阪急 交通 社。 【人事】阪急交通社、新社長に酒井淳氏が就任、現社長の松田誠司氏は代表取締役会長に ―2020年4月1日付

旅行積立プラン「たびだち」|阪急交通社

阪急 交通 社

阪急交通社は、大阪に拠点を置き、全国各地にも支店・営業所を持つ旅行会社です。 阪急と阪神、2つの電鉄会社の経営統合によって、現在は阪急阪神東宝グループの傘下企業となっています。 主力商品は、国内・海外ツアー旅行商品「トラピックス」や、グループ航空会社である阪神航空と連携しての「阪神航空フレンドツアー」プランなど。 また、公式サイトでは、ツアー申込みのほか、航空券・宿泊の予約や観光情報が掲載されています。 利用にあたって気になるのは、添乗員のサービス内容や、もしものときのトラブル対応力。 ツアー企画の豊富さや予約のスムーズさなども知りたいポイントです。 ここには、実際に使った人の生の声が投稿されていますので、利用前の参考にしてください。 伊豆箱根のツアーに参加しましたが、添乗員が最悪でした。 案内も態度も悪く、他のお客さんも呆れて怒っていました。 楽しい思い出が苦い思い出になってしまい、とても残念です。 ツアーが楽しめるかどうかは、添乗員次第ですね。 山の中にあるコテージ風の宿泊先でしたが、虫は出るし布団はペラペラだし、大浴場や食事に行くのに外を歩かないといけないので、不便でした。 費用が安かったので覚悟していましたが、かなり期待外れでした。 普通の温泉旅館やホテルが良かったです。 トラピックスさんは、ツアー内容が良いものが多いと思うので、添乗員教育をしっかりしてもらい、お客さんが快適に旅行が楽しめるように努めていただきたいです。 口コミを見る限り悪い評価がどうして目立ってしまいますが 阪急さんが全部悪いわけではないように思います お国柄だったりホテルのトラブル お客様自身のトラブル 航空会社のトラブルに思います 私は何度か阪急さんを利用していますが 幸いロストバケージもなくホテルも問題なく使えてますが 不快な旅行はツアーなのに変わったお客失礼なお客がいたこと なんの楽しみなくただ金があるから自分勝手に利用するお客 阪急以外の個人対応の旅行会社にすれば?って思う客に出会ったときは 不快だと思ったくらいで 特に問題なく利用できてます 若い添乗員さんは慣れてないせいか段取りが悪い方もいますが がんばれ と思うくらいで いつどんなトラブルがあるかわからないから 自分自身が気をつけるのもツアーの旅行ではないのかと思います。 29,800円の北京は安くて内容もよくて最高でした!! スペインは料理はあまり美味しくなかったです また良さそうな旅行があれば利用したいと思います 満足度90何パーセント…というウリ文句のイタリア8日間のツアーに参加。 全6泊のホテルでは日々アクシデントの連続でした。 屋根裏部屋あり、シャワーの温水出ずあり、窓の破損危険箇所あり、入口ドア鍵の故障あり…。 また、全てついている食事についても最悪なものでした。 毎日毎日ボソボソのパスタと固いパンと甘すぎるデザートそれら全て、ありえないほどお粗末さ。 日本の冷食の方がまだマシ。 美味しいイタリアンを楽しみにしていたがすべてが裏切られました。 ある日の夕食はリゾットがメインディッシュ。。。 アリタリア航空の機内食もまずかったけれど、それと同じくらいかむしろそれ以下。 クオリティの低さには驚きました。 朝食のメニューは9割同じだったが、それが一番まともであったかもしれない。 8日間の旅行中、フリータイムがローマで2時間しかなく…お客様満足度。。。 は嘘だ!!と確信。 と言っても私は好き嫌いがかなり多いので郷土料理? イカ墨パスタとか… は食べられませんでしたが同行者はどこでも美味しいっと言って完食してました。 朝食べない派なのにがっついてしまいました…ただ、シーズンオフなのでお値打ち旅行でも良いホテルに泊まれたのかも…。 