石井ゆかり 2020 下半期。 さそり座

石井ゆかり星占い:やぎ座の本質

石井ゆかり 2020 下半期

【みずがめ座の下半期総合運】 気持ちが浮き足立ちやすく、行動は軽やかですがどこか落ち着かない下半期です。 年末にやってくる幸運の星・木星と試練の星・土星の会合がみずがめ座で起こるため、それまでに心身のスリム化をはかっておくと運気アップ。 7月は掃除や片づけにぴったりの運気。 不要なものを大胆に処分し「もったいない」ととっておいたあらゆるものを手放しましょう。 捨てすぎたかな、と思うくらいで大丈夫。 すぐに、今、そしてこれからのあなたにふさわしいものが舞い込んでくるはずです。 最新の情報とスピーディな行動が今後の幸運を左右します。 運命の激変期となる年末を迎えるまでに、電子書籍やサブスク、オンライン講座など多くのチャンネルから情報を得られるよう準備を整えて。 【みずがめ座の下半期恋愛運】 夏、みずがめ座の恋愛運は最高潮に! 知り合ってすぐ恋に発展。 お互いのことしか見えないと感じるような記憶に残る夏になるでしょう。 また、7月中に恋愛を満喫すると、8月に入ると結婚運も急上昇。 あっという間に一緒に住む家を見つけ、お互いの家族に紹介し合うようになっていそうです。 これまで婚活などで条件を前提に人を見ていたとしても、この夏の恋は感情を最優先にしたほうがいいかも。 自分の気持ちとストレートに向き合い「好き」か「嫌い」かだけで恋の行く末を見るほうが、結婚など納得のいくゴールにたどり着けそうです。 秋口はやや嫉妬深くなるかも。 言葉の裏を読みすぎるのはNG。 趣味などを楽しむ時間を増やすと穏やかでいられそう。 全体的に好調な仕事運。 状況を的確に把握し、スケジュール通りに進行していけるときです。 また、周囲のサポートに徹することが結果的に自分の成果につながりやすい星回り。 曖昧な案件の内容整理や後輩のフォローなど、細やかにケアをするようにしましょう。 それにより、大小を問わずトラブル解決の達人に。 最初は単に自分から面倒な仕事を増やしているのではと思うかもしれませんが、この時期は、それらがすべて身につき、見えない実績になります。 9月下旬から11月、あなたの実力を買う人が現れ、急に役職づきの立場などに引き上げられる可能性が。 異動などの内示を受けた瞬間、「労をいとわず多くの経験を積んできてよかった!」と痛感するでしょう。 7月 日常生活の中に幸運あり。 健康面で心配なことがあったら、早めに病院にかかりましょう。 健康管理を意識すると日々のパワーが変わってきそうです。 驚くほど元気が出てきそう。 8月 中立であろうとして、周囲の反感を買ってしまうかも。 あなた自身の意見を求められているのか、状況の整理や調整役を求められているのか、その場のムードを読むと安心です。 9月 没頭の運気。 趣味や仕事に突き進み、今できる限界までやり抜きたいと思いそう。 動画撮影や編集のテクニックなどを学ぶとのちのち役立つかもしれません。 意外なことに挑戦を。 10月 冒険心がチャンスの火を燃え上がらせます。 知らないことは怖いけれど、なにかを知っていれば対処法を探せます。 あらゆる物事の経験値を高め、運命の引き出しを増やしましょう。 11月 忙しくなる月です。 仕事ばかりでプライベートの時間が少なくなってしまいそう。 が、ここで手を抜くと小さな果実しか残らない暗示。 目の前の課題に全力で取り組むことが大切。 12月 運命の新しい扉が開きます。 多種多様な人的ネットワークが可能性を広げてくれる暗示。 知り合いを増やし、意見交換をはかって幸運の種まきをしておくようにしてください。

次の

石井ゆかり星占い:やぎ座の本質

石井ゆかり 2020 下半期

優しい言葉で語られる、エッジの聞いた知的な意見。 牡羊座はアツい優しさの日。 誰かにすごく頼られたり、逆に、誰かに救われたり。 牡牛座はいろんないいものが自分のもとに、自然に集まってくる、という感じがあるかも。 双子座はちょっと不器用なところがあったけど結果的にうまくいった!みたいな日。 蟹座は大きく深呼吸して伸び伸びと動ける感じの日。 アイデアを羽ばたかせるような。 獅子座は人の感情を受け止めながら、それを知的に解読している、みたいな日。 読み解き。 乙女座はたとえば同時通訳みたいなポジションを担って感謝されるかも。 橋渡し。 天秤座は細かい作業が妙に楽しい、みたいな日。 リアルな動きから生まれる想念。 蠍座は熱のこもった情愛の日。 心の熱量によって状況をどんどん好転させられる。 射手座は人との距離感がいつもと少し違うかも。 「こんなに近いの?!」みたいな驚き。 山羊座は熱心な説明で人を動かす、みたいな日。 あるいは逆に、心を動かされるとか。 水瓶座は手に入れた新しい材料がきっかけで、新レシピが生まれる、みたいな日。 魚座はとてもフレッシュでアクティブな日。 イイ風が吹いている。 理知的な自己表現。

