ヒゲダン アルバム おすすめ。 Official髭男dism ファンが選ぶおすすめ人気曲ランキングBest10はコレだ!【投票結果】│新時代レポ

【話題】Official髭男dismの人気曲5選!!これであなたもヒゲダンの虜になる

ヒゲダン アルバム おすすめ

藤原聡のピアノ経歴を紹介します。 藤原聡は幼稚園の頃からクラシックピアノを習っていました。 ピアノを習い始めたきっかけは彼のご両親の影響によるものだそうです。 ピアノ教室でクラシックを習う場合、指をスムーズに動かすための練習曲と、応用としてベートーベンやモーツァルトなど、クラシックの作曲家の曲の両方を並行して練習していきます。 したがって、藤原のピアノの技術は幼少期から習っていたクラシックピアノの経験に裏付けされたものです。 ピアノを習っていたのが何歳までかという情報はありませんが、先日のインスタライブでも見事なピアノ弾き語りを披露していたことから、この後に紹介するドラムでバンド活動をしていた時期も継続的にピアノを弾いてきたことは確実だと言えます。 これは幼少期から楽器を始めた人でも一部の人にしか身につかない音感です。 この特異な音感は、彼の作曲の場面だけでなく、バンドメンバーでアレンジを詰めていく際にも真価を発揮しているとのことです。 藤原聡はバンドではボーカルも務めることから、本格的なピアノ演奏は見たことがなかったのですが、先日のインスタライブで弾き語りを聴くことができました。 ピアノは本当に上手かったですね。 しかも選曲はリスナーのリクエストに応える即興で、ピアノ伴奏ならではのアレンジも入れられていましたから。 ヒゲダン Official髭男dism 藤原聡はドラムもできる!小学生から習ってリズム感抜群! ヒゲダン Official髭男dism 藤原聡は、実はデビューまでのバンド活動ではドラム歴が圧倒的に長く、ボーカルを始めたのは大学時代にヒゲダンを結成した2012年からでした。 藤原は小学5年生からドラムを始めました。 きっかけは金管バンドに入りパーカッション担当になったことで、本当はトロンボーンをやりたかったそうですが…。 中学時代は吹奏楽部に所属してパーカッションを担当、高校時代に組んだバンド「EVER GREEN」でもドラムが担当で、大学の軽音楽部でも最初はドラムを叩いていたそうです。 ヒゲダン結成時にボーカルに転向することになりますが、それまで本格的なボーカル経験は全くなく、周囲から反対の声もあったとか。 バンドの中でもステージでいつも奥にいるドラムと、バンドの顔としてステージの一番前に立つボーカルとではかなり立ち位置や存在感が違ってくるもので、このときの経験や心境が「異端なスター」の歌詞の元になっているそうです。 ボーカリストになるということは、ステージの一番前で歌うだけでなく、ライブでのメインMCも務めなければならないなど、要求されることは多いですからね。 ピアノが主に指先に集中する楽器なのに対して、ドラムは全身を使い、ひたすらリズムと向かい合っていく楽器ですから、ピアノだけでなくドラムの腕前も持っているというのは凄いことですよね。 またボーカル経験が短かったということも驚きです。 ヒゲダン Official髭男dism 藤原聡の歌唱力がすごい!お化け級の上手さ!? ヒゲダン Official髭男dism 藤原聡のボーカリストとして歌唱力が高く評価されている藤原聡。 その特徴として• 音域の広さ、特に驚異的なハイトーンボイス• リズム感が良く、細かいビブラートを使える• ハスキーな声質で耳に残る特徴的な声 といった点が挙げられます。 驚異的なハイトーンボイス 藤原のボーカルの大きな特徴が驚異的なハイトーンボイスです。 実際、hi C ド までは安定した太い声で出すことができ、「Pretender」などの曲で聴くことができます。 一般的なプロの男性ボーカリストの場合、このラインがhi A ラ あたりになるため、そのかなり上をいくハイトーンです。 また、一般的に高音になるほど声が細くなるものなのですが、藤原の声はhi Cでも細さを見せないことも大きな特徴です。 