昭和 オトメ 御伽 話 最終 回。 『大正処女御伽話』と『昭和オトメ御伽話』の繋がり

『大正処女御伽話』と『昭和オトメ御伽話』の繋がり

昭和 オトメ 御伽 話 最終 回

『大正処女御伽話』は同作者の作品である『昭和オトメ御伽話』と世界観を共有しているので整理していく。 『大正処女御伽話』と『昭和オトメ御伽話』の共通項として存在するのが「志磨家」である。 両作品とも志磨家をめぐる物語になる。 以降『大正処女御伽話』と『昭和オトメ御伽話』のネタバレが含まれる。 志磨家 志磨家は『大正処女御伽話』及び『昭和オトメ御伽話』に登場する志磨珠義が一代に築き上げた巨大財閥である。 しかし、その成功の一方で志磨珠義による非常なやり方から 志磨家は「羅刹の一族」と呼ばれ、様々な悪評が立っている様子が見られる。 登場人物 大正処女御伽話 志磨珠彦 主人公。 志磨家の次男。 交通事故により右腕が不自由になる。 その影響で父親から見限られしまい、千葉の別荘で養生することになる。 プロフィールは第2話と第3話の間に記載。 第1巻収録 夕月 ヒロイン。 借金の形に志磨家に買われ、珠彦のもとへ嫁ぐことになる。 プロフィールは第2話と第3話の間に記載。 第1巻収録 志磨珠義 志磨家の現当主であり、珠彦の父親。 一代にして志磨家を巨大財閥にのし上げた。 プロフィールは第7話と第8話の間に記載。 志磨珠樹 志磨家の長男であり、次期当主。 志磨珠代 志磨家の長女。 昭和オトメ御伽話では主人公の仁太郎の養母として登場する。 プロフィールは第32話の扉絵の後に記載。 第5巻収録 志磨珠子 志磨家の次女。 昭和オトメ御伽話では曲直部病院の娘として登場する。 プロフィールは第7話と第8話の間に記載。 第1巻収録 志磨珠央 志磨家の三男。 プロフィールは第37話と最終話の間に記載。 第5巻収録 曲直部珠介 珠義の弟。 曲直部病院を経営する曲直部家に婿入りする。 プロフィールは第21話と第22話の間に記載。 第3巻収録 白鳥ことり 全国的に有名な歌手。 白鳥策を通して珠彦たちと知り合う。 昭和オトメ御伽話ではラジオのパーソナリティとして名前が挙がる。 プロフィールは第29話と第30話の間に記載。 第4巻収録 白鳥策 白鳥ことりの双子の兄。 歌枕高等学校で珠彦と知り合う。 プロフィールは第29話と第30話の間に記載。 第4巻収録 綾 珠彦・夕月と同じ村に住む少女。 プロフィールは第12話の扉絵の後に記載。 第2巻収録 美鳥 夕月の女学校時代の親友。 昭和オトメ御伽話 志磨仁太郎 主人公。 神戸にある志磨家の少年。 両親はともに健在であるが、父は東京に住んでおり、母は愛人の家に入り浸っているため、祖父と2人暮らしの状態であった。 両親の夫婦関係は冷え切っている模様。 常世を「からたち姫」と呼んでいる。 昭和03年に常世が母親から暴力を振るわれたことを受けて常世の家を襲撃、警察の厄介になる。 その後、養子として珠代に引き取られ3年間東京で暮らすことになる。 黒咲常世 ヒロイン。 仁太郎の隣の家に住む華族の少女。 実親は大正12〜13年に病気でこの世を去っているため、現在の両親に養子として引き取られた。 仁太郎の祖父 仁太郎の祖父。 大正14〜大正15年にこの世を去っている。 リゼ 仁太郎とともに神戸に来た少女。 仁太郎が常世を「からたち姫」と呼んでいることを知っている。 家族構成 志磨家は親子関係が少々複雑であるので、両作品で挙げられている事実を整理する。 大正処女御伽話では、以下のことが明かされる。 珠義は7人兄弟。 珠介と透子は恋仲だったが、奪い取る形で珠義は透子と結婚する。 珠義には珠樹、珠彦、珠央、珠代、珠子の5人の子供がいる。 珠義には透子以前に妻がおり、その間に生まれたのが珠樹、珠代である。 珠義と透子との間に生まれたのが、珠彦と珠子である。 珠介と透子との間に生まれたのが、珠央である。 珠樹は関東大震災の影響でこの世を去る。 珠彦は夕月との結婚を機に志磨家との縁を切り、立花家に籍を置く。 珠子と珠央は珠介のいる曲直部家の養子になる。 昭和オトメ御伽話では、以下のことが明かされる。 仁太郎の住む志磨家は神戸にある。 神戸に志磨キネマという映画館があり、主人公の仁太郎の祖父が経営している。 