プロ 野球 cs。 クライマックスシリーズ

クライマックスシリーズ(CS)とは?今さら聞けないルール詳細

プロ 野球 cs

のクライマックスシリーズが終わりました。 毎年のことではありますが、クライマックスシリーズでシーズン2位以下のチームが勝ち上がると、必ず「クライマックスシリーズ不要論」が持ち上がります。 曰く、シーズンの価値を無為にするものであると。 これはまったく的を射ない意見です。 一年間の戦いは、すでにシーズンの順位として評価されています。 クライマックスシリーズ・日本シリーズと、シーズンは別物です。 広島東洋カープはクライマックスシリーズに敗れても、セ・リーグの優勝チームであることは変わらないのです。 別物であるならば、現状のように盛り上がっている試合を止める理由など何もないはずです。 一年間の戦いは無為になっていたりしないのですから。 「一年間頑張ったのに気分が悪い…」「スッキリしない…」とお思いであれば、それはそう思う人の認識の問題です。 ハッキリ言えば、「本当は自分自身でもクライマックスシリーズの負けは、負けである」と心の底で認めているからモヤモヤするのです。 まったく意味のない試合だと思っているなら、無視すればいいだけ。 気になるのは「負けた」という負い目があるからです。 そもそも、一年間程度の戦いで決めた順位にどれほどの意味があるでしょうか。 オリンピックのチャンピオンは、4年間をかけて自分を高め、世界ランキングを上昇させ、出場権を獲り、ようやく決着戦に臨みます。 4年単位で戦っているのです。 そして、世間は多くの場合、途中の4年間には見向きもしません。 最後の決着戦で勝ったものだけをメダリストとして迎えます。 それが普通の受け止め方です。 4年間の途中でどれほど強かろうが、最後の決着戦に負ければ敗者となる。 それが多くのスポーツの現実なのです。 自分の胸に手を当ててみてください。 世界選手権に勝った選手でも、オリンピックで金メダルを獲っていなければ「王者」と認めていないのではないですか。 「真の王者」と認めていないのではないですか。 ならば、クライマックスシリーズで負けたほうは、やっぱり「負け」なんじゃないでしょうか。 真の勝者は短期決戦で勝った者、もっと言えば「この日この時この試合」に勝った者だけです。 その日に駒を進めるものを厳しく選抜するために、4年なり1年なりをかけているのです。 言うなれば「予選」です。 そして、「この日この時この試合」に最高のチカラを発揮するのが勝者の条件です。 1年間の戦いで順位が上だろうが、それだけでは真の勝者とは到底言えないのです。 「この日この時この試合」に勝ち切るチカラがなかったのですから。 広島東洋カープは敗者です。 阪神タイガースは敗者です。 埼玉西武ライオンズは敗者です。 東北楽天ゴールデンイーグルスは敗者です。 そのことから目を逸らしてクライマックスシリーズ制度に難癖をつけるのは不見識です。 ホーム開催であったり、1勝のアドバンテージであったり、有利な条件で始まった「この日この時この試合」に勝てないのは「弱い」のです。 取り返しがつかない試合でチカラを発揮できないのは「弱い」のです。 そういう試合でミスをしたり、不運に見舞われるのは「弱い」のです。 むしろ、クライマックスシリーズ導入以前よりも、現在のプロ野球はより正しい姿になったと言えるでしょう。 1年間かけて地力を見定める期間と、「この日この時この試合」に勝ち切るチカラを見定める期間の、両方を備えるようになったのですから。 制度のせいではなく、広島は弱いから負けたのです。 livedoor.