この帯域の音を自然に出せることが、ヒゲダンの楽曲を自然に聴かせることができている要因になっているわけです。 これは普通の男性では全く届かない音域です。 声の帯域が一般的な男性より高いぶん低い声はあまり得意ではないようですが、一方でそのハスキーな声質ゆえに低い音のメロディではとても甘く優しい魅力的な声を聴かせてくれます。 リズム感の良さ 藤原のボーカルは、そのリズム感の良さも高く評価される点です。 アップテンポの曲やタイトなビートの曲、細かいメロディや歌詞の譜割りの中でボーカルが活きるのも、藤原のリズム感の良さがあってこそのものです。 すなわち、ドラムやビートを特に意識した歌い方が可能で、このリズム感は彼のドラムの経験からきているものだと考えられます。 さらに、細かいビブラートを歌うことができることから、短い音符に対してもビブラートを付けて歌うことができるのも彼のボーカルの大きな特徴のひとつです。 ハスキーな声質の魅力と表現力の高さ 驚異的なハイトーンボイスと高い音域での歌唱技術の高さだけでなく、藤原のハスキーボイスを基調とする声質は甘くセクシーで、楽曲の場面に応じて優しさや可愛さ、力強さや頼もしさといった様々な表情を見せてくれます。 またこのほかにも、歌番組やライブでもCDクオリティの生歌を披露できるという抜群の歌の上手さ・安定感も彼の歌唱力の高さとして評価されています。 「Pretender」で藤原聡の音域を確認してみて、改めてハイトーンに驚いたことはもちろん、やはりそれをサラリと歌ってしまうことに凄さを感じました。 もっと高い曲の高音ではスカッとさせてくれる声が気持ちよく、また低域の甘い声く優しい声もとても素敵です。 どの音域でもそれぞれ魅力的な顔を持つ藤原聡のボーカルには本当に中毒性がありますね。 ヒゲダン Official髭男dism 藤原聡の歌唱力の世間の反応は? ヒゲダン Official髭男dism 藤原聡の歌唱力は実際に世間の反応としてどのような評価を受けているのでしょうか? その一部を紹介します。 ヒゲダンってさ、なんでここまでブレイクしたかって、曲もそうだけど、ボーカルの圧倒的な歌唱力だよな。 歌ってみると判るけど、高低差の切替がすごく難しいし、裏声やしゃくりとかも使いまくっててとんでもない技術力を要求される。 ボーカルの音のブレなさがすごいわ。 ヒゲダンの人気の理由として藤原聡の歌唱力の高さが大きな要のひとつになっていることがわかりますね。 ヒゲダン Official髭男dism はメンバー全員歌が上手いって本当? ヒゲダン Official髭男dism はメンバー全員が自分の楽器とコーラスを担当しています。 ヒゲダンの曲はメンバーによるハモりや重厚なコーラスの入った曲も多く、各メンバーの歌の上手さは確かなものです。 特に『Traveler』収録の「ビンテージ」は美しいコーラスワークを聴くことがでる1曲としておすすめです。 コーラスはメンバーの歌唱技術の高さだけでなく、コーラスアレンジもヒゲダン自身で行っていることも彼らの実力の高さがわかるポイントです。 ここで紹介した「ビンテージ」を初めて聴いたときは、コーラスワークの綺麗さからベテランアーティストの音楽を聴いている錯覚に陥りました。 でも、ベテランバンドでも楽器演奏と重厚なコーラスワークをこなせるバンドは少ないのが実際なんですよね。 ヒゲダンは年齢的にこそ若手バンドですが、その実力は間違いなくJ-POPシーンを牽引するバンドだと言えます。 ヒゲダン Official髭男dism 藤原聡の経歴や生い立ちとプロフィールは? ヒゲダン Official髭男dism 藤原聡の経歴や生い立ちとプロフィールについてのまとめです。 ちなみに、「藤原」は「ふじわら」ではなく「ふじはら」と読みます。 名前:藤原聡 ふじはら さとし 生年月日:1991年8月19日 2020年5月現在:28歳 出身地:鳥取県米子市 身長:164cm 血液型:O型 愛称:「さとっちゃん」、「さとし」、「さとしくん」 出身校:島根大学 藤原聡は幼少期からピアノ、小学生からドラムを始め、中学では吹奏楽部、高校では吹奏楽部とロックバンドの活動を行うなど、音楽に恵まれた環境で育ちました。 