仁太郎の親戚として珠代が登場するため、大正処女御伽話の志磨家と昭和オトメ御伽話の志磨家は同じ家系である。 志磨家が同一のものとすると、仁太郎の祖父は珠義と珠介と兄弟関係にあることが予想される。 仁太郎の祖父は大正15年〜昭和1年にこの世を去っている。 昭和06年に白鳥ことりがラジオのパーソナリティを務めている。 以上のことをふまえて家系図を書くと以下のようになる。 時系列 大正処女御伽話は大正09年〜大正15年の間の出来事であり、昭和オトメ御伽話の第1話はそこから3年後の昭和03年、第2話以降はそこから更に3年後の昭和06年の出来事である。 以下、作中の出来事を時系列に列挙する。 大正処女御伽話 1巻 大正09年未明:珠彦が交通事故に遭う。 大正10年11月:珠彦が千葉の別荘に追いやられ、間も無く夕月が珠彦の住む千葉の別荘に来る。 大正11年初夏:珠子が珠彦のもとを訪ねる。 大正処女御伽話 2巻 大正11年09月:珠彦と夕月が綾と出会う。 大正11年12月:夕月が15歳になり、正式に結婚できる年齢になる。 大正12年08月:夕月が親友の美鳥を訪ねに東京に向かう。 大正12年09月01日:関東大震災発生。 珠樹が重症を負う。 大正処女御伽話 3巻 大正12年09月02日:珠彦が東京へ向かう。 大正12年09月03日:珠彦が珠子と再会する。 大正12年09月04日:珠彦が夕月を見つけ、曲直部珠介の病院へ連れていく。 大正12年09月05日:珠彦が父親・珠代と再会する。 大正12年09月06日:珠彦・夕月・珠子が千葉へ帰る。 大正処女御伽話 4巻 大正12年09月下旬:珠彦の父が珠彦に歌枕高等学校の試験を受けるように命じる。 大正12年10月中旬:珠彦が歌枕高等学校の試験を受ける。 大正12年11月:珠彦が歌枕高等学校に転入。 白鳥策と出会う。 大正12年12月:珠彦・夕月が白鳥策を通して白鳥ことりと知り合う。 大正12年12月:珠樹が震災の影響によりこの世を去る。 大正12年12月31日:珠彦と夕月が珠樹の葬儀に出席する。 珠代が夕月に珠彦との縁を切るように命じる。 大正12年12月31日:夕月が16歳になる。 夕月が珠彦のもとを去る。 大正処女御伽話 5巻 大正13年01月03日:珠彦が夕月の失踪は珠代の仕業だと知る。 大正13年01月上旬:珠彦が夕月と結婚するために志磨家との縁を切る。 大正13年01月上旬:珠彦と夕月が岩手にある夕月の実家に行く。 大正13年01月上旬:珠彦と夕月が神戸に行く。 大正13年01月未明:珠彦が尋常小学校の教師となり、夕月が喫茶店で働き始める。 大正13年02月01日:珠子の誕生日会が執り行われる。 大正15年04月01日:珠彦と夕月の結婚式が執り行われる。 昭和オトメ御伽話 1巻 大正15年〜昭和元年:仁太郎の祖父がこの世を去る。 昭和03年未明:仁太郎が常世が母親から暴力を振るわれたことを受けて常世の家を襲撃する。 その件が警察沙汰になったことをきっかけに仁太郎は珠代に引き取られ、東京に引っ越す。 昭和06年05月:仁太郎がリゼを連れて神戸に帰郷。 昭和06年05月:川で溺れる常世を志磨珠子が助ける。 所在地・年齢 最後に『昭和オトメ御伽話』3話時点 昭和06年 での各登場人物の所在地と年齢を整理する。 未登場のキャラに関しては、『大正処女御伽話』にて最後に登場にした情報をもとに記載する。 故人に関しては記載を省略する。 神戸 志磨珠彦:尋常小学校で教師を続けていると思われる。 26歳。 夕月:喫茶店で働いていると思われる。 23歳。 志磨珠子:曲直部病院の娘になっている。 21歳。 志磨珠央:曲直部家の養子となっている。 24歳。 志磨珠介:曲直部病院を経営している。 48歳。 白鳥策:曲直部病院に弟子入りしていると思われる。 26歳。 志磨仁太郎:リゼとともに神戸に帰郷。 17歳。 黒咲常世:神戸の女学校に通っている。 15歳。 東京 志磨珠代:志磨家の当主となっている。 28歳。 綾:大店「ふくねこや」のおかみとなっている。 26歳。 九州 美鳥:出産を機に旦那の故郷の九州に引っ越す。 23歳。 不明 白鳥ことり:所在は不明だが、ラジオのパーソナリティをつとめるなど芸能活動をしている模様。 26歳。 以下は公式サイトとKindleへのリンクである。 公式サイト 大正処女御伽話 昭和オトメ御伽話 Kindle.

