同時 多発 テロ と は。 同時多発テロとイラク戦争の関連性について

外務省: わかる!国際情勢 テロのない世界を目指して

同時 多発 テロ と は

「ムンバイの人口は、オーストラリアと同じくらい。 街の作りも複雑で、警察が到達するには時間がかかる。 だから、今作の舞台となるタージマハル・ホテルにいた人質たちも、助けを待つ間、お互いを頼りあうしかなかった。 何より驚かされたのはスタッフだ。 家に帰ることができたのに帰らなかった人、一度外に出たのに戻ってきた人がいたんだよ」 たとえば、主人公のウエイター(デヴ・パテル)や、彼の上司であるシェフ(アヌパム・カー)。 ウエイターは複数のモデルを混合した架空のキャラクターだが、シェフは実在の人物だ。 彼らの凄まじいサバイバルを描きつつ、マラスは攻撃する側も人間としてとらえようとした。 今年はマラスのご近所の国ニュージーランドでもショッキングな事件があったばかりだが、自分は特定の宗教を批判しないと強調する。 9%のムスリムは過激派に同意しない。 映画には、テロリストたちが教えられたことの偽善に気付くシーンがあるが、そこだけでなく、僕は、映画のあちこちに、過激派の若者が騙されている様子をちりばめたつもりだ」 このドラマチックな映画が作られる過程では、予期せぬドラマチックな出来事もあった。 ハーベイ・ワインスタインのセクハラ暴露で、今作を製作したワインスタイン・カンパニーが経営破綻に追い込まれたのである。 「彼の被害者には心から同情する。 でも彼は、この映画や、ほかの映画のために全身全霊を捧げた人たちをもまた被害者にしたんだよ。 この映画に携わった300人か400人のスタッフは、映画が日の目を見るのかとドキドキし続けた。 まあ、幸いなんとかなって、今こうやって僕は映画について話しているわけだけど」 ということは、ワインスタインも立派なテロリストになるのか。