次の

2018年 おひつじ座の運勢(下半期)

石井ゆかり 2020 下半期

自分が自分の味方になる時、本当の味方が誰なのかわかる。 友だちと出会う時、私たちはいつも、ひとりの独立した人間です。 別々の個性がまっすぐに、対等に出会って、そこに純粋な友情が生まれます。 友だちになって、さらにそこに友が加わって、仲間の中で過ごすうち、 好きなものや考え、世の中の見方などが、お互いにだんだん、似てきます。 そんなふうに、ある心地よい集団に属している時、長い時間の中でいつの間にか、 私たちは自分を取り巻く集団と、自分自身の思いを、どこかで「同一視」する状態に陥ります。 これは、友だち同士だけでなく、職場やあらゆるコミュニティに当てはまることではないかと思います。 どこからどこまでが「自分」で、どこからが「自分ではない」のか。 それがわからなくなると、私たちは徐々に「もともとの自分」ではなくなっていくこともあります。 その果てに、自分が自分の本質的なニーズを満たさず、 まるで集団のためだけに生きているような行動を取ることもあります。 これは極端な例かもしれませんが、私たちはいつも「自分自身」であるように感じつつ、 そうでもない部分を抱えながら生きているものではないかと思います。 もしそうなら、この下半期、牡羊座の人々は集団の中であらためて「個人としての自分」を再発見し、 そのうえで、新しい形で集団に参加し直すことができるはずです。 そのプロセスは、たとえば「今の自分は、本当に自分自身の味方だろうか?」という問いからスタートします。 というのも、私たちは状況によっては、いとも簡単に「自分自身の敵」になり得ます。 人に好かれようとか、負けたくないとか、そんな思いから、 本心では望まないことを引き受けたり、好きでもないものを選んだりします。 時には、大事な人を傷つけたくない、期待を裏切りたくない、という限りなく優しい気持ちから、 自分で自分を裏切ってしまう人もいます。 そうして無意識に「自分の敵」になった時、もともと自分の味方だった人々もまた、「敵」に変わります。 敵の集団の中に身を置いて、自分の中にも敵を飼っている。 そんな状況が生まれているなら、この時期、その状況を打破できるのです。 仲間や集団から自分を一度分離させて捉えられます。 自分に敵対する自分を、味方になるよう説得できます。 そのプロセスの中で、仲間や身近な人をもう一度、新しい形で味方に付けることができます。 2018年下半期は、壮大な野心を抱き、さらにそれを現実にすべく、 具体的な計画を立てて動きだせる時期に当たっています。 そんな華やかな活躍の季節において、 「自分と仲間」の関係性を見直し、必要ならば新しい仲間を得る方向に向かうのは、当然のことなのかもしれません。 2011年頃から、真の自由と自立を目指して戦い続けてきた牡羊座の人々ですが、 そろそろそのプロセスを終えようとする中、 卒然として、今の自分の力や生き方にフィットする仲間が「必要になる」ということなのかもしれません。 いずれにせよ、この時期の貴方は、人からたくさんの力を受け取れます。 ゆえに、「どんな人たちから、どんな力を、どう受け取るのか」ということが、とても重要なのです。 11月を境に、貴方はもう一度「真の自由と自立」について、自分の出した答えをじっくり吟味したくなるでしょう。 なかには、遠く旅に出たり、学びの場に身を置いたりして、自分の答えにさまざまな光を当てる人もいるはずです。 そのプロセスに協力し、あるいは同行してくれる「仲間」がいるとすれば、それはどんな人なのか。 もしかするとそのイメージが、この下半期の貴方を、きらきらと導いてくれるかもしれません。 21-4. 1 生まれの貴方 さまざまな「欲」の転換点。 生命力が新たな形で花開く。 「野心」と呼ぶにはあまりに生真面目で重厚な思いを胸に、バリバリ活躍できる時です。 それが義務感や責任感によく似ていたとしても、やはりその中核には「野心」と呼びたいような何かがあるだろうと思います。 2017年の年末からここにいたるまで、果てのない階段を上り続けているような気持ちだったかもしれませんが、そろそろこの階段が一体どこに繋がっているのか、少しずつ見えてくるはずです。 経済面・物質面でまったく新しい動きが起こり始めます。 