そのかいあって、この人数でもほぼ全て予定通り、シーズンオフで有名観光地ガラガラ、時間余って自由行動の時間もらえる、などなどチームワーク抜群でした!これは添乗員さんのお人柄と参加されるメンバーの相性が大きいと思います。 私達は初めて参加したツアーがたまたまとても恵まれたチームだったのだと思います。 あ、ただ崖崩れの為アマルフィに行けなかった事と、乗車したイタロ フィレンツェ以下 にカフェがついていないものだった事だけが残念でしたね。 まぁこれは仕方ない。 結局同じ階の別部屋へ。 その部屋の方 同じグループの方です。 チェーンがないからカードキーのコピーで誰でも入れるってことなので。 びびりんぼで自意識過剰な私達はスーツケース重ねて内ドアの前に重ねたりしました笑 まぁ、これはホテル側のミスですが添乗員さんは顔面蒼白で謝罪されてました…ちなみにホテルの人は謝罪など全くなかったです。 ただ歩くのが早いかなー?と思いました。 ご高齢の方や足が悪い方と参加されており「話も聞きたい、写真も撮りたい、自分の目でも見たい」となるのは当然のことで何度も置いてかれそうになってる姿を見ました。 私達はポケットWi-Fiもあるしはぐれても大丈夫な自信があったのでその様子を見てからは常に後ろを歩くようにしました。 現地ガイドさんもせっかく来てくれたんだからあれも説明したい!これも教えてあげたい!といった、思いやりから来ていると見受けられたので誰が悪いわけでもないのですが、もう少し観る場所を少なくして 美術館などはとくに 歩くペースをゆっくり目にして頂けたら良いのではと思いました。 でもたくさん歩いてもいいからたくさん観たい!という人ももちろんいるので難しいですね。 ですが、阪急交通社さんの口コミを見るとかなり賛否両論なので今回以上の旅は無いのかな…という気持ちもあります笑 ツアーは添乗員さんと参加される方との相性でかなり左右されるものだと思うので。 もちろん私達も迷惑をお掛けしないよう今後もツアーに参加する場合は気をつけていきたいです。 イタリア旅行には力を入れてる、と聞いたのですがその通りだと思いました 他は参加したことないのでわかりかねますが。 私は階段で足引っ張られて、鞄掴まれて動揺してヒールで蹴りを入れちゃいましたが本当にやばいです。 脅すようで申し訳ありませんが、自分は大丈夫と思ってたら痛い目に遭います 私も涙。 団体で歩いてるので狙いやすいのでしょう、リュックに鍵をかけてるのに開けられた!という方がいました。 私達はツアー関係者以外目に映るもの全て敵なつもりで警戒して歩いてました。 でもスリじゃない人の方が多いのにこんな態度でイタリアの街を歩くなんて悲しいなぁという気持ちもありました…。 パスポート、クレカ、大金は必ず服の下のセキュリティポーチへ!盗まれていいもの以外ポケットや鞄にいれないで下さい。 携帯は必ず体か鞄にくくるか、スマホリングをつけること。 とうだうだ書きましたが阪急交通社さんのイタリアツアーはオススメです。 そしてイタリアは素晴らしい国でまた行きたいです! 今回の旅行を企画して下さった方、担当添乗員さん、同じツアーの方、この場を借りてお礼申し上げます。 そのツアーに詳しい方に取り次いでほしいと申し上げたところ、と取り次ぎ無し。 結局、話は通じる事なく「話が通じないからツアー担当者と話したい」と言っているのに、 で終わってしまった。 他の人のコメントを拝見していても、電話対応に問題がある。 ツアーに参加する始めの一歩は電話である。 それもこの時期に海外ツアーを予約する人はあまりいないと思う。 それなのに電話対応が悪いとコロナに関係なく、 この会社での参加はやめた方がよいと思ってしまうのは自分だけだろうか? コノ電話担当者は会社の利益や客の事は何も考えていないんだろうな。 ツアーに参加し、最後にアンケートを渡されますよね。 どれだけ 思った事を書いても 阪急の方々は見てない事も多いのだ!