次の

クライマックスシリーズ

プロ 野球 cs

「」も参照 ファーストステージ [ ] レギュラーシーズン2位のと3位のが3戦2勝先取制で争い、2勝1敗で横浜DeNAベイスターズがファイナルステージに進出した。 また、の特別協賛で「 2017 GUNZE クライマックスシリーズ・セ 1stステージ」として開催。 会期:10月14日から10月17日(10月16日開催予定の第3戦が雨天中止となり、予備日である翌17日に開催されたため ) 球場: ファイナルステージ [ ] レギュラーシーズン1位(1勝分のアドバンテージが与えられる)のとファーストステージ勝者の横浜DeNAベイスターズが6戦4勝先取制で争い、4勝2敗で横浜DeNAベイスターズが日本シリーズ2017への出場権を得た。 また、の特別協賛で「 2017 マツダ クライマックスシリーズ セ ファイナルステージ」として開催。 クライマックスシリーズMVP• (横浜DeNAベイスターズ) テレビ・ラジオ放送およびネット配信 [ ] テレビ放送 [ ] ファーストステージ放送日程 [ ] ファーストステージを戦う阪神とDeNAの地元放送局で中継が行われるのは例年通りであるが、第1・2戦は広島が関係しない試合にも関わらず在広局でも中継が行われることとなった。 第2戦の中継を行ったは自社でHD対応の大型中継車を保有していないため 、前年に引き続き現地からの映像の提供を受けた。 第1戦(10月14日)• 放送時間:13:55 - 17:00• (マルチ編成を実施し、101ch〈メインチャンネル〉で放送)• 放送時間:14:00 - 17:15• 《有料CS。 制作》• 放送時間:13:45 - 17:28 第2戦(10月15日)• 放送時間:14:00 - 15:55• 放送時間:15:55 - 19:55 (115分延長)• 放送時間:14:00 - 15:55・15:55 - 試合終了まで(15:55からマルチ編成を実施し、032ch〈サブチャンネル〉で放送)• (マルチ編成を実施し、101ch〈メインチャンネル〉で放送)• 放送時間:14:00 - 19:50• GAORA 《有料CS。 Tigers-ai制作》• 放送時間:13:45 - 17:20 10月16日• 試合中止。 この日中継予定だった局は引き続き翌17日の中継を担当。 第3戦(10月17日)• 放送時間:翌2:13 - 4:13(録画中継)• 試合が予定通り開催された場合、生中継を予定していた。 放送時間:18:00 - 21:50(21:50以降も試合が続いている場合は、それ以降マルチ編成を実施し、102ch〈サブチャンネル〉で継続放送)• 《有料CS。 Tigers-ai制作》• 放送時間:17:45 - 22:30(試合終了まで延長あり) ファイナルステージ放送日程 [ ] 第1戦(10月18日)• 放送時間:• トップナイター:18:15 - 19:00• 本編:19:00 - 21:00• 放送時間:17:55 - 22:00(22:00 - 翌2:00に再放送も別途あり) 第2戦(10月19日)• 放送時間:18:15 - 19:00・19:00 - 21:57• 放送時間:17:55 - 22:00(22:00 - 翌2:00に再放送も別途あり) 第3戦(10月20日)• 放送時間:19:00 - 21:29(35分延長)• 放送時間:17:45 - 22:00(22:00 - 翌2:00に再放送も別途あり) 10月21日• 試合中止。 以降の中継は当初予定の日程の日時に中継を予定していた局が担当。 10月22日• 試合中止。 