急性 膀胱炎 生理 遅れる。 【医師監修】血尿が出る出血性膀胱炎とは 、何が原因で発症するの?

膀胱炎 (ぼうこうえん)

急性 膀胱炎 生理 遅れる

膀胱炎や血尿が出る原因は? 膀胱炎になる原因は細菌が尿道口から侵入してしまったためです。 特に女性において大便をした後の お尻の拭き方が上手くない方は大腸菌が付きやすいので膀胱炎になる可能性が高まります。 また、 トイレを我慢し続けることでも膀胱炎になる確率が高まります。 なぜなら、排尿には細菌を洗い流す作用があるので、我慢し続けた分だけ細菌繁殖率が高まるからです。 そして膀胱の粘膜がトイレを我慢し続けることで広がってしまうようになり、この状態が維持されると血流が悪くなってしまって感染防止作用が働かなくなってしまうのです。 それ以外にも、性行為が原因で細菌が侵入し膀胱炎になることもありますし、生理中や出産後などは出血で外性器に菌が付きやすくなって膀胱炎になってしまうこともあります。 血尿が出た場合は膀胱炎の可能性もありますが、それ以外にも遊走腎・慢性糸球体腎炎・悪性腫瘍・尿路結石等で血尿が出ることもあるでしょう。 膀胱炎による血尿で血の塊が出ることもある? 膀胱炎の症状の一つに血尿がありますが、 人によっては血の塊が出てくることがあります。 血尿が出るだけでも大慌てなのにさらにドロッとした塊が出てきたらものすごく不安になるでしょう。 しかし、血液はほおっておくと塊になるものなので、膀胱の中でも出血したものは塊となってしまい、尿とともに出てきてしまうのです。 つまり、 あくまで血尿が出ているのと同じような状態なので、より症状が悪化しているというわけではありません。 膀胱はものすごく柔らかいと言われているので細菌が繁殖してちょっと傷つけただけで出血すると言われております。 そのため、膀胱炎になってしまうと血尿が出るようになってしまうのです。 妊娠中は膀胱炎で血尿が出やすい? 女性は膀胱炎になる確率が男性よりも圧倒的に高く注意する必要があるのですが、 妊娠中はその危険度が増すと言われております。 その理由は 妊娠中は免疫力が落ちて細菌感染に対する抵抗力が落ちること、 妊娠中は織物が増えてしまうので外陰部での細菌接触が増えて繁殖する確率が増えること、妊娠中期から後期は胎児が大きくなっていくので、 子宮も肥大化し膀胱も圧迫されてしまうので尿意を感じることが増えて膀胱の収縮コントロールが効かなくなり、残尿になりやすく、膀胱炎になる確率が上昇するからです。 このように、妊娠中は膀胱炎になる確率が非常に高いので、女性の方は特に気を付けるようにしてください。 小まめにトイレに行き排尿するようにして膀胱炎になる確率を下げましょう。 膀胱炎で血尿の他に発熱することもある? 膀胱炎の症状は血尿以外にもあります。 例えば、 残尿感が酷い・尿の色が赤ではなく白になっている・トイレに行ったのにまた行きたくなる・排尿の終わりごろに痛みが出るようになるといったものです。 端的に言うと頻尿・残尿感・排尿痛・尿の混濁といったところでしょう。 経験者の人たちによって意見は異なるのですが、残尿感には苦しめられた人が結構いるようで、トイレにこもってもなかなか出てこないでイライラしてしまうとすら言われているのです。 そして、そのまま膀胱炎を放置すると細菌が繁殖して腎臓にまでおよび、発熱する場合もあります。 この時点では 腎盂腎炎という病気にかかっている可能性があり、病院で診てもらった方が良いでしょう。 膀胱炎で血尿の他に腹痛が起こることもある? 膀胱炎による症状の一つに腹痛があります。 Sponsored Link 女性は月経によって腹痛を感じる人も多いので慣れている方も多いですが、不快な症状であることは変わらないでしょう。 この 腹痛が出るタイミングは膀胱炎の場合は排尿するタイミングや排尿後が多いと言われており、それ以外にも 陰部の痛みを感じることだってあるでしょう。 胃に原因がある腹痛は胸の下の胃の部分が痛むものですが、膀胱炎の場合は下腹部が痛くなるので通常の腹痛とは違うと気が付けると思われます。 血尿が出て、下腹部が痛いならまずは膀胱炎を疑い病院で診てもらうと良いでしょう。 膀胱炎で血尿が出るのは自然治癒する? 