供たちが成長して母の日記を発見して読むというを取り入れた。 スピルバーグがこの作品の監督をしないことになり、を監督に任命するとベレスフォードはアルフレッド・アーリーに脚本の草案を書かせたが、ワーナー、スピルバーグ、イーストウッドの全員がラグラヴェネーズの脚本の方を支持したためベレスフォードは降板した。 ウォラーはフランチェスカ役にを推薦した。 、、、、も候補に挙がっていたが、ロッセリーニが最適とされた。 スピルバーグは同調しなかったがイーストウッドは最初からを推薦していた。 撮影 [ ] アイオワ州ウィンターセットにあるローズマン・ブリッジ。 キンケイドはこの橋の撮影に訪れフランチェスカと出会う。 フランチェスカの遺言により彼女の遺灰が撒かれた場所でもある。 撮影は52日間の予定で行われたが、実際には10日早い11月1日に終了した。 イーストウッドはフランチェスカの視点を大事にし、時系列を追って撮影した。 イーストウッドはこれについて「それが重要なことだった。 我々は実際に俳優としても登場人物としても互いを知り合っていくのだから 」と語った。 アイオワ州の他、、そしてにあるベルズ・ミルズ橋でも撮影が行われた。 レイティング [ ] 当初フランチェスカの皮肉を込めた台詞によりR指定を受けたが、イーストウッドの嘆願によりPG-13となった。 公開 [ ] 興行収入 [ ] 1995年6月2日、1,805館で劇場公開された。 初週10,519,257を上げ、2週目の『』に次ぐ全米2位となった。 評価 [ ] 受賞• 映画テレビ音楽賞:• 最高興行収入映画賞• 日本 :• 外国作品賞• BMI映画テレビ賞:• BMI映画音楽賞 レニー・ニーハウス• 日本 :• 外国語映画監督賞 クリント・イーストウッド• 日本 :• 外国語映画賞 ノミネート• メリル・ストリープ• 劇場公開撮影功労賞• Japan :• 外国作品賞• フランス :• 最優秀外国映画賞• 映画女優賞 — ドラマ部門 メリル・ストリープ• 作品賞 — ドラマ部門• 主演女優賞 メリル・ストリープ• 1995年(02回)米国映画俳優協会賞候補• 1995年(50回)外国映画ファン賞受賞• 1995年(69回)ベストテン:第3位 ほか その他 [ ] フランチェスカの家について [ ] 撮影の特設セットである フランチェスカの家は、撮影終了後も保存、一般公開されていたが、2003年の放火で被害を受け、現在は一般公開されていない。 舞台化 [ ] 詳細は「」を参照 『マディソン郡の橋』はジェイソン・ロバート・ブラウン作詞作曲、マーシャ・ノーマン脚本によりミュージカル化された。 2013年8月1日、ウィリアムズタウンのウィリアムズタウン・シアター・フェスティバルにて初演された。 バートレット・シアが演出を担当し、エレナ・シャドウがフランチェスカ役、スティーヴン・パスケールがロバート役に配役された。 2014年1月17日、にあるジェラルド・ショーンフェルド・シアターにてがフランチェスカ役、スティーヴン・パスケールがロバート役、ハンター・フォスターがフランチェスカの夫バッド役に配役されプレビュー公演が開幕し、2月20日に正式に開幕した。 バートレット・シアが演出、マイケル・イヤガンが装置デザイン、キャサリン・ズベアが衣裳、ドナルド・ホルダーが照明を担当した。 においてオリジナル楽曲賞および編曲賞を受賞した。 脚注 [ ]• 1995年8月3日. 2015年11月9日閲覧。 110• 2011年8月19日閲覧。 Box Office Mojo. Internet Movie Database. 2015年11月9日閲覧。 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)544頁• film review; May 22, 1995. またの名をKissing and Wishing Bridgeといい、外部から見えない橋なのでいろいろなロマンスが生まれた。 1995年6月5日. 2015年11月9日閲覧。 bridgesofmadisoncountymusical• Hetrick, Adam. 2013年8月3日, at the. playbill. com, August 1, 2013• Hetrick, Adam. 2013年12月6日, at the. playbill. com, December 3, 2013• Hetrick, Adam. 2014年2月1日, at the. playbill. com, January 17, 2014• Gioia, Michael and Hetrick, Adam. 2013年12月2日, at the. playbill. com, November 26, 2013• Staff. 2014年3月21日, at the. playbill. com, February 21, 2014• Staff. 2014年6月9日, at playbill. com, June 8, 2014• TonyAwards. com 2014年2月18日. 2014年7月4日閲覧。