次の

同時多発テロとイラク戦争の関連性について

同時 多発 テロ と は

クリックで好きなところへ移動できます• ハイジャック ニューヨークからそう遠くないところから離陸した 飛行機が4機ハイジャックされ、2機がニューヨークの世界貿易センタービルへ、1機がアメリカ国防省に突入した事件です。 もう1機はホワイトハウスを狙ったとみられていますが、山中に墜落しました。 時間は 朝の8時から9時の間でした。 飛行機は500人が乗るようなジャンボジェットではなく中型のジェット機でした。 4機ともジェット燃料を満タンにして飛び立ったあとすぐにハイジャックされて突入しています。 つまり犯人たちは、 ジェット燃料によって建物を燃やそうという計画があったものと思われます。 その思惑通りに世界貿易センタービルは火災を起こしました。 燃料タンクには約一万リットルが入ります。 それが突入したあとにビル内でこぼれたのです。 そして飛行中はその燃料を燃やしていますから 激突直後に引火します。 こぼれた燃料はガソリンと違って灯油に近い性質なのであまり気化しません。 110階建てのビルの一番上の方に激突しましたから、階下にジェット燃料は流れながら燃えたのです。 なぜ飛び降りた? 当然突入場所から上はフライパン状態です。 そしてそこから下もどんどん燃え始めました。 窓から飛び降りた人がいましたが、あれは飛び降りたのではなく 熱風に飛ばされたのです。 高層ビルは窓が密閉されていますから非常に危険です。 その中で火を焚くと空気の体積が増えてガラスをぶち破る勢いで空気が出ていきます。 人間の体重くらいなら軽く飛ばしてしまいます。 だから火事の時にはしゃがんで移動するべきと言われます。 それは酸素の比重が重いので床または地面近くの方が 呼吸を確保しやすいという意味と熱風に飛ばされるのを防ぐという意味があるのです。 911の直後は絶望して飛び降りたとか言われたことがありますが、300メートルの高さから生身で飛び降りるわけがありません。 そして階下へ流れながら燃えたジェット燃料は、 鉄骨の強度を奪っていきました。 実はこれが最大の目的だったのでしょう。 110階あるビルがあんなにくちゃくちゃになったのは、フレームが熱で柔らかくなったからです。 スポンサーリンク グラウンド・ゼロ しかし遠距離を飛ぶ予定で 燃料を満載していたジェット機を離陸直後に突入させてジェット燃料を垂れ流し、それが燃えることで高層ビルの強度にダメージを与えるっていう発想がすごいです。 考えついた人は悪い意味の天才です。 崩れ落ちた場所には、 凄い重量のガレキが積み上がりました。 そしてその重量でクレーターのように地面を圧縮したのです。 ビルの残骸を片付けたあとは、巨大な爆弾が落ちた跡のようでした。 そしてある人が言ったのです。 「まるで核爆弾の爆心地だ」と。 通常、 Ground Zero というのは広島と長崎の爆心地を意味します。 原子爆弾によって「何もない土地」になってしまったという意味です。 原爆の加害者であるアメリカ人が、自分たちが被害者になった時にこの言葉を使ったのです。 やはりアメリカ人の心には 原爆使用に対する後ろめたさがあるのだなと感じました。 そうでないとこの言葉は出てこないし定着もしないでしょう。 毎年9月11日になるとここで大統領も参加して大きな追悼セレモニーが行われます。 オススメ記事 やらせ? 911はアメリカが 戦争を始めるための「やらせ」だという説があり、実証する映画もできています。 確かにこの事件を契機としてブッシュ大統領の人気は上昇し、再選もしましたし彼がリードしてイラク戦争も始まりました。 事件の真相は不明ですが、一連の動きは、 アメリカという国が兵器や武器の生産と輸出抜きには成り立たないことを知らしめました。 イラクと無理やり戦争をしたことから、当時の弱点が自国の石油埋蔵量であることもわかりました。 オバマの時代に アメリカがシェールガスの大量埋蔵地であることがわかり、資源の面では中東を侵略する必要がなくなりました。 その後のイラクやシリアにおける混迷にアメリカは深く関わっていません。 しかし、ブッシュの時代に 「イラクはとんでもない兵器を隠している」といってイギリスと一緒に戦争してフセインを死刑にしたときから今の混迷はスタートしているのです。 そして結局、フセインは何も隠していませんでした。 まとめ 追悼とともに毎年叫ばれる「テロとの戦い」ですが、 911後にアメリカがとった戦いによって世界が変形したという歴史を忘れてはならないと思います。 中東の独裁者たちを肯定するわけではありませんが、今のような大量の難民は当時ありませんでした。 私はイラクやシリアの子どもたちが故郷に戻れる日がくることを願って911を追悼します。 グラウンド・ゼロが「死の商人」たちに有利な誓いをする場所でなく、 ヒロシマ・ナガサキのように不戦・非戦の誓いをする場所になってほしいものです。 世界平和関連記事 あなたはこの記事にどんな疑問や感想を持たれましたか。 下のコメント欄へ お気軽に入力してください。 共感または納得していただけましたら下のツイッターまたはフェイスブックのアイコンをクリックして 拡散していだだけると幸せです。 スポンサーリンク.

次の

【バッタ同時多発テロ】サバクトビバッタだけじゃない 中国と南米でも蝗害発生!