膀胱炎による症状で血尿が出た場合は基本的に病院に行くのが正解なのですが、人によっては放置してしまうことだってあるでしょう。 しかし、 膀胱炎の初期症状なら水を多めに飲んでトイレに行く回数を増やし、下半身をできる限り温めることで症状が治ったというケースもあるのです。 それ以外にも急性単純性膀胱炎の場合、2~3割は2週間の間でいつのまにか治っているという話もあるので、放置すれば治るという情報があちらこちらに流れているのも頷けます。 しかし、あくまで治る人もいるというだけなので、当然ながら治らない人もいるので、やはり病院で診てもらうのが基本でしょう。 膀胱炎が疑われる場合は病院の何科を受診? もし「膀胱炎かもしれない…」と思った場合、どの病院に行くのが良いのでしょうか。 それは 泌尿器科になりますが、泌尿器科が備わっている病院は大きな病院が基本なので地方の小さな病院では備わっていないこともあるでしょう。 その場合は 内科か婦人科に行くのが良いでしょう。 もちろん、泌尿器科が併設してあるのならそちらに行かれるといいでしょう。 ただ内科や婦人科はお世話になった先生がいると思いますので、まずはいつもお世話になっているかかりつけの先生に診てもらうのが良いかもしれません。 膀胱は泌尿器の一部なので、泌尿器科の担当医が最も知識を有しておりますので、状況次第ではかかりつけの先生から泌尿器科のある病院を紹介されることもあるようです。 膀胱炎で血尿が出る!治療方法やその期間は? 膀胱炎の治療方法の基本は薬物療法です。 自然治癒で治ったケースもありますが、それは例外で 一般的には悪化する前に検査をして原因となる菌を見極めて適切な薬剤を投与し続けるという方法がとられているようです。 大腸菌やグラム陰性桿菌の割合が多いと言われていますが、中には耐性を持っていて薬がなかなか効かないケースもあるので、薬選びは慎重に行われているようです。 期間はだいたい3~7日間でその間は薬物投与となりますが、人によっては早く治ることもありますし、残存している菌によっては再発してしまって繰り返すことだってあるでしょう。 そして、3~5日の内服治療で症状が改善しないなら 耐性があって効かなくなっている可能性もあるので、薬を処方してもらった先生には体調が改善しているかどうかを正確に伝えるようにしましょう。 セルフケアとして、下半身を温める・水分補給を増やす・刺激のある食べ物や飲み物を飲まない食べない・性的接触を避けるといったものもあるので、並行して行うといいでしょう。 膀胱炎で血尿が出る!対応する市販薬は? 原則としては病院で診てもらうのが最良ですが、膀胱炎は初期段階の軽症のうちは市販薬でも対処可能な時があります。 漢方にも利尿作用をもたらす生薬もあり、種類はある程度揃っていると言えるでしょう。 基本的に市販薬で膀胱炎の対策となっているものは利尿作用のある漢方処方のものが多く殺菌作用には期待できませんが、炎症を抑える効果には期待が持てます。 できる限り病院には行きたくないという方はこのような市販薬や対処法を試してみるのもいいでしょう。 しかし、 少しでも症状が悪化してしまった場合はできる限り早く病院に行って診てもらいましょう。 漢方薬の場合は体質によって大きく作用されるので、全く効果が出ない人もいるようです。 そのような人はあきらめて病院に行って診てもらいましょう。 血尿に関しましては次のページも参考にしてください。 膀胱炎で血尿や血の塊が!原因は?自然治癒する?まとめ 以上、いかがだったでしょうか。 そこで、今回は膀胱炎の原因や治療法について考察していきました。 膀胱炎は多くの女性を悩ませる非常に厄介なものであり、民間療法ではなかなか治療ができないものとなっております。 骨折や裂傷といった外傷の場合はほとんどの人が病院に行きますが、膀胱炎といったものになると途端に病院に行きたくないと言い出す人も多いので、血尿といった症状が出たのならすぐに診てもらうようにしましょう。 悪化してからのほうが色々と治療が面倒になってしまうので、早めに原因を特定してもらって対処してもらいましょう。 カテゴリー•

次の

膀胱炎で排尿時に痛みが・・・オススメの市販薬は?

