風間やんわり。 「食べれません」風間やんわりさんが死去。死因は?今後の連載・ブログは?年齢・しのぶ会は?

人気漫画家の風間やんわり先生が亡くなったとの情報 / 電撃ネットワーク ギュウゾウ氏「ホントに死んじまったんだな。寂しい」

風間やんわり

週刊誌「週刊ヤングマガジン」で4コマ漫画『食べれません』を連載している漫画家の風間やんわり先生が亡くなったとの情報がインターネットに流れている。 先生と親しい間柄にあった、落語家の立川キウイ氏が最新のブログ記事で次のように投稿しているのだ。 ・立川キウイ氏の投稿 「死因、呑みすぎ。 それってカッコイイ。 ちなみに果実はドブにはまって死にたい。 今日、戸田斎場に行ってきた。 風間っちは酒が好きだった。 だから棺の前で缶ビール一気呑み。 風間っちは談志が好きだった。 入門すれば?(笑) また呑もうね。 合掌」(立川キウイブログより引用) 「ヤングマガジン」を刊行している講談社からは今のところ(2013年10月25日19時30分)、公式な発表がないため、詳細は不明だ。 しかし19時の段階で電撃ネットワークのギュウゾウ氏がキウイ氏の投稿を引用して次のようにつぶやいている。 ・電撃ネットワーク、ギュウゾウ氏のつぶやき 「【訃報 風間やんわり】お酒が大好きで、皮肉屋で、照れを持っていて、粋な人でした。 ホントに死んじまったんだな。 寂しい」(ギュウゾウTwitterより引用) 突然のやんわり先生の訃報。 先生と親しい間柄だった2人の投稿であるだけに「まさか……」という思いがよぎる。 改めて講談社ならびに、やんわり先生の公式ページで報告があるのかもしれない。 先生の作品はもう読むことができないのだろうか? とにかくいまは公式の情報を待った方が良いだろう。 参照元:Twitter 、.

次の

風間やんわりのプロフィール、受賞歴、全作品リストなど

風間やんわり

週刊誌「週刊ヤングマガジン」で4コマ漫画『食べれません』を連載している漫画家の風間やんわり先生が亡くなったとの情報がインターネットに流れている。 先生と親しい間柄にあった、落語家の立川キウイ氏が最新のブログ記事で次のように投稿しているのだ。 ・立川キウイ氏の投稿 「死因、呑みすぎ。 それってカッコイイ。 ちなみに果実はドブにはまって死にたい。 今日、戸田斎場に行ってきた。 風間っちは酒が好きだった。 だから棺の前で缶ビール一気呑み。 風間っちは談志が好きだった。 入門すれば?(笑) また呑もうね。 合掌」(立川キウイブログより引用) 「ヤングマガジン」を刊行している講談社からは今のところ(2013年10月25日19時30分)、公式な発表がないため、詳細は不明だ。 しかし19時の段階で電撃ネットワークのギュウゾウ氏がキウイ氏の投稿を引用して次のようにつぶやいている。 ・電撃ネットワーク、ギュウゾウ氏のつぶやき 「【訃報 風間やんわり】お酒が大好きで、皮肉屋で、照れを持っていて、粋な人でした。 ホントに死んじまったんだな。 寂しい」(ギュウゾウTwitterより引用) 突然のやんわり先生の訃報。 先生と親しい間柄だった2人の投稿であるだけに「まさか……」という思いがよぎる。 改めて講談社ならびに、やんわり先生の公式ページで報告があるのかもしれない。 先生の作品はもう読むことができないのだろうか? とにかくいまは公式の情報を待った方が良いだろう。 参照元:Twitter 、.

次の

「食べれません」の風間やんわり飲み過ぎで逝去?!寂しいわ!: 最新情報は全てが冒険!

風間やんわり

週刊誌「週刊ヤングマガジン」で4コマ漫画『食べれません』を連載している漫画家の風間やんわり先生が亡くなったとの情報がインターネットに流れている。 先生と親しい間柄にあった、落語家の立川キウイ氏が最新のブログ記事で次のように投稿しているのだ。 ・立川キウイ氏の投稿 「死因、呑みすぎ。 それってカッコイイ。 ちなみに果実はドブにはまって死にたい。 今日、戸田斎場に行ってきた。 風間っちは酒が好きだった。 だから棺の前で缶ビール一気呑み。 風間っちは談志が好きだった。 入門すれば?(笑) また呑もうね。 合掌」(立川キウイブログより引用) 「ヤングマガジン」を刊行している講談社からは今のところ(2013年10月25日19時30分)、公式な発表がないため、詳細は不明だ。 しかし19時の段階で電撃ネットワークのギュウゾウ氏がキウイ氏の投稿を引用して次のようにつぶやいている。 ・電撃ネットワーク、ギュウゾウ氏のつぶやき 「【訃報 風間やんわり】お酒が大好きで、皮肉屋で、照れを持っていて、粋な人でした。 ホントに死んじまったんだな。 寂しい」(ギュウゾウTwitterより引用) 突然のやんわり先生の訃報。 先生と親しい間柄だった2人の投稿であるだけに「まさか……」という思いがよぎる。 改めて講談社ならびに、やんわり先生の公式ページで報告があるのかもしれない。 先生の作品はもう読むことができないのだろうか? とにかくいまは公式の情報を待った方が良いだろう。 参照元:Twitter 、.

次の