いわき市 インプラント。 インプラント、審美歯科、歯周病、一般歯科の歯医者をお探しなら福島県いわき市植田町のわたなべデンタルクリニックへ

インプラントはMRIも問題なしです

いわき市 インプラント

これまでのブリッジなどの治療法と違い 隣接する隣の歯を削ることなく、また隣接歯になるべく負担をかけずに新しい歯を入れることができ、審美的・機能的に優れていることからここ15年ほど前より急速に増加した治療法です。 不安を感じる方がいらっしゃるでしょうが、私は健在である3人の親(母・義父母)に複数本数の施術をし全て良好な状態を維持しています。 安心してお任せいただいて問題ないと思います。 不安を取り除いて、安全かつ安心できるインプラント治療 インプラント治療は外科手術を伴うため不安に感じる方が多くいらっしゃいます。 ドリルで穴を開けるのですから無理はありません。 お気持ちはよく理解できます。 それでも歯科医師がお勧めするのは、従来の方法(ブリッジ・入れ歯)に比べて圧倒的な優位性があるからに他なりません。 危険で予後の悪い劣悪なものであれば自分がこれまでお世話になった高齢の母や義父母・叔父達に施術することは常識的に考えてあり得ません。 そのくらいメリットが高く、安全であり、よく噛めるようになるからこそお勧めしていることをご理解ください。 当院はCT診断やカウンセリングをしっかり行うことで、手術前の不安を可能な限り取り除いています。 難しい症例の場合は、 奥羽大学・大学病院の口腔外科学教室の教授に依頼して手術を当院で実施。 クリーンで万全の手術体制の下、場合によっては静脈内鎮静法でストレスのないインプラント手術をご提供します。 難症例の場合は大学病院の先生方と連携して当院でインプラント埋入手術を行います。 来ていただくのは大学病院の口腔科学講座の教授です。 手術は生体監視モニターで全身を管理しながら進めます。 また難症例に限りますが、 静脈内鎮静法によるインプラント手術を実施します。 静脈内鎮静法は、静脈内に鎮静剤を点滴で入れて麻酔をかける麻酔法です。 鎮静効果があるのでほぼ眠っている状態で手術ができ、意識はありますが手術中の記憶が残らず術中の痛みや恐怖がなくなり リラックスした状態で手術できます。 インプラント治療の流れ Step1. 診査・診断・治療計画の立案 お口の中を確認した上でCT撮影を行い診断します。 CT画像をもとに骨や噛み合わせの状態を確認。 患者さんに図や絵・CT画像をお見せしながら治療について詳しく説明し、併せて治療計画をご提案します。 Step2. 一次手術 当院は1回法・2回法の両方に対応が可能で、症例に合わせて選びます。 1回目の手術は、顎の骨にドリルで穴をあけてインプラント体を埋入します。 Step3. 骨の治療 インプラント体と骨が結合するのを待ちます。 期間は 下顎で3ヶ月、上顎で6ヶ月程度必要です。 Step4. 二次手術 2回目の手術を行い粘膜に穴を開けてインプラント体の頭を出します。 Step5. 上部構造体の装着 型取りを行い、上部構造体(アバットメントという土台と被せ物)を製作して装着します。 最近はこの部分にできるようになりました。 Step6. メインテナンス インプラントにした後も問題なく長く使い続けるには、メインテナンスがとても重要です。 特に噛み合わせは加齢に応じてどんどん変わっていくので、3ヶ月~6ヶ月に一度の定期検診をお勧めしています。 インプラントに関する自作パンフをお渡ししています パソコンやスマホで詳細をご覧いただけるようにしていますが、やはり紙媒体は欠かせません。 当院は下記のような自作パンフレットを準備してご興味がある方に配布しています。 勿論、スタッフも詳細を充分把握していますのでお尋ねいただければお答えできます。 CT検査なしでの施術は行いません 上顎洞…これは通常 「副鼻腔」と称する鼻腔両サイドの空洞です。 ここにインプラントを埋め込む際に、不用意に突き抜けてしまわないように常に意識しないといけません。 昨今は上顎洞そのものを埋め立てる「サイナスリフト術」「ソケットリフト術」を選択するケースがありますが、外科的侵襲を鑑みた場合に懸念されることも当然生じてきます。 そこで、 CT検査で精査することで比較的しっかりした骨組織の存在を見出せることも多々あるのです。 上顎の奥歯部分に埋入する際に、CT撮影をせず埋入することは有り得なくなりました。 4倍速に編集したのでご覧ください。 思った以上に小さいことに驚かれませんか? 一般的に多用されるサイズは 直径4mm・長さ10mmです。 特に大臼歯部(奥歯)は実際の歯よりはるかに小さい物が埋め込まれます。 練習用のインプラントと模型の歯で見比べてみてください。 何度も勉強を重ねてインプラントをマスターしました インプラントのテクニックは歯科医師の誰もがマスターしているわけではありません。 今でも2~3割の歯科医しか積極的に施術していないのではないでしょうか? 私が歯学部の学生だった当時はまだポピュラーな技術ではなく、大学の授業で学んだ記憶がありませんでした。 これは現在同じ歯学部の4年生になる私の長男などもそれほど変わらないのかもしれません。 手前味噌ですが、意欲的な歯科医のみが日曜日に東京や仙台の講習会に出向き缶詰になりながら何度も何度も講習を受けて身に付けて行くもののように認識しています。 も同様ですが、新たな技術は貪欲に学ばなければ習得できません。 平日は休診にできないので、必然的に本来休むべきところの日曜日を受講に充てざるを得ませんでした。 新しい機器、新たなテクニック…仕事上のそういったものに対しての知的欲求は抑えられません。 平成26年度には、一年間で インプラントだけを学ぶ100時間コースも終了しました。 その意欲が歯科医療のレベルを前進させていくと考えています。 下の写真は修了証明書です。 学習の成果として新しい技術を皆さんに提供できるようになりました。

