琥珀 の 身体。 HIMEHINA / 琥珀の身体の歌詞と動画

琥珀(アンバー)の石言葉・宝石言葉は?意味・効果・ジュエリーも

琥珀 の 身体

前排提醒:此专栏内的拼音并非罗马音,如「ら ra 」实际在文本内写的是「la」,请不要用这则专栏来学习五十音。 Let's go down to be amber. Let's go Let's go down deep for it. 「愛(あい)したりないなら隠(かく)り世(よ)で」 a i xi ta li na i na la ka ku li yo de 琥珀(こはく)の身体(からだ)も 二人(ふたり)の誓(ちか)いも ko ha ku no ka la da mo hu ta li no qi ka i mo 失(うしな)う不安(ふあん)で怖(こわ)かったんだ u xi na u hu a n de ko wa ka tta n da ギリギリなんだいつだって gi li gi li na n da i cu da tte だからラルラルラルリラる 《あんなことやこんなことをする》のかな? da ka la la lu la lu la lu li la lu no ka na Transtime Lover. どうやらボクらを複製(ふくせい)しようと do- ya la bo ku la wo hu ku se i xi yo- to 目論(もくろ)んでるらしい mo ku lon de lu la xi- よくある話(はなし)だけどクローンなんて yo ku a lu ha na xi da ke do ku lo-n na n te SALE行(ゆ)きの処分(しょぶん)さ se- lu yu ki no xio bun sa Let's go Let's go down deep for it. Let's go down to be amber. Let's go Let's go down deep for it. やめたげてよ傷心(きずこころ)痛(いた)い ya me ta ge te yo ki zu ko ko lo i tai 「さよならは、したくないずっとずっと」 sa yo na la wa xi ta ku nai zu- to zu- to 科学者(かがくしゃ)は嗤(わら)っていた ka ga ku xia wa wa la tte ita 背中(せなか)向(む)け 狂(くる)い哭(な)き se na ka mu ke ku lu i na ki 愛(かな)しいと叫(さけ)んだ ka na xi- to sa ken da 《いつかまた ・ ・ ・》(ティキタントン) tiki tan ton Give me how to make it 《Our Love》 Eternity. あぁでもね分(わ)かるんだ a- de mo ne wa ka lu n da 失(うしな)えば生(い)きがいが無(な)くなるな u xi na e ba i ki ga i ga na ku na lu na 存在理由(レーゾンデートル)なんだよ le- zon de- to lu na n da yo いっそ 細切(こまぎ)れになっていっても i sso ko ma gi le ni na ttei tte mo ボクがボクであるため bo ku ga bo ku de a lu ta me キミの中(なか)に存在(そんざい)し続(つづ)けるため ki mi no na ka ni so n za i xi cu zu ke lu ta me それがこの世(よ)に生(う)まれ落(お)ちて すがる居場所(いばしょ)なんだよ so le ga ko no yo ni u ma le o qi te su ga lu i ba xio na n da yo そして恋(こい)に落(お)ちて 愛(あい)にまみれ 愛を失(うしな)うのだろう so xi te ko i ni o qi te a i ni ma mi le a i wo u xi na u no da lo- 愛を失うのが怖(こわ)いから a i wo u xi na u no ga ko wa i ka la 偽物(にせもの)の愛を造(つく)ったんでしょ ni se mo no no a i wo cu ku ttan de xio 偽(いつわ)りの魂(たまし)を手(て)に入(い)れても i cu wa li no ta ma xi wo te ni i le te mo 