パナマ 国旗。 パナマの歴史

パナマの歴史

パナマ 国旗

パナマの歴史 > パナマの歴史 [pr] パナマの歴史 独立記念広場 (写真:) 16世紀に始まるスペイン人らの侵略により、病気が蔓延したり、奴隷として酷使されたため、 先住民の種族は79から7つに激減したという悲しい歴史がある。 また、パナマ運河を巡るアメリカの権益に翻弄され、 新の意味での独立は1999年12月31日の運河返還といえよう。 白地多彩文土器と豊富な金製品を特色とする。 この文化の重要な遺跡であるシティオ・コンテ Citio conte には高さ約2mの石の列柱、土の塚、石墓などが発見されている。 金製品は多彩で、人物、神像、動物などをかたどった耳飾、鼻飾、腕飾、ペンダント、冠、容器などが作られた。 1502年 コロンブスの第4回航海で、カリブ海側のモスキトス湾 Golfo de los Mosquitos 沿岸が探査され、 チリキ沿岸やポルトベーロ Portobero に上陸した。 ポルトベーロは、コロンブスによって命名され「美しい港」の意味である。 1510年 ダリエン湾岸にスペインの植民地が建設された。 奴隷を逃れた先住民たちは、抵抗力がないためにヨーロッパ人の持ちこんだ病気により、次々と死んだ。 バルボアは、ヨーロッパ人として最初に太平洋を発見し、 「穏やかな、あるいは平和な海」を意味する太平洋と名付けた。 1519年 スペインがパナマ市に植民地を建設した。 パナマという名前は、先住民の「魚が豊富なところ」という言葉が由来になっている。 1538年 オーディエンシアという植民地支配のための機関が、パナマに置かれる。 1572年 英国人のフランシス・ドレイク船長がノンブレ・デ・ディオス Nombre de Dios を襲撃する。 1597年 地峡横断ルートのカリブ側基地として,ノンブレ・デ・ディオスにかわり,防御の容易なポルトベーロ Portobelo が建設された。 ペドロ湾を守る5つの要塞が築かれ、サンロレンソ要塞とともに世界遺産の文化遺産に登録されている。 1666年 ヘンリー・モルガン船長が、ポルトベーロを襲撃 1671年 海賊モルガンたちは、パナマを襲撃し、破壊と略奪により廃墟となった。 1673年 スペインは、アルフォンソ・メルカド・デ・ビリャコルタを司令官とし、 8km離れた現在の旧市街 カスコ・ビエホ Casco Viejo に、新しい町を再建した。 現在でも、歴史的地区としてカテドラルや国立劇場などのスペイン様式のコロニアル建築が残っている。 1821年11月10日 ロス・サントス市がスペインからの独立を宣言した。 1821年11月28日 スペインから脱した大コロンビア連邦共和国の一州として、パナマも植民地支配から脱する。 この日を記念して、 11月28日は「スペインからの独立記念日」となって祝日になっている。 1855年 パナマ市とコロンを結ぶパナマ地峡横断鉄道が開通した。 これは、アメリカのカリフォルニアのゴールドラッシュがおき、アメリカの東海岸から西海岸への旅が困難であったため、 パナマ地峡を横断する必要があったのである。 建設には黒人労働者に9千人の犠牲者が出た。 1869年 アメリカ合衆国大陸横断鉄道が完成し、以後パナマ横断鉄道は急速に衰退した。 1881年 フランス運河会社がフェルディナンド・マリエ・デ・レセップスの指導により運河建設に着手したが失敗に終わった。 レセップスは、スエズ運河の建設を管理した技術者である。 この運河は、水門がないスエズ運河のように海面式であり、難工事であったばかりでなく、 黄熱病、マラリアなどの熱帯病や雨季の氾濫により工事が阻まれ、3万人が死亡した。 1903年11月3日 コロンビアから独立し、パナマ共和国となる。 アメリカ政府は、運河建設に関する条約をコロンビア政府に拒否されたため、パナマの独立派を援助したのである。 11月3日は「コロンビアからの独立記念日」となって祝日となっている。 1903年〜1914年 パナマ独立後、アメリカはパナマと運河条約を締結し、運河両側各8km地帯の永久租借権、治外法権、武力干渉権を確保し、 米国によりパナマ運河が建設された。 建設のピーク時には4万3千人以上の労働者がおり、その4分の3はアンチル人と呼ばれた英国領のカリブ海諸島の黒人であった。 1964年 1月9日国旗事件が起こる。 パナマと米国の両国の国旗を掲揚することに反対した米国人右翼学生が、運河地帯内のバルボア高校で米国国旗のみを掲揚した。 これによりパナマ人の暴動が発生し、パナマ運河境界線に殺到した人々に対し、米軍が発砲し死者が出た。 この暴動により4人のアメリカ市民と20人のパナマ市民が亡くなり、この人々を記念して、 1月9日は「殉教者の日」として祭日となっている。 1968年 軍のクーデターにより政府の実権はオマール・トリホスらの若手将校の手に移った。 1977年 新パナマ条約が締結され、1999年12月31日正午を期してパナマ側に無償で譲渡されること, その後の管理・運営・維持はパナマが行うこと,その防衛もパナマの手に委ねられること, 運河は国際的通航水路として永久に中立化され,戦時であると否とを問わずあらゆる国の船舶がまったく平等に通航できることなどを決められた。 1981年 トリホス将軍が、航空機事故で死亡した。 1983年 軍内政変によりノリエガが実権を掌握した。 1989年 アメリカは、ノリエガ将軍を捕らえるために、パナマに侵攻した。 ノリエガは捕らえられ、ギジェルモ・エンダラが大統領に就任した。 1999年12月31日 アメリカは、全面的にパナマ運河を返還した。