次の

メリルストリープの年齢身長プロフィール&娘や夫は?おすすめや最新作出演映画まとめ

メリルストリープ 映画

卒業時には、優秀な学生としてキャロル・ダイ演技賞を受賞した。 卒業後は、NYへ渡り、舞台女優としての経験を積む。 高い演技力が評価され、1977年に『ジュリア』でスクリーンデビュー。 1982年には『ソフィーの選択』でアカデミー賞主演女優賞を獲得した。 彼女はアカデミー賞に19回ノミネートされており、これは俳優として最多記録を誇る。 via Getty Images 【あらすじ・キャスト】 アメリカの有名な女流劇作家リリアン・ヘルマンの回顧録をもとにした本作。 監督はフレッド・ジンネマン(『ジャッカルの日』)、主演はジェーン・フォンダ(『パパが遺した物語』)、ヴァネッサ・レッドグレーヴ(『ディープ・インパクト』)が務める。 主人公リリアン(ジェーン・フォンダ)は、処女作の「子供たちの時間」を書いていたころ、旧友ジュリア(ヴァネッサ・レッドグローヴ)のことを思い出す..。 第二次世界大戦中のリリアンとジュリアの壮絶な友情関係、そしてリリアンの夫ダシェル(ジェイソン・ロバーズ)との愛を描いたヒューマンドラマ。 【見どころ・エピソード】 アカデミー賞で11部門ノミネート、3部門で受賞した1970年代の名作。 本作はメリル・ストリープのスクリーンデビュー作でアン・マリー役を演じている。 主要キャストではないものの、デビューしたてとは思えないほどの堂々たる演技を披露し、その存在感はバツグン。 監督はマイケル・チミノ(『ダーティハリー2』)、主要キャストにロバート・デ・ニーロ、クリストファー・ウォーケン(『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』など)を迎える。 休みの日には一緒に鹿狩りに行くマイケル(ロバート・デ・ニーロ)、ニック(クリストファー・ウォーケン)、スティーブン(ジョン・サヴェージ)の3人。 彼らはベトナム戦争で徴兵され、戦場へ向かうこととなる。 しかし、ベトナム軍に捕まり、捕虜となってしまう。 マイケルは、そんな収容所からの脱出をもくろみ、銃弾の数を増やすようにベトナム兵に申し出るが... ? 【見どころ・エピソード】 この映画の一番の見どころであるロシアン・ルーレットの狂気じみたシーンは、緊迫感にあふれ、ベトナム戦争の悲惨さを物語っている。 そんな作中で、メリルは3人が無事に帰還することを願う、リンダ役を演じている。 スクリーンデビュー前の彼女の舞台を見たロバート・デ・ニーロは、彼女の演技に惚れこみ、リンダ役に抜擢したそう。 ちなみに、2018年12月14日に本作の4Kデジタル修復版が全国で公開される。 ぜひこの機会に劇場へ足を運んでみては... ? 父と子の絆を描いた、胸を打たれる人間ドラマ『クレイマー、クレイマー(KRAMER vs. この作品は、アカデミー賞とゴールデングローブ賞の作品賞を受賞した。 家事や子育ては妻に任せきりで、家庭を顧みずに働いてばかりのテッド・クレイマー(ダスティン・ホフマン)。 妻のジョアンナ・クレイマー(メリル・ストリープ)は、そんな彼に耐えられず、離婚話を持ち掛け、家を出て行ってしまう。 家事や子育てをおろそかにしていたテッドは、仕事と子育ての両立に大苦戦。 家事に慣れ、ビリーとの親子関係も修復し、順風満帆の生活を送っていたある日、ビリーが大ケガを負い、気をとられているうちに仕事をクビになってしまう。 さらにジョアンナがビリーの養育権を要求してきて... ? 【見どころ・エピソード】 メリルは、監督から本作の出演オファーがあった際に、脚本を読んでいないのに引き受けることはできないと言い放ち、断ったとのこと。 しかし、のちに脚本を読み、自分の愚かさに気が付いた彼女は、監督に主演を演じさせてほしいと嘆願。 そんな経緯もあって、並々ならぬ覚悟で挑んだソフィー役。 メリルは、本作でアカデミー賞主演女優賞を獲得し、名女優への一歩を歩み始めた。 映画化も大成功をおさめ、300億ドル以上の興行収入を記録した。 監督は『素晴らしきかな、人生』のデヴィッド・フランケル、主演はメリル・ストリープとアン・ハサウェイ(『マイ・インターン』)が務めた。 ジャーナリストになるという夢を叶えるため、出版社で面接を受けるアンドレア(アン・ハサウェイ)。 