本当(ほんとう)の永遠(えいえん) なんて望(のぞ)めないのに hon to- no e i e n nan te no zo me nai no ni でもそれはボクの生(い)きがいだから! de mo so le wa bo ku no i ki ga i da ka la でもそれはボクの全(すべ)てだから! de mo so le wa bo ku no su be te da ka la 一緒(いっしょ)にいたいから! i xxio ni i tai ka la 一緒にいたいから! i xxio ni i tai ka la 狂(くる)った科学者(かがくしゃ)よ ku lu tta ka ga ku xia yo 愚(おろ)かな科学者よ o lo ka na ka ga ku xia yo 心(こころ)を無(な)くしては愛(あい)は存在(そんざい)できないというのに ko ko lo wo na ku xi te wa a i wa son zai de ki na i to i u no ni 心こそが最(もっと)も大切(たいせつ)なものだったというのに! ko ko lo ko so ga mo tto mo tai se cu na mo no da tta to i u no ni 愚(おろ)かな科学者(かがくしゃ)よ o lo ka na ka ga ku xia yo 愚かな科学者よ… o lo ka na ka ga ku xia yo Hey,Lady of Sorrows. 琥珀(こはく)の時(とき)に ko ha ku no to ki ni 捧(ささ)げる sa sa ge lu 歌(うた)があると聞(き)いたよ u ta ga a lu to ki- ta yo Hey,Lady of Sorrows. 陽(ひ)が行(ゆ)く前(まえ)に hi ga yu ku ma e ni 祈(いの)ってよ i no- te yo 二人(ふたり)の身体(からだ)と心(こころ)が一つに hu ta li no ka la da to ko ko lo ga hi to cu ni 溶(と)け合(あ)い 未来(みらい)へ 届(とど)くようにと to ke a i mi la i e to do ku yo- ni to Give me Suki,"Love" that is my all. 「ボクたちのアイを永遠(えいえん)に」 《navzdy tuto laska》 bo ku ta qi no a i wo e i e n ni 虚白(こはく)の世界(せかい)の 真(ま)ん中(なか)で膝(ひざ)を ko ha ku no se ka i no ma n na ka de hi za wo 抱(かか)えて自由(じゆう)を叫(さけ)んでいた ka ka e te ji yu- wo sa ke n dei ta 好(す)きに生(い)きなって言(い)ったって su ki ni i ki na tte i tta tte 分(わ)からないよ教(おし)えてよ縛(しば)ってよ wa ka la na i yo o xi e te yo xi ba- te yo 暗闇(くらやみ)の自由(じゆう)より ku la ya mi no ji yu- yo li 鎖(くさり)につながれた光(ひかり)でいいんだ ku sa li ni cu na ga le ta hi ka li de i-n da Give me 好,"Love" that is my all. Give me suki,"Love" that is my all. 「愛(あい)したりないなら隠(かく)り世(よ)で」 a i xi ta li na i na la ka ku li yo de 琥珀(こはく)の身体(からだ)も 二人(ふたり)の絆(きずな)も ko ha ku no ka la da mo hu ta li no ki zu na mo 失(うしな)う不安(ふあん)で壊(こわ)れてしまった u xi na u hu a n de ko wa le te xi ma tta ギリギリなんだいつだって gi li gi li na n da i cu da tte だからラルラルラルリラる 《あんなことやこんなことをする》んだろ Ah da ka la la lu la lu la lu li la lu n da lo Ah 息(いき)してよ Lover. i ki xi te yo Lover. 田中姬铃木雏• HIMEHINA• 琥珀の身体.