高校は県内でも有数の進学校である米子東高校へ進学します。 高校時代は吹奏楽部に所属するかたわら、「BUMP OF CHICKEN」や「RADWIMPS」などのコピーバンドを行っていました。 またこの頃から作曲活動を始め、オリジナル曲を演奏するバンドも組むようになりました。 その後進学した島根大学で2012年にヒゲダンを結成。 大学卒業後は島根銀行に就職し、2年間営業マンとして勤務していました。 しかしすでに藤原は銀行への内定が決まっていたため、一般の社会人としての就職を選ぶことになりました。 銀行員時代は金曜の夜行バスで東京へ向かい、土日にライブ活動を行った後、日曜の夜行バスで仕事に戻るというハードな生活を送っており、2015年にインディーズデビューした時点でもサラリーマンでした。 2016年に上京を決意し銀行を退職した際には、職場の同僚や上司から熱い応援を受けたそうです。 2019年11月には一般女性と結婚したことを公表します。 その出会いは音楽がきっかけだったとのことです。 バンド内ではボーカルとピアノ・キーボードのほかに、プログラミング、パーカッション、ギターも演奏するマルチプレイヤーで、ヒゲダンのほとんどの楽曲の作詞・作曲を手掛けています。 でも、経歴からは特に銀行員時代など、色々と苦労を重ねてきたこともわかりますね。 これからのヒゲダン、藤原聡の活躍に期待したいですね。 ヒゲダン Official髭男dism 藤原聡はピアノも上手い!歌唱力お化けの理由は? のまとめ ヒゲダン Official髭男dism 藤原聡のピアノの腕前は、幼少期から習っていたクラシックピアノによって身についたものです。 その技術はバンドの曲をひとりでピアノ弾き語りとしても披露できるほど卓越した腕前です。 また、絶対音感の持ち主でもあり、その能力は作曲やバンドのアレンジにも活かされています。 ボーカリストとしての藤原聡は、驚異的なハイトーンボイスと抜群のリズム感、表情豊かな魅力ある声質、そして抜群の安定感を誇ります。

次の

【Official髭男dism】ヒゲダンおすすめ曲は?チケット先行予約はいつから?【紅白初出場】

ヒゲダン アルバム おすすめ

愛に対する価値観の違いがリアルです。 主人公は、愛を知り過ぎてしまった故に、愛に愛想を尽かしているようですね。 詩の表現力にも注目です。 どうせ愛なんてさ 言わなくても通じてるから そう信じて今まで歩いてきたんだが 不安にさせていたんなら 不満が溜まってたなら 僕が変わっていくから もう一度だけ だって 二人の間から 生まれてきた愛だから それが続くことが 生きがいになっていたから 悲しい思いなんか もう絶対にさせないから 「もう愛なんて要らない一人でいい」なんて 言わせないと誓うよ 9位 ノーダウト 彼らの楽曲中でもかなり知名度が高い 『ノーダウト』 ドラマの主題歌として 注目を浴びた当楽曲ですが バラード系の曲が多い髭男のなかでは、 実は変わった曲風なのです。 熱気あふれる楽曲ですね。 ノーダウトとは 疑いがない、不安がないということ。 早くデマカセに気づいて 騙してたわけに気づいて 誰に何度裏切られても 目を覚まして 笑って one more time Let me show 神様も ハマるほどの 大嘘を oh 誰も ハリボテと 知るよしもない 完璧な lie and lie lie and lie そして少しの愛で let me show 欲張りのその向こうを 8位 異端なスター 自分を変えたいあなたへ贈る 『異端なスター』 人に合わせて無難に生きることは簡単です。 しかし、それでいいのか? という、疑問が込められています。 薄っぺらい友情や 寂しさ予防の恋愛 に対して、思うことがある人は 是非、お聴きください! センチメンタルな曲調の中にある、確実な歌唱力を改めて思い知らされます。 