急性 膀胱炎 生理 遅れる

急性膀胱炎の原因と予防法について知っておきましょう 働く女性の皆さん、仕事中になかなかトイレに行けないことはありませんか? 女性は体の構造上、トイレを我慢しすぎると「急性膀胱炎」を引き起こす可能性があります。 他にもさまざまな原因が考えられますが、女性の場合、性行為が原因となることも少なくありません。 今回は、急性膀胱炎とは何か、なぜ性行為でなることがあるのか、予防するにはどうすればいいのかを詳しく解説します。 急性膀胱炎の症状 膀胱炎とは、大腸菌やブドウ球菌などの細菌が、尿道を通って膀胱に入り、炎症を起こす病気のこと。 膀胱炎には大きく分けると2種類あり、膀胱や尿道に機能的な異常や病気がなく、突発的に起こるものを「急性 単純性 膀胱炎」、糖尿病や結石などの病気が関係していて、慢性的に細菌感染が続くものを「慢性 複雑性 膀胱炎」といいます。 このうち、より一般的で、女性に多くみられるのが急性膀胱炎です。 主な初期症状は、頻尿、排尿痛、尿のにごりで、残尿感、腹部膨満感などが現れることもあります。 悪化すると、尿に血が混じること もあります。 女性がなりやすい理由 なぜ女性に急性膀胱炎が多いのかというと、女性の体の構造に大きな理由があります。 女性の尿道は男性に比べて短く、尿道口が肛門や腟に近いため、外から菌が入り込みやすいのです。 通常は、膀胱に菌が入ったからといって簡単に膀胱炎にはなりません。 体が健康な状態であれば、膀胱に本来備わっている防御機能が働き、感染を防ぐからです。 しかし、ストレスや疲労、体調不良などを抱え、抵抗力が落ちているときは要注意。 膀胱で菌が増えて膀胱炎を引き起こすことがあります。 冒頭で述べたとおり、性行為も原因の一つとして考えられます。 体を密着させて手で触れ合う性行為中は、性器や肛門、パートナーの体などに付着した菌が尿道に入りやすい状態だからです。 特に、体や手をよく洗わずに不衛生な状態で性行為を行うと、リスクは高くなります。 日常で予防するコツ では、急性膀胱炎を予防するには、どんなことに気をつければいいのでしょうか。 日常生活の中でできることとしては、トイレを我慢しすぎないこと、水分をきちんととること、陰部を清潔に保つことなどが挙げられます。 トイレットペーパーを使うときには、必ず前から後ろに向けて拭くようにしましょう。 また、抵抗力を低下させないために、なるべくストレスを減らして、規則正しい生活とバランスのよい食事を心がけ、風邪をひいたときや疲れを感じるときには、よく休むことも大切です。 性行為の際の注意点としては、まず行為の前にシャワーで陰部を洗うこと。 パートナーにも、シャワーを浴びたり、手を洗ったりなど、清潔を心がけてもらいましょう。 性行為をするときには、コンドームを装着することも大切です。 避妊目的だけでなく、膀胱炎やの予防にもなります。 また、性行為の後には、早めにトイレに行って尿を出すようにしましょう。 そうすることで、尿道から入った菌が尿と一緒に流されやすいからです。 放置すると急性腎盂腎炎に進行することも 軽度の急性膀胱炎は、医師から処方された抗菌剤をきちんと服用すれば、ほとんどの場合、短期間で改善します。 治療中は、性行為を控えるようにしましょう。 しかし放置しておくと、いったん自然に症状がおさまった後に何度も再発を繰り返したり、感染が腎臓まで進んで「急性腎盂腎炎 じんうじんえん 」を引き起こしたりすることもあります。 腎盂腎炎になると、38度以上の高熱、ふるえ、腹部の痛みなど、よりつらい症状が出ますし、治療が遅れると入院が必要になる場合もあります。 普段から予防に努めることが一番ですが、もし気をつけていても頻尿や残尿感などの症状が出たときには、早めに婦人科、泌尿器科、内科などの医療機関を受診してください。

次の

女性の頻尿と腹痛で考えられる病気!病院は何科へ行くべき?