次の

HIMEHINA 琥珀の身体

琥珀 の 身体

前排提醒:此专栏内的拼音并非罗马音,如「ら ra 」实际在文本内写的是「la」,请不要用这则专栏来学习五十音。 Let's go down to be amber. Let's go Let's go down deep for it. 「愛(あい)したりないなら隠(かく)り世(よ)で」 a i xi ta li na i na la ka ku li yo de 琥珀(こはく)の身体(からだ)も 二人(ふたり)の誓(ちか)いも ko ha ku no ka la da mo hu ta li no qi ka i mo 失(うしな)う不安(ふあん)で怖(こわ)かったんだ u xi na u hu a n de ko wa ka tta n da ギリギリなんだいつだって gi li gi li na n da i cu da tte だからラルラルラルリラる 《あんなことやこんなことをする》のかな? da ka la la lu la lu la lu li la lu no ka na Transtime Lover. どうやらボクらを複製(ふくせい)しようと do- ya la bo ku la wo hu ku se i xi yo- to 目論(もくろ)んでるらしい mo ku lon de lu la xi- よくある話(はなし)だけどクローンなんて yo ku a lu ha na xi da ke do ku lo-n na n te SALE行(ゆ)きの処分(しょぶん)さ se- lu yu ki no xio bun sa Let's go Let's go down deep for it. Let's go down to be amber. Let's go Let's go down deep for it. やめたげてよ傷心(きずこころ)痛(いた)い ya me ta ge te yo ki zu ko ko lo i tai 「さよならは、したくないずっとずっと」 sa yo na la wa xi ta ku nai zu- to zu- to 科学者(かがくしゃ)は嗤(わら)っていた ka ga ku xia wa wa la tte ita 背中(せなか)向(む)け 狂(くる)い哭(な)き se na ka mu ke ku lu i na ki 愛(かな)しいと叫(さけ)んだ ka na xi- to sa ken da 《いつかまた ・ ・ ・》(ティキタントン) tiki tan ton Give me how to make it 《Our Love》 Eternity. あぁでもね分(わ)かるんだ a- de mo ne wa ka lu n da 失(うしな)えば生(い)きがいが無(な)くなるな u xi na e ba i ki ga i ga na ku na lu na 存在理由(レーゾンデートル)なんだよ le- zon de- to lu na n da yo いっそ 細切(こまぎ)れになっていっても i sso ko ma gi le ni na ttei tte mo ボクがボクであるため bo ku ga bo ku de a lu ta me キミの中(なか)に存在(そんざい)し続(つづ)けるため ki mi no na ka ni so n za i xi cu zu ke lu ta me それがこの世(よ)に生(う)まれ落(お)ちて すがる居場所(いばしょ)なんだよ so le ga ko no yo ni u ma le o qi te su ga lu i ba xio na n da yo そして恋(こい)に落(お)ちて 愛(あい)にまみれ 愛を失(うしな)うのだろう so xi te ko i ni o qi te a i ni ma mi le a i wo u xi na u no da lo- 愛を失うのが怖(こわ)いから a i wo u xi na u no ga ko wa i ka la 偽物(にせもの)の愛を造(つく)ったんでしょ ni se mo no no a i wo cu ku ttan de xio 偽(いつわ)りの魂(たまし)を手(て)に入(い)れても i cu wa li no ta ma xi wo te ni i le te mo 本当(ほんとう)の永遠(えいえん) なんて望(のぞ)めないのに hon to- no e i e n nan te no zo me nai no ni でもそれはボクの生(い)きがいだから! de mo so le wa bo ku no i ki ga i da ka la でもそれはボクの全(すべ)てだから! de mo so le wa bo ku no su be te da ka la 一緒(いっしょ)にいたいから! i xxio ni i tai ka la 一緒にいたいから! i xxio ni i tai ka la 狂(くる)った科学者(かがくしゃ)よ ku lu tta ka ga ku xia yo 愚(おろ)かな科学者よ o lo ka na ka ga ku xia yo 心(こころ)を無(な)くしては愛(あい)は存在(そんざい)できないというのに ko ko lo wo na ku xi te wa a i wa son zai de ki na i to i u no ni 心こそが最(もっと)も大切(たいせつ)なものだったというのに! ko ko lo ko so ga mo tto mo tai se cu na mo no da tta to i u no ni 愚(おろ)かな科学者(かがくしゃ)よ o lo ka na ka ga ku xia yo 愚かな科学者よ… o lo ka na ka ga ku xia yo Hey,Lady of Sorrows. 琥珀(こはく)の時(とき)に ko ha ku no to ki ni 捧(ささ)げる sa sa ge lu 歌(うた)があると聞(き)いたよ u ta ga a lu to ki- ta yo Hey,Lady of Sorrows. 陽(ひ)が行(ゆ)く前(まえ)に hi ga yu ku ma e ni 祈(いの)ってよ i no- te yo 二人(ふたり)の身体(からだ)と心(こころ)が一つに hu ta li no ka la da to ko ko lo ga hi to cu ni 溶(と)け合(あ)い 未来(みらい)へ 届(とど)くようにと to ke a i mi la i e to do ku yo- ni to Give me Suki,"Love" that is my all. 「ボクたちのアイを永遠(えいえん)に」 《navzdy tuto laska》 bo ku ta qi no a i wo e i e n ni 虚白(こはく)の世界(せかい)の 真(ま)ん中(なか)で膝(ひざ)を ko ha ku no se ka i no ma n na ka de hi za wo 抱(かか)えて自由(じゆう)を叫(さけ)んでいた ka ka e te ji yu- wo sa ke n dei ta 好(す)きに生(い)きなって言(い)ったって su ki ni i ki na tte i tta tte 分(わ)からないよ教(おし)えてよ縛(しば)ってよ wa ka la na i yo o xi e te yo xi ba- te yo 暗闇(くらやみ)の自由(じゆう)より ku la ya mi no ji yu- yo li 鎖(くさり)につながれた光(ひかり)でいいんだ ku sa li ni cu na ga le ta hi ka li de i-n da Give me 好,"Love" that is my all. Give me suki,"Love" that is my all. 「愛(あい)したりないなら隠(かく)り世(よ)で」 a i xi ta li na i na la ka ku li yo de 琥珀(こはく)の身体(からだ)も 二人(ふたり)の絆(きずな)も ko ha ku no ka la da mo hu ta li no ki zu na mo 失(うしな)う不安(ふあん)で壊(こわ)れてしまった u xi na u hu a n de ko wa le te xi ma tta ギリギリなんだいつだって gi li gi li na n da i cu da tte だからラルラルラルリラる 《あんなことやこんなことをする》んだろ Ah da ka la la lu la lu la lu li la lu n da lo Ah 息(いき)してよ Lover. i ki xi te yo Lover. 田中姬铃木雏• HIMEHINA• 琥珀の身体.