第4戦(10月23日)• 放送時間:19:00 - 21:30(30分延長)• 放送時間:17:45 - 22:00 第5戦(10月24日)• 放送時間:18:15 - 19:00・19:00 - 20:54• 放送時間:17:45 - 22:00 打ち切りとなった試合• ラジオ放送 [ ]• (RF)はが出場できなかったため、一切中継しなかった。 東海地区ではが出場しなかったものの、(SF)がネット受け形式ながら中継したが、確実に実施が見込まれる試合のみの中継に縮小した。 また、は前年に続いて中継しなかった。 ファーストステージ放送日程 [ ]• 関西地区では(ABC)と(MBS)がそれぞれ関西ローカル向けに自社制作し、朝日放送では2015年以来2年ぶりの中継となった。 一方、()は、土曜日の全国向け番組「」や、の政見放送を優先するため、一切中継しなかった。 前年同様、(LF)が全試合自社制作で中継を行い、東海ラジオに第1戦と第2戦のみネットした。 いずれもパ・リーグファーストステージを予備カード(東海ラジオにも適用)とし、実際に当初の第3戦が中止となった10月16日にパ・リーグへの切り替えを行った。 はナイター開催となった第3戦のみ自社制作で中継した。 こちらはパ・リーグファーストステージの予備は配置しなかった。 ファイナルステージ放送日程 [ ]• 広島県ではNHKラジオ第1()とが前年に続き中継を実施。 NHKラジオ第1は第2戦まで広島県域ローカル、第3戦からは全国向けに放送。 関西地区の民放では毎日放送のみで中継された。 阪神が進出していれば朝日放送でも自社制作で中継される予定であったが、阪神がファーストステージで敗退したため同局での中継は取り消された。 毎日放送も自社制作は行わずニッポン放送からのネット受け形式に変更された。 ニッポン放送は引き続き自社制作し、毎日放送に全試合を 、東海ラジオに第3戦までのみをネット。 いずれもパ・リーグファイナルステージを予備カード(第3戦まではネット局にも適用)とし、実際に第1戦が降雨コールドゲームとなったため、ネット局も含めてパ・リーグの中継を続けて実施したほか、第4戦として行われる予定であった試合が中止となった21日と22日にもパ・リーグへの切り替えを行った。 TBSラジオも第3戦まで自社制作で中継したが、やはりパ・リーグファイナルステージの予備は、からのネット受けも含めて配置しなかった。 第4戦以降はナイターカードも含めて中継せず。 ネット配信 [ ] ファーストステージ配信日程 [ ] 全日程、で配信。 ファイナルステージ配信日程 [ ]• (広島県内除く) 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 5回コールド。 DeNA主催ゲームの中継では、・からの配信映像に中型以下の自社中継車による独自映像を組み合わせている。 また自社制作の高校野球神奈川大会などのアマチュア野球中継では、大型中継車を技術会社から借り受けて対応している。 制作局の関西テレビに限り、後続の自社制作番組『』内で野球中継を実施。 ネット局全2局で13:55 - 14:00に「直前情報」を別途放送。 で『』最終日の中継放送を行うための代替措置。 クライマックス・パ・ファイナル第3戦に差し替える・ならびにクロスネット局のを除く。 クロスネット局のを除く。 出典 [ ]• プレスリリース , 阪神タイガース, 2017年9月26日 , 2017年10月3日閲覧。 プレスリリース , マツダ, 2017年9月20日 , 2017年9月23日閲覧。 GAORA. 2017年10月15日閲覧。 デイリースポーツ 2017年10月16日. 2017年10月16日閲覧。 スカイA. 2017年10月15日閲覧。 関連項目 [ ]•