「平等だ」って嘘ついた 頭を撫でられ喜んだ いい子になんてならないで! 「調子にのって出しゃばった 火をつけ回る異端なスター」 そんな汚名着せられてもいいから どうか 叫んで 歌って 何か変えたいなら どうか 歌って スポンサーリンク 7位 Tell Me Baby 曲中ずっと同じコード進行かと思うと、サビになると一気に開放感溢れる。 この楽曲は関ジャムで紹介されたことで一躍話題に。 妖艶な雰囲気とクールな疾走感に 中毒者になってしまうこと間違いなし。 絶望的な歌詞から始まる当楽曲ですが、ポップな曲調がずっしりした歌詞を取り払っていますね。 どん底状態から救い出してくれるようです。 イヤホンつけたら1人じゃないから 「音楽に逃げてもいいんだよ」 と、言ってくれている気がします。

次の

Official髭男dism ファンが選ぶおすすめ人気曲ランキングBest10はコレだ!【投票結果】│新時代レポ

ヒゲダン アルバム おすすめ

タグ 2019 2019. ジャニーズWEST しょうこじ シルク シルクロード シンカリオン シンプル スタートゥインクルプリキュア スタプリ ストーンズ ストロベリーナイト ストロベリームーン スノーマン スノスト スピッツ ソラミィフェスタ それSnowManにやらせて下さい それスノ タイ タピオカ タピオカミルクティー タンブラー チケット つくば市 つくば市長 テーマソング ディズニーデラックス ディズニープラス テセウスの船 テレビドラマ ドクター有原 トップ ドライイースト ドライブ ドラえもん トラジャ トラビスジャパン ドラフト1 どらま ヌマジ ヌマジ交通ミュージアム ネタバレ ネックレス バースデーカード ハーフ ハイタッチ会 バックハグ パノラマ パラレルワールド バレンタイン パン屋 ヒーリングっどプリキュア ヒゲダン ひろし ファッション ファン ファンクラブ フィッシャーズ フェスタ フジグラン プラネタリウム プリキュア プリキュア映画 プリンセス編 プレーパーク ふれあい プロフィール ベーキングパウダー べっこうあめ ボイメン ポケモン ポケモン映画 ポップコーン マクドナルド まことお兄さん マスク マック みきお ミスチル むつ市長 めめ メンバー メンバー紹介 やまとなでしこ ユースケ・サンタマリア ユーチューバー ゆうこす ラウール ラクガキングダム ラップ ランキング ランドセル ラン活 りとかん リトルかんさい ルビーチョコレート 一般 上映館 上質 上野樹里 中学校受験 中村獅童 中村鞄 中林大樹 中止 主題歌 乗り物 五十嵐市長 五十嵐立青 交通ランド 人形 人気 人気ランキング 人気順 代表作 伊藤健太郎 会員証 体重 倍率 兄 兄弟 入場料 全国一斉花火大会 八天堂 公園 共働き 共演 再上映 再婚 出身 出身大学 初回プレス 初回特典 初回限定盤 前売り券 前売券 加藤みきお 動物 動物園 動画 北海道知事 千葉市長 半沢直樹 半沢直樹2 卒業 博多南 原作 吉村洋文 吉村知事 吉田鋼太郎 名前 名言 向井康二 四国水族館 国内 土管 在庫 堂林翔太 場所 堺雅人 塩田知事 増税 声優 声優歴 売り切れ 多田修平 大学 大芝公園 大阪府知事 天堂先生 天海祐希 夫人 女子力 好きなタイプ 嫁 子供 子役 子連れママにおすすめ 学校 学歴 守屋麗奈 安佐動物園 宝塚 実写版 宮下宗一郎 宮野真守 家族 家系図 富澤商店 寺山公園 寺迫公園 対策 小学校 小林由美子 小泉孝太郎 小泉進次郎 少年たち 展示会 岩橋玄樹 岸優太 工作 工房 平野紫耀 年パス 年収 年齢 幼児 幼稚園 広島 広島市 広島市中区 広島市安佐北区 広島市安佐南区 広島市西区 広島祇園 広島空港 庄司浩平 店舗 延期 弟 当日 彩風咲奈 彼女 復活当選 心 恋つづ 恋はつづくよどこまでも 恋は続くよどこまでも 感想 手作り 放送地域 文吾 新メンバー 新一年生 新恐竜 新曲 日程 早割 明治大学 明音 映画 映画館 最新 有能 木ままや 本屋 