これまでずっと捨てられなかったものへの執着が、突然消えてしまうかもしれません。 物欲から解き放たれたり、今まで見向きもしなかったものに魅力を感じる人もいそうです。 あるいは、これまでとはまったく違う収入の途を見いだす人もいるでしょう。 ここまで経済的に人に頼ってきた部分があれば、「独立したい」という思いが強まり、それを後押ししてくれる存在にも恵まれるようです。 7月から10月上旬は、交友関係に熱がこもります。 新しい仲間に出会う人もいれば、仲間との関わりの中で新しい自分を発見する人も多そうです。 チャンスも、自分ひとりではなく「人々」との活動の中に見いだせます。 11月以降は、旅に出る人が多そうです。 かなりスケールの大きな冒険旅行を通して、自分の中にある「未知なるもの」に出合えるかもしれません。 愛に追い風が吹くのは8月です。 さらに、9月から11月頭くらいの中で、非常に官能的な時間が訪れます。 自分の中にある他者への「欲」の濃さ、感情の豊かさに驚かされるかもしれません。 2-4. 11 生まれの貴方 一見雑多だけれど、実は意味のあるものが、どんどん集まってくる。 たとえば推理小説などで、事件を追う探偵は手始めに、とにかく関係者の話を聞いて回ったり、現場を見に行ったりします。 そうして、ある意味当てずっぽうにあちこちと動き回るうちに、徐々に「話のスジ」が見えてきて、肝心な人物に探りを入れ、証拠がありそうな場所を突き止めます。 この時期の貴方はそんなふうに、「とにかく関係者の話を聞いたり、現場を見に行ったりする」ような時間を過ごすことになるかもしれません。 直線的に進むのではなく、まずはどんどん材料を集めにかかるのです。 もちろん、この時期の貴方が探偵まがいのことをする、ということを言いたいのではありません。 そうではなく、材料や道具、人の意見やアイデア、情報、場合によってはサポートしてくれる人との関係など、この時期は「役に立つかもしれないもの」がどんどん集まってくるタイミングなのです。 これらは最初、何の役に立つかさっぱりわからないかもしれませんが、2018年の年末くらいから、だんだん「話のスジ」が見えてきます。 ある意味、とても豊かな時期でもあるのです。 自分では選べないようなもの、思いつかないものが、どんどん手に入ります。 特に夏場は楽しいことが多そうですし、10月は熱い仲間に恵まれるでしょう。 11月は懐かしい場所に旅をして、2019年の「指針」を得られそうです。 愛に追い風が吹くのは7月から8月いっぱいと、10月にも出会いがありそうです。 12月はストレートに要望をぶつけられます。 妙な遠慮をせず、自分に正直に。 12-4. 19 生まれの貴方 「自由」を追い求めるプロセスから一度離脱し、秋に「忘れ物を取りに戻る」。 初夏から10月くらいまで、不思議な解放感に包まれそうです。 過去数年の中でずっと、自分を縛るものや重力のようなものからの「離脱」を試みていた人が多いはずなのですが、そのプロセスがここで一段落するからです。 どうすれば自立できるのか、そもそも何が自立なのか、といったことを、過去数年の中で自問し続けていた人も、ここで肩の力を抜き、人から支えられたり、自分から寄り添ったりすることが自然にできるようになります。 7月から8月前半はとても楽しい時期です。 7月半ば、ひょんなことから「新しい居場所」と呼べるような世界にたどり着く人もいそうです。 8月半ばから9月前半は、仕事や対外的な活動に関する「勝負」の季節となっています。 今年の前半に取り組んだことを、ここで見事に「完成させる」ような展開になるのかもしれません。 人間関係にも恵まれる、充実の季節です。 9月中旬から11月上旬は、人から受け取るものがとても多いでしょう。 いろいろな人が有形無形に、貴方のための素晴らしいものを用意し、手渡してくれるはずです。 10月末から11月は情熱的な仲間に出会えそうです。 また、11月は懐かしい人と再会できる気配もあります。 また、11月から翌年3月頭までは、「忘れ物を取りに、いったん戻る」ような動きも起こるかもしれません。 前述の「自立」のテーマをもう一度、新しいまなざしで見直して、最終的な「仕上げ」ができるはずです。 愛に追い風が吹くのは7月から9月上旬、11月から12月頭です。 9月から11月頭は非常に官能的な時期でもあります。

次の