次の

スコア速報

プロ 野球 cs

プロ野球は毎年10月になるとレギュラーシーズンのリーグ戦を終え、ポストシーズンであるクライマックスシリーズ(CS)が始まる。 CSには各リーグ3位までのチームが参加して最終的に勝利したチームが日本シリーズに進出する。 根強いCS不要論 クライマックスシリーズ(CS)が導入されてから10年以上経ったがいまだにCS不要論を唱える人は多い。 僕もその一人である。 本題のCS代替案に入る前にまずCSの問題点を挙げる。 CSの問題点1:敗者復活の基準が甘すぎ クライマックスシリーズは要は敗者復活制度だが長期開催のリーグ戦で6チーム中3位に入りさえすれば出場権が得られる。 6チーム中3位というのは基準が甘すぎ。 メジャーだと各リーグ三地区(地区あたり5チーム)に分かれていて、地区優勝3チームとワイルドカード(WC:地区優勝した3チーム以外で一番強かったチーム)のほぼ同格のチームがリーグ代表を争う。 WCは微妙だが言わば準優勝なので日本のCSよりは納得できる。 一方日本のプロ野球 NPB ではリーグ戦で上位チームに圧倒的な差をつけられ勝率5割に満たないチームでも、3位にさえ入ればCSを勝ち抜き日本シリーズに出場して勝利してしまう可能性がある。 いくらなんでも リーグ戦で負け越したチームまでCSや日本シリーズに出場できるのは異常としか言いようがない。 CSの問題点2:リーグ戦・日本シリーズの形骸化 CS導入後のプロ野球は以下のようになった。 リーグ優勝は実質的には優勝ではなくなった。 シーズン終盤さえチーム状態が良ければ日本シリーズに進むことも難しくはない。 リーグ戦二位や三位のチームが日本シリーズで勝った場合、それを日本一と呼ぶのは間違っている。 両リーグ首位同士の対戦ではない場合、日本シリーズは何を決めるための試合なのかよくわからない。 2019年はリーグ戦二位のソフトバンクが日本シリーズに勝ったが、あくまでも日本シリーズの勝者であって決して日本一ではない。 1シーズン通して一番強いチームは結局どこだったのか、誰にもわからなくなる。 やはり日本シリーズはリーグ戦首位のチーム同士で戦わないと、日本一決定戦とは言えないのである。 スポンサーリンク CSも勝ってこそ強いチームだと言う人もいるが CS賛成派はCSも勝ってこそ本当に強いチームだと言うが、首位以外が勝った場合それはシーズン終盤だけたまたま調子が良かったということ。 なのにリーグ戦首位じゃなくてもCSに勝つとそのチームがリーグの代表となり、シーズン通して一番強いチームだったかのように扱われる。 こんなことが許されるならリーグ戦前半なんかやるだけ無駄。 先行逃げ切り型のチームは前半にどれだけ圧倒的なゲーム差をつけても意味がない。 もう最初からリーグ戦なんかやらずに10月に全チーム参加でトーナメントだけやればいいと思うよ。 CS導入の理由は収入を増やすこと CS導入以降日本シリーズの権威が失墜しているのは間違いないが、それでも続くのは収入増が見込めるからである。 事実シーズン終了間際になっても三位争いが重要になるため観客動員数も増え、報道によれば入場料と飲食・グッズ代で一試合あたり2億から3億の収入になるとのこと。 収入面強化が必要なのはわかるがクソ制度のCS以外の方法でそれを達成してほしいので代替案を考えてみた。 CSを廃止にして消化試合も減らし球団の収入も増やす方法 クソみたいなCSは廃止にして、なおかつ消化試合を減らし、さらに球団の収入も増やせる方法を考えたいと思う。 クリアしなければならないポイントは次の点である。 スポンサーリンク これはどういうことかというと、 ペナント上位3チームは1位から3位の順位によって、翌シーズンのリーグ戦で大幅にホームゲーム数を増やせるという権利である。 2019年のセリーグを例に出すと、2019年1位の巨人は翌年2020年のリーグ戦で、2019年に4位から6位だった広島・中日・ヤクルトと戦う時にはすべてホームで試合ができることにする。 2位DeNAは5位と6位のチームと戦う時にすべてホーム、3位阪神は6位のチームと戦う時にすべてホームゲームとするのである。 下位に行けば行くほどホームゲームが少なくなり、上位に行けば行くほどホームゲームが増える。 上位3チームに入れば、ペナント終了後にちまちまCSをやる今のシステムより大幅な収入増になる。 逆に下位になればなるほど営業的に厳しい。 しかしこのシステムなら各チームともひとつでも上を目指して順位が確定するまで本気で戦うだろう。 順位が下がったら選手の年俸も大幅に下げればいい。 盛り上がりで劣る分を補う方法 NPBはCSを廃止して今よりちょっと早めに各リーグ首位同士で日本シリーズをやる。 そして昔のようにすべてのファンが納得できる日本一を決める。 消化試合を減らすためにAクラスには上に書いた翌年ホームゲーム大幅増加権を与える。 ただし今回提案した方式は、リーグ戦終了後にさらにトーナメントで盛り上がる現行CS方式に比べると盛り上がりでは劣ると思う。 それを補うには従来のリーグ戦~CS~日本シリーズといったレギュラーシーズンとは完全に切り離した大会をシーズン終了後の10月から11月に開催する。 そうすればファンはCSに負けないぐらい熱い戦いをシーズン終了後も長く楽しめる。 その大会は天皇杯として、サッカーのように100チーム近くの大学、社会人、独立リーグのチームが1回戦から戦う長期間開催のトーナメントで、プロ球団はNPBシーズン終了後にシードとして大会最終段階から参加する。 天皇杯案詳細は下記の記事を参照。 感想まとめ 今回提案したルールは上位チームにとっては魅力があるが下位チームにとっては非常に厳しい。 なので実現は難しいだろう。 しかしホームゲームが大幅に増える分観客動員数も増えるのは間違いないので、 上位に入れば経営陣目線では悪い話ではないと思う。 それに今回の案なら昔のように 日本シリーズやリーグ戦の権威は守られるし、CSを廃止した分 天皇杯を開催すればファンはより長く野球を楽しめるし盛り上がりでもCSに劣ることはない。 独立リーグや社会人の球団がプロに勝とうもんなら盛り上がらないはずがない。 さらに球団の収入増も同時に実現。 とにかくCSは廃止して代わりにホームゲーム増加権を賭けて戦う。 そしてシーズンとは別に天皇杯を開催すれば問題はすべて解決。 よく目にする球団を増やして3リーグ制にするという案よりはよほど現実的だと思う。

次の