と確信しました。 …添乗員さんと思われる人達が話してる内容がひどかった。 アンケートに苦情や文句が書いてあったり、添乗員さんの評価欄に悪い。 や苦情を書くと、そのアンケートは破棄されるそうです。 また、気にくわないお客さんの事を あいつら。 呼ばわり。 しまいには頭おかしい。 等、こんなことをお酒を呑みながら 話されておりました。 もちろん、プライベートな時間なので、何を咎めるつもりも無いですが、私達は後ろの席にいたので 丸聞こえ。 途中 ヒートアップしたのか、文句いうなら 来るな!とまで。。 そりゃ、色んな人がいるから大変だとは思うけど。。 聞こえてきた会話ですが、私もツアーを 申し込んでいたので、正直 気分が悪くなりました。 もちろん、申し込んでたツアーはキャンセルしたのは言うまでもありませんが。。 2月1日(土曜)、札幌発着の日帰りバスツアー参加でのこと。 直後の席の一人参加の自称78才の年寄り男性が、大声で三分と黙って居られないほど異常な稚拙さのうえに飲酒を重ね益々五月蠅く、添乗員の案内もろくに聞こえず仕舞いだったが、添乗員からの強い注意もなく、私たち二人は一日中この男の大声と異常な内容に悩まされ、帰宅後も溜まったストレスで体調まで悪くなってしまった。 一月平均二度ほどのツアー参加を十数年重ねてきたが、これほど異常なツアー客に遭遇したのは始めてだった。 というより人生の中でも経験がないほど。 事前のチェックなど不可能なのだろうから、車輌等内外での都度の注意しか改善の方法はないものと考える。 ツアー車輌等内はパブリックな場所であることを充分に伝え、他の客への迷惑行為厳禁を充分周知徹底して欲しい。 イタリア、スペイン、フランスを回るパッケージを五ヶ月ほど前から予約していました。 出発日の数週間前からコロナに関する話題で世間が騒ぎ出し、出発日数日前にはイタリアでコロナが蔓延しているというニュースが始まりました。 出発日数日前に電話で問い合わせしようとするも、土日祝日は営業日ではなく問い合わせが不可能 こんな時期なのに?大手代理店なのに? 、営業時間も短く電話できる時間も限られる。 しかたなく営業日内でないと分かっていながらメールしました。 ところが返信があまりにも遅く、メールが返って来たのは出発日のなんと4日後!営業日も何日も過ぎている。 しかもメールの内容は「此度はメールをいただきました問合せ先がご担当部署でなく、、」と。 あなた達の都合は客には関係ありません。 すぐに担当部署にメールを転送すればいいだけの話でしょう。 その上友達でもないのにこのメールの内容は失礼では。 句読点の連続使用なんて客に送るメールではない。 結局こんなにイタリアがコロナで危ないと連日報道されているのにキャンセル料を取ると。 どうなっているんですか?もうこの会社は利用しません。 お盆に涼しい場所に行きたいと、娘と二人で「3つの絶景避暑遊覧」を申し込みました。 宿泊先のホテルが酷い!元京都の料理人とありますが、夕食はレトルトのハンバーグに、冷凍餃子。 それも、冷めきった。 外に食べに出ました。 朝食は、冷凍オムレツ…失笑しかありません。 今どき、この様な料理を出す宿があるとは…。 部屋には、お湯のみ、急須もなく、紙コップと謎のプラスティック容器?お客を馬鹿にしているとしか思えません。 せっかくの旅行が、悪い思い出になりました。 みなさん、お気をつけくださいね。 最低、最悪の旅行会社です。 旅行が好きで、年に数回旅行します。 年末年始の海外旅行は個人手配ですが、それ以外は全て阪急交通社さんでお願いしています。 阪急交通社さんでお願いしている理由は、窓口の方がこちらの要望に一番近いツアーを提案してくださる『提案力』が安定している方が多いと感じるからです。 ツアーを選ぶ際は、窓口で行先や日程、行程内容、予算などを細かく相談し、なんとなーく条件が合致するツアーに申し込んでいます。 ツアーとは、そういうものだと思っています。 