同時 多発 テロ と は

インド西海岸沿いに位置するムンバイ 2008年11月26日夜、インド最大の都市であり商業の中心地でもあるムンバイ(旧名ボンベイ)で、同時多発的に発生した10件のテロ立てこもり事件は、11月29日朝、がすべての立てこもり拠点を制圧して終結した。 少なくとも172人ないし174人 (うち34人は外国人)が死亡、負傷者は239人 にのぼることが確認されている。 テロ攻撃のうち8件が南ムンバイで起こった。 標的となったのは、混雑した、二カ所の五つ星ホテル(ナリーマン・ポイントにあると近くの)、コラバ地区にある旅行者に人気のレストラン()、カマ病院、のナリーマン・ハウス(ムンバイ・ハバド・ハウス)、メトロ・アドラブ映画館である。 ムンバイ警察の本部では対テロ特殊部隊の隊長を含む、少なくとも3人の幹部が銃撃戦によって死亡した。 ムンバイ港湾地区のマズガーオン造船所では爆発があった。 10件目の事件として、空港に近い北ムンバイのヴィレー・パールレー郊外におけるの爆発があげられるが、南ムンバイの同時テロとの関連性は不明である。 と名乗る組織から、事件のを主張するがに送られた。 によりこの電子メールの発信元はパキスタンであることがつきとめられた。 しかし、テロ実行犯たちの所属組織は特定されていない。 インドのは、このテロ事件は単独では実行不可能であったろうから、おそらく「外部とのつながり」があるだろうと述べた。 警察の発表によると、したテロリストのうち一人が、自分たち実行犯はパキスタンに本拠を置く組織(Lashkar-e-Taiba)に所属していると供述したとのことである が、このことはインド・パキスタン両国の関係に深刻な影響をもたらす可能性がある。 しかし、パキスタン政府はテロリスト集団への支援を否定し、「テロリストにはなど全く関係ない」との考えを明らかにした。 のテロリスト集団は2008年9月にも、ムンバイの市内複数箇所で爆破事件を起こすと犯行予告を出していた。 いくつかのテレビ報道によると、オベロイ・タワーで人質を取って立てこもっている最中、テロリストの一人は、国内のあるテレビチャンネルの放送において、人質解放の条件としてインドで拘束されている「」全員のを要求した。 また、この実行犯は、その場に7人の仲間が人質を取って立てこもっている、とも述べた。 この要求は、ナリーマン・ハウスの人質の一人がにあるイスラエルへかけた電話でなされたものと伝える報道もある。 がこの攻撃に関与しているかどうかについては、の間でも意見が分かれている。 パキスタンに詳しい解説者の中には、この事件の背景にはインド国内のテロ勢力がいると示唆する向きもある。 ムンバイ同時テロは11月28日早朝にいったん終結宣言が出されたが、直後に撤回された。 鎮火され、兵士たちが人質を避難させ、犠牲者の遺体を片付けていた ナリーマン・ハウスとオベロイ・トライデントでは、特殊部隊兵士により人質が救出された。 ユダヤセンターでは殺害された5人の人質が発見された。 ニュースはその後、タージマハル・ホテルには依然2~3人のテロリストが潜伏しており、複数の爆発音が聞こえ銃撃戦が続いていると報じた。 火災がタージマハル・ホテルの一階で発生し、二階部分からもうもうたる煙が立ち上った。 タージマハル・ホテルの建物への損害はすさまじく、屋根部分のドームを含むパレス棟の一部は破壊されたと伝えられた。 軍治安部隊(NSG)によるホテル鎮圧作戦は完了し、その際に実行犯3人が死亡したとされている。 タージマハル・ホテルの制圧が完了し同時テロ事件が本当に終結したのは、11月29日朝のことであった。 このテロ事件は、インドとパキスタンの緊張関係を一層悪化させた。 インド外務省は、12月1日にパキスタン高等弁務官のShahid Malikを呼び、パキスタンの土壌から生まれたテロをパキスタンが抑え込めなかったことについて公式に抗議した。 場所 [ ] 場所 攻撃の種類 銃撃、手榴弾攻撃 コラバ地区の 銃撃 銃撃 、6回の爆発、地下・1階・最上階の火事、人質 、 も近くで見つかっている ホテル 銃撃、爆発、人質、火事 カージャックされた警察ジープからの銃撃 銃撃、人質 (ムンバイ・ハバド・ハウス 立てこもり、銃撃 、人質 北ムンバイ、ヴィレー・パールレー郊外 車の爆破 爆発、船の占拠 ガムデーヴィー警察署のチームによりテロリスト一人が殺され、一人が拘束された 出来事 [ ] インドは近年多くの爆弾攻撃を受けており、ムンバイも多くのテロ攻撃を受けてきた。 今回のテロ攻撃に先立ち、タージマハル・ホテルのオーナーやインド沿岸警備隊には警告が届いていた。 アメリカもインドに対して、海路を経由したテロ攻撃について警告を行っていた。 今回のテロに参加したテロリストの多くは、港の外に停泊した船舶からボートに乗り移ってムンバイに上陸したものと考えられている。 コラバ地区でテロリストを探す警察 11月26日午後8時10分、大きなバッグをいくつも抱えた10人くらいのイスラーム系テロリストを載せたボートがムンバイのカフ・パレード近隣の Macchimar Nagarに着岸し、そこで6人が上陸し、4人は岸に沿って航海を続けた。 