次の

鬼滅の刃は最終回が近い?漫画いつ終わる?第二部or完結するか最終章までの伏線と今後の展開を考察予想│オトメexpert

昭和 オトメ 御伽 話 最終 回

15,601• 3,709• 7,484• 2,018• 217• 1,634• 497• 598• 169• 116• 11,310• 103• 1,479• 1,568• 541• 277• 372• 544• 130• 274• 367• 196• 295• 226• 330• 446• 213• 126• 429• 238• 116• 139• 2,190• 775• 398• 114• 258• 176• 151• 129•

次の

大正処女御伽話

昭和 オトメ 御伽 話 最終 回

昭和オトメ御伽話 うまく言えんが面白い。 他人に依存することでしか生きられなかった人間が、自分の力で生きて行こうとする展開は私は好き。 その理由が、帰ってきたときにその相手が変わってしまったからって言うのも面白い。 ここで主人公が落ち込んだりうじうじしたりせずに、即座に自分一人の力で生きて行こうとする展開になったのはストレスフリーでよかった。 しかし、変わろうと決めた瞬間に即座に暴力に訴えかけるとは思わなかったぞ。 衝撃だぞ。 先週までそんな要素かけらも無かったのに……。 仁太が変わってしまった理由が読者の興味を引く謎になっていて、次回以降でそこを起点に話を進めていけるのも良い。 実際どうしてこういう態度をとっているのかはわからないし。 しかし、1話・2話から雰囲気が変わりすぎてるのは笑う。 前回まで完全なシリアス展開だったのに今回で急にギャグ属性に。 一体この作品はどこへ向かおうというのか。 ホウキにまたがる就活戦争 お、思ったよりニコがクズだぞ……。 まさか前回の話で師匠の好感度を上げておいて、今回で主人公の好感度を下げてくるとは思わなかった。 いや、割とまじめにこの話の意図が読めない。 新キャラを出したかったにしても、今は既存キャラの好感度を上げていく時ではないのか? 自分のミスをギャンブルでなんとかしようとして破産するのは流石に好感度下がるぞ。 確かに主人公の性格的にギャンブルにはまりそうなキャターだし、人を信じやすいからカモにされるというのは納得する。 だけど、きちんと謝るべきものを誤魔化そうとする行動に対してあんまりいい印象は持てないし、はたして5話でこの話をやる必要はあるのだろうか? こういうのはキャターの好感度を稼ぎ終わった後に、1話でオチまでつけながらやった方が良かったんじゃなかろうか? あるいは、自分のミスを誤魔化すためにカジノに行くんじゃなくて、師匠に日ごろの感謝を込めて何かを贈ろうとするもお金が足りない、とかだったらもう少し印象も変わった気がする。 開演のベルでおやすみ おお、良い。 普通に面白い。 まず主人公のキャターがすごく分りやすい。 何に苦悩しているのかがわかるから親近感がわくし、そのうえでその苦悩に即した特技を持っているから覚えやすい。 他のキャターに関しても良かった。 王子のキャターも話を引っ張っていく存在でありながらどこか謎めいたところがあって、この先に回収されるんだろうという期待が持てる。 他の演劇部員たちも、出てくるキャター自体は多かったものの、「演劇部のメンバー」としてひとくくりにできるから詰まらずに読むことが出来る。 そのうえでメンバー全体の好感度を高めることで、次回以降スポットが当たった時もすんなり読めそう。 今回は主人公が演劇にはまる回だったけど、はまる理由が「劇をしている間は自分以外の誰かとして見られているから」という自身のキャターに属した理由ですごく納得が出来るものだった。 総じて、話の展開に説得力があるうえにわかりやすいキャターが提示されていて、次回以降に期待が持てる良い1話だったと思う。 ・ファンタジア 主人公がこれだけ長い時間をかけて得た能力が、まさかの抜きゲご用達の能力とは。 本当にエロに極振りしているなこの作品。 になることと、女の子に体液を飲ませれば洗脳できることにまるで因果関係が見いだせないあたり面白い。 竜にそんな能力があるなんて聞いたことないぞ。 ただ、「体液なしではいられない」という能力にして、汗でも血でも大丈夫にしたのは上手い采配かもしれない。 そのおかげで自粛しなければならない直接的な表現だけじゃなく、間接的なことでエロを表現できるようになった。 今回の獣っ子も汗や血をなめるだけで満足していたみたいだし。 早乙女姉妹の展開も狂気に満ち溢れているし。 この作品からは最近本家がシリアス展開になったからその分エロを提供するんだという気概を感じる。

次の