すべて自分好みにしたいのであれば、個人手配で旅行されればいいかと思います。 自分好みに組んでくださる旅行会社もたくさんあります。 ツアーでは確かに、あまり行きたくないところに連れていかれることもあります。 ラテックスの枕メーカーなんて、バリでも香港でも連れていかれました笑 でも、自分では絶対に行かないようなところや触れないようなその土地の日常など、目線を変えれば楽しめることはあるかと思います。 せっかくの旅行です。 お仕事を頑張ったり、家事や育児を頑張ったり、節約したり、天気とにらめっこ、いろいろやってきて、いざ当日です! 楽しまないともったいない! 何か起こってもまずはポジティブに目線を向けて、 旅行を楽しみましょう。 2泊3日の登別温泉と札幌に申し込んだが、コロナウイルスのニュースで不安が有りながらも出かけるつもりだった。 3月1日の日曜日出発予定、2月28日金曜日にメールが届き「キャンセル料は必要無く、キャンセル可能です」との内容だったが 1,不安で電話で確認したかったが、記載されていた番号は土日祝日は不可能 2,金曜日メールが届いたのは20時30分問い合わせ出来る時間ではなかった。 はじめて申し込んだ旅行社で、尚且つメールでの申込み内容が直ぐに反映されない状況もあり以前から不安があり、如何しても早急に電話で確認したかったので、探して土曜日に違う部署に電話をしてそのことを訴え、そこで私の申し込み番号を確認、キャンセル出来た。 その際に、月曜日に改めて担当部署のものから連絡するとなった。 月曜日に電話があったが、通り一遍の対応でとてもガッカリ した。 旅行社はお客様が旅に出て楽しい思い出をつくる手伝いをすることが本意、それを忘れているようだ。 代表者が変わった様だが、もう一度旅行社の設立趣意を思い出して貰いたい。 オランダベルギーのツアーに申し込みました。 2日目のドライバーさんがフランス語とオランダ語しか話せていません。 添乗員さんは英語しか話せないので、まず添乗員さんとドライバーさんの意志疎通が困難状態でした。 また、ドライバーさんがオランダの道に詳しくないので30分で行ける道をドライバーさんが迷子になったため、1時間以上かけて行きました。 それが1日で2回もあったため、大幅な時間のロスをしました。 合計3時間も予定が狂いました。 お昼ご飯が15時なって食べれました。 ドライバーさんのミスが朝からあったため、観光地をゆっくり見ることはできませんでした。 絶えず急かされた観光でした。 添乗員さんは基本的に良い方でしたが、大幅な時間ロスで焦ったのかツアー客が付いてきているかを確認せずに早く歩いていました。 ツアー客はご年配の方が多いので付いてていけない方が居ました。 その方は約1時間迷子になりました。 正直、私も添乗員さんを見失いましたしその時の集合時間も曖昧でした。 多分、会社側は現地の方としっかりコミュニケーションはされていないので、このような事態になったんだと思います。 この企画の計画性の無さにも驚きました。 イタリア旅行8日間(実質6日観光)のツアーでした。 ルフトハンザドイツ航空で関西空港から(ミュンヘン経由)ミラノに着いたらスーツケースが出てきませんでした。 38名の旅行客のうち7名分のスーツケースが行方不明になりました。 添乗員さんが一生懸命に航空会社に掛け合ってくれましたが、見つからず、泣く泣くホテルに行きました。 現地ルフトハンザ航空の担当者の対応が悪いように思えました。 なぜなら、こちらが困っているのに、笑いながらパスポートを見せろ、荷物のタグを見せろ、スーツケースの色は?メーカーは?と、のらりくらりと聞いてくるのです。 おまけに担当者同士で相談しているのか、次に何を要求しようかみたいな話をしながら(これは私の想像です)時間ばかりかかって、あげくのはてに、スーツケースの鍵を預かるから出しなさいと要求してきたので、さすがにそれは必要ないだろうと言ったのですが、添乗員さんは、「文句を言うと余計に時間がかかるから」と抵抗しませんでした。 