しかし、その面接の採用先は、悪魔のようなカリスマ編集長ミランダ メリル・ストリープ が手掛けるファッション雑誌、『ランウェイ』の編集部であった。 こうして彼女は、ミランダのアシスタント職として働くこととなる。 田舎者でファッションとは無縁な生活を送ってきた一人の女性が、厳しい環境で揉まれながらも、夢を叶えるために奮闘し、成長を遂げるサクセスストーリー。 監督はフィリダ・ロイド(『サッチャー 鉄の女の涙』)、主演はメリルとアマンダ・サイフリッド(『TIME』)が務める。 ギリシャのエーゲ海に浮かぶ美しい島で仲良く暮らす親子のドナ(メリル・ストリープ)と娘のソフィ(アマンダ・サイフリッド)。 明日に結婚式を控えるソフィの夢は、バージンロードを父親と歩くことだった。 しかし、自分の父が誰なのかを知らない彼女は、夢を叶えるため、母ドナの昔の日記を盗み見、父親さがしを始める。 1970年代のイギリス。 父の影響で政治家を目指すマーガレット・サッチャーは、事業家のデニス・サッチャーと結婚し、双子の子供に恵まれ幸せな生活をおくっていた。 75年に保守党の党首に選出され、79年にイギリスで初めて女性首相となった彼女は、イギリスの財政を立て直そうと奮闘するものの、そのためには愛する家族を犠牲にしなければならず、苦悩の日々が…。 男社会の中で孤独に苦しみながらも、果敢に政治に行った「鉄の女」サッチャーと、それを陰で支え続けた夫のストーリーとは。 メリル・ストリープ(魔女役)、ジョニー・デップ(オオカミ役)、エミリー・ブラント(パン屋の妻役)、ジェームズ・コーデン(パン屋の主人役)、アナ・ケンドリック(シンデレラ役)と超豪華な俳優陣で、有名なおとぎ話のその後を描いた物語。 魔女(メリル・ストリープ)に呪いをかけられ、子供できず悩むパン屋の夫婦がいた。 呪いを解くためには、「赤いずきん」「白い牛」「黄色い髪」「黄金の靴」を森から持ち帰らなければならず、夫婦は森へ向かう。 そこには赤ずきん、シンデレラ、ラプンツェル、ジャックなどおとぎ話の主人公たちがいて... アカデミー賞では作品賞にノミネートされた。 1971年のアメリカ。 長期化するベトナム戦争に対し、国民の間には反戦の風潮が高まっていた。 ある日、ベトナム戦争に関する政府の機密文書が流出し、NYタイムズがその一部をスクープ。 ライバル紙のスクープに焦るワシントン・ポストのトップ、キャサリン・グラハム(メリル・ストリープ)とベン(トム・ハンクス)は、残りの文書の全貌を明らかにするため奔走する。 しかし、政府からの圧力がかかり、キャサリンは人生の全てをかけた決断に迫られる。 【最新映画】 『メリー・ポピンズ リターンズ(Mary Poppins Returns)』2019年2月1日、日本公開予定 【あらすじ・キャスト】 世界中を魅了したミュージカル映画『メリー・ポピンズ』が50年ぶりにスクリーンに帰ってくる! 先ほど紹介した『イントゥ・ザ・ウッズ』の監督ロブ・マーシャルが再びディズニーとともに贈る。 主演に『プラダを着た悪魔』のエミリー・ブラントを迎える。 前作から20年後のロンドン。 大恐慌時代、母を亡くし、金銭的にも精神的にも窮地に追いやられたバンクス家のもとに、再び魔法使いのメリー・ポピンズ(エミリー・ブラント)が舞い降りる。 彼女は、魔法を使ってバンクス家の子供たちにしつけをし始めるが... ? 【見どころ・エピソード】 トレーラーを見るだけで、ストーリー、映像、音楽すべてにワクワクしてしまう本作! メリルはメリー・ポピンズのいとこトプシー役を演じる。 普段の彼女からは想像もできない、オレンジのヘアスタイルに派手なメイクという、とてもメルヘンな姿で登場。 『プラダを着た悪魔』で共演したエミリー・ブラントとの再共演にも注目! 『若草物語(原題)』公開日未定 リメイク版『若草物語』が2019年に制作されることが決定。 監督は今年『レディ・バード』で注目を集めたグレタ・ガーウィグが務める。 キャストは、主演4姉妹の長女メグ役に『ハリー・ポッター』でおなじみエマ・ワトソンを起用。 メリル・ストリープは、4姉妹の叔母であるマーチおばさん役を演じる。 さらに、次女ジョー役に『レディ・バード』主演のシアーシャ・ローナン、隣家の青年ローリー役に『君の名前で僕を呼んで』主演のティモシー・シャラメが決定し、今年話題をよんだ注目の若手俳優が続々と出演する注目の一作。