近隣住人がそのグループに職業を尋ねると、彼らは学生だと答えた。 午後8時30分、同じような出来事がコラバ地区でもあった。 を話す10人の男が空気注入式の高速ボートに乗って岸についた。 彼らは、を話す地元の漁師に向かって、余計な御世話だと言うと2方向にわかれて去った。 この漁師は警察に報告したが、ほとんど反応はなかったという。 テロ攻撃は午後9時20分ごろ始まった。 このとき、自動小銃で武装した2人のテロリストがに入ってきて、銃を撃ち手榴弾を投げ 、少なくとも10人が死亡した。 タージマハル・ホテルでは、2人のテロリストが7人の外国人を含む15人の人質をとって立てこもった。 オベロイ・トライデントの内部 オベロイ・トライデントホテルでは、40人が人質となっていた。 爆発はタージマハル・ホテルで6回、オベロイ・トライデントで1回あったと報じられた。 タージマハル・ホテルは、午前4時22分には政府に完全に統制されたと報じられ 、インド人のコマンドがオベロイの中にいた二人のテロリストを殺害し、建物を制圧した。 二か所のホテルではが起き、急襲部隊と陸軍に包囲されていた。 陸軍のコマンド400人と NSG のコマンド300人と、36から100人のMARCOSコマンドが現場に送られた。 テレビ局からのライブ映像をテロリストが受信しているという報告があり、ホテルへの配信は停止された。 タージマハル・ホテルではすべてのテロリストが排除され、警察とが中に残されていた50人ほどの人々を救いだそうと働いていた。 ヴィル・パールで小規模の爆発があり、サンタクルーズも手榴弾で攻撃されたと報じられた。 南ムンバイの Nepean Sea Roadでも2回の爆発が報じられた。 現地の鉄道のうち、インド西部鉄道のムンバイ郊外線は運行していたが、インド中央鉄道は止まっていた。 立てこもりが続くオベロイではさらなる爆発が報じられた。 その間、警察はマズガーオン造船所に停泊していた武器弾薬が満載のボートを押収した。 事件直後のタージマハル・ホテル(2008年12月撮影) 襲われたホテルには、さまざまな国や組織の議員なども滞在していて、巻き込まれかけたり危うく難を逃れたりしている。 ニューヨーク・タイムズによると、テロリストはコラバ地区にあるハバド・ルバヴィッチ派のナリマン・ハウス(ムンバイ・ハバド・ハウス でも人質をとって立てこもった。 11月29日早朝、ラビである Gavriel Holtzberg師とその夫人はほかの人質とともに建物の中で殺されているのが発見されたと報じられた。 11月29日、タイムズ・オブ・インディアは、この戦いは発生から60時間後にインド治安部隊の手で終結したと報じた。 タージマハル・ホテルで最後の作戦が完了したのは、11月29日午前8時のことだった。 治安部隊はオベロイ・トライデントで250人、タージマハル・ホテルで300人、ナリーマン・ハウスで12家族60人を救出した。 11月29日付のABCニュースによると殺された人は計172人にのぼった。 犯行声明 [ ] デカン・ムジャーヒディーンと名乗る組織が報道機関への電子メールで 関与を主張している。 9月には、インィアン・ムジャーヒディーンが将来、攻撃を行うと警告していた。 目撃者によると、銃をもったテロリストたちは、アメリカと英国のをもった人間をより分けていたという。 同時に、インデペンデント紙によれば、攻撃者はヒンディー語もしくはウルドゥー語を話す若い系で、自分たちは外国人ではなくインド武装勢力のメンバーであると示唆していたという。 いくつかのメディアは、これらのテロ攻撃をパキスタンに本拠を置くイスラーム武装勢力ラシュカレトイバによるものと報じている。 によれば、国際的なセキュリティ専門家がデカン・ムジャーヒディーンについて何も発見できないとし、の一人はこれを表看板と見ているという。 もしラシュカレトイバが関与しているなら、このテロはアルカーイダにつながる可能性がある が、 ラシュカレトイバは関与を否定している。 テレビのSky Newsはテロリストの一人が「お前たちはでどれだけ多くの人が殺されたか知っているのか?お前たちの軍隊がをどのように殺してきたか知っているのか?」とパキスタン訛りのアクセントで叫んだと報じた。 は アルカーイダが関与しているのではないかとの憶測について、ミスリーディングであろうとしている。 によれば、のある教授は、アルカーイダはテロ作戦について詳細な計画を設定するが、世界各地でわれわれが見るのはその計画をコピーしたアルカーイダとは異なる人々、異なるグループであると論じる。 多くのアナリストが、今回の攻撃はパキスタン勢力ではなく、今年一連の爆破事件を起こしたと考えられているインドグループによる可能性が高いとみている。 インドはテロリストたちがパキスタン・カラチ港から貨物船「アルファ」号で渡航してムンバイに潜入したと見ていたと、いくつかのインドのニュースは伝えた。 このためと沿岸警備隊は西海岸の警戒を強めていた。 インドの英字新聞「ザ・タイムズ・オブ・インディア」はインドの沿岸警備隊が数日前に行方不明になっていた船を押さえたと報じた。 の警察は今回のテロは、2002年に起こったに似ているとした。 