本田康祐 材料 東京オリンピック 東京人気店ランキング 柴崎楓雅 校長 森カンナ 森下暢仁 森下颯太 森矢カンナ 楽天市場 横浜流星 橋岡優輝 橋岡大樹 欅坂46 歌舞伎 正義の味方 歴代 母 母親 母親違う 永瀬廉 池田屋 池田屋福岡店 河井あんり 河井克行 河井案里 混雑 清原翔 滝沢歌舞伎 滝沢歌舞伎ZERO 漢字 無能 熊谷俊人 父 父親 犯人 王道 田中樹 申し込み 画像 病院の治し方 発売日 発表 白石きらら 目 目黒蓮 矢島晶子 知事 短距離 神宮寺勇太 祭り 福岡 私服 竹内結子 第7世代 筋肉 経歴 結婚 緑井 老舗 考察 職業 職歴 自宅 自転車 芝生 花沢さん 花火大会 藤井アナ 藤井風 藤光謙司 藤原紀香 見逃し 誕生日 誰 走り幅跳び 身長 車 迷路 追加メンバー 進化理論 遊び 遊び場 都市伝説 金丸刑事 釘宮理恵 鈴 鈴木直道 鈴木知事 鏡 長楽寺 関西 阿部亮平 陸上 雨の日 雪組 音楽の日2020 音臼村祭 飛行場 飛行機 飲食中止 馬場雄大 駐車場 高校 高陽 髪型 髭男 鹿児島県 黒幕 ヒゲダン Official髭男dism のCDは何枚出ている? ヒゲダンは2015年にミニアルバム『ラブとピースは君の中』でインディーズデビューを果たしました。 以降『ラブとピースは君の中』を含め、• シングルCD4枚• EP2枚• ミニアルバム3枚• オリジナルアルバム フルアルバム 2枚 をリリースしています。 メジャーデビューは2018年4月11日にリリースされた シングル「ノーダウト」で、ポニーキャニオンからリリースされました。 全てのシングルとEP「Stand By You」、アルバム『Traveler』がメジャー作品になります。 この他に、山根万里奈とのコラボシングル「恋の最chu! 全13曲を収録し、全曲の作詞・作曲を藤原聡が手掛けています。 このアルバム収録曲「 ノーダウト」が フジテレビ系月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」の主題歌としてシングルリリースされました。 「ノーダウト」のほかのタイアップ曲としては「Drive」、「115万キロのフィルム」が収録されており、「Tell Me Baby」「ブラザーズ」「Drive」「LADY」が配信限定シングルとしてリリースされています。 ヒゲダン Official髭男dism のおすすめの人気9曲 ヒゲダンの人気曲の中から、特におすすめしたい楽曲を9曲、聴きどころを添えて紹介します。 「Pretender」 ふんだんに韻を踏んだ歌詞が印象的なUKロック風ミディアムバラードです。 1番のサビに入るところの「グッバイ」で一気に心を掴まれ、バッドエンドでありながら「君は綺麗だ」と未練を残す切ない歌詞の世界に没入してしまいます。 メロディラインは短いフレーズを繰り返しながらコードだけが変わっていくという手法が随所に見られ、聴き終わっても耳から離れないインパクトを与えます。 同じ手法がイントロやアウトロのピアノでも用いられ、一定のアルペジオに対してコードだけチェンジしていくことにより楽曲全体の統一性を高め、切なくも感動的な余韻を与えてくれます。 アルバム『 Traveler』に収録されています。 「宿命」 サビのメロディがとてもキャッチーなソウルフルロックナンバーです。 とにかく音が太く、イントロからアナログシンセとブラスが印象的な演出を担っており、 曲が始まった瞬間から「最新のヒゲダンサウンドがきた!」と胸躍ります。 高校野球のために書き下ろされた楽曲で、1番サビ前や後サビの前、後サビ終わりではオケの音を抜いたり音数を減らすアレンジ手法によって歌詞のメッセージ性を高めています。 実はBメロが結構長尺なのですが、Aメロも含めて全てが印象的なサビへの盛り上げのために計算されており、無駄の無い楽曲構成がソングライティング力の高さを示しています。 何かに頑張っている人がこの曲を聞いて感動しないわけがない、 元気をもらいたいときに是非聞きたいおすすめの1曲です。 