次の

世界の国家データ│パナマ

パナマ 国旗

pa,IOC:PAN 政府 政体 共和制 首都 パナマ,Panama,48万4261人(2000) 独立年月日 1821年11月28日、コロンビアの一部としてスペインより独立 1903年11月3日、コロンビアから分離 国連加盟 1945年11月13日 在日公館 〒106-0031 東京都港区西麻布4丁目12-24 第38興和ビルディング9階902号室 TEL:03-3499-3741 国民 人口 375万3142人(2017推計) 人口密度 47. 27%(2017推計) 普通出生率 17. 30人(2017推計) 平均寿命 78. 8歳(2017推計) 人間開発指数(HDI) 0. 788, 188ヵ国中60位(2015) 民族 メスティーソ(白人・インディオの混血)65%,アフリカ系13%,ヨーロッパ系11%,インディオ10% 言語 スペイン語(公用語),英語 宗教 カトリック85%,プロテスタント15% 地理 面積 7万8200km2(北海道よりやや小) 地形 南北アメリカ大陸の接点パナマ地峡に位置する。 平地に乏しく火山性の山々が連なっている。 多くは低い山地であるが西部で高くなり、最高峰のチリキ山は3475m。 中央部のガツン湖を利用してパナマ運河が作られている。 運河地帯はアメリカが管理していたが、1999年に返還された。 気候 高温多湿で平地は熱帯雨林気候、高原は熱帯サバナ気候。 1〜4月が乾季、5〜11月が雨季。 雨量は北部に多く年間3000mmを越える。 0000バルボア(固定相場,米ドルと等価 産業 農業ではプランテーションによって、バナナ、サトウキビ、米などが生産される。 森林資源に恵まれ、マホガニーなどが輸出される。 漁業は成長しつつあり、アンチョビーやマグロを獲るほか、エビの養殖がおこなわれる。 地下資源では金と銀を産する。 工業は国内向けの生活物資の製造のほか、石油精製がおこなわれる。 しかし総生産の過半は、99年にアメリカから返還されたパナマ運河によってもたらされる。 運河の出入り口には港があり、沿岸航路や陸上輸送への中継貿易もおこなわれる。 これに伴い金融業も盛んである。 外国船の船籍登録による収入も大きい。 cdx. htm - Copyright c 1998-2018 Atlas Study -.

次の

パナマの国旗

パナマ 国旗

パナマ 国旗 に関する参考になるサイトを集めました。 パナマ 国旗 についてもっと詳しく調べてみたい時は以下のリンクをたどってください 正式名称は、Republica de Panama(スペイン語: レプブリカ・デ・パナマ)。 通称は、Panama。 公式の英語表記は、Republic of Panama(リパブリック・オブ・パナマ)。 通称は、Panama。 日本語の表記は、パナマ共和国。 通称は、パナマ。 漢字による当て字で、巴奈馬と表記されます。 歴史 詳細はパナマの歴史を参照 1903年11月3日、コロンビアから独立を果たしました。 当時アメリカがパナマ運河の経済効果ならびに中南米地域における軍事的重要性から分離・独立を画策した結果であると謂われています。 政治 地方行政区分 パナマでは9つの区分に分けられており、県制を用いています。 西からボカス・デル・トーロ(スペイン語 Bocas del Toro)・チリキ(Chiriqui)・ベラグアス(Veraguas)・エレーラ(Herrera)・ロス・サントス(Los Santos)・コクレ(Cocle)・パナマ(Panama)・コロン(Colon)・ダリエン(Darien)です。 このほかにコマルカ(Comarca)と呼ばれる先住民族の自治区が4ヶ所存在します。 経済 伝統的に金融業が経済の中心です。 他にはバナナとエビの輸出やパナマ船籍の外国商船からの収入も多くあります。 国土の大半が山脈であることから平地農業が廃れてきています。 また第三次産業の従事者が全体の7割にものぼる。

次の