これらの報道は、 インド海軍が貨物船「アルファ」号を調べて事件に関与している証拠がないとしたことから退けられた が、この船の調査は続いている。 あるインド海軍海賊対策担当者は、攻撃がに関係している可能性を排除することはできないとしている。 死傷者 [ ] 国籍 死者 負傷者 139 256 7 - 6 2 3 3 2 2 2 2 2 - 1 7 1 1 1 1 1 1 1 - 1 - 1 - 1 - 1 - 1 - - 2 - 2 - 1 - 1 - 1 - 1 計 171 284 報道 [ ] ムンバイ同時テロでは、事件報道においてと市民ジャーナリズムの重要性が増していることが浮かび上がった。 多くの人々が次々と明らかになる事件の状況をやで報じ、情報は「ムンバイ」や「攻撃」という検索タグでまとめられた。 テロ攻撃の翌日、インド政府はムンバイ市民に警察活動の実況をTwitterで流すのをやめるよう依頼した。 多くのインド人ブロガーがテロ事件をブログで実況した。 事件発生箇所がでピックアップされた。 ウィキペディア(英語版など)もまた、既存メディアより先んじて事件の詳細を報じた。 事件後 [ ] 実行犯の中では、の()が生存したまま拘束・され、2010年5月6日に判決が言い渡された。 死刑は2012年11月21日に執行された。 インドでは、死刑の執行に大きな制限を加えているだけに、事件の重大性が裏付けられている。 関連項目 [ ]• (、) - でのテロ事件を題材に描いた2015年のフランス製サスペンス映画。 家族でムンバイを訪れていた少女が、テロリストによる襲撃でホテル内に閉じ込められる。 - タージマハル・ホテルでのテロ発生時の宿泊客とホテルマンたちの姿を描いた2018年の映画。 脚注 [ ]• Associated Press. New York Times. 2008年11月28日. 2008年11月28日閲覧。 2008年11月27日. 2008年11月28日閲覧。 2008年12月1日. 2008年11月30日閲覧。 2008年11月30日. 2008年11月30日閲覧。 2008年11月28日閲覧。 Foreign Policy. com. 2008年11月27日. 2008年11月27日閲覧。 2008年11月29日閲覧。 Balakrishnan, Angela 2008年11月28日. 2008年11月29日閲覧。 Bangalore Mirror. 2008年11月29日. Times of India. 2008年11月27日. 2008年11月29日. CNN. 2008年11月26日. 2008年11月26日閲覧。 CNN IBN. 2008年11月30日. 2008年11月30日閲覧。 The New York Times. 2008年11月28日. The Times of India. 2008年11月26日. 2008年11月28日閲覧。 The Times of India. 2008年11月27日. 2008年11月27日閲覧。 The Hindu. The Hindu. 2008年11月30日. 2008年11月30日閲覧。 Reuters. 2008年11月28日. 2008年11月28日閲覧。 The Times of India. 2008年11月28日. 2008年11月28日閲覧。 Indian Express. Indian Express. 2008年11月30日. 2008年11月30日閲覧。 2008年9月14日. 2008年11月26日閲覧。 The Times of India. Brustein, Joshua 2008年11月26日. The Lede New York Times. 2008年11月27日閲覧。 Haaretz Staff and News Agencies Haaretz. 2008年11月29日閲覧。 Press Trust of India Business standards. November 28, 2008, 12:16 IST. 2008年11月29日閲覧。 Dodds, P. 2008年11月27日. Associated Press. の2008年12月1日時点におけるアーカイブ。 2008年11月29日閲覧。 The News. 2008年12月1日. 2008年12月1日閲覧。 International Herald Tribune. 2008年11月28日閲覧。 2008年11月28日. の2008年12月28日時点におけるアーカイブ。 2008年11月28日閲覧。 7:16 am, 28 November, 2008. の2008年12月1日時点におけるアーカイブ。 2008年11月28日閲覧。 Press Trust Of India HindustanTimes. の2008年12月2日時点におけるアーカイブ。 2008年11月29日閲覧。 2008年12月1日. 2008年12月1日閲覧。 CNN. 2008年11月27日. 2008年11月28日閲覧。 The Economist print edition. 