次の

インプラント治療|福島県いわき市のインプラント|笹木歯科クリニック

いわき市 インプラント

インプラント治療の進め方は、患者様によって違ってきますが、下図が基本的な流れです。 当院では、術前のカウンセリングでは、患者様の不安が解消されるよう詳しく丁寧にご説明させて頂き、術後のメンテナンスと定期検診まで、安心して治療を受けていただけます。 カウンセリング・検査・診断 患者さまの不安を取り除くため、手術について詳しくご説明させていただきます。 その後、レントゲンやCT等を使用し、詳しく検査を行います。 また、全身疾患等により、インプラント手術ができない場合があります。 患者さまの健康を第一にインプラント手術の為の準備を行います。 1回目の手術 歯ぐきを開き、穴をあけます。 その穴に、しっかりと固定するようにインプラントを埋め込み、歯ぐきを閉じます。 2回目の手術 骨とインプラントがしっかりと結合するまで、数か月待ちます。 骨とインプラントが結合したら、再度歯ぐきを開き、インプラントの頭を出します。 型取り 歯ぐきが治癒するまで待ちます。 その後、被せものを作成するための型取りを行います。 インプラント完成・メンテナンス 天然歯と見分けのつかない人工歯をインプラントに装着し、完成です。 お手入れの方法などを練習します。 インプラントを長く快適に使用していただくためには、定期的な検診や日々のメインテナンスが重要です。 ご相談・ご質問等がございましたらお気軽にお問合わせください。 インプラント手術に入院は必要ございませんが、遠方からお越しの患者様に、宿泊パックをご用意いたしております。

次の

インプラントはMRIも問題なしです

いわき市 インプラント

おかげさまで多くの紹介患者も来院されるようになり、インプラント治療を多く実施させていただくうち、更に高度なインプラント治療の必要性を肌で感じ、 日本口腔インプラント学会認定の100時間講習を初め、数多の講習会で研鑽を積み、今日では 、GBR(骨造成法)、ソケットリフト法、サイナスリフト法、ALL ON FOUR (オール・オン・4法)など骨の無い方、薄い骨の方等難症例向けの最先端の治療方法も、行っております。 同時に「無痛」治療への取り組みも始め、現在では手術のオプションとして、麻酔専門医による静脈鎮静下での手術も行っております。 今後も医院の理念のひとつでもあります、 「世界最先端の治療を患者様に提供すべく研究・研鑽を続ける」考えであります。 当医院が、ISO9001の「手術や滅菌に重要な役割を果たす器材については、年に1回の点検・整備を行う」という基準のために日本最大の製造メーカーに点検・整備を依頼したところ、「故障以外で点検したのは初めて」との回答を頂き、ISO9001の基準等、指導しながら点検項目や点検表を作成した記憶があります。 ですから、通常は、故障しないと点検しない医院がほとんどなのでしょう。 もし、点検がなされていないと、年に1回の内部監査、年に1回の外部監査でチェックされてしまいます。 当いわき歯科医院には、ISO9001内部監査員が2名(二階友一・竹内聡美)常勤しています。 このほかにも、高圧蒸気滅菌機・レントゲン撮影機・生体モニター・コンプレッサーなども年一回の定期点検・整備を行っております。 麻酔はしっかりと効いた状態で行いますので、痛みを感じることはほとんどありませんが、重度の全身疾患がある方でリスクが高い場合には手術が行えない場合があります。 そのため、最終的に人工歯が入るまで、通常3ヶ月〜6ヶ月ほど治療期間がかかってしまいます。 つまり、他の治療と比較して結果的に長く持たせることができるため、一概に高額とも言いきれない部分もあります。 また、治療期間は他の治療に比べて一般的に長くかかりますが、場合によってはすぐに仮歯を入れることも可能ですので、ご相談ください。

次の