急性 膀胱炎 生理 遅れる

用を足した際にみられた血尿。 女性の場合、生理が原因なのか、血尿によるものなのか見分けることが難しく気になった方もおられるのではないでしょうか。 生理によるものならば問題はありませんが、もし生理が原因でない血尿だった場合を考えると不安になりますよね。 そこで今回は、血尿か見分ける方法と女性の血尿の原因として多いものはなにか、泌尿器科医165名に聞いてみました。 生理か血尿かを見分けるにはどうしたらいいの? 女性の場合、「生理」があるため排尿に血が混ざっていても、生理が原因なのか血尿が原因なのか判別しづらいと思われる方もおられるのではないでしょうか。 まずは、「生理による出血と血尿を見分ける適切な方法は何ですか」という質問を行い、医師の方々に回答をいただきました。 血の色• 出血の量• におい• 生理周期・期間かどうか• 出血期間• 排尿時の痛み• 性器のかゆみ• 頭痛・腹痛の有無・腰痛などの随伴症状• 出血期間見分けることは難しい• その他 以下が結果となります。 50代男性 泌尿器科 血尿は排尿時のみです。 生理は排尿時でなくとも区別なく出血します。 50代男性 泌尿器科 まずは生理について聞きます。 40男性 泌尿器科 周期。 期間かどうかとは相当因果関係あると思います。 50代男性 泌尿器科 排尿時以外でも出血しているかどうかです。 50代男性 泌尿器科 正しくは導尿すれば分かります。 50代男性 泌尿器科 生理の出血は基本的にはほとんど普通の血液の色です。 50代男性 泌尿器科 内診すると大体分かります。 下着が血で汚れる様なら性器出血の可能性が大です。 30代男性 泌尿器科 尿に血が混じるか、下着やパットに血がつくかの違いです。 40代男性 泌尿器科 月経がある若年の女性については生理の時期をうまく外して診療するのが重要だと思います。 50代男性 泌尿器科 生理期間中の受診 検査 はできるだけ避けてもらいます。 40代男性 泌尿器科 生理でない日の再診が必要です。 50代男性 泌尿器科 月経が終了してから再検しています。 30代男性 泌尿器科 どうしても判別がつかなければ、泌尿器科、産婦人科両方に診察してもらえばよいと思います。 50代男性 泌尿器科 導尿で検尿するのが一番です。 集計の結果、 「生理周期・期間かどうか」と回答していた医師の割合が最も多いことがわかりました。 医師のコメントからも、「まずは生理について聞きます。 」「期間かどうかとは相当因果関係あると思います。 」という意見が多くみられました。 このことから、生理なのか血尿なのかを判断するには、 生理周期、期間であるかどうかを重要な基準と考えている医師が多く存在するようです。 また、その他に生理か血尿かを判断する方法として挙げられた意見は、 下着などに血がつくかどうかでした。 血尿の場合は、排尿時のみに血が見られ、排尿時以外にも出血が見られる場合は生理と考える医師もいるようです。 さらに、排尿時にみられる血の原因が生理なのか血尿なのかを確実に見分けたい場合、 泌尿器科、産婦人科の両方に診察してもらうことを勧める意見もありました。 他にも、導尿を行うのが良いとするコメントも見られました。 参考: このように、導尿によって検査することが良いと考える医師もいることから、しっかりと原因を特定するべき状況では、導尿検査を医師から提案される可能性がある、と心構えをしておく方がよさそうです。 膀胱炎との回答が85%と最多 もし、血尿であった場合、考えられる病気にはどのようなものがあるのでしょうか。 次に、「女性の血尿の原因として最も多いものは何ですか」という質問を行い、医師の方に回答をいただきました。 以下が結果となります。 60代男性 泌尿器科 「膀胱炎」 膀胱炎の半分くらいに肉眼的血尿を認められます。 60代男性 泌尿器科 「膀胱炎」 膀胱炎に頻度が最も高いと思われます。 40代男性 泌尿器科 「膀胱炎」 検尿をすると膀胱炎による血尿かそれ以外の原因を考えなければならないのかわかります。 