次の

振り幅スゴい!メリル・ストリープおすすめ映画【人気11選】|MINE(マイン)

メリルストリープ 映画

メリル・ストリープは1949年6月22日生まれのアメリカ女優です。 ヴァッサー大学を経て、イェール大学演劇大学院で演技を学びました。 大学院卒業後は舞台で演技活動を続け、1977年の映画『ジュリア』でスクリーンデビュー。 1978年公開の『ディア・ハンター』ではアカデミー賞助演女優賞を受賞。 1979年公開の『クレイマー、クレイマー』でアカデミー賞助演女優賞を、1982年公開の『ソフィーの選択』でアカデミー賞主演女優賞を受賞し、演技派女優として地位を確立します。 2015年現在までにアカデミー賞ノミネート19回ノミネート、ゴールデングローブ賞8回受賞、29回ノミネートといずれも俳優、女優あわせて過去最多回数を記録しています。 ずいぶん前に観たっきりだったのですが、機会があったので再見。 いつのまにかジョアンナのほうに年齢が近づいてしまった。 耳に残る軽快な二重奏にのせて紡がれる、とある家族の破たんと再生をめぐる物語。 夫婦役のダスティン・ホフマンとメリル・ストイープの法廷での演技合戦が大きな見どころです。 長回しを多用する映像技法で、場面展開のつながりがとても自然なのも印象的。 良い映画というのは、観る時々によって感想が変わるものだと思います。 今回は、ずいぶんとジョアンナに同情してしまいました。 子育ての孤独を伴侶に理解されない辛さはいかばかりか。 法廷での抉られるような裁判シーンにも、胸が詰まりました。 もとは他人である夫婦、そして家族仲良くって一番身近な奇跡なんだと思います。 キャリー・マリガン主演の歴史的ヒューマンストーリーの作品『未来を花束にして』にメリルストリープが共演しています。 1900年代イギリスはロンドンで暮らす主人公のモード・ワッツ。 夫と息子3人で暮らしていたが偶然にも友人の代わりに出た公聴会で女性に生まれてきた自分の人生に疑問を持ちます。 その後メリル演じる女性社会政治同盟のリーダーであるメリン・バンクハーストと出会い女性の権利・願いを信じて試練に立ち向かうことに……。 この作品は実話をもとに製作されました。 時代の流れに逆らいながら傷つきながらも理想を追い進んでいくたくましい姿はとてもエネルギッシュです。 女性の未来の為決意をもって挑む勇気と力強さを感じる感動の作品です。 2017年1月公開予定です。 2016年12月1日に日本で公開予定の『マダム・フローレンス!夢見る二人』は、夢のような実話を元にした期待作。 自分が絶世の音痴だということに気付かずソプラノ歌手になる夢を追いかけるマダム・フローレンスと、そんな愛する妻に夢を見続けさせるため奮闘する夫・シンクレアの、愛のある笑いと感動の物語です。 持病と闘いながら夢を叶えたマダム・フローレンスを演じるのが、ハリウッドの生ける伝説メリル・ストリープ。 そして、夫のシンクレアをロマコメの帝王ヒュー・グラントが演じます。 マダム・フローレンスは絶世の音痴なのに、何故カーネギーホールを満員にできたのか?音痴なのに不思議と心を打つ歌声を見事に再現したメリル・ストリープの演技に注目です。

次の