次の

琥珀の身体

琥珀 の 身体

琥珀(アンバー)の石言葉・宝石言葉の1つ目は、「抱擁」です。 現代でも古くから薬として使用されているほど強いヒーリング作用をもつ琥珀は、日頃のストレスや緊張から解放し、気の巡りを良くしてくれます。 そのためカッサなどのマッサージプレートにも多く琥珀が使用されています。 また3000万年以上も昔からの天然樹脂でできた琥珀は「太陽のしずく」と呼ばれるほどの暖かな太陽パワーを持っています。 そのため大変浄化力が強く、持ち主のネガティブな思考や鬱々とした負のエネルギーを体の内側から綺麗に浄化し、心を穏やでフラットな状態に包み込んでくれます。 実際に琥珀には帯電する性質を持ち、擦ると暖かみを感じることができるでしょう。 心を修復したい時や今日は少し疲れたなと感じた時には積極的に琥珀(アンバー)の持つ「抱擁力」に触れていきましょう。 琥珀には持ち主の体調に合わせて生命力を支える力があるといわれています。 特に喉や、胃腸といった呼吸器系、循環器系などのエネルギーを取り込みやすい部位に効果があり、マイナスの波動をプラスに変えてくれます。 樹木や太陽の生命エネルギーを取り込み作られた琥珀(アンバー)は昔から人々を支えてきました。 琥珀は子供が持つと悪霊や病魔を遠ざけるお守りとなり、大人が持つと健康や長寿を司るお守りになります。 また古代ペルシャでは国王が不死身の力を与えるお守りとして琥珀を身につけていたともいわれています。 体の不調を感じたり、疲れを感じた時には琥珀(アンバー)を胸や喉に当ててみましょう。 同じく不老不死の石とされるアクアマリンにも「長寿」の意味をあります。 次項の記事ではアクアマリンの持つ石言葉やその効果をご紹介していますのでぜひ合わせてご覧ください。 琥珀(アンバー)の石言葉・宝石言葉の3つ目は「財運」です。 その美しい黄金の飴色からも想像できるようにお金を引き寄せる力を持つとされています。 風水では白虎の石とされ、末代までお金に困ることなく繁栄すると珍重されています。 お財布に入れたり、近くに琥珀を置いておくのがいいかもしれませんね。 また琥珀(アンバー)の中には虫や花、木の葉などが樹液と共に閉じ込められそのまま琥珀になったものもあります。 そのようなインクリュージョンを含む琥珀はとても希少で価値が高く、通常の琥珀よりも強く運を引き寄せてくれます。 そのため金運を上げたい方はぜひインクリュージョン入りの琥珀を選びましょう。 琥珀以外にも商売繁盛に良いとされるシトリンや富を逃さない力を持つガーデンクォーツ、王道のタイガーアイなども「財運」、「金運」に良いとされています。 その中から見た目も明るく美しいシトリンを紹介した記事もございますのでぜひ合わせてご覧ください。 琥珀(アンバー)の石言葉・宝石言葉の4つ目は「帝王」です。 琥珀の持つ太陽の力が心を浄化し、決断力や勇気を与えてくれることを意味します。 琥珀は昔から古代ペルシャの国王をはじめ多くの権力者たちを惹きつけ、愛されてきました。 これも本能的に彼らが琥珀の持つ「帝王」の力を感じていたのかもしれません。 また、ロシアのエカテリーナ宮殿にはなんと5トンもの琥珀を使用して作られた「琥珀の間」と呼ばれる部屋があります。 壁一面を琥珀に覆われた黄金の部屋でエカテリーナ二世は癒しの時を過ごしたといわれています。 このように琥珀(アンバー)は、仕事について迷いがある時、成功を収めたい時、対人関係で悩んでいる時、夢を叶えたい時など様々な場面で持ち主のエネルギーに調和をもたらしサポートしてくれることでしょう。 琥珀は鉱物と違い樹液・樹脂でできた化石のため非常に軽く、ブレスレットとして長く付けていても重さで疲れることがないため女性には特におすすめです。 またブレスレットの場合、健康であればアベンチュリンやジェダイなどと、金運であればタイガーアイやルチルクォーツなどといった望む効果に合わせて好きなようにオリジナルの組み合わせを楽しめます。 何より琥珀との肌密着が高く、一番に琥珀のもつエネルギーを感じることができるでしょう。 また琥珀のもつ帯電する性質によりすぐに自身の体温と馴染みヒヤッとすることなく安心して付けることができるのもポイントです。

次の