このことがアトで問題になりました。 で、次の日もルフトハンザ航空からは何も連絡がありませんでした。 とりあえず、身の回り品(シャツ。 クス下、パンツなど)を観光の途中で買う羽目になりました。 で3日目に観光中のバスの中で添乗員さんが「みなさん朗報です、スーツケースが見つかりました」とアナウンスがありました。 ところが、その日ホテルに着くと、スーツケースは届いていませんでした。 実際は一旦届いてホテルの人が受け取ったのですが、暫くして、スーツケースを引き上げにきたというのです。 なぜなら、スーツケースのカギを忘れたから、と言うのが理由でした。 で、また、スーツケースは行方不明になりました。 我々7人の苦情が爆発しました。 添乗員もものすごく困っていました。 ルフトハンザにも現地の関係者?にも電話しているが、どこも出ない。 留守番電話だったり、違う電話番号への案内だったり、どこにも連絡つかない状態でしたので、大阪の本社に連絡して応援してもらうように添乗員に言いました。 すると、大阪の彼(添乗員)の上司は剣もホロロな返事で添乗員に、そっちでなんとかしろと言ってるようでした。 我々ツアー客のことなど何も考えてなく、放り出された印象をうけました。 驚いたことに現地係員などは、イタリアにもフランスにもスペインにもいないようでした、我々7人は、6日間の観光のうち4日もスーツケースが無いまま観光していて、ちっとも楽しくなく、この先、スーツケースガ出てくるかどうかもわからないのなら、この旅行は台無しになったから、今すぐ日本へ帰る手続きをとってくれと頼みましたが、それは添乗員ひとりではできないとのことでした。 スーツケースには、それぞれ、着替え類は勿論のこと、カメラやコンタクトレンズ、インシュリンなどの薬などが入っていて、限界にきてました。 添乗員さんは、夜中の3時になって近くの空港に行って確かめてくるとタクシーを使って空港まで行きました。 そんなことをしても無駄なことはわかっていても、誰も止めませんでした。 添乗員は朝6時すぎに帰ってきましたがスーツケースは見つかりませんでした。 そして、そのまま添乗の仕事につきました。 まる2日は、まるっきり寝てないのに、彼はタフでした。 結局、その晩、ホテルにスーツケースは届いたのですが「よかったですね」で終わりでした。 添乗員からは5千円を見舞い金として渡すので領収書にサインをしてくれと言われました。 唖然としました。 いくつもの不満と疑問が残りました。 添乗員に言ってもまともな答えは返ってきませんでした。 日本に帰ってから阪急交通社に問い合わせました。 何ですか?何を根拠の5千円なんですか? 旅行社にロストバッゲージの責任は無いにしても、旅行客に安全快適に旅行を続けていくためのサポートが必要でしょう。 どういうわけか、今回のホテルは皆、田舎の安宿?でしたので、周りにお店も何も無いところばかりでした。 何故スーツケースの鍵まで預ける必要があったのか?貴社のコンプライアンスは、どうなっているのか?等、質しましたがその場では回答されることはなく、後日書面で返事をくれることになり、昨日、封筒(速達)でA4用紙1枚の回答が届きました。 いわく、見舞金は、1日5千円で3日分支払いますから、振込先を送って下さい。 ロストバッゲージについては航空会社に申し入れをしておきます。 不便で辺鄙なホテルについては、予算の関係もありましたので、検討します。 と、簡単な返事だけでした。 ま、回答を送ってきたことと、添乗員の一生懸命に対して、良しとしますが、 慰謝料みたいなモノは出ないようです。 保険金請求をしましたが、身の回り品を買った分は請求できるみたいです(上限5万円) が、しかし なんか、納得できない。 悔しい。 腑に落ちない。 まだ不満がくすぶっています。