こちらもアルバム『 Traveler』に収録されています。 「コーヒーとシロップ」 冒頭から抑揚を極力抑えて淡々と歌うボーカルが印象的な楽曲。 歌詞の主人公は新社会人。 社会に揉まれて色々と悩みが増え、精神的な閉塞感に陥る頃。 一般の社会人経験がある藤原だから書ける歌詞だとも評されています。 特徴的な冒頭からの淡々とした歌唱は歌詞の主人公の精神状態を表しています。 そのボーカルが後半のCメロから表情を持ち始めます。 そして続く後サビでは曲が転調し、メロディも高音へのフェイクが入り、最後でもボーカルが高音へフェイクすることで一転、明日へ未来へ希望の曲へと変貌します。 しかし歌詞を見ると2番までのサビと後サビで言葉や内容が特別に変わっているわけではなく、サビ終わりの「それでいつか笑って、歌っていられたらな」 後サビでは読点が無い という歌詞は共通しています。 この部分の歌詞は、2番まではボヤっとした主人公の空想であったものを、後サビで能動的な希望へと変化させていて、それをアレンジと歌唱で実現している妙が高く評価できる曲です。 これから社会へ出ていく人や、若手に限らず全ての社会人におすすめしたい1曲です。 「ノーダウト」 ラテンファンクでスリリングなナンバーです。 刺激的な曲調と歌詞が ドラマ「コンフィデンスマンJP」とリンクしてヒットしたことが頷ける曲です。 この曲の最大のインパクトが冒頭5秒。 ここで一気にリスナーを惹きつけます。 そして巧妙なメロディーと歌詞の譜割りによるスリリングさがリスナーにある種の緊張感を与え続け、飽きる暇を与えません。 さらにバンドの演奏を2番で変えたり、2番終わりから曲の印象をガラッと変える展開に持ち込むといった秀逸なアレンジによって曲の最後までリスナーの耳を奪います。 ハスキーなボーカルはときにセクシー、ときにパワフルで、藤原聡のボーカリストとしての表現力の高さ、魅力をうかがい知ることのできる楽曲でもあります。 アルバム『 エスカパレード』に収録されています。 レンタル作品30,000本配信!(2020年3月時点) 電子書籍52万冊以上配信!70誌以上の雑誌が読み放題! あらゆるコンテンツが楽しめるサービスです。 まずは31日間の無料トライアルをお試しください! 5. 「ビンテージ」 メンバーによる美しいコーラスワークが印象的なアメリカンミディアムロックバラード。 ヒゲダンとしては珍しく特別なギミックのない曲ですが、シンプルな良曲としておすすめしたい1曲です。 演奏はスライド奏法を使ったブルージーなギターが印象的で、そのほか鍵盤にヴィンテージのエレピを用いたりドラムの質感にもこだわりが見られ、さらに後ろで流れるオルガンが優しい彩りを与えています。 少ない楽器と厚いコーラスによる柔らかなサウンドが目指したものもまた「ビンテージ」。 そのヴィンテージサウンドをバックにボーカルが温かいラブソングを優しく歌い上げます。 「SWEET TWEET」 「ピアノPOPバンド」というスタイルを象徴する心地良さの溢れた楽曲です。 ノリの良い4つ打ちのダンスビートにキャッチーなメロディとファンキーなギターが乗ります。 アレンジは打ち込みや電子音を使わず、バンド楽器のみの演奏で構成されているのが特徴です。 シンプルな歌詞と可愛い曲調の中で異彩を放っているのが間奏のギターソロ。 ポップスとしてはかなりの長尺です。 ヒゲダンの楽器の演奏能力の高さだけでなく、楽曲全体のアレンジ能力の高さも垣間見れる1曲。 ターゲットとしてはやはりティーンエイジャーにおすすめしたい曲です。 「異端なスター」 ポップでキャッチーなメロディーが印象的な1曲。 Bメロ終わりからサビはメロディがブルーノートをとるソウルフルな曲調へと展開します。 アレンジに関してはバンドの生演奏に加える形でシンセブラスのオブリガードが積極的に入ってくるのが特徴的。 その他にも様々なシンセ音源が入り、現在のヒゲダンのサウンド、アレンジが確立される前の模索期の楽曲として音楽的に興味深い作品です。 歌詞の内容は「売れないアーティストの決意ソング」。 今やヒゲダンは大成功を果たした「異端なスター」 ? であるからこそ、 ブレイク前の作品として是非とも聴いてもらいたい1曲です。 ボーカルのレンジがとても広く、Aメロの低い音域では甘い歌声で、サビのハイトーンは活き活きと歌い上げられ、さらに間奏にはファルセットのフェイクが入るという、ボーカリスト藤原聡の魅力が全編に渡りふんだんに詰まっています。 藤原ファンには必聴の1曲と言えるでしょう。 「Tell Me Baby」 80年代洋楽を彷彿とするディスコナンバー。 生演奏と打ち込みのハイブリッドサウンドとなっており、同じフレーズが繰り返されるシンセサイザーやボーコーダーによるコーラスを導入するといったエレクトロミュージック路線の意欲作に仕上がっています。 曲冒頭と間奏の途中に出てくるキメはボズ・スキャッグスの「JOJO」 1980年 のオマージュであり、AOR(大人向けのロック)への造詣がうかがえるところも聴きどころ。 アレンジ、サウンドとも余りにブラックミュージックとして完成されているためポップスとしての要素は薄い曲ですが、ヒゲダンの音楽性の守備範囲の広さを象徴する楽曲として、 8 0年代洋楽ディスコやAORの好きな人におすすめしたい1曲です。 「I Love…」 アナログシンセによる太いサウンドが特徴のミディアムバラード。 バンドの生演奏とサンプリングされた音源が高いレベルで融合されており、『Traveler』制作後の作品として、さらに音楽性を昇華させたヒゲダンの世界を堪能できます。 エレクトロ要素の強いサウンドの中でも各メンバーの見せ場があり、ボーカルの突き抜けるハイトーンは最高に心地よく必聴です。 ラブソングの歌詞は比喩を多く用いることによる独特の世界観を構築しており、 最新のヒゲダンを知ることのできる楽曲としておすすめの1曲です。 ヒゲダンのほとんどの楽曲の作詞・作曲は藤原聡 ボーカル・ピアノ が担当しており、彼のソングライティング能力の高さこそがヒゲダンの人気を不動のものにしている理由です。 ヒゲダンの楽曲は人気は特にストリーミングチャートに現れており、代表曲がロングヒットを続けています。 しかも複数の曲がロングヒットを続けているため、チャートの上位にヒゲダンの複数の曲がランクインする現象が起きています。 ストリーミングチャートでロングヒットを記録するということは、新しいリスナー生んでいることと、その曲が何度も聴かれているという事実を表しています。 これは、楽曲の普遍的な良さがなければ成し遂げられないことであり、もし普遍的な魅力を持たないヒット曲であれば一時のヒットで終わってしまいます。 したがって、ロングヒットというヒゲダンのストリーミングチャートでの現象は、ヒゲダンの楽曲の普遍的な良さを証明しています。 しかも複数の曲のロングヒットを同時に飛ばしていることは、ヒゲダンがアーティストとしての高い評価を手にしていることを物語っています。 それはまず何より、歌詞とメロディ 作詞と作曲 という楽曲の根幹が良いということが外せません。 実際、藤原の書く曲はポップでキャッチーな曲が多く、その魅力的なメロディや歌詞は親しみやすくリスナーを選ばない性質を持っています。 さらにその楽曲には何度も聴きたくなる中毒性があります。 このように、ヒゲダンの人気の理由の第一として、 藤原の作詞・作曲の能力の高さが外せないポイントです。 その洗練された楽曲の魅力は、リスナーに聴き終わったときの感動的な余韻を与え、もう一度再生したいという感情を沸かせます。 ヒゲダンの楽曲が時代を牽引するサウンドであることも彼らの人気の理由です。 さらに、新しいサウンドに挑戦し続ける姿勢とその実現がファンを広げる理由になっています。 ヒゲダンの音楽スタイルは「ピアノPOPバンド」と言われます。 デビューから5年の間でサウンドの変化はありますが、全ての曲をメンバー自身でアレンジを行うという基本スタイルは変化していません。 基本的なスタイルを変えないことによって、以前からのファンを離さず、また最近の曲で注目したリスナーをファンとして取り込むことに成功しています。 「ノーダウト」以降、ヒゲダンは音楽の表現手法として、アコースティック 生楽器 とエレクトロ 電気・電子楽器 、生演奏とプログラミングの融合した楽曲を多く送り出すようになりました。 そのような手法を用いても、「ピアノPOPバンド」というスタイルはしっかりと維持しています。 その上で表現方法として、アレンジの手法や手段を広げたことがリスナー層を広げることにつながりました。 アートの世界では、「新しさ」と「親しみやすさ」を備えたものがヒットすると言われています。 ヒゲダンのサウンドはJ-POPにおいて先進的で、「新しさ」を持っています。 しかし、新しいだけでは一部の人にしか目を向けてもらうことはできません。 ヒゲダンのサウンドは太く温かいことが特徴であり、それが耳に馴染みやすく心地よいものになっています。 またボーカルの 藤原聡の柔らかく優しい声質も魅力的で、リスナーを惹きつけます。 したがって、ヒゲダンのサウンドは 「新しさ」と「親しみやすさ」というヒットの条件をしっかりと備えているわけです。 ヒゲダンの楽曲が ドラマ「コンフィデンスマンJP」とその 劇場版「コンフィデンスマンJP -ロマンス編-」の主題歌に使われたことで、ヒゲダンは知名度と人気を広げました。 これらのドラマ・映画でのタイアップには、特に幅広い年齢層にヒゲダンの知名度を広げる効果がありました。 「コンフィデンスマンJP」はフジテレビ系列で月曜夜9時の枠で放送する「月9」ドラマで、このドラマの主題歌に使用されたのが「ノーダウト」です。 このドラマでは各話にゲスト出演として江口洋介、石黒賢、佐野史郎、かたせ梨乃、竜雷太ら名優が出演しています。 特に「月9」が高視聴率を叩き出していた頃の看板俳優である江口洋介の出演は話題を誘いました。 「月9に江口洋介が出演」という話題に最も反応するのは今の40代以上の年齢層です。 このドラマの視聴率は結果として大きくは伸びなかったものの、その後劇場版として制作された「コンフィデンスマンJP -ロマンス編-」は観客動員200万人の大ヒットとなりました。 そしてその 映画の主題歌が「 Pretender」です。 このような事情から、ヒゲダンの楽曲が「コンフィデンスJP」のドラマや映画の主題歌に使用されたことは、ヒゲダンが幅広い世代から認識されるきっかけとなりました。 ヒゲダン Official髭男dism のアルバムのおすすめは? 人気の理由はドラマ?のまとめ ヒゲダンの 人気の理由は、まずは何といっても 男女問わず幅広い年齢層に受け入れられる曲の良さであり、 藤原聡のソングライティング能力の高さにあります。 さらに、アコースティックと電気・電子楽器、デジタルとアナログを融合したアレンジによるバ ンドサウンドもヒゲダンの人気の理由の一つです。 現代的で先進的でありながらも暖かく耳に馴染むサウンドがリスナー層を限定させない人気バンドへの成長に拍車をかけました。 そして、 ボーカル藤原聡の甘く優しい声質と抜群の歌唱力もヒゲダンの人気の理由として忘れてはならない存在です。 ヒゲダンの おすすめのアルバムを1枚選ぶとしたら、やはり 最新作『Traveler』です。 彼らの代表曲が多数収録されたこのアルバムは「ピアノPOPバンド ヒゲダン」のサウンド面での一つの完成形に到達した作品です。 今後の彼らの作品においてベースとなるであろう作品ということから必聴の1枚です。 最後に、ヒゲダンの音楽をより楽しむ秘訣を紹介します。 是非ヒゲダンの楽曲をヘッドフォンやカーオーディオで大きめの音量で聴いてみてください。 藤原聡はデモ音源の段階から超低域の音を意識しゅして制作を行っているそうで、レコーディングの段階でもその超低域の音のバランスについてエンジニアと徹底的に詰めながら作品を仕上げています。 この超低域の音は家庭用のスピーカーではなかなか再生が難しいのが実情なのですが、ヘッドフォンでは再生が可能です。 良いヘッドフォンで聴くことによってヒゲダンの目指す本当のサウンドを体感することができるはずです。

次の