40代男性 泌尿器科 「膀胱炎」 若い急性細菌性膀胱炎が一番多いです。 高齢者では膀胱癌です。 60代男性 泌尿器科 「膀胱炎」 泌尿器科疾患で最も多い疾患は急性膀胱炎です。 以前は女性の膀胱癌は少数で49歳以下では少なかったですが、近年20、30歳代でも稀ではありますが以前より発生頻度が増加しています。 このため若い泌尿器科医を含めて膀胱炎を診断する先生は若年者の膀胱炎では膀胱癌が念頭になく抗生剤で治療されてしまい、後々、進行癌の状態で受診されたり、ひどい場合1年以上放置された 血尿を繰り返しそのころ発生したと予測 症例が来院。 患者さんがもう少し早く診断して欲しかったと不満が多く対応に苦慮しております。 40代男性 泌尿器科 「膀胱炎」 外来女性患者の血尿で一番頻度が高いのは膀胱炎です。 ほとんどに排尿症状を伴います。 50代男性 泌尿器科 「膀胱炎」 がんも多いですけれど、膀胱炎は20ー70代と幅広いので、結局多く見ることがあります。 膀胱表面の粘膜浮腫、破綻から血尿になることはザラです。 40代男性 泌尿器科 「膀胱炎」 排尿時痛があればほぼ膀胱炎と思います。 50代男性 泌尿器科 「尿路結石」 やはり尿路結石でしょう。 40代男性 泌尿器科 「糸球体腎炎」• 腎臓内科的な疾患から結石や腫瘍など幅広いです。 50代男性 泌尿器科 「膀胱癌」 血尿の出現している年齢に左右されます。 60代男性 泌尿器科 「腎盂腎炎」 腎盂腎炎は多いように思います。 ストレス、冷え、トイレの我慢などが原因です。 集計の結果、医師の85%が「膀胱炎が原因」であると回答する結果となりました。 膀胱炎については、以下の通りに説明されています。 膀胱炎とは ・通常、膀胱炎の原因は細菌です。 ・症状としては、頻尿と排尿時の痛みや灼熱感が最もよくみられます。 ・診断は、しばしば症状に基づいて下されますが、通常は尿サンプルの検査も行われます。 ・感染自体と、しばしば症状に対する治療として、薬剤の使用が必要になります。 引用: 女性は尿道が短いことや、細菌が豊富に存在する膣や肛門と尿道との距離が近いことなどから膀胱炎になりやすいとされています。 上記の説明にもみられるように、膀胱炎の症状としては頻尿や尿意切迫、排尿時の灼熱感、痛み等がみられます。 症状は、数時間~1日中続くのが通常のようです。 参考: 医師のコメントによれば、膀胱炎は上記の症状に加え、血尿が認められるケースも多いようです。 このことから、多くの医師は、膀胱炎が原因であると考えているようです。 その他には、全体の5%と少ないものの、膀胱癌という回答も寄せられました。 膀胱癌は高齢者に多いと考えている医師がいる一方で、別の医師によれば、以前は49歳以下の女性には少なかった膀胱癌も現在では、20代、30代の若い世代でも発症率が増加しているとのことでした。 また、若年層での膀胱癌が増加していると考える医師からは、患者が若い年齢だったために、膀胱癌を疑われず膀胱炎と診断され治療を行ったものの、実際は違う病気だったために進行してしまった患者さんが来院されるケースもあるようでした。 調査の結果から、膀胱炎が原因と考える医師が多い結果となりましたが、膀胱癌など他の疾患もきちんと念頭におき、受診した方がよさそうです。 原因を特定するためには受診を 本調査によれば、血尿が生理による出血なのか血尿によるものなのか、判断するポイントとしては、「生理周期・期間かどうか」に最も支持が集まりました。 他にも、血尿の場合は排尿時なので、下着に血が付くか否かも重要な観察項目のようです。 また、女性の血尿の原因として多く考えられるものは、「膀胱炎」という意見が多く寄せられる結果となりました。 ただし、頻度は少ないながらも膀胱癌の可能性やその他の病気である可能性も考えられるため、それを念頭に置いた受診が大切のようです。 血尿か生理か悩み自己解決できない状況や、痛みなどの症状が見られるなどおかしいと感じた際は、一度病院を受診してみてはいかがでしょうか。

次の