次の

旅行積立プラン「たびだち」|阪急交通社

阪急 交通 社

阪急交通社は2020年4月1日付で代表取締役と役員人事、組織の一部改正、部室長の人事を発表した。 新・代表取締役社長には、現・代表取締役専務執行役員の酒井淳氏が就任。 現・代表取締役社長の松田誠司氏は代表取締役会長に就任する。 同社では今回の社長人事について、さらなる成長に向きた体制強化・充実を図る目的と説明している。 新社長となる酒井淳氏は1981年に同社に入社。 旅行事業本部や企画統括本部で部長職を務めた後、阪急阪神交通社ホールディングス執行役員に就任。 2011年より阪急交通社の執行役員、同取締役執行役員などを歴任していた。 そのほか、今回発表になった人事と組織変更の詳細は以下のとおり。 松田誠司氏:代表取締役会長/代表取締役社長• 酒井淳氏:代表取締役社長/代表取締役専務執行役員 企画旅行事業本部長 兼 営業統括本部長 兼 東日本営業本部長 役員人事(2020年4月1日付) (昇任)• 立花春裕氏:取締役常務執行役員 総合管理本部長/取締役執行役員 総合管理本部長 (昇任・担当変更)• 関口明夫氏:取締役常務執行役員 東日本営業本部長/取締役執行役員 中部日本営業本部長 (新任)• 中山鉄男氏:取締役執行役員 国際旅行宫業本部長/執行役員 国際旅行営業本部長• 堤真也氏:取締役執行役員 東日本営業本部副本部長/執行役員 東日本営業本部副本部長• 山川豊治氏:取締役執行役員 西日本営業本部副本部長 兼 メディア営業二部長/執行役員西日本営業本部副本部長 兼 メディア営業二部長• 合田澄仁氏:執行役員 中部日本営業本部長 兼 メディア営業二部長/九州営業本部 メディア営業二部長• 飯坂敏之氏:執行役員 宫業統括本部長 兼 業企画部長/営業統括本部 営業企画部長 部長人事(2020年4月1日付)• 佐々川紀雄氏:営業統括本部 部長/西日本営業本部 メディア営業二部 海外営業一課長• 林田芳宏氏:国際旅行営業本部 国際営業開発部長/国際旅行営業本部 訪日旅行開発部長• 魚地啓吾氏:国際旅行営業本部 国際手配運行部長/国際旅行営業本部 国際営業部長• 谷口弘氏:東日本営業本部 メディア営業三部長/東日本営業本部 メディア営業二部 海外営業一課長• 金田康央氏:東日本営業本部 支店営業部長/東日本営業本部 支店営業部 静岡支店長• 前山忠氏:西日本営業本部 支店営業部長/西日本営業本部 支店営業部 岡山支店長• 森賢司氏:九州営業本部 メディア営業二部長/中部日本営業本部 メディア営業二部長 組織の一部改正(2020年4月1日付)• 事業本部の廃止:「企画旅行事業本部」を廃止し、全社的に機動的な体制を構築。 部門名の変更:国際旅行営業本部の「国際営業部」「訪日旅行開発部」をそれぞれ「国際営業開発部」 「国際手配運行部」に名称変更。

次の

阪急交通社の口コミ・評判 | みん評

阪急 交通 社

阪急交通社が提供する、 お得な海外ツアー新着情報を豊富にご紹介! 新着情報は地域ごとに配信していますので、別方面を 希望の方は、ページ下部の新着情報一覧から お進みください。 最新情報は各ページでご覧ください。 満席やツアー募集が終了している場合もございますので予めご了承ください。 2020年6月11日 10:16 関西発 2020年6月 3日 10:32 関西発 2020年6月 2日 16:48 高知発 2020年6月 2日 15:30 高知発 2020年6月 2日 15:26 高知発 2020年6月 2日 15:22 高知発 2020年5月28日 10:11 関西発 2020年5月27日 18:01 名古屋発 2020年5月25日 18:14 関東発 2020年5月19日 09:31 関西発• 北海道発• 東北発• 東北発• 青森発• 甲信越発• 長野発• 静岡発• 石川・福井発• 富山発• 中国・四国発• 広島発• 岡山発• 山陰発• 高松・徳島発• 松山発• 山口発• 九州・沖縄発• 福岡発• 長崎発• 熊本発• 大分発• 宮崎発• 鹿児島発• 沖縄発• 東北発• 東北発• 青森発• 関東・甲信越発• 北関東発• 甲信越発• 静岡発• 石川・福井発• 富山発• 関西発• 中国・四国発• 広島発• 岡山発• 山陰発• 高松・徳島発• 山口発• 九州・沖縄発• 長崎発• 熊本発• 大分発• 宮崎発• 鹿児島発• 沖縄発• 北海道発• 東北発• 東北発• 青森発• 関東・甲信越発• 関東発• 北関東発• 甲信越発• 長野発• 東海・北陸発• 名古屋発• 静岡発• 石川・福井発• 富山発• 関西発• 中国・四国発• 広島発• 岡山発• 山陰発• 高松・徳島発• 高知発• 松山発• 山口発• 九州・沖縄発• 福岡発• 長崎発• 熊本発• 大分発• 宮崎発• 鹿児島発• 沖縄発• 特集・キャンペーン情報.

次の