2008年11月27日. 2008年11月28日閲覧。 [ ]• 2009年10月22日, at the.. The Statesman. 2008年11月27日. 2008年11月28日閲覧。 Financial Times. 2008年11月27日閲覧。 Moreau, Ron; Mazumdar, Sudip 2008年11月27日. Newsweek. 2008年11月28日閲覧。 Ndtv. com. 2008年. 2008年11月26日閲覧。 Ndtv. com. の2008年12月1日時点におけるアーカイブ。 2008年11月26日閲覧。 2008年11月27日. 2008年11月27日閲覧。 2008年11月27日. 2008年11月27日閲覧。 [ ]• の2008年12月11日時点におけるアーカイブ。 Ndtv. com. 2008年. 2008年11月26日閲覧。 2008年11月26日閲覧。 Variety. 2008年. 2008年12月1日閲覧。 Horovitz, David. Jpost. com. 2008年11月27日閲覧。 [ ]• Reuters. com. 2008年11月29日閲覧。 ABC News. 2008年11月29日. 2008年11月30日閲覧。 Retrieved 27 November 2008. Cowell, Alan; Souad Mekhennet 2008年11月27日. New York Times. 2008年11月27日閲覧。 2011年5月22日時点のよりアーカイブ。 2008年11月27日閲覧。 2008年11月27日. 2008年11月27日閲覧。 [ ]• The Economic Times. 2008年11月27日. 2008年11月27日閲覧。 2008年11月27日. 2008年11月27日閲覧。 The Associated Press. 2008年11月28日. 2008年11月28日閲覧。 Sengupta, Somini; Keith Bradsher, Jeremy Kahn, Ruth Fremson, Hari Kumar, Heather Timmons, , 2008年11月30日. Asia Pacific : pp. 2008年11月30日閲覧。 2008年11月28日閲覧。 ABC News. 2008年11月30日. 2019年9月16日閲覧。 2008年11月28日閲覧。 Nation. 2008年11月29日. 2008年12月1日時点のよりアーカイブ。 2008年11月30日閲覧。 死亡者は三井丸紅液化ガスの社員。 47NEWS. 2008年11月27日. The Star. 2008年11月30日. の2008年12月1日時点におけるアーカイブ。 2008年11月30日閲覧。 2008年11月29日閲覧。 The Straits Times. 2008年11月28日. 2008年11月28日閲覧。 , Bangkok Post, Accessed 29 November 2008• Tom Morgan 2008年11月28日. The Independent UK. の2008年12月1日時点におけるアーカイブ。 2019年9月16日閲覧。 2019年9月16日閲覧。 Spanish. Internacional Europa Press. 2008年11月30日. 2019年9月16日閲覧。 2008年11月30日閲覧。 2008年11月28日閲覧。 The Norway Post. 2008年11月28日. の2008年12月2日時点におけるアーカイブ。 2008年11月28日閲覧。 Reuters. 2008年11月27日. 2008年11月27日閲覧。 BBC News 2008年11月27日. 2008年11月27日閲覧。 2008年11月27日閲覧。 France24. 2008年11月27日. の2008年12月3日時点におけるアーカイブ。 2008年11月27日閲覧。 Beaumont, Claudine 2008年11月27日. The Telegraph. 2008年11月27日閲覧。 Moses, Asher 2008年11月27日. 2008年11月27日閲覧。 AFPBB. com. 2010年5月6日. 2012年11月24日閲覧。 AFPBB. com. 2011年11月21日. 2012年11月24日閲覧。 時事通信社 MSN. 2012年12月1日. 2012年12月1日閲覧。 外部リンク [ ]• 写真:, , , , , ,• ブレイキング・ニュース・オンライン:• ブレイキング・ニュース・オンライン:(実話:三人の警察幹部の死) 日本語ページ• ロイター 2008年11月27日09:11JST、• 日経NET (2008年11月29日16:55)• 共同通信・共同ニュース: - (2011年12月9日アーカイブ分)(2008年11月30日22:25)• 日経NET 2008年12月1日10:02• 